メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:ラーズ・ウルリッヒ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ロンドンで行われたこのインタビューはイギリスのBIG4公演が終わってすぐに行われたものとのこと。まずはインタビューPART1、ルー・リードとラーズとジェイムズのインタビューをどうぞ。

    Q..2009年10月のRock And Roll Hall Of Fameでの共演がきっかけで今回アルバムを作ることになったのでしょうか?

    ルー・リード
    「君が言った日に共演することになったんだが私は彼らの事がとっても気に入ったんだ。」

    Q.メタリカはいかがでしたか?

    ラーズ・ウルリッヒ
    「全く同じだったよ。2009年にニューヨークで2日間ほど共演しお互いの事を心から気に入ったんだが、そのマディソン・スクエア・ガーデンでのパフォーマンスが終わりお互いそれぞれの所に帰っていく時、別れ際に廊下の向こうから「一緒にレコードを作ろう」と叫んだんだ。あれから2年経った今、ここに集まり君とその話をしているというわけさ。」

    ルー・リード
    「元々マディソン・スクエア・ガーデンでプレイ出来るというのだけでも嬉しい事だった。特にその時の状況を考えるとね。まあそれは良いが初めて一緒にプレイした瞬間から我々はこのソニックアドベンチャーをずっと続けていくべきだと確信した。」

    Q.ルーからデモを送ったそうですが...制作過程は?

    ラーズ・ウルリッヒ
    「デモという表現は相応しくないな。」

    ルー・リード
    「私はちょうどフランク・ヴェーデキント(ドイツの劇作家)作の『ルル』という戯曲用に自分のバージョンとしての作詞作曲をしているところだった。」

    ラーズ・ウルリッヒ
    「素晴らしいね。」

    ルー・リード
    「ありがとう。ベルトルト・ブレヒト(ドイツの劇作家)がオベラを作ったんだが、それが最も有名なバージョンだ。同作品の映画版として最も有名なのは『パンドラの箱』だ。監督・振付師・照明デザイナーであるロバート・ウィルソンがベルリーナ・アンサンブル劇場というブレヒト本人が立ち上げた劇場で上演した。それはドイツで最も古くからあるシアターカンパニーだが私はその為に音楽と歌詞を作ったんだ。その後、私とメタリカが一緒に仕事をするという話になり、元々はこれまで未公開の作品をやろうという事になっていたが、この作品をやるという機会があったので、それまで自分なりに考えていた音楽をラーズとジェイムズに送り「こういうのを一緒にやらないか」と持ちかけたんだ。130人のドイツ人を除いてはこれを聴いた者はいないと言ってね。これを試してみる気はないかと聞いたんだ。普通の構造ではないぞと言ったんだが、彼らはとても楽しいと思うから是非やりたいと言ってきた。「僕達のスタジオでやろう」と言われたので「それは最高だね」と答え、彼らのスタジオでやる事にした。」

    Q.あなたが既にやってきた『ルル』は既にベルリンで上演されています。今回のものはメタリカバージョンという考え方なのでしょうか?

    ルー・リード
    「これは『ルル』のステップ2だ。『ルル・キューブド(Lulu Cubed)』、いや5は何と言ったかな?」

    ラーズ・ウルリッヒ
    「僕に聞いているの?9年間しか学校に通った事がないので分からないよ。」

    aaa

    ジェイムズ・ヘットフィールド
    「ローマ数字でという事?」

    ルー・リード
    「そうだ。」

    ジェイムズ・ヘットフィールド
    「Vだよ。そうだね。同じ詩、歌詞でルーがずっとやってきたものをヘヴィにプレイするべきだと思った。歌詞の持つ説得力、そしてその歌詞に音楽がマッチしなければならないと僕は感じたんだ。だから彼がそのプロジェクトを送ってくれた時にはとてもしっくりきた。既にある曲の中のどの曲をやろうかとか、これをやったら彼は気に入ってくれるかなとかやっていると、まるで誰かの心臓を操作している様なものだが、これだと0から我々独自のものを作る事になるからね。歌詞が既にあって、僕達がそのまわりに音楽を持って来る事が出来るという事だ。歌詞が僕達にどういう影響を与えたのか、どんな風に感じさせたのか、どうやってこの様な歌詞を増幅させていったら良いんだろうといった事が僕達の貢献できる事だった。」

    Q.メタリカとは全く違ったアプローチだったのでしょうか?

    ジェイムズ・ヘットフィールド
    「そうだ。ギターで始まるわけではない。」

    ラーズ・ウルリッヒ
    「歌詞で始まる。」

    ジェイムズ・ヘットフィールド
    「歌詞で始まるんだ。」

    ラーズ・ウルリッヒ
    「今まで夢に見ていたどんなものよりもパワフルな歌詞だった。最高に詩的な歌詞の力があって同時に僕達がどんな方向に行っても構わないというまっさらなキャンパスがあるんだ。そんな状況にいた事はこれまでなかったので素晴らしいものだったよ。開放感を味わいベースをいくつかのパターンでやってみて、ルーがスタジオに入ってきた時、そのノリをとても気に入ってくれた。そのわずか5分後には既にレコーディングをしていたよ。1週目でもう7曲も見事に完成したんだ。最初の1週間というのはお互い顔合わせをして一緒に過ごしアンプはどこに置くかとか、ホテルにチェックインするといった準備に費やす事になると思っていたが、その様な自由だけでなくそれだけ早く自然に物事が決まって行くというのを経験した事がなかったのでド肝を抜かれる様な体験だったね。実際にそうやっている時はあまりにペースが速かったので、その週の週末になって初めて「すごい時間だったんだ。テープレコーダーが回っていて良かったな」と思ったものだよ。」

    取り急ぎ、インタビューその1でした。
    すごいいい雰囲気がお互いから伝わってきます。
    写真とか後で追加するかも。画質悪くてすみません。

    lulu_cover_lg
    LULU

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    ルー・リード、『Lulu』レコーディング中にメタリカを泣かす。
    メタリカのジェイムス・ヘットフィールド「ルー・リードと演るっていったい何が起きるんだ?って感じだった」
    ジェイムズ・ヘットフィールド、『LULU』はメタリカとは別物と語る。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    「Shockwaves VideoCast」第3回にて草創期メタリカのレアグッズの収集家、John Kornarensさんが次々と紹介する動画が公開されました。

    動画はコチラ。


    実質、メタリカのデビュー盤となったコンピレーション・アルバム『Metal Massacre, Vol. 1』のテストプレス盤や、初期のレアTシャツ、ムス大佐が身につけていたものと同じ型のベルト、ラーズ直筆のトラックリストが書かれたオリジナル・デモ・テープなど。

    metmas1
    Metal Massacre, Vol. 1

    自作のメタリカ・スクラップブックには初期メタリカのフライヤーやジェイムズ直筆のセットリストが次々と出てきます。

    当時メタリカは(後にアンスラックスのヴォーカルとなる)アーマード・セイントのジョン・ブッシュに加入するよう働きかけており、ライヴのゲストとして本人を呼んでいた証跡やメタリカ初のデモ・テープ『Power Metal』などにも話が及んでいますね。

    メンバーの電話番号も書いてある手帳ってどっから手に入れるんだ(笑)

    しかしよくもまぁ、ここまで持っているもんですなぁ。

    サクソンのチケットにラーズが直筆で「特別ゲスト:メタリカ」と書いたっていう話を実物のチケットを見せながら話すところなんかはもうファン冥利に尽きるって感じなんだろうなぁ。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    METALLICAの激レア・デモ音源集がリリース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    NME.comの洋楽ニュースを翻訳配信しているRO69からの転載。

    11月2日にいよいよリリースされるメタリカとルー・リードのコラボレーション・アルバム『LULU』だが、メタリカの面々はさらにこのコラボレーション・アルバムへの思い入れのほどを語っている。

    すでにネットでも公開されているアルバムからのトラックである“ザ・ヴュー”についてはメタリカ・ファンの間では不評の声も上がっているが、ラーズ・ウルリッヒはまったくひるんでいない様子でローリング・ストーン誌にこう語っている。

    「俺たちのバンド名には確かにmetalっていう言葉が入ってはいるよ。だけど、俺たちがどこに行ってなにをやろうと、それは俺たちの勝手だよ」

    さらにギターのカーク・ハメットはこう語っている。

    「ルーと俺たち、俺たちは魂の血縁関係にあるんだ。どういう音でなにを言うべきか、俺たちはどちらもそれがはっきりと見えているんだよ。それにルーには俺たちとすごくしっくりくるエッジを持ってるんだ。俺たちと同じ語彙を持ってるんだよね、どこか皮肉っぽくてぶっきらぼうで、似た者同士のようなものなんだよ」

    ルーもまた今回のコラボレーションについて「天国での結婚」とたとえている。

    RO69.jp (2011-10-03)

    ラーズ節はあいかわらずです(笑)
    カークの言葉はコラボまでやることになったルー・リードとどういう点で共鳴したのかのヒントになりそうです。

    lulu_cover_lg
    LULU

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    ルー・リードとメタリカの特設サイト出現
    Loutallica続報(その1)
    ルー・リード、『Lulu』レコーディング中にメタリカを泣かす。
    メタリカのジェイムス・ヘットフィールド「ルー・リードと演るっていったい何が起きるんだ?って感じだった」
    メタリカとルー・リードとのコラボ作『LULU』のアートワークが公開。
    『LULU』のトラックリストが全曲明らかに。
    ルー・リードとメタリカのコラボ作、『LULU』は結局、何枚組仕様なのかまとめてみた。
    メタリカ+ルー・リードのコラボ作『LULU』先行シングル、「The View」が全編試聴可能(歌詞付き)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    先日(2011年9月14日)行われたBIG4ニューヨーク公演のバックステージで行われた『Rolling Stone』のインタビュー動画をご紹介。


    以下、ラーズが語ったところの概略
    (リスニング苦手なので間違ってたらすみません、訂正お願いします)

    ・2年前から始まったBIG4楽しー
    ・ヨーロッパでBIG4やったとき、こりゃアメリカ本国でもやらなきゃと4月に開催
    ・アメリカでのBIG4はステージ内外、観客、メディアの反応まで最高だった
    ・数週間後、ヤンキース側から「エミネムやJay-Zのコンサート実績あるよ、やらない?」とオファー
    ・4月のコーチェラでの成功を考えたらやらない手はない
    ・ニューヨークのロックの体験といったら大概はジャイアンツ・スタジアム、メドウランズ・スタジアム(※)だ
    ・メタリカは他と違うことをいつもやろうとしてきたから、ヤンキースタジアムでやるってのはユニークだしイケてる


    ※いずれもアメフトのニューヨーク・ジャイアンツの本拠地(実際はニュージャージー州にある)

    さらにBIG4のメンバーがそれぞれのライバル関係について語っています。


    こちらはとりあえずラーズのみ大体の内容を。
    (他の人たち聞き取りにくい。。ヒアリングできる方いらっしゃいましたら補足お願いします。。)

    ラーズ・ウルリッヒ
    砂場から出て、人が成長するとき、他の誰かが何をしているかなんて気にしない。自分が何をするかに時間を費やそうとする。(それと同じように)俺にとって、競争っていうのは内在的なものなんだ。それが20年前から大きく変わったことさ。

    なんかデイヴ、痛々しいですね。。
    これから新譜に伴うツアーもあるでしょうから早く回復してね。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    BIG4ニューヨーク公演レポート(メタリカ抜粋版)
    BIG4NY公演、メタリカのオフィシャル動画公開など
    デイヴ・ムステイン、メタリカを語る。
    四天王、スラッシュメタルへの思いを熱く語る。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    イギリスのロック誌、『Classic Rock』のインタビューにて
    ラーズ・ウルリッヒが『St.Anger』についての質問に答えています。

    Classic Rock(以下、CR):『St.Anger』はあなた方の最悪なアルバムといってもいいでしょうか?

    ラーズ:そう考える人がいてもいいと思うよ。

    CR:そんな彼らに同意しますか?

    ラーズ:それはできないね。このアルバムは良いとか悪いとかランク付けはできない。俺にとってはそんな単純なことじゃないんだ。俺が14歳だったらそんなこともできただろうけど、今では世界を(白黒つけない)グレーとして見ているからね。大体において。

    CR:このアルバムのドラム音はヒドかったですよ。

    ラーズ:あれはわざとやったんだ。俺たちがこれまで出したことのない音で誰かが「おっと!おっー!」ってなるようにね。『St.Anger』は他のアルバムとは独立した実験作だと思っている。俺自身、メタリカの大ファンなんだ。それを覚えておいて欲しい。かつて俺たちがやってきたように、ときどきこういった限界をファックしなきゃならない。俺たちはすでに『Ride The Lightning』をやった。いいレコードだと信じている。それをまたやる必要はなかったんだ。

    CR:でも『St.Anger』のなかの良い曲でさえ、(長くて)キリがないです。

    ラーズ:俺たちが最初から最後までこのアルバムを聴いたとき、俺が感じたのは、まぁほとんど俺なんだけど、この体験はすこぶる連打だってこと。リスナーにとっては試されるという点で堪えるものになった。だから俺たちは曲を未編集のままにしておいたんだ。みんなが曲を長く感じるというのはわかるよ。

    CR:あなたはメタリカから離れてジェイムズ・ヘットフィールドと共通点は何かありますか?

    ラーズ:いい質問だね。俺たちは2人とも映画とホッケーにかなり夢中なんだ。さらに2人とも旨い食べ物が好きだし、2人とも朝に靴を履いているよ。

    CR:あなた方2人はどう一緒にやってこられたのでしょう?究極のおかしな2人に見えるのですが。

    ラーズ:本当に楽しいからさ。一緒にジャムったりするのは本当に楽しいんだ。俺たちがメタリカ以外で共通することで大きいのは、お互いメタリカより家族を優先するということかな。これは新しいことだね。俺たちが同じ時期に同じ歳の子供をもったということが、一緒にバンドをやっていく直接的原因だと思う。片方だけ優先度が変わっていたら、たぶん関係を継続することはできなかっただろうね。

    CR:ジェイムズについて世間に間違って思われていると思うことはありますか?

    ラーズ:もちろん。いくつかあるよ。彼は世間で思われているよりずっと優しいし、傷つきやすいよ。彼の男らしい強さのほとんどは彼自身の不安感に対する対処のあらわれにすぎないんだ。とても穏やかな男だし、愛すべきヤツだといつも感じている。あいつと2人だけで過ごしているときはいつもベストな関係なんだ。問題は他のヤツが部屋に入るとすぐに始まるんだ。有利な立場を競ったり、部屋に入ってきた他人に対してそれぞれ争ったりする。おかしなもんだよ。

    BLABBERMOUTH.NETより(2011-07-18)

    かなり挑発的な質問が続いていますが、
    さすがラーズ先生、冷静に答えていますね。

    ジェイソンも同じ時期に家族を持っていたら
    またバンドの状況も違っていたんでしょうかねぇ。

    St_Anger
    St.Anger

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ、ドキュメンタリー映画「メタリカ:真実の瞬間」を作ったことを後悔。
    ジェイムズ・ヘットフィールド、父親としての自分について語る。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    前回の記事に引き続き、ランキングネタを。

    Kerrang!誌の投票にて過去30年で最も影響力のあるロック・バンドの
    ベスト10が選出されました。選出されたバンドは以下の通り。

    01. METALLICA
    02. GREEN DAY
    03. IRON MAIDEN
    04. SLIPKNOT
    05. MY CHEMICAL ROMANCE
    06. LINKIN PARK
    07. BULLET FOR MY VALENTINE
    08. BLINK 182
    09. OZZY OSBOURNE
    10. FOO FIGHTERS


    ラーズは今回の選出についてこう語っています(管理人拙訳)。

    「Kerrang!誌で最もみんなの人生を変えたバンドとしてメタリカが
    投票されたって聴いたら何だか熱が出てボーッとした感じだよ。
    (Kerrang!誌の)1981年の創刊第1号を覚えている。
    俺はNWOBHMにとりつかれたもんだから、
    イングランド詣でをしたもんだ。イングランドの至るところを
    旅行したけど、その創刊号は手離せなかったな。」


    BLABBERMOUTH.NET(2011-06-01)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    英音楽サイトGigwiseが「バンド・ロゴ ベスト50」を発表。
    MTVギリシャで00年代ベストメタルPVのTOP10発表。
    メタリカのベスト100曲を選曲!(米『GuitarWorld』誌)
    Rolling Stone誌読者が選ぶ90年代ベストアルバムTOP10にメタリカのブラックアルバムが選出。
    ギブソンがメタル・ソングのオール・タイム・ベストTOP50と読者投票TOP25を発表。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    先日、新譜もデス・マグネティック同様、リック・ルービン
    のプロデュースでレコーディングを進めることがわかった
    メタリカですが、その後の新譜に関する情報。

    いつもとおりラーズがリークしてくれています(笑)

    【メタリカ、「予備のリフ・ドットコム」着うた(R)サイト?】

    (前略)

    ドラマーのラーズ・ウルリッヒは『Metal Hammer』誌の
    インタヴューでこう話した。「オーストラリアで、ジェイムス
    から700以上の新しいリフを作ったって言われたよ。
    それって、ちょっと凄すぎる。怖いくらいだ」


    当然のこと、すべてをアルバムに収録するのは不可能だろうから
    「残りは着うた(R)にしようかな。SpareRiffs.com
    (予備のリフ・ドットコム)なんてサイト、始めるか」

    などと冗談を飛ばしている。

    Ako Suzuki, London

    BARKS(2011-05-05)

    ちなみに「SpareRiffs.com」は空きドメインっぽい。
    起業家のみなさん!ビジネスチャンスです(笑)

    一方、そのリフを作ったジェイムズは「The Pulse Of Radio」で
    さらに頼もしいことを言ってくれています。

    「俺は自分の創造的なところを止めることができない。
    神様からの素晴らしい贈り物だね。チューニング・ルームにいる時、
    ホテルの部屋にいる時、家でアコースティックをもって
    座っている時といつでもひっきりなしに降りてくるんだ。
    で、その降りてきたモノは録音したり、書き下ろしたり何なりして
    どこかで発表されることになるだろう。今回のアルバムなのか、
    そのまた次のアルバムなのかはわからないけどね。」


    さらに新譜の方向性についてはラーズはこう答えていました。

    「新しい何か(Something New)? うーん・・・そうとは限らない。
    それはどういう視点でみるかによるんじゃないかな。
    俺は新しい何かとは呼ぶつもりはないね。」


    BLABBERMOUTH.NET(2011-05-03)

    結局、どんな感じになるか想像つかないっていう。。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、デス・マグネティックに続く新作もリック・ルービンがプロデュースの模様。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    25周年は『Master Of Puppets』だけじゃないってことで。

    デイヴ・ムステイン率いるメガデスの金字塔となった
    アルバム『Peace Sells... But Who's Buying?』が
    25周年記念のデジタルリマスター盤として7月12日に
    発売されるとのこと。

    このリマスター盤ではデイヴ自らが書いたライナー・ノーツ
    に加え、ラーズ・ウルリッヒも執筆しています。
    一部拙訳にてご紹介。

    まずはデイヴ・ムステイン大佐のライナー・ノーツ。
    タイトルトラックについてこう語っています。

    「これまでいろんな歌詞を書いてきたけど、「Peace Sells」
    には違う何かがあった。俺の信念、信条、政治不信、勤労意欲、
    高潔さについての俺の話が語られているからな。
    まさしく“俺の"歌なんだ。」


    「If there's a new way, I'll be the first in lineって歌詞、
    アーメン!ヒゲも剃らず、フロも入らず、食事もせず、
    家や仲間も何にも持たず、俺はもううんざりしていたんだ。
    まさに「俺が先に逝くぜ、でも今は働いた方がいいな」ってね。
    そうして働いてさ、神に感謝さ。俺が必要としていたものに
    ちょうど充分な早さで、それでいて俺が期待するほどまでは
    早くないっていうところがね。」


    そしてラーズ・ウルリッヒ先生のライナー・ノーツ。
    このアルバムについての愛着がうかがえます。

    「君がこのレコードを1986年に初めて聴こうが、
    今日、明日に初めて聴こうが『Peace Sells』は
    グレイトなヘヴィ・メタル・アルバムだ。
    何も足さない、何も引かない。時の試練に耐えてきた。
    そしてこれから時代を経ても耐え続けるだろう。」


    パッケージ仕様は2種類。
    ■通常盤 2CD
    ■デラックス盤 5Disc + 3LP BoxSet

    meadethpeacerem

    さらに詳しくはMegadeth.comよりどうぞ。

    Megadeth.com(2011-04-19)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ、デイヴ・ムステインとの秘話について熱く語る。

    このページのトップヘ