メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:ラーズ・ウルリッヒ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    おそらくRock Cityで放送されたと思われる
    ラーズ・ウルリッヒのインタビューをお届け。

    (ウチは神奈川テレビは映らないんですよね。。)

     

    BURRN!誌のインタビューとほぼまるかぶりですが
    ラーズの口から直接聴きたい方はこちらの
    日本語字幕付き映像をお楽しみください。



    doyさん、ご投稿ありがとうございます!


    管理人は本日11日に『デス・マグネティック』入手予定です!
    (SHM-CD盤を購入予定)

     

     

    作品名 amazonで
    購入
    HMVで
    購入
    デス・マグネティック〜ストロング・エディションデス・マグネティック〜ストロング・エディション amazonで購入 HMVで購入icon
    デス・マグネティックデス・マグネティック amazonで購入 HMVで購入icon
     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    オアシスは禁煙パイポかwなメタリカニュース。


    【メタリカ、ノエルのおかげでドラッグをやめられた】


    メタリカのドラマー、ラーズ・ウルリッヒは
    数年前にドラッグをやめようと決心した際、
    間接的ではあるがオアシスのノエル・ギャラガー
    に助けられたという。


    「彼ができたなら、俺にもできる」と決心を固めたらしい。


    ウルリッヒはThequietus.comのインタヴュー
    でこう話している。


    「2年前“ああ、もうたくさんだ、もう必要ねえ”
    って思ったんだ。ほんと、ある朝突然そうなったんだよ。
    ノエル・ギャラガーにはものすごく感銘を受けた。
    俺、オアシス・マニアなんだ。(10年ほど前にドラッグをやめた)
    ノエルは“もう、コカインはいらねえ!”って感じだったろ。
    “彼がやめられたんなら、誰だってやめれる”って思ったのさ」


    メタリカ関連ニュースとして、彼らが9月、新作の
    リリースを記念しロンドンでチケット1枚1000円と
    いう破格のコンサートを開くことはお知らせしたが、
    その収益金が、若者に音楽と触れ合う機会を与え、
    彼らの才能をサポートするチャリティ団体Youth Musicに
    寄付されることが明らかになった。バンドはドイツの
    ベルリンでも同様のコンサートを開くが、こちらは
    子供の心臓移植を専門とする地元の医療センターへ
    寄付されるという。


    (後略)


    Ako Suzuki, London


    BARKS(2008-08-29)



    数年前ってかなり最近ぢゃないか。。。
    すっかりクリーンだと思ってたのに(苦笑

    まぁ今はやめられたらしいからヨシとしますか。。

    メタリカも慈善活動にずいぶん参加するようになって来ましたね。


    これに対してってことはないんですが、
    反対にノエル・ギャラガーがラーズに言及していた
    ニュースも一緒にどうぞ。

    >>ノエル・ギャラガー「アルバムがタダで手に入るってんならやるしかねぇよな。でもOasisのは勘弁な」

     

    あいかわらず、ノエルの皮肉の効いたコメントは
    ニヤリとさせてくれます。


    ナップスターの件についてきかれたラーズが


    「ちょっと暇だったからロック界一の嫌われ者にでも
    なってやろうかと思ったのさ」


    と茶化したコメントをしていたのを
    思い出してしまいました(笑


     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    もう夏休みはとられましたでしょうか?
    学生の方は今がそうですかね?
    これからの方もいるでしょう。
    管理人はまだ休みをとれそうにありませんが(苦笑

    本日はラーズ・ウルリッヒの2008年の夏休みの過ごし方をご紹介。


    【メタリカのラーズとコニー・ニールセン、故国デンマークで「豪遊」 】


    メタリカのドラマー、ラーズ・ウルリッヒと女優で恋人の
    コニー・ニールセンは2人の故国デンマークで今夏を過ごす
    ことに決めたようだ。


    2人は現在、コペンハーゲン市内の高級ホテル
    「ホテル・ダングレテール」で6週間のバカンスを楽しんでいる。


    夏休みを海沿いの小さな別荘で過ごすことが一般的と
    なっているデンマーク。しかしラーズとコニーが滞在するのは、
    135平方メートルの広さを誇るロイヤルスイートルーム。


    一晩あたりの宿泊費は2万5200デンマーククローネ(約57万円)、
    滞在費の総額は100万クローネ(約2300万円)以上となる計算だ。
    さらにラーズは28日夜、ホテル内のバーの飲み物をすべて
    買い占めたという。


    コペンハーゲンのタブロイド紙B.T.によると、
    2人はメタリカの欧州ツアーが終わるまで、
    同地に拠点を置く予定だとされている。


    ツアー中も家族との時間を過ごせるようにと考えた結果のようだ。


    コペンハーゲン近郊出身のラーズはテニス選手になるという夢、
    ユトランド半島北部出身のコニーはファッションモデルになる
    という夢を胸に、10代で国外に移住。その後「天職」と出会い、
    2人は現在の成功を手中に収めることとなった。


    (c)The Copenhagen Post

    Web-Tab(2008-08-03)

     

    下世話な話で申し訳ないですが、

    さすがに桁が違う、桁が。

     

    しかし、過ごしているホテルまでニュースに
    なってしまうとは売れっ子の宿命ですかねぇ。
    (って自分もそれに乗っかって報じているわけですが)


    ゆっくり休養して新譜をひっさげてのライヴで
    いいパフォーマンス期待しています、ラーズ殿。


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


    関連記事
    メタリカ、ラーズが離婚
    メタリカ、ラーズに子供、来月からレコーディング開始

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ここんとこ毎日のように更新してますが。。。

    新譜の作成状況がまた伝わってまいりました。
    管理人の怪しいアヤシイ日本語訳にてどうぞ。

    以下なんとな〜くの要約気味な日本語訳↓

    メタリカの9月にリリース予定の新作のミキシングを
    レッド・ホット・チリ・ペッパーズシステム・オブ・
    ア・ダウン
    スリップノットオーディオスレイヴなどの
    作品を手がけているグレッグ・フィデルマンが担当する。

    5月14日にThe Pulse of Radioで行われたインタビューで
    ラーズ・ウルリッヒが語ったことによると、バンドは
    アルバム制作を週末の休みまでに終わらせることを
    望んでいるようだ。

    「かなり完成に近づいてきたよ、来週は4日間スタジオで
    できた曲をまとめるだけの作業をするんだ。
    土壇場になって『これが必要なんじゃないか?』
    ってなったら、またやることがたくさんできるんだ。
    そんで次の週からまたミキシングが始まるのさ」

    また、ラーズは今年の6月13日に出演する
    ボナルー・フェスティバルの宣伝のために
    電話取材に応じた。

    レポーターにメタリカは最近、新しいCDパッケージ
    を決めるため、グラフィックデザイナーと会っている
    ことを明かした。しかし、まだアルバムタイトルも
    決まっていないばかりか、曲も仮の名前のままだそうだ。

    「俺たちはなんていうか、90年代のようなストレスで
    疲れきって愚かなまま作ったレコードとは違った
    ものになりそうなんだ。俺たちはちっとはマシな環境に
    しようと努力しているし、そうなってきた。
    実際、それが続けられるってことに俺たち自身が
    驚いているんだ」
    とラーズが語ったとBillboard.comは
    伝えている。

    「俺たちが音楽というものをほとんどやりつくしたら
    次のレベルのものが舞い降りてきたって感じさ」

    続けて、ラーズはメタリカが26曲をニューアルバム用に
    書いたが、プロデューサーのリック・ルービン
    その26曲から約14曲を仕上げたようだ。実際には
    合計11曲をアルバムトラックにするため、ラーズの言う
    「長さの問題」はさらなる削除を意味しているのかも知れない。

    「長い曲もあるよ…7分、8分、9分、イカれた曲だな!
    って話しているぐらいだ」
    とラーズは明かしてくれた。

    「俺たちは長いとか短いとかで曲を作るわけじゃない。
    ただ自然になるようにするだけさ。本当にそういう意図的な
    編集はしていないよ。(だから)来月かそこらでは1曲
    なくなって10曲になってるかもしれないな。」

    曲についてはこう語っている。

    「確実にいろんなことをやってるよ。
    ヴァリエーションもたくさんだし、速いもの、スローなもの
    メロディックなもの…ハードコアのようなもの、とんでもなく
    イカれたスピードのものまである。以前のレコードを少し
    ダイナミックにしたような曲も含まれているよ。」

    BLABBERMOUTH.NET(2008-05-16)

    >>原文見たい方はこちら


    これまでよりもアルバム制作風景がすごい和やか
    なのが印象的ですが、本人たちが一番それを新鮮に
    思っているのが伝わってきます。

    ラーズの話だとアルバム全体の長さを自ら
    (あるいはリック・ルービンが?)制限かけている
    みたいですね。

    新作はコンパクトに仕上がるんかしら?

     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    誤訳の指摘も待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

    そういえば以前も語ってましたね↓

    ラーズ・ウルリッヒ、新作について語る。


     こっちの方が正しい訳かな。。。>>BARKS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メタリカ。。


    デビュー前のメンバー入れ替えのゴタゴタ、
    ライブが評判を呼び、波に乗ってきたところで
    クリフ・バートンを事故で失い、その後
    ひたすらライブすることで乗り切ったと思いきや、
    今度はナップスター騒動、そしてジェイソンの脱退。
    そして鶴次郎さんを加えての新たな出発。


    ホント、日テレの「いつみても波乱万丈」で取り上げたら
    1回じゃおさまらないくらい怒涛の浮き沈みじゃないか
    と外から見てると思う。


    まぁその模様は「いつみても波乱万丈」じゃなくて
    メタリカ 真実の瞬間』を見ればいいわけで(笑



    そんな修羅場を乗り切ったこそいえる名言、第2弾です。
    ちなみに第1弾はこちら↓


    メタリカの人たちってえぇこと言うわぁ。。



    前回はジェイムズ兄ぃだったので、今回はラーズの名言をピックアップ!



    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    −これまでの歳月の間に学んだことがあるとしたら、
    それは何ですか?−


    自分でコントロール出来ないことでくよくよ悩んで時間を
    無駄にするな
    、ということかな。世の中には俺の手に負えない
    こともあるし、それについて知る必要もないということも、
    何でもやれる必要はないんだということも判った。昔は、
    それが判っていなかったんだ。


    例えば、俺はコンピューターを持っていない。その俺が、
    DVDについて何の決断を下せると言うんだ?俺は10年遅れて
    いるけど、俺の周りには総てを知っていて、俺の代わりに
    やってくれる人達がいる。俺を焚き付けるのはいつだって
    音楽だし、それが俺がいつもやっていたいことだ。


    引用元:『BURRN!』2000年2月号インタビュー記事
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    あんなメタリカという大看板をしょってる大巨人でも
    ラーズの身長はちっこいけど)できないことはあるっちゅう
    わけですなぁ。。。


    やれることを全力で、あとは人と運任せ(笑
    大いに賛成だ!


    そういえばラーズの兄ちゃん!
    ニッポンには「果報は寝て待て」って言葉があるぜ!


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    前回の続きを繰り返していたらついに第4回目。


    前回以前を読んでいない方はこちら↓


    メタリカメタリカのカバーを評価すると
    メタリカメタリカのカバーを評価すると2
    メタリカメタリカのカバーを評価すると3



    今回はラーズの言っていたブルーグラス版の
    メタリカのカバーについて。

    くい

    当たり前のようにラーズが使っていますが、
    ブルーグラスってなんなんだ?と思い、
    まずはそこから調べてみました。



    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    ブルーグラス(Bluegrass music)は、アメリカのアパラチア南部に
    入植したスコッチ・アイリッシュ(現在の北アイルランド、アルスター
    地方にスコットランドから移住した人たち)の伝承音楽をベースにして
    1945年末、ビル・モンローのブルー・グラス・ボーイズにアール・
    スクラッグスが加わってから後に発展したアコースティック音楽の
    ジャンル。


    演奏にはギター、フラットマンドリン、フィドル(ヴァイオリン)、
    5弦バンジョー、ドブロ(リゾネーター・ギター)、ウッドベース
    などの楽器が主に使われる。


    時代に応じたオリジナルを中心に、スコットランドやアイルランドの
    音楽を基にした伝承曲も多い。アップテンポの曲が多く、楽器には
    速弾きなどのアクロバティックなインプロヴァイズが求められ、
    「ハイロンサム」と呼ばれる孤高のブルース感を表現する唱法や
    ハーモニーにも特徴がある。

    1950年代には米国南部を中心としたカントリー市場に、
    1960年代はフォーク・リヴァイヴァルに認められて米国の都会や
    ヨーロッパや日本のフォーク市場に、1970年代にはロックとの融合で
    野外音楽フェスティヴァルに迎えられ、80年代以降はアコースティック
    音楽の録音技術革新とともにジャズやニューエイジなどのより洗練
    されたアンサンブルに達した。


    引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    早い話が「アコースティック版カントリー」といったところですかね。
    日本ではなじみの薄い音楽ジャンルですが向こうでは一般的?


    ブルーグラスをとりあえず理解したところでラーズの言っていた
    ブルーグラスメタリカのカバーを探してみると、、ありました!


    タイトルはずばり『Fade to Bluegrass』
    言うまでもなくメタリカの2nd『RIDE THE LIGHTNING』の名曲、
    「FADE TO BLACK」をひっかけてます。
    こちらは全曲メタリカのカバーですね。
    しかも、vol.2まで出てます。


    そしてなんと全曲、無料で試聴できました!
    というわけで試聴したい方はどうぞこちらへ↓


    Fade to Bluegrass:The Bluegrass Tribute to Metallica


    Fade to Bluegrass:The Bluegrass Tribute to Metallica, Vol.2



    自分も聞いてみましたが、、ん〜微妙。。
    「FADE TO BLACK」なんて泣かせるギターソロがなんだか
    牧歌的なほんわかムードになってるし。。


    アレンジでこんなに変わっちゃうんだなぁ(笑


    Fade to Bluegrass
    Fade to Bluegrass:The Bluegrass Tribute to Metallica
    Fade to Bluegrass vol.2
    Fade to Bluegrass:The Bluegrass Tribute to Metallica, Vol.2


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    新作がいいかげん待ち遠しいメタリカですが、
    やることはやってます(笑


    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    '04年に離婚が伝えられたメタリカラーズ・ウルリッヒ(Dr)だが、
    ワールド・エンターテイメント・ニュース・ネットワークによれば、
    交際相手の女優コニー・ニールセンが先日、二人にとって初めての子
    を妊娠したことが分かった。ニールセンの代理人が妊娠の事実確認、
    来年の夏頃に出産予定と発表している。二人は共に
    “最高に喜んでいる”という。


    今年10月にはカーク・ハメット(G)に男児が誕生した。


    今年の夏にサマソニを含む世界のフェスティヴァルに出演した
    メタリカだが、現在、'03年の『St. Anger』に続くスタジオアルバム
    のレコーディングに向けて準備を整えている。情報筋によれば、
    すでに20曲以上を書き終えたという。また、roadrunnerrecords.com
    などによれば、彼らの'83年のサイン入りアルバム『Kill 'Em All』
    が先日、eBayのオークションで1,476ドル(約17万円)の高額で落札された。


    T.Kimura


    引用元:BARKS(2006-12-08)
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    生まれるのが先か、結婚するのが先か、
    それが問題だ。。ってか?(シェークスピア風


    なんか離婚のときもおんなじようなこと言ってたな(苦笑
    とりあえず早いトコ新作頼む〜!



    KILL 'EM ALL


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    こういうニュースはあんまり聞きたくないけど、
    本業に悪い影響なさそうなんでとりあえず良し、、ですか?


    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    メタリカのオフィシャル・サイトによると、7月19日(月)、
    ラーズ・ウルリッヒ(Dr)が妻のスカイラーと離婚すること
    を公表した。2人は数ヶ月前から別居していたらしい。


    ウルリッヒは最近、NYポスト紙によって映画
    『Gladiator/グラディエーター』に出演したデンマークの女優、
    コニー・ニールセンとニューヨークのグリニッチビレッジでの
    熱愛が報道されたばかり。


    サイトに掲載された声明には、ウルリッヒ夫妻は
    「7年間の結婚生活を経て、離婚することになった。
    現在、すみやかに離婚手続きを行っている」と書かれている。


    ラーズとスカイラーの間には2人の子供がいる。


    先日、ニューヨークほかの都市で公開されたメタリカ
    ドキュメンタリー映画『Some Kind of Monstor』が大絶賛された。


    T.Kimura


    引用元:BARKS(2004-07-20)
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    熱愛が先なのか、夫婦仲の冷却が先なのか
    それが問題だ。。ってか?(シェークスピア風


    ちなみにこの新恋人も結構な美人でいらっしゃる。

    新恋人との2ショット↓

    ラーズとコニーの2ショット

    やっぱスターはちげぇや。。



    SOME KIND OF MONSTER

     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

    このページのトップヘ