メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:MetClub

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカのファンクラブ「MetClub」の日本公式チャプター(支部)の最古参「'TALLICA JAPAN」から今年も新たなオリジナルデザインTシャツが販売予約開始されることとなりました。

    すでにFacebookの方でデザインが告知されていた通り、メタリカが2013年の2回目の「Orion Music + More」フェスティバル初日に『Kill 'Em All』完全再現を行った際にジェイムズが着ていたTシャツのパロディデザイン(笑)をメタリカ側に正式に販売許可をいただきました!

    dehaan_t

    dehaan_t01
    ※左からS、M、S、S、Lサイズとなります。

    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の主演俳優デイン・デハーンから取った「dehaan」というバンド名で『Kill 'Em All』完全再現をサプライズで実現させたのは記憶に新しいところ(詳細は関連記事参照)。

    dehaanmetallica01
    dehaanmetallica02

    ジェイムズが着ていたTシャツはただ「dehaan」のシールをTシャツに貼り付けただけの即席バージョンですが、「'TALLICA JAPAN」Tシャツはちゃんとプリントされています(念のため)。パロディでありながらクールなデザインは、前回のジェイムズの顔がプリントされた「'TALLICA JAPAN」Tシャツ同様、仲山さんの手によるもの。

    以下、Tシャツ詳細と予約方法をお知らせします。

    【仕様・サイズ】
    半袖Tシャツ

    S −着丈66/身幅49/肩幅44/袖丈19()
    M −着丈70/身幅52/肩幅47/袖丈20()
    L −着丈74/身幅55/肩幅50/袖丈22()
    XL−着丈78/身幅58/肩幅53/袖丈24()

    【色】
    定番の黒に加えて、今回は先行予約のみ限定の2色も販売決定。
    オライオンステージのバックドロップの色をモチーフにダークグレー、いつもメタリカナイトでお世話になっている西横浜エルプエンテがスペインバルということでスペイン国旗カラーの赤黄をご用意しました。
    dehaan_t04


    【価格】
    完全受注生産でまだ発注をかけていない状態のため、正式発表できませんが、大体3500円ぐらいとなる模様

    【送料】
    一律510円(国内のみ、郵便局のレターパック)

    【予約締切日】
    2016年8月7日

    【発送開始日】
    2016年8月31日

    【その他お知らせ】
    メタリカ情報局Tシャツはだいぶお待たせしてしまったので、あのカークシャツお買い上げの方は500円オフで販売します。その際はご予約メールにその旨記載をお願いします。

    ご購入やお問合せ窓口はメタリカ情報局Tシャツ同様、一括してハッタリカのスタッフさんにやっていただきます。下記必要事項をご記入の上、購入連絡先(hattallicagoods☆gmail.com(☆を@に))からどうぞ。返信メールの振込先に振り込み完了後、発送する形となります。

    申し込み必要事項
    ・お届け先名
    ・お届け先名ふりがな
    ・お届け先住所(郵便番号含む)
    ・電話番号(任意ですが、ご不在の際スムーズです)
    ・ご希望の色、サイズ、枚数
    ・振込名義(お届け先名と違う場合)

    注意事項
    ・hattallicagoods☆gmail.com(☆を@に)よりご連絡いたしますので、受信設定をよろしくお願いします。
    ・商品の色、質感につきましては、ご利用されるモニター環境またOSやブラウザのバージョンによっても画面上ご覧になっている色と、実際の商品の色が異なる場合がございます。ご了承ください。
    ・サイズはメーカー表記です。多少の誤差はご了承くださいませ。
    ・支払期限が過ぎ、連絡も取れず支払い確認ができない場合は自動的にキャンセルとなりますのでご了承下さい。
    ・在庫切れの場合は発送までお待ちいただく場合もあります。

    後日改めて告知しますが、発売開始日となる2016年8月30日に横浜のハードロックカフェで行われるチャプターパーティー「メタリカ・ナイト」でも黒Tシャツのみ販売する予定です。ただし数量限定とのことですので予約だけはお早めにどうぞ。

    以上、告知でした。

    【追記】
    お陰様で発注をまとめてできたので、価格を3,000円で販売できることになりました!カークTシャツ(メタリカ情報局Tシャツ)をお買い上げの方はここからさらに500円オフの2,500円となります。よろしくお願いします!

    関連記事
    【告知】メタリカ情報局Tシャツ発売【えっ】
    メタリカ、Orionフェス初日でシークレットライヴを敢行、『Kill 'Em All』完全再現を披露。
    サマソニでのメタリカ来日を記念したMetClub Official Chapter 'TALLICA JAPANの新Tシャツのお知らせ。
    MetClub Official Chapter 'TALLICA JAPANのTシャツ予約のお知らせ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    先日予告した通り、久々にメタリカナイトを開催いたします!

    内容は以下の通りです。

    ・メタリカ『Kill 'Em All』BOXSET収録DVD(約50分)の爆音上映会
    ・メタリカのトリビュートバンド、ハッタリカのジェイムズ・ヒロフィールド氏爆誕祭
    ・メタリカの近況についてフリートーク

    kill_dxbox

    肝心の日時と場所は以下の通り。

    ■日時
    2016年7月19日(火)

    オープン  19:00〜
    上映開始 21:00〜

    ■場所
    BAR EL PUENTE (バル エル プエンテ)
    http://www.facebook.com/pages/El-Puente/214096195273923
    Twitter @yokohama_puente
    (相鉄線 西横浜駅徒歩1分)

    ■入場料
    チャージフリー

    お店の爆音装備、そして今年新調されたプロジェクターで1983年のメタリカのライヴ上映、ぜひ会場までお越しください!

    当日には、先日告知したばかりのメタリカ情報局Tシャツも販売いたします。
    よろしくお願いします。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    【告知】メタリカ情報局Tシャツ発売【えっ】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    遅まきながらメタリカの公式サイトリニューアルの話を。'Tallica Japanでも書いていただいた通り、メタリカ公式サイトMetallica.comが大きく仕様変更されました。

    MetallicaUpdate

    'Tallica Japanで書かれていることと繰り返しになりますが、MetClub会員の方はメタリカより下記のメールが届いています。
    差出人 「newsletter@metallicanews.com」
    件名「Verify Your Email! You Are the Fifth Member of Metallica」

    メール本文にリンクが貼られていますので、そちらをクリックすると今までのアカウント情報が確認されログインができるようになります。この引き継ぎの手続きをしないとサイトトップからログインしようとしてもできません。

    今回の仕様変更に伴いファンクラブのメタリカクラブことMetClubも大きく変わりました。

    ・MetClubの年会費制を廃止・無料化
    ・会報誌「So What!」はウェブ化、ログイン後閲覧可能
    ・会員証廃止
    ・メンバーシップ更新時に届いていたTシャツは会員向け商品に変更

    バンドとしてはファンクラブの門戸を開放したことになりますが、これまで会費を払ってきた人たちの動揺もあるかと思います(これを書いている私も会費を払ってきた一人です)。MetClubから仕様変更に関する説明メールが一問一答形式で送られてきました。相変わらずの拙い訳ではありますが、どういった経緯でこの仕様変更に至ったのか、そしてこれからどうなるのかを理解する一助になればと思います。以下、管理人拙訳にて。

    今ではあなたが心から大事に思うメタリカクラブが、無料のメンバーシップを提供したことで大きく躍進したことをおそらく知ったことでしょう。我々はあなたのコメントを読んできて、多くの人たちがガッカリし、少し戸惑っていることはわかっています。我々はあなたの声を聴いていることをお知らせしたい!そして多くの質問を目にしてきました。そこでその質問に対応するために最善を尽くしましょう。そしてあなたの懸念が和らぐことになれば幸いです。

    −なぜ?

    理由はたくさんあります・・・このような劇的変化をなぜ行ったのか知りたいことでしょう。はじめに間違いなくMetClubが最初に始まった1993年以来、多くの点で変わってきました。全く違う世界であり、今や我々はこれまでより広範囲のファンと心を通わせ、メタリカファミリーへといざなうという、たくさんの機会を持つこととなりました。年間45ドルから60ドルを払う余裕のある人たちだけでなく全てのファンにファンクラブのメンバーになってもらう利点を提供する機会を我々は望んでいたのです。言い換えれば、我々はあまりに少数の人たちのためにあまりに排他的になっていました。メタリカは常に包括的であり、メタリカファミリーの他のメンバーとバンドのために、バンド愛を共有することから誰かを除外したくはなかったのです。そうすることで新たに改善された世界的なコミュニティを発展させ、あなたが聞いたこともないかもしれない場所にいるさらなる友人を作ることができることでしょう!

    −なぜ今?

    2015年の前四半期と2016年序盤は、かつてのメタリカ世界の狂気の日々程度に静かなために体勢を整えています・・・ツアー、すなわちチケット先行販売やミート&グリートからもかなりの期間離れるため、最良の時なのです。これはこれまでかなりの時間をかけて考えてきた変化であり、バンドがスタジオで次のアルバムを制作し終えるあいだに訪れた絶好の機会です。最近加入した、もしくは更新した人たちのために、少なくともあと残り3号の「So What!」は皆さん受け取れます。残念ながら年4回の会報誌に対するメンバーシップを取得していないあなたにはまもなく、過去の「So What!」を含む数百のアイテムから選ぶことができるメットストアの10ドルのギフト券がEメールで送られます。


    −ファンクラブは今誰が運営しているの?

    全てに関して何も変わっていません(良くも悪くも!!!)。同じチームがクラブを運営しています。そしてクラブはまだバンドによる監督下にあります。ステファン・チラジが新たに改善されたオンライン版「So What!」の魅惑的な(?!?)記事を書き続けます。ジェフとダンがこれまで以上のビデオ・写真・スタジオの最新情報、そしてコンテンツでウェブサイトを更新し続けます。メットストアチームはシャツ、パーカー、帽子から音楽、ステッカー、スケートボードなどにいたるまで商品ニーズに対応していきます。多くの人が(訳注:新たにMetallica.comのウェブサイトの仕組みを作っている)「StageBloc」って何者なの?と尋ねてきています。彼らは我々が選んだ新しくクレイジーなアイデアをオンラインで息づかせる人たちです。要するに彼らは我々ウェブ開発者(そして友人)であり、恐れることはありません。決してファンクラブを引き継ぐ人たちではありません。

    −もうメンバーシップのパッケージはなくなるってこと?

    毎年のメンバーシップのパッケージを受け取るようにするよりも、我々は単にメットストアでクラブTシャツを販売提供するつもりです。このやり方だと、デザインが気に入らなかった場合、新しいシャツを入手するために(メンバーシップを)更新するのを待つという必要がありません。全て(いらないものとして)飛ばすことができます。我々はまた年次のデザインにもっと多くの選択肢とサイズを提供するつもりです。もしフーディーや帽子が欲しいといった時にそのような選択肢を選ぶことができるわけです。

    −でも限定コンテンツはどうなるの?

    我々が行ってきて(そしていくつかは!)あなたが慣れ親しんできた同じ限定コンテンツは提供し続けます。それには定期的なコンテンツやどこでも見たことのないような商品を含みます。ステファンはバンドとの「世間話」と呼ぶ(我々へのインタビュー)をまだ大量に保持しています。あなたは(ロバート制作のショートムービー「'Tallica Parking Lot」のような!)限定ビデオコンテンツを見ることになるでしょう。我々はあなた方に気に入ってもらえるであろういくつかの秘策を持っています。

    −コンテンツ忘れてない?チケットについては?

    あぁそうでした。チケットの先行販売!MetClub長期会員の方々、あるいは我々が愛情を込めて「Legacy」と呼ぶメンバーたちには、一般のMetClub先行販売より前にチケット一次先行を用意して最善を尽くそうとしています。(例えばフェスのように)我々が限られたブロックのチケットしか持っていないような時など、いつもできるわけではありませんが「Legacy(伝説)」に適合する人たちは、何か特別なものが用意できるときには毎回通知を受け取ることになります。言いたいのは、Eメールをちゃんとチェックして、プロフィールを更新し続けてください。

    クラブが無料になったので、より多くのダフ屋が参加して良いチケットを手にすることができるようになるというコメントをしている人もいます。残念ながらメタリカのチケットのダフ屋はいつもいます。(会費を払ったメンバーでダフ屋をしている人たちがいたのです!!!)我々はネクストレベルのアンチダフ屋技術でダフ屋に対処します。問題が起きることはないと確信しています。


    −わかった了解・・・ミート&グリートは続けるんだよね?

    はい!ミート&グリートと「Legacy」メンバーのためのM&Gパスの割り当てを用意しています。

    −よし、わかった!でもあんたたち、俺のストア割引奪ったよね?

    実際、そんなことはしていません!ある時点で、2年以上MetClubのメンバーであった限り、メットストアでほとんど全てのアイテムに割引を受け取ることになりますし、長くメンバーでいればいるほど、さらに割引が行われます。

    我々にはたくさんの計画・・・もっと多くのコンテンツ・・・さらなる抽選機会・・・さらなる体験・・・えぇと・・・まぁいろんな体験を用意しています!

    ウェブサイトはさらにコンテンツを加えて成長し続けます。そのうちアルバムをテーマにしたカスタムの模様替えを展開するつもりです。もうすぐメットストアでLiveMetallicaの各レコーディング音源と共にデジタルダウンロード(HDオーディオ含む!)を提供します!

    あなたが新しいクラブを愛するようになることを願っています。そして我々一同、たくさんの新しい革新的な方法で、我々が最初の22年で行ってきたことよりもさらにあなたと関わっていくよう発展していき、一緒に旅するのを楽しみにしています。

    引き続き、質問やコメントをお待ちしています!

    The Metallica Club

    「So What!」が完全ウェブ化するなど個人的には残念な点もありますが、今後のこともいろいろ企画を考えてくれているようで、これから何が飛び出すのか楽しみにしたいと思います。

    ちなみにお世話になっているメタリカのトリビュートバンド、ハッタリカ(Hattallica)のページも本家と合わせてリニューアルしています!こちらもぜひチェックしてみてください。
    http://hattallica.com/


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    MetClub公認日本支部「'Tallica Japan(タリカジャパン)」Facebookページ開設
    メタリカ、『'Tallica Parking Lot』公開、カーク・ハメットのゾンビフィギュアも限定発売
    ロバート・トゥルージロ、自身が手がけたショートアニメ『'Tallica Parking Lot』について語る
    ロバート・トゥルージロが手がけたショートアニメ『'Tallica Parking Lot』がネット流出

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Metallica.comのファンクラブ会員限定ページにて、7月に行われたメタリカのファンクラブ会報誌「So What!」のエディター、ステファン・チラジによるジェイムズ・ヘットフィールドへのインタビューが公開されていました。文字起こしもされていたため、管理人拙訳にてご紹介します。

    chat_james01

    ステファン
    まずヨーロッパのショーについてちょっと話をしましょうか。ステージの後ろにファンを入れるという考えはグラストンベリーからだと思うんだけど、あれはどうしてそうなったの?

    ジェイムズ・ヘットフィールド
    あぁ素晴らしい。活気のある背景幕だろ?あそこから得られる大きなことって、あれ以上は音楽を楽しんでいる誰かと近づけないってことだったんだ。つまり彼らは俺のギターを弾き、抱え、俺たちは一緒にそこに立ち、俺は彼らと一緒にそこにいる。そこまで近づくことはできない。特にフェスではね。

    最近のフェスは、俺の考えだとテレビのショーみたいなんだよ。キミはそこにいて、観衆はずっと遠くでブラブラしていて、楽曲や映画やカメラといったすべてのものがそこにある。ストリーミングやウェブやテレビとかで中継されるからね。俺たちはもっと近くにいたいと思ったんだ。観衆のノリを味わい、エネルギーをやりとりしたいんだ。みんなが遠くにいたんではそれは難しい。通じ合うのも難しい。だから彼らが俺たちの後ろにいてもらうこと、なんていうか、生きている背景幕(笑)はクールなんだ。近くにいるんだよ。年齢も違う、熱狂度合いも違う全ての人たちがね。


    ステファン
    実はそこで寝てる人たちもいたんだって?

    ジェイムズ
    いやいや、さすがに寝てる人はいなかったよ。でも、どうすればいいのかわからないなんて人はいたかな。そういう顔をみたら、「カモン!イェー!」って思い切り楽しむだろ。彼らは「OK、私はどうすればいい?」って感じなのさ。それから全感覚でもってその瞬間を楽しみたいっていう他の人たちをみて彼らもそこに入っていくんだ。でもそういう人たちはとっても礼儀正しいし、俺も大好きだよ。

    ステファン
    だから誰も手を伸ばしたり、声を上げようとしたりしなかったんだ。そういうことってあったの?

    ジェイムズ
    いいや。あそこはディスプレイに映し出されたりする公共の場所だと思うんだ。全くこれまでの要素の範疇じゃないからちょっと堅くなっちゃったかどうかはわからない。俺たちからすれば、そういった全ての人たちの前に立つのは普通のことだ。彼らにとっては「オーマイゴッド!この感覚は一体何なんだ?」ってただでさえショックを受けていて、積極的になったり、攻撃的になったりはなかったね。ちょっと守りに入ってたかも。近づいて彼らの殻から引っ張り出すのはたやすいことだ。実際、誰かにブレーキを踏ませようとするよりは楽しいことなんだ。

    ステファン
    みんな話しかけてくるの?何か言ってきたりとか?何か言ってるのを聴いたりした?

    ジェイムズ
    おそらくね。あそこじゃ何も聴こえないけど。

    ステファン
    素晴らしい。それは最高だ。キッズたちは言いたいことが言えるよ。彼(ジェイムズ)はたぶん聴いてないから!

    ジェイムズ
    俺のことをクソッたれとでも何でも呼んでくれ。そうだろ?

    ステファン
    彼らの言っていることが聴こえないというのはおそらくいいことだよ。それってイヤーモニターが正常に作動してるってことだからね。そうでしょ?

    ジェイムズ
    その通り。何も言う必要はないってことさ。全てのジェスチャーであったり、全ての動きであったり、全ての感情だったりでいいんだ。時々、俺はギターを弾かせようと誰かの手を取る。そうすると「えっ?何?」ってなる。「弾くんだ!」「えっいいの?」ってね。彼らは礼儀正しくあれと教えられてきたんだ。あとは厚かましくなるな、欲深くなるな、とかそういったこと。彼らは実際に気づくんだ。えっOKだって、彼はOKだって言ってるぞって。だから俺たちは彼らにより接近できるようにしたんだ。

    ステファン
    以前よりもセットリストを大きく変えようとしているようだけど、そうだよね?

    ジェイムズ
    そう。過去12年も夏にヨーロッパでやってきているからね。(夏になるたびに)戻ってきてって感じで、最高だよ。楽しいし。フェスにハマるのはたやすいし、俺たちは間違いなく恵まれているよ。(バンド結成から)35年後にフェスのヘッドライナーを依頼されるというのは、素晴らしいことだ。まだそういうことができるってことがね。だから俺たちが(ヨーロッパに)行って5、6公演やって、家に戻って、しばらく曲を書くふりをして、次の夏に戻って別の(セットリストの)6公演をやる。ヨーロッパには同じことをやりすぎることを防げるぐらいのたくさんのフェスがある。(同じことをやりすぎるのは)俺たちが一番やりたくないことだからね。長居して、ただ誰かを燃え尽きさせるとか。だから(違うことをして)俺たちはこれまでかなりの数の夏をそこで過ごすことができたんだ。

    だから俺たちは何があるかって?ブラックアルバム完全再現はやらない(もちろんもうやったことだからだ)まだ新しい素材はそこまでない。だから(セットリストを)大幅にカットして、俺たちがあまりやっていないようなディープな楽曲を入れる。それがうまくハマるときもあるし、そうでもないこともある。このツアーで3曲目ぐらいに「Metal Militia」をやったんだけど、突然みんな「えっ?これ何?」みたいになってた。(前奏の)「ジャーン、ダーダーダ」を聴いたその後はモッシュピットが始まった。そこにいた少なくとも50人くらいはあの曲が好きだったみたいだね。でも他の人たちは「この曲知らない」って感じだったかな。

    ステファン
    あの曲を知らない人たちがいるんだろうね。

    ジェイムズ
    そうなんだ。あぁこりゃまいった。俺たちも歳を取ったもんだよ!つまりそれだけ長いあいだやってきたってことさ!

    ステファン
    そんなこと言わないで。成熟したってことだよ。

    ジェイムズ
    つまり世代的に若いファンがいたってことさ。若いファン、10代、20代、最前列で女性も見かけたよ。彼らは俺たちの歴史を学ぶ必要があるし、多くの人が学ぶべきはフェスやライヴというシチュエーションで誰かのファンになることだ。何やってる?どうだった?ってね。それはiPadで撮影して突っ立ってることじゃない。楽しまなきゃ。

    ステファン
    セットリストを変える時は彼らのために選ぶの?それとも自分たちがやりたい曲を選ぶの?

    ジェイムズ
    両方かな。もしあと4、5曲セットリストを埋めようとしたら、よしこっちの方がいいぞって入れ替える。「Unforgiven 2」をやったのはシビれたね。あれは俺たち全員がやるのをちょっと怖がっていた曲のなかのひとつだったんだ。俺たちがあの曲をやったのは、アメリカン・ミュージック・アワードか何かの受賞式でのショーだ。あの曲をやるために出演したわけだけど、うまくいかなかったんだ。失敗覚悟でやって失敗した。失敗することに成功したってわけだな。

    ステファン
    失敗覚悟でやって成功してたよ。実際よくやっていた。

    ジェイムズ
    その通り。

    ステファン
    あの時のことを祝福したいね。

    ジェイムズ
    ありがとう。成功だ。

    ステファン
    どういたしまして。

    ジェイムズ
    今じゃ、知っての通り、この曲について熟知しているし、実際かなりクールにできた。「Frayed Ends〜」も最後にちょっとやった。数回はやったかな。またやるかわからないけど、最高だったな。

    ステファン
    間違いないよ。

    ジェイムズ
    本当によかった。みんなあの曲を間違いなく評価してくれているね。

    ステファン
    (あの曲を聴いて)頭がおかしくなるくらい興奮した人もいたと思うよ。つまり、みんな聴く機会に飢えていると何年も耳にしてきた曲のひとつだからね。

    ジェイムズ
    あまりやっていない楽曲を引っ張り出すことが出来て楽しいね。それは挑戦だよ、フェスティバルだからね。知っての通り、ほとんどのフェスティバルではベストな選曲をやる。みんな聴きたいと思い、一緒に育ったと感じ、あるいは聴くのを楽しみたいものだからね。だからそうやってきた。でも彼らだけでなく俺たちにとってもエキサイティングにするには、セットリストの大幅変更はよかったね。

    ステファン
    こういった曲を少し長く引き延ばそうとすることはある?

    ジェイムズ
    (グレイトフル・デッドの20分超の曲)「Dark Star」みたいなってこと?

    ステファン
    まぁそんなような。

    ジェイムズ
    グレイトフル・デッドの2時間のジャム?さぁわからないね。俺たちは2時間ライヴをしている。それは知っての通り、俺の喉、俺たちの身体、みんなにとって、2時間というのがぴったりと思えるからだ。だから可能な限り、その2時間にたくさんの音楽を入れ込もうとしている。10分間のジャムの真っ最中に「Disposable Heroes」を演ることがみんなが聴きたいものなのか、あるいは俺がやりたいことなのかはわからない。俺はジャムをやるようなヤツじゃない。シンガロングの曲とか、俺たちが以前にやったような拡張版「My Friend Misery」の中盤でみんなで歌ったのはパワフルで、とても感動させられたよ。「Enter Sandman」なんかでやるようなコール&レスポンスをある楽曲で試したけど、それほどうまくいかないこともあった。ほらまただ、失敗覚悟だ。何かを試して、これはうまくいった、これはうまくいった、これはうまくいかなかった。それがほとんどのライヴで起きることなんだ。それからハッピーなミスもある。「おっと、曲の入りを忘れてた。おい、みんなそのパートを歌い始めているぞ。じゃあ俺たちはそこに合わせなきゃ。」とかね。ハッピーなミスはいつだって大歓迎さ。

    ステファン
    (ライヴ中に)休憩を取るために何かした時間ってこれまであるの?

    ジェイムズ
    わからないね。そういうことは実際やったことないな。同じようなことと言えるのは、パリの3公演(訳注:2003年6月11日)で『St. Anger』のためにそういうことがあったかもと思い出そうとしているけど、どうだろ?

    ステファン
    あぁ『St. Anger』か。

    ジェイムズ
    あれはブルータルだからね。アップしたかと思えばダウンしてまたアップしてダウンしてっていう具合で。あれはタフだよ。実際、フランスの半分がストライキ中でも何の助けにもならなかった。

    ステファン
    それと100度の熱だね。

    ジェイムズ
    あぁそれもだ。だからとにかく、それが(ライヴ中の休憩に)匹敵する唯一のことかな。でもちょっとしたギターソロやベースソロは違うか。あれは俺の休憩時間だね!ロブが出ていってベースソロを披露している時、俺は実際、何か飲んだり、一息ついたり、そういったことをしているね。

    ステファン
    なるほどね。この席上以外では始まってもいない噂は寝かせておきましょう。

    ジェイムズ
    そっちが休憩の噂を始めたんだろ!

    ステファン
    でも休憩付きのライヴはないでしょう。

    ジェイムズ
    そうだね。わからないし、見当もつかないことだよ。今はこれまで以上にね。ルールなんてなかったバンド活動初期の頃を思い出すよ。ルールっていうのは、知っての通り。俺がやりたいのはライヴしてレッツゴーってだけだ。ここでプレイしたいって?じゃあやろうぜってね。ある意味、音楽ビジネスで新しい時点を迎えている俺たちにとって、それだけ大きなことを築いてきたんだ。どうやって音楽を聴いてもらうのか?ツアーはどうすべきか?これまでやってきたような伝統的なサイクルはナシだ。何をやりたい?どうやってやる?だからまたフレッシュでいられるんだ。

    Metallica.com(2015-07-30)

    メタリカといえどもライヴの反応をよく見て試行錯誤しているのがよくわかるインタビューでした。

    中盤の観客の反応がシビれる「My Friend of Misery」。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ジェイムズ・ヘットフィールド、「Acoustic-4-A-Cure」で長女と共演
    ジェイムズ・ヘットフィールド「映画『メタリカ:真実の瞬間』で自分の姿を観るのはまだキツい」

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカのファンクラブ、MetClubのチャプター(支部)の'Tallica Japanと、MetClub公認のトリビュートバンド、HATTALLICAが中心となって東日本大震災の復興支援チャリティー・パーティーが行われることとなりました。

    チャプターヘッドを通じて本家MetClubに今回の企画話をしたところ、快く賛同してもらい、貴重なメタリカグッズをたくさん送って頂きました。

    当日は、HATTALLICAの他、MEGAnanDETH、LAGEという2つのトリビュートバンドのライブと共に、MetClubからのグッズをチャリティー販売・オークションを行い、収益金全額とチャージ代含めた当日の売上げを寄付します。

    今回のイベントについては既に'Tallica JapanやHATTALLICAのFacebookページでも告知のあった通りですが、タイムテーブルとイベント詳細も決まってきましたので改めてこちらでも告知させてもらいます。

    ■日時
    2015年3月15日(日)

    ■場所
    西横浜エルプエンテ
    https://www.facebook.com/pages/El-Puente/214096195273923
    相鉄線 西横浜駅から徒歩1分

    ■タイムテーブル
    16:00 OPEN ※16:30から変更になりました
    16:20 LAGE (as RAGE)
    17:00 MEGAnanDETH (as MEGADETH)
    17:45 HATTALLICA (as METALLICA)
    18:40 食事 メタリカトークタイム
    19:30 METALLICA Session time
    21:00 イベント終了 Bar time
    22:00 CLOSE

    ■入場料
    1500円(スペインビュッフェの食事付)

    ■チャリティー福袋
    開場から販売します。(1000円均一、数量限定先着順)

    気になる中身は下記4点セット。

     1. ピック2枚(メンバーの顔ver.と普通デザインver.)
     2. セットリスト or ORIONタイムテーブル
     3. バックステージパス or チケット&ステッカー
     4. タリカジャパンステッカー

    hattallica_benefit_02hattallica_benefit_01

    ※写真は見本でデザインが異なる場合があります。

    さらに当たりのピックを引いた方からじゃんけんで勝ち抜いた上位4名にロバート・トゥルージロの使用済み弦、もうひとつの当たりのピックを引いた方からじゃんけんで勝ち抜いた上位1名にはFearFestEviLのポストカードをプレゼント。

    使用済み弦
    hattallica_benefit_05

    ■チャリティーオークション
    いずれも開始価格1000円から。

     1. ラミネートパス
    hattallica_benefit_03

     2. メタリカとオーケストラが共演したS&Mコンサートのプログラム
    hattallica_benefit_07

    ■売上げに貢献したで賞
    当日3杯以上飲んだ方には印字なしメタリカライブチケットをプレゼントいたします。(数量限定先着順)
    hattallica_benefit_06

    ■一番よく飲んだで賞
    当日の売上げに一番貢献してくれた方にはBIG4コンサートの際のバックステージパスをプレゼントいたします
    hattallica_benefit_04

    ※バックステージパスやチケットは全て無効で使用することは出来ませんので予めご了承ください。

    収益金、当日の売り上げ金はチャプターヘッドを通じて被災地に直接届けます。
    MetClubからの優しさと皆さんの優しさを被災地にしっかりお届け出来たらと思ってます。

    皆様の当日のお越しをお待ちしています!


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    MetClub公認日本支部「'Tallica Japan(タリカジャパン)」Facebookページ開設
    カーク・ハメットより日本のみんなへメッセージ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    MetClub公認の日本支部、「'Tallica Japan(タリカジャパン)」がFacebookページが本日(2014年5月3日)めでたく開設されました。(ちなみに5月3日は、メタリカがMegaforce Recordsと契約をした日でもあるのです。)

    まずは開設ページよりご挨拶を抜粋。
    tallicajapan_fb_original

    'Tallica Japan(タリカジャパン)とは2008年6月20日、Metallica Fanclub “The Metallica Club”(通称MetClub)によって公認されました日本支部です。
    'Tallica Japanの活動などは勿論、メタリカに関する事を様々な視点から発信していきます。

    みなさんのタイムラインのお邪魔にならない程度に更新していきますので、何卒よろしくお願い致します。

    Facebook(2014-05-03)

    いろいろ模索中ですが、告知やメタリカの思い出/昔話、各種メタリカネタなどが主なコンテンツになる予定。わたくしメタリカ情報局管理人も「thingy」名義でメタリカ情報局の更新お知らせや情報局で書けなかったことをときおり更新することになろうかと思います。よろしくお願いします。

    'Tallica Japan(タリカジャパン)Facebookページ
    tallicajapan_fb
    https://www.facebook.com/Tallica.Japan


    関連記事
    MetClub Official Chapter 'TALLICA JAPANのTシャツ予約のお知らせ。
    サマソニでのメタリカ来日を記念したMetClub Official Chapter 'TALLICA JAPANの新Tシャツのお知らせ。
    サマーソニック前日にハードロックカフェ横浜店にてMetClubチャプター・パーティー開催!
    METALLICA NIGHT vol.0を勝手に日本で開催!
    METALLICA NIGHT vol.4 レポ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    映画の宣伝で動き回っているメタリカですが、『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』が全米公開され、IMAX劇場でのコンサート映画でオープニング(公開3日間)興行収入の歴代ランキング1位を獲得しました!ストーンズもマイケルもぶち抜いてる・・・( ゚д゚)スゲェ・・・

    1位:メタリカ・スルー・ザー・ネヴァー(興収169万ドル)
    2位:ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト(興収100万ドル)
    3位:ジョナス・ブラザーズ ザ・コンサート 3D(興収76.6万ドル)
    4位:マイケル・ジャクソン THIS IS IT(興収63.9万ドル)

    この勢いを日本でも!というわけで『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の公開記念、そしてさらにハッタリカの10周年を記念して渋谷Duoにてライヴイベントが開催されます。

    開催日付は2013年10月15日(火)
    先日の戸塚でのハッタリカのライヴをご覧になった皆様はもうおわかりでしょう(笑)

    当日は、映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』関連のグッズが会場で先行発売される予定です。そして、10周年を迎えるハッタリカのステージでは80年代メタリカの「あのステージ」の再現が行われるとのこと。

    LEGEND OF ROCK vol.75
    METALLICA MOVIE "THROUGH THE NEVER" & HATTALLICA 10TH ANNIVERSARY

    会場:渋谷Duo Music Exchange
    http://www.duomusicexchange.com/


    大きな地図で見る

    日付:2013年10月15日(火)

    18:30〜 OPEN
    19:30〜 AD/CD(as AC/DC)
    20:45〜 HATTALLICA(as METALLICA)
    一部タイムテーブルが変更になりました

    前売券 3500円+ワンドリンク
    当日券 4000円+ワンドリンク

    チケットご予約はhattallica@hotmail.comまで。

    先日、Tシャツでご紹介したジェイムズ・ヘットフィールドの横顔とライヴMCでおなじみのあの台詞が入ったデザインの「'TALLICA JAPAN ステッカー」を予約者全員に当日プレゼントする予定とのこと。(σ´囗`。)欲シィ

    そして、このイベントはなんとメタリカのオフィシャルファンクラブ「MetClub」のチャプターニュースにも掲載されました!
    MetClubChapterNews

    ( ゚д゚)スゲェ・・・

    映画公開を前にしてのハッタリカ今年最後のライヴ、管理人も参戦します!
    以上、告知でした!

    【追記】
    HATTALLICA公演チケット予約特典のステッカー写真来ました!
    kirkvonhammet

    ※ステッカーを抱えているKirk Von Hammettフィギュアは特典ではありませんのであしからず。。
    詳細はこちらからどうぞ。

    そして、映画関連の購入特典も日本限定盤のポスターなどいろいろ詳細が発表されました!
    jpg-large
    詳細はこちらをどうぞ。



    kokuti


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    METALLICA NIGHT vol.6 開催のお知らせ
    【映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』公開記念企画】メタリカ公式Tシャツ復刻!
    サマーソニック前日にハードロックカフェ横浜店にてMetClubチャプター・パーティー開催!
    Legend Of Rock @日比谷野音 vol.5 サマソニ前にHATTALLICAで盛り上がるというご提案
    サマソニでのメタリカ来日を記念したMetClub Official Chapter 'TALLICA JAPANの新Tシャツのお知らせ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    サマーソニックでのメタリカ来日を記念してメタリカ公認 Metclub Official Chapter「'TALLICA JAPAN」で新たなオリジナルデザインのTシャツが予約開始される運びとなりました。

    今回、詳細と予約受付についてこちらでアナウンスをさせてもらいます。

    新Tシャツのデザインについてはジェイムズの顔が使われていることもあってか、メタリカ側の公認を得るまでには八方手を尽くした粘り強い交渉が必要だったとのこと。そして、ようやく条件付きでメタリカ側との正式契約までこぎ着けたTシャツがこちら。
    are_you_alive
    6月19日に契約にいたったばかりのこちらのデザインは、ブルース・リーのTシャツデザインで本部からお墨付き公認をもらった仲山さんの手によるもの。ジェイムズの顔を使用したデザインがチャプターTシャツとして公認されるなんて特例中の特例と言っていいでしょう!契約前にデザイン案をみせていただく機会があったんですが、思わず「これ、欲しい!」と叫んでました(笑)

    今回は数量限定ということもあり、予約できる方を泣く泣く限定。。( ;_; ) こちらでの受付は下記条件のいずれかに該当する方のみとさせていただきます。。

    1. 「'TALLICA JAPAN」メンバー
    2. これまでにメタリカナイトにご参加いただいた方
    3. 7月21日のメタリカナイトにご来場予定の方


    以下、Tシャツ詳細と予約方法です。

    【半袖Tシャツ】
    XS・S・M・L・XL

    【寸法】
    XS−着丈64/身幅46/肩幅38/袖丈17()
    S −着丈66/身幅49/肩幅44/袖丈19()
    M −着丈70/身幅52/肩幅47/袖丈20()
    L −着丈74/身幅55/肩幅50/袖丈22()
    XL−着丈78/身幅58/肩幅53/袖丈24()

    【色】
    黒のみ!

    【価格】
    完全受注生産でまだ発注をかけていない状態のため、正式発表できませんが、大体4500円ぐらいとなる模様

    【発送費】
    送料一律160円

    【予約締切】
    2013年7月19日(金)

    ご購入下さる方は、リンクのメールフォームから下記内容とともにご連絡ください。

    ・お名前(ご本名)
    ・ご住所
    ・お電話番号
    ・ご連絡の取れるメールアドレス
    ・サイズ、枚数
    ・購入該当条件と下記事項

    1. 「'TALLICA JAPAN」メンバー
     →Metclubの会員No

    2. これまでにメタリカナイトにご参加いただいた方
     →メタリカナイトにご参加した日付

    3. 7月21日のメタリカナイトにご来場予定の方
     →メタリカナイト当日、ご本人確認ができる合言葉(笑)

    ※予約でご提供いただく情報は今回のTシャツの件以外で使用することはございません。

    折り返し「'TALLICA JAPAN」からお支払額、お振込口座詳細をご連絡いたします。

    以上、告知でした!


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    MetClub Official Chapter 'TALLICA JAPANのTシャツ予約のお知らせ。
    ジェイムズ・ヘットフィールド愛用ブランド、「DONT TREAD ON ME」の新Tシャツが入荷されてた。

    このページのトップヘ