メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:伊藤政則

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    先日お伝えしたとおり、2016年11月11日にTVK(テレビ神奈川)の「伊藤政則のROCK CITY」にてラーズ・ウルリッヒのインタビューが放送されました。今回のアルバムがどのようにして作られたのか語っています。ラーズ・ウルリッヒの表情とともにご紹介。

    IMG_20161113_155523

    −ニューアルバムを完成させた今の気持ちを語ってください

    アルバムが完成したら仕事が忙しくなるということだ。こうやって座って話さなきゃいけない。気分が良いよ。完成してからそんなに時間が経ってなくて6週間ぐらいかな?今日はMETALLICA HQの特別な日になる。叫びながら走って行ったグレッグ・フィデルマンがアルバムを完成させて4〜5週間ぶりに戻って来た。NYでやったライヴのミキシングをしてたのさ。また彼と会えて嬉しいよ。
    IMG_20161113_155558

    聴いてもらった2つの新曲に関しても反響があったし、アルバムを聴いてくれたジャーナリストや周りの人達は称賛してくれているしね。これは新しいアルバムを作る度にいつもマサに言ってきたことだけど、これがまだどうなるか分からない。まだ本当の意味での全体像が見えていない。今は全てが楽しいんだ。良い噂が回っているし、みんなハッピーでエネルギーに溢れている。

    先週ビデオの収録オークランドでしたんだが、車で橋を渡りながらある曲を聴いていたんだ。ビデオ収録の前にアレンジを覚えなければならなかったからね。完成してから3〜4週間ぶりにアルバムの曲を聴いたけど素晴らしかったね。生命力に溢れていてエネルギッシュでMETALLICAっぽい良いフィーリングで溢れていた。そんなこともあり収録現場にちょっと早めに着くことができた。今のところ良い感じだ。キャンペーンでキミには何度も会うと思うけど、きっとまた何年も掛けてこのアルバムを取り上げていく。そうしたら意見をまとめられると思う。
    IMG_20161113_155705

    アルバムを作る時って経験とその工程で結構ハイになるんだ。仕事をしているという気持ちと友人達と音楽を作り上げるという気持ちが良いフィーリングになる。僕が何か言えることでもない。数年待ってみないと分からない。『Death Magnetic』『St.Anger』と比べてどこにこのアルバムが位置するのか?これが一連の作品としてどうなるのか?今のところは良い感触だ。

    IMG_20161113_155734

    −『Death Magnetic』と比べるとずいぶん曲が整理されて、METALLICAらしいパワーがダイレクトに伝わってくるような気がしますが、その辺はどうですか?

    『Death Magnetic』は『St.Anger』以来のアルバムでリック・ルービンと制作した。『St.Anger』は橋渡し的なつなぎのアルバムだったと思う。僕らは4枚のアルバムを作った。『Load』『Reload』『Garage Inc.』『S&M』4年間で4枚作ったんだ。色々な問題がありそれから『St.Anger』ができあがった。『St.Anger』は実験的なものだという風にも見ている。また集まって自分達がどういうグループなのかというのを考えさせられたり、それを全て解決しようとしていた。それからリック・ルービンがやってきてあの部屋で何ヶ月も話した。自分達が何者で何をやっているのか、どこにいてどこにいくのか、そういったこと全てを話した。リック・ルービンは僕らにもっとクレイジーに作品が長くなるようにはっぱをかけていた。彼は馬鹿げた感じにしたらいいって言うんだ。彼流のクレイジーにしろ!ということだったんだと思うけど、それが制作時の感情だったような気がする。
    IMG_20161113_155841

    このアルバムはもっと短く、マサが言うように曲作りも簡素にクレイジーの度合いが少なく削ぎ落とした感じのものになっている。この前やったインタビューで初めて使った言葉だったんだけど、より“効率的”なアルバムだね。『Death Magnetic』はもっとこんな感じで大きく、そして新作は全てがより短くタイトな感じになっていた。『Death Magnetic』は何ヶ月も何ヶ月も掛っていないかもしれないけど、ミーティングをとにかくいっぱいやって色々話し合った。今作はミーティングなんてまったくなかった。とにかく集まってただプレイしはじめた。ミーティングも話し合いもない。とにかくやろうという感じだった。3/4ぐらいレコーディングが終わってから、このアルバムをどういう方向に持っていく?どういうものにしていく?という話になった。そこでアルバムをより短くタイトに削ぎ落とした感じにしていったんだ。でもミーティングみたいなものはほとんどやらなかった。

    僕はリックが大好きだし、今回の制作で何も変えたいと思わなかった。とにかくプレイし始めるということにメリットがあった。前に進んでいくというか、何て言ったらいいんだろう・・・よりオーガニックな感じに作っていった。自然発生的に出来上がり、頭でよりも心から出来上がっていった感じ。

    IMG_20161113_160126

    −2枚組にしてよかったと思います。1枚でも入る80分、2枚組にしたことで聴き手の集中力を保てるという効果が出たと思いますが

    制作後半の方、7月だったかな?これらの音楽をどうしようか?ということになってね。『Death Magnetic』は14曲レコーディングしてAグループに10曲、Bグループに4曲あった。最初に良いと思った10曲をアルバムにしてあとの4曲はその他の為に取っておいた。今回は13曲あって全ての曲がAグループに入ると思った。AとかBとかないと思ったんだよね。13曲全てをアルバムに入れたいと思った。2枚組にして人々に一息つかせる為に少し間を置いた。そして“Lords Of Summer”は昔からあった曲だけど、レコーディングし直してアレンジも少し変えている。“Lords Of Summer”は今回のアルバムには入らないと思っていた。この曲は他の曲とは違うテイストの歌詞で他の12曲と雰囲気が違っていたんだ。8月の終わりだったと思うけど、“Lords Of Summer”をデラックス盤に入れることにした。2枚組にしたのはマサの言うようにちょっとした間を与えるためというか、全く違うものだと捉えてもらえるかなと思ったんだ。2枚組なのでどのように聴いてもらってもいい。
    IMG_20161113_160312

    −1曲目の“Hardwired”は最後に作られた曲みたいなんですけど、とても短い曲ですね。何が足りなくてこの「Hardwired」をレコーディングしたんでしょう?

    5月ぐらいだったと思うけど、曲順と曲のアレンジを考え始めたんだ。レコーディングしたものを週末に聴いて、ジェイムズとグレッグにこう言ったんだ。オープニング曲みたいなものがないと。それで曲を作ろうということになり、またここに集まりジェイムズと僕で2〜3日で曲を作ってレコーディングした。ロブとカークはいなかった。凄い早い作業で楽に出来上がってね。オープニング・ソング完成!っていう感じだった。それで作業的には終わりでアルバムはほぼ完成した。これは次のアルバムを作るのに前途有望だ。短い曲を早い作業で書き上げた。今までの作業としてはこの曲とこの曲とこの曲を書いて、そしてこの曲のこことこの曲のこれを合わせてと大がかりなパズルをやっているような感じだった。色々なアイディアがあって常に音楽をつぎはぎして変えていったけど、“Hardwired”はこれだけが独立した曲だった。最初から最後までこれだけに尽くし、脱線することなく集中して書いた。最初から自立した曲作りだった。この週はこの曲以外のことは何もやらなかった。そんなことをやったのは久しぶりだった。最後にいつそんなことをしたかなんてまったく覚えていない。“I Disapear”以来、あれは独立して書いたものだけどあまりあることではない。つまり3〜4ヶ月前の最後にこの曲作りをした。次のアルバムの将来が明るいよ。これから25年先もね。今から20年かもしれないけどそれでも充分だ。
    IMG_20161113_160652

    ラーズ・ウルリッヒのインタビューは、11月18日(金)にも続きが放送されます。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    【オンエア情報】tvk「伊藤政則のROCKCITY」でラーズ・ウルリッヒのインタビュー放送予定
    「Rock City」にてサマーソニック2013で来日時のラーズ・ウルリッヒのインタビューを放送
    「Rock City」にてサマーソニック2013で来日時のラーズ・ウルリッヒのインタビューを放送(2)
    2013年最後のRockCityでラーズ・ウルリッヒのインタビュー放送

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    伊藤政則氏関連の情報が続きます。2016年11月11日(金)放送のtvk「伊藤政則のROCKCITY」にて、ラーズ・ウルリッヒのインタビューが放送されるとのこと。

    100409head

    このインタビューはbayfmのPowerRockTodayでも音声がオンエアされていましたが、映像として放送されます。また同日、「Hardwired」のMVも放送予定です。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    『MASA ITO presents "究極のHR/HM メモラビリア秘宝展"』オープニングイベント開催
    メタリカ新譜発売&『ヘドバン』vol.12 発売記念イベント開催決定!伊藤政則氏出演!
    伊藤政則のRockCityで放送されたメタリカ&ルー・リードのインタビュー(1)
    伊藤政則のRockCityで放送されたメタリカ&ルー・リードのインタビュー(2)
    2013年最後のRockCityでラーズ・ウルリッヒのインタビュー放送

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    音楽評論家、伊藤政則氏の全面協力により、タワーレコード渋谷店5Fフロア特設スペースにて『MASA ITO presents "究極のHR/HM メモラビリア秘宝展"』と題した企画展が2016年11月3日(木・祝)から期間限定オープンするとのこと。

    towershibuya

    以下、企画内容を転載。
    今回オープンする『MASA ITO presents "究極のHR/HM メモラビリア秘宝展"』は、数多くの世界的なバンドと広い交友関係をもち、ハード・ロック/ヘヴィ・メタルの第一人者である伊藤政則氏だからこそ出来るスペシャル企画。期間中、伊藤政則氏所有の貴重なお宝グッズの特別展示をはじめ、伊藤政則氏目利きによる選りすぐりのCDレコメンドコーナー展開やタワーレコード渋谷店5Fメタルコーナーとの連動企画、さらには『MASA ITO presents "究極のHR/HM メモラビリア秘宝展"』公式パンフレットおよびコラボグッズ[T-shirt 3,000円 + 税、ロックグラス 1,500円 + 税]の販売など、ここでしか体験できないスペシャル企画を実施します。

    bayfm78より

    コラボグッズはこちら。
    Tシャツ
    伊藤政則 × TOWER RECORDS T-shirt
    3,000円 +税
    サイズ:S,M,L,XL

    グラス-1024x633
    伊藤政則 × TOWER RECORDS ロックグラス
    1,500円 +税


    この企画展オープンを記念して、初日の11月3日(木・祝)16時からタワーレコード渋⾕店5Fにて、オープニングイベント(トーク&サイン会)を開催するとのこと。トークの観覧はフリーです。

    イベントの模様は、タワーレコード独自のストリーミング配信メディア〈TOWER REVOLVE PROJECT(タワー・レボルブ・プロジェクト)〉、呼称〈タワレボ〉で生配信されるとのこと。詳しくはこちらからどうぞ。
    http://www.towerrevo.jp/article/22592/

    メタリカのゴールドディスクなど普段拝むことのできないお宝グッズはぜひ拝見したいところ。展示替えも行われるということで何回か足を運ぶことになりそうです。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ新譜発売&『ヘドバン』vol.12 発売記念イベント開催決定!伊藤政則氏出演!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2016年11月18日(金)に発売されるメタリカのニューアルバム『Hardwired...To Self-Destruct』。その前日となる11月17日(木)、阿佐ヶ谷ロフトAにてメタリカをテーマに、世の中をヘッドバンキングさせるムック『ヘドバン』のトークイベントが開催されるとのこと。トークゲストは言わずと知れた伊藤政則氏。

    lofta161117headbang12

    イベント概要とチケットについての詳細を転載します。
    METALLICA8年ぶりの新作アルバム発売記念&『ヘドバン』Vol.12 発売記念
    『ヘドバン』presents「METALLICA大奉納祭」featuringセーソク先生!(伊藤政則氏)

    OPEN 18:30 / START 19:30
    前売¥2,500 / 当日¥2,800(共に飲食代別)
    前売はe+にて 11/3(木) 12:00発売!
    btn_buyticket

    【出演】伊藤政則
    【司会進行】小田切明宏/梅沢直幸(『ヘドバン』編集長)

    『ヘドバン』のトークイベントが約1年ぶりに阿佐ヶ谷ロフトAに帰ってきた! しかもン十倍ものスケールアップしたテーマと『ヘドバン』がもっとも待望んでいた登壇者…プレミアム・ゲストを連れて! ズバリ、テーマは…トークイベントの翌日である11月18日に約8年ぶりのアルバムを発売するMETALLICA!!! 完全にアルバム発売前夜祭仕様です! そして、この前夜祭という舞台にふさわしいゲスト…『ヘドバン』がずっとオファーし登壇を心待ちにしていた「俺たちのセーソク先生」こと音楽評論家の伊藤政則氏! セーソク先生とMETALLICAを語りあい、METALLICAのアルバム発売を祝い、METALLICAの名曲の数々を爆音で聞きお酒を飲む! こんな素晴らしいメタル・プレミアム/メタリカ・プレミアムなイベントはこの日だけ! 正直に言います。チケット完売必須です!

    ※入場者全員に『ヘドバン』Vol.12表紙ステッカープレゼント!

    Loft(2016-10-28)

    まさにメタリカのニューアルバム発売前夜祭。ひと足早く新譜についての話も聴けそうです。メタリカを特集している『ヘドバン』Vol.12もイベント同日の2016年11月17日発売。内容については、Amazon掲載の紹介文を参照。
    headbang12

    “METAL"の5文字を背負った2アーティストを大特集!!

    『ヘドバン Vol.11』では “メタル初体験"をメインテーマにし、2016年9月に発売された『ヘドバン・スピンオフ ヘドバン的「新しいメタルの歩き方」』ではメタル入門者向けにと、ここ2冊は新規のメタル・ファン獲得に邁進しましたが…『ヘドバン Vol.12』はガチな“METAL2本柱"で攻めます! 1つ目の柱は…11月に8年振りの新作が発売になるMETALLICA! METALLICAビギナーからマニアまでが納得する濃さとページ数で大特集します。2本目の柱はBABYMETAL東京ドーム公演! 活動の集大成でもあり過去最大規模となる東京ドーム2デイズを余すところ無く徹底レポート! “METAL"の魔法の5文字を名前に背負った…2016年のメタルを代表する“METAL"LICAとBABY“METAL"で『Vol.12』の殆どを覆い尽くす所存です!

    Amazonより

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    「ヘドバン vol.2」にて“俺たちのMETALLICA御柱祭”特集

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    先日のメタリカナイトで今年のメタリカを振り返って、なんとも濃いメタリカ・イヤーだったなと再認識した管理人ですが、やはり今年はサマソニでの来日公演と映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』という日本で直接体験できるものを提供してもらえたことが大きかったように思います。

    そんなわけでTVKで放送された「RockCity」のサマソニ来日時のラーズ・ウルリッヒのインタビューを。映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』について、まさに訊いて欲しかった部分をストレートに訊いてもらいました。

    まずは伊藤政則さんの前口上から。

    伊藤政則
    「どーも皆さんこんばんわ!伊藤政則です。RockCityの時間がやってまいりました。今夜もここHard Rock Cafeからお届けしてまいります。さて、今日は年内最後の放送ということで2013年を振り返ってみようと思います。皆さんの今年のベストライヴパフォーマンス・オブ・ジ・イヤー、2013年のベストライヴ何でしょうか?わたくしはですね、灼熱のサマーソニックで観たメタリカです!そしてやっぱりね、この秋口に3D映画、IMAX3Dで公開された「Through The Never」ですか、もあったりと今年1年間ねぇメタリカがシーンを牽引したという印象をわたしは持ちます。ラーズ・ウルリッヒのインタビューをごらんください。」

    そして、ラーズのインタビューを表情とともにどうぞ。

    001

    伊藤政則
    「ライブのシーンと、外のまさに映画の演じるシーンとこれを結び付けようと思ったきっかけは何だったんですか?」

    ラーズ・ウルリッヒ
    「単なるコンサート・フィルム以上の映画にしたいとは思っていたけどそれが何であるかはわかっていなかった」

    002

    「ドキュメンタリーにしたくなかったしMETALLICAのメンバーが役を演じる事もしたくなかった」
    003

    「そこでハリウッド方式で俺達と一緒にチャレンジしてくれる監督や脚本家を探したんだ」
    004

    「そしてニムラッド・アーントルを見つけて彼もクリエイティヴ・チームの一員になったんだよ」
    005

    「トリップとその突拍子もない出来事についてのストーリーを書いたのは彼なんだ」
    006

    「トリップにとっては不幸な夜だったよね。METALLICAの為に用事に遣わされたんだから」
    007

    「というわけで功績は彼にあるんだ」
    008

    「ストーリーを考えたのは俺達だけど脚本家、クリエイティヴなパートナーを調達する事にしたんだよ」
    009

    「俺は大勢の人に会った 中には超有名な人もいたけど」
    010

    「映画を作りたいバンドとストーリーをちょっとずつ入れて物語仕立てにしたいと俺が言うとみんな変な目で俺を見た」
    011

    「でもニムロッドは気に入って情熱を持ってくれたんで一緒にやる事にしたんだ」
    012

    「ちなみにトリップは主人公なんだよ」

    013


    そこの説明しないでトリップの名前出してたんかい!とツッコミたくなっちゃいましたが、、、ラーズの頭のなかでは映画を作る前からただのライヴ映画にするつもりじゃなかったというわけですね。「超有名な人もいたけど」のところで苦い顔をしていたラーズ。この映画は巨匠が撮るよりも、メタリカと一緒にチャレンジできるパートナーが必要だったことを考えると人選も最適だったのかなと思いました。

    Shieldさんオンエア情報ありがとうございます。

    おそらくこれが今年最後の更新となります。
    本年もありがとうございました!

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    「Rock City」にてサマーソニック2013で来日時のラーズ・ウルリッヒのインタビューを放送
    「伊藤政則のRockCity」にてラーズ・ウルリッヒのインタビュー放送とプレミア試写招待告知!など
    「Rock City」にてサマーソニック2013で来日時のラーズ・ウルリッヒのインタビューを放送(2)
    METALLICA NIGHT vol.7 開催のお知らせ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    世の中をヘッドバンギングさせるムックとして立ち上がった「ヘドバン」のvol.2にてメタリカの特集が組まれるとのこと。

    以下、Amazonから内容紹介を転載。

    第1号が大量重版となり話題沸騰の音楽カルチャー雑誌『へドバン』の2号目がついに登場!
    第2号もメタル! “俺たちのMETALLICA御柱祭"と題して、映画公開直前&サマソニありがとう&『KILL `EM ALL』の発売30周年記念なMETALLICAを巻頭大特集! 他にも“俺たちのBABYMETAL聖誕前夜祭"に“俺たちのCARCASS謝肉祭"に“俺たちのセーソク謝恩会"と、メタルのど真ん中を弄りつつ、第1号以上に過剰な熱量と暑苦しさと汗臭さ+斜めなテイストでメタルの楽しさを伝えます!


    Amazonより

    第1号は好評売り切れにつき重版された雑誌のため、早めに予約したほうがいいのかしらね・・・

    こちらは表紙画像アップされたら差し替え予定。
    headb2
    ヘドバン vol.2


    そんなわけで、管理人はヘドバン編集部の“あのバンド”ツイートに注目しきりです。
    https://twitter.com/savage_headbang

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    BURRN!12月号にラーズ・ウルリッヒ&ロバート・トゥルージロのインタビュー掲載
    BURRN!2013年10月号の表紙は創刊以来初のライヴ写真

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ボン・ジョヴィが表紙のBURRN!12月号に映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』に関するラーズ・ウルリッヒとロバート・トゥルージロ、さらに監督をつとめたニムロッド・アーントルのインタビューが掲載されています。B!誌による映画見所解説も。インタビューでは、ガッツリネタバレしている部分がありますが、聞かざるをえない質問でしたかね。もはやシナリオで魅せる映画ではないという認識でOK?(苦笑)

    burrn_201312
    BURRN!2013年12月号


    メタリカ関連で言えば、映画に絡んだインタビューに加えて、5月に亡くなったスレイヤーのジェフ・ハンネマン追悼特集としてロバート・トゥルージロのインタビューが4ページぎっちり収録されています。生前多くを語らなかったジェフの意外な素顔を明かしてくれました。

    あと表紙裏にメタリカ・スルー・ザ・ネヴァーの広告。そこにはあのお方の文言が。

    誰も成し遂げていないことをやりたい。
    その大いなるメタリカの野望が、
    『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』として結実した。

    伊藤政則/MASA ITO

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    BURRN!2013年10月号の表紙は創刊以来初のライヴ写真

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    TVK(テレビ神奈川)にて放送中の伊藤政則氏の番組「Rock City」にて先日のサマーソニックで来日した時に行われたラーズ・ウルリッヒのインタビューが放送されました。先日ご紹介した続きで映画のことを中心に語ってくれています。

    「Hey! Lars is here! You Watchin' Masa Ito's Rock City!」
    lars_1

    まずは映画と試写会の案内をする伊藤政則氏。

    さぁ!いよいよ11月22日、日本でもメタリカの映画「Through The Never」が公開されます!まぁ何と言ってもメタリカが築き上げてきた自らの屈強な精神性を、その、映画で表現したというねぇ。ただ単にライヴがすごいだけじゃない、ただ単に外で起こっている悪夢がすごいだけじゃない、メタリカというバンドの本当の凄みを今度我々はこの映画の中で体験することになります。しかもIMAX3Dという!嬉しいじゃないですか。さて11月14日木曜日、実はですね、109シネマズ川崎シアター7で試写が行われるんですよ。この貴重な試写にですね、この番組を見ているメタリカフリークの方を15組30名の方を11月14日木曜日の試写に!ご招待します!これは凄いことになると思いますよ!はい!たくさんのご応募お待ちしています。さぁそれでは映画についてラーズ・ウルリッヒのコメントをみてください!

    以下、テレビ画像とインタビュー文字起こし。

    伊藤政則
    「ボクにとってのメタリカは、誰もやらないことをやる。しかもスケールのデカいことをやる。そういうバンドという認識があるんですけど、映画「Through The Never」観ましたけど、まさにそういう映画ができたように思うんですけどどうですか?」

    ラーズ・ウルリッヒ
    「君、観たの?」
    lars_2

    「そうか、それは良かったありがとう・・・そうだといいんだけど。スケールがデカいかどうかはわからないけど、君も知っての通り、俺達は常に違うやり方をする様、心がけて来た。俺達の為、そしてファンの為でもあるけど、まずは何よりも俺達の為でファンがそれを認めてくれる事を願っている。」

    「さっきも言ったけど、色んな事をするのは俺達自身に対するチャレンジなんだ。でも俺達はすごくラッキーでクレイジーなプロジェクトを実践する為の資金に恵まれている。そっち方面の心配をしないでもいいのは贅沢だし、ものすごく幸運だよ。」
    lars_3

    「もちろん映画作りはすごくエキサイティングだけど、同時に気苦労も多い。かなりクレイジーだよ。レコード作り、音楽作りとはかなり違う。でも近頃のMETALLICAの生活は色んなクリエイティヴなプロジェクトをやる事であって、曲作りや音楽作りに限った事じゃない。」
    lars_4

    「だから頑張らないといけないけど、今回のは俺達がこれまでやった事の中で一番クレイジーだし、一番スケールがデカい。エキサイティングであると同時に恐ろしいよ。正直、ちょっと圧倒されたね。ひどく困惑した事もあったし、ちょっと大変な事もあった。」
    lars_5

    「何百という人が関わっている。それだけの作業が必要だからだ。でも俺達はあれほどの数の人に慣れていなかった。全て自分達でやりたがるからだ。和気あいあいとしたいんだな。それで必ずしも上手く行かない事がわかったけどね。全員が意見を持っていて、全員が参加したがっている。実に大勢の人が関わっていた。クレイジーだよ。でももちろんエキサイティングなんで、それを世界と分かち合えるのを楽しみにしているよ。」

    メタリカのコーナー最後は、「Through The Never」サウンドトラックから「Master of Puppets」


    セーソク氏の質問中に爪楊枝をいじるラーズ・・・(笑)
    lars_s

    ミーグリのときに咥えていたものと同じヤツですかね(笑)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    「伊藤政則のRockCity」にてラーズ・ウルリッヒのインタビュー放送とプレミア試写招待告知!など
    「Rock City」にてサマーソニック2013で来日時のラーズ・ウルリッヒのインタビューを放送
    ジェイムズ・ヘットフィールド、日本テレビ「ZIP!」出演
    2013年8月10日サマーソニック メタリカ Meet & Greet編

    このページのトップヘ