メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:WorldwiredTour

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    順番が前後しますが、北米ツアーが始まる前に書かれたVarietyによるメタリカについての記事を管理人拙訳にてご紹介。

    metallica2017

    メタリカは誰もが認めるツアースケジュール・マラソンのチャンピオンだ。それはボルチモアのM&Tバンク・スタジアムで水曜(2017年5月10日)から始まるアヴェンジド・セブンフォールド、ヴォルビート、ゴジラと共に行う北米でのスタジアムツアーでも何ら変わらない。

    「俺たちはツアーに出るのが大好きなんだ。このバンドの集団DNAだね。」1983年以来毎年ツアーを行っている結成36年を迎えたバンドのリードギタリスト、カーク・ハメットはそう語る。実際、2016年発表のアルバム『Hardwired...To Self-Destruct』のツアーは少なくとも来年の5月まで続いていく。

    ロードに出ていく4人組がツアーに入る前に、メタリカは「Now That We’re Live」と称した特別なリハーサルを西部時間9時(日本時間、5月10日(水)午前10:00)からFacebook Liveでストリーム独占中継で行う。(中略)

    ラーズ・ウルリッヒはメールで次のように述べている。「世界中の友だちとリハーサルや最終形に至るまでの流れを共有することが出来るのは本当に最高だよ。俺たちはエンジンを始動させているぞってね。」

    多くのファンは『Hardwired...To Self-Destruct』にはメタリカの初期のアルバムの感じがあると語る。ハメットは1983年の『Kill 'Em All』に触発されて最初の頃の感覚に戻ったと認める。「短くて楽しくて速くてハードな曲のアイデアに戻りたいと俺たちは思ったんだ。通常の1セットで3つ4つの拡張されたリフってよりも1時間に6つ7つのヘヴィなリフチューンに近いね。」

    短くてタイトな曲を欲しているにも関わらず、「Halo On Fire」「Spit Out The Bone」のような6分を超える新しい叙事詩が存在することは、この4人組が結成から35年以上経とうとも、いまだに熾烈であることを示している。

    「「Spit Out The Bone」はニューアルバムのなかでもエベレストで、一番難しい傾斜かつ最高峰なんだ。」ハメットはヘットフィールド/ウルリッヒのコンビで書かれた壮大な曲についてこう語る。「残りの曲については俺のソロは即興演奏なんだけど、あの曲は違う。あの曲のインスト部分はすごくタイトだから同じ精度でソロをしたいと思ったんだ。」

    「どれだけ難しいかって?俺たちがまだライヴでやってないわけだから。」彼はこう続ける。「俺たちは夏までにはと言っている。本当にそれに取り組まなきゃならない!」

    Variety(2017-05-08)

    6月4日のセントルイス公演前にも「Spit Out The Bone」のリハーサルを繰り返すメタリカ。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、北米ツアー開始前日のリハーサルをFacebookにて生配信
    ラーズ・ウルリッヒ「「Spit Out The Bone」はスタジアムでやるには適していない」

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    hardDrive RadioのMC、ルー・ブルータスによるラーズ・ウルリッヒへのインタビュー。『Hardwired...To Self-Destruct』について語っています。BLABBERMOUTH.NETさんの文字起こしを管理人拙訳にてご紹介。

    lars_loubrutas

    −新譜『Hardwired...To Self-Destruct』が圧倒的支持を受けていることについて

    以前に誰かに話したんだけど、これまでロックバンドをやってきた35年の人生のなかで聞いたことのない言葉を、この半年で聞くことができたよ。それは「なんで今夜は新曲をもっとやらなかったんだ?」ってセリフだ。普通なら「なんでそんなにたくさんやるんだ?なんで新譜の曲をやるんだ?もっと昔の曲をやってくれよ」ってもんだろ。それが昨今のミュージシャンなら耳にする呪文だ。

    このレコードから、俺たちは4曲、5曲と演奏してきた。6つの新曲をやったショーもある。収録曲の半分だ。それでもまだ「なんだよ、「Spit Out The Bone」は?あれは?これは?もっと新曲をやってくれよ」ときた。おいおい、俺たちは始めたばっかりだぜってなるよ。このツアーに入って6ヶ月だ。残りのツアーはたっぷりある。俺が言ってるように、俺たちは手始めにやってみている状態なんだ。12曲中7曲はやったと思うし、(残りの)5曲もやるだろう。「Spit Out The Bone」のような、ファンのお気に入りだと思う曲まで全部行き着くことになる。

    俺は「Spit Out The Bone」はスタジアムで始める(のは適している)とは思えない。あれはかなり凄まじい曲なんだ。あの曲はアリーナとかでやる方がうまくいくかもしれないね。でもファンがこのレコードを持っていて受け入れてくれているという事実、みんなが(ライヴで)もっと聴きたがっているという事実、俺たちが新曲を携えてスタジアムのショーに出て行って心地よく感じるという事実、それはこのレコードがどれほど素晴らしく、受け入れられたものとなったのかの証左なんだよ。つまり、期待や想像を絶する状況ってわけ。実際・・・「ブラックアルバム以来の傑作」とかこれまでで最高のレコードと言ってくれる人もいるんだ。35年のキャリアを経て、そんなことを聴けるのはクレイジーだよ。音楽業界には「最盛期は過去にある」って言葉があって、まだそういうことに挑戦できるチャンスがあるってのは素晴らしいことだ。こんなことが自然に起きた時には特にね。だから俺たちはとても感謝しているし、今がメタリカにとって本当にクールな時間なんだ。


    −なぜ『Hardwired...To Self-Destruct』がメタリカのファンにこれだけ受け入れられたのか

    いやあ、この半年その質問をたくさん受けてきたよ。つまり、ひとつのキャッチーな答えはないってことだ。たくさんの要因がある。このレコード、この試みのなかで素晴らしき影のヒーローは(プロデューサー)のグレッグ・フィデルマンだと思う。彼は俺たちの・・・基本的に俺たちのサウンドマンであり、エンジニアであり、『Death Magnetic』以来全てのことに関わってきた男だ。そして彼は俺たちのサウンドを微調整し、メタリカのやり方が何たるか、スタジオの面でもどう音を出すべきか、演奏だけでなく、サウンドや全てのことを最高に機能させるにはどうするかをしっかり理解してくれたんだ。だから彼は(質問に対する)答えをたくさん持っていると思うよ。間違いなく、これらの曲はプログレ要素を減らし、もう少しグルーヴ志向で、ある意味もう少しまとまりあるものになっている。おそらくそれが答えのひとつだろうね。

    (中略)宇宙のエネルギーとか、物事の順序とか、しかるべき時に出た、しかるべきレコードを無視することはできないんだ。もしこれが2、3年前くらいに出て来たら、ここまで受け入れられなかっただろう。どういうことか分かる?音楽界の状況、他の人がやっていることとかが、自分たちのレコードとどう相互に関連してくるのかも関わってくるんだ。だからいろんな要素があるんだよ。もちろん俺たちの魅力とイケメンぶりもあるけどね(笑)。それでうまくいった。だから何だ?35年やって、うまくいったものもあれば、うまくいかなかったものもある。知っての通り、俺たちは常にベストを尽くしている。今回はうまくいった。だからさっき言ったように、楽しい時間なんだよ。


    BLABBERMOUTH.NET(2017-06-01)

    インタビューの全編動画はこちらから。


    先ごろ公開されたライヴのリハーサル動画で「Spit Out The Bone」を演奏していますが、どのアリーナでライヴ初披露となるのでしょうか。


    Spit Out The Bone (Official Music Video)


    【追記】
    リハーサルを繰り返すメタリカ。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ「今度のツアーで新曲をたくさんやったら楽しいだろうね」
    メタリカ、北米ツアー開始前日のリハーサルをFacebookにて生配信
    メタリカ、韓国ソウル公演から「Worldwired Tour」アジアツアーをスタート

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2017年5月14日のイーストラザフォード公演に続いて、Ames Brosからツアーポスターが続々発売されています。

    まずは5月17日のニューヨーク州ユニオンデール公演のポスター。
    metallica-uniondale-poster-REG_1024x1024metallica-uniondale-poster-PEARL_1024x1024metallica-uniondale-poster-FOIL_1024x1024

    実にモスラです(笑)
    ※参考画像
    GvsM

    続いては5月19日のマサチューセッツ州フォックスボロ公演のポスター。
    Metallica-Foxborough-Regular_1024x1024Metallica-Foxborough-Cream_1024x1024Metallica-Foxborough-Foil_1024x1024

    さらに5月21日のオハイオ州コロンバス公演(Rock on the Range)のポスター。
    Metallica-Columbus-Poster-Tour_1024x1024Metallica-Columbus-Poster-Pearl_1024x1024Metallica-Columbus-Poster-Chrome_1024x1024

    価格はイーストラザフォード公演のポスター同様、色違いで75ドル、100ドル、250ドルの3種類ずつ。購入はこちらからどうぞ。
    https://amesbrosshop.com/collections/metallica

    今後も発売されたら、この記事に追記できればと思います。

    【追記】
    6月4日のミズーリ州セントルイス公演のポスターが追加されました。
    metallica-st-louis-tour-postermetallica-st-louis-pearl-poster_1024x1024metallica-st-louis-foil-poster_1024x1024

    6月9日のアイオワ州ニュートン公演のポスターが追加されました。
    Met_Iowa_reg_proof-web_1024x1024Met_Iowa_copper_proof-web_1024x1024Met_Iowa_gold_proof_1024x1024

    6月16日のテキサス州ダラス公演のポスターが追加されました。
    Metallica-2017-Dallas-TX-Poster-Tour_1024x1024Metallica-2017-Dallas-TX-Poster-Silver_1024x1024Metallica-2017-Dallas-TX-Poster-Gold_1024x1024


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    Ames Bros×Metallicaの「Worldwired Tour」版ポスターが発売
    Ames Bros×Metallicaのポスターが発売

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ボルチモア公演を皮切りにメタリカの北米版「Worldwired Tour」が始まりました。既報の通り、初日前日のリハーサルをFacebookや公式サイトで配信した他、チューニング・ルームの様子を生中継するなど目が離せない企画を次々と仕掛けています。生中継の類はメールとFacebookでのお知らせが多いのでぜひチェックを。

    https://www.facebook.com/Metallica/

    この記事を書いている時点で、ボルチモア、フィラデルフィア、イーストラザフォードの3公演が終了。各公演のセットリストはこちら。

    20170511_setlist
    https://metallica.com/tour/30520

    20170513_philadelphia
    https://metallica.com/tour/30522

    20170515_eastrutherford
    https://metallica.com/tour/30523

    頭に「Hardwired」「Atlas, Rise」、中盤でも「Now That We're Dead」「Moth Into Flame」「Halo On Fire」とかなり『Hardwired...To Self-Destruct』収録曲の比重が多めになっています。さらに「Seek And Destroy」はアンコール前の締め、「Enter Sandman」を終演曲としているようです。

    写真の通り、これまでの「Worldwired Tour」同様、当日限定のピックがバラまかれている模様。「Now That We're Dead」では、4人でドラムを叩くパフォーマンスがこれまでもありましたが、今度は和太鼓を叩く演出が行われました。


    今回のツアーに伴い、ミネアポリス公演の時と同様にメタリカのポップアップストアも下記日程で開設されます。
    2017年5月12日〜14日:ニューヨーク
    2017年6月2日〜4日:セントルイス
    2017年6月9日〜11日:ヒューストン
    2017年6月16日〜18日:シカゴ
    2017年7月7日〜9日:アトランタ
    2017年7月14日〜16日:トロント
    2017年7月28日〜29日:ロサンゼルス
    2017年8月4日〜6日:サンディエゴ
    2017年8月11日〜13日:サンフランシスコ

    Metallica.com(2017-05-08)
    ニューヨークでのポップアップストアの様子はこちら。


    さらに今回の「Worldwired Tour」をガイドする無料スマホアプリも出ています。北米に限らず今後のツアーのお知らせも定期的に更新されるとのこと。現在は昨年9月に行われたニューヨーク、ウェブスターホールで行われたMetClub限定ライヴが視聴可能とのこと。

    iPhone版アプリはこちら
    https://appsto.re/us/fNUiib.i

    アンドロイド版アプリはこちら
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.blacksunpro.metallica

    早いうちに来日公演のお知らせもあって欲しいものです。。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、韓国ソウル公演から「Worldwired Tour」アジアツアーをスタート
    メタリカ、「Worldwired」北米ツアー日程を発表
    メタリカ、2018年までの「Worldwired Tour」ヨーロッパツアー日程を発表

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2017年5月10日のメリーランド州ボルチモア公演からいよいよ「Worldwired Tour」北米ツアーが開始されるメタリカ。その前日となる5月9日に『Hardwired...To Self-Destruct』収録曲「Now That We're Dead」にかけた「Now That We're Live」と題された数曲のリハーサルの模様をFacebook Liveで生配信するとのこと。配信開始は日本時間で5月10日(水)午前10:00から。
    worldwired_northamerica

    なお、リハーサルを現地で観られるMetClub抽選エントリーが開始されています(要ログイン)。エントリーは日本時間2017年5月6日(土)深夜1:00まで。
    https://metallica.com/contests/2266

    【追記】
    見逃した方はこちらからどうぞ。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、ロンドンで行う『Hardwired...To Self-Destruct』発売記念イベントライヴのストリーミング配信決定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカが現在行っている「Worldwired Tour」の日程が一気に発表されました。今回発表されたのは2018年5月までのヨーロッパツアーで、ノルウェー出身のKVELERTAK(クヴァラータク)がスペシャルゲストとして参加します。以下が発表された日程。
    2017_0316_7549_5947

    2017年9月4日
     オランダ・アムステルダム(Ziggo Dome)
    2017年9月6日
     オランダ・アムステルダム(Ziggo Dome)
    2017年9月8日
     フランス・パリ(AccorHotels Arena)
    2017年9月10日
     フランス・パリ(AccorHotels Arena)
    2017年9月12日
     フランス・リヨン(Halle Tony Garnier)
    2017年9月14日
     ドイツ・ケルン(Lanxess Arena)
    2017年9月16日
     ドイツ・ケルン(Lanxess Arena)
    2017年10月22日
     イギリス・ロンドン(The O2 Arena)
    2017年10月24日
     イギリス・ロンドン(The O2 Arena)
    2017年10月26日
     イギリス・グラスゴー(The SSE Hydro)
    2017年10月28日
     イギリス・マンチェスター(Manchester Arena)
    2017年10月30日
     イギリス・バーミンガム(Genting Arena) 
    2017年11月1日
     ベルギー・アントワープ(Sportpaleis)
    2017年11月3日
     ベルギー・アントワープ(Sportpaleis)
    2018年2月1日
     ポルトガル・リスボン(MEO Arena)
    2018年2月3日
     スペイン・マドリッド(Wizink Center)
    2018年2月5日
     スペイン・マドリッド(Wizink Center)
    2018年2月7日
     スペイン・バルセロナ(Palau Sant Jordi)
    2018年2月10日
     イタリア・トリノ(Pala Alpitour)
    2018年2月12日
     イタリア・ボローニャ(Unipol Arena)
    2018年2月14日
     イタリア・ボローニャ(Unipol Arena)
    2018年2月16日
     ドイツ・マンハイム(SAP Arena)
    2018年3月27日
     デンマーク・ヘアニング(Jyske Bank Boxen)
    2018年3月29日
     ドイツ・ハンブルグ(Barclaycard Arena)
    2018年3月31日
     オーストリア・ウィーン(Wiener Stadthalle)
    2018年4月2日
     チェコ・プラハ(O2 Arena)
    2018年4月5日
     ハンガリー・ブタペスト(Sports Arena)
    2018年4月7日
     ドイツ・シュトゥットガルト(Schleyerhalle)
    2018年4月9日
     ドイツ・シュトゥットガルト(Schleyerhalle)
    2018年4月11日
     スイス・ジュネーヴ(Palexpo)
    2018年4月26日
     ドイツ・ミュンヘン(Olympiahalle)
    2018年4月28日
     ポーランド・クラクフ(Tauron Arena)
    2018年4月30日
     ドイツ・ライプツィヒ(Leipzig Arena)
    2018年5月2日
     ノルウェー・オスロ(Telenor Arena)
    2018年5月5日
     スウェーデン・ストックホルム(Ericsson Globe)
    2018年5月7日
     スウェーデン・ストックホルム(Ericsson Globe)
    2018年5月9日
     フィンランド・ヘルシンキ(Hartwall Arena)
    2018年5月11日
     フィンランド・ヘルシンキ(Hartwall Arena)

    Metallica.com(2017-03-16)

    デンマーク公演やメキシコ公演ですでに行われているオプション付きチケットも発売されるとのこと。詳しくはこちらから。
    http://www.cidentertainment.com/events/metallica-europe-tour-2017/

    MetClubのチケット先行販売は、Legacyメンバーは3月21日(日本時間18:00)から、通常メンバーはその1時間後から(先行販売にはMetallica.comログイン後のプロフィールページに表示されている販売コードが必要になります)。

    来日公演はまたひとつ遠ざかった感がありますが、、、来年以降のオセアニアとのパッケージに期待することにします。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、「Worldwired」北米ツアー日程を発表
    メタリカ、メキシコ公演にてイギー・ポップと「TV Eye」で共演、「Dream No More」ライヴ初披露も

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メキシコのフォロ・ソル(Foro Sol)で3夜にわたって行われたメタリカの公演。3日目の2017年3月5日に行われた公演で、イギー・ポップがゲスト参加。ザ・ストゥージズの楽曲「TV Eye」で共演しました。

    ファン撮影の動画をご紹介。




    こちらは開演前のバックステージでの写真。
    metallica_iggypop
    カークのシャツがまたシャレてます。

    なお、この日は『Hardwired...To Self-Destruct』から新たに「Dream No More」がライヴで初披露されました。こちらもファン撮影の動画をご紹介。


    この日のセットリストはこちら。
    0305_setlist

    今回のメキシコ公演では、同じく新譜からの「Now That We're Dead」で、メンバー4人でドラムを叩く試みも行われました。(6分頃から)


    さらにステージとは別に、スネイクピットの突端に設置されたドラムセットでラーズが叩いています。(ちなみにロブのシャツはメキシコ仕様の緑)
    20170302_090257_7549_971476

    メタリカのメキシコ公演と言えば、ライヴDVD(Orgullo, Pasion y Gloria: Tres Noches En La Ciudad de Mexico(邦題:ライヴ・イン・メキシコ 栄光の一夜!))が発売され、映画『Metallica Through The Never』の極盛ステージセットでライヴが行われていますが、それに相応しい激アツなファンがいっぱい。今回の新曲も歌詞を覚えていて大合唱なところが本当にすごいです。こちらはほんの一例。


    激アツなファンにまた新しい試みで応えてみせたメタリカ。次は何を見せてくれるのか楽しみです。

    【追記】
    公式動画もアップされました。




    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、メキシコ公演DVD『Orgullo, Pasion y Gloria: Tres Noches En La Ciudad de Mexico』販売開始。
    メタリカのメキシコ公演が想像以上にヤバイ件。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    毎度こちらでの告知が遅くてすみません(汗

    2017年3月5日(日)に西横浜EL PUENTEにて'Tallica Japanのチャプターパーティーとして「METALLICA NIGHT」を開催いたします!

    20170305

    今回は本家公認のトリビュートバンド、Hattallicaのワンマンギグ、「Worldwired Tour」のアジアツアー遠征報告、震災復興支援のチャリティー販売、パエリア等スペインビュッフェのお食事付きと盛りだくさんです。

    ・Hattallicaのワンマンギグ
    韓国から始まった2017年の「Worldwired Tour」のアジアツアーを彷彿とさせるセットリストを用意!

    ・「Worldwired Tour」のアジアツアー遠征トークショー
    ライヴ雑感から遠征よもやま話まで、次の来日公演への期待とともに予習がてらお話しさせていただきます。

    ・震災復興支援のチャリティー販売
    本家公認の'Tallica JapanのTシャツ、ワケありアウトレット(‪1枚1500円、3枚以上で1枚1000円!)、そしてMetClub本部のご厚意で送られた半券やバックステージパス、メンバー用含むセットリスト(価格未定)を販売予定です。

    outletTshirts

    charity_2017_1charity_2017_2charity_2017_3

    その他、Hattallica×喜国雅彦先生のコラボTシャツ(3000円)、カーク・ハメット本人の手にも渡ったメタリカ情報局のカークお会計Tシャツ(2000円)も販売します。

    hattallica_kikuni01hattallica_kikuni02kirk_checkplease

    3月5日は全商品とも売り上げの一部を被災者に寄付します。(寄付の詳細はまた継続的にご報告する予定です。)
    ■会場
    西横浜EL PUENTE(西横浜駅徒歩1分)

    ■日時
    2017年3月5日(日)

    16:30 Open
    17:00 Hattallica Gig
    18:30 Dinner
    19:30 Talk show w/ メタリカ情報局
    20:00 Metallica Session
    20:30 購入者特典プレゼント争奪じゃんけん大会

    チケット40名予約優先
    前売当日共に 2000円 +1ドリンク
    (チケットは食事代込み、1ドリンク別)

    ご予約は hattallica@hotmail.com まで。

    【追記】
    企画の詳細が決まりましたので追記です。まずはMetClub本部から送られてきた品々を1000円チャリティーパックとして10コ限定で販売します。パックの内容は、下記グッズを1つずつ封入。
    ・バックステージパス
    ・ステッカー
    ・ピック
    ・南極公演セットリスト複製
    ・『Kill 'Em All』『Ride The Lightning』LIVEセットリスト複製
    charity_2017_4

    また当日物販お買い上げ1000円ごとにメタリカギターピックを1枚進呈します。さらに、イベントの最後にピックを持っている方限定でじゃんけん大会を行い、勝ち残った方にプレゼントを用意いたしました!プレゼント予定のものはこちら。
    ・「Hardwired」を初披露したミネアポリス公演のツアーTシャツ(M・Lサイズ各1枚)
    ・アジアツアーTシャツ(Lサイズ1枚)

    20:00からはメタリカセッション。予定している曲は以下の通り。
    Enter Sandman
    Fuel
    Whiplash
    For Whom The Bell Tolls
    Creeping death
    ボーカルのみ引き続き募集中とのことなのでぜひご参加ください。
    ※タイムテーブルも追記しました。

    重ねてになりますが、ご予約は hattallica@hotmail.com まで。よろしくお願いします!

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    MetClub協賛の東日本大震災復興支援チャリティ・パーティー開催のお知らせ。
    2015年、メタリカ情報局から新年のご挨拶
    【告知】メタリカ情報局Tシャツ発売【えっ】

    このページのトップヘ