メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:メタリカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    このメタリカ情報局にYouTubeの動画を貼り付けておるわけですが、


    現在、YouTube動画を見ることができません。


    YouTube本体もアクセスしにくい状態にあるので、ライブドアブログ
    というよりYouTubeが原因でしょう。


    「動画みたい!」と思ってアクセスしてくださった方には
    申し訳ありませんがいましばらくお待ちくださいませ。

     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


    【追記】

    一応解決済みなんですが、時間帯によっては見れないときもあるようです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    サッカー日本代表監督がイビチャ・オシムになってからサッカー界で
    複数のポジションをこなす選手のことをポリバレントということが
    増えてきたそうです。


    自分はサッカー詳しくないので一瞬「入れ歯安定剤」かと思いました。。

    トルシエのころはユーティリティープレイヤーだとか、
    マルチロールだとか、マルチプレイヤーだとか言ってた気がしますが。


    まぁここはサッカーのページじゃないので
    そのへんは深くつっこまないようにします。



    なんでそんな「まくら」(これは落語用語ですね)から入ったかと言うと、
    メタリカも流行りの「ポリバレント」ってヤツなんですよ。
    バンドにとって複数のポジションと言えば、、、、楽器ですね。


    ジェイソンがいた時代になるんですが、メタリカ全員が
    「ポリバレント」なアーティストなのです!


    その証拠がこれ↓



    ジェイムズ:リズムギター&ボーカル→ドラムス
    ラーズ:ドラムス→ボーカル
    カーク:リードギター→ベースギター
    ジェイソン:ベースギター→リードギター


    見事なポジションチェンジ(笑


    長い時間帯のライブや長期滞在のツアーだとこういうお遊びも
    見れたりするんですかねぇ。。


    そんなメタリカ、ひと目見たいもんです。


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    新作がいいかげん待ち遠しいメタリカですが、こういう時期になると
    今のご時勢でしょうか、デモ音源なるものがネットで流出なんてことが
    あったりなかったり(どっちやねん


    そんな真偽不明なメタリカの新曲」を一挙ご紹介。
    結構、辛口批評コメント書いてるから本物だったら怖い(苦笑


    ■不明その1

    初期セパルトゥラみたい。。それはそれで好きなんだけど。
    よく聴くと曲そのものが惰性のリフが多くてメリハリがない?
    これを聴くぐらいならデリンジャー・エスケイプ・プラン
    聴いた方がいいかなぁ。。


    ■不明その2

    その1と同じ投稿者ということもあってか、こちらもはじめの方は
    初期セパルトゥラみたい。。途中からのメロウなリフへの入りは結構好きかも。
    ただよく聴くとリズムとかピッキングとかの細かい部分がヘタクソな気が。
    まぁ本家メタリカも抜群にウマイかと言われると(以下略


    ■不明その3

    その1、その2と同じ投稿者。
    メタルというよりハードコア・ラウドロック系統でしょうか。
    でも完全インストでラウドとは言わないのかな?
    って投稿者が「The band is Holywars.」ってコメント書いてる。。
    上記3つ全部同じ投稿者だから「Holywars」ってバンドの音源ってこと??

    してやられた!!


    ■不明その4


    これまでとは別の投稿者。
    ギターソロの指癖なんかはカークっぽい!
    ただ本物かと言われると、どだろ?
    露骨にブラックサバス的な感じがするんだけど。。
    ライブで披露された新曲を聴く限り、曲の複雑化傾向は変わらないと
    個人的には思うので、それと比べるとちょっとシンプルすぎ?
    でもこの曲はかなり好きだったりする(笑


    聴いてどう思います?

    こちとら、エキセントリック少年ボウイの
    カウボーイが敵か味方かわからないぐらい
    わからねぇ。。


    ちなみにデリンジャー・エスケイプ・プランを聴くならこの一枚から!


    アイロニー・イズ・ア・デッド・シーン
    Irony Is a Dead Scene


    だいぶ前衛的変態音楽なのでかなりの変態な方はぜひ(笑
    フェイス・ノー・モアパットン閣下ことマイク・パットン
    絶妙な変態ボーカルかましてくれます。


    そしてブラックサバスを聴くならこの一枚から!


    パラノイド
    パラノイド


    ジャケがなんとも言えない「ダサさ」をかもし出してるけど
    中身は有名曲が多くてまさに入門編にうってつけ!
    外見より中身が大事だってことですね(笑


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ジェイムズ兄貴の武勇伝がまたここに・・・(苦笑


    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    未遂も含めテロ事件が相次いでいるイギリスで、
    メタリカのシンガー、ジェームス・へットフィールド
    テロリストではないかと疑われたそうだ。
    メタリカは先週、<Live Earth>出演のため渡英したが、
    空港でその風貌が怪しいとにらまれたらしい。


    『The Times』紙によると、彼は木曜日(7月5日)
    入国しようとしたルートン空港で止められたという。
    彼のトレード・マークでもある髭が、タリバン
    (イスラム原理集団)ではないかと疑われたらしい。
    彼は簡単な取調べを受けた後、開放されたが、
    当局に「ロック・スター」であることを説得
    しなくてはならなかったという。


    無事入国できたメタリカは、<Live Earth>で
    パフォーマンスした翌日、同じウェンブリー・スタジアム
    で自身のヘッドライン公演を行なった。<Live Earth>を
    含め、現在UKでは様々なフェスティヴァルが行なわれており
    海外からのアーティストが続々と来英しているが、
    空港で止められたというニュースが入っているのは、
    ヘットフィールドだけだ…。


    Ako Suzuki, London


    引用元:BARKS(2007-07-10)
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    前回の記事ジェイムズの風貌について書きましたが、
    まさかこんなことになるとは(笑


    ってか正直、笑い事じゃないんですがね。。
    体つきがごつくなってるし、当局関係者は


    「こいつ、なんかやらかしそう。。」


    なんて思ったんでしょうか?(苦笑


    イギリスでもメタリカは知名度は十分かと思っていたけど
    お偉いさんのなかではまだまだということかぁ。


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


    【追記】


    このニュース誤報でした!!
    詳しくはこちらをどうぞ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ライブアース(LIVE EARTH)や最近のメタリカのライブを目にして
    ジェイムズ兄貴のやたら長い「あごひげ」が気になった人は
    多いんじゃないでしょうか?


    自分もその一人です(笑


    ジェイムズの髪型やヒゲが変わるのは何も特別なことはなく、
    これまでもいろいろ変遷と遂げてきてます。


    そんなこれまでのジェイムズ兄貴の変わりゆく容姿をモーフィング
    (顔がだんだん別の人の顔になるような映像処理)にでも
    したら面白いかなぁ(笑 などと考えていたら似たようなことを
    考える人はいるもんで。


    例によってYouTubeで見つけました。
    ジェイムズ兄貴の変わりゆく御姿をとくとご覧あれ!



    簡単にジェイムズ兄貴の変貌ぶりを文章にまとめるとこんな感じ(笑

    坊ちゃんカット
    長髪にする
    →さらに伸びる髪
    →口ひげを生やす
    →体型、ややごつくなる
    →口ひげとあごひげがつながる
    →あごひげの真ん中を剃るなどヒゲにバリエーション
    →前髪を短くしてみる
    →体型さらにごつくなる
    →黒タンクトップが似合う
    →初期のころのあどけなさはどこへやら
    →横髪だけを刈り上げてモヒカン風
    →長髪をバッサリ、口ひげもそる(もみあげ+あごひげ)
    →髪が微妙に伸びる
    →口ひげを伸ばしたりそったり
    →伸びた髪が巻き毛風に
    →伸びた髪をまたばっさり、髪は後ろにまわす
    →体型やや横に肥大化
    →口ひげはそったまま、髪が伸びてオールバック
    →あごひげが長く伸びてサンタ化(現在)



    個人的にはブラックアルバム前後のヒゲに長髪、黒タンクトップか、
    『RELOAD』のころのヒゲ+ちょっと長い髪のジェイムズが好きなんですが。
    「The Memory Remains」のプロモとか)


    正直、最近のオールバックや長いあごひげはあんまりイケてないかと・・・。
    『S&M』のころの髪までいくと「ちゃんと切るか伸ばせよ」な感じがするし・・・。
    そして最近、横に肥大化しつつあるのが気になる・・・。



    まぁ余計なお世話ですか(苦笑


    ちなみにこれが一番カッコイイ、メタリカのプロモと信じて疑わない
    「The Memory Remains」のプロモ↓(カッコイイのはライブが一番なんだけど



    正直、このころのカークは見た目、イケてない(笑


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ライブアース(LIVE EARTH)の記憶が覚めやらないうちに
    というわけでもないんでしょうが・・・。


    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    METALLICAの激レア・デモ音源集『Fan Can The Demo's Vol.1』
    が8月1日にリリース


    韓国でのライヴを収録したライヴDVD『Live In Korea』の発売を
    7月31日に控えたメタリカ。彼らが以前にファンクラブ限定で配布した、
    デモ音源シリーズ『Fan Can』が8月1日に待望のオフィシャル・リリース
    されることが決定した。ファンには大好評のこのシリーズは、もともとCD、
    DVD、Tシャツなどのアイテムが缶詰めにされた激レア・セット。
    今回はそのセットの内、CDのみがリリースされることになりますが、
    オフィシャル・サイトでは現在完売となっている貴重音源だけに、
    これを見逃す手はありません。期待して待ちましょう!


    引用元:bounce.com(2007-07-06)
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    いやぁズルいなぁ、メタリカ。。
    こんなん熱狂的ファンだったら、ファンクラブで手に入れてても
    オフィシャルはオフィシャルで買っちゃうじゃん。。


    ホント日本だとメタリカの情報ってビーイング系のアーティストか!って
    ぐらい露出情報少ない気がしてるんですが(苦笑
    メタリカは海外アーティストにしちゃ、まだあるほうですかね。。


    ビーイング系がわからない人はこちらをクリック


    まぁそんな飢餓感のなか、こんなニュース流れたら
    飛びつかずには入られない(笑


    そんなメタリカ中毒な日常。


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    新曲(2)の前にもっとタイムリーなライブアース(LIVE EARTH)の話題を。


    ライブアースとは2007年7月7日オーストラリア・シドニーを皮切りに、
    世界全7大陸の各地で順次、開催される地球温暖化防止の啓発を目的とした
    コンサートキャンペーンです。


    参加アーティストが多岐に渡ってとっても豪華なんですが、
    そのうちメタリカも参加しているというわけです。


    ちなみにメタリカ以外の参加アーティストを一部抜粋すると、、
    (順不同)


    アリシア キーズ(Alicia Keys)

    ボン ジョヴィ(Bon Jovi)

    スマッシング パンプキンズ(Smashing Pumpkins)

    ポリス(The Police)

    ビースティ ボーイズ(Beastie Boys)

    ブラック アイド ピーズ(Black Eyed Peas)

    ブロック パーティ (Bloc Party)

    デュラン デュラン(Duran Duran)

    フー ファイターズ(Foo Fighters)

    ジェネシス(Genesis)

    キーン(Keane)

    カサビアン(Kasabian)

    マドンナ(Madonna)

    レッド ホット チリ ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers)

    リンキンパーク(Linkin Park)

    イエロー マジック オーケストラ(YMO)

    リップスライム(RIP SLYME)


    ホントに豪華!!(他にも豪華なアーティストでお腹いっぱいっす)
    知らないうちにポリスとYMOが再結成されてました(笑


    ライブアースの公演はアメリカイギリスオーストラリア日本
    中国南アフリカブラジルドイツで行われたんですが、
    メタリカはこのうち、イギリス公演に参加。


    ライブの様子はCSやネットで生放送が配信されてましたが、
    時間的に視聴はムリと判断(笑 時差ありますからねぇ〜。


    このへんがメタリカ愛が足らねぇとかいわれるんだろうな(苦笑



    まぁそんなわけで見た人も見逃した人もいることかと思いますが
    ライブの様子はまだ見ることできます。


    まずはライブアースの公式ページに行ってから。


    >>「LIVE EARTH」日本公式ページ


    そこからビデオ(画面上部)→再生リスト(画面下部)で「イギリス」
    アーティスト/タイトルで(画面下部)「METALLICA」を選択。
    そしてビデオ(画面下部)の曲名を選択すれば見られます。


    メタリカは当初予定されていた「For Whom The Bell Tolls」
    含んだ4曲だったようですが、3曲だけ。
    すべてブラックアルバムからの曲となりました。

    「Sad But True」
    「Enter Sandman」
    「Nothing Else Matters」


    この公式ページからはいつまで見れるかわからないので
    YouTubeにアップされていた動画も合わせてリンクっときます。


    「Sad But True」


    「Enter Sandman」


    「Nothing Else Matters」



    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    すごいタイトルですが、、ホントにロバート・トゥルージロには
    頑張って欲しいんです。
    新作にはガンガン前に出てきて欲しいってのはもちろんのこと。


    こんな一件があったので。。。



    メタリカが2006年3月、南アフリカでライブを行ったその最終日。
    まずは、それを伝えた2種類の報道記事を見てもらいたい。


    ひとつめの記事↓
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    (前略)ケープタウンのショウはさらに良くなっていた。


    しかし、3曲目の"Harvester Of Sorrow"のところで、総てが崩れ始めた。
    突如、電源が落ち、メンバー達はステージに立ち尽くした。
    すかさずジョークを飛ばしたのはロブである。
    (「請求書の支払いを忘れたのは誰なんだ?」)幸い、5分かそこらすると、
    PAは復旧した。"Harvester Of Sorrow"を無事に演奏し終えて、
    ジェイムズ「ここのヤワなスピーカーには俺達はメタル過ぎたってことかな」
    と笑った。


    (後略)


    引用元:『BURRN!』2006年6月号ライブレポート記事
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



    そしてもうひとつの記事↓
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    先日、南アフリカ公演を終えたメタリカだが、
    最終日に予期せぬハプニングがあった。


    The Starによれば、25日のコンサート中に突然、サウンドが途絶えた。
    これは同国で最近多発している停電によるもので、場内が闇に包まれ、
    観客は持参のライターで急場をしのいだという。10分ほどで復旧したが、
    この停電にジェイムス・ヘットフィールド(Vo)が
    「電気代を払ってないんじゃないか?」とジョーク。
    彼はまた、機材が「メタルに耐えられなかったのかも」とコメントしている。


    (中略)


    T.Kimura


    引用元:BARKS(2006-03-27)
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    ・・・ん?ん!?
    最初のジョークを言ったのがロブからジェイムズにすり替わってね?



    記事の信憑性から言ったらライブのセットリストから演出方法まで
    こと細かに伝えている『BURRN!』に軍配。


    もし、ジェイムズが「電気代を〜」を言ったとしても、
    電源落ちて、すかさずジョークかましたロブたん(鶴次郎)を無視するねぇい!
    汗っかきのゴリラーマンだけど頑張ってんだぞ!(フォローになってねぇ



    さらにジェイムズがもし「電気代を〜」のくだりを言ってなかったら
    ひどい話だわ。。
    編集者が「あっそれジェイムズが言ったことにしたほうがおもろいわ」


    みたいな!みたいな!
    ロバート・トゥルージロが新作で存在感を見せればこんなことは
    絶対なくなるはずなのだ!


    というわけでこのブログは鶴次郎を全面的に応援しています。
    (そんなこと言っといて新作コケたらあっさり見放す最低なヤツです。)


     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

    このページのトップヘ