メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:伊藤政則

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    11月1日(金)深夜にTVKで放送される「伊藤政則のRockCity」にてラーズ・ウルリッヒのインタビュー放送ありとのこと。おそらくサマソニの際に行われたインタビューの続きでしょう。

    itou
    http://www.tvk-yokohama.com/rockcity/


    そして同日番組中に『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』試写会15組30名様ご招待の告知が行われます!試写会の日時場所は以下の通り。

    日時:2013年11月14日(木)18:30開場 /19:00開映
    場所:109シネマズ川崎シアター7

    さすがセーソクさん!太っ腹です。(ゴマスリ)
    まだ新著のレビューも書けていませんが、いずれ別サイト(メタリカグッズ情報館)で書くつもりです。

    mokugekisyougen_cover
    目撃証言 ヘヴィ・メタルの肖像


    そして、もうひとつメディア掲載情報。

    本日10月24日発売のメンズファッション誌「STEET JACK」にて、23日が誕生日だったロバート・トゥルージロの短いインタビューがカラー写真とともに掲載されています。先日取り上げた「FLJ」のロングインタビューに比べるとボリューム(1ページ)に欠けますが、、映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の見どころなどについて語ってくれています。ちなみに表紙は「まゆゆ」です。

    streetjack12
    STREET JACK 12月号


    自分にとってはレジに持っていくの、なかなか勇気がいりましたよ・・・


    【追記】
    さらにいくつか試写会プレゼントの件を集めてみました。
    いずれも「RockCity」と同じ日時場所の試写会です。

    ■『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』IMAX3Dプレミア試写会

    ・日時:11月14日(木)18:30開場/19:00開映(本編92分)
    ・場所:109シネマズ川崎 シアター7(神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ5F)

    まずは「Kotaku JAPAN」さん。こちらは5組10名様。
    応募方法はこちらから。
    http://www.kotaku.jp/2013/10/metallicathroughthenever_imax3d.html

    メタリカへの熱い思いを書いてぜひ。


    続いて「Young Guitar」さん。こちらも5組10名様。
    応募方法はこちらから。
    http://youngguitar.jp/2013_10/artists/metallica/17402


    さらに「MovieWalker」さん。こちらは20組40名様。
    応募方法はこちらから。
    http://movie.walkerplus.com/shisyakai/8283/


    そして大御所「ぴあ」さん。こちらは30組60名様。
    応募方法はこちらから。(要ユーザー登録)
    http://cinema.pia.co.jp/topics/5989


    さらには「FMヨコハマ」さんの「ROCK DRIVE」から10組20名様。
    応募方法はこちらから。
    http://blog.fmyokohama.jp/rockdrive/2013/10/post-0e4b.html

    これで全部かしら・・・。

    【追記】
    「AOL News」さんから10組20名様。
    応募方法はこちらから。
    http://news.aol.jp/2013/10/28/metallica/

    「まんたんウェブ」さんから5組10名様。
    応募方法はこちらから。
    http://mantan-web.jp/2013/10/29/20131029dog00m200022000c.html

    「cinemacafe」さんから10組20名様。
    応募方法はこちらから。(要ユーザー登録)
    http://www.cinemacafe.net/article/2013/10/31/20012.html

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    「Rock City」にてサマーソニック2013で来日時のラーズ・ウルリッヒのインタビューを放送
    フリーペーパー「FLJ」にてロバート・トゥルージロのインタビュー掲載
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』試写会レビュー&数量限定ポスター付き前売り券発売

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    TVK(テレビ神奈川)にて放送中の伊藤政則氏の番組「Rock City」にて先日のサマーソニックで来日した時に行われたラーズ・ウルリッヒのインタビューが放送されました。テレビごとカメラ撮影したキャプ画(意図せずとも変顔多め)とともに内容をご紹介。

    「Hey! Lars is here! You Watchin' Masa Ito's Rock City!」
    lars_rockcity01

    まずは日本語版の映画予告編を公開。

    伊藤政則氏の前口上。
    「さぁ!観ていただくのはですね、映画の予告編です。こちらはバンクーバーのね、ロジャース・アリーナだったかな?で、撮影したものなんですよ、はい。まぁメキシコで8回。この後カナダに入ってエドモントン、そしてバンクーバーと、なんとね、ステージの大きさ、70メートルですよ。70メートルだったらぁ!悪いけどぉ!東京ドームとかも入りません!でかすぎちゃって!はい。それくらいの巨大なステージで、ステージもこれ、メンバーの1人と、5人目のメンバーだったんだなぁ。すごいですよ。しかもこの3D映画、ボクも観ましたけどね、ホントすごいよ。はい。最大で24のカメラをね、使ったそうですよ。レッド・ツェッペリンの『The Song Remains The Same』と同じように、全然違うイメージビデオと言いますか、まぁメタリカの場合、悪夢ですけど、それと自分たちのライヴを組み合わせた、そんな映画です。メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー!」

    (放送されたのは日本語版の予告編ですが)


    以下、テレビ画像とインタビュー文字起こし。コロコロと変わるラーズの表情とともにお楽しみください。

    伊藤政則
    「体調はどうですか?日本のファンは待ち構えてますよ。」

    ラーズ・ウルリッヒ
    「日本に戻ってこられて嬉しいよ。3年ぶりかな。3年前はさいたまスーパー・アリーナでやったんだったな。」
    lars_rockcity02

    「今回は2回で、東京とあと大阪に行く。素敵だよ。でもこんなに暑い日本は初めてだな。2日前にAEROSMITHのライヴに行った友達がバカみたいに暑かったと言っていた。でも俺達は大丈夫だよ。ステージに上がって楽しむさ。」



    伊藤政則
    「こないだ『ORION + MORE』で1stアルバム完全再現やったそうですけど、やった印象どうでしたか?」

    ラーズ・ウルリッヒ
    「楽しかったよ。俺達のフェスティヴァル、2年目の『ORION FESTIVAL』をデトロイトでやったんだ。」
    lars_rockcity03

    「俺達にとってパーソナルなフェスティヴァル。ファンには出来るだけ俺達を身近に感じてもらえる様なフェスティヴァルにしたかったし、何が起こってもおかしくないものとして『ORION FESTIVAL』を確立させたかった。そこでは必ずスペシャルな事が起こるんだという事を世界中のファンが知るべきだと思ったんだ。」


    「周りの人間はいつだって何周年について話している。俺達はそういう事はあまり考えないけど、必ず誰かが「これの30周年」だの「あれの25周年」だのと言っている。そういう事をしょっちゅう耳にするんだけど、誰かが「KILL 'EM ALL」の30周年と言ったんでそれをやったら楽しいんじゃないかと思ったんだ。」
    lars_rockcity05

    「これを人に言うのは初めてだけど元々のアイディアは別のステージに俺達が登場してパンクやアンダーグラウンドのクレイジーなカヴァー曲をやるというものだった。クレイジーな曲をやろうとしたんだけどそれがあまり上手く行かなかったんで、代わりに「KILL 'EM ALL」を完全再現する事にしたんだ。楽しかったよ。」
    lars_rockcity04

    「すごく小さなステージでね。『ORION FESTIVAL』にはステージが5つあるんだけど、そのうちこれが一番小さいステージだった。だから俺がここでプレイしていると人がステージに溢れて来た。すごいカオスでクレイジーできわどかったけど楽しかったよ。」
    lars_rockcity06

    「大きな所でやると全てがオーガナイズされていて、どこもかしこもセキュリティだらけといった感じだけど、あの時はアナーキーな要素があった。あれが俺達にとって最大のアナーキーだったな!だからとても楽しかったよ。(1stからの曲は)当然“Hit The Lights”や“The Four Horsemen”といった曲はよくプレイして来たけど、全曲をまたやる事が出来て楽しかった。」
    lars_rockcity07


    伊藤政則
    「改めて1stアルバムの良さみたいなものを、どういう風に感じましたか?」

    ラーズ・ウルリッヒ
    「う〜ん、いや、それはなかったな。去年の『ORION』では「RIDE THR LIGHTNING」を完全再現したけど“Escape”をやったのは初めてだった。「THE BLACK ALBUM」を完全再現した時も2〜4曲は初めてだった。「KILL 'EM ALL」からは“Hit The Lights”“The Four Horsemen”“Motorbreath”“Jump In The Fire”…確か全部やった事があったと思うんで新しい発見はなかったね。全曲やれたのは良かったけどね。」
    lars_rockcity08

    「あのライトがある辺にクリフのお父さんが座っていたんだ。ロバートが“Anesthesia”で初めてクリフのベース・ソロを弾いた時にクリフのお父さんがいたなんて素敵じゃないか。ロバートは君がいる所にいて、クリフのお父さんはライトの所にいて、俺はここに座りながら「ワオ!クールだな!」と思ったね。でもそれ以外に素晴らしいサプライズは特になかった。」
    lars_rockcity09

    「一番のサプライズは大勢の人がバンドを観に来てくれた事だね。1曲目でステージに座った時、俺の所からは観客が俺達の方に押し寄せて来るのが見えたんだ。俺としては怪我人が出ない様にと願っていたよ。ものすごい数の人がいたんだもの。始めた時は50人しかいなかったのが、2曲目の時には10,000人もいたんだから!あっという間に人が増えたんだ。でもそれ以外ではただひたすら楽しかったよ!午後2時にやったんで昼間だったんだ。」
    lars_rockcity10


    伊藤政則
    「30年前の1stを作っているメタリカに、何か今の自分から何かアドヴァイスあげるとしたら、当時のメタリカにどんな声をかけたいですか?」

    ラーズ・ウルリッヒ
    「良い質問だ…アドヴァイスねぇ…」(しばらく考えた後)
    lars_rockcity11

    「長い道のりになるから覚悟しておけよ!」
    lars_rockcity12

    「今の一番の違いは…これは年のせいだと思うから、君も君もみんな同じだけど、人間年をとると世界をもっとしっかり見る様になるんだ。20〜25歳の頃はしっかり見ていない。いつだって次の事に向かっている。「ビールを飲もう」「音楽を聴こう」「女はどこだ」みたいにね。今の僕は常に全てを見ている。そして理解しようとする。周りに溶け込もうとする。でも30年前は自分の事しか考えていなかった。」
    lars_rockcity13

    「今は自分の事は一番最後に考える。まず他の人達の事を考える。「元気?」「いいインタビューだった?」「子供達はどうしてる?」「どうすればMETALLICAの為に一番良い事なのか?」といった事を考えるんであって、「どうすればラーズの為に一番良い事なのか?」なんて事は考えない。いつも子供達やMETALLICAや(婚約者の)ジェシカや父親の為に一番良い事を考えている。常に人の事を考えている。」
    lars_rockcity14

    「だから30年前の自分に何か言ってあげられるとしたら「次のビールの事を考える代わりに、世界に目を向けてそこから取り込め」だね。」

    lars_rockcity15

    当初30分の予定のインタビューが、延長を許され結局40〜45分のインタビューとなったそう。30周年、メタリカ、そして3D映画についてのコメントについては映画のサントラ発売に合わせて公開するとのこと。

    さすがにラーズのインタビューは尺が長いので、1回じゃ収まりきれないわけですね(笑)
    というわけで9月末頃の放送内容にも期待です。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ジェイムズ・ヘットフィールド、日本テレビ「ZIP!」出演

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    まだ管理人の自宅に届いていない(正確に言うと受け取れていない)伊藤政則氏の近著『目撃証言 ヘヴィ・メタルの肖像』。

    mokugekisyougen_cover
    『目撃証言 ヘヴィ・メタルの肖像』


    なかなかいかつい表紙ですが、この本の口述筆記のためにメタリカのエピソードを語る伊藤政則氏の映像がアップされました。

    メタリカと当時の他のバンドは何が違ったのかを語る伊藤政則氏。


    まだ続々出ていたメタリカ関連本も読み切れていませんが、じきにメタリカグッズ情報館のなかでレビューできればと思っています。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ来日を記念してメタリカのムックが続々発売予定
    ユニバーサル、メタリカの国内盤をスペシャルプライスで再発
    メタリカとガンズを肴に忘れられないヘヴィメタル忘年会開催
    ヘヴィメタル忘年会に行ってきました。その1
    ヘヴィメタル忘年会に行ってきました。その2

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    はいはい。
    出版社の回し者な感じで今宵も行きますよ(開き直り)。

    明日3月1日に発売されるロッキングオン4月号にてラーズ・ウルリッヒのインタビューが掲載とのこと。
    rockingon1203_2

    表紙はこちら。
    rockingon1203
    rockin'on (ロッキング・オン) 2012年 4月号


    メタリカ30年の歩みをラーズ・ウルリッヒ(Dr)が振り返る。「おちこぼれだった」と述懐する若かりし頃のエピソード、バンドを継続する秘訣、更にはリリースから20周年を迎える『メタリカ』完全再現ライヴの全貌まで語った貴重な最新インタヴューを日本独占掲載!

    ro69.jp(2012-02-29)

    インタビュアーは(もちろん)伊藤政則氏。昨年12月のサンフランシスコ・フィルモアでの30周年記念ライヴの真っ最中に行われた、ラーズとマサ・イトーとの関係だからこそ実現した独占インタビューとのこと。

    ちなみにMETALLIONで連続企画で行われている【鋼鉄名盤徹底ガイド】の第3巻、「百花繚乱の時代 1986 - 1988編」も明日3月1日発売です。

    metallion41
    METALLION vol.41


    内容は以下のとおり。

    <HM/HRをメインストリームへと押し上げ、新たな次元へと進化させた重大28アーティスト:BIOGRAPHY & DISCOGRAPHY>
    BON JOVI・WHITESNAKE・METALLICA・GUNS N' ROSES・DEF LEPPARD・MOTLEY CRUE・RATT・DOKKEN・IRON MAIDEN・JUDAS PRIEST・EUROPE・QUEENSRYCHE・HELLOWEEN・MEGADETH・SLAYER・ANTHRAX・DAVID LEE ROTH・VAN HALEN・AEROSMITH・OZZY OSBOURNE・YNGWIE MALMSTEEN・BLACK SABBATH・CINDERELLA・GREAT WHITE・POISON・TESTAMENT・EXODUS・LION

    <鋼鉄名盤ガイド1986-1988編>
    様々なアティテュードや創造性、オリジナリティに彩られた必聴の89アーティスト/89アルバム!

    <特別読物>
    ★メタル・ミュージシャン達によるチャリティ『HEAR 'N AID』の舞台裏
    ★米国に大騒動を巻き起こした『PMRC』:あのステッカー誕生物語
    ★日本のHM/HRが短期間に膨れ上がった時代

    シンコー・ミュージック(2012-02-28)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    BURRN! 2011年12月号の表紙はジェイムズ・ヘットフィールド

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    なんだか東スポみたいなタイトルになってしまいましたが、
    ネタ元は日本における「メタルゴッド」伊藤政則氏なので
    間違いはないでしょう。


    ネタ元


    昨日のPower Rock Todayでもメタリカ来日決定が
    言及されていたようです。

    日程も会場も決まっていない段階で軽々しく
    言えないですが、おそらく今年であれば10末〜12月
    (クリスマス前)かなぁなどと思っています。
    来年になってしまうかもですが。

    オセアニア公演がソールドアウトとなった今、
    その勢いそのままにアジアツアーのセッティングを
    ぜひすすめて欲しいですね。


    とらさん、情報ありがとうございます!

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    去る2009年4月23日、ソニー・マガジンから
    HR/HM名盤ガイドが発売されました。


    内容は伊藤政則氏の巻頭インタビュー、
    トップ・アーティスト・アーカイヴ 30、
    ピック・アップ・アーティスト 90、
    その他ディスクレビューなどなど。


    メタリカはトップ・アーティスト・アーカイヴ 30
    のなかでアイアンメイデン、ジューダス・プリースト
    に次いで3番目に紹介されてました。

    この順番は伊藤政則氏の好みが反映されているのかな
    とか勝手なこと考えてしまいましたが(笑


    最新刊だけあってメタリカについては『Death Magnetic』
    までしっかりフォローされています。



    巻頭カラーでスコッチを傾けながら伊藤政則氏が
    語っているように、ここ日本ではある種の縦社会のように
    ルーツをたどっていく聴き方よりも好きな音楽を
    ピックアップして聴いていく方が一般的なんでしょうかね。

    そういう意味じゃ、こういう名盤ガイド自体、
    そんな聴き方に対する「おせっかい的な」
    アンチテーゼなのかもしれません(笑


    ちなみに以前出ていたHR/HM名盤ガイドは
    シンコー・ミュージック刊行ですが、
    コレ持っていたら今度のソニー・マガジンは
    必要ないのかも。(最新情報まで網羅したい人は別ですが)

     


    関連記事
    メタリカ百科事典買いました!とか。
    メタリカ、活動初期の写真集発売。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    年始もてんやわんやしていてすっかり遅れてしまいましたが、
    以前こちらでご紹介したヘヴィメタル忘年会での「お土産」を
    プレゼントしたいと思います。


    福袋といっても中身モロバレなわけですがw


    プレゼントは2つあるので応募も2つに分けます。


    A賞は非売品の11曲入りサンプラーCD

    ヘヴィメタル忘年会特典サンプラーCD


    B賞は日本限定メタリカTシャツ(フリーサイズ)

    日本限定メタリカTシャツ



    抽選でそれぞれ1名の方に差し上げます。


    ただし、以前のポスタープレゼント企画同様、応募は今日現在、
    2009年1月6日19:00現在)まででコメントもしくは管理人に
    メッセージをいただけた方かつ、プレゼント届け先が
    日本国内の方に限らせていただきます。(コメントは裏日記も可)



    あと伊藤政則氏に誓って転売しない方限定で(笑



    また今回はアンケートも兼ねまして、


    ・メタリカ歌詞勝手に解釈論で取り上げて欲しい曲
    ・今後メタリカ情報局で取り上げて欲しいこと


    いずれか(または両方)と希望の品を書いて
    管理人宛メールフォームから送ってください。
    返信用のメールアドレスもお忘れなく。
    (コメントでの応募は受け付けませんのであしからず)


    応募締め切りは2009年1月23日23:00まで。


    いつもメタリカ情報局をご覧になっていて応募条件に
    該当しなかった方、申し訳ないっす。

     

    抽選の模様はまたメタリカ情報局でご報告の上、
    届け先の住所などのやりとりを送っていただいた
    メールアドレスからさせていただきます。


    以上、中身のわかるメタリカ福袋のお知らせでした。


    関連記事
    ヘヴィメタル忘年会に行ってきました。その1
    ヘヴィメタル忘年会に行ってきました。その2

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    遅ればせながら昨年末(2008年)にTVKの「RockCity」で放送された
    伊藤政則氏のメタリカインタビューで和んでみる。


    ジェイムズ・ヘットフィールド


    ラーズ・ウルリッヒ



    こうしてみてみると、ジェイムズ兄貴は以前のインタビューでは
    皮肉をきかせたコメントでうまくごまかしていた部分も
    最近では真正面で答えてもらっている印象がします。


    やっぱり、映画「Some Kind Of Monster」で映し出されたような
    いろんな葛藤を乗り越えてきたことが影響しているんだろうなぁ
    とか勝手に考えてしまいました。



    そして、ラーズさんはあいかわらずボディランゲージ交えた
    ベシャリが達者ですw


    インタビューでは来日公演についてはラーズ・ウルリッヒが


    「来年(ここでは2009年のこと)日本に行く頃には〜」


    なんてたしかにハッキリと発言していますが、
    ヘヴィメタル忘年会の経緯などをきく限り、
    日程・来日予定が決まっているわけではないみたいで。。


    でも、、、、期待しちゃいますよ!

     

    関連記事
    ヘヴィメタル忘年会に行ってきました。その1
    メタリカ来日公演が待ちきれないのでライブ映像を。
    『デス・マグネティック』完成直後のインタビュー(by伊藤政則氏)

    このページのトップヘ