メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:3D映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    オフィシャルサイトにてメタリカの3D映画についての続報が発表されました。まずは公式発表を管理人拙訳にて。

    去年話したプロジェクトの最新情報・・・つまり2012年8月にバンクーバーで撮影されたメタリカの3D映画について。3日間の(ライブの)撮影が大部分で充分だし、それ以来、一体全体どうなってしまったのかと疑問に思っている人もいるかもしれない。その年の秋から今年にかけて、ニムロッド・アーントル監督と編集チームと一緒に取り組んできた。そして、こうして今実際に公開日とタイトルを発表することにメチャクチャに興奮している・・・。ドラム・ロールをお願いするよ。


    『Metallica Through The Never』が8月9日劇場公開決定!

    劇場に愛情を広げるために、インディペンデント系映画配給会社「Picturehouse」と協力していくことも誇りに思う。「Picturehouse」は本当に独立していて、大きな賭けに出たり、しばしば既成の枠組みを超えた考え方をする。創立者ボブ・バーニーは、これまで最も成功した2つのインディペンデント系映画、『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』と『パッション』に関わってきている。彼のリーダシップの元、「Picturehouse」は『パンズ・ラビリンス』(アカデミー3部門で受賞)や『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』(マリオン・コティヤールの主演女優賞を含むアカデミー2部門を受賞)といった称賛された映画や同様に、その他多くの最先端の映画、きわめて称賛された受賞映画を配給してきた。

    俺たちは本当に取り掛かったばかりで、(これから)これ以上の最新情報が出てくることは言うまでもない。そしてもちろん、キミたちがこの映画を観るのを待ちきれない!!

    Metallica,com(2013-01-15)

    映画のなかでは、映画『Chronicle』で主役を演じたデイン・デハーンが緊急の任務で派遣される若いバンド・クルーを演じるとのこと。そのあいだバンドがチケット売り切れの群集の前でガッツリとライヴを行っているというものらしい。

    ちなみにこの人がデイン・デハーン。
    Dane-Dehaan

    以下、ラーズ・ウルリッヒのコメントを管理人拙訳にて抜粋。

    「メタリカのやり方ってのは、どんなに安全策がなかろうとも未踏の創造的企画に飛び込むことだ。この数年のあいだでこの映画をまとめるというのはかなりハードなことだった。そして俺たちは確かに安全ネットなしに飛ぶという部分をこなしてみせたよ!この時点でボブとジーン(「Picturehouse」のCEOと社長)が新しい「Picturehouse」のチームを連れて来てくれたことは、映画の配給についてとても必要とされていた安心を俺たちにもたらしてくれた。インディペンデントの精神と既成の枠組みを超えたところで働きたいという熱望は、あらゆるところでつながるし、メタリカ・ファミリーに歓迎を持って加わっていったし、自然にフィットしたね。」

    サマソニでメタリカが正式に来日ということになりましたが、その前にもまぁいろいろ忙しい年になりそうなメタリカでした。

    日本の公開はいつになるのかしら??

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカが3D映画制作に着手?
    メタリカが3D映画プロジェクトを公式に認める。
    メタリカ、制作中の新譜や3D映画についてRolling Stone誌上で大いに語る。
    ラーズ・ウルリッヒ、ラジオのインタビューで3D映画、メタリカ主催フェスについて語る。
    メタリカの3D映画の監督は『コントロール』、『プレデターズ』のニムロッド・アーントルに決定。
    メタリカの3D映画撮影公演終了。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    バンクーバー経済新聞でも記事となった2012年8月27日に行われたメタリカの3D映画撮影公演。

    【メタリカが入場料5ドルのコンサート−バンクーバーで3D映画撮影】
    http://vancouver.keizai.biz/headline/1552/

    記事にあるとおり、入場料が破格の5カナダドルという特別ショー。撮影により中断する可能性も、とのことですが、映画の一部として参加できるのは何ともうらやましい。しかも収益は地元バンクーバーのフードバンクに寄付というから恐れ入る。公演そのものの収益は後ほど映画で回収する感じになるんでしょう。

    気になるセットリストはこちら。

    01. Creeping Death
    02. For Whom the Bell Tolls
    03. Fuel
    04. Ride the Lightning
    05. One
    06. Cyanide
    07. The Memory Remains
    08. Wherever I May Roam
    09. Sad But True
    10. Welcome Home (Sanitarium)
    11. ...And Justice for All
    12. Master of Puppets
    13. Enter Sandman

    Encore #1
    14. Seek & Destroy
    Encore #2
    15. Fuel
    16. One

    08aug2712_pic12

    撮影し直しなのか、なぜか「Fuel」「One」を2回行う変則セトリ。

    映画に登場する曲もこれで全部なのかしら?
    3D映画は2013年夏公開予定。

    ラーズの言葉を信じれば、映画公開から半年ぐらい経過した後に新譜発表となるのかな。どうなるかわからないのがメタリカですが(笑

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカが3D映画プロジェクトを公式に認める。
    メタリカの3D映画の監督は『コントロール』、『プレデターズ』のニムロッド・アーントルに決定。
    ラーズ・ウルリッヒ「メタリカの次のアルバムを出せるのは2014年前半ぐらいかな」

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Metallica.comにて、メタリカが手がける3D映画について追加発表がありましたのでご紹介。

    年初に俺たちはこれから挑む最新の冒険、3D映画について話していた・・・俺たちにとって全く新しいクレイジーな世界についてね!!それから俺たちが言ったように、詳細についても決まってきている。そんなわけで、受賞歴のある監督ニムロッド・アーントルとプロデューサー、シャーロット・ヒギンスとチームを組むことをこうしてアナウンスすることにメチャクチャ興奮している。

    ニムロッドが脚本と監督を手がけた外国語映画『コントロール(原題:Kontroll)』は、2004年のカンヌ映画祭の「ある視点部門」の受賞を含むいくつかの賞を勝ち取った。他にもケイト・ベッキンセイルとルーク・ウィルソン出演の『モーテル(原題:Vacancy)』、マット・ディロンとローレンス・フィッシュバーン出演の『アーマード 武装地帯(原題:Armored)』、エイドリアン・ブロディ出演の『プレデターズ』の監督を務めた。

    ラーズいわく、「俺は2004年のカンヌ映画祭で見たときからニムロッドのデビュー作となったハンガリー映画『コントロール』のファンだったんだ。みんな打ちのめされたね。ここ数年は彼のキャリアがハリウッドで花開いていくのを興奮してみていたよ。彼と会って5分としないうちに彼の熱意、創造のプロセス、枠組みにとらわれない人柄に夢中になったね。さぁ取り掛かろうぜ!」

    シャーロットは、長きに渡り3D映画界の最先端を走り、牽引してきた人物。3Dアニメ映画『ナットのスペースアドベンチャー3D(原題:Fly Me To The Moon)』、『センター・オブ・ジ・アース(原題:Journey to the Center of the Earth)』(いずれも2008年上映)、そして今年、世界的な興行成績を上げた『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(原題:Journey 2: The Mysterious Island)』のプロデューサーを務めた。

    今ここで始まったばかりさ・・・これから数ヶ月後には、2013年公開のために今夏撮影する詳細を(発表するので)期待してね!

    Metallica.com(2012-03-07)
    正直、監督の名前はピンと来ないけど、カンヌ受賞作の『コントロール』がにわかに気になってきました。

    ニムロッド・アーントルの監督映画

    【追記】
    シネマトゥデイでもこのニュースが取り上げられました。

    『プレデターズ』監督のニムロッド・アーントルがヘヴィメタルのモンスターバンド、メタリカの3D映画を撮ることに

    【追記2】
    今回のオファーを受けてのニムロッド・アーントル監督のコメント。

    「メタリカはいつもボクの人生の大きな部分を占めていた。そんなヒーローと一緒に仕事ができるという信じられないようなチャンスだよ・・・。メタリカのライヴのパワフルでオールマイティなエネルギーを使って、そこに物語を挿入し、全ての体験の興奮を高められるように3Dで撮るつもりだよ。」

    TG(2012-03-10)


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカが3D映画プロジェクトを公式に認める。
    メタリカ、制作中の新譜や3D映画についてRolling Stone誌上で大いに語る。
    ラーズ・ウルリッヒ、ラジオのインタビューで3D映画、メタリカ主催フェスについて語る。
    ジェイムズ・ヘットフィールド、ハリウッドで行われた3D映画の試写会に家族で参加。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    「The Pulse Of Radio」のインタビューのなかで“宣伝部長”ラーズがメタリカ主催フェス「Orion Music + More」や制作が計画されている3D映画について語っています。それぞれ短いコメントですが、ご紹介。

    (「Orion Music + More」の参加アーティストがHR/HMに限らず多彩な顔ぶれであることに触れて)

    「全ては、俺たちが過去25年、30年の大半のあいだヨーロッパで演ってきたこれまでのフェス以上のものを基本としているんだ。本当に多様性について、たくさんの異なる音楽体験にこだわったんだ。そうして、俺たちが決めていったんだ。今現在、誰にでも受け入れられているかどうかに関係なく、俺たちは(参加バンドを)選んだ。だが、マジでクールでヘヴィなことになるよ。本当さ。」

    (3D映画について)

    「ここ2年間、みんなの頭のなかでグルグル廻ってたアイデアだったんだ。自分たちの3D映画を実現するっていうのは言うは易し行うは難しでね。でも、ベストを尽くして今年の後半には実現できるよう時間をとるよ。 目の前が全て吹っ飛ぶような完全に圧倒されるものをこの手で却下するなんてことしたくないからね。」

    BLABBERMOUTH.NET(2012-2-22)

    時間とるって言ってるけど、すぐツアー行っちゃうからなぁ(笑)
    新譜制作に突入したというニュースもそろそろ聞きたいぜよ。。

    とりあえず「Orion Music + More」のサイトにメール登録フォームがあったので登録してみましたよっと。

    orion_ticket
    http://www.orionmusicandmore.com/


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカが3D映画プロジェクトを公式に認める。
    メタリカ、制作中の新譜や3D映画についてRolling Stone誌上で大いに語る。
    メタリカ主催のロック・フェスティバルを開催。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカ本筋の活動とは違いますが。。2012年2月2日、ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターで行われた3D映画『ジャーニー2:ザ・ミステリアス・アイランド』試写会にジェイムズが家族で訪れました。

    これがそのときの写真。
    x340

    そして、ジェイムズだけでなく鶴次郎ことロバート・トゥルージロも参加です。
    x350

    ジェイムズと鶴次郎にはさまれたご婦人は、シャーロット・ハギンス。この映画のプロデューサーであり、メタリカが製作を計画している3D映画のプロデューサーも務めるといわれている人物です。

    それにしても最近、ジェイムズ兄貴、痩せてきた?

    ちなみにこの映画の予告編と撮影風景など。


    【撮影風景】
    http://cia-film.blogspot.com/2010/11/3d2.html

    cowboybluesさん、情報アリガトウゴザイマス。

    【追記】
    写真追加。
    x360

    doyさん、情報アリガトウゴザイマス。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    メタリカが3D映画制作に着手?
    メタリカが3D映画プロジェクトを公式に認める。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Metallica.comで3D映画の噂について先ほど公式発表がありました。
    管理人拙訳にてどうぞ。(最後の方、自信ない。)

    Happy New Year!!! 知っての通り、俺たちはゴシップや噂についてはコメントしないことをポリシーにしている。しかし、『'Tallica News』として最初に報じることは誇りにも思うよ。そんなわけで、鋭いキミたちは業界誌や『Rolling Stone』誌上で最近、メタリカが3D映画に取り組むと言われているのを見聞きしたかもしれない。そうさ、確かに3Dプロジェクトは初期の段階だと伝えるために俺たちはここにいるのさ!すぐにでも詳細を言いたいところだけど、まだ全て確定してはいないんだ。今言えるのは、2013年あたりにキミの近くの映画館に現れる予定ってことさ。そして、俺たちがモノ言うのを何度も聴くことになるのは、全詳細を確定させる期間になるんだ。

    Welcome To 2012年・・・。すでに俺たちはかなり興奮しているぜ!

    Metallica.com(2012-01-06)

    件の3D映画の噂ですが、具体的なプロデューサー名まで出ていたので確度は高いなと思いましたが、ようやく公式コメントとなりました。

    ライヴ映画となるのかしら。。そういえばラーズが30周年ライヴで語ったとされる2012年6月に行う双方向なファン・イベントってこれとは関係ないのかしら。。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    メタリカが3D映画制作に着手?
    メタリカ、30周年ライヴで披露した未発表曲を『Beyond Magnetic』としてリリース(北米のみ)。

    このページのトップヘ