メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:CDジャケット

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『デス・マグネティック』のジャケット仕様が前代未聞
    とのニュースが入ってきました。


    【Metallica新作のジャケットには前代未聞、史上初の仕掛けが!】


    世界を代表するヘヴィ・ロック・バンド、メタリカが5年ぶりの
    新作『デス・マグネティック』を9/12に世界同時発売する。


    事前予約促進企画“ミッション・メタリカ”(日本では7/30に発売済)
    のような斬新な試みも記憶に新しい中、新作アルバムの前代未聞の
    仕掛けの全貌が明らかになった。


    まずジャケットの棺をイメージした部分をまるまる棺の形
    ごと繰り抜き、24ページにわたるブックレットの各ページも
    棺のイメージに繰り抜くと、ページをめくる毎に少しずつ棺が
    小さくなり最終的には見事にキレイな形の棺にたどり着く、
    という仕掛けになっている。


    ブックレットは10ページの繰り抜き、ジャケットを合わせると
    計11ページにも及ぶ繰り抜きは、もちろん史上初の試み。
    この行程作業を行なうことによって通常CD作成は、金銭的に3倍以上、
    時間的には10倍以上(手作業の要素が激増するので)の手間が
    かかることになる。さらには全世界同時発売を死守するために、
    超突貫作業を強いられることになり、全ての初回出荷分の
    数量完成が間に合わなくなるケースも想定される。


    厳しい納期を課せられているが、発売を間に合わせるために
    関係各所のフル稼働は必至となっている。
    なお、前作『セイント・アンガー』は全世界で600万枚を
    売り上げており、今作はそれを上回るセールスが期待される。
    (後略)


    vibe-net(2008-08-26)



    こりゃ、周りも大変だわw
    日本の工場機械搬入してどうにかならんもんかしら?


    やっぱりこういう企画の言いだしっぺはラーズでしょうかw
    CD全体の売り上げが落ち込むなかでいろいろ特典つけたり
    レコード会社も奮闘しているわけですが、
    こういう手作り感のある企画というのはおもしろいですね。


    ただ、店頭に行ったらもうなかったとかいう、

    いつかのたまごっち的な事態

    だけは避けて欲しいものです。


     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    >>メタリカグッズのことならメタリカグッズ情報館へ

     

    作品名 amazonで
    購入
    HMVで
    購入
    デス・マグネティック〜ストロング・エディションデス・マグネティック〜ストロング・エディション amazonで購入 HMVで購入icon
    デス・マグネティックデス・マグネティック amazonで購入 HMVで購入icon

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    まずは有無を言わさずこちらのアートワークをご覧ください↓

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    DEATH MAGNETIC ジャケットデザイン


     

    蹉跌の棺桶かい!

    う〜ん、、個人的な意見ですが正直ネタと思いたい。。
    (でもネタじゃない↓)
    http://www.metallica.com/index.asp?item=601021

    これ、どう思われます?

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

    作品名 amazonで
    購入
    HMVで
    購入
    デス・マグネティック〜ストロング・エディションデス・マグネティック〜ストロング・エディション amazonで購入 HMVで購入icon
    デス・マグネティックデス・マグネティック amazonで購入 HMVで購入icon

    このページのトップヘ