メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:Metallica

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ラモーンズのマーキー・ラモーンがMCを務める「Virgin Radio」にてジェイムズ・ヘットフィールドが「Here Comes Revange」の歌詞についての着想について語っていました。UltimateGuitar.comの文字起こしを管理人拙訳にてご紹介。

    jmz_revenge

    −復讐(Revenge)についての曲があるけど、これは何に着想を得たものなのか?

    ひとりの父親として、以前のように物事や世界がどれだけねじ曲がっているかを見たりするのとは違ったものに影響を受けている。

    でも、それから子供たちがとても賢くなっていることに気付かされたよ。彼らはオープンだし、なんとかなるって感じなんだ。でも俺の父親は「世界は地獄になっちまった!」って言っていたし、彼らの父親(自分)も同じことを言っている。

    それでわかったんだ。それは一種の心理療法だってね。世の中で起きていることについてちょっと不平を言うようになる。

    で、俺たちのファンがいて、彼らの立場に身を置こうとしてみたんだ。とてもたくさんの公演に来てくれたカップルがいてね。彼らがメタリカに興味を持ったのは、若い娘さんが俺たちの大ファンで、酔っぱらった運転手によってひき殺されたからだった。

    それには衝撃を受けたよ。「どうしたら世界でポジティブなものを見出して、自分の娘とまた通じ合うことができるだろうか」それがメタリカであり、彼女が愛した音楽だったんだ。理性がポキっと折れて、冷酷になってこんなことをした奴なら誰でも攻撃をしたくなる代わりにね。

    だから俺は彼らの立場に身を置いて(考えた)、復讐は実行するのに本当に力強く素晴らしいものだと感じなければならないが、その衝動を満たすものではなかったんだ。


    UltimateGuitar.com(2017-09-25)

    インタビュー全編はこちらから。アルバムのプロダクション面や故レミー・キルミスターについても語っています。


    ジェイムズは以前、Metallica.comにてファン会報誌SoWhat!のエディター、ステファン・チラジとのインタビューで『Hardwired...To Self-Destruct』全曲の歌詞について語っており、「Here Comes Revenge」については次のように話しています。
    ステファン
    子どもが殺された悲しい物語についてたくさん読んだのかな?それにどうやって折り合いをつけることができたんだろう?

    ジェイムズ
    そうだね。モーガン・ハリントン(※)がいる。誰かを奪われた家族についてはたくさんのことがある。息子が死んだ友人もいるし、名前は挙げたくないけど、ずいぶん長い間ツアーに帯同してきているカップルがあの曲の助けになったし、俺にとってインスピレーションになったんだ。彼らの娘さんが酔っ払いの運転手にひき殺された。彼女はメタリカが大好きだったんだ。このご家族が娘さんと繋がったままでいる方法がメタリカのショーに来て彼女が楽しんでいたものを楽しむということだったんだ。そうやって繋がっているんだろう。あれには本当に驚かされた。とても強いよ。それは自分にも起きうる傷つく出来事だね。つまり人生をぶち壊し、ただ座って四六時中そのことについて考えては、何度も何度も思いを巡らすんだ。「どうしたら物事を変えられたんだろう?もしこうだったら?ああだったら?」どうしたら怒りを抑えられるだろう?どうしたら子どもの人生を奪った相手に怒らずにいられるだろうか?それは俺にとって本当の強さだと思う。俺がするであろう考え方を書いているからね。復讐が起きるのを祈って、それが答えだと考えるだろう。結局そんなことは起きないとはわかってるけどね。

    ※2009年にメタリカのライヴを観に行った後に行方不明となり、遺体となって発見されたヴァージニア工科大学の学生。事件究明のためにメタリカは有力な手がかりを申し出た者に賞金5万ドルを提供。ジェイムズは事件の手がかりを求める動画メッセージを公開した。後に別の殺人事件の容疑者が当該事件の容疑者として再逮捕され終身刑となった。

    Metallica.com(2016-11-19)

    Here Comes Revenge


    RL72 - The Making of "Here Comes Revenge"


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ジェイムズ・ヘットフィールド、『Hardwired...To Self-Destruct』収録曲の歌詞について語る(1)
    ジェイムズ・ヘットフィールド、『Hardwired...To Self-Destruct』収録曲の歌詞について語る(2)
    ジェイムズ・ヘットフィールド、『Hardwired...To Self-Destruct』収録曲の歌詞について語る(3)
    ジェイムズ・ヘットフィールド、『Hardwired...To Self-Destruct』収録曲の歌詞について語る(4)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Supremeが2017年の秋冬コレクションでメタリカのアルバム『Load』のアートワークを使用したスケートボード・デッキ、フーディー、帽子、スウェットパンツを発売することは先日お知らせした通り。今回はこれに加えてVansとSupremeがコラボしたスニーカーも同日発売されると発表されました。発売されるのは、「Sk8-Hi」「Chukka」「Old Skool」の3種類(画像参照)。

    supreme_xx
    instagramより

    またこれに合わせて、『Load』のアートワークを手がけたアンドレス・セラーノ作品「Piss Chirst」のTシャツやフーディーも発表されました。やはりSupremeとしてはメタリカの『Load』というより、アンドレス・セラーノの「Blood & Semen」とのコラボということでしょうか。

    発売開始は、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリの店舗とオンラインストアは2017年9月21日から、日本では2017年9月23日からとのこと。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    Supreme、2017年秋冬コレクションでメタリカの『Load』のアートワークを使用
    メタリカ×VANSの『KILL 'EM ALL』スニーカーが発売予定など
    メタリカ自らがデザインしたVansのコラボ・シューズ発売開始

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1960年代、70年代のホラー雑誌「Famous Monsters」の表紙を描いたことで知られ、メタリカファン的にはカーク・ハメットのギター「The Mummy」のアートワークで知られるバジル・ゴゴス氏が78歳で亡くなったと公表されました。
    0811_horror-posters-pem10

    ギターのアートワークのみならず、2014年にカーク自身が主催したホラー・フェスティバル「FearFestEvil」にバジル氏をゲストとして招待しており、交流を持っていました。FearFestEvilの時の写真とともにFacebook上で追悼メッセージを寄せています。(管理人拙訳)

    バジル・ゴゴスの絵はとてもリアルでキャンバスから飛び出して、本当に生きているかのようだった・・・彼の作品はホラー界の傑作だし、彼は天才だった。安らかに。バジル・ゴゴス!
    kirk_basil
    Facebookより

    先日、このFearFestEvilにも参加していたゴジラのスーツアクター、中島春雄さんが亡くなったばかり。隣り合ったブースでいらっしゃいましたが、この短い期間でご両人とも鬼籍に入られるとは・・・

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    「Kirk von Hammett's FearFestEviL」レポについて

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2017年9月19日発売の「Metal Hammer」誌はメタリカ(ジェイムズ・ヘットフィールド)が表紙。
    metalhammer2017_0

    内容はWorldWiredTourの北米ツアー特集で、ステージ最前列からバックステージ、メモラビリア展示など全てのエリアを取材しているとのこと。
    metalhammer2017_1

    日本の各店舗での発売は9月末の見込み。
    Metal Hammer(タワーレコード)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    英HR/HM雑誌「METAL HAMMER」でメタリカの『Kill 'Em All』特集
    METAL HAMMER誌2011年5月号はメタリカが表紙。
    英HR/HM雑誌「METAL HAMMER」でメタリカ表紙&特集
    英「METAL HAMMER」誌の25周年記念号でクリフ・バートン特集
    ラーズ・ウルリッヒが「Metal Hammer」で語るもろもろのこと。
    METAL HAMMER誌でメタリカ&『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』特集

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2017年9月10日に行われたフランス・パリ公演でアルバム『Hardwired...To Self-Destruct』から「ManUNkind」をライヴで初めて披露しました。

    ManUNkind (Live - Paris, France - 2017)


    9月2日から始まったヨーロッパツアーでは、アリーナでのラウンドステージで野外ステージとは違ったさまざまな演出が行われていることは先日少し書きましたが、セットリストの面でもしばらくやっていなかった曲をやっており管理人を歯ぎしりさせています。ちょっと振り返ってみると・・・

    9月2日のデンマーク・コペンハーゲン公演では、NEVER=「Through The Never」、DAY=「Day That Never Comes」、そして「Breadfan」とカバー曲枠も復活。
    20170902

    9月4日のオランダ・アムステルダム公演1日目では、カバー曲にEVIL=「Am I Evil」。
    20170904

    9月6日のアムステルダム公演2日目では、LEPER=「Leper Messiah」、DAMAGE=「Damage Inc.」、カバー曲には「Britzkrieg」。
    20170906

    9月8日のフランス・パリ公演1日目では、カバー曲としてCARESS=「Last Caress」。
    20170908

    9月10日のパリ公演2日目では、前述の「ManUNkind」ライヴ初披露、カバー曲には「Helpless」。
    20170910

    9月12日のフランス・リヨン公演では、WOLF=「Of Wolf and Man」、カバー曲にはDIE=「Die, Die My Darling」。
    20170912

    9月14日のドイツ・ケルン公演では、カバー曲にSCC=「Stone Cold Crazy」を披露しています。
    20170914

    これは『Hardwired...To Self-Destruct』から新たな初披露曲が生まれるばかりか、超久々の「So What」の披露さえ期待してしまいます。『Hardwired...To Self-Destruct』バージョンのメンバーの顔がプリントされたギターピックもヨーロッパツアーからでしょうか。

    YouTubeのMetallicaTVではツアーからの動画が続々アップされているので引き続きチェックです。
    https://www.youtube.com/playlist?list=PLJvQXRgtxlumwtxmRqBqQ9bWqW2Rkkxll

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、新曲「Hardwired」をライヴで初披露!新譜『Hardwired...To Self-Destruct』予告映像公開!
    メタリカ、ファンクラブ限定ライブで「Moth Into Flame」をライブ初披露
    メタリカ、コロンビア公演にて「Atlas, Rise!」をライヴ初披露
    メタリカ、メキシコ公演にてイギー・ポップと「TV Eye」で共演、「Dream No More」ライヴ初披露も
    メタリカ、2018年までの「Worldwired Tour」ヨーロッパツアー日程を発表
    メタリカ「ManUNkind」のMVにてブラックメタル・シーンを描いた映画『Lords of Chaos』の映像を公開

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    世界保健機関 (WHO)が9月10日と制定した世界自殺予防デーに、メタリカらが自殺防止キャンペーン「I’m Listening」に参加し、メッセージを寄せています。

    imlistening_metallica

    ジェイムズ・ヘットフィールド
    やぁ俺たちはメタリカだ。自殺願望は誰にでもいつでも起きうる。そのことについて誰かに話すことが一番大事なんだ。キミは独りじゃない。俺は耳を傾けるよ。

    カーク・ハメット
    落ち込んでいる時に医者に診てもらうことは弱さの証拠なんかじゃない。不幸なことに、うつ病の性質っていうのは家族に話したり専門家の助けを求めたりする欲求やエネルギーを失わせてしまうんだ。もし落ち込んでいたら、キミができる一番勇気ある行動は1-800-273-8255(自殺防止ホットライン)に電話することだよ。

    ロバート・トゥルージロ
    アメリカだけで11.9秒毎に誰かが自殺を遂げている。これは良くないことだ。だからみんな生き続け、心身共に元気になるよう元気づけていこう。

    ラーズ・ウルリッヒ
    キミが感じていることは何も間違っちゃいないってことを覚えておいて。うつ病は最も一般的な精神的な健康障害になっていて、年間2000万人以上のアメリカの成人がうつ病に苦しんでいる。自殺は国際的な問題だし、健康面での大きな懸案事項なんだ。俺は耳を傾ける。1-800-273-8255に電話して。

    Alternative Nation(2017-09-13)



    クリス・コーネル、チェスター・ベニントンと残念な訃報が続き、ジェイムズはインタビューでこの件に触れると繰り返し「誰かに話を聞いてもらうこと」の重要さを説いていました。今回はメンバー全員でこの問題に関するメッセージを発信したようです。

    「I’m Listening」キャンペーンサイト
    http://www.imlistening.org/

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ロバート・トゥルージロ、故クリス・コーネルに捧げる「Black Hole Sun」を披露
    ジェイムズ・ヘットフィールド「俺たちアーティストのほとんどは脆いし不安定」
    ラーズ・ウルリッヒ、リンキン・パークのチェスター・ベニントンに弔意のコメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカがアーニーボール(Ernie Ball)と組んで、「Metallica HQ」を見学できるツアーが当たるコンテストを開催中です。対象のギター弦に付いてくるコードを特設サイトに入力してエントリーするとのこと。

    metallica_ernieball

    ジェイムズとカークがツアーに出ていない時何をやっているか?HQで入り浸りさ!そして今回、彼らと一緒になるチャンス!

    素晴らしいギター弦と楽器付属品メーカーであるアーニーボールとの協力で、サンフランシスコのベイエリアに幸運な3人の当選者がHQでジェイムズとカークと一日を過ごし、ヘットフィールドかハメットのESPのシグネチャーモデルギターをゲットできるチャンス。

    コンテストは2017年9月7日から10月31日まで開催。「Guitar Center」か「Musician's Friend」でアーニーボールのギター弦を購入して、 パッケージ内に記載のコードをernieball.com/metallicaに入力して「Hetfield + Hammett Experience」にエントリーしよう。

    『St.Anger』『Death Magnetic』『Hardwired...To Self-Destruct』で楽曲が生まれ、レコーディング/ミキシングが行われたスタジオに訪れて、ビデオで1度や2度見たことがあるかもしれないコントロールルーム、ジャムルーム、ギターやメモラビリアを個人ツアーガイドとなるジェイムズとカークと共にチェックしよう。

    ジェイムズとカークにインスピレーションについてや、ツアー中のこと、最近聴いているもの、オフにどう過ごしているか質問攻めにしよう。自分で聞いてみたいことがあるはず!重ねて、ernieball.com/metallicaで詳細をチェックして、コードを入力してみてね。

    Metallica.com(2017-09-07)
    以下、コンテスト告知動画。










    日本からエントリーする場合は通販サイトからの購入が必要になります。

    ※参考:Musician’s Friend(ミュージシャンズフレンド)での購入方法
    http://www.how-to-import.com/shop/digital-music/musiciansfriend/

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    サンディエゴでカーク・ハメットに会えるVIP抽選、ゾンビ版カーク・ハメットの別バージョンのフィギュアも発売

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカのTシャツが広く着られるようになった昨今ですが、季節変わって秋物ファッションでもメタリカの登場です。GUから2017年秋の新作でメタリカのアイテムが発売されています。

    00_tp
    メタリカが初めて出したTシャツに描かれた「The Young Metal Attack」を長袖Tシャツで、そしてパスヘッドの「The Shortest Straw」のアートワークをパーカーで、色違い3色の発売。

    秋物特集ページではコーディネート例も紹介されています。
    170904_model_04
    170904_model_03
    http://www.gu-japan.com/jp/feature/autumnstreet/men/pc/

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    GUよりメタリカ等ロックTシャツ発売
    ユニクロからメタリカ等ロックTシャツの新作が2017年3月27日に発売開始
    ユニクロでメタリカTシャツが販売されている件
    レディースファッションブランド、ジーナシス(JEANASIS)でメタリカTシャツ発売、女性有名人のメタリカTシャツ着用例

    このページのトップヘ