メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:Metallica

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ラーズ・ウルリッヒが8月6日のサンディエゴ公演を前にした地元ラジオ局「101.5 KGB-FM」のインタビュー。メタリカが獲得すると思われていた1989年のグラミー賞「Best Metal Performance」部門をジェスロ・タルが受賞した件について次のように答えていました。Ultimate-Guitar.comの文字起こしを管理人拙訳にてご紹介。
    jethro_metallica

    その日の本当の勝利はテレビ放送で「One」を演奏したことだよ。俺たちは間違いなくグラミー賞で放送された最初のロックバンドなんだ。あの当時、ヒップホップはなかった。まったくね・・・。とても保守的な体だった。だから俺たちがそこにいたってのはクールだったんだ。

    そして80年代中ごろから後半にいたる、大物リストに名を連ねた様々な音楽界のセレブたちが顔を恐怖でひきつらせながら目の前に座っているのを(ドラムセットのなかから)ステージ上で座って観ていたよ(笑)それこそが本当の勝利なんだ。

    ジェスロ・タルが勝ったって事実はまた別の勝利になった。なぜなら俺たちが先端的で、まだ主流ではないってことが示されたからね。それに彼ら(グラミー賞会員たち)はこれを埋め合わせるために次の2年間、俺たちに賞を与えることになったわけだし。

    まぁね、俺たちは本当によくやったし、敬意を表するよ。2年に1回は放送に招待されるなんて幸運だ。素晴らしいことだよ。グラミー賞ほど聴衆に届くテレビ番組はない。俺たちはそんなパーティーに招待されていつも感謝しているんだ。

    当時、俺たちはちょっと場違いのように感じていた。だけどすべて素晴らしい結果になったね。


    Ultimate-Guitar.com(2017-08-17)

    インタビュー全編はこちらから。


    1989年、初ノミネート時のグラミー賞授賞式での「One」


    グラミー賞はジェスロ・タルが獲得


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ジェスロ・タルのイアン・アンダーソン、メタリカが逃した1989年のグラミー賞について語る。
    第59回グラミー賞授賞式にてメタリカ&レディー・ガガが競演

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ロバート・トゥルージロがLoudwireのインタビューでKornのツアーに参加した息子のこと、ライヴ会場の違い、これからのツアー日程、メタリカでの立ち位置について語っています。管理人拙訳にてご紹介。

    Metallica-Metlife-Loudwire

    −調子はどうですか?

    いい感じだよ。ショーも素晴らしかった。楽しく過ごせているし、ピチピチでいられるよ。


    −暑い夏となっていますね。メタリカはスタジアムツアーに出ています。非常にたくさんの人の前で大きなステージに立ってプレイする時、何を意識しなければならないんでしょうか?

    そうだなぁ、一番はコンディションを整えなければならないってことだね。夏季はクレイジーだし、砂漠みたいな暑さの時もあるからね。アリゾナとかカリフォルニアの内陸部だけじゃなく、アトランタとかオーランドとかフロリダ、マイアミみたいにさらに南下していくと本当に激しい暑さの場所もあるし。だから陸上競技かスポーツチームか何かみたいに準備しているんだ。

    2時間のショーだから(熱中症を避けるため)電解質を摂取しなければならないし、ストレッチもしてコンディションを整えなければならない。巨大なステージなんだ。メタリカがこれまでのツアーでやってきたなかでも間違いなく最大級のステージだよ。驚くべきことだし楽しいね。だから実際ステージに上がっている時はそんなに(暑さで)うんざりってことは感じないよ。その瞬間に包まれているような感じだからね。でも後になって「あぁ、クタクタだ」って感じになるけど。


    −最近12歳のあなたの息子さんが南米でKornのツアーでベースを弾いていましたね。12歳の時に同じことをやらせてくれとお願いしていただろうかと親として葛藤しませんでしたか?

    まぁ最初は俺個人としては信じられない瞬間だったね。彼が一生懸命やっていること、総じて楽器や音楽に全力を傾けているってことを俺はわかっていた。ギターも弾けるんだよ。ドラムから始まって、5歳でドラムはやめてしまった。初めて本物のドラムセットを手に入れた途端、やめてしまったんだ。そのうち彼が家にあるベースを集め始めていることに気づいた。文字通り家の各部屋にはベースがあったからね。俺が本当に彼に教えたことは、最も基本的かつ最初のステップであるCメジャー・スケールだけだった。

    次の日までに彼はそれを自分のものにしたんで、そこからブルース・スケールを教えたんだ。それがジャコ・パストリアスのベースソロとかブラック・サバスの曲とかに変わっていった。その点について彼は特別だけど、彼はとても謙虚でしっかりしているよ。俺はとても緊張しいだったけど。彼らが南米にいた時、俺は1カ月オフだったから同行することができた。でも何が起きるかはわからなかったね。未知の領域だったし。彼はやり遂げた。自信に満ちているのを観られたのは驚くばかりだね。彼は恐れを知らない。ジェイムズ・ヘットフィールドと一緒にメタリカのバックステージでジャムをして育ったような子だ。だから彼にとって、完全に自然なことだし普通なことなんだ。俺なんか5人を前にして演奏するってのも緊張しているからそうはいかないよ。


    −あなた方はテレビにも出演していますし、ニューヨークのウェブスターホールのように小さなハコ、そしてもちろん今回のようなスタジアムでもショーを行っています。それぞれの場所でプレイするにあたってのアプローチの違いというのは何でしょう?

    小さなところでのギグでクールなところって親密さだよね。観衆と本当に繋がっていると感じるんだ。ウェブスターホールでやったのは信じられないほど素晴らしかったよ。そこには魔法があり、歴史があった。スイサイダル・テンデンシーズで20年前にリッツ・シアターでやった時のことを思い出したよ。真夜中までプレイして、そこからプライマスがコロンビア大学で7:30かそこらまでやっているのを観に行くために地下鉄に乗ったんだ。あれは面白かったな。ウェブスターホールにはたくさんの思い出がある。トロントのオベラハウスもしかり、ロンドンのハウス・オブ・バンズもしかり。ああいうギグは本当に生々しいパンクのエネルギーを持ち合わせている。メタリカはそれを持っているんだ。俺たちがね。そしてそれを楽しんでいる。

    それに、お互いの顔を観ながら実際にプレイすることができるよね。クールだよ。演奏するアートってものを俺たちに再び教えてくれるんだ。大きなステージに立つ時というのは、同じように繋がるようにバンドとして観衆と親密さを創り出す必要がある。

    俺にとってそれは全部素晴らしいものだよ。間違いなく小さなショーでは何かを感じるけど、大きなショーだって少なくともこういったショーは本当に繋がっていると感じるよ。たくさんの新しいファンがいるってことを感じて見ることができる。メタリカの世界では、今本当に特別なことが起きているんだ。なぜ、どうやってそれが起きるのかわからないけど。

    アルバムを作っても人がそれを手にしないと。じゃなければ繋がることも、その時宇宙で何が起きようとも実際にないものと一緒だ。でもどういうわけか、このアルバムはオールドファンだけじゃなく、あらゆる年齢層の新しいファンにも印象を残した。親に肩車された子供たちが音楽に体を揺らしているのが見える。あれは本当に特別だね。今、自分たちの世界でこういうことがあるというのはとても恵まれているよ。


    −あなたは約15年ものあいだメタリカのメンバーになっています。バンドと築いてきたなかで一番誇りに思っていることは何ですか?

    それについては昨晩考えていたんだ。面白いね。メタリカで、俺の役割は何らかの形で仲立ちするということなんだ。俺はいつも良い仲介者だと思うよ。オジーバンドの一員としても、スタジオでジェリー・カントレルと一緒に仕事をした時でもね。解決策を見つけ、エネルギーと雰囲気をポジティヴに保つようにしている。他のプレイヤーたちや彼らが創り出そうとしている世界観をポジティヴなものにする。何か新しいもの、昔のものを練習している時でもね。ちょくちょく俺はバンドが実際にやる前にバンドカタログから再探索して曲を復習しようとしたり。「The Call Of Ktulu」は実際にやる3年くらい前にジャムっていたと思う。3年くらい前にヨーロッパのツアーで数回だけやった「Frayed Ends of Sanity」なんかは実際にやる前に10年かそれ以上ぶりに立ち返っていたね。

    最初の2年間は『St. Anger』の曲だけじゃなく、20年以上のバンドカタログにある曲を覚えなきゃならなかったから、メタリカは俺にとってキツかった。あの時は大変だったよ。技術とスキル、そしてバンドとどううまくやっていくかという点でなんとか追い付こうとしていたんだ。インフェクシャス・グルーヴスみたいにスタイル的に何かを強いるようなことはしなかった。ベースプレイのスタイルが違うからね。それをメタリカに押しはめようとはしなかったよ。それを抑えようとしていた。俺にとって今最も重要なことは、グルーヴなんだ。このアルバム(『Hardwired...To Self-Destruct』)のグルーヴ、ヘヴィなサウンド、そして音色。俺たちが一緒にやってできるグルーヴというのはすごいと思っている。それが俺がもたらすものだといいんだけど。つまり、平和とハーモニーとグルーヴだね。


    −『Hardwired… To Self-Destruct』は昨年の終わり頃にリリースされました。そして今、アルバムをサポートするツアーに出て本格的に始動しています。このスタジアムツアーの後、アメリカで追加公演を行う計画はありますか?

    俺たちは一歩一歩着実にやっている。(北米で)スタジアムではやっていなかった・・・10年以上のブランクだと思うけど。長く空いてしまったし、どうなっていくのか俺にはわからない。外に出て、水に飛び込んで、泳ぐみたいなものなんだ。結果はどうなるかわからない。幸運なことに俺たちにとって素晴らしいものだった。9月にはヨーロッパに行って、そこでアリーナ・ツアーを始めて、それもエキサイティングだってことはわかっている。アメリカのスタジアムでやるのは最高だよ。しばらくやっていなかったからね。でもそこからヨーロッパに行って、アリーナのラウンドステージでやるんだ。

    それもまたエキサイティングだし新鮮だよね。また違った舞台装置だし。そこから間違いなく休暇を取って来年に突入だ。ヨーロッパのツアーは来年の初めまで続いているはずだよ(訳注:記事更新現在、2018年5月11日のフィンランド公演まで日程が決まっている)。正確には定かじゃないけど、アメリカでアリーナ公演をやろうとしているというのもわかっている。いつになるかはわからないけどね。来年後半かもしれない?言いたくないね・・・今はすぐ全て広まってしまうから。それで変更されたら、みんな俺のこと怒るでしょ。

    でも俺が言えるのは、全てが未知の領域だと感じるってことだね。大きなスタジアムでやって、今度はアリーナでやろうとしている。どんな気分になるだろう?新しい舞台装置はどんなだろう?どうやって維持していこう?俺たちはナッソー・コロシアムやヨーロッパのショーで何回か行ってきたラウンドステージを経て、成長を続けているんだ。舞台装置はどうなってるだろうね?メタリカとして行ったもののひとつとして、今回のようなスタジアムツアーでメキシコシティで3公演行った。メキシコシティでは誰もがメタリカのショーに行ったことがあるのか俺にはわからないけど、あれは常軌を逸していたね。

    舞台装置とか全てのことを8万人もの常軌を逸したファンの前で試しているんだ。でもそれが俺たちのやり方だし、たとえ泳ぎ方を知らなくとも飛び込んで学んでいく。信じられないほど素晴らしいよ。それこそがメタリカの世界なんだ。俺の最初のギグなんてサン・クエンティン州立刑務所だったからね。やぁ歓迎するよ!って。


    −メタリカは間違いなく世界最大のメタルバンドと言っていいでしょう。あなたとカークとラーズとジェイムズとのメンバーの間で我々を最も驚かせるものは何でしょうか?

    俺たちはみんな全く異なる人間で、間違いなく兄弟でもあり、チームでもあり、家族でもあり、お互いを尊敬し合っている。でも俺たちは異なる出自から集まっている。俺たちみんな、特にラーズ、ジェイムズ、カークといかに違うのかを観れば信じられないほどなんだ。普段食べる食べ物とか全てね。政治、宗教、まるで違う。でも同時にお互いに敬意があるし、創造的な側面で言えることのひとつとして、本当に興味深くて時に珍しく、このバンドで一緒になっている限りは創造的エネルギーに不足は一切ないってことだね。ステージに出る前に、俺たちがジャムルームとかチューニングルームと呼んでいる、ドラムセットからアンプのあるところで弾いている時でさえ、たくさんのアイデアが浮かんでくるんだから。

    最近だって、ある種の魔法があった。ベースラインを弾き始めると、ジェイムズがやって来るか、ラーズが来るかして、誰かがリフを思いつく。だから創造的なフローとエネルギーとアイデアで、このたくさんのシリンダーはいまだに熱がある。普通は歳を取れば取るほどそううまくは運ばないものなんだ。たくさんのバンドはそういうものを失っていく。俺たちはまだその炎を燃やし続けている。楽器を手にするたびに、いつも楽しいエネルギーがあり、みんなが笑顔になるもんだから、いつも笑ってしまうんだ。ジョークだったり、アイアン・メイデンのリフとかをジャムったり。ガレージでやってた10代の若者に戻ったかのように立ち返るんだ。それがこのバンドがいまだに持っている魔法のひとつだね。それこそが俺たちが集まる主な理由の一つなんだと思う。やっていることを楽しむ。それが本物なんだ。楽しんで、かつこれに伴ってとても強い労働倫理もあるんだ。


    Loudwire(2017-07-31)

    ちなみにロバート・トゥルージロの息子、タイ(Tye)・トゥルージロが、Kornのツアーに参加した模様を15分にまとめたドキュメンタリー動画がRollingStoneにて公開されています。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ロバート・トゥルージロ「もうすぐライヴでやろうと取り組んでいる曲もある」
    Kornの南米ツアーにロバート・トゥルージロの息子がフィールディの代役でゲスト参加決定
    ロバート・トゥルージロ、息子のコーンのツアー参加について語る

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカが北米ツアー最後の夜をシェアしたいということで、北米のWorldWiredTour最終日にあたるカナダのエドモントン公演をストリーミング配信するとのこと。
    edmon

    現地時間の2017年8月16日午後8時45分(日本時間:17日午前11時45分)頃から以下の2つのサイトで視聴できる予定。

    http://webcast.livemetallica.com/
    https://www.youtube.com/user/MetallicaTV



    8月15日には、メタリカが出演する「Carpool Karaoke」が定額制音楽ストリーミングサービス「Apple Music」から配信を開始。「Carpool Karaoke」は、米国で人気のテレビ番組。ホストを務める英国人コメディアンのジェームズ・コーデンが、著名人と車の中でカラオケをするというもの。

    予告編映像では、ディズニーソングやリアーナの「Diamonds」を歌うメタリカのメンバーや、スーパーマーケットに立ち寄って従業員と熱唱する姿が観られました。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ出演のOutside Lands Music Festival 2017がストリーミング配信

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    既報通り(関連記事参照)、カーク・ハメット所有の映画ポスターコレクション展「It's Alive」が2017年8月12日から開催されます。これに伴い、ボストンの地元FM運営のwburによる同展覧会のプレビュー記事を管理人拙訳にてご紹介。

    0811_horror-posters-pem02

    1931年の傑作映画でのフランケンシュタイン博士の有名な喜びの叫びは、今、セイラムのピーボディ・エセックス博物館(以下、PEM)での新しい展覧会にぴったりのタイトルになった。
    0811_its-alive-2

    「It's Alive」はメタリカのリードギタリストであり、熟練のコレクターでもあるカーク・ハメットが数十年に渡って情熱をかけて集めてきた珍しいヴィンテージのホラー映画やSF映画のポスターを展示している。

    54歳になるミュージシャンは、気味悪くも素晴らしいポスターコレクションの種は早くにまかれたと語る。「5歳の時からホラー映画というジャンルに夢中になってきた」彼はそう振り返る。それは興味の入り口となった1962年公開の地球外の植物のような生き物が乗っ取りにかかる、背筋を凍らす白黒映画『The Day of the Triffids(邦題:トリフィド時代)』と出会った時のことだった。「あの瞬間から俺は夢中になったんだ」ハメットはそう語った。

    生涯に渡るファンとなった彼は1921年の『The Cabinet of Dr. Caligari(邦題:カリガリ博士)』から1979年の『Alien(邦題:エイリアン)』まで全てを網羅するオリジナルのホラー映画やSF映画のポスターを追いかけ、買い集め、保存することに取りつかれるようになっていった。

    100以上の新品同様の掘り出し物がPEMで展示される。こういった作品はほとんど現存していないため、(その価値を)証明するのだと語る。

    「これは俺の目標なんだ。過去25年くらいはこういった多くのポスター、特に1920年代と30年代のポスターには、どれだけ美しいデザインやグラフィックがあるかを認識を高めるものだった。」彼はそう語る。
    0811_horror-posters-pem07-1

    『Dracula(邦題:魔人ドラキュラ)』『The Mummy(邦題:ミイラ再生)』『Frankenstein(邦題:フランケンシュタイン)』は1931年から1932年の1年半のあいだに公開された。彼らはモンスターの妻子というスピンオフ作品を生み出した。40年代には『The Wolfman(邦題:狼男)』があり、「50年代には『It Conquered The World(邦題:金星人地球を征服)』みたいな不気味なSF映画が全て登場したんだ」とハメットは私に語った。

    彼のリストはまだ続く。

    ハメットは、スタイル、感情、そしてマーケティング手腕に精通しており、ヴィンテージのポスターにそれを詰め込んだ。もしこれらの作品の表現と共に時間を過ごせば、そういったものも発見することになるだろう。

    彼はこれらの作品がロマンス映画が興行収入を支配していた時代に作られたがために意味があり、ただ良質な恐怖以上のロマンチシズムと優雅さを伝えると信じている。ポスターはビジュアルを伝えるタイムカプセルのようなものだ。これらは今日我々がシネコンで観るようなものは一切ない。

    HAM-085博物館のギャラリーに入ると、まず『Frankenstein』と対面することになる。彼の巨大な赤い色の顔は6フィート(約180センチ)ものフレームという境界から半開きの眼で目線を送る。

    PEMのキュレーター、ダン・フィナモアは「It's Alive」をこう説明する。「このポスターは唯一現存するものの一例です」20世紀のハリウッド映画のためにたくさんのポスターが作られたが、ほとんどは破棄されてしまったと彼は語る。

    「これら多くのポスターはユニークなんです。その多くは非常に希少なもので、他のものには利用できないため、ほとんどの人が観たとは思えない代物なのです。」

    この1931年の『Frankenstein』のプロモーション広告は、映写室に封印されたためにたまたま生き延びた。フィナモアが語るところによると、70年代に発見されたのは、労働者たちが壁を突き壊した時だという。キュレーターによると、他のオリジナルの『Frankenstein』のポスターはこれまで発見されていない。

    海洋アートギャラリーで通常働いているフィナモアは、異世界がテーマの展覧会のための面白いキュレーターのリーダーとなっている。

    フィナモアはPEMが情熱的なエネルギーで斬新な展覧会を創り出そうとしていると説明した後、海洋コレクターがフィナモアとハメットを繋いだと言う。「(海洋コレクターの)彼が笑い始めて『あんたが会うべき人を知っているよ』と言ったんです」フィナモアはそう振り返る。

    今、フィナモアは自身が作っている展示に自身を駆り立てている。『Frankenstein』のポスターの横に立ち、モンスターの消すことのできないイメージに驚いている。

    数歩離れると、緑色でしわくちゃの、防腐処理によって乾燥しひび割れた顔の1932年公開『The Mummy』の驚愕のポスターに魅了される。「非常に抽象化された色彩が重ねられています。リトグラフの黄色・オレンジ・赤のクレヨンの色彩が彼の後ろに広がっているけれども、彼は実際には静かにしているように見えるのです。」フィナモアはそう評価する。

    キュレーターにとって、これらの展示されたアートワークは、個人的な反応を呼び起こす力を秘めており、それこそが博物館の目標だ。

    「いくつかのイメージでは、展覧会を歩いてコレクションを見ていくと、以前に観たことがあると気が付きました。しばらく自分の脳に留まっていたんです。何年か前にこれを観た時には自分の記憶には残っていなかったのに。まだ脳の中にあったんですよ。それが魅力的なものだと分かりました。間違いなく効果的な広告ではありますが、大きな影響力のあるアートでもあるのです。」フィナモアはそう語る。
    0811_horror-posters-pem03

    Original_Book_Images_-413フィナモアは、展覧会の説明をつけるため、何千ものハメット所有のポスターをくまなく調べ勉強したと語る。彼はホラーやSFファンを超えて、オリジナルの『The Mummy』や『Creature from the Black Lagoon(邦題:大アマゾンの半魚人)』や『The Crawling Eye(邦題:巨大目玉の怪獣/トロレンバーグの恐怖)』を観たことのない人たちにも伝わればと期待している。

    展示は、創造的なマーケティングツールとしてのポスターの進化を追っている。また冷戦時代のあいだにうつ病の不死身のモンスターから宇宙からの侵略者まで、社会的な恐怖がそれぞれの時代の映画のスクリーン上でどう繰り広げられていたのかを探っている。

    1951年の映画『The Day the Earth Stood Still(邦題:地球の静止する日)』で出てくる空飛ぶ円盤の音がギャラリーのある箇所でループ再生されている。ハメット所有の映画小道具や衣装のサンプルが遠くの惑星や汚れた沼地へと観覧者を誘う。また壁には映画のシーンが投影される仕掛けだ。

    しかし、フィナモアはこの展示はあくまでポスターが主役だと語る。メジャーのスタジオはアーティストが描いた作品に署名をすることを許さなかったため、これらのポスターに才能を注いだ彼らはほとんど知られていない。

    キュレーターは博物館のなかで一流のデザイン、油絵、リトグラフ技術に光が差すと考えている。

    「これらの作品たちは、適切に展示され、照明を当てられている。これはポスターが元々展示されていた状況とはまったく異なります。(そのままの展示では)あまりに多くのポスターがあるので、歩いていると人々は当たり前のように受け取っていたと思う。(こういう展示の仕方をすれば)これらの作品に反応して惹き込まれずにはいられないでしょう。」

    訪問者の反応に特に興味を持っているのは、最近PEMで働き出した神経科学者のスタッフ、テディ・アッシャーだ。興味深い?彼女は博物館が脳の研究とアートの共通点について意図的に関与する方法を探るために雇われた。

    「(作品を観て)『彼らの手は汗をかくのか?吐き気を催すか?』vs『実際に怖がっているか?』2つの反応を演技システムの反映として認識している」と彼女は示唆する。「それが私の好奇心の向かうところなんです」

    ハメットは自分のコレクションに反応する独自のやり方がある。

    「映画ポスターは音楽的なインスピレーションの絶え間ない源となっている。俺のギタープレイの多くはとてもダークなんだけど、これらの映画ポスターによってその滋養をもらっているんだ。」
    とメタルギタリストは語る。

    ハメットには『The Mummy』『Frankenstein』のポスターイメージが描かれたカスタムギターのコレクションもある。それらも展覧会で展示されている。しかし、これらがミュージシャンの家にある時、ハメットは弾きながらそれらの魅惑的な顔を眺めるのが好きなのだ。
    0811_horror-posters-pem10

    「It's Alive」はPEMにて8月12日から開催される。8月19日にはハメットが出席して、サイン会とパフォーマンスイベントを行う予定だ。

    wbur(2017-08-11)

    PEMと姉妹館提携をしている大田区立郷土博物館によると、常設展には日本美術展示室もある模様。
    http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/manabu/hakubutsukan/kyoudohakubutsukan_pem.html

    今回の展示図録はネット販売されていますが、北米(アメリカ、カナダ)のみ対応とのこと。
    ItsAliveHorrorMoviePosters_Kirk_4081
    https://pemshop.com/products/its-alive-classic-horror-and-sci-fi-movie-posters-from-the-kirk-hammett-collection

    【追記】
    会期中、同博物館にて、カークの出したコレクション本「Too Much Horror Business」のサイン付き特別帯添付版や限定のモンスターピンが発売されるとのこと。
    20688180_331684677278705_1122442230536077312_n
    20633900_270527840099468_131386236450373632_n

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    2017年8月、ピーボディ・エセックス博物館にてカーク・ハメット所蔵の映画ポスター展開催

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    8月11日から13日に渡ってカリフォルニア州ゴールデンゲートパークで行われる「Outside Lands Music Festival」でdailymotionでストリーミング配信が行われています(当記事更新現在、初日のストリーミング配信中)。

    outsidelands2017

    メタリカの出演は2日目の8月12日。公式タイムスケジュールに従えば、日本時間で8月13日午前11:55から13:55まで。当日の予定時間押しや他ステージ中継も考えられるため、フル中継とはいかないかもしれませんが、dailymotionのページで当日の配信予定が掲載されるようです。


    Outside Lands Music Festival 2017 - Official Live Stream

    【追記】
    LiveXLiveでも別ステージを配信。
    http://www.livexlive.com/

    メタ地獄さん、情報ありがとうございます。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、アウトサイドランズ・フェスティバルへの出演決定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Podcast番組「Alphabetallica」にて行われたメタリカのベーシスト、故クリフ・バートンの父親、レイ・バートンのインタビュー。Ultimate-Guitar.comの文字起こしを管理人拙訳にてご紹介。

    ray_james

    −受け取っている印税について

    私が受け取っている印税から、彼(クリフ)が通っていた高校、カストロバレー高校の音楽教育のために奨学金として寄付しています。だから奨学金を受け取った子供たちはそのことについて私に感謝している。

    クリフもおそらく自分のお金でそういうことをしていたでしょう。彼は何が何でも教育に逆らっていたわけじゃないですからね。学ぶことが大好きだったので。


    −クリフ・バートンが初めてメタリカで収入を得た時について

    あのアルバム(メタリカのデビューアルバム『Kill 'Em All』)がどんな意味を持つかなんて全く考えたことがなかった。クリフが初めて印税の小切手を受け取った時、これは大事になる可能性があると気付いたのです。

    たしか1500ドルでした。彼(クリフ)は「母さん、父さん、これが俺が初めて受け取った印税小切手だ。さぁ今夜はディナーに連れて行くよ。」と言ってね。「OK、では行こう!」と。カストロバレーのすぐそばにあるヘイワードで、彼が大好きなお寿司の店に行ったんです。それが将来大きくなるかもしれないと思った最初の出来事だったかもしれない。


    −メタリカとしてのクリフ、そして現在のメタリカについて

    ジェイムズとラーズ、そしてデイヴ・ムステインを初めて観たのは、サンフランシスコのストーンでのライヴでした。(妻の)ジャンと私はクリフが新しいバンドで演奏するのを観に行き、彼らはとてもうまく行っていた。彼らは皆、止まらないモップのような髪の毛をしていて、とても楽しませてくれる。そして素晴らしいことに、彼らはいまだに楽しませてくれます。

    私はメタリカのコンサートに行くのが大好きです。音楽は私の好きな(ジャズの)ビッグバンドではないけれども、面白い。音楽というものは楽しいものであるべきで、彼らは確かにそうですからね。

    ジェイムズはシンガーとしてもフロントマンとしても素晴らしい仕事をしている。彼はまさしく完璧な適任者です。一度、彼に高校でチアリーダーだったか訊いたことを覚えてますよ。大笑いしてましたね。彼はチアリーダーとは程遠かったと。

    いつも私を驚かせてくれました。言ってみれば、とても無口で目立たなかった子が、まず素晴らしいギタリストへと変化を遂げて、自身のヘヴィメタルの曲を歌い、群衆を巻き込むようになったのですから。

    −息子クリフ・バートンについて

    彼は格別の子どもだった。私たちにとっては一人の良い人間でしかなかったけど、彼は決して私たちに何か問題を起こすようなことはなかった。ドラッグにはハマっていなかった。ただ、ビールとアルコール類は例外でした。

    一度だけ彼が(友人でドラマーの)デヴィッド・ディドナートと酔っぱらって帰ってきてね・・・(笑)深夜2時にドアがノックされて、(クリフの母親の)ジャンが応対に出た。すると会話が聞こえてくる。ジャンが「レイ、こっちに来て!」と言うので、起きて行ってみると家のなかでデヴィッドがクリフと取っ組み合いをしていた。私たちはクリフを彼の部屋に連れて行った。彼はひどく酔っぱらっていたよ!(笑)

    とにかくジャンは全てのことを心配していた。だから私はジャンに「何回かあったことだから、後は私がやるよ。ベッドに戻りなさい。」と言ってね。クリフをベッドに座らせると、シャツを脱がせて彼が寝る準備をして。彼は18歳かそこらでした。

    私が彼のシャツを脱がせて寝させると、彼は顔に酔った笑みを浮かべて「あなたは世界で最高の父さんだ!」と(笑)アルコールでどうなってしまうのかというのは面白いものだね。

    そんな風に私が本当に素敵な父親であるかのように扱われたから、私はいつもそうあり続けた。もちろん、それは私がそうなりたい、そうしようと思っていたところですが。

    母親、父親との関係にとても好意的な子どもを持つと、子どもについて何もとやかく言えないものだよ。まさにそれがジャンと私の場合でした。

    Ultimate-Guitar.com(2017-08-09)

    インタビュー全編はこちらから。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    クリフ・バートンの父、メタリカ加入時のクリフの様子を語る

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    北米ツアーでカナダを訪れた時にラーズ・ウルリッヒが「Voir」誌のインタビューで『Master of Puppets』のリマスター盤のリリースについて次のように答えていました。BLABBERMOUTH.NETによる英訳を管理人拙訳にて。

    metallica-lars-ulrich;1440x576

    たぶん後で出るはずだよ・・・この年末に出せるかどうかわかるだろう。もうすぐだよ。俺たちは取り組んでいるんだから。『Master of Puppets』に関するものはたくさんある。大がかりなプロジェクトなんだ。多くの時間を『Hardwired...To Self-Destruct』とかに注いできた。でも『Master of Puppets』は間違いなく次にやることだ。願わくば今年後半。でなきゃもう少し後ってところかな。

    BLABBERMOUTH.NET(2017-08-08)

    インタビュー動画はこちらから(リンク先ページ下部)。
    https://voir.ca/chanceuxqueteux/2017/08/08/metallica-entrevue-exclusive-lars-ulrich-montreal/

    【追記】
    Ultimate-Guitar.comでインタビューの前半が紹介されていたので、管理人拙訳にてご紹介。

    −「Banzai Records」で1985年にリリースした『Ride The Lightning』には曲のスペルミスがあったことについて覚えていますか?

    「For Whom The Bells Toll」か、なるほどね(訳注:正しくは「For Whom The Bell Tolls」)。当時、俺たちはレコードを制作できてとても嬉しかったんだ。「Bernett Records」から出たバージョンの『Ride The Lightning』がフランスにあるんだけど、それは緑色をしていた。

    当時、たくさんの資金がないなかで、彼らはやらねばならないことを情熱を持ってやっていた。彼らがメタリカを信じてやってきたなかでこういうことが起きてしまった。この手のことは消えない。メジャーレーベルではなかったしね。もちろんBanzaiの頃は良い時代だったし、感謝しているよ。

    33年後にここでトレーラーのなかで一緒に座っているなんて誰が思ったかい?エアコン付きトレーラーでさ。実に贅沢なことじゃないか(笑)


    −昔、あなたはレコードコレクションを売ったというのは本当ですか?

    7インチのシングルやEPを確かに売ったよ。ボックスをジョン・ストレドナンスキー(John Strednansky)ってヤツに300ドルで売ったんだ。食べていくお金が必要だったからね。それで食えたんだ。それ以来、シングルの一部を買い戻した。でも当時はしなきゃならないことをしなきゃならなかったわけ。


    Ultimate-Guitar.com(2017-08-10)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ「『Master Of Puppets』のリマスターはうまくいけば来年出すつもり」

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ニューヨークで行われている国際現代美術展に参加しているジェイソン・ニューステッドがLoudwireの「Wikipediaに書いていることは本当か嘘か」を質問する人気企画「Wikipedia: Fact or Fiction?」に登場。

    jason_wikipedia_fiction

    メタリカ加入時のオーディションや初来日の際に起きた「ワサビの洗礼」エピソードを語ってくれました。管理人拙訳にてご紹介。

    −メタリカのオーディションで、50人以上のミュージシャンが参加する中、あなたは密かにバンドのセットリストを手に入れて、それを練習してラーズに成果を見せた。あなたが(メタリカの)あらゆる曲を知っていたことにラーズは驚いたとありますが?

    うーん。あの当時、12月にオジーと共にしていたツアーでどんなセットリストを演奏していたかを把握することは難しいことじゃない。本当に(メタリカとして)ギグをしたいと思って彼らの曲を準備しようとするなら、一緒にやろうとする曲は大事な秘密ってわけじゃないし、把握することは難しいことじゃなかった。引き金を引くと決めたなら、自身の力を発揮できるに足るだけのセットリストは準備しておくし、知っておいてしかるべきだよ。

    本当なのは(メタリカ以前に所属していた)フロットサム・アンド・ジェットサムの俺の手描きのロゴが一番上に書かれたノートに、彼らが俺の地元で最後にライヴを行った時にやった曲を順番に書いていたってことだね。ドラム越しにラーズにそのノートを手渡して、ラーズがロゴとリストを見てる時に、俺は書いてある曲なら知ってるって言ったんだよ。そしたら彼が「そりゃすげぇ、クール!」と言って、じゃあ一緒にこれとこれとこれをやろうとなった。そうして一緒に演奏して数日後に電話があったのさ。

    クリフのご両親がいらしたんだ。(ラーズの父)トーベンもいた。まだご両親とも健在で俺に非常によくしてくれた。彼らが全員来る時に俺が戻って来て、二度目にお会いした時にはハグをして欲しいと。ジャン・バートン(クリフの母)はすぐに俺を抱きしめて「あなたという存在は一人しかいない。みんなもそう。どうか無事でいて。」と言ってくれたんだ。


    −メタリカはあなたをだましてワサビの塊を食べさせて洗礼を浴びせたとありますが?

    真実に遠からずってとこかな。バンドに入って11日で日本でツアーを行った。メタリカが日本でツアーをするのがそれが初めてだった。それで俺たちは飲んで飲んで飲みまくり、パーティー、パーティーだ。それでカークがこう言うんだ。ジェイソン、これはミントアイスクリームだとね。俺は泥酔していて、アイスはすぐ溶けるだろうとか言ったんだけど、このミントはすげぇから絶対試した方がいいよって言われてね。それで俺はOKってスプーン一杯頂いたんだ。箸は使えなかったからね。口にしたら「Fuuuuuuuuuuck!!!!」
    jason_mint

    そこで座ってふと気がついて見上げたら、テーブルには知らねぇヤツがいる。みんないなくなってしまったんだ。でもテーブルは満員。ロードクルーのヤツらやその場にいた人たちが俺のいるテーブルへみんなを呼んでいたんだ。終いには気がついたらアジアの女の子や知らない人たちでテーブルが埋まっていた。知っているヤツがいないか見回したよ。支払いは俺だって。あの当時、円相場が強くてね。俺は週500ドルもらえていた。ベースを弾いてサンドイッチを食べてビールを飲むには大金だよね。ハッピーだ。そういう状況だった。彼らは俺に週500ドル渡していたんだ。でも支払い請求を見たらゼロがずーーーーっと並んでいるんだ。
    jason_bill

    俺は支払い請求を見て、こんな最悪な夕食に誰もいないのかと思った。そしたらアイツら上の方から俺の顔を見てやがったんだ(笑)当時のマネージャーのボビーが降りてきて、(大丈夫だと)俺の背中を叩いて支払いを済ませたのさ。参ったね。それがワサビストーリーの全貌だよ。

    インタビュー全編はこちらから。上記のエピソードの他にキッスのジーン・シモンズに影響を受けてギターからベースに転向した話やプロデューサー、ボブ・ロックについて語っています。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ジェイソン・ニューステッド、国際現代美術展デビュー
    ラーズ・ウルリッヒ、『Master Of Puppets』の完成とその後の悲劇(5)
    ラーズ・ウルリッヒ、『Master Of Puppets』の完成とその後の悲劇(6)
    ラーズ・ウルリッヒ、『Master Of Puppets』の完成とその後の悲劇(7)

    このページのトップヘ