メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:メタリカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メタリカとアート。

    こんなタイトルを書くとMASA ITOが書いた
    メタリカの7thアルバム『RELOAD』
    ライナーノーツを思い出します。

    「"ヘヴィ・メタル"と"アート"―最も似つかわしく
    ないと思われてきた両者が合体する。
    METALLICAはもはやそのアティテュードからして、
    このレヴェルで語られなければならない。」

    音楽的なアートの解釈は聴く人それぞれに
    お任せすることとして、今回は音楽以外のお話。


    「Until It Sleeps」のPV。
    個人的に2番目に衝撃を受けたメタリカのPVです。
    1番目はもちろん「One」のPVなんですが。

    この曲、歌詞の内容的にも宗教のお話が
    影響を受けていることは「歌詞勝手に解釈論」でも書きましたね。

    ※未読の方はコンテンツメニューから
    「歌詞勝手に解釈論」をご覧ください。

    そのPVでも宗教、つまりキリスト教の有名な場面が
    モロに描かれています。で、何がアートなのかと。

    実はこのPV、レオナルド・ダヴィンチと同時代に生きた
    ヒエロニムス・ボス(ボシュ)が描いた『快楽の園』
    を映像化したものと言われています。

    『快楽の園』は「地上の楽園」、「快楽の園」、「地獄」
    という3つのパネル画から成る三連祭壇画です。

    「地獄と怪物の画家」と言われるだけあって「地獄」の絵が
    特に印象的なんですが、PVで描かれているのも
    この「地獄」画が中心です。

    ヒエロニムス・ボス『快楽の園』より「地獄」↓

    bosch00

    「地獄」では人を食べる鳥の頭をした怪物が出てきますが、
    まったく同じ怪物がPVにも描かれています。

    『快楽の園』、地獄の一部(拡大)↓
    bosch01




    「Until It Sleeps」のPVの一部↓
    Until_It_Sleeps01



     
    他の人の絵の影響を受けたと思われるところも
    あったり、語りたいことが結構あるんですが、
    それはまた次回ということで(苦笑

    この記事へのトラックバック・感想等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。

    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

     

    ヒエロニムス・ボスの『快楽の園』を読む 「悦楽の園」を追われて
    メタリカ/ビデオズ 1989-2004METALLICA/VIDEOS 1989-2004(DVD) ボス 謎に包まれた生涯(DVD)
    ◆20%OFF!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ブログネタ
    PVレビュー に参加中!

    今日はちょっと変わったメタリカの動画をご紹介。

    出典がわからないので正式なものかどうかも
    よくわからないのですが、おそらくは
    ファンが作ったと思われる「Fade To Black」のPVです。

    「One」メタリカの一番最初のPVなので
     それ以前に出している「Fade To Black」
     正式なPVはないだろうと思うんですけど。

    メンバーの演奏シーンはフィギュアでできているので
    ちゃっちい感じですが、内容的には
    かなりよくできているんではないかと思いました。

    ちょっと気味の悪い映像かもしれませんが、
    ご覧くださいませ。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    フィギュアのシーン以外で使用されているのは
    映画「エレファント・マン」からのシーンです。

    「エレファント・マン」とは、19世紀のロンドンで
    実在したジョゼフ・メリックの半生を描いた映画で、
    監督は「ツイン・ピークス」で有名なデヴィッド・リンチ。

    生まれつき奇形で醜悪な外見により「エレファント・マン」
    として見世物小屋に立たされていたメリック青年が、
    人々と交流する中で閉ざされていた心を開いていく
    というのが大筋のストーリーです。


    この映画を観たわけではないので結末を知りませんが、
    「Fade To Black」の描く歌詞世界と映画の雰囲気が
    マッチしていてよくできてるなぁ、って思いました。

    「Fade To Black」の歌詞の和訳等々はサイドメニュー上部の
     「歌詞勝手に解釈論」からどうぞ。

    この記事へのトラックバック・感想等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。

    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


    素顔のエレファント・マン(DVD) ◆20%OFF!

    映画「エレファント・マン」はこちらから↓
    エレファント・マン

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    さぁさぁ、新作が待ち遠しいメタリカのニュースです。
    ラーズ・ウルリッヒが新譜について語っています。

    *************************************************
    メタリカのドラマー、ラーズ・ウルリッヒが、
    今春リリースが見込まれているバンドの待望の
    ニュー・アルバムについて語った。

    ウルリッヒは『Revolver』誌のインタビューで、
    新作について「今回の作品は、確実に過去の数作
    よりもずっとダイナミックだし、かなりの変化を
    遂げている。曲の中に、光と影がたくさんあるんだ。
    ヘヴィで、高速で、アツい曲もあれば、ゆったりと
    した曲や、間奏曲もあったりする。『St. Anger』
    ('03年)とはかなりかけ離れているし、『Load』
    ('96年)の曲とも全然違う。この作品は、
    『St. Anger』みたく破壊力が表面的というわけ
    ではないんだ」
    と説明し、近年発表した数作品との
    違いを強調した。

    一方で、新作は“オールドスクール”への回顧か
    と尋ねられると、「そう特定はしたくない。6ヵ月後、
    『なんだこれは? ラーズのヤツ、俺らにウソつき
    やがったな!』って言われるのがオチだからな」

    しつつも、「俺はそう感じるけどね」と認めている。

    vibe-net(2008-01-10)
    *************************************************

    う〜ん。
    想像つくようなつかないような・・・

    まぁアーティストが新作を発表するときのコメントって
    「前作とは全然違う」というのは常套句なわけですが(苦笑

    いずれにしても、また物議を醸しそうな気がしますねぇ。

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    以前書いたネタの続編です。

    以前の記事を読まれていない方は
    意味がわからないと思いますので
    先にこちらをどうぞ。
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    メタリカファンの挑戦状

     

    ついにメタリカの新譜発売は越年したわけですが
    あの人も負けじと越年ですよ!!


    それではあのヒゲおじさんの近況を
    見ていただきましょう。

    2007年12月31日時点でのお姿を拝見!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    髭ワッサーーーーーーーーーーッ!!

    2007年12月31日


     

    だいぶキテますね(笑

    このまま伸びるのを見てみたいような気もしますが、
    予定通り行けば2008年2月にはメタリカの新譜も発売
    ということなのでヒゲを剃った姿もそう遠くない
    時期に見られることでしょう(笑

    この人、日常生活は特に支障ないんでしょうかね?

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メタリカ情報局管理人THINGYです。

    ようやく一通りできました・・・。

    まだオリジナルアルバムにつき各2曲ずつですが、
    歌詞の日本語訳(勝手解釈)ができました。
    といっても全部自分が訳しているわけじゃないですが(汗

    サイドバーの「歌詞勝手に解釈論」からお入りください。
    誤訳混じりもあろうかと思いますが、
    そういうところは是非ご指摘ください。
    こっちも勉強になりますんで。

    それにしても日本語訳ってのは難しいっすなぁ。

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メタリカ情報局管理人THINGYです。

    メタリカはいろんなカバー曲を世に出してますね。
    ラモーンズのトリビュートアルバムにも
    参加してますが、今回は逆バージョン。

    タイトルどおり、ラモーンズメタリカ
    カバーしている曲をご紹介。

    といっても、ラモーンズでカバーしたのではなく、
    ラモーンズディー・ディー・ラモーンのカバー。

    曲は「Jump In The Fire」


    まぁ管理人がとやかく言う前にまずは聴いてみましょう。


    オリジナルと全然違いますね。。。
    同じ曲とは思えません(笑

    思わず、『KILL 'EM ALL』を出してきて
    歌詞を確かめながら聴いた人も絶対いるはず。

    はい、それ私です(爆


    ちなみにメタリカラモーンズのカバーをした
    全6曲のダイジェストが聴けるところもあったので
    以下にリンクを貼っときます。

    メタリカのラモーンズカバーダイジェスト


     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

    ウィー・アー・ア・ハッピー・ファミリー〜ラモーンズ・トリビュート ラモーンズ/ラモーンズの激情

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    前回、メタリカスレイヤーの話を書いたんですが、
    今回はその続きというか延長といいますか。

    サルベージネタ(過去から引っ張り出したネタの意)
    になってしまうんですが、、、、

    2004年のダウンロード・フェスティバルのヒトコマ。
    ラーズ・ウルリッヒが病院行きとなり、
    代役としてスレイヤーデイヴ・ロンバード
    「Battery」、「The Four Horsemen」を叩きました。

    デイヴ・ロンバードスレイヤーの脱退・再加入を
    繰り返している人物なのでメタリカスレイヤー
    共演というとちょっと違う気もしないではないけど。

    とりあえずその模様を見てもらいましょう。

     

    「The Four Horsemen」

    「Battery」


    個人的に「The Four Horsemen」は
    デイヴが叩いたバージョンの方がタイトに
    まとまっている感じがして好きですねぇ。

    カークのギターが必死についていくところなんかがw

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メタリカスレイヤーと言えばスラッシュメタル四天王
    の一角を担っていたバンドですね。

    スラッシュメタルであり続けているのは事実上スレイヤー
    だけとなってしまいましたが。


    メガデスメタリカデビュー前のデイヴ・ムステイン解雇
    という因縁があって仲違いと仲直りを繰り返しているのは
    割と知られていますがスレイヤーは?

     

    仲が良いわけがない。

     


    メタリカが『LOAD』を出す前の95年のインタビューで、
    スレイヤーケリー・キングはこんなことを言っていました。

    「カーク・ハメットはギター雑誌のページを飾る
    ギタリストの中でも、最も過大評価されている」

    そりゃ仏のカークさんも怒るわなw

    ブラック・アルバムについても96年のインタビューで
    こんなことを言っています。

    「あれはMETALLICAのあるべき姿じゃない。
    METALLICAは大衆ウケしたいがために変ってしまった。
    変化したからビッグになったとヤツらが思いたがって
    ようがいまいが、ヤツらがビッグになったのは本当は
    変化のおかげじゃないし、だからこそ俺はイラ立ってるんだよ。」

    ケリー・キングなりのメタリカへの思い入れがあるようです。
    まぁ彼は元々こういう直接的な男前発言が多い人なのでw

    お互いにリスペクトする部分はあるけど仲が良いわけではない。
    そんな感じでしょうか。

    そんなインタビュー記事がたっぷり読めるページをご紹介。
    ケリー・キングの弁明発言とともにどうぞ。

    http://homepage3.nifty.com/kreutzer/TA_KerryJeff_Undisputed.htm


     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

    このページのトップヘ