メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2016年10月14日(金)に東京と大阪のZeppで行われる映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』絶響上映イベントに関する続報を3つ!

    Metallica_chaos

    1つめは、The 冠の冠徹弥さんがZeppNamba会場の上映前METALLICAトークのゲストとして登壇するとのこと。『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』イベントのゲストとしては2013年に吉祥寺バウスシアターで行われた爆音収穫祭の上映会以来でしょうか(詳細は関連記事をご参照)。
    THE冠

    2つめは、『メタリカの真髄はライヴにあり』ということで、ライヴ感増し増しのスタンディング・エリアを急遽設置することに決まったとのこと。前売り券は本日10月4日(火)より発売されます(詳細は後述)。

    3つめは、入場者先着特典が「映画タイトルが入ったイベント・ステッカー」と「耳栓」に決まったとのこと。ラーズ・ウルリッヒも積年の爆音で耳鳴りとなり「俺は若い世代に注意しておきたい。いったん聴力を失ってしまったとしたら、、本物の治療法なんてないんだってことを。」と語っているだけに「耳栓」大事です。
    耳栓

    イベント・ステッカーのデザインはこちら。
    入場者プレゼント METALLICA

    イベント名、原題の[METALLICA THROUGH THE NEVER]、上映日、会場名、日付が記されたこの日限りの記念品。材質は、バックステージパスとして関係者に配られるシールを模した布地(サテン地)ということで凝った仕様となっているようです。入場者プレゼントは数に限りがあり、無くなり次第配布終了とのことなのでお早めの来場を。イベントの最後には映画グッズのプレゼント抽選会も行われるとのこと。

    以下、イベント詳細のプレスリリース。

    ■新作発売祝宴!『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp
    原題:METALLICA THROUGH THE NEVER(原題)
    日程:2016年10月14日(金) 開場 18:30 開演 19:30
    会場:Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Namba(OSAKA)
    座席:エリア内自由。1Fの座席のみの販売になります。
    登壇イベント:Zepp Namba(OSAKA)にて、THE 冠が登壇。上映前の登壇を予定しております。
    ライヴ絶響上映:スタンディングも歓声もOK。ライヴハウスの音響で、通常の音楽ライヴと同様に楽しんでいただく上映スタイル。
    ※主催者側の判断によっては、お声を掛けさせていただく場合もございます。
    ※blu-ray での上映になります。
    出演:デイン・デハーン『アメイジング・スパイダーマン2』/メタリカ(ジェイムズ・ヘットフィールド、ラーズ・ウルリッヒ、カーク・ハメット、ロバート・トゥルージロ)
    監督:ニムロッド・アーントル『プレデターズ』ほか
    2013 年/カラー/2ch/92 分/16:9/blu-ray
    公式ホームページ:www.110107.com/zepp-de-zekk
    企画・主催:(株)Zepp ホールネットワーク、(株)ソニー・ミュージックダイレクト
    配給:ポニーキャニオン

    ■チケット■
    【一般発売(先着)】2016年10月13日(木)まで
    追加:スタンディング・エリア 2016年10月4日(火) AM11:00〜10月13日(木)まで
    ※いずれも一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。  
    前売券:センターエリア・シート 3,900 円(税込)  一般席 2,900 円(税込)
    【追加】スタンディング・エリア 1,900 円(税込)
    当日窓口料金:センターエリア・シート 4,300 円(税込)  一般 3,300 円(税込)
    【追加】スタンディング・エリア 2,300 円(税込)
    ※入場者特典付(先着での配布になります。配布はなくなり次第終了とさせていただきます)
    ※ご入場時に、別途ワンドリンク+500 円をいただきます。   

    イープラス:http://eplus.jp/zepp-de-metallica/(PC、モバイル共通)または全国のファミリーマート店内のFamiポートにて

    【 当日券(各会場)】10月14日(金)〜時間未定
    ※各会場での販売は、一般発売終了後残席のある場合のみの販売となります。映画館のオンライン、チケットカウンターにて販売とな ります。
    ※発売開始日時は、各会場へ直接お問い合わせください。  

    ≪チケットに関するお問合せ≫
    ※購入方法の詳細、会員登録の方法、当選メール紛失、発券方法などチケットに関するお問い合わせは、お手数をおかけいたしますが、ご利用になられたプレイガイドの下記お問い合わせ先へご連絡ください。
    【イープラス】 http://eplus.jp/qa/  
    ※システムメンテナンスのため、毎月第 1・第 3 木曜日午前 1:25〜午前 8:00 はお申込み・お支払い・お受取り手続きができません。これ以外に臨時メンテナンスが行われる場合もございます。詳細はイープラスのサイトでご覧ください。  
    【プレイガイドチケットお申込み時ご注意】
    ※上記チケット代以外に手数料がかかります。
    ※インターネットでのチケットお申込みには、事前にイープラス、チケットぴあ及びローソンチケットの会員登録(無料)が必要となります。
     
    ■注意事項■
    ※チケットご購入後お客様のご都合による変更及び払い戻しは、いかなる場合におきましても行っておりません。予めご了承の上お申込みください。
    ※通常の公演と同様に、お客様に楽しんでいただく上映です。場合によっては、拍手や歓声などが起こる場合もございますので、ご理解の上、ご購入ください。(ただし危険行為は禁止しております。)
    ※劇場内は、カメラや携帯などのいかなる機材においても録音/録画/撮影を禁止しております。このような行為が行われた場合は、記録された内容を削除の上ご退場いただきますので、予めご了承ください。
    ※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。
    ※当日、絶響上映会のイベント会場に、METALLICA のメンバーが出演する予定はございません。
    ※登壇イベントは急遽変更になる場合がございます。あらかじめご了承願います。
    ※上映会場に、取材目的の撮影が入る場合がございます。予めご了承の上、ご購入ください。  
    更なる公演の詳細は、映画公式サイトにて御確認ください。www.110107.com/zepp-de-zekk

    【THE 冠 プロフィール】
    2003年4月 So What!?解散後、冠徹弥自身のバンド THE 冠としてソロ活動開始。2005年に 1stミニアルバム『冠祭』リリース。劇団☆新感線 舞台『メタルマクベス』王専属シンガー冠くん役で出演。翌年 2007年には新感線 BAND「SKOMB」に参加。2008年日本中をヘビーメタルの嵐に巻き込んだ映画「デトロイト・メタル・シティ」サウンドトラックに参加。メインテーマ『SATSUGAI』他を叫唱。2010年は劇団☆新感線 2010興行新感線☆RX『薔薇とサムライ〜GoemonRock にカンテ役で出演。BEST OF THE 冠”肉盤”を 6月”骨盤”を 11月2日に発売と2作のベスト盤を発表、全国をツアーで駆け巡る。音楽だけにとどまらずメタルアクターそして CM ナレーターとして活躍を続ける。
    公式サイト:http://thekanmuri.jp/

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    新作発売祝宴!10/14 東京・大阪のZeppにて一夜限りの『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』ヘドバン発声可能爆音上映決定!
    爆音収穫祭「メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー」プレミア上映会レポ
    ラーズ・ウルリッヒが耳鳴りであることを告白。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカの新譜発表を記念した特別企画が続きます!2013年公開のメタリカの映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の爆音上映が東京・大阪のZeppにて行われるとのこと。

    mttn

    イベント内容は以下の通り。

    新作発売祝宴!『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp

    ■日程
    2016年10月14日(金)
    開場 18:30 開演 19:30

    ■会場
    Zepp DiverCity(東京会場)
    http://hall.zepp.co.jp/divercity/floor.html

    Zepp Namba(大阪会場)
    http://hall.zepp.co.jp/namba/floor.html

    ■座席
    エリア内自由。1Fの座席のみの販売となります。

    ■その他
    ・日本初、世界でも類をみないライヴ会場のPAシステムをフル活用したライヴ音響による大音量上映
    ・スタンディングあり
    ・絶叫あり
    ・シンガロングあり
    ・ヘドバンあり
    ※主催者側の判断によっては、お声を掛けさせていただく場合もございます。
    ※blu-rayでの上映になります。

    ■チケット
    9/2(金)am11時より、販売受付開始。
    ※入場者特典付(先着での配布になります。配布はなくなり次第終了とさせていただきます)
    ※ご入場時に、別途ワンドリンク+500円をいただきます。

    【前売券料金】
    センターエリア・シート3,900円(税込)
    一般席2,900円(税込)  

    【当日窓口料金】
    センターエリア・シート4,300円(税込)
    一般3,300円(税込)

    【プレオーダー(抽選)】
    2016年9月2日(金)11:00〜9月11日(日)23:59
    ◎イープラス:http://eplus.jp/zepp-de-metallica/(PC、モバイル共通)

    【一般発売(先着)】
    2016年9月14日(水)17:00〜10月13日(木)
    ※各社プレイガイドによって終了時間が異なります
    ※いずれも一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。
    ◎イープラス:http://eplus.jp/zepp-de-metallica/(PC、モバイル共通)
      または、全国のファミリーマート店内のFamiポートにて

    【 当日券(各会場)】
    2016年10月14日(金)〜時間未定
    ※各会場での販売は、一般発売終了後残席のある場合のみの販売となります。映画館のオンライン、チケットカウンターにて販売となります。
    ※発売開始日時は、各会場へ直接お問い合わせください。

    ≪チケットに関するお問合せ≫
    ※購入方法の詳細、会員登録の方法、当選メール紛失、発券方法などチケットに関するお問い合わせは、お手数をおかけいたしますが、ご利用になられたプレイガイドの下記お問い合わせ先へご連絡ください。
    【イープラス】 http://eplus.jp/qa/

    ■公式ホームページ
    http://www.110107.com/zepp-de-zekk

    ■企画・主催
    (株)Zeppホールネットワーク、(株)ソニー・ミュージックダイレクト

    ■配給
    ポニーキャニオン

    当方は『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』は試写含めて7回くらい(もはや曖昧)劇場で観に行っている頭おかしい組のひとりを自負していますが、場面によってはIMAXで観た時よりも吉祥寺バウスシアターで観た「爆音上映」の方がインパクト強かったのを覚えています。

    爆音上映の個人的見どころは割と序盤の「Ride The Lightning」のイントロです。ドラムが叩かれるたびに身体中が痺れることうけあいです。ぜひこの機会にご体感くださいませ。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    爆音収穫祭「メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー」プレミア上映会レポ
    1/18(土)、シネマサンシャイン平和島にて『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』ヘドバンナイト開催決定
    『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』ヘドバンナイト好評につき連日開催決定!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカとも関わりの深いフォトグラファーで映画監督でもあるアントン・コービン。現在行われている東京国際映画祭で来日している監督が『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』で主演を務めたデイン・デハーンにジェームズ・ディーンをオファーした時のエピソードを語りました。以下、シネマトゥディから引用。

    anton

    伝説のロックフォトグラファーで映画監督のアントン・コービンが24日、新宿バルト9で行われた第28回東京国際映画祭特別招待作品『ディーン、君がいた瞬間(とき)』舞台あいさつに来場、ジェームズ・ディーン役を固辞したデイン・デハーンを説得したのはメタリカのドラマー(ラーズ・ウルリッヒ)であったことを明かした。

    ハリウッドの伝説的スター、ジェームズ・ディーンの没後60年記念作品として製作された本作。そのメガホンを取ったコービン監督は、U2、デペッシュ・モードらのメインカメラマンを務めるほか、トム・ウェイツ、デヴィッド・ボウイ、ビョークなど錚々たる人物のポートレート写真を担当する人物だ。

    「ジェームズ・ディーンは有名なアイコンだから、俳優にとってジェームズを演じるのは本当に難しいことだ」と認めるコービン監督であったが、そんな難役にチャレンジしたのは『クロニクル』『アメイジング・スパイダーマン2』などで注目を集めたデインだ。「デインは、ジェームズ・ディーンが大好きだったから、僕にはできないと言って、最初は監督である僕にすら会ってくれなかった」と笑いながら述懐するコービン監督。

    「でもメタリカのドラマーが共通の友人だったんで、彼が説得してくれた。最終的には会ってくれることになった」と明かす。そんなデインの演技について「彼はどんな役をやっても、実在する人物だと信じさせてくれる俳優。もちろんジェームズ・ディーンの外見だけなら似せることはできると思うが、内面とはギャップがある。デインはそれを埋める才能がある俳優だね」と称賛するコービン監督だった。

    (以下略)

    シネマトゥディ(2016-10-24)

    映画の予告編はこちら。


    アントン・コービンと言えば、アルバム『Load』期あたりからメタリカの写真やMVを撮った監督です。以下、アントン・コービン撮影のメタリカのMVと写真をいくつか。

    「Hero of the Day」


    「Mama Said」


    lou-reed-metallica-extralarge_1317928993646

    Metallica-San-Francisco-1996

    metallica_1997

    anton_dvd
    DIRECTORS LABEL アントン・コービン BEST SELECTION


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    メタリカの写真・PVを手がけたアントン・コービンの密着ドキュメンタリー映画、日本公開決定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Orionフェスが赤字で続けられなくなったことは以前こちらでもお伝えしましたが、メタリカの台所事情が分析されている記事をみつけたので管理人拙訳にてご紹介します。

    『Into The Black』の著者はメタリカの財政状況は赤字であると主張する

    spl792141_033_600

    メタリカについての新しい本のなかで、バンドが過去5年間で「悲惨な」財政上の一連の決定を行ったと主張している。

    著者であるポール・ブラニガンとイアン・ウィンウッドは新刊のなかで「2010年以降、これまでメタリカが稼いできた金額よりも損失を被っている」と主張している。

    この共著者たちは文芸サイト『The Weeklings』にこう説明している。

    「我々の試算によれば、Orion Festivalの2公演は財政的に悲惨だった。映画『Through The Never』という修羅場では3200万ドルの経費がかかり、その金額の一部のみを埋め合わせている」

    「HQのスタッフの給与、クルーとして雇用される従業員やエンターテイメント会社を維持していく各種のランニングコストという要因、そこからなぜバンドが(自ら進んでというよりは今や必然性をもって)夏が来るたびにヨーロッパでツアーを行うのかたやすく理解できるだろう。」

    共著者たちは(称賛の批評とグラミー賞ノミネートの両方を伴った)デイン・デハーン主演の映画『Through The Never』プロジェクトを真っ向から非難する立場を取っている。

    「映画『Through The Never』プロジェクトは恐ろしい判断ミスで、10歳児のアイデアに新たな生命を吹き込むような見当違いの試みだった」と彼らは語る。「恐るべき過剰予算スパイラルに陥った映画によって、少なくとも一人のバンドメンバーは(正直に言おう、ここではジェイムズ・ヘットフィールドの話をしている)こう考えていることは想像に難くない。「何で俺たちはこんなことになってるんだ?」と。あのような「筋書き」に青信号を出したのは理解しがたい謎だ。」

    メタリカは最近、『No Life 'Til Leather』をカセットテープで復刻することを発表した。バンドは今度の4月18日に1982年のデモをリリースする。この夏の一連のCD/ビニール盤のリリース前、レコード・ストア・デイに限定盤が発売される。

    「これは俺たちが制作して配布された2番目のデモ・テープだった。」ラーズ・ウルリッヒはRollingStoneにこう語った。「俺は自分の寝室でカセットのラベルに内容を書いて、郵便局まで行っては、世界中の全テープ・コレクターに発送したんだ。あれから20、30年経って、このテープは今や『Kill 'Em All』以前のメタリカの代名詞となっているんだよ。」

    (中略)

    メタリカは今年のレディング・フェスティバルとリーズ・フェスティバルのヘッドライナーを務める。その日のサポートアクトはロイヤル・ブラッドとブリング・ミー・ザ・ホライズンだ。

    (後略)

    Gigwise(2015-03-19)

    ちなみに記事に出てくる「メタリカについての新しい本」は昨年11月に発売されたこちらの本(洋書)です。
    into_the_black
    Into the Black: The Inside Story of Metallica (1991-2014)


    メタリカがビジネス的に割り切って動くバンドであったなら、Orionフェスも南極公演も『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』も実現には至っていなかったことがうかがえます。赤字の状況がどれほどのものなのかわかりませんが、今後、自身のレーベルからリリースされるボックスセットやリマスター盤、さらには新譜発売とツアーによって、補填されていくのでしょうか。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    メタリカ、デビュー前のデモ・テープ『No Life 'Til Leather』の復刻版をリリース
    『Kill 'Em All』『Ride The Lightning』のリマスター盤2015年発売決定
    ジェイムズ・ヘットフィールド、Orionフェス開催の可能性について語る
    ジェイムズ・ヘットフィールド、Orionフェスの苦境について語る。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    まずはMetallica.comの公式コメントを管理人拙訳にて。

    mttn-dvd-cover

    今日、レコーディング・アカデミーの素晴らしい人たちによって俺たちが今年のグラミー賞にノミネートされたことがツイートされた!昨年の3D映画『Through The Never』がベスト・ミュージック・フィルムのカテゴリーに入ると認めてくれて光栄に思う。

    俺たちと同じく(ベスト・ミュージック・フィルムに)ノミネートされた候補者たちはビヨンセやジェイZ、コールドプレイ、20フィート・フロム・スターダムのレディーたち、そしてピンクと超クールな人たちだ。グラミー賞は2015年2月8日にロサンゼルスのステイプル・センターで手渡され、CBSで放送される。

    Metallica.com(2014-12-05)

    公式コメントにもありますが、同カテゴリのノミネートはこちら。

    Beyonce & Jay Z: On The Run Tour

    Beyonce & Jay Z
    Jonas Akerlund, video director; Svana Gisla, video producer
    Label: Columbia Records

    Ghost Stories

    Coldplay
    Paul Dugdale, video director; Jim Parsons, video producer
    Label: Parlophone/Atlantic/Ja Digital

    20 Feet From Stardom

    Darlene Love, Merry Clayton, Lisa Fischer & Judith Hill
    Morgan Neville, video director; Gil Friesen & Caitrin Rogers, video producers
    Label: Anchor Bay

    Metallica Through The Never

    Metallica
    Nimrod Antal, video director; Adam Ellison & Charlotte Huggins, video producers
    Label: Blackened Recordings

    The Truth About Love Tour: Live From Melbourne

    Pink
    Larn Poland, video director; Roger Davies, video producer
    Label: RCA Records

    Grammy.com(2014-12-05)

    この第57回グラミー賞授賞式の模様は今年もWOWOWにて生中継で放送されます。放送開始は日本時間2015年2月9日(月)午前9:00から。

    grammy2015

    他のノミネート作品を全く知らないので『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の受賞可能性を探るべく、オンラインカジノ等のオッズを調べてみましたが、見つけられたのは、年間最優秀レコードと年間最優秀アルバムとベスト・ソロ・パフォーマンス部門のみ・・・。気になる方はこちらからどうぞ。
    http://sports.williamhill.com/bet/ja/betting/t/5060/Grammy-Awards.html

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、第56回グラミー賞授賞式に中国人ピアニスト、ラン・ランと出演決定
    グラミー賞2014にてメタリカ&ラン・ランで「One」を共演。
    メタリカ、ラン・ランとのグラミー賞共演のリハーサル音源がiTunesで発売
    『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』ブルーレイ/DVDで日本独自規格、ライヴシーンのみ再生あり
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』がWOWOWにて放送

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    もうご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』が今週末からWOWOWにて放送されます。

    never2014
    以下、放送予定。

    2014年10月19日(日)21:00 WOWOWライヴ
    2014年10月31日(金)深夜0:45 WOWOWシネマ
    2014年11月28日(金)22:45 WOWOWライヴ

    WOWOW

    映画の特質上、ライヴとシネマの両方で放送されるんですね。「劇場で観るべき映画」と思っていますので、TV放送だけでチェックするのはオススメしないのですが・・・。

    既報の通り、2D版ではありますが、2014年10月17日(金)まで新宿ミラノ3でリバイバル上映が行われているので、可能な方はぜひ映画館で観て欲しいです。※入場1000円

    1回目
    17:20 - 18:55

    2回目
    19:10 - 20:45

    映画ナビ

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』2014年10月にリバイバル上映決定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』がリバイバル上映決定とのこと!
    以下、公式Facebookより。

    【新! 情!! 報!!!】

    秋の日はつるべ落とし。夜の訪れが早くなって参りましたね…。
    そんな今日は、2010年にメタリカ来日公演 in さいたまスーパーアリーナが行われた日!!
    (メタリカ情報局さん情報)

    ということで、この記念日に新情報をドロップします!
    覚悟はいいかッ!

    ファンの皆様のご要望にお応えしまして、
    新宿にてリバイバル上映決定death!!!DEATHッ!!!!!
    \m/(´Д`) \m/

    期間:10/4(土)-10/17(金)*2w限定上映
    劇場:新宿ミラノ3
    料金:1000円均一
    形態:2D/BD上映

    以上です。
    せせせ1000円ですと・・・??
    箱根湯本から新宿への電車賃より安い!

    大画面で観る中々無いチャンス。お見逃しなく!!

    宜しくお願いいたします!!

    mttn_iron

    Facebook(2014-09-25)

    東京1ヶ所だけだけど・・・3D上映じゃないけど・・・・でもでもやっぱり大画面大音響で観るべき映画なので映画館で見逃した方はぜひ!もちろんもう一度観たい方もぜひ!

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』試写会レビュー&数量限定ポスター付き前売り券発売
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』日本公式Facebookページ始動
    爆音収穫祭「メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー」プレミア上映会レポ
    映画「メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー」投稿レビュー公開

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    すでにブルーレイ/DVDが発売されひと段落ついたと思いきや、スクリーンで『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』が再び!の報。

    9月27日から開催される音楽系映画を集めた映画祭、「ラヂオもりおか音楽映画祭」にて『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』が決定しました。そもそも「ラヂオもりおか音楽映画祭」とは何ぞや?公式HPより抜粋。

    ラヂオもりおか音楽映画祭とは

    ラヂオもりおか音楽映画祭は、一昨年ラヂオもりおか開局15周年のイベントとして始まりました。ときに音楽の街と呼ばれ、ときに映画の街と呼ばれる盛岡。そんな盛岡にぴったりなイベントとして企画したのが始まりです。

    今年で第3回を迎え、より色やこだわりを見せていけるような作品を選んでいます。お楽しみにお待ちください!


    上映詳細は映画祭公式HPにて後日発表とのこと。

    morioka
    http://radiomorioka.co.jp/music-cinema-fes/

    上映館:フォーラム盛岡
    上映日:9/27〜1週間の上映予定

    上映館のフォーラム盛岡の公式HPはこちら。
    http://www.forum-movie.net/morioka/index.html

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』試写会レビュー&数量限定ポスター付き前売り券発売
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』日本公式Facebookページ始動
    爆音収穫祭「メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー」プレミア上映会レポ
    映画「メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー」投稿レビュー公開
    『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』ブルーレイ/DVDで日本独自規格、ライヴシーンのみ再生あり
    『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』Blu-ray&DVD店舗別オリジナル特典まとめ
    『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』ブルーレイ&DVDの告知攻勢が止まらない件

    このページのトップヘ