メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:ラン・ラン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2017年2月12日(日)にテレビ放送される第59回グラミー賞にメタリカが招待されました。Metallica.comによるととてもユニークで特別なものを計画しているとのこと。メタリカのグラミー賞でのパフォーマンスは、中国人ピアニストのラン・ランと「One」で共演した2014年の第56回グラミー賞以来3年ぶり。ちなみにメタリカは今回、「Hardwired」がグラミー賞ベスト・ロック・ソング部門にノミネートされています。

    jmz_langlang

    Metallica & Lang Lang: One (MetOnTour - Grammy Rehearsals - 2014)


    また、2017年1月18日(木)に行われる「Worldwired Tour」北京公演では、そのラン・ランがスペシャル・ゲストとして出演するとのこと。(今回のアナウンスで以前6公演とされていた1月のアジア・ツアーが5公演と記されており、1月中のアジア・ツアーの追加はなさそうです。。)



    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    グラミー賞2014にてメタリカ&ラン・ランで「One」を共演。
    メタリカ、新曲「Hardwired」が第59回グラミー賞にノミネート
    カーク・ハメット、グラミー賞授賞式で「One」を披露することを明かす。
    メタリカ、第56回グラミー賞授賞式に中国人ピアニスト、ラン・ランと出演決定
    メタリカ、ラン・ランとのグラミー賞共演のリハーサル音源がiTunesで発売

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    まずは更新が遅れているあいだのニュースをちゃっちゃとご紹介。

    ピアニストのラン・ランとのグラミー賞共演のリハーサル音源がiTunesで発売されました。(画像クリックでiTunesのページへ移動)
    metallica-lang-lang-itunes

    soundcloudでも音源が公開されています。


    たしかにリハーサル音源の方がメタリカがやりたかったことがより明確な音源になってますね(汗)

    ちなみにこれがリハーサルの模様。


    【追記】
    ちなみにラン・ランさん、このほど俳優デビューしたらしいです。

    2014年2月19日、世界的ピアニストのラン・ラン(郎朗)が俳優デビュー。放送中の中国ドラマ「愛的婦産科(=愛の婦人科)」に友情出演している。騰訊娯楽網が伝えた。

    中国のテレビ局・湖南衛星テレビ製作のヒューマンドラマ「愛的婦産科」で、人生初の俳優業に挑戦していることが明らかになった。このほど出演シーンのオフショットなどが公開されたが、ラン・ランがどんな役を演じるかは不明。ドラマは今月2日から日曜日のゴールデンタイムに放送されている。撮影は「ゲームに興じる時のように楽しかった」という。ただし出演時間は非常に短いため、「満足できなかった」と感想を語っている。

    ラン・ランは先月27日、第56回グラミー賞でへヴィメタルの人気バンド、メタリカと共演したことが大きな話題になった。メタリカのアルバム収録曲「One」で異色コラボが実現したものだ。このリハーサル・バージョンはiTunesにてダウンロード配信がスタートしている。(翻訳・編集/Mathilda)

    RecordChina(2014-02-20)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、第56回グラミー賞授賞式に中国人ピアニスト、ラン・ランと出演決定
    カーク・ハメット、グラミー賞授賞式で「One」を披露することを明かす。
    グラミー賞2014にてメタリカ&ラン・ランで「One」を共演。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今日はメタリカがグラミー賞でのパフォーマンスを行うということで職場で非常に落ち着きのない時間を過ごしておりました。日本時間では昼休み(12:45頃)にメタリカとピアニスト、ラン・ランとの共演が行われ、ストリーミングのカクカクした動画を見てウズウズしていました(笑)

    YouTubeでさっそく共演動画がアップされていたのでご紹介。


    instagramではこんな近くでメタリカ観れたんか!といううらやま写真も。
    grammy2014
    instagram(2014-01-27)

    カークの「おや?」な場面はありつつも『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』で使われた特殊効果とピアノという異色のコラボを楽しませてもらいました。

    コメントへの返信とこのパフォーマンスに関するメンバーのコメントは後ほど。

    【追記】
    ちなみにメタリカがノミネートされていたベスト・レコーディング・パッケージ部門は逃した模様。(予想も外れた・・・)

    Automatic Music Can Be Fun / Geneseo
    Long Night Moon / Reckless Kelly ←Winner!
    Magna Carta...Holy Grail / Jay Z
    Metallica Through The Never (Music From The Motion Picture) / Metallica
    The Next Day / David Bowie

    【追記2】
    今回のコラボについてのラーズ・ウルリッヒのコメントを管理人拙訳にて。

    「(最後にグラミー賞でパフォーマンスを行ってから)22年経って、また戻って来れたことに本当に興奮しているよ。エネルギーを一気に解き放つためにたくさん溜めるにしても、長い時間だった。」

    「間違いなく、グラミー賞では大部分はコラボだ。だから俺たちは新たな親友、世界的に有名なピアニスト、ラン・ランととてもクールなものをやるんだ。」

    「俺は幅広いスケールで音楽は音楽と考えているんだ。メタリカには定義の上では超えているようには見えないかもしれない。でも間違いなく、彼はとても優秀でダイナミックなミュージシャンで、自分というものを持っている。つまり、彼が演奏するときは、エネルギーいっぱいで、ショーマンシップにあふれ、ステージを飛び出し人の心と魂に突き刺さるんだ。だから俺はいいコラボになると思うよ。」


    BLABBERMOUTH.NET(2014-01-27)

    【追記3】
    レッドカーペットでWOWOWの取材を受けるメタリカ。手前はしょこたんこと中川翔子さん。カークが日本のトイレに感心しきりだった模様。
    grammy2014_wowow
    twitter(2014-01-27)

    【追記4】
    なんでレッドカーペットのインタビュー、ラーズがいないんだ?と思ってたら、案の定、婚約者ジェシカ嬢と一緒だった件。。

    fuse.tv(2014-01-27)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    カーク・ハメット、グラミー賞授賞式で「One」を披露することを明かす。
    メタリカ、第56回グラミー賞授賞式に中国人ピアニスト、ラン・ランと出演決定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    RollingStoneにてカーク・ハメットがグラミー賞授賞式のパフォーマンスについて語ってくれました。管理人の拙訳にてどうぞ。

    20140116-KirkHammett-LangLang

    今年のグラミー賞授賞式で、メタリカは中国人コンサート・ピアニスト、ランランと彼らの曲「One」をプレイする。そしてその瞬間への準備を入念に行っている。「完全にイカれてるね。」ギタリストのカーク・ハメットはサンフランシスコの自宅にてRollingStoneに語った。「ラン・ランは俺たちのキャリアのなかでも他の誰もやったことのないやり方で自身を曲に差し挟んできた。彼がこの曲の主要パートを弾くことになる。彼がメロディーを弾くんだ。」

    (中略)

    カーク・ハメットはバンドがすでにラン・ランが貢献したデモ・トラックに取り組んでいると言う。「彼(のピアノ)は俺のギターソロのあいだを織り挟んでいくんだ。俺にとっては驚きだよ。他の楽器と一緒に苦もなくそんなことをやってのけることなんてなかったからね。」

    しかし、バンドが(アレンジを)何かソフトにしようとしているとは考えないほうがいい。「俺たちの全てのヘヴィーなパートは保たれたままだ。本当にクールでダイナミックになるよ。」

    (後略)

    RollingStone(2014-01-17)

    どの曲をやるのかと思っていましたが、メタリカがグラミー賞を最初に獲得した自分たちの曲を披露するわけですね。
    グラミー賞の模様はWOWOWでも放送されますが、CBS系列での配信もありそうです。配信についてはこちらが詳しいのでご参考まで。
    http://blog.livedoor.jp/metaryuca/archives/7034970.html

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、第56回グラミー賞授賞式に中国人ピアニスト、ラン・ランと出演決定

    このページのトップヘ