メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:BIG4

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    まずはBIG4ニューヨーク公演のレポートを書くべきところですが、
    いったん管理人がニューヨークに行っているあいだのニュースを。

    米『Guitar World』誌2011年11月号にてBIG4特集号が組まれています。
    表紙はこちら。
    guitarworld_201111


    気になる内容ですが、

    ■スラッシュ鼎談
    デイヴ・ムステイン、ケリー・キング、スコット・イアンによるヤンキースタジアムのBIG4公演やスラッシュ黎明期の昔話

    ■メタリカ
    ジェイムズ・ヘットフィールドとカーク・ハメットのBIG4の始まりと今後についてのインタビュー

    ■メガデス
    デイヴ・ムステインとクリス・ブロデリックによる新譜『TH1RT3EN』についてのインタビュー

    ■アンスラックス
    ジョーイ・ベラドナ復帰作、新譜『Worship Music』について

    などなど。
    新譜の動きがないためか、スレイヤーのみの特集記事はなさそう。
    さらにBIG4から各1曲ずつ楽譜が付録となるとのこと。

    ■メタリカ:「Blackened」
    ■メガデス:「A Tout le Monde」
    ■アンスラックス:「Madhouse」
    ■スレイヤー:「Black Magic」

    そして別売りのBIG4ポスター(8枚組)もお目見え。
    Big4_Cover_v2

    というわけで帰宅後即買いとなりました(苦笑
    ネット通販はそれぞれこちらからどうぞ。

    ■Guitar World 2011年11月号

    ■BIG4 ポスター(8枚組)

    お値段その他の詳細は通販ページをご覧くださいませ。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    アンスラックスのスコット・イアンがラーズ・ウルリッヒとヤンキー・スタジアムのBIG4公演で何やら企み中。
    REVOLVER「THE BIG FOUR 特集号」(外部サイト)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メガデスのデイヴ・ムステインが最新のインタビューでBIG4やメタリカとのプロジェクトについていろいろ語っています。インタビュー全訳は物量が多すぎて断念しましたが、ニヤけポイントを抜粋してご紹介。
    ムス大佐、「絶口調」です。

    Q:あなたにとってようやくアメリカに「BIG4」公演がやってくることはどんな意味をもっているでしょうか?

    そうだな。今のところ、歴史書にただの2つのショーということ以上のことがあったと載ることを願うばかりだね。来年の夏ももっと日程を組みたいぐらいさ。でも考慮に入れておいて欲しいのは、そういったデカイ一団があちらこちらに動くってことだね。(※訳注:簡単に身動きできないという意味合いっぽい)

    Q:出演している全てのバンドのあいだは平穏そのものという事実を受け入れられない人がいるのはなぜだと思いますか?

    そういった人たちを気の毒に思うよ。何が彼らを動かすのかと思うだろうね。朝起きて、キッチンに行って、フライパンで自分の顔を殴るのか?どうしてそれほど無知になったのか?俺にはわからない。人々は生きがいを必要としている。俺はバンドについてのゴシップや誰が好きじゃないかなんてことを話すのに躍起になる代わりに人々の生活に幸せをもたらすことができるかどうか確かめる日々を過ごすようにしているよ。

    Q:ブルガリアでのBIG4初公演で膨大な数のオーディエンスを前にして、全てのバンドとステージを共にし、とりわけメタリカと「Am I Evil?」をやったときはどう感じましたか?

    正直言って、この答えは君たちをたぶんガッカリさせるだろうね。ブルガリアで俺たちみんながステージに立って初めて共演した時、俺の頭に浮かんでいたのは「クソッ、ジェイムズ(・ヘットフィールド)のマイクの位置が高けぇよ」ってことだった。だって俺が歌おうとするとき、普通は足を少し広げてキメるのに、まっすぐ立たなきゃならなかったからね(笑)。俺よりあいつの方が背がデカいし、マイクスタンドはあいつの位置に合わせていたんで俺は変えようがなかったんだ。まぁそんなことを考えていたよ!

    演奏は楽しかった。でも何公演か後に「Helpless」をやったときがもっと楽しかったな。俺がメタリカにいた頃にやった曲のひとつだったからね。ステージへ歩いていくと、カーク(・ハメット)が「ソロをやってみないか」って俺に言ったんで、俺は”おまえが俺のトイレを詰まらせた”みたいな顔をしながら彼を見て「もちろん俺がやる!」って言ったんだ(笑)。残念なことに俺たちは音響担当にそのことを告げてなかったから、俺はエア・ギターのソロをして、誰もそれを聴くことはなかった。カークがソロをとると思われていたから、彼は耳をつんざくようなボリュームでリズムギターを弾いていたね。それで俺は学んだんだ。次のときは俺がこう言うべきだとね。「これが俺のファッキン・ソロだ!」って(笑)。いやいや冗談だよ。俺はたくさんの異なるレベルとたくさんの異なる手段をもつメタル音楽はいいなぁって思うんだ。ラーズ(・ウルリッヒ)は今日、あることについて俺の意見を聞きたいと尋ねてきたんだ。それで今日、電話で話したんだけど、俺が電話に出たときあいつは「やぁ。キミの親愛なるドラマーちゃんだよ。」なんて言うんだよ。思わずニヤけちまったな。

    Q:メタリカはルー・リードとアルバムを制作すると発表し、レイ・デイヴィスともスタジオ入りしました。あなた自身が彼らと同じようなプロジェクトをできると思いますか?

    まぁメタリカとは大昔にすでにプロジェクトをしたよ。(訳注:メタリカに在籍していたことを指している)あっキミが言っているのはメタリカとのさらに別のプロジェクトってこと?わからないね・・・。もし彼らが一緒にロックする古株を探しているんなら、それは俺よりちょっと歳のいった人たちだろうね。俺はそんなプロジェクトをするにはAARP(全米退職者協会)のカードを持っていなきゃいけないかもしれないな(笑)。いやいや、もちろん俺はやるつもりだよ。(メタリカは)俺のバンドだったしね。メガデスは俺の音楽キャリアのなかで次の必然的な一歩だったんだ。それは自然な流れだったわけだけど、もしまた俺たちがやる機会が来たら、俺はそれが望ましいと思っているし、ジェイムズにも以前このことについて話してきたんだ。彼と俺とラーズと(メガデスのベーシストの)デイヴィッド・エレフソンが一緒にレコードを作って何が起こるか見るべきだってことにジェイムズは「NO」とは言わなかった。バンドだとか何だとかとしてじゃなくてチャリティーに寄付するような何かかな。俺たちみんな、今こうして歳をとってきた。俺たちがこういうことを話した事実自体が素晴らしい一歩なんだ。一緒にやることでさらに良くなる。俺たちが一緒に何かするというアイデアは俺のちっちゃな脳みそで扱うにはいろいろありすぎて、爆発するかもしれないね。

    The Boston Phoenix(2011-08-26)

    最近、すごい丸くなった感のあるムス大佐ですがこういうキツめの冗談とかみると思わずニヤけてしまう自分がいます(笑)

    Ray Davies 「See My Friends」

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    デイヴ・ムステイン、メタリカのジェイムズとラーズに「スーパーグループ」を組もうと提案

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    「NY Hard Rock Music Examiner」のBIG4に関するインタビューでアンスラックスのドラマー、チャーリー・ベナンテがクリフ・バートンとの心温まるエピソードを語っていたのでかいつまんでピックアップ。

    【BIG4公演までカウントダウン:チャーリー・ベナンテ(アンスラックス)】

    Q.メガデス、スレイヤー、メタリカであなたのお気に入りの曲を挙げることはできますか?

    メタリカは「Master of Puppets」だろうね。俺がステージの近くであの曲を聴き始めようものなら、観にいかなきゃならないよ。なんたってあの曲には何かあるからね。それに俺にとってはもうひとつ重要な意味を持っている。クリフ・バートンさ。1986年に(アンスラックスとメタリカの)両バンドが海外へツアーに出たとき、彼らは『Master of Puppets』を出していた。ツアー中、イングランドで休みが取れたある日に、俺とスコット(・イアン)とカーク(・ハメット)とクリフで朝食を食べに出かけたんだ。それで座って話していた。そのときに俺がこう言ったんだ。「「Master of Puppets」って曲で、さぁこれからギター・ソロってときにジェイムズが何か叫んでるよね、あれ聞き取れないんだけど何て言ってるの?」そしたらクリフがカークの方を見て「俺もわからん。」ってさ。それから俺たちが朝食を注文していると、ちょっと静寂の間があってから、クリフが「ありゃ「pancakes(パンケーキ)」って言ってると思う。」なんて言うんだよ。もうみんな大笑いさ。ありゃおかしかったな。それからはあのツアーのステージで俺がステージ脇で観ているときに、あのパートにさしかかるとクリフはいつも俺の方を見ながら「pancakes」って口パクしてみせたのさ。そこから20数年経って、俺たちはポーランドで初めての「BIG4」のショーを行う前に夕食をとることとなった。俺たちがセッティングしたんだけど、メタリカはフルメンバーが出席。それで俺はジェイムズと話しているうちにあのクリフの話が話題に上ってね。彼にその話をしたんだ。彼はその話を聴いてすごい感謝してくれたよ。彼にとってはあの頃からたくさんのことがおぼろげになっていたから、この話を聴いて楽しい当時のことを思い出すのに一役買ったんだろうね。それで彼ら(メタリカ)はポーランドの(「BIG4」として)初めてのショーで「Master of Puppets」をやったんだけど、俺はそのときステージ脇にはいなかった。次の日、ロバート(・トゥルージロ)が俺のところに来て言ったんだ。「どこ行ってたんだよ?ジェイムズが「pancakes!」って叫んでたんだぜ!」ってね。そう。ジェイムズは今になってそれをやってくれたんだ。

    Q.それは素晴らしい話ですね。あなたは9月の「BIG4」公演は誰もが聴きに行くべきと言っていますが、観に来た人はそのときにジェイムズが「pancakes」と叫ぶのを聴くことになりますね。

    まぁ実際は「fix me」なんだけど、知らなかっただろう。うっかり「pancakes」って言っちまうかもな。まぁそんなこともあって俺はあの曲が大好きなんだよ。

    NY Hard Rock Music Examiner(2011-08-11)
    チャーリーがわからなかった部分は5:40あたりから。



    このパンケーキの話、どこかで読んだ気がするんですが、そんな後日談があったんですねぇ。
    ちなみにチャーリーはその他のバンドのお気に入りの曲として、メガデスから「The Conjuring」、スレイヤーから「At Dawn They Sleep」を挙げています。

    Master_of_Puppets


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    アンスラックスのスコット・イアンがラーズ・ウルリッヒとヤンキー・スタジアムのBIG4公演で何やら企み中。
    REVOLVER「THE BIG FOUR 特集号」(2011年) (THE BIG FOUR)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2011年9月14日、ニューヨークのヤンキー・スタジアムで行われる
    BIG4公演。本国アメリカでは2回目となる本公演について
    ついに近畿日本ツーリストで企画された「BIG4」ニューヨーク行き
    パッケージツアーの募集が開始されました。

    big4ny

    旅程その他概要は次の通り。

    【ご旅行日程】
    Aコース:2011年9月13日(火)〜9月17日(土) 3泊5日
    Bコース:2011年9月13日(火)〜9月18日(日) 4泊6日

    【ご旅行代金】
    Aコース:お1人様:228,000円(2名1室利用の場合のお1人様・成田発着)
    1人部屋追加代金(3泊合計):54,000円

    Bコース:お1人様:248,000円(2名1室利用の場合のお1人様・成田発着)
    1人部屋追加代金(4泊合計):72,000円

    【出発地】
    成田空港

    【募集締切日】
    2011年7月29日(金)
    さらなる詳細はこちらからどうぞ。
    http://entame.knt.co.jp/big4ny/


    また職場の上の人に掛け合うか。。
    サイフの方も心配だが。。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    近畿日本ツーリストにてBIG4ロサンゼルスツアー参加者募集中。
    BIG4アメリカ公演第2弾、ヤンキースタジアムで開催決定!
    アンスラックスのスコット・イアンがラーズ・ウルリッヒとヤンキー・スタジアムのBIG4公演で何やら企み中。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    これまで行われたBIG4公演で2度実現したBIG4全バンド
    (アンスラックス、メガデス、メタリカ、スレイヤー)による
    「Am I Evil?」のジャム。

    これについては、スレイヤーのメンバーが参加していなかったことで
    ちょっと気になってた管理人ですが、それまでもいろいろな調整が
    あったようです。そして2011年9月14日に行われるヤンキー・スタジアム
    でのBIG4公演では新たなプランが練られている模様です。

    【BIG4公演の新たなフィナーレ企画中】

    アンスラックスのスコット・イアンはスラッシュ四天王がショーの終わりに
    行ってきたジャムをファンがより好むであろう何かと入れ替える予定だと
    語っている。

    メタリカ、スレイヤー、メガデス、そしてアンスラックスはダイアモンドヘッドの
    「Am I Evil?」をこれまでに2度、一緒にジャムすることで大評判のイベントと
    なったBIG4ショーを終えてきた。

    1度目はライブDVD収録のため、ブルガリアで行われ、
    2度目はこの4月にカリフォルニアで行われた。

    しかし、スラッシュの巨人たちが9月にニューヨークの
    ヤンキー・スタジアムで集まるそのときまでに、熱心な聴衆の
    ために何かさらに特別なものをと彼らは望んでいる。

    この週末、サイド・プロジェクトのザ・ダムド・シングスとしてドニントンで
    ライブを行ったイアンが、ROCK AAA(http://www.rockaaa.com/)に
    語ったところによるとメタリカと新しいプランについて話し合ったと言う。

    「俺はラーズ・ウルリッヒとヤンキー・スタジアムでのショーについて
    話し合った。(これまでと)違うものにしないかとね。「Am I Evil」を
    引っ張り出してやったのは素晴らしいことだ。でも、1曲まるまる
    やるのは、あそこで2時間半しかないなかでは長すぎる。」


    「俺たちはもっと長くしたいから、俺たちがそこでいるなかで時間を
    楽しめるような何かを他にできないか話し合ったんだ。」


    ヨーロッパ全域を渡る夏のSonisphere Festivalのときに
    変更するかどうかバンドが決めることが出来なかったとイアンは語る。
    彼の初めての子供の出産に立ち会うあいだ、話し合いが不首尾に
    終わったことが主たる原因だ。

    「俺はめちゃめちゃエキサイトしているよ。BIG4公演を行わない
    方をとった。自分がそこに行かないなんて考えられないよ。」


    「代理人が昨夜、俺に言ったんだ。「ドイツでは59,000人動員、
    イタリアでは60,000人動員で・・・」ってね。わかってるさ。
    でも俺は今、赤子とLAにいるんだ。選択の余地なんてないだろ。」


    ヤンキー・スタジアムで行われるBIG4公演に初めて参加する頃には
    イアンの息子は2ヶ月となる。

    「息子はたくさんの思い出を残すだろうね。」と彼はジョークを飛ばす。

    「みんな4つのバンドがどれくらいハッキリと違うものかを観ることになる。
    5時間同じだけ頭を振り続けるなんてできないだろうね。君らは
    俺たち4バンドがなぜ今もこうしていられるのか観ることになる。」


    スレイヤーのトム・アラヤは最近、カルフォルニアの「Am I Evil?」の
    ジャムに参加しなかったのは、グループとしてBIG4を代表する曲だと
    思わなかったからだと語っている。彼はメタリカの「The Four Horsemen」
    を代わりの曲として挙げている。しかしラーズ・ウルリッヒは
    ヘッドライナー(メタリカ)の曲のひとつでショーを終えることに
    「ちょっと自己中心的に見える」としている。

    RockNewsDesk(2011-06-11)

    scottian
    スコット・イアンのインタビュー動画はRockAAAのこちらから。

    ラーズはメタリカの曲でジャムを行うことは否定的なので
    以前、スコット・イアンが提案していた「Orion」での共演もナシか。。

    しかも「The Four Horsemen」やることになってたら、今度は
    この曲のオリジナル「The Mechanix」を書いたムス大佐の
    機嫌が気になるよ。。トム。。

    サービス精神旺盛なラーズとスコットのことなのでいいプランが
    思いつくことを願っています。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    スコット・イアン、スラッシュ四天王ツアーで「Orion」全バンドでセッションを提案。
    スラッシュ四天王、「Am I Evil?」で奇跡の共演。
    ケリー・キング、スラッシュメタル四天王「Big Four」ツアーの来日について言及。
    四天王、スラッシュメタルへの思いを熱く語る。
    「THE BIG 4」デラックスDVDセットの全貌が明らかに。
    BIG4ドイツ公演決定!
    BIG4イタリア公演決定!
    BIG4アメリカ公演、「Orion」「Am I Evil?」の動画を味わう。
    BIG4アメリカ公演第2弾、ヤンキースタジアムで開催決定!
    「The Four Horsemen」の元ネタの話。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    以前もこれに近いタイトルの記事でインタビューを紹介しましたが。。

    Gibsonguitarにてカーク・ハメットがロング・インタビューされていました。
    BIG4公演や新譜の制作状況、ギターなどについて語っています。

    日本語訳にはちょっと長かったので抜粋してお届け。(管理人拙訳)

    【The Gibson Interview: Kirk Hammett of Metallica】

    (前略)

    BIG FOURについて話しましょう。あなた方はアンスラックス、スレイヤー、
    メガデスとショーを行っています。世界4大スラッシュ・メタル・バンドが
    同じステージに上がりましたが、どのようにして起こったのでしょうか?

    「サンフランシスコの昔なじみのスラッシュ・メタル・バンドみんなが
    一堂に会したフェスティバルか何かをやれたら最高だろうなっていうのは
    実際、俺たちのアイデアなんだよ。
    おそらくサンフランシスコで行われるだろうなってね。」

    「俺たちがこのアイデアについて話し出したときに、80年代の主要
    メタルバンド、つまりアンスラックス、スレイヤー、メガデスと俺たちが
    みんな一緒にショーを行ったことがこれまで一度もなかったって
    ことに気付いたんだ。」

    「俺たちはそれが可能かどうか実際やれんのかどうか、
    確かめようってなったのさ。フタを開ければ、他のバンドも
    このアイデアに加わったんだ。ヨーロッパでの初めてのショー
    (2010年6月16日のポーランド、ワルシャワでのSonisphere Festival)
    を行ったけど、素晴らしい結果となったよ。」

    「だから今では、俺たちが実際に行うことの出来る、クールな
    ヘヴィ・メタル・イベントに発展していったことをわかってるよ。
    俺たちが長い間こうしていられること、今なお一緒にやれていること、
    今なおアルバムを作っていること、今なおショーを行っているという
    事実を祝うやり方としてもとてもクールだね。
    それだけでもとてもクールなことだと思うよ。」

    こういったバンドと一緒にライヴを行うことはどのくらい楽しいですか?
    今回のショーのどの部分が好きですか?

    「「The Big Four」のショーの素晴らしいところは、バックステージが
    とてもとてもクールだよ。なぜなら俺たちが一緒にぶらついたり、
    親友になったり、昔のことを話したりしていたからね。
    だから、ただぶらつくことだけでもクールなことだし、イベントの一部に
    なっているよ。」

    「あとは4つのバンドが同じステージ上で「Am I Evil」をジャムするのも
    ショーのなかで本当にクールなパートだね。全てのショーでやっている
    ことじゃないけど、ブルガリアでやってLAでもやった。そしてこれは
    本当にマジで言わなきゃならないところなんだけど、これは体験すべき
    素晴らしいことだし、これらの素晴らしいバンドみんなでステージに
    立てるのも素晴らしいことだよ。


    ずうずうしい質問ですが、あなたはThe Big Fourのなかで1番の
    バンドはどのバンドだと思いますか?

    「うーん、まぁ俺たちかな(笑)でも俺ならもちろんメタリカって言うでしょ。
    2番目に好きなバンドは何?って訊いた方がいいんじゃない?


    なるほど。では2番目に好きなバンドは何ですか?

    「スライヤーと言わざるをえないね。俺が言えるのは、彼らは
    邪悪で、ヘヴィで、本当に妥協を知らない。スレイヤーっていうルールだよ。
    もうひとつ言っておきたいのは(アンスラックスの)スコット・イアンは
    俺の大親友のひとりだってことかな。バンドをやっているころから
    ずっと彼のことを知っているけど、よく一緒に外へ出かけていったよ。
    だからスコットのことを兄弟のように思っているし、本当に一緒に
    ただぶらつくのが好きなんだと言わなきゃなんないね。


    ツアー中にバンドは新しいアルバムにとりかかることはできましたか?

    「俺たちはまだ実際には制作をスタートさせてはいなかった。
    でも考えてはいるよ(笑)。今は他にやることが山ほどあるからね。
    俺たちは曲を書き始める時間をみつけなきゃって自身に言い聞かせ
    続けているよ。でもその時は必ずやってくるからさ。」

    「通常はショーであったり、ライヴのためにインドに旅立ったり、
    その他あれやこれやあって、アルバムについてはちょっと後回しに
    されてしまうんだ。でもまぁ俺個人が思うに、ニュー・アルバムは
    できるときにできるもんさ。」

    新しいメタリカのバイオ本、ミック・ウォール著の「Enter Night」が
    発売されました。著者はこの本を書き始める前にメタリカについて
    知るべきこと全てを知っていると言っていました。2年の間で彼は
    何にも知らなかったと気付いたそうです。彼は何を発見したのでしょう?

    「いい質問だね。正直俺にはわからない。つまり、俺は俺が何を
    知っているのかぐらいはわかる(笑)でもミック・ウォールが何を
    知って何を知らないのかは俺にはわからない。
    俺が言ってることわかる?」


    えぇ。では、どういったことで見解を変えたと思われますか?

    「俺たちがツアーに出ていない時、つまり特に何もしていない時、
    ありのままでいるというやり方かなと思う。俺たちは本当に普通の
    ことをいろいろするのがただ好きなだけの普通のヤツらなんだよ。
    それが彼に衝撃を与えてしまったのかもしれないね(笑)」


    (後略)

    Gibsonguitar(2011-06-05)

    ロング・インタビューのため途中だいぶ端折ってしまいました(汗
    新譜については「なるようになるさ」のカーク節といったところでしょうか。。

    インタビュー中に出てくるメタリカの新しいバイオ本「Enter Night」は
    アマゾンでもすでに発売されています。(発売日:2011年5月10日)

    enternight
    Enter Night

    英語長文が苦手な私としては日本語版の出版が待たれるところ(苦笑

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    YOKOHAMA Hot Rod Custom Show 2010にてカーク・ハメット所有の車、Metallicoupeが来日。
    カーク・ハメット、新作レコーディングやBIG4について語る。
    カーク・ハメット趣味全開のホラー本、「Too Much Horror Business」がAMAZONで予約開始。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2011年4月23日にアメリカで行われるBIG4フェスティヴァル。
    公式サイト(http://thebig4festival.com/)では着々と
    カウントダウンされているわけですが、ついに
    近畿日本ツーリストで企画された「BIG4」ロサンゼルス行き
    パッケージツアーの募集が開始されました。

    big4tour

    旅程は2011年4月22日から26日までの3泊5日。

    旅行代金は158,000円と燃油サーチャージ等の別途料金。

    出発地は成田空港で募集定員は15名

    さらに詳しい内容は近畿日本ツーリストの
    こちらのページからどうぞ。

    http://entame.knt.co.jp/big4/

    詳細掲載ページで「日本では実現しない」と断言されとる(苦笑
    職場で休みかけあっている間に定員埋まってしまいそう。
    (ここで大々的にお伝えしといてなんですが)

    やるだけやってみるか。


    関連記事
    2011年もSonisphere FestivalでBIG4ツアーが実現
    BIG4アメリカ公演日程発表されました
    BIG4ドイツ公演決定!
    BIG4イタリア公演決定!
    BIG4ヨーロッパの締めくくりはスウェーデン公演

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    BIG4、ドイツ公演発表の次はどこかなーと思ってたら
    今度はイタリアでした。

    big4_logo

     メタリカオフィシャルサイト発表によると2011年7月6日
    イタリアはミラノにあるフィエラ・オープン・エア・アリーナで
    開催とのこと。

    チケットの発売は現地時間2月25日9:00から
    下記サイトかMetClubで。。

    www.ticketone.it
     
    って日本はやっぱりないのか。。

    One more on the docket . . . keep watching here!

    ということですが、この流れだとスペインあたりかな。。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    2011年もSonisphere FestivalでBIG4ツアーが実現
    BIG4アメリカ公演日程発表されました! 
    BIG4ドイツ公演決定!

    このページのトップヘ