メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:表紙

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    「Metal Hammer」誌で華々しく表紙を飾っているラーズ・ウルリッヒ。
    MHR239bag_front
    http://www.metalhammer.co.uk/news/hi-lars-ulrich-our-new-issue-drops-on-wednesday-featuring-metallica-megadeth-miss-may-i-a-free-poster-pack-a-free-cd-and-more-order-it-now/

    「Metal Hammer」誌やその他で語っている最近のメタリカのインタビューをとって出し。管理人拙訳にてどうぞ。

    ■制作中の新曲について

    ラーズ(Metal Hammerでのインタビュー)
    「昨日はガンガンでかい音で演奏していたよ。ヘヴィで、エネルギッシュで、ラウドで、ファストで、ロックしてて、クレイジーな感じだったね。誰かが疑問に思ってるかもしれないから一応言っておくと、スネアドラムあり、ギターソロありだよ。」

    ラーズ(Metal Hammerでのインタビュー)
    「俺たちが今やっているものは過去4年間やってきたことの継続形のように聴こえるだろうね。」

    ■新譜のプロデューサーについて

    ラーズ(Metal Hammerでのインタビュー)
    「リック(前作『Death Magnetic』のプロデューサー、リック・ルービン)のことは大好きさ。俺たちみんな好きだよ。いつも彼とは連絡をとっている。どうなるかわかっているよ。」

    ■ワーナーから映像・音源のマスターテープ・版権をバンドの手に取り戻したことについて

    ジェイムズ(公式ステートメント)
    「ワーナー・ミュージック・グループとの28年間の素晴らしい関係、特に1994年から北米での俺たちのあらゆるビジネス面において真のパートナーとしての関係を築けたことに感謝したい。」

    ■メタリカ自身のレコード・レーベル「Blackened Recordings」について

    ラーズ(公式ステートメント)
    「Blackened Recordingsは完全な独立系レーベルで、100%コントロールできる創造的な運命の運転席に着くことができるのさ。」

    ラーズ(The Pulse Of Radioでのインタビュー)
    「俺たちのようなバンドの素晴らしいところは、レコード会社のことを無視することができるってことだ。基本的にレコード会社っていうのは、銀行みたいなもんだ。そしてレコード会社の銀行的な要素を必要としなくなったとき、やりたいことを自分でできるようになるんだ。」

    BLABBERMOUTH.NET(2012-12-18)

    ラーズの発言からすると『Death Magnetic』の続編っぽい感じになるのかしら。プロデューサーもリック・ルービンがそのまま今回も務めそうな感じですね。
    それにしてもこの小出し感、、、個人的にはオジー嫁のシャロン・オズボーンと双璧かと。

    この「Metal Hammer」誌は購入したので、届いてから気になる発言があったら、また取り上げようと思ってます。ちなみに「Kerrang!」誌の最新号はジェイムズが表紙です!
    kerrang2013
    http://www.kerrang.com/blog/2012/12/kerrang_magazine_191212.html

    こちらも迫力では負けていません。

    HMVで通販されています。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    カーク・ハメット、新譜制作や次回のOrionフェスに意欲
    来年のメタリカの話なんぞして鬼を笑わせる。
    メタリカ、独自レーベル「Blackened Recordings」設立を発表

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    というわけでいきなり表紙画像ドーン。

    burrn201112
    BURRN! 2011年12月号

    内容は表紙から察するにおそらく『LULU』のことについてのインタビューになりそう。他、メガデスやこのほど来日していたモトリー・クルーなど。

    ちなみに現在発売中のロッキングオン2011年12月号でRockCityでも放送された伊藤政則氏によるルー・リード&メタリカのインタビューがノー・カットで掲載されています。

    rockinon201112
    rockin'on 2011年12月号

    450x450_4EAFDC73BFDA

    さらにちなみにですが、BURRN!2011年12月号増刊の『METALLION vol.40』は鋼鉄名盤徹底ガイドの1983年〜1985年編ということでメタリカも『KILL 'EM ALL』から『RIDE THE LIGHTNING』まで掲載されてます。

    metallion40
    METALLION vol.40

    なんかシンコー・ミュージックの回し者みたいになっちゃったな。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    METAL HAMMER誌2011年5月号はメタリカが表紙。
    「Kerrang!」誌、創刊30周年記念号はメタリカが表紙。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    帰りにあの人たちを見かけて手に取り、つい買ってしまいました。

     

    出来心で。

     


    ハイ、ド〜ン!

     

    Q Magazine 2008年9月号



    「Q Magazine」の2008年9月号(No.266)です。

    HMVでひとめぼれ。

     


    メタリカさんは9ページに渡って特集されています。
    中身は最近のライヴの密着取材記事のようです。
    (まだ英語解読途中)


    ラッパースタイルのジェイムズとか
    ライヴ前にヨガに興じるカークとか
    メタリカBABYTシャツを胸に当ててはしゃぐ鶴次郎とか
    ロス・ハルフィン撮影の舞台裏メタリカの近影が観れます。

     

    えっ肝心な誰かを忘れていませんかって?

     

    じゃあ、ちょっとだけサービスショット(笑

     

     

     

     

     

     

    兄貴にぶっちゅ〜



     

    こんな秘蔵写真、MMPでも見れるんかなぁ?

    まだいまいちMMPを使いこなせていない。。。

     

    ちなみにQ Magazineの公式ページからメタリカの
    過去のインタビュー記事や写真も見れますので
    英語得意なあなた、以前のメタリカ写真を見たいあなたは
    こちら↓の中段「ON THE ROAD」の写真をクリックでどうぞ。

    >>Q Magazine 公式ページ


    そういえば、9月号のBURRN!もメタリカ特集じゃないか!

    こうしてまた軍資金が減っていきますよ。。。えぇ。

     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

    このページのトップヘ