メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    11月22日にいよいよ公開される映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の本編冒頭10分間がYahoo映画にて無料配信されているとのこと。

    yahoo_metallica
    http://special.movies.yahoo.co.jp/detail/20131115242614/


    この本編冒頭10分間無料配信は、予告編さえ我慢して劇場で観に行こうとしている方々には非常に酷な仕打ちではありますが!(苦笑)冒頭だけでもただの「LIVE映画」ではないことはわかるかと思います。

    管理人は改めて見返してみて、メンバーの登場シーンがそれぞれ遊び心があるなぁと思いました。

    この無料配信では観られませんが、メタリカの独自レーベル「BLACKENED」のオープニング(東映映画でいうところの波ザッパーンなヤツ)がなかなかクールなので、そちらは劇場でぜひ。

    あとオープニングからいきなりあの曲なわけですが、劇場であのコールをやりたいなぁと思いつつプレミア上映や試写ではろくにできなかったのでやってみたいなぁ・・・スタッフとして参加しているはずのデハーン演じるトリップ君もやってることだし・・・

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』日本公式サイト始動!
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』日本公式Facebookページ始動
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』のFacebookプレゼントキャンペーンのお知らせ
    【プレゼント企画】映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』のレビューを書いて当てよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の日本の配給元であるポニーキャニオンが映画一般公開を前にして、独自映像を交えた予告編を次々と公開しています。

    まずはtiff(トロント国際映画祭)でのプレミア上映で撮られた映画上映後のオーディエンスの反応を交えた予告編。

    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』 IMAX Special 映像 


    そしてニューヨークのアポロシアター公演の舞台裏を交えたと思われる予告編。

    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』 IMAX Special 映像 


    極めつけはサマソニで「共演」を果たしたBABYMETALの紹介付き予告編。

    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』 特別映像(METALLICA×BABYMETAL)


    IMAX3Dで見なきゃダメ、ゼッタイ。

    だそうですよ!早く観たいぞ、チキショーめ!

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』のメイキング映像とTIFFでの舞台裏が公開
    2013年8月11日サマーソニック メタリカ ライヴレポ(最前列狂乱版)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    続けてメタリカのメディア掲載情報をもうひとつ。

    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の一般公開日前日となる2013年11月21日に発売の「映画秘宝」2014年1月号にてカーク・ハメットのインタビューが掲載されるとのこと。

    表紙画像がアップされたら差し替え予定。
    eigahiho201401
    映画秘宝2014年1月号


    映画雑誌のインタビューということで『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』のことはもちろんですが、『ミイラ再生』『フランケンシュタインの花嫁』『死霊のはらわた』『死霊のしたたり』・・・そんな映画タイトルが列挙されるカークのホラー映画趣味の真髄が炙り出されるインタビューになったりするのかしら?それとも2月にサンフランシスコで行われるカーク・ハメット主催のホラーフェス「Kirk Von Hammett's Fear FestEvil」の告知をしてくれるのかしら?妄想が膨らみます・・・

    当該号の特集内容がまだ不明のため、分かり次第追記するかもです。

    【追記】
    メタリカの特集はカーク・ハメットが映画についていろいろ語る模様。

    カーク・ハメット降臨!傑作ライブドキュメントから伝記映画、音楽モキュメンタリー、アーティストの名演集まで厳選60本!「狂熱の音楽映画コレクション!」

    Twitter(2013-11-21)


    ちなみに「Kirk Von Hammett's Fear FestEvil」は公式サイトも立ち上がり、パネルゲストにスコット・イアン、スラッシュ、ライヴゲストとしてデス・エンジェルが出演するとのこと。
    kirkfes
    http://www.fearfestevil.com/


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    「TV Bros.」2013年11月23日号にてメタリカのインタビュー掲載予定
    「ヘドバン vol.2」にて“俺たちのMETALLICA御柱祭”特集
    BURRN!12月号にラーズ・ウルリッヒ&ロバート・トゥルージロのインタビュー掲載
    週刊SPA!でラーズ・ウルリッヒのインタビュー掲載

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    吉祥寺バウスシアターで2013年10月26日(土)〜11月8日(金)に行われる「BAKUON HARVEST 爆音収穫祭」。そのラストを飾る作品として『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の先行プレミア上映が行われることを先日お伝えしました。

    kichijoji

    そしてこのほど上映前に行われるスペシャル・トークライブの詳細が発表されました。改めてプレミア上映イベントの詳細とともにご紹介。

    ■日程
    2013年11月8日(金)

    ■場所
    吉祥寺バウスシアター
    http://www.baustheater.com/gekijou.htm

    ■タイムスケジュール
    21:00〜21:25 :スペシャル・トークライブ
    21:25〜22:57 :プレミア上映

    ■トークライブ司会
    増田勇一さん(音楽ライター)
    https://twitter.com/youmasuda

    ■トークライブゲスト
    冠徹弥さん(ヘビーメタルバンド「THE 冠」主宰&ボーカル)
    http://www.thekanmuri.com/

    道尾秀介さん(作家)
    https://twitter.com/michioshusuke

    カーズ・ハメットさん(METALLICA公認トリビュートバンド「HATTALLICA」ギター&リーダー)
    http://hattallica.com/

    ■BAKUON HARVEST 爆音収穫祭 公式サイト
    http://www.bakuon-bb.net/

    ■BAKUON HARVEST 爆音収穫祭 チケット購入サイト
    http://boid.ocnk.net/product/93

    facebook(2013-11-01)

    以前このプレミア上映について記事にしたときは、上映以外のイベントについてはまったくの白紙状態だったみたいですが(笑)、さらに楽しみなイベントになりそうです。ちなみにトークライブに出演される増田勇一氏、道尾秀介氏は先日発売されたメタリカのムック本でも登場されてますね。
    kawabe_metallica

    トークライブもさることながら文字どおり、「爆音バージョン」で観られるのはこのイベントだけ。もちろん管理人も行くつもりです。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    吉祥寺バウスシアターで開催される「BAKUON HARVEST 爆音収穫祭」で『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』が先行プレミア上映決定
    メタリカ来日を記念してメタリカのムックが続々発売予定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今まで英語版の『Metallica Through The Never』Facebookページはありましたが、、、

    ■英語公式版
    https://www.facebook.com/MetallicaThroughTheNever

    諸般の事情で遅れていたという日本公式ページがようやく始動しました。

    ■日本公式版
    metallica_through_the_never_jp
    https://www.facebook.com/Metallica.Never


    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の最新情報を発信するオフィシャルな場所となりそうなので、特に日本国内の情報はこちらより早い発信が期待できまスルー・ザ・ネヴァー!


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』日本公式サイト始動!
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』試写会レビュー&数量限定ポスター付き前売り券発売
    【映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』公開記念企画】メタリカ公式Tシャツ復刻!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    まずは『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の前売りチケット情報から。10月19日(土)から全国IMAX劇場全館にて前売券が販売開始とのこと。数量限定の米国版ボスターの特典付き。

    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』 IMAX3D プレミアムチケット 特別鑑賞券

    【発売日】2013年10月19日(土)

    【料金】2,000円(当日一般2,200円)

    【特典】米国版ビジュアルB2ポスター (数量限定/先着順)

    【販売場所】全国IMAX劇場全館
    http://metallica-never.jp/theater.html

    ※本前売券はIMAX劇場のみで使用可能

    そして、試写会のご報告。メタリカ情報局をご覧になってくださった映画関係者の方に『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の試写会に招待していただきました。管理人ひとりでは心細いし、いろいろと荷が重過ぎるので日頃メタリカ関連でお世話になっている方々にもお声かけして都内某所の試写会に行ってまいりました。

    以下、やや長文になってしまいましたが、管理人レビュー。

    メタリカを好きでいながら、さらに劇場へ観に行ける環境がありながら「ブルーレイ・DVDで観ればいいや」と考えている人へ。あえて言おう、カスであると。理由は簡単。この映画は劇場で観るべき作品だから。「どうせ無料で試写会に招待されたから提灯記事でも書いているんだろう」と思ったそこのあなたにこそ是非、劇場で観て欲しい。そして確かめて欲しい。

    映画本編を見た後、予告編を観るとしょぼく見える。劇場で観た同じシーンがそこにあるにも関わらず。それだけ本編が与えた衝撃は強烈でした。個人的にこれが3D映画初体験だったということは要因の1つに間違いなくあるでしょう。でもそれだけじゃない。

    この映画を観終わってからの放心状態から正気に戻ってまず思ったのは、メタリカがこれまで提示し続けてきた【予定調和の破壊】。「スラッシュメタルアルバムを作ってくれ」「Battery Part2を作ってくれ」という声を背にブラックアルバムを作ったし、「Rocktallica」と揶揄されながらも『Load』『Reload』を作った。オーケストラとも共演したし、ルー・リードと『Lulu』を作った。メタリカはマンネリを嫌い、常に新しいことに挑む、予定調和では収まらないバンドです。

    ずっとメタリカを追い続けて「Full Arsenal」の内容を大方知っている人にとっても、黙示録的な世界に主人公が巻き込まれるストーリーが絡まることでこれまでのライヴ映画のイメージ、予定調和をぶっ壊されることでしょう。メタリカの映画を通じた新たな次元の挑戦に対して、観た人それぞれがその意味を考え、観た人どうしでいろいろと話せる作品になっていると思います。

    この映画は劇場で観ないと、もっと言えば、作り手が元々念頭にあったIMAX3Dの劇場で観ないと本当に正しい評価はできないと思う。その意味では試写会はIMAX3D対応の劇場ではなかったため、まだこの映画の「完全体」を目にしていません。こうして管理人は試写会の後、IMAX3D劇場用前売りチケットをまんまと買ってしまいました(笑)

    Through The Never Ticket

    四の五の書きましたが、要は「劇場で、出来ればIMAX3D劇場で観てくれ!」ということです。公開期間は今のところ2週間とのこと。「チャンスの女神には後ろ髪がない」といいます。11月22日のいい夫婦の日、全国公開。エンドクレジットまで席を立てない映画であることを保証します。

    管理人だけではこの映画についてうまく語りきれないというわけで、一緒に試写会に参加したcowboybluesさんにもレビューを書いていただきました。

    『覚悟はいいか。』
    この言葉には2つの意味が込められている。
    メタリカの映画をIMAX3D劇場で体感できるという観客へ向けて。 そして、ストーリーの中でのキーワード的な意味の一つとして。。。

    映画を観てポスターに書かれているこの言葉の強さをハッキリと感じました。

    この映画は是非とも劇場で観るべき作品であり、それを狙って作られている作品です。メタリカはまた新たなフィールドに挑戦し今まで観たことのないバンドの姿を見せてくれます。

    ストーリーを補うようにライブパフォーマンスが繰り広がる時もあれば、ストーリーをリードしていく時もあり馴染み深い曲も映像と重なる事でスリルにそして新鮮に感じます。過去のツアーの演出の再現は勿論、曲単位でもイメージさせるシーンもあり最新武装のメタリカがそこにあるのと同時に過去のメタリカもそこに存在しています。

    映像の迫力は凄く例えば、ジェイムズのオーディエンスを煽る場面は目の前にいるかのように、カークのソロの時などではギターのネックが自分の視界の右から左へと霞めていくシーンには思わず手が届きそうな気がするほどです。

    そうなんです!この作品は主人公トリップがローディとして雇われストーリーが進みますが、観ている我々一人一人もトリップと同じ目線、又はステージ上にいるかのような錯覚を起こさせてくれます。

    観てる側も主人公になれる作品でありトリップが与えられたミッションはもしかしたら観てる人にも同じミッションが与えられているように感じました。これは昔からのメタリカのメッセージである、作品を手にした人それぞれが自分の感情で感じてくれ、という事に結び付くのではないかと。

    このミッションを皆さんは劇場でどのように受け取るか、それは皆さん次第です。
    覚悟はいいか!


    今回このような試写会に参加させて頂く機会をくださったthingyさん並びに関係者の皆様に感謝致します。

    cowboyblues

    個人的には映画館の方にも静かに観たい人と回を分けるなど配慮していただいて、この映画が最も「騒げる」映画になって欲しい。なにせジェイムズをはじめとするメンバーからの煽りに体がウズウズしてしょうがない(笑)

    この映画をまた「体験」したいし、もう一度観て確かめたいシーンもあるので、試写会で一回観たとはいえ公開日が待ち遠しい管理人でした。

    この場を借りて、試写会に招待していただき、関係者の皆様方に重ねて感謝いたします!

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』日本公式サイト始動!
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』日本版予告編、ポスター、公開劇場が公式発表
    吉祥寺バウスシアターで開催される「BAKUON HARVEST 爆音収穫祭」で『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』が先行プレミア上映決定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ついに日本版のサイトが始動しました!
    まだ「表紙」だけしかないようですが、これから日本版の予告編や上映劇場情報などアップされることでしょう。

    neverjp
    http://metallica-never.jp/


    ※cowboybluesさん情報ありがとうございます。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』サウンドトラックから1曲公開
    IMAX 3D版『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の上映劇場情報が公開開始
    メタリカの3D映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』が11月22日に日本公開決定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    本国アメリカの公開がいよいよ近づいてきた『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』。トロント国際映画祭(TIFF)での舞台裏写真がFacebookのTL風にアップされています。

    こちらでもほんの一部ご紹介。

    新しいアー写に使われそう。
    tiff-17

    瞑想風。
    tiff-19

    言われてみればたしかにゴッド・ファーザー風。
    lars_tiff

    Metallica.com(2013-09-10)

    そして映画のメイキング映像もオフィシャルサイトでアップされました!

    チャプター1では、メイキング映像をメタリカの他、Qプライムのマネージャー、ピーター・メンチとクリフ・バーンスタインというおなじみの顔、そして映画のプロデューサー、シャーロット・ハギンスのインタビューを交えて。

    Chapter 1: Making a 3D Movie


    メイキング映像はもちろん、3:34にあのケリー・キング似の運転手氏がチラッと写っていたのが気になってしょうがない。

    チャプター2では、シャーロット・ハギンスのインタビューを中心に、「FULL ARSENAL」なステージの仕掛けの舞台裏を。

    Chapter 2: The Stage... or the Greatest Bits


    Metallica.comより(2013-09-10)

    チャプター2の冒頭、Qプライムのマネージャーが「こんなステージ、金がかかりすぎる!」と発狂してて不覚にも笑ってしまいました。

    ※チャプター1と2が逆になってましたね。。失礼しました。(修正済み)

    すっかり『ミッション・メタリカ』な手法にやられっぱなしです!
    映画のメイキングだけで映画できるな、これ。

    cowboybluesさん、情報ありがとうございます。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』サウンドトラックから1曲公開
    IMAX 3D版『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の上映劇場情報が公開開始
    メタリカの3D映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』が11月22日に日本公開決定

    このページのトップヘ