メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:ラーズ・ウルリッヒ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ケリー・キング(スレイヤー)がメタルハマー誌に語った
    メタリカ、メガデス、スレイヤー、アンスラックスの合同ツアー
    のウワサについて今度はデイヴ・ムステインが
    メガデス公式サイトのフォーラムでコメントしています。

    「スラッシュ四天王ツアーについてのウワサだけど、俺は
    ゴシップ以外じゃそんなこと全然きいてないぜ。
    断る理由があるヤツなんていないと思うけど、
    他にもやらなきゃならねぇことがある。たくさんな!」


    あれ、、、なんかこれ、ロックの殿堂入りセレモニーに
    欠席したときの発表してた理由に似ているな、、、とか
    思っていたらロックの殿堂入りに欠席をしたことに対しても
    別のインタビューで答えていました。



    なぜデイヴ・ムステインが2009年4月に行われた
    メタリカのロックの殿堂入りセレモニーに出席しなかったか?

    「俺は2人(ジェイムズとラーズ)と一緒に始めて、
    すでに自分がそこにいないバンドが殿堂入り
    するのを聴衆に混じって、座って見たくはなかった」

    ラーズ・ウルリッヒがロックの殿堂入りセレモニーに
    招待したときに、ラーズがデイヴに対して「バカになった」
    ような態度をとったことに関しては、こう答えている。

    「俺はそれについてああだこうだ言うつもりはない。
    だが、言ってきたことは君も読めるだろう。
    ラーズを知ってれば、あいつがどんなヤツかわかってたら、
    コトの次第を全部きけば誰でも納得するはずさ。
    俺と話しててあいつはいい気持ちはしなかっただろうな。
    それだけにあいつは俺と話そうとベストを尽くしていたと思う。
    俺は本当にあいつと和解しようと努力していたから
    あのことに関しては残念に思うよ。」

    さらにデイヴ・ムステインもメタリカのロックの殿堂入りに
    加えられるべきだという人々の主張に関しては、

    「それに賛同するって人は1000万人はいるだろう。
    ラーズは俺に向かってなんて言ったか知ってるだろ!?
    あいつはこう言ったんだ(デンマーク訛りで)
    『レコードに載っている人しか殿堂入りできないんだよ』
    ってね。だから俺は言ってやったんだよ。
    『やっとフックドオンフォニックス(アメリカで有名な幼児教材)
    が役に立ったよ。(メタリカの1stアルバム『KILL 'EM ALL』の)
    あらゆるところで俺の名前を読むことができる』ってな(笑)
    知ってたかい?殿堂入りはできたんだよ。もし俺が殿堂入りに
    興味を示していたら、あいつが俺を止めるすべはなかったんだから。」


    BLABBERMOUTH.NET(2009-09-10)


    誤訳・ニュアンス違いあったらすみません。


    メガデスのニューアルバム『ENDGAME』が発売されて、
    メディア露出が増えているムス大佐、、、、あいかわらずでした(苦笑
    10月に一緒にツアーを行う予定のスレイヤーとすらメディア上で
    不穏な空気になっているみたいですが大丈夫でしょうか。。。

    インタビュアーに誘導されている気がしてなりません。
    ここはひとつ「大人力」つけて乗り切っていただきたい。

    よけいなお世話か(苦笑

    エンドゲーム
    エンドゲーム

    関連記事
    デイヴ・ムステインがメタリカのロックの殿堂入りを祝福。
    ジェイムズ・ヘットフィールド、デイヴ・ムステイン解雇やバンドのイメチェンについて語る。
    ラーズ・ウルリッヒ、スラッシュ四天王ツアーを企画?
    スコット・イアンがメタリカ、メガデス、スレイヤー、アンスラックス合同ツアーの噂にコメント。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    策士ラーズさん、また何か企てているんでしょうか?
    そんなウワサ先行のメタリカニュースをひとつ。

    【「スラッシュ四天王」ツアー?ケリー・キングが可能性を語る】

    ケリー・キング(スレイヤー)はラーズ・ウルリッヒが
    究極のメタルツアーを企画しているようだと語った。

    一生に一度のツアーは実現するのか?
    ケリー・キングはその可能性はあると考えているようだ。

    今年最もエキサイティングなニュースになるかもしれない。
    ケリー・キングは昨日(2009年9月2日)メタルハマー誌に対して
    ラーズ・ウルリッヒがメタリカ、メガデス、スレイヤー、そして
    アンスラックスの合同ツアーを企画している、とのウワサを
    耳にしたと明かした。

    このツアーが実現すれば、スラッシュ四天王が同じツアーに
    一緒に参加する初のツアーとなる。

    (四天王それぞれとしてのツアー参加としては)
    メガデス、スレイヤー、そしてアンスラックスは前座に
    アリス・イン・チェインズを迎えた北米で行われた1991年の
    「タイタンの戦い」ツアーに参加している。
    また、メタリカとメガデスは1993年のイギリスの
    ミルトン・キーンズで行われたステージにともに参加している。

    我々(メタルハマー誌)はケリーにスレイヤーが始めようと
    しているメガデスとのオーストラリアやカナダでの
    ダブルヘッドライナーツアーをスラッシュ四天王ツアーとする
    という誘惑に駆られなかったかたずねた。

    「そいつはクールだろうな。だが、俺がその計画を知ったのは
    メガデスとのことを始める前のことだ。メガデスは俺たちと一緒に
    オーストラリアに行って、カナダにも行くつもりだ。
    ヨーロッパのファンたちにとってクールなことだと思うぜ。
    クソッ、俺たちは1990年以来あいつらと一緒にライブなんて
    考えもしてこなかったよ。」


    それではスラッシュ四天王が参加するツアーも可能とお考えですか?

    「俺はみんなにラーズからの話として聴いている。
    ラーズをよくは知らねぇし、俺自身ラーズから聴いたわけじゃない。
    ただ明らかなのはアイツがそういうことを誰かにしゃべったってことだ。」

    「俺たち(スレイヤー)、メタリカ、メガデス、そしてこんな時代に
    アンスラックスさえ、そこに参加させるって話だろ。
    俺たちが一緒に過ごしたときもあったことはわかっている。
    でもどうやってマシーンヘッドを外すっていうんだ?
    アンスラックスよりもいいオプションはあるし、他もいるだろ。
    でもあいつら(アンスラックス)はけっこう前からバラバラだし、
    俺にとっては特に大きな意味はもたないな。」


    スコット・イアン(アンスラックス)はこのケリー・キングの
    コメントに対してtwitter上でこうつぶやいている。

    「Sonisphereフェスに参加できずに寂しいんだろ」

    Metal Hammer(2009-09-03,2009-09-04)

    以上、管理人のつたない訳。

    原文はこちらこちら

    すでに名は体をあらわしていないのでどうかとも思いましたが
    原文のBig4はあえて「スラッシュ四天王」と訳しました。

    最後はヴォーカリストのダン・ネルソンが脱退してゴタゴタしてた
    アンスラックスのスコット・イアンとケリー・キングの場外戦
    みたいになってますが、このウワサの火元であるラーズのコメントが
    聞きたいですね。

    今となっては音楽の方向性が違うかもしれませんがこの4バンドが
    集まるとなればそれなりに話題になると思うんですけどねぇ。。


    でも、このメンツそろえての日本公演は難しいかな ( ̄ー ̄;

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカとスレイヤー。
    メタリカとスレイヤーの共演!?

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    World Magnetic Tour を順調にこなしているメタリカ。
    イタリアの「Rock TV」のインタビューでまたラーズが
    これからのメタリカの予定などいろいろ語ってくれてます。


    例によって管理人のヘボ和訳にてどうぞ。
    ※誤訳あればご指摘ください。

     

     現時点では、程度の差はあると思うけど、
     このツアーを乗り切ろうってことしか頭にないよ。


     そんでもってあと14ヶ月、2010年8月まで出かけっぱなしだ。
     俺にとって新譜のことを考えるなんて難儀なこった。
     何のプランもないよ。


     でもリック・ルービンと仕事をした経験はとても
     タメになったから、また別のアルバムをリックと
     作るであろうことは確信している。


     リックとはいつかまた別のアルバムを一緒に作りたいと
     思っているよ。


    その他いろいろ語っているようです。
    ライブ映像とともにどうぞ。




    BLABBERMOUTH.NETより(2009-07-11)


    例によって管理人は英語聞き取れないので英語わかる方は
    お楽しみください&よろしければ内容教えてください。


    2010年8月かぁ、、休暇入るまでに来日公演は
    してくれるんでしょうか。。。

     

    ブログランキングに参加しています。

    応援クリックをヨロシクお願いします。


    関連記事
    ロック・ワチター(Rock Werchter)2009のメタリカ公演がストリーミング・ライブで放映予定。
    【続報】メタリカ、これから行う公演をライブDVDにしちゃう試み。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    以前も少し紹介した『Classic Rock』誌上で
    ジェイムズ・ヘットフィールドがデイヴ・ムステイン
    や『LOAD』発表時のイメチェン、果ては髪型について
    までいろいろ語っています。

    ※CRが『Classic Rock』誌インタビュアー、
    JHがジェイムズ・ヘットフィールド


    【ジェイムズ、なぜデイヴ・ムステインが
    出て行かなければならなかったのか語る。】


    CR:あなたはデイヴ・ムステインがいなくなってせいせいしましたか?


    JH:「せいせいした」って言葉がふさわしいかわからないけど、
    そうすることは必要だったんだ。俺とラーズとあいつは
    なんとかやっていこうとしていた。
    そして3人の間でゴタゴタが出てきた。


    明らかなのはあいつも俺たちと同じように意欲を
    持ち合わせていたってことだ。あいつはメガデスで
    デカイことをし続けてきたんだから。


    今となっては、性格力学でラーズと俺が片方を
    ロブとカークがもう片方を担っているんだ。
    あいつらがエゴとは真逆の駆動力を、
    ラーズと俺が反対のやり方で、、そう思う。
    それは俺がそうしろと命じてきた(笑)
    だから、あの当時はデイヴは出て行かなければ
    ならなかったんだ。


    CR:映画『SOME KIND OF MONSTER』のなかでは、
    このことについて彼は不満で不幸に見えたのですが。


    JH:あいつは驚くべき才能の持ち主だ。
    あいつがひどくケンカ腰なのは性格の一部から
    きているのかもしれない。
    もし俺がメタリカを追い出されていたら、
    俺もああなっただろうな。


    初代ベーシストであるロン・マクガヴァニーも
    かなりケンカ腰だった。あいつらは今となっては
    本当に穏やかでいられることができないんじゃない?
    少なくとも難しそうに見えるよ。ラーズはインタビューで
    こう言っていたよ。
    「おまえが何をしてきたかわからないのか?」ってね。
    でも、そんなことは重要じゃないな。
    あいつは何か手の届かないものを追いかけているんだから。


    CR:『LOAD』発表時のバンドのイメチェンについて
    あなたの居心地は悪かったですか?


    JH:そうだな。あれらのレコードはラーズとカークが
    推し進めていたんだ。「俺たちには自己改革が必要だ」
    っていうテーマが掲げられたんだな。そのイメージは
    俺にとって不快ではなかったけど、おまえらじゃないと
    理解できねぇなって感じかな。


    (中略)


    CR:当時のイメージチェンジの多くは髪型からきている
    と思いますが、あれはバンドとして決めたもの
    だったんでしょうか?


    JH:(笑)俺たちはバンドで一緒に出かけて
    「俺たちの髪をカットしてくれないか?」なんて
    言ったわけじゃない。徐々に始まったことさ。
    年を経るにつれて髪も薄くなったしな。
    長髪はもうふさわしいとは感じなくなったんだよ。


    (後略)


    BLABBERMOUTH.NET(2009-06-03)

     

    えぇ〜本文長すぎて和訳を途中で挫折して
    省略してしまいました(汗


    いつものことですが、管理人ヘボ和訳のため、
    明らかな誤訳やもっと適当な和訳があれば
    ご指摘くださいませ。


    省略した部分はこちらか下の写真が表紙の
    『Classic Rock』誌本編にてお楽しみください。

    『Classic Rock』誌



    それにしてもジェイムズ、ぶっちゃけすぎです(笑


    バンド内がうまく言ってない状態でこんなこと言ってたら
    またいつぞやのプレイボーイ誌みたいなことに
    なってたんじゃないのかとヒヤヒヤもんですね(苦笑


    『LOAD』『RELOAD』については映画『SOME KIND OF MONSTER』
    のなかでもジェイムズが不満を漏らしていたので
    こういうコメントも予想はつきましたが。。


    これは全編気になるのでこの『Classic Rock』誌を
    店頭で見かけたら買ってしまいそうです(笑

     

    ブログランキングに参加しています。

    応援クリックをヨロシクお願いします。


    関連記事
    ジェイムズ、赤裸々に孤独を語る。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アメリカのケーブルニュースチャンネル、MSNBCの
    「The Rachel Maddow Show」にラーズ・ウルリッヒが
    出演した模様が配信されていました。
    (インタビューのあいまにロックの殿堂のVTR挿入あり)



    日本語字幕はないので英語で聞き取るしかないんですが。。

    管理人の拙い英語力では「サンフランシスコはいいところ」
    ってとこぐらいしか聞き取れないです(苦笑

    ※内容お分かりになる方、ぜひ教えてください。m(_ _)m


    ラーズ・ウルリッヒはあいかわらずよくしゃべってますが、
    MCのレイチェルもぜんぜん負けてません(笑


    ラーズ登場前の紹介コメントで、およそニュースショーらしからぬ


    「わたし、15歳のころから

    メタリカ聴いてるわぁ〜♪」


    というテンションアゲアゲな感じが好感もてます(笑

    安藤優子アナと東海林のり子リポーターを
    足して2で「割らない」パワフルさを感じました。

    Rachel Maddow略歴

     

    関連記事
    ライブツアー最中のメタリカのインタビューで和む。(by伊藤政則氏)
    ロックの殿堂セレモニーにてメタリカらオールスター共演。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    理解できないファン心理。。


    【Metallica ファンの彼女とのベッドインを迫られる!?】


    メタリカのドラマー、ラーズ・ウルリッヒが、'80年代を
    振り返り、当時ファンたちからガールフレンドを“上納”され、
    ベッドインを迫られていたという衝撃の事実を明かした。


    ラーズいわく、初めてそういった依頼を受けたのは、
    '80年代半ば、メタリカがオジー・オズボーンのサポートを
    していたときのことだったという。


    「米国で活動していた初期の頃、'80年代の半ばにさかのぼるが、
    自分のガールフレンドと一発ヤってくれないかって依頼が
    しょっちゅうあってさ」
    と『Uncut』誌のインタビューで
    明かしたラーズ。


    「俺のところに初めてその話が来たのが、俺たちがオジー
    (・オズボーン)のオープニング・アクトをやってたとき、
    '86年のことだったな。俺もちょっとビビったよ。だが、
    みんなマジなんだ。だから自問自答するわけ。
    『てことは俺が今からオマエの彼女とヤって、オマエは
    そのすぐそばで自慰行為するってわけか? 写真も撮る
    つもりかよ?』ってね」


    ラーズは自身も含め、メタリカのメンバーがそういった
    オファーを受け入れたかどうかは明かさなかったが、
    「あれはかなりの異常行為だよ。いちバンドにそんなこと
    を頼むなんて良くないね。だろ?」
    と語っている。


    vibe-net(2009-04-21)

     

    解散の噂をよんだ例のプレイボーイ誌のインタビューのなかで、
    グルーピーの話が出ていたのを覚えていたからか、
    はたまた某超有名バンドの昔のもっとひどい伝説を
    聴いていたからか、こういう話をきいても驚かない
    自分がまた怖かったり。。


    「こんなこともあるのかな」と感覚麻痺してます(苦笑


    メタリカに限らず、さすがに今はもうそんなことは
    ありえないと信じたい(苦笑


    関連記事
    メタリカファンの挑戦状

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ジェイソン・ニューステッド脱退からの数年のことを
    言っているのかと思いきや、鶴次郎加入後の話ってことで
    個人的にはちょっと衝撃なニュース。


    【ラーズ・ウルリッヒ、「メタリカの危機を
    救ったのはザ・ローリング・ストーンズ」】


    「メタリカ解散の危機を救ったのは
    ザ・ローリング・ストーンズだった」


    メタリカのドラマー、ラーズ・ウルリッヒがこう明かしている。
    英紙デーリー・スター(電子版)が伝えた。


    2003年にアルバム『セイント・アンガー』をリリース後、
    しばらく活動が停滞していたと説明するラーズ。
    バンドの将来について見通しが立たず、フロントマンの
    ジェームズ・ヘットフィールドがアルコール依存症の
    治療で数か月入院することになった時は“別の道”を
    探そうとさえしたという。

    ラーズいわく“絶望的”な状況だったメタリカに、前座を
    依頼してきたのがザ・ローリング・ストーンズだったという。


    「2005年の夏だった。ストーンズからサンフランシスコの
    ステージに出演してほしいと連絡があった。それで事態が
    大きく変わった。それまでの7−8か月、メンバーはバラバラ
    になっていたんだ」。


    「ステージでは余計な邪魔も入らずに、4人だけで
    音楽に集中できた。あの時に以後3年間の方向性を
    見いだし、今もうまくやってるよ」。


    メタリカは2005年11月13日と15日の2日間、
    サンフランシスコのSBCパークで行われた
    ザ・ローリング・ストーンズのライブの
    オープニングアクトを務めた。メタリカ解散の
    危機を救ったザ・ローリング・ストーンズにファンは
    頭が上がらないだろう。


    (c)Web-Tab(2009-03-02)


    映画『SOME KIND OF MONSTER』であんなに順調に
    バンドとしての新たな門出を迎えたと思っていたのに
    わからないもんですね。。


    メタリカ 真実の瞬間 [DVD]
    メタリカ 真実の瞬間 [DVD]


    関連記事
    カークはあのころ、ソロ転向考えていた。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ナップスターの件がちらつきますが、
    ラーズらしいっちゃあラーズらしいニュース(笑
    (ジェイムズの食中毒の続報も)


    【メタリカのラーズ、自分のアルバムを違法ダウンロード】


    メタリカのラーズ・ウルリッヒは、“試しに”
    自分たちの最新アルバム『Death Magnetic』を
    違法ダウンロードしたことがあるそうだ。


    彼は、VH1にこう話した。「俺自身、ネットから
    『Death Magnetic』をダウンロードしたことがある。
    試しにね。“こうやってやるのか”って思ったよ。
    『Death Magnetic』をただでダウンロードする権利が
    あるのは、俺をおいてほかにないって思ったんだ」


    メタリカは、著作権侵害などで2000年、共有ファイル
    Napsterを訴えたことがある。違法ダウンロードがさらに
    増えた現在、『Death Magnetic』は、ネットでのリークが
    ひどく発売を数日早められたという経緯がある。


    ラーズがダウンロードを試みたのは、リークされた
    数日後だったという。友人と飲んでいて、思いついたらしい。


    「(共有ファイルで)見つけたよ。リークされて2,3日後だった。
    (一緒にいた友人たちに)“おい、俺、試してみるぜ”って
    言ったんだ。30分後には、俺のPCに『Death Magnetic』
    が入った。ちょっと奇妙だったぜ」


    メタリカ関連ニュースとして、日曜日(3月8日)
    フロントマンのジェームズ・ヘットフィールドが
    脱水症でダウンしたため、スウェーデンでの公演が
    急きょキャンセルされた。ヘットフィールドは翌日、
    アメリカへ戻ったという。3月後半からはUK/ヨーロッパ・
    ツアーが再開するが、そちらに支障はないようだ。


    Ako Suzuki, London


    BARKS (2009-03-10)


    なんか複雑な感じですが、、、、


    たしかにメタリカをただでダウンロードする権利が
    あるのはラーズをおいて他にない(笑


    映画『グローバル・メタル』でお国の事情から
    違法ダウンロードでしかメタリカを聴くことが
    できない状況に置かれている人を取材していたのを
    思い出しました。


    グローバル・メタル [DVD]
    グローバル・メタル [DVD]


    ラーズたちもこういった状況を完全に変えるというよりも
    共存していくしかないという心持ちなのかもしれません。


    関連記事
    メタリカ来日公演でのMC
    中国で売られていた海賊版メタリカ
    サム・ダンのメタル映画第2弾、『グローバル・メタル』にメタリカ出演
    メタリカ出演映画『グローバル・メタル』のDVDが早くもアマゾンに登場。

    このページのトップヘ