メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:ラーズ・ウルリッヒ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メガデスのデイヴ・ムステインがRollingStoneの「我が人生の15曲(My Life in 15 Songs)」という企画で各曲について語っています。そのなかでメタリカに関係する話もしていたので抜粋して管理人拙訳にてご紹介します。

    Megadeth_DaveMustaine

    「Ride the Lightning」

    聴けば誰が作曲者のリフかってことがわかるリフがある。俺が曲を書いた時の話をしているんじゃない。「Ride the Lightning」と「Leper Messiah」のある部分と1stアルバム(『Kill 'Em All』)のあらゆるところで、メガデスのギタープレイに似てると言える些細なものがある。楽器で出来ることがこんなにもたくさんあるんだとわかるよ。彼らはあれで素晴らしいことをやったと思う。

    俺は「Ride the Lightning」の全部を作曲したわけじゃない。ラーズがメロディックなイントロを書いて、次のパートを俺が書いた。その次のパートも俺が書いた。そのまた次のパートからはまたラーズのパートに戻ってまた俺の3つのパートに戻るって具合で当時は・・・誰が楽譜を付けていたんだろう?

    ずいぶん前に俺の曲を使う彼らのことは乗り越えた。そんなクソみたいなことに執着することもできれば、放っておくこともできる。何も変わらない。2つの素晴らしいバンドがあるんだ。俺たちは友だちだ。コトが起きちまった。クソだ。俺は1850万ドルの訴えを起こしたエレフソンを許したし、俺の曲を使った彼らについても許すことができる。(中略)彼らは凄いことをやったと思う。本当に俺は彼らを誇りに思っているよ。

    1985年に『Killing〜』アルバムを出す頃には、ふんぎりがついていた。でも俺の気持ちのなか、彼らに見せる機会のなかった俺のカタログのなかには、このことがずっとあった。俺たちはあのバンドとともにとても単純化した道を進んでいったんだ。誰が言ったかは思い出せないけど、誰かがとてもうまいことを言っていたよ。「メタリカにとってのラモーンズって、メガデスにとってのクラッシュみたい」ってね。おそらく俺が聴いたなかで一番よくできた表現のひとつだと思うよ。もうひとつの比較として「メタリカにとってのアイアン・メイデンって、メガデスにとってのレッド・ツェッペリンと同じ」ってのも見たことがある。「そいつは本当に良い見方してるな」と思ったね。俺たちはもう少し曲展開が複雑だから。



    「Mechanix」

    俺がメタリカにいた前から「Mechanix」を書いていた。メタリカに加入した時、俺たちは曲をたくさん持ち合わせてはいなかった。・・・だからキリング・ジョークやスウィート・サヴェージの曲やダイアモンド・ヘッドの曲からたくさんカヴァー曲をプレイしていた。そしてオリジナル曲もやっていた。

    歌詞は欲情したガソリンスタンドの店員について。なぜなら俺がそうだったからな。俺はハンティントン・ビーチに住んでいるティーンエイジャーで、女の子たちがビキニ水着で高い車に乗ってガソリンスタンドにやってきていた。クソッふざけてんのか?って思ったよ。フルサービスを頼まれた時には、彼女たちがビキニで座っているところで窓を拭きながら彼女たちをチェックするようになる。彼女たちは少しも嫌がっていなかったと思うね。もしそうだったら、窓を何かで覆うだろうから。大好きな車と接することができて、同じく大好きな女の子を見ながらできる仕事となれば、もうホルモン増強剤を打たれたキッズだよ。だからそれが曲になったようなものだな。

    「Mechanix」はある日、俺がクリフ・バートンと一緒にリハーサルに行った時に弾いていた曲だった。ラーズがやってきて「おぉ、じゃあ、このパートを変えようぜ」ときた。俺はクリフと車のなかでレーナード・スキナードを聴いていた。それで俺は「OK、「Sweet Home Alabama」を弾いてみよう」って思ったんだ。ラーズは絶対知らないだろうからね。そしたらアイツは「マジか、それはこれまでで一番すげぇパートだぞ」って。俺は「おいおい、マジで言ってんのか?」ってなったよ。だからはじめに「Mechanix」に「Sweet Home Alabama」が合わさったのが、今はなじみ深い「The Four Horsemen」ってわけだ。

    ジェイムズがあの曲と「Jump in the Fire」の歌詞を大きく書き直した。あの曲も書き直していたんだよ。「Mechanix」ほどじゃないけど、彼はあの曲にたくさんあった、性的な意味を暗示させるような表現が好きじゃなかったんだ。だから「jumping into a pit」って俺が言ってたところを「jump into the fire」っていうもう少しぼやかした表現に変わった。何にでも取れるようにね・・・。「pit」って言ったら、ひとつだからな。

    俺がメガデスとしてレコーディングしたバージョンの「Mechanix」は「The Four Horsemen」よりも速い。それは間違いない。あれはアイツらとやってたものとはかけ離れているんだ。その時にはすでにムカつきながら弾いていたからね。



    「In My Darkest Hour」

    クリフ(・バートン)が死んだと聞いた時に書いた曲だ。俺の友人の"メタル"マリア・フェレーロが電話で彼がバス事故に遭ったと教えてくれたんだ。俺はムキになってた。俺は「何てヤツだ、オマエは俺たちがバンドで兄弟だったとよく知ってたはずだ。彼が死んだと他の誰かに電話させなかったのか?」と、胸糞悪く取ってしまった。あの悲嘆に暮れて人がおかしなことをするってことは今は理解できるようになった。だから俺は彼女が俺に電話をしたことに対する自分の考えを改めた。でも当時の俺はとても怒っていて、一気に曲を書き上げて、出来る限りの速さで歌詞に取り組み始めた・・・。あれは本当に痛みを伴う作曲だったよ。

    クリフと最後に話したのは、たぶん俺が行っていた奇妙なショーでだったと思う。アイツらはまだ俺のことを恐れていたから、俺はバックステージパスをもらえなかった。俺はいつもアフターショーのパスをもらっていたから、臆病なヤツらだと思ったよ。俺たちはコンサートに行くたびに、俺とエレフソンはコンサートを観た後、彼らがパーティーをしているところに招待されていた。俺はパーティーには行きたくなかったけど、友だちに会いに行ってつるみたかったんだ。でも俺たちは友だちじゃないと思った。俺がクリフと最後に話したのはおそらく彼らがアメリカでやっていたショーのうちのひとつだったと思う。

    曲のなかの"Darkest Hour"は、独りぼっちだとわかった俺のことだ。歌詞は俺のミューズであるダイアナについて(笑)。「Loved to Death」の時に付き合っていたのがその女性だった。俺が作曲した「Tornado of Souls」「Trust」「This Was My Life」「99 Ways to Die」も全部彼女についての曲だ。俺はカミさんと愛情に恵まれてとても幸せだけど、俺の心の奥底に入り込んでしまっている唯一の他の人間がいるってことだな。俺たちはみんな本当に恋に落ちるっていう関係を持った誰かがいると思うんだけど、それは必ずしも続くわけじゃないんだよ。

    あの曲はたくさんの感情を呼び起こす。あれを最初にプレイしたのはクリフの両親が俺たちのショーに来た時なんだ。スタジオやリハーサルではできていたんだけど、彼らがそこにいたらやり通すことができなかった。あんな気持ちが沸き起こるとは思いもしなかったんだ。なんだこの感情は?って感じだった。曲をやっていたら突然、俺たちはコントロールが効かなくなっていたんだ・・・。クソッ、でも本当のことだよ。俺は彼にさよならを言うチャンスがなかった。彼がどこに埋葬されたかさえ知らなかったんだ。(中略)でも彼とは天国で会えるだろう。それはクールなことだ。少なくともそう信じているよ。



    「Hanger 18」

    「Hanger 18」は俺がメタリカに入る前のバンド(パニック)から持ってきた曲なんだ。「N2RHQ」と呼んでいた。別の惑星の環境についての曲で、メタリカに入って形を変えてあの曲をやろうか決めようとした時、パニックの時のように、俺はメガデスで再検討するまで待つことにした。(その頃には)「Rust in Peace ... Polaris」も完璧に仕上がっていた。当時は「Child Saint」と呼んでいた。もしアイツらに見せていたら、メタリカはたぶんレコーディングしていたんじゃないかな。

    歌詞は「エリア51」についてで、ニック(・メンザ)が書いたものだ。彼は地球外生命体を信じていた。俺は違うけどね。俺は精神的な世界があると信じている。見えるものと見えないものがあるけど、宇宙人に関しては俺は観たことがない。なのにどうやって知るって言うんだ?可能性はあるだろう。素晴らしい曲の素材を作ったなと思ったね(笑)。(中略)

    コードやコードの動きは(メタリカの「The Call of Ktulu」に)似ているけど、全く同じなんかじゃない。インターネットで4つのコードの曲を調べたら300曲だか400曲はみつけられるだろう。「The Call of Ktulu」は完璧に、100%俺の曲だった。彼らが(デモタイトルの)「When Hell Freezes Over」から変える前のあの曲は、全ての音符を俺が書いたんだ。彼らは途中に引き延ばした部分を付け加えた。あれがどこから来たのかはわからない。あれを初めて聴いた時は奇妙な感じだったよ。オーケストラみたいな転調を持ち合わせていたからね。あの部分は俺を大層感動させたもののひとつだった。「おいおい、あの部分が加わって俺の曲が本当にとてつもないものになったぞ」って思ったね。


    RollingStone(2017-01-11)

    かなり早い段階で後の名曲を書いていたのをうかがい知れます。デイヴがメタリカ在籍時に当時持っていた曲を全て披露していたら、それもメタリカの曲になってしまったのでしょうか(笑)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    デイヴ・ムステイン、『Hardwired...To Self-Destruct』のレビューでBIG4ツアーの可能性に触れる
    デイヴ・ムステイン、メタリカとの関係について語ったカーク・ハメットの発言に反応
    デイヴ・ムステイン、お気に入りのメタリカの楽曲を語る
    デイヴ・ムステイン「ジェイムズにメタリカ復帰を誘われたらどうする?」の問いに回答
    スコット・イアン、メタリカのデイヴ・ムステイン解雇、カーク・ハメット加入の逸話を語る。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    プロレスラー、ミュージシャン、俳優などマルチな活動を行っているクリス・ジェリコのPodcast「Talk Is Jericho」にてラーズ・ウルリッヒがクリフ・バートンとのエピソードを語っています。GuitarWorldさんの文字起こしを管理人拙訳にてご紹介。

    Lars_Jericho

    『Kill 'Em All』と『Ride The Lightning』の違いに耳を傾けると、明らかに大きなものがある・・・"パレット"が広げられたね。

    それまでハーモニーやメロディーを試してみたことはなかったんだ・・・「For Whom The Bell Tolls」でのメロディー、「Fade To Black」でのとてもメロディアスなアウトロ、そういったものは全部クリフが持ち込んだものなんだよ。「Fight Fire with Fire」のイントロも大体は彼のアイデアだ。全ては彼が持っていたクラシックの素養から来ているものだね。

    彼はクラシック音楽を学んでいたし、バッハやベートーベン、チャイコフスキーについてじっくり話すことができた。1981年にジェイムズ・ヘットフィールドと俺はクラシックな試みについて多くを語るなんてことはしなかった。わかるでしょ?(笑)俺たちはもうちょっと狭いモノの見方をしていた。クリフは、(音楽的な)エネルギーや攻撃性が大好きだったけど、アイアン・メイデンの大ファンではなかったと思う。覚えているのは、当初、バスでツアーを廻り始めた頃に俺はメイデンか何かの曲を流していたんだ。彼がヘドバンするために自分の席から出てくるなんてことはなかったよ(笑)。

    俺がメイデンとかダイアモンドヘッドの曲を流すと、彼は(ZZトップの)『Rio Grande Mud』とか『Deguello(皆殺しの挽歌)』とか俺が聴いたことのないイエスのアルバムとかを流していた。俺は「ん?」って感じだったよ。座ったまま、ジェスロ・タルとか流し続けたり・・・彼が大好きだったバンドのひとつがポリスだった。彼はいつもポリスの曲を流していたんだ。

    彼のネットワークは本当に広くて、メタルバンドにいたらこうあるべきみたいなものには捉われていなかった。明らかにジェイムズと俺は当時、そういうものから卒業できていなかったんだ。

    クリフが残したものって、当時一番音楽的に変化のあったものなんだよ。「クリフだったらこれをしなかった、あれをしなかった」なんて言う人もいるけど、会話のできる相手じゃないね。そんなことは俺たちだってわからないんだから。「Enter Sandman」で考えてみれば、あれは素晴らしいリフだし、(ジェイソン・)ニューステッドと一緒にたくさんのことを試して、何て言うか、ずっと8分音符で打ち鳴らしている。それがあの曲でうまくいっているんだ!クリフが「チクショー!俺はあんなことやらないぞ!」なんて言ったとは思わない。彼のやったことは、曲にとって何がベストなのかってことだったからね。


    GuitarWorld(2017-01-06)
    インタビューでのフル音声はこちらから。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    カーク・ハメット、「Ride The Lightning」、クリフ・バートンとの逸話について語る
    Bass Guitar Magazine最新号にてクリフ・バートンが表紙に
    ダークサイドなメタルカルチャーをバックボーンに持つ「CVLT Nation」からクリフ・バートンTシャツ発売
    クリフ・バートンの命日に合わせて、クリフ在籍時のライヴ音源が無料公開
    ジェフ・ハンネマンに捧ぐ、ゴールデン・ゴッズ・アワーズ2013のステージ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    「Revolver」の2016年12月号でジェイムズ・ヘットフィールドとラーズ・ウルリッヒが『Hardwired...To Self-Destruct』と前作の『Death Magnetic』を比べた話をしていました。管理人拙訳にてご紹介します。

    metallicacoverrevolverdec2016

    ジェイムズ・ヘットフィールド
    俺たちが今どこにいるのかが正確に記録されている。以前のものと比べたくない。あれはあれ、これはこれだ。最初に考えていたのは「簡素」だったかもしれない。もっと簡素にしたかった。だから『Kill 'Em All』とよく言っていたね。ブラックアルバムは曲の面では他のものよりシンプルなところもあるけど、あのアルバムのプロダクションはかなり複雑で本当に重層的だった。新譜は『Death Magnetic』よりもちょっと重層的なものにしたかったけど、もっとシンプルにしたいとも思っていたんだ。もっと耳ざわりの良いものにしたいとね。『Death Magnetic』はとてもパワフルで大好きだけど、かなり耳を酷使するところがある。今回のアルバムはラウドでパワフルなんだけど、より温かい感じに聴こえるんだ。

    ラーズ・ウルリッヒ
    (プロデューサーの)グレッグ(・フィデルマン)が2007年に俺たちと関わるようになって以来、彼は全てのプロジェクトにいる。『Death Magnetic』、『Through The Never』、ディープ・パープルやレインボー、アイアン・メイデンのカヴァーをやった。ルー・リードとのアルバムもだ。リック(・ルービン)が関与していなかった頃には、メタリカのサウンドをふさわしい音にするのに少し自由を感じていたかもしれないな。

    ジェイムズ
    俺たちは彼のサウンドと彼が映画(『Through The Never』)でとったアプローチを楽しんでいた。『Through The Never』のサウンドはとても温かくパワフルな音で容易くアガる。それが今回俺たちが目指していたところだ。グレッグがステップアップしてね・・・

    彼を称賛しないといけない。俺たちと一緒にやるってのは簡単な事じゃないからね(笑)。ラーズと俺の間に飛び込むのはかなり厳しいものがある。彼はキャスティングボートを握ったり、審判になったり、まぁどう呼んでもいいけど、良い仕事をした。つまりアイツはとても穏やかで、クソ野郎になることなく自分の意見を伝えられるんだ。俺たちの前ではいつも慎重に振る舞わなくちゃいけないわけじゃないけど、ラーズと俺はかなり折れたと思う。ずいぶん減ったよ・・・口論のことを言っているんじゃなくて、どう進めていくべきかについて意見の相違のこと。俺たちは本当に彼を信頼していたからね。


    ラーズ
    実際、『Death Magnetic』の制作過程とは真逆だったよ。あのアルバムで、俺たちは早い段階でリックに会っていた。彼が北カリフォルニアまで数週間おきにやってきては一緒に音楽を聴いて、俺たちの歴史や未来、俺たちが何者なのかについて話していたんだ・・・

    あれは深くてクールで興味深いものがあったね。リックは俺たちにこれをやってみろ、あれをやってみろと俺たちを促していた。過去を受け入れるのを恐れることはない、これまでやってきたことから触発されていいんだってね。だからあのアルバムでやったことについては、とても体系づけられて考え抜かれたアプローチがあったんだ。今回のアルバムでは、ミーティングもコンセプトも何も無し。とてもオーガニックだった。俺たちはただ感じるままだったんだ。


    Revolver(2016年12月号)より

    ちなみにラーズ・ウルリッヒは、The Pulse Of Radioで行われた別のインタビューで、よく問題にされる『Death Magnetic』の音質についてこう答えています。
    『Death Magnetic』は数日おきに聴いている。あれを聴いていると笑みを浮かべちゃうね。圧倒されるんだ。みんながあれについて話していることは理解できない。先日、誰かからあのアルバムをリミックスする嘆願書に1万2千人の署名が集まっているって話を聞いたよ。『Death Magnetic』は250万枚売れたんだ。(アルバムを買ったうちの何人が嘆願しているのか)計算してみてくれよ。

    BLABBERMOUTH.NETより(2017-01-04)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ、新譜『Hardwired … to Self-Destruct』について語る。
    ジェイムズ・ヘットフィールド「新譜の曲が全部まとまってきたのは、文字通り直近2か月」
    ジェイソン・ニューステッド、メタリカの新曲「Hardwired」に賛辞
    ラーズ・ウルリッヒ「どれをとっても捨て曲がなかった」結果、新譜は2枚組に
    もしメタリカの新曲「Hardwired」が『Kill 'Em All』からブラックアルバムまでの初期5作に収録されていたら?
    「ROCK CITY」にて『Hardwired...To Self-Destruct』完成直後のラーズ・ウルリッヒのインタビュー放送(1)
    「ROCK CITY」にて『Hardwired...To Self-Destruct』完成直後のラーズ・ウルリッヒのインタビュー放送(2)
    「ROCK CITY」にて『Hardwired...To Self-Destruct』完成直後のラーズ・ウルリッヒのインタビュー放送(3)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2012年、2013年に行われたものの、経済的な問題でその後の開催の目途が経っていないメタリカ主催のフェス「Orion Music + More」。このフェス復活についてラーズ・ウルリッヒがカナダのラジオ「iHeartRadio」のインタビューで答えていました。BLABBERMOUTH.NETさんの文字起こしを管理人拙訳にてご紹介。

    2017_larsulrich_iheartradio

    −「Orion Music + More」フェスの復活について

    できれば、できればね。レコード制作に向かおうとした時に、それは後回しにすることにした。俺たちはこのレコードで数年間はツアーをすることになると思う。2017年のほとんどを計画しているところだけど、俺の推測だと、このことは少なくとも2019年までかかりそうだね。別のOrionとして組み込もうと考えている。俺たちは2回アメリカでOrionフェスをやったわけだけど、ヨーロッパで1回やるとか、カナダやメキシコでやることを検討するかもしれない。ちょっと形を変えてね。

    −これまでのOrionフェス出演バンドは雑多すぎると思うか、次回はもっとヘヴィメタル寄りになるのか

    俺たちがすることについて話すことは、もう少し小規模でやるのか、もっと何かやるってことだけだったのかもしれない・・・。(言い表すうまい)言葉を考えているんだけど・・・なんて言うかな?うーん・・・メタリカでいっぱいのブティックみたいな。もしかするとメタリカと何か、博物館みたいなものだけとか。週末をメタリカだけにするかもしれない、もっと小規模で。まだ何か動き出したわけじゃないけど、違う選択肢を全て検討しているところだね。

    まぁメタリカのメンバーを知っている人なら誰だって、俺たちの趣味がとても広くて、1日24時間メタルに生き、メタルで呼吸しているわけじゃないってことを知っている。みんながあれにちょっと驚いたかもしれないこともわかってる。でもメタリカのことを本当に知っている人たちはそれが本当に俺たちのものではないってことをわかっている。だからどういう風に行動に移すか考えているんだ。ちょうど今は、かなり活動的な2017年のラインナップになっているけど、できることなら2018年か19年にはOrionフェスがカムバックできればと思っているよ。


    BLABBERMOUTH.NET(2016-12-23)

    インタビュー動画はこちらから。
    http://www.iheartradio.ca/exclusives/lars-ulrich-the-new-metallica-album-sounds-like-the-new-metallica-album-1.2247312

    やはり2017年はツアーが中心でそれ以外に大きなイベントを手掛けるというのは現実的に難しいようです。

    ちなみにジェイムズ・ヘットフィールドはSo What!のなかで、次のように語っています(管理人拙訳)。
    2回やった(Orionフェス)のは楽しいものだった。人々、多くは俺たちのファンの前にいくつかのバンドを用意する、というのが全体的なアイデアだった。収支トントンなら、まだやっていただろうけど、2回とも数百万ドルも失った。そういうことはできないんだ。

    またOrionフェスがうまくいかなかった理由を同じくSo What!のなかで、ジェイムズが語っています(管理人拙訳)。
    勘定の点で冒険しすぎたかもしれない。広すぎたと俺は思う。もしもっとメタルフェス寄りだったり、ハードなものだったとしたらどうなったかな?俺たちが目指したのは「エッジ」だった。出演したバンドは何かしらのエッジがあったんだ。どのジャンルに属しているかは問題じゃなかった。全てのバンドについて言うつもりはないけど、それが俺たちが目指したバイヴスだった。もう少し世俗的な感じがあった方がよかったのかもしれないな。
    いずれもBLABBERMOUTH.NETより(2016-12-23)


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
     「Orion Music + More」を駆け足で予習しておく。
    Orion Music + More 2012の写真をアップしました。
    Orion Music + More 2013を駆け足で予習しておく。
    メタリカ、Orionフェス初日でシークレットライヴを敢行、『Kill 'Em All』完全再現を披露。
    来年のメタリカはロックフェス三昧、Orionフェスは開催せず
    ジェイムズ・ヘットフィールド、Orionフェスの苦境について語る。
    ジェイムズ・ヘットフィールド、Orionフェス開催の可能性について語る

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカには珍しく政治的な話題をガッツリ振られたインタビュー。管理人拙訳にてご紹介。

    30-lars-ulrich

    −ニューアルバムを聴くたびに、この世の中に流行っているものと同じ気持ちで聴くことができませんでした。メタリカのエネルギーの多くは敵対的です。バンドの音楽が世に流布しているものを一新したように感じますか?

    それは難しいな。最も端的にメタリカがやってることを噛み砕いて言うなら、クソ最高なロックソングを書く、少なくとも書こうとしているってことだね。そういうことを超えて、具体的な社会的・政治的関連のこととなると、俺は気まずくなる。俺たちは説教臭いバンドじゃないし、楽曲を出す前に誰かのために何の解釈もしないように努めているんだ。キミが俺たちの音楽を聴く時は、キミのニーズに合っているべきであって、俺たちのニーズじゃない。


    −リスナーがポール・ライアン(訳注:医療保険制度改革(オバマケア)廃止法案に署名した共和党議員)だったとしても?あなた方は手ごろな料金での医療に関する慈善活動をしてきた一方、彼は高齢者医療制度を骨抜きにするよう最善を尽くしてきました。彼もまたメタリカのファンです。そういったことをあなたのなかで折り合いをつけるのは難しいのではないですか?

    俺は『Some Kind Of Monster』を生き抜いてきたから、分けて考えるのはかなり得意だよ。しかも俺は座って「あなた方の楽曲を囚人への拷問に使用した米軍についてどう思いますか?」なんて質問に答えなくっちゃならなかったんだ。つまり、そういうことは俺を身もだえさせるとはいえ、マスターテープをFedExの人に手渡して、楽曲が世界に出て行ったら、なるようになるのを放っておかなきゃならない。人が気に入っていようがいまいが、それに対処する方法を見つけるだけなんだよ。だからもしポール・ライアンがメタリカのことを好きなら、ハレルヤ!問題ない。


    −ジェイムズ・ヘットフィールドは自分のことを政治的にはやや保守的だと言っていて、選挙前にあなたはドナルド・トランプが大統領に選ばれたら、出身地のデンマークに帰るかもしれないと冗談で言っていましたが、あなたとジェイムズは政治的な議論をするのですか?

    誓って言うけど、俺はこの地球上のほとんどのことについてジェイムズ・ヘットフィールドと話した。でもこれまでアイツとわざわざ政治的な会話をしたことはないと思う。俺たちは35年一緒に過ごしてきた。同じ部屋に一緒にいたら、政治の話に会話が向いたこともあったろうけど、ジェイムズと俺が同じ部屋で膝突き合わせて、手ごろな料金での医療制度みたいなことについて俺たちの意見を討論したかって?そんなことはないよ。

    −35年間も誰かと一緒に働いて、政治について一切話さないというのは奇妙ではありませんか?

    理解しなきゃいけないのは、メタリカが4つの異なる場所から、今いるところからずいぶん違う道をたどってきた4人で構成されているってこと。俺たちを結び付けているのは、俺たちがやっている、4人全員が自分は何なのか理解しようとアウトサイダーのように感じていた音楽への愛なんだ。文化や政治的な何かについて疑問に思っていたから一緒になったんじゃない。俺たちは全員、自分の拠り所を少しばかり失って自分たちよりも大きな何かに属している感覚を得ようとして一緒になったんだ。俺はキミと一晩中、政治について座って話すこともできるけど、インタビューでそんなことをする必要はないと思ってる。メタリカは共同体だけど、俺たちはバンドで「OK、俺たちの世界の共通認識は何だろう?」なんて膝突き合わせて話すなんてしたことがないよ。

    −それでは「あなた」の最近の世界の見方はどうでしょう?

    俺は社会民主主義のなかで育った。「私」って言葉より「我々」って言葉の方がポピュラーな国で手ごろな料金の医療制度のなかで育った。だからまじめな話、このことについては自分の意見を持っている。だけどそんなことを屋根の上から叫ぶ必要はない。おそらくいつかはそうするかもしれないし、そうしないことが難しいなんてこともあるだろう。俺は真実や事実が陳腐化してしまって、自分たちが好ましいと思わないものを見るとそいつらが「あれはメディアが作ったんだ」なんて言っているのには唖然としているよ。でも個人の生活のなかでこのことについてはたくさん叫び声をあげているね。

    −あなたはアートコレクターです。これは単純に比較できない話かもしれませんが、我々の芸術評論家、ジェリー・サルトはトランプが大統領になることがいかにしてアーティストに刺激を与えているかを著しています。あなたのバンドは全米No.1のアルバムがあり、おそらくツアーに出て毎晩何万人もの人に向けてライヴを行うことでしょう。もっと広い世界にうなづく責任を感じていますか?それとも、あなたの持っているプラットホームの大きさであっても、政治状況に対処するという考えは、メタリカが心地よく感じるものではないとみなすのは正しいでしょうか?あなた方は80年代の終わりには、(訳注:法の下の平等を象徴する)レディ・ジャスティスの像がショーのクライマックスで崩れ落ちるというツアーを行っていました。そうなると、何らかの政治的声明を出すことは、バンドにとってあながち柄にもないというわけでもないと思うのですが。

    俺は今トロントのスカイラインを観ている。先週はドイツ、フランス、デンマーク、イギリスにいた。数週間前にはコロンビア、エクアドル、コスタリカ、グアテマラだ。どこへ行っても、この手のことについてはたくさん訊かれるね。間違いなくアーティストはいつでも行く場所で持てる限りの力でベストを尽くすのが重要なんだ。音楽は人とある意味でつながる時がある。惑星が一列に並ぶか、並んでいないかのごとくね。アートは人が必要とする機能を提供する。だから俺たちがアメリカでツアーをする時、来年5月から始めようと思っているけど、俺たちにとってはステージ上に全てを残しておくだけの問題だ。俺たちはキミたちを癒すためにここにいるんじゃない。そんな(政治的な)ことを言うのは俺にとってお高くとまっているようなんだ。バンドがそういう方向に行くときは思い上がっていると俺は思う。

    −すみません、政治的なことをくどくど言うつもりはなかったんですが。

    そうだね。俺は実際この手の話をするのを楽しんでいるよ。


    −それでは、ちょうどあなたが言っていたことについて。そのようなミュージシャンも一方でいるわけです。例えば、ブルース・スプリングスティーンは明白な政治的な立場をとっていますし、ドナルド・トランプをマヌケと呼んでいます。そのようなアーティストは一線を越えていると思いますか?

    ブルース・スプリングスティーンがそう感じたら、彼はそう言うべきだよ。俺は彼がそうするのを支持する。コトは、俺がアメリカ市民じゃないってことなんだ。俺はここ(アメリカ)で税金を払っているけど、投票はできない。だから俺がこの国の政治についてコメントすることは奇妙なものがあるね。ブルース・スプリングスティーンには愛と敬意しかないよ。俺は彼の本(自伝)を数週間前に読み終えたところなんだ。彼がやりたいことをすべきとかすべきじゃないとか俺が言うべきことじゃないけど。

    −あなたがファンであるブルース・スプリングスティーンそしてU2は、その時その時で自身の役割が何であるかを考え、その瞬間に対処する責任を感じていると私はかなり確信しています。一方、楽しい時間を過ごし、良いショーを提供し、大金を稼ぐために存在するローリング・ストーンズのようなバンドもいます。2016年のメタリカはどうでしょうか?何かそれ以上の目的があるのでしょうか?

    U2は俺が最も尊敬しているバンドだし、バンドを続けたいと最も触発されるバンドなんだ。でも音楽が癒しであると言うことと俺たちが癒していると言うことには違いがある。俺は音楽が癒しではない、あるいは癒されるべきじゃないと言っているんじゃないんだ。1人の人間として「メタリカは分裂しているアメリカにとって困難な時期にツアーで廻ろうとしている。これが俺たちの意見だ。」みたいなことを言うのは、俺にとっては難しいと言っているだけなんだよ。俺は他の3人と一緒にバンドをやっている。スティングやニール・ヤングやブルース・スプリングスティーンなら、自分自身のことを話すだろう。U2を偉大なものにしているのは、12歳からダブリンの同じ地域でお互いに知り合っていた4人だからなんだ。彼らは全員、同じ石から彫り出されたようなもんだよ。メタリカの状況とは違う。メタリカの目的は何だって?音楽を演奏して、音楽を通じてアイデンティティー感と所属感を与えるってことだね。

    (後略)

    Vulture(2016-12-02)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ「もしトランプが大統領になってダメになったらデンマークに帰るかも」
    ジェイムズ・ヘットフィールドが語るメタリカのメンバー評
    ラーズ・ウルリッヒ「自分の回顧録は書けると思っていない」

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    TVK(テレビ神奈川)の「伊藤政則のROCK CITY」2016年12月2日放送分からラーズ・ウルリッヒのインタビューの続きを。これまで同様、ラーズ・ウルリッヒの表情とともにご紹介。

    lars_03_01

    −『Death Magnetic』の曲に比べるとニューアルバムの方がバンドのライヴ感、ライヴのグルーヴ感を強く感じるのはなぜだと思いますか?

    僕もそう思うね。(しばらく考えて)グレッグ・フィデルマンのおかげだ。ここでレコーディングしてその時のマイクもまだ立っているし、セッティングがほとんど変わっていない。もうずっとグレッグが僕らのライヴものをミックスしてきたから、どうしたらMETALLICAのサウンドがベストな状態に聴こえるのかわかっている。

    このアルバムのサウンドというのは・・・また言うけど僕はリック(・ルービン)が大好きで仲の良い友達だから、悪口みたいな事は一切言いたくないんだけど、リックはもう少しドライなサウンドにしたい人なんだ。もっと中音域が活きたサウンドというか、僕らはもっと広大なサウンドにしたかった。このマイクを見るとわかると思うけど、この部屋の音環境を上手く活かしている。僕らは自分達のサウンドをもう少しビッグな感じにしていきたい。『Death Magnetic』はミキシングでちょっと乾いた感じになってしまった。
    リックがそういうサウンドを求めていたからね。
    lars_03_02

    グレッグにはもっとルーズな感じでと話をした。ラフなエッジが感じられて、全てがあまり完璧すぎないようにね。そういったサウンドがこのアルバムでは聴くことができる。エッジがルーズな感じになっているって多くの人から言われるね。

    lars_03_04

    −まぁでもボクはハッキリ言いますけど、ここ10年、15年のなかのメタリカのベストアルバムだと思いますけどね。

    ありがとう。ありがとう、それは嬉しい。歳を取ってこんなものに誰かが注目してくれているということが素晴らしいことだ。アルバムを作って、やることをやって、世界中を飛び回って、クレイジーなことをやりまくって人生を謳歌して、こういうことについて考える暇なんてまったくないくらい突っ走ってきた。そして年齢がいってハッと気がつくと、まだ注目してくれているのが異常だと思うんだ。METALLICAは多くの人達と高いレベルで共鳴し合っていて、それには驚かされてる。歳を取るほどこれが非現実的だなと思うんだ。まだ注目してくれているということに驚いている。

    今年は大きなショーを2つやってきた。サンフランシスコのAT&Tでスーパーボウルのウィークエンドショーをやって、ミネアポリスのバイキング・スタジアムのオープニングでも演奏した。5万人の前で演奏することができて、5分とか10分で売り切れたんだ。クレイジーだよね。年齢層も若い人から年怜のいっている人まで、あらゆる人達が来ていてみんながまだ注目してくれているということが凄い。ミネアポリスは福岡や札幌ぐらいのアメリカでは中ぐらいの都市なんだけど、そこのプロモーターとコンサートが終わってから話していたら、50%のチケットはミネソタ州以外の人達が買っているようなんだ。
    lars_03_05
    他の州から観に来てくれている。それってクレイジーだよ。わざわざライブを観に来る為に旅をするなんてさ。人々がそういったことをまだやっているということが凄い。
    lars_03_03

    君のコメントにはとても感謝しているよ。どの曲かはあえて言わないけど、(マネージャーの)クリフ(・バーンスタイン)が言っていたよ。ニューアルバムには『Black Album』以来のベスト・ソングが入っているって。それがどの曲か皆で当てて欲しい(笑)


    自分も若い頃、さんざん外国でライヴ観に行ってたじゃないか!とツッコミ入れたくなりましたが、その状態を長く続けられていることに単純に驚いているようです。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    「ROCK CITY」にて『Hardwired...To Self-Destruct』完成直後のラーズ・ウルリッヒのインタビュー放送(1)
    「ROCK CITY」にて『Hardwired...To Self-Destruct』完成直後のラーズ・ウルリッヒのインタビュー放送(2)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ラーズ・ウルリッヒがEntertainment Weeklyの失礼な質問に答えまくるという企画を行っていました。管理人拙訳にてご紹介します。

    lars-ulrich

    Entertainment Weekly
    ニューアルバムで、これまでリリースされたその他のアルバムに当てはめられることがあれば教えてください。

    ラーズ・ウルリッヒ
    ニューアルバムは俺たちがやってきたなかで最高のアルバムだ。それは多くの人たちをハッピーにさせ、少数の人たちを怒らせることになっている。

    EW
    「Creeping Death」「Harvester of Sorrow」「To Live Is To Die」「Broken, Beat & Scarred」を希望に満ちた順に並べてください。

    ラーズ
    全部最後まで引き分けだけど・・・「Creeping Death」は実際、チャールトン・ヘストンが出ている十戒の映画に部分的に触発されている。何らかの形で奇妙なことに、そこかしこに埋もれた希望のメッセージがある映画だ。だから(Creeping Deathは少なくとも)最後から2番目だね。

    EW
    1981年にジェイムズ・ヘットフィールドは雑誌「Recycler」にあなたが出したバンドメンバー募集広告に反応したわけですが、あなたが他に出した広告は何ですか?Atari(※)を売っていたりしたのですか? ※米テレビゲームメーカーのアタリ社のゲーム

    ラーズ
    その当時、俺はそんな地位も何も持っちゃいなかったよ。俺が何も売っていなかったことを教えてくれるのは石けんだね。ヘットフィールドがよく話していることだよ。広告をきっかけにして俺たちが初めて会った時のことを説明すると、もう何年も体を洗ってないんじゃないかってくらい、とてもヨーロッパの臭いが俺からしていたって言うんだ。

    EW
    「この曲に必要なものがわかるか?バスドラのダブルをもっとだ!」と思わずにいられた瞬間はこれまであったのですか?

    ラーズ
    うん、(そんなことは)思わない。ほとんどの場合、暖かくて湿気の多い夜にやるライヴの終盤はこうさ。「何であんなにクソみたいに速いステップ踏んじまったんだ?スタジオでもう少し簡単なドラムにしとけばよかった!」って。

    EW
    あなたはクールなドラムソロの最中、どんなことに考えを巡らせていますか?

    ラーズ
    「レッスンを受けていればよかった。サウンドエンジニアが音をデカく鳴らして、その音量が俺の無能ぶりを隠していてくれればいいな。」とか「亡くなった偉大なドラマーたちみんなが今ごろ墓の中でひっくり返っているな。」とか。あと最後に「俺はセットリストを書いているから、備忘録として「One」は明日のセットリストに入れないことって書かなきゃ。」って具合だね。

    EW
    2013年に南極公演を行った後、ミニドキュメンタリー動画「Freeze 'Em All」を公開しました。どうしてあれを(寒がらせるを意味するChillを使って、「Cliff 'Em All」に近い)「Chill 'Em All」をしなかったのですか?

    ラーズ
    いつだってCの代わりにZを入れることができるチャンスがある。あれはいつでもクールな選択肢なんだ。

    EW
    メタリカのドキュメンタリー映画『Some Kind Of Monster(メタリカ 真実の瞬間)』で、『St. Anger』の歌詞をセラピストがあなた方に投げてよこしたことを考えれば、私が今ここでいくつか投げてみても大丈夫でしょう。「Lack of light/lack of fight/full of piss/full of fright/I ain’t your seeker/I ain’t your lover/I’m just your anger who likes to smother」・・・

    ラーズ
    へぇ、「smother(息を詰まらせる、抑圧する)」だって?韻のパターンをどんなに試したとしても「smother」は残しておくだろうね。

    EW
    このニューアルバムの制作についてドキュメンタリーを撮っていたら、何と呼んでいましたか?

    ラーズ
    「カレンダーにダーツを投げる(Throwing Darts at a Calendar)」かな。予測不能で完全に非合理的なメタリカの作業パターンだ。

    EW
    メタリカはスタジオ・アルバムでビルボード200に5回連続して初登場1位を果たしています。このアルバムも1位になることを確実にするために何をしますか?『St. Anger』で獲ったグラミー賞を喜んで返上しますか?

    ラーズ
    (しばらく黙って)俺たちって『St. Anger』でグラミー賞獲ったんだっけ?

    EW
    えぇ実際に獲ってますよ。※シングル曲「St. Anger」がベストメタルパフォーマンス部門で受賞

    ラーズ
    『St. Anger』でグラミー賞を勝ち取ったっていうのは間違っているように聴こえるなぁ。

    EW
    そうですね。

    ラーズ
    1位のアルバムよりもグラミー賞を取ってるから、バランス取るために『St. Anger』のグラミー賞を返して、お互いの数字を近づけようかな。

    EW
    『St. Anger』でのあなたのスネアドラムの音はたくさんの批判をもらっていましたね。お気に入りの侮辱は何ですか?

    ラーズ
    覚えきれないほどたくさんあったけど、俺がたいてい言っていることは、そんななかに最高のものがあったからなんだ。段ボール箱からスネアを取り出すのを忘れたってヤツだね。

    EW
    メタリカの音楽は、アフガニスタンにいる米軍によってタリバンを撃退するために再生されていました。彼らがもしニッケルバックの楽曲を使っていたら、戦争はもっと加速していたでしょうか?

    ラーズ
    ニッケルバックについては忘れてくれ。もし『St. Anger』の曲だけにこだわって使っていたら、戦争は加速するんじゃないの。

    EW
    あなたはとても予見性のあると判明したナップスターと戦いましたね。

    ラーズ
    とても、何だって?

    EW
    予見性のあると。

    ラーズ
    Entertainment Weeklyのための大層な言葉だね!なんとも!へぇ!大西洋であれが使われているのかどうかなんて知りもしないけど!

    EW
    ありがとうございます!今度は別のデジタル会社との戦いに挑みましょう。あなたの選択肢は次の通りです。Uber(自動車配車アプリ)、Bumble(出会い系アプリ)、Airbub(民泊仲介サイト)。

    ラーズ
    Uberとの初めての戦いで、個人の電話番号を提出する必要のない初めての客になれたらと俺は思ったね。2年前のバーバンク空港(現・ボブ・ホープ空港)で、Uberを待って1時間は立ちつくしていたんだ。なぜなら俺は自分の電話番号をさらすのを拒否していたからね。彼らは全く来なかったよ。

    EW
    それはUberはクソですね。頭にきたでしょう。彼らを法廷に呼びましょう。

    ラーズ
    もう怒っちゃいないよ。俺は52歳だ。あれ以来、この特定の問題を回避する方法を見つけたんだ。

    EW
    自分のことでいつも疑問を持っていて、自身で訊くのが恐い事は何でしょう?

    ラーズ
    順不同だけど、その(デンマーク訛りの)アクセントは何ですか?その大きな額には何がありますか?カーク・ハメットが言っていたみたいに、(いつも爪楊枝を口にしている姿が)オリーヴに爪楊枝が刺さっているように見えますか?なぜそんなに頑固なんですか?なぜそんなにあべこべなんですか?その余計なアゴは何なんですか?まだ続ける?

    EW
    もっとスリリングなことがあるじゃないですか。HBO制作ドラマ「Hemingway And Gellhorn(私が愛したヘミングウェイ)」でニコール・キッドマンとクライヴ・オーウェンと演じたこと、あるいはラッセル・ブランドの「Get Him to The Greek(伝説のロックスター再生計画!)」に出ていたことはどうですか?

    ラーズ
    俺が育った頃のデンマークにはハロウィンの習慣がなかったから、ヘミングウェイ時代の衣装を着るチャンスを得るというのは、大きなスリルに数えないといけないね。

    EW
    あの出演は唐突だったと思うのですが、どうでしょう。

    ラーズ
    唐突なのは俺にとって何も初めてのことじゃない。どうしてそんなことをする初めての権利を持ったかのように思うかなぁ?

    EW
    あなたはアートのコレクターであり、ジャン=ミシェル・バスキアの絵画「Boxer」を1350万ドルで売却しました。そのお金を使って最も素晴らしいドラムセットをデザインしましょうよ。

    ラーズ
    最初のドラムキットは、ドラムマシーンと混同しないように自分でひとりでに演奏するとかね。でも実際に自分でダブルベースから何から演奏するアコースティックドラムがあったら、ドラマーは自宅にいながら疲れて痛めた体を休めて栄光に浸るってなもんだね。

    EW
    あなたが持っているプラチナムレコードを再生しようとしたことはありますか?

    ラーズ
    (その時は)俺は誇らしげに、正式に公言(go on record)したいね。レコードだけに!俺の人生の中でそれが必要だと感じるようなことはなかったと言えるね。質問してくれてありがとう。

    Entertainment Weekly(2016-11-23)

    ラーズを怒らせようと事前に調べあげて質問を投げまくっている感じがしますが、ラーズも「それなり」の回答をしているようです。

    ちなみに国内劇場未公開作品の「Get Him to The Greek(伝説のロックスター再生計画!)」ですが、現在はAmazonビデオで字幕版が視聴可能となっています。
    gethimtothegreek
    ゲット・ヒム・トゥー・ザ・グリーク (字幕版)


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、2013年の南極公演「Freeze 'Em All」のドキュメンタリー映像を公開
    ラーズ・ウルリッヒ、ニコール・キッドマンと共演。
    ラーズ・ウルリッヒ、ニコール・キッドマンと共演の予告映像公開。
    ラーズ・ウルリッヒ出演映画「私が愛したヘミングウェイ」がWOWOWにて放送決定
    ラーズ・ウルリッヒ、コメディー映画に本人役で出演。
    ラーズ・ウルリッヒにエグイ質問をぶつけるとこう答える。
    ラーズ・ウルリッヒ、イラン人監督のコメディ映画『Radio Dreams』に出演
    2013年8月10日サマーソニック メタリカ Meet & Greet編

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    リツイートだけして、こちらでご紹介するのが遅くなってしまいましたが、、、

    ラウドロックのポータルサイト、激ロックにて『Hardwired...To Self-Destruct』発売を記念して特別サイトが開設。
    metallica_special

    ラーズ・ウルリッヒの最新インタビューが掲載。『Hardwired...To Self-Destruct』に迫る鋭い質問にラーズが答えています。

    激ロック メタリカ特設サイト
    http://gekirock.com/special/metallica/

    ラーズ・ウルリッヒの最新インタビューはこちらから。
    http://gekirock.com/interview/2016/11/metallica.php

    さらにラーズのサイン入りアルバム・アートワークのプレゼント企画を実施中とのこと。締め切りは2016年12月1日(木)まで。



    関連記事
    『Hardwired...To Self-Destruct』発売を受けてメタリカ表紙のフリーペーパー配布中

    このページのトップヘ