メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:NWOBHM

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ユニクロをはじめ、ファストファッション、各種ブランドでメタリカ他HR/HMのTシャツ等が取り上げられるなか、メタルファッションについて真正面から分析した電子書籍『メタルファッションを読み解く〜NWOBHM、LAメタル、BIG4、BABYMETALを追って〜』がAmazon、楽天Koboにて発売中とのこと。著者はへヴィ・メタル文化研究者の長谷川修平氏。

    序章ではNWOBHM、LAメタル、スラッシュメタル、以降細分化が進んでいったメタルファッションの流れや背景について分析。以後の章ではギタリスト編・バンド編に分けてアーティストの具体例を挙げて、メタルファッションについて楽曲との関連性にも触れながら分析しています。終章ではファンの服装としてのメタルファッションについても分析。メタル愛の表現、ドレスコードとしてのメタルファッションについて触れています。以下、目次を引用。

    metalfashion

    はじめに
    メタルファッションの流行と時代 

    ―ギタリスト編―
    衣装としてのギター
    スラッシュ:過去を感じさせないオールドスクール
    ザック・ワイルド:王道を行くアメリカン・ギターヒーロー
    ケリー・キング:大胆にイメチェンした野獣系ギターヒーロー
    イングヴェイ・マルムスティーン:わが道を行く俺流ギターヒーロー
    マイケル・シェンカー:喜びと悲しみの黒
    ZZ トップ ビリー・ギボンズ:テキサスのトレンドオヤジ
     
    ―バンド編―
    キッス:メイクが意味するもの
    ロブ・ハルフォード:ブラックレザーをまとったメタル司祭
    レミー・キルミスター:時代に合わせたオールドスタイルとオンリーワン
    レミー・キルミスター:ミリタリーロックンローラー
    モトリー・クルー:バッドボーイズのイメチェン術
    メタリカ:アンダーグラウンドから全米1位へ、サンフランシスコから世界へ
    パンテラ:異種交配によるニューメタルスタイル
    BABYMETAL:メタルのニュースタイル

    おわりに
    ヘッドバンガーズ、俺たちのメタルファッション

    「音楽知らなくたって着ていいじゃん、ロックT」のスローガンが論議を呼んだ昨今、改めてメタルファッションについて向き合うことのできる良書です。

    Amazonはこちらから
    楽天Koboはこちらから

    またモーターヘッド愛好家でもある同著者がレミー・キルミスターの一周忌を過ぎて著したレミー追悼記『モーターヘッドのレミーが遺したもの〜アティチュード、サウンド、ファッション、ライフスタイル、唯一無二の生き方〜』も合わせてAmazonから発売中。

    motorhead_lemmy_legacy

    実際にレミーと親交があり、レミー自伝『レミー・キルミスター自伝 ホワイト・ライン・フィーヴァー』巻末の日本語版補章を担当した著者だけにレミー愛にあふれた一冊となっています。

    Amazonはこちらから

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ユニクロからメタリカ等ロックTシャツの新作が2017年3月27日に発売開始
    ユニクロでメタリカTシャツが販売されている件
    レディースファッションブランド、ジーナシス(JEANASIS)でメタリカTシャツ発売、女性有名人のメタリカTシャツ着用例
    モーターヘッドのレミー・キルミスター死去。メタリカから追悼メッセージ。
    ジェイソン・ニューステッド「レミー・キルミスターは俺にとって救世主だった」
    メタリカ、クレイジーなファン、ルー・リード、レミー・キルミスターへのトリビュートソングについて語る
    ジェイムズ・ヘットフィールド「この地救上でレミーとモーターヘッドよりもロックンロールを体現しているヤツはいない」

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカ出演映画ネタが続きます。『極悪レミー』の一周忌追悼レイトショーの1週間前となる2016年12月17日(土)から2016年12月23日(金)まで新宿シネマートにて、NWOBHMの代表格バンド、サクソンのドキュメンタリー映画『サクソン/ ヘヴィ・メタル・サンダー』が1週間限定レイトショー上映されるとのこと。

    saxon_KeyArt

    鋼鉄の車輪で驀進するNWOBHMの代表格サクソン!バイフォード絶叫!
    歓喜のMETALLICAラーズ!そして、レミー御大、当然の登場!

    『サクソン/ ヘヴィ・メタル・サンダー』

    2012年/イギリス映画/123分/ビスタ
    監督:クレイグ・フーパー
    出演:ビフ・バイフォード、ポール・クィン、ダグ・スカーラット、ニッブス・カーター、ナイジェル・グロックラー、スティーブ・ドーソン、グラハム・オリバー、レミー、ラーズ・ウルリッヒ、ファスト・エディ・クラーク

    1977年結成、「Wheels of Steel」(80)や「Denim and Leather」(81)などの硬派な傑作アルバムでバイカー軍団から絶大な支持を集めたNWOBHMの代表格バンド、サクソンの歴史を描いたヘヴィメタルドキュメント。サクソンは1979年にモーターヘッドのサポートアクトとしてツアーして以来今まで6回にわたってツアーをこなしてきた盟友。それまでは酒は飲まず、楽屋でも紅茶を飲んでいたサクソンの面々は初めてモーターヘッドのツアーに同行した際、レミーから四六時中強力な酒を提供されフラフラになりながらも「本物」のロックンロールライフを目撃し、衝撃を受けた。またサクソンのオリジナルメンバーだったピート・ギル(Dr)はのちにモーターヘッドに加入、2016年にはレミー追悼でモーターヘッドのメンバーとともにライヴを行うなど、レミーとは縁の深いバンドだ。そんなサクソンのドキュメンタリーにつき、当然ながらレミーも出演している。

    ■12月17日(土)〜12月23日(金) 1週間レイトショー

    新宿シネマート(2016-10-31)

    ラーズがこの映画の撮影に臨んでいたためか、2010年にさいたまスーパーアリーナで行われたメタリカの来日公演では、Ecstacy of Goldの直前で使われていたSEがAC/DCの「It's A Long Way To The Top (If You Wanna Rock 'N' Roll)」ではなく、サクソンの「Heavy Metal Thunder」が使われていました。

    SAXON - Heavy Metal Thunder


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    【速報】2010年9月25日メタリカ来日公演ライヴレポ(簡易版)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    たまに昔買ったメタリカ関連の雑誌等を読み返すことが
    あるんですが、HR/HMの雑誌『BURRN!』2000年3月号で
    「悪魔の辞典」なる企画がやってたのでメタリカ関連のもの
    を抜粋してご紹介しましょう。


    企画自体、あくまで冗談なので本気にしないように!(笑
    (以下順不同)


    メタリカ [METALLICA]
    どんなに音楽性やルックスが変わって初期とは掛け離れたとしても、
    GUNS N'ROSESの混沌と比べたら「継続は力なり」と賞賛したくなる。
    でも、やっぱりルックスは考え直して欲しい・・・。


    この当時、長い髪を思いきり切ったことを言っているんでしょう。
    別に短くても似合ってるけどなぁ。



    ■レコーディング [recording]
    ミュージシャンの忍耐力を試す試練の1つ。昔のバンドは忍耐力が
    なかったので3日間くらいで済ませていたが、今では1年くらいはザラ。
    これをクリアすると、次にはツアーが待っている。


    とりあえずメタリカの新作、お待ちしております。



    ■カヴァー
    ー分でも良い曲が書けるミュージシャンが気分転換に他人の曲を
    プレイすること


    ▲謄ニックはあるが曲が書けないミュージシャンの生活の知恵


    N匹ざ覆書けないうえにテクニックもないミュージシャンの
    寄りどころ(まま)。何のためにやってるんだか。


    メタリカはもちろん,世茲諭、、だよね?



    ■スラッシュ・メタル [thrash metal]
    "thrash"というのはムチでビシッと打つこと。つまり、
    スラッシュ・メタルとはグレイト・カット様のようなSMメタルのこと。
    METALLICAもSMメタルという原点に戻ろうとして『S&M』を出した。
    SMメタルの元祖は言うまでもなくロブ・ハルフォードを擁した
    JUDAS PRIESTで、ロブがムチでビシビシ叩きながらステージに
    登場する'80年代初期のJUDAS PRIESTのショウこそがメタルの
    教科書となり、QUEENSRYCHEのジェフ・テイトはそうした
    JUDAS PRIESTのSMショウに出掛けた興奮を"Speeding The Disease"
    で描いている。(だから本気にしないでってば)


    ちなみにわたしはSでもMでも両方いけます(何



    ■ニュー・ウェーブ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル
    [new wave of british heavy metal]
    '70年代終わりにイギリスで起こったハード・ロック復興運動。
    ヨーロッパ、イギリス、日本のマニアに多大な影響を与えたが、
    本家イギリスですぐに沈静化してしまったため、今では伝説
    として語られるだけになってしまった。但し、日本では10年周期
    でかなりの盛り上がりを見せ、METALLICAもたまに思い出す。


    思い出すかはさておき、メタリカもデビューアルバムなんかは
    この影響がかなり見受けられますね。



    ■パイロテクニック [pyrothchnic]
    マグネシウムや花火を使った派手なステージ装置のこと。
    ジェイムズ・ヘットフィールドのような屈強な男でも、
    まかり間違えば2週間ほど休まなければいけないほどの
    火傷を負うような破壊力を秘めており、従って草食動物系
    の我が日本では基本的に禁止されている・・・はずだが、
    BON JOVIやAEROSMITHのような大物は官憲の目を盗んで(?)
    何度か敢行している。


    ジェイムズ兄貴も、ときどき無茶します(苦笑
    火傷はガンズと一緒のツアー中の出来事でした('92年8月)



    ■ヘヴィ・メタル [heavy metal]
    BLACK SABBATHとBLUE OYSTER CULTが似ていると誤解した
    アメリカ人が、自分でもどういう意味か判らずに使い始めた言葉。


    意味も判らずLED ZEPPELINの音楽を形容する時に使った人が
    いたため、生意気盛りのロバート・プラントが「俺達はヘヴィ・
    メタルなんかじゃない」と反発し、一挙に差別的な意味合いを
    帯びてしまった言葉。


    ハード・ロックがオールド・ウェーヴとして馬鹿にされていた頃、
    パンク/ニューウェーヴへの新たな挑戦状として叩き付けられた
    威勢の良い言葉。


    ぅ悒凜・メタル関係者があまり使わないでいるうちに、
    アメリカや日本の無知な連中が、すっかり違う音楽のことを指す
    ようになってしまった言葉。今やBURRN!を買っていても本来の
    ヘヴィ・メタルを知らない人がいる一方で、「ヘヴィ・メタルは
    好きだけどBURRN!に載るバンドは嫌い」なんてワケの判らない
    人達もいる。


    イ靴し、一般人から見て、その差別的・侮辱的なニュアンスは
    昔も今も同じであり、洋の東西を問わない。



    なんか必死だな、BURRN!。。(苦笑
    まぁこんなんだから『デトロイト・メタル・シティ
    が流行るんだろうな(笑


    デトロイト・メタル・シティ
    デトロイト・メタル・シティ


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


     

    【追記】
    メタリカ版悪魔の辞典作りました。


    こちらかサイドバーのメニューからどうぞ。

    このページのトップヘ