メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:ドラム

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    音楽サイト「Stick for Stones」のインタビューで元ドリーム・シアターで現在はワイナリー・ドッグスやメタル・アリージェンスで活動しているドラマー、マイク・ポートノイがラーズ・ウルリッヒのドラマーとしての評価について質問されて答えていました。管理人拙訳にてご紹介。

    mikeportnoylarsulrich

    まぁ俺はラーズのことをめちゃくちゃ尊敬しているよ。たとえドラム・コミュニティで叩かれていたとしてもね。俺にとって彼の価値というのは必ずしもドラミングにはない。だけど、彼は音楽的革命のスタートに大きく関与してきている。それにメタリカにめちゃくちゃ貢献しているじゃないか。それは作曲面だけじゃなく、ビジネスマンとしてもそうだし、彼のマーケッティング能力、音楽のアレンジ力、ステージ上でのパフォーマンスもそうだ。彼はステージ上で活気に満ちたプレイヤーなんだ。そして俺なら、240bpmで4拍子のパラディドルができるテクニカルなドラマーなんかよりもラーズ・ウルリッヒのようなドラマーのステージをみるだろうね。俺にとってはそんな(技術的な)ことは退屈なんだ。誰がそんなこと気にするんだ?

    俺はショーに行ってドラマーを見て俺をホントに笑顔にしてくれるのを楽しんでいる。だから俺は技術的な能力ではドラマーを評価しないんだ。全ての要素、担っている音楽に何をもたらしているかで評価する。ラーズがメタリカの音楽にもたらしたことは間違いなく計り知れない。彼のピッチが若干上がろうが下がろうが、あるいはドラム・フィルがずさんだろうが、あまり気にならない。そんなことは気にしちゃいないんだ。俺にとっては、技術や正確さなんかよりも優れたドラマーであることへの道はあるのさ。


    Stick for Stones(2015-10-26)

    ちなみに2008年にラーズは、DRUM!マガジンのインタビューでドラム技術についてマイク・ポートノイを引き合いに出してこう答えていました(管理人拙訳)。
    振り返ってみると、俺は最初期のレコードでは弱点を補うために過度に繕っていた。でもある時目が覚めたんだ。そんなことはどうでもいいと。約15年間、自分のことは気にしなくなった。俺はジョーイ・ジョーディソンでもなければ、マイク・ポートノイでもない。そういう彼らには敬愛と称賛しかないよ。俺が若いヤツらのを聴くと、足やら何やらで彼らがしてのけていることに圧倒されるよ。でもそれで俺が「自分を良くするために彼が足でもってやってることを学ばなきゃ」とはならない。自分は特に完璧なドラマーというわけではないよ。だけど、ジェイムズ・ヘットフィールドのリズムギターに対するドラムの役割を理解することだけは、超得意なんだ。その点では自分は世界一だって言い切れるね。まあ、俺的にはそれで十分だ!

    BLABBERMOUTH.NET(2015-10-25)

    過去のインタビューを見ても、ラーズはドラム技術の追求という観点では全く興味がなさそうです^^;

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    デイヴ・ロンバードが語るラーズ・ウルリッヒ評
    ラーズ・ウルリッヒ、ドラムを語る。
    スコット・イアン、メタリカのデイヴ・ムステイン解雇、カーク・ハメット加入の逸話を語る。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    AHEADからラーズのシグネチャーモデルのドラム・スティックが発売とのこと。モデル名は「Lars Ulrich Scary Guy」。Scary Guyとラーズのサインがプリントされています。

    lars09122012
    ※画像クリックで拡大

    サイズは5Bと2Bの2種類。お値段は$36.49。ラーズ自らシグネチャーモデルを紹介している動画をどうぞ。


    今のところ、このモデルはBig Bang Distribution独占販売とのことなので、日本で出回るのは時間がかかりそう。。
    ちなみに雑誌「DRUM!」の最近のインタビューでラーズは、自身のドラム演奏力について次のように語っています。

    「俺はいつも下手になっているように感じるよ(笑)。「何でもっとああすることができないんだろう?」って感じでね。数ヶ月前に(『Beyond Magnetic』を指して)こういう曲を聴いたんだけど、俺はこういうのが刺激的に聴こえるんだと思うね。本当にいい、ライヴのような感じがあるし。バンドがただ一緒になってプレイして、エネルギーとか活気でいっぱいに聴こえるんだ。あの『Death Magnetic』の制作過程のセッションからできたものは、できるだけあのときのエネルギーをそこに保ったままにしておこうと努めたからね。『Death Magnetic』で俺が誇りに思うことを1つ挙げるなら、あの無茶苦茶エネルギーに満ちたサウンドだろうね。慎重さを感じる音だったり、眠たい音だったり、頭でどうのこうのした音には聴こえないのさ。ただフィジカルな音なんだよ。ただライヴな感じで、生気に満ちた人たちが互いに音楽をやろうと1つの部屋でプレイするんだ。わかる?それこそが俺たちが『Lulu』でやったようなことなんだよ。」

    BLABBERMOUTH.NETより(2012-10-09)

    インタビューにかこつけて、しっかり最近出したアルバムをアピールするのを忘れないラーズでした。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ESPがジェイムズ・ヘットフィールド、カーク・ハメットの新しいシグネチャー・モデル公開。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    目新しいことは特に言っていませんが、ラーズのキャラクターがよくわかるDRUM! Magazineのインタビューをどうぞ。管理人拙訳、誤訳御免でどうぞ。


    051812-ulrich-1

    『Beyond Magnetic』のアイデアは基本的に『Death Magnetic』のときのセッションから生まれた4曲があったこと、そして25,000人のファンクラブのメンバーにメタリカ30周年のプレゼントを贈りたいというところから始まった。YouTubeやカメラ付きケータイやさまざまな録音機器などによって、ライヴ・レコーディングの魅力ってのは、年を追うごとにいくぶんか減じてきた。で、俺たちは何か放っておいたものは持ってなかったし、ずっと前からの使い残しなんかもなかった。あったのは、Magneticからのこの4曲だけだったのさ。だから、この4曲をファンクラブのメンバーに贈ったんだ。反応は非常にポジティヴで、誰かが電話で「なんで従来のCDの形で出さないんだ?」とか「もちろん、わかってるだろ?」とか言われるくらい圧倒的だった。俺たちはこういったことになるとまではを考えていなかったよ。


    若くてやる気満々なときってのは、どんなことでもコントロールしたがるものだ。歳をとるにつれ、まぁ言ってみればありのままというか、あらゆる詳細に渡って、本当に細かく管理する特殊な能力なんてものを持とうとは思わなくなる。それでOKなんだ。ナップスターとの出来事とかそういう爪あとを残したことは、俺たちが始めようと探してきたものじゃない。俺は自分がそんなイメージ・キャラクターだとは思いもしなかったよ。でも明らかにみんなそれぞれの立場ってもんがある。俺には13歳と10歳になる子供がいる。俺は彼らがこの種のこととかにどう触れ合っていくのかを考える。でも俺はこの種のことに関して用心深いとは言えないな。本当に最初は利己的だったよ。メタリカになめたマネしやがったら、そいつらにはお返しをしてやるぜって感じだった(笑)。ある種の世界的な問題よりも、よっぽどストリート・ファイトみたいな態度だったよ(笑)。


    俺はそういうの(ドラムで同じ事を繰り返すこと)が重要とは言えないんだよ。つまり、1つのやり方を持たない。俺にとってルールってのは壊されるためにあるんだ。いつも曲に対してベストなものなら何でも受け入れる。手近にそういう特定の状況を置くんだ。明らかに90年代に俺たちが出した一連のレコードには、とても良いドラム・トラックがあったし、とてもテクニカルだった。でも、今、俺たちが『Beyond Magnetic』でやったことはもう少しヴァイブを捉えることにあるね。


    俺は普段、退化したように思うよ(笑)。「なんでもうこれが出来ないんだ?」って感じでね。これらの曲を数ヶ月前に聴いたとき、俺は本当にエキサイティングだと思った。本当にいい、生のヴァイブがある。みんなが一緒にやっただけで、本当にエネルギーと勇気と活気に満ちているように聴こえる。そしてそれは『Death Magnetic』のセッションの全てで、できるだけエネルギーを保とうとしていたことでもあるんだ。『Death Magnetic』で本当に誇らしく思うのは、ヤバイくらい精力的に聴こえるってことだね。慎重にとか、生気がないとか、あるいは知性に訴えるとか、そんな風には聴こえない。ただフィジカルなんだ。活気とやる気に満ちたみんなが互いに同じ部屋で演奏したらどうなるかわかるだろ?俺たちが『Lulu』でやったこともそうさ。


    彼ら(新たなスピード・メタルのドラマーたち)は、そうだ(スラッシュ・メタルだ)と思ってやっていることだろうね。それは俺がやっていることじゃない。俺がしていることは、そうじゃないばかりでなく、興味があることでもない。彼らの作り出すものは非常にテクニカルで、俺は全面的にそれをリスペクトしているし、認めているんだけど、俺が興味あるのはもっと伝統的な類のもので、ソングライティングであり、グルーヴであり、音楽に対する姿勢であり、醸しだすヴァイブなんだ。


    「俺は演奏と練習をやったから、うまくなったんだ」って言うみたいに、ただ座って練習することが必要だとはかならずしも言えない。実際には、ただ座って、もっと調子よく演奏するってだけさ。知ってのとおり、メタリカは去年、2、3ヶ月の間、オフだったんだけど、俺はiPodをドラムの傍らに置いて、クレイジーな曲に合わせて演奏するんだ。そして時折、同じ箇所で叩けているかどうか見てみるんだ。でも座って練習することで良くなるとは必ずしも言えない。俺の場合は聴くこと、そして聴いているものの解釈だと思う。「今から頭んなかで32分音符を左右交互に連打するぜ」と。言いたいことわかる?俺はそんなに実際そういうことはしない。俺にとって調子を保つ処方は、毎日走ること、体にいいものを食べること、つまり、そっちの方が上位にあるんだよ。

    Drum Magazine(2012-03)

    「なんで従来のCDの形で出さないんだ」←これ完全に伊藤政則氏でしょ

    そして時折、同じ箇所で叩けているかどうか見てみるんだ←太鼓の達人?

    あぁ「ラーズ、もうちょっと練習してくれ」という声が聞こえる。。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒの夏休みの過ごし方。
    ラーズ・ウルリッヒ、メタル界を背負って立つ後任バンドを熱望!?
    ラーズ・ウルリッヒ、これまでと新譜との違いについて語る。
    ラーズ・ウルリッヒ、ニューアルバムの制作とオフタイムについて語る。
    メタリカの人たちってえぇこと言うわぁ。。2

    このページのトップヘ