メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:ロバート・トゥルージロ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    インタビューPART2はカークと鶴次郎です。
    『LULU』制作過程についてさらに突っ込んだ話を聞くことができます。

    Q.このプロジェクトのきっかけと初めてこの話を聞いた時の印象は?

    カーク・ハメット
    「きっかけはルーとRock And Roll Hall Of Fameで共演した事だったんだ。当初ミーティングを持ち、ニューヨークでリハーサルをやったんだが、ルーと僕達はすぐに意気投合したんだ。始まってわずか10〜15分位でルーが「一緒にアルバムを作ろう」と言ったのを覚えているよ。僕達はみな賛成した。そこから8〜10ヶ月ほど早送りすると、まず元々のアイデアは僕達がルー・リードの曲をカバーするというものだったんだが、ある時点で彼が電話してきて『ルル』という戯曲の為に書いた歌詞があるんだがこれをコラボするべきだと言った。その時にはほとんど大体9割がたの歌詞は完成していたが、音楽はと言えばほとんど形が出来ていなかった。歌メロとギターコードの一部とモジュレーションが少し出来ていたに過ぎなかった。そこで僕達がやったのはそのギターコードを使って周りに音楽を構築して行った事だった。彼の書いた歌メロからギターリフを作ったりした。基本的にそういう事をやって、そのまま突っ走ってみたら気がついた時には10曲も完成していた。」

    Q.本作は歌詞から始まったという事ですが、メタリカとは全く違う制作過程をどう楽しみましたか?

    ロバート・トゥルージロ
    「素晴らしかった事はルーがメタリカをまた違う領域に連れて行ってくれたので、クリエイティブな面でインスパイアしてくれたという事だ。インプロビゼーション(即興)だ。ベーシックなアイデアを元に実際レコーディングしようと録音ボタンを押してから1テイクか2テイク位でやるというのがこのプロジェクトの本質でありルーの本質なんだ。これはもちろんメタリカとしてはこれまで入った事のない領域だったね。安全網が常にあるわけではないという事は僕達にとって素晴らしい経験となったし、歌詞を元にそのまわりにそしてそれが持つイメージに合わせて音楽を構築し全てが合わさって作られて行くので、その為に僕達は気を引き締め即興でやり最終的にはとても楽しい経験となったんだ。そして今、その音楽を聴くと僕達にとってマジックだと感じるよ。」

    カーク・ハメット
    「全てがとても速いペースで運んだんだ。これまで僕達がやってきたどのメタリカの音楽よりもね。」

    Q.7分、8分という長い曲がたくさんあります。中には17分なんて曲も...ファンの反応は気になりますか?

    bbb

    カーク・ハメット
    「アルバムを作る度に自分達の為にやっているんだ。自分達のクリエイティブな欲求やアーティスティックな欲求を満たす為に作るんだ。本作は特にメタリカのアルバムというわけでもないし、ルー・リードのアルバムというわけでもない。ルー・リードとメタリカのアルバムだ。だから根本的に違うものだ。それに従って評価されるべきであって、ルー・リードのアルバムとして評価出来ないし、メタリカのアルバムとして評価する事も出来ない。試しに聴いてもらってそれがどういうものか見てもらい、気に入ってもらえたらそれは嬉しいし、あまり自分には向かないなと思われてもそれはそれで問題ないよ。それが(僕達のキャリアの)最初からずっと僕達の考え方なんだ。素晴らしいアーティスティックなステートメントだと思うから気に入ってもらえたら嬉しいけれど、気に入ってもらえなかったとしても、それはそれで構わない。自分には向かないなと思っても気にしないでくれ。」

    ロバート・トゥルージロ
    「エキサイティングな事のひとつはこれをライブでやる可能性があるという事だ。聴いただけでは気に入ってもらえない人にも観てもらったら気に入ってもらえるかもしれない。中にはそういうセッティングに上手く合うものがあるからね。ルーはとてもパワフルだよ。彼は威勢が良くて存在感が大きい。」

    Q.今回の経験がメタリカとして将来的にどう影響すると思われますか?

    カーク・ハメット
    「今後、僕達が音楽を作って行くやり方に影響を与えるのは確かだと思うね。もちろんだよ。最初はいっぱいいっぱいだったし少し怖かったけれど最終的には上手くいった。素晴らしい結果が得られ、良いサウンドが出来たし、リアルなサウンドとなった。それはルーがとても慎重に捉えている点のひとつだったんだ。彼は自然発生したような新しいサウンドを求めていて曲がピュアであるように心がけている。オーバーダブを多用したりしたくないし、一旦レコーディングされたものをあまりアレンジし直したり、いじったりしたくないと思っている。その瞬間を捉えたいと思っているんだ。実際にこのアルバムで多くの美しい瞬間を捉えることに成功したと思う。そういう姿勢は今後、僕達のアルバムのレコーディングをする時にもそこにあり続けると思うよ。」

    こうしてインタビューを見ていくと『LULU』のキーワードは「歌詞」「インプロビゼーション(即興)」「スポンタニアス(自然発生的)」かもしれませんね。

    歌詞と言えば、Loutallicaのサイトで既に『LULU』収録曲の7曲分の歌詞が公開されています。
    http://www.loureedmetallica.com/

    写真とか後で追加するかも。画質悪くてすみません。

    lulu_cover_lg
    LULU

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    伊藤政則のRockCityで放送されたメタリカ&ルー・リードのインタビュー(1)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    BIG4公演の裏で鶴次郎ことロバート・トゥルージロが
    けっこう大事なことをポロッっと告白。

    ラジオ局(93.7 KCLB Rocks!)のインタビューで
    次作にまたリック・ルービンと組むのかと
    問われて鶴次郎先生、こう答えています。

    「うん。俺はリックと働くのが大好きなんだ。
    リックは俺にとってはメタリカに今必要とされている
    禅の導師みたいなもんだよ。信じられないほど
    うまくやっているし、新曲を書くのに本当に
    エキサイトしているからね。今のメタリカの
    辞書にリフ不足の文字はないよ。それはさらに
    良くなるってことでしかない。

    (メタリカと)リックとの最初のアルバムは
    俺にとっても最初のアルバムでもあった。だから
    いろんな方法を試したんだ。今はリックや彼の
    とてつもないエンジニアでスレイヤーや俺たちの
    最新アルバムも一緒にやったグレッグ・フィデルマン
    とやるのが心地いい。俺のヒーローであり素晴らしい
    チームなんだ。ホント良くなってきているって思う。
    だからすっごいエキサイトしているんだよ。

    俺たちはもう1枚一緒にやるってことだよ。
    需要があるんだと思う。新しいファンを獲得したし、
    (メタリカの新しい曲を)待ち望まれているんだ。」


    BLABBERMOUTH.NETより(2011-04-24)

    以下がインタビュー動画。


    プロデューサーら製作陣は変わらないと言うことでやはり、
    デス・マグネティックの延長線上にある新譜になりそうです。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    リック・ルービンがクビにされそうな件。
    「リック・ルービンとはまたいつか一緒に」ラーズ・ウルリッヒ語る。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    NME TVのインタビューにて鶴次郎ことロバート・トゥルージロが
    スラッシュ四天王ツアーのきっかけ、そして初日前夜に
    バンドメンバーだけのディナーをとったことを語っています。



    以下、インタビューから日本語訳にて抜粋。

    「メタリカがスレイヤー、メガデス、アンスラックスと
    最後に一緒にライブをしたのはいつだい?」


    とメタリカの他のメンバーにたずねたロバート・トゥルージロ。

    「そうすっと『俺たちはギグをみんな一緒にやったことはない。
    もちろん、これらのバンドとはそれぞれ他の機会に一緒に
    やったことはあるんだけどね。』みたいな答えだった。」


    「しばらく経って、この話が再び持ち上がったのは、俺が思うに、
    デス・マグネティックの完成前後だったよ。それからジェイムズ
    がたいまつを掲げて走ったんだ。まずマネージメントとラーズから
    この(スラッシュ四天王ツアー実現の)種を数人に植え始めたんだ。」

    「いったんラーズの頭んなかがその話でもちきりになったら、
    コトは動き始めたんだ。」


    「すべてのバンドがこの話には乗り気だった。
    タイミングもバッチリだったんだろうね。
    みんな新作をリリースしていたし、機運も高まっていた。
    実際、メタルもそういう機運だったしね。」

    「この今がふさわしい時期だったんだよ。
    やってみなきゃわからないもんな。今から1年か2年先だったら、
    それほど意味をもたなかったかもしれないし、数年前でも
    さほど意味をもたなかっただろうね。」

    「昨晩(6月15日)、俺たちは他の3バンドと夕飯をともにしたんだ。
    すばらしかったよ。バンドメンバーだけでね。手狭な環境、
    小さいレストランでさ。テーブルも小さいんだ。各テーブルに
    4人だったかな(笑)だから俺たちは本当に一体となった
    絆みたいなものをもったんだよ。」

    「トム(・アラヤ)とは、たぶん8年ぐらい会ってなかった。
    デイヴ・ロンバートとは最近会ってたし、ケリー(・キング)とも
    会ってたかな。(デイヴ・)ムステインとは12年ぐらい会って
    なかったんじゃないかな。10年間かもしれない。
    でもラーズとジェイムズにとっては、何よりもデイヴ・ムステインと
    また接触することが本当に大事なことで、彼らにとって
    重要なことなんだ。」

    「いったん入り込めば、会話が途切れるなんてなかったね。
    難しかったのは、(話込んでしまい)次のヤツのところまで
    いくことかな。話していて相変わらず、すばらしかったんだ。」



    バンドメンバーだけのディナーで撮られたと思われる全員集合写真。
    Big4全員集合(2010)



    まさしく同窓会って感じです!

    【追記】
    「写真の誰が誰かわからん」との声をいただいたので
    追記します。(写真左から)

    フランク・ベロ(Anthrax)
    トム・アラヤ(Slayer)
    ロバート・トゥルージロ(Metallica)
    ジェイムズ・ヘットフィールド(Metallica)
    カーク・ハメット(Metallica)
    ラーズ・ウルリッヒ(Metallica)
    ケリー・キング(Slayer)
    デヴィッド・エレフソン(Megadeth)
    チャーリー・ベナンテ(Anthrax)
    デイヴ・ムステイン(Megadeth)
    スコット・イアン(Anthrax)
    ジョーイ・ベラドナ(Anthrax)
    デイヴ・ロンバード(Slayer)
    ロブ・カッジアーノ(Anthrax)
    ショーン・ドローヴアー(Megadeth)
    クリス・ブロデリック(Megadeth)


    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ、スラッシュ四天王ツアーを企画?
    ロバート・トゥルージロ、スラッシュメタル四天王ツアーの噂を認める?
    スラッシュ四天王のライヴ開催決定!(今度は本当。)
    スコット・イアン、スラッシュ四天王ツアーで「Orion」全バンドでセッションを提案。
    スラッシュメタル四天王ツアーはやっぱり6月で打ち止めみたい (´д`;)
    スラッシュ四天王ツアー初日のセットリスト。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    すごいタイトルですが、、ホントにロバート・トゥルージロには
    頑張って欲しいんです。
    新作にはガンガン前に出てきて欲しいってのはもちろんのこと。


    こんな一件があったので。。。



    メタリカが2006年3月、南アフリカでライブを行ったその最終日。
    まずは、それを伝えた2種類の報道記事を見てもらいたい。


    ひとつめの記事↓
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    (前略)ケープタウンのショウはさらに良くなっていた。


    しかし、3曲目の"Harvester Of Sorrow"のところで、総てが崩れ始めた。
    突如、電源が落ち、メンバー達はステージに立ち尽くした。
    すかさずジョークを飛ばしたのはロブである。
    (「請求書の支払いを忘れたのは誰なんだ?」)幸い、5分かそこらすると、
    PAは復旧した。"Harvester Of Sorrow"を無事に演奏し終えて、
    ジェイムズ「ここのヤワなスピーカーには俺達はメタル過ぎたってことかな」
    と笑った。


    (後略)


    引用元:『BURRN!』2006年6月号ライブレポート記事
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



    そしてもうひとつの記事↓
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    先日、南アフリカ公演を終えたメタリカだが、
    最終日に予期せぬハプニングがあった。


    The Starによれば、25日のコンサート中に突然、サウンドが途絶えた。
    これは同国で最近多発している停電によるもので、場内が闇に包まれ、
    観客は持参のライターで急場をしのいだという。10分ほどで復旧したが、
    この停電にジェイムス・ヘットフィールド(Vo)が
    「電気代を払ってないんじゃないか?」とジョーク。
    彼はまた、機材が「メタルに耐えられなかったのかも」とコメントしている。


    (中略)


    T.Kimura


    引用元:BARKS(2006-03-27)
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    ・・・ん?ん!?
    最初のジョークを言ったのがロブからジェイムズにすり替わってね?



    記事の信憑性から言ったらライブのセットリストから演出方法まで
    こと細かに伝えている『BURRN!』に軍配。


    もし、ジェイムズが「電気代を〜」を言ったとしても、
    電源落ちて、すかさずジョークかましたロブたん(鶴次郎)を無視するねぇい!
    汗っかきのゴリラーマンだけど頑張ってんだぞ!(フォローになってねぇ



    さらにジェイムズがもし「電気代を〜」のくだりを言ってなかったら
    ひどい話だわ。。
    編集者が「あっそれジェイムズが言ったことにしたほうがおもろいわ」


    みたいな!みたいな!
    ロバート・トゥルージロが新作で存在感を見せればこんなことは
    絶対なくなるはずなのだ!


    というわけでこのブログは鶴次郎を全面的に応援しています。
    (そんなこと言っといて新作コケたらあっさり見放す最低なヤツです。)


     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    2003年に新加入したベースの鶴次郎ことロバート・トゥルージロ。
    いまでこそ日本語表記は「トゥルージロ」に統一されたようだが
    スイサイダル・テンデンシーやオジー・オズボーンバンド在籍時、
    そしてメタリカに加入したての頃はその表記はバラバラ。

     

    トゥルジーロトゥルヒーロトゥルーヒロトゥルヒーヨなんて表記も。

     

    英字で書くと「Trujillo」なんでトゥルージロが正解にも
    思えるが、発音的には否!否!

     

    彼の出身地であるサンタモニカは英語の他にスペイン語が行き交う
    場所でもある。(鶴次郎さんはヒスパニック系なのだろうか?)
    そしてスペイン語では「ji」は「ヒ」と発音するのだ。
    もっとわかりやすい「j」の発音例で言えば「jose」は
    「ジョセ」ではなく「ホセ」である。

     

    ※ちなみに「ジョゼ」と「ホセ」は関係ない(何

     

    と、なるとやはり日本語表記的にはトゥルヒーロがより発音に近い
    と思われるわけで。。(『北の国から』の黒板純風に)

     


    Q:じゃあメンバーはなんて呼んでいるんだろう?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    A:ロブ


    ・・・ロバートの短縮形じゃトゥルージロの表記問題は解決しねぇ!!

     

    よし、、こうなったらライブのときのジェイムズがやる
    メンバー紹介をレッツ・リッスン!

     

    で「Orion」の冒頭、ベース紹介!



    「ロバート・トゥルヒーロー!!!」

     

    ほら〜!!やっぱ「トゥルヒーロ」じゃん!!
    まぁもうここまで「トゥルージロ」で表記が統一されてしまうと
    ここからひっくり返すのは困難ここに極まれり。

     

    ってことでもう「鶴次郎」で良くね?(投げやり

     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします! 

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メタリカの新たなベーシスト、鶴次郎ことロバートの
    プロフィールを書いていませんでしたね(汗

     

    よく知らないこともあるんですがわかる範囲で
    また『Garage INC.』のライナーノーツ風仕上げでどうぞ。


    パート:ベース

     

    担当:堅実かつアグレッシヴかつファンキーなプレイで
    メタリカをさらなる次元にもっていく(ことを期待

     

    誕生日:1964年10月23日

     

    出身:カリフォルニア州サンタモニカ

     

    身体的特徴:身長175cm、体重82kg、茶色の目、長い黒髪、ゴリラーマン

     

    結婚:既婚、子供2人

     

    :スバルのアウトバック(日本車ですか!

     

    好きな食べ物:バナナが好きそう(勝手な想像

     

    好きなスポーツチーム:見るよりやる方が好きそう(勝手な想像

     

    メタリカ以前:スイサイダル・テンデンシーズ、ブラック・レーベル・ソサエティー、
    オジー・オズボーンズバンド

     

    好きなもの:サーフィン、スノーボード、5弦ベース

     

    よく聞くもの:イエス、ピンク・フロイド、スクエア・プッシャー、パコ・デ・ルシア、
    サンタナ、 ロビン・トロワー、ディープ・パープル、カーカス、アル・グリーン、
    ボストンなどジャンルレスで。

     

    ヒーロー:ラリー・グラハム、レッド・ツェッペリン、オジー・オズボーン

     

    初めてのコンサート:?

     

    好きな映画:羊たちの沈黙、パルプ・フィクション

     

    自分評:汗っかき、穏やか、意外と冗談もイケる口、ゴリラーマン
    すんませんまた勝手に書きました(汗


    ちなみに本名長いですね。
    ピカソと比較したくなるくらい。

     

    ロバートの本名:
    Roberto Agustín Miguel Santiago Samuel Trujillo Veracruz

     

    ピカソの本名:
    Pablo Diego Jose Francisco de Paulo Joan Nepomuleno
    Maria de los Remedios Cipriano Santisima Trinidad Ruiz y Picasso

     

    ・・・すんません。
    ピカソの圧勝でした(笑

     

    そんなこんなで鶴次郎さんも誕生日(10月23日)で検索。

     

    誕生花:ミニバラ(花言葉「特別な功績」
    誕生石:アメシスト(宝石言葉「心の平和」

     

    同じ誕生日の人:
    ペレ(ブラジル・サッカー選手)
    矢部浩之(ナインティナイン)


    誕生花→特別な功績メタリカの次作にもたらすことを期待!
    誕生石→メタリカにすでに心の平和をもたらしてます!
    誕生日→ペレやべっちって一緒の誕生日だったんだね。

     

    って誕生日のコメント、鶴次郎さんと関係ねぇ!


     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

    このページのトップヘ