メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:メタリカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2017年11月10日(国内盤11月17日)に発売される『Master Of Puppets』リマスター盤。このボックスセットに収録される、スコット・イアン(アンスラックス)が『Master Of Puppets』収録曲の「Orion」について書いたエッセーが公開されていました。管理人拙訳にてご紹介。

    ULF-MAGNUSSON_metallica1986

    これが1986年のことで、彼ら(メタリカ)が新しい地平を築いていたってことを覚えておかなきゃならない。「Master Of Puppets」「Sanitarium」のような曲を聴いた時、30年も経った今となっては彼らが何をやっていたかわかる。でも1986年には「E=mc2」(訳注:アインシュタインの特殊相対性理論から導かれた式、難解なものの例え)だったんだ。理解しえないものだったし、俺はまだ彼らの傑作「Orion」に触れてすらいない。

    マジで、あいつらベートーベンの妙薬でもみつけたのか?どうやって成長を遂げて、8分半のインスト曲を作ったんだ?「Orion」は心を打つし、まとまりがあって、エキサイティングでダイナミックだよ。メタリカは次に何をやってくるんだろうと思ってたから、俺の耳が飽きるなんてことはなかったね。


    noisey(2017-09-27)

    『Master Of Puppets』リマスター盤ボックスセットから未発表ライヴ音源「For Whom the Bell Tolls (Live at Hampton Coliseum)」も公開されています。


    ■輸入・国内盤仕様
    ・リマスター・デラックス・ボックス・セット(32,400円(税込))
     品番:UICR-9041

    ユニバーサルミュージック
    Amazon
    タワーレコード
    HMV
    ディスクユニオン

    ・リマスター・デラックス(仮)(3,888円(税込))
     品番:UICR-1133/5

    ユニバーサルミュージック
    Amazon
    タワーレコード
    HMV
    ディスクユニオン

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    『Master of Puppets』のリマスター・デラックス・ボックス・セットが日本で発売決定
    『Master of Puppets』のリマスターBOXが2017年11月10日発売決定、予約受付開始

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    「自分たちが大好きな70、80年代のハードロックに専念した雑誌がどこにもなかったから作った」という2017年3月に創刊したばかりの雑誌「Rock Candy」。最新号となる2017年11-12月号(Issue 4)はメタリカ表紙。

    rockcandy04

    記事では草創期メタリカやガンズ・アンド・ローゼズなどが取り上げてられているようです。
    rc_metallica
    gnr

    購入はこちらから。
    https://www.rockcandymag.com/

    最新号の中身の紹介はこちらから。
    https://www.rockcandymag.com/latest-issue

    あいくんさん情報ありがとうございます。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    英「Metal Hammer」誌、メタリカ表紙でWorldWiredTour特集
    英HR/HM雑誌「METAL HAMMER」でメタリカ表紙&特集
    英「METAL HAMMER」誌の25周年記念号でクリフ・バートン特集

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ESPよりカーク・ハメットの新シグネチャーモデル「KH OUIJA NATURAL」が発売されるとのこと。
    kh_ouija_natunal

    これまで白や黒のOUIJAモデルは発売されていましたが、今回は2010年からカークが使用している最初のOUIJAモデル。
    kh_sep16_2010

    日本でカスタムされたというESPバージョンは限定25本、販売価格は12,000ドル。特注ギターケースにESPからの正規証明書付き。
    ouija_original

    esp_original
    LTDバージョンは限定666本、販売価格は1,399ドル。

    ESPバージョンの仕様はこちらから。
    http://www.espguitars.com/pages/ouija-natural-esp

    LTDバージョンの仕様はこちらから。
    http://www.espguitars.com/pages/ouija-natural-ltd

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    カーク・ハメットの新シグネチャーモデルギター「KH DEMONOLOGY」登場
    ESPギター、カーク・ハメットのニューモデルギター「Nosferatu」を300本限定発売
    ESPギターから『Master Of Puppets』リリース30周年記念モデルギター発売決定
    カーク・ハメット、購入した伝説のギター「Gary Moore/Peter Green Les Paul」についてコメント
    ESPギター、『Ride The Lightning』発売30周年記念モデルを公開
    ESPギター、『Kill 'Em All』を含むメタリカの新シグネチャーモデルを公開


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ヨーロッパツアー中のメタリカですが、ニュースレターからステージで使用するファンアートを募集しているとのお知らせが届きました。投稿されたアートワークは、アリーナに吊るされたキューブで流すビデオのなかで写される予定とのこと(参考動画参照)。

    参考動画


    投稿は「fan.art@metclub.com」まで。
    fanart

    俺たちはメタリカファンが発揮する創造性が大好きだし、キミの持っているものを次にストアで見るのを待ちきれないよ!
    とあるため、今後のグッズ販売も視野に入れているのかもしれません。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    幻のアートワーク、『Metal Up Your Ass』のTシャツが復刻発売。
    メタルアルバムのジャケットアートワークを特集した『...And Justice For Art』改訂版が限定300部で発売
    Supreme、2017年秋冬コレクションでメタリカの『Load』のアートワークを使用
    2016年、メタリカ情報局から新年のご挨拶

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ラモーンズのマーキー・ラモーンがMCを務める「Virgin Radio」にてジェイムズ・ヘットフィールドが「Here Comes Revange」の歌詞についての着想について語っていました。UltimateGuitar.comの文字起こしを管理人拙訳にてご紹介。

    jmz_revenge

    −復讐(Revenge)についての曲があるけど、これは何に着想を得たものなのか?

    ひとりの父親として、以前のように物事や世界がどれだけねじ曲がっているかを見たりするのとは違ったものに影響を受けている。

    でも、それから子供たちがとても賢くなっていることに気付かされたよ。彼らはオープンだし、なんとかなるって感じなんだ。でも俺の父親は「世界は地獄になっちまった!」って言っていたし、彼らの父親(自分)も同じことを言っている。

    それでわかったんだ。それは一種の心理療法だってね。世の中で起きていることについてちょっと不平を言うようになる。

    で、俺たちのファンがいて、彼らの立場に身を置こうとしてみたんだ。とてもたくさんの公演に来てくれたカップルがいてね。彼らがメタリカに興味を持ったのは、若い娘さんが俺たちの大ファンで、酔っぱらった運転手によってひき殺されたからだった。

    それには衝撃を受けたよ。「どうしたら世界でポジティブなものを見出して、自分の娘とまた通じ合うことができるだろうか」それがメタリカであり、彼女が愛した音楽だったんだ。理性がポキっと折れて、冷酷になってこんなことをした奴なら誰でも攻撃をしたくなる代わりにね。

    だから俺は彼らの立場に身を置いて(考えた)、復讐は実行するのに本当に力強く素晴らしいものだと感じなければならないが、その衝動を満たすものではなかったんだ。


    UltimateGuitar.com(2017-09-25)

    インタビュー全編はこちらから。アルバムのプロダクション面や故レミー・キルミスターについても語っています。


    ジェイムズは以前、Metallica.comにてファン会報誌SoWhat!のエディター、ステファン・チラジとのインタビューで『Hardwired...To Self-Destruct』全曲の歌詞について語っており、「Here Comes Revenge」については次のように話しています。
    ステファン
    子どもが殺された悲しい物語についてたくさん読んだのかな?それにどうやって折り合いをつけることができたんだろう?

    ジェイムズ
    そうだね。モーガン・ハリントン(※)がいる。誰かを奪われた家族についてはたくさんのことがある。息子が死んだ友人もいるし、名前は挙げたくないけど、ずいぶん長い間ツアーに帯同してきているカップルがあの曲の助けになったし、俺にとってインスピレーションになったんだ。彼らの娘さんが酔っ払いの運転手にひき殺された。彼女はメタリカが大好きだったんだ。このご家族が娘さんと繋がったままでいる方法がメタリカのショーに来て彼女が楽しんでいたものを楽しむということだったんだ。そうやって繋がっているんだろう。あれには本当に驚かされた。とても強いよ。それは自分にも起きうる傷つく出来事だね。つまり人生をぶち壊し、ただ座って四六時中そのことについて考えては、何度も何度も思いを巡らすんだ。「どうしたら物事を変えられたんだろう?もしこうだったら?ああだったら?」どうしたら怒りを抑えられるだろう?どうしたら子どもの人生を奪った相手に怒らずにいられるだろうか?それは俺にとって本当の強さだと思う。俺がするであろう考え方を書いているからね。復讐が起きるのを祈って、それが答えだと考えるだろう。結局そんなことは起きないとはわかってるけどね。

    ※2009年にメタリカのライヴを観に行った後に行方不明となり、遺体となって発見されたヴァージニア工科大学の学生。事件究明のためにメタリカは有力な手がかりを申し出た者に賞金5万ドルを提供。ジェイムズは事件の手がかりを求める動画メッセージを公開した。後に別の殺人事件の容疑者が当該事件の容疑者として再逮捕され終身刑となった。

    Metallica.com(2016-11-19)

    Here Comes Revenge


    RL72 - The Making of "Here Comes Revenge"


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ジェイムズ・ヘットフィールド、『Hardwired...To Self-Destruct』収録曲の歌詞について語る(1)
    ジェイムズ・ヘットフィールド、『Hardwired...To Self-Destruct』収録曲の歌詞について語る(2)
    ジェイムズ・ヘットフィールド、『Hardwired...To Self-Destruct』収録曲の歌詞について語る(3)
    ジェイムズ・ヘットフィールド、『Hardwired...To Self-Destruct』収録曲の歌詞について語る(4)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Supremeが2017年の秋冬コレクションでメタリカのアルバム『Load』のアートワークを使用したスケートボード・デッキ、フーディー、帽子、スウェットパンツを発売することは先日お知らせした通り。今回はこれに加えてVansとSupremeがコラボしたスニーカーも同日発売されると発表されました。発売されるのは、「Sk8-Hi」「Chukka」「Old Skool」の3種類(画像参照)。

    supreme_xx
    instagramより

    またこれに合わせて、『Load』のアートワークを手がけたアンドレス・セラーノ作品「Piss Chirst」のTシャツやフーディーも発表されました。やはりSupremeとしてはメタリカの『Load』というより、アンドレス・セラーノの「Blood & Semen」とのコラボということでしょうか。

    発売開始は、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリの店舗とオンラインストアは2017年9月21日から、日本では2017年9月23日からとのこと。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    Supreme、2017年秋冬コレクションでメタリカの『Load』のアートワークを使用
    メタリカ×VANSの『KILL 'EM ALL』スニーカーが発売予定など
    メタリカ自らがデザインしたVansのコラボ・シューズ発売開始

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1960年代、70年代のホラー雑誌「Famous Monsters」の表紙を描いたことで知られ、メタリカファン的にはカーク・ハメットのギター「The Mummy」のアートワークで知られるバジル・ゴゴス氏が78歳で亡くなったと公表されました。
    0811_horror-posters-pem10

    ギターのアートワークのみならず、2014年にカーク自身が主催したホラー・フェスティバル「FearFestEvil」にバジル氏をゲストとして招待しており、交流を持っていました。FearFestEvilの時の写真とともにFacebook上で追悼メッセージを寄せています。(管理人拙訳)

    バジル・ゴゴスの絵はとてもリアルでキャンバスから飛び出して、本当に生きているかのようだった・・・彼の作品はホラー界の傑作だし、彼は天才だった。安らかに。バジル・ゴゴス!
    kirk_basil
    Facebookより

    先日、このFearFestEvilにも参加していたゴジラのスーツアクター、中島春雄さんが亡くなったばかり。隣り合ったブースでいらっしゃいましたが、この短い期間でご両人とも鬼籍に入られるとは・・・

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    「Kirk von Hammett's FearFestEviL」レポについて

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2017年9月19日発売の「Metal Hammer」誌はメタリカ(ジェイムズ・ヘットフィールド)が表紙。
    metalhammer2017_0

    内容はWorldWiredTourの北米ツアー特集で、ステージ最前列からバックステージ、メモラビリア展示など全てのエリアを取材しているとのこと。
    metalhammer2017_1

    日本の各店舗での発売は9月末の見込み。
    Metal Hammer(タワーレコード)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    英HR/HM雑誌「METAL HAMMER」でメタリカの『Kill 'Em All』特集
    METAL HAMMER誌2011年5月号はメタリカが表紙。
    英HR/HM雑誌「METAL HAMMER」でメタリカ表紙&特集
    英「METAL HAMMER」誌の25周年記念号でクリフ・バートン特集
    ラーズ・ウルリッヒが「Metal Hammer」で語るもろもろのこと。
    METAL HAMMER誌でメタリカ&『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』特集

    このページのトップヘ