メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:ディープ・パープル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    前日に引き続き、2016年10月23日(日)に行われたアコースティックセットの慈善コンサート「Bridge School Benefit」の2日目。この日はロバート・トゥルージロの52歳の誕生日。というわけでライヴ後に恒例のパイ投げが行われ、めでたくパイまみれとなりました。

    20161024_063659_7549_958178

    コンサート主催者でもあるニール・ヤングからも手荒い祝福。
    20161024_063659_7549_958175

    当日のセットリストはこちら。
    01. Whiskey in the Jar (cover of Irish folk song)
    02. When a Blind Man Cries (DEEP PURPLE cover)
    03. For Whom the Bell Tolls
    04. Bleeding Me
    05. Clampdown (THE CLASH cover)
    06. Enter Sandman
    07. Hardwired
    08. Nothing Else Matters
    09. Mr. Soul (BUFFALO SPRINGFIELD cover with Neil Young)

    前日のセットリストから「Hero Of The Day」が「For Whom the Bell Tolls」、「Seek & Destroy」が「Nothing Else Matters」に差し替わっています。

    早くも今回の「Bridge School Benefit」ライヴ音源はCD化され予約を受け付けています。その他の写真と合わせてこちらからどうぞ。
    https://metallica.com/tour/25102
    https://metallica.com/tour/25103

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、慈善コンサート「Bridge School Benefit」でニール・ヤングと共演、ザ・クラッシュのカバーも披露
    メタリカ、30周年を迎えた「Bridge School Benefit Concert」に出演決定
    ジェイムズ・ヘットフィールド、46歳の誕生日はやっぱりパイだらけ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2016年10月22日(土)に行われたニール・ヤング主催の30年目を迎える慈善コンサート「Bridge School Benefit」。アコースティック・セットで行われるこのコンサートにメタリカは3回目の出演を果たしました。

    20161023_073905_7549_958128

    気になるセットリストはこちら。
    01. Whiskey In The Jar (cover of Irish folk song)
    02. When A Blind Man Cries (DEEP PURPLE cover)
    03. Hero of the Day
    04. Bleeding Me
    05. Clampdown (THE CLASH cover)
    06. Enter Sandman
    07. Hardwired
    08. Seek & Destroy
    09. Mr. Soul (BUFFALO SPRINGFIELD cover with Neil Young)

    「Hero of the Day」や「Bleeding Me」といったアコースティックならではの選曲の他、『Re-Machined: A Tribute to Deep Purple's Machine Head』にも収録され、新譜『Hardwired...To Self-Destruct』デラックス盤でも収録予定のディープ・パープルの「When A Blind Man Cries」、さらにはザ・クラッシュの「Clampdown」も披露されるというレアセットリスト。

    動画もいくつかあがっているので紹介します。

    Metallica "When A Blind Man Cries" Deep Purple cover


    Metallica "Clampdown" The Clash cover


    Metallica with Neil "Mr Soul"




    Metallica Bridge School 2016 (periscope quality)


    "Clampdown"
    https://www.instagram.com/p/BL5i7EQDU5g/

    "Breeding Me"
    https://www.instagram.com/p/BL5jOTFjyv3/

    当日の様子やその他の写真はこちらから。
    https://metallica.com/blog/news/434143/acoustic-warriors

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、30周年を迎えた「Bridge School Benefit Concert」に出演決定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ラーズ・ウルリッヒの新譜完成お祝い映像とともに発表がありました。
    larsulrich_20160915

    メタリカが2016年11月18日に発売するアルバム『Hardwired...To Self-Destruct』のデラックス盤ボーナストラックCDの収録内容が大幅に変更されました。収録予定の製作途中のリフ集が、既発のカバー音源と今年(2016年)のレコードストアデイに行われたラスプーチン・ミュージックでのインストアライヴ音源、そして8月に行われたミネアポリス公演で初演の「Hardwired」に差し替えられるとのこと。

    収録されるカバー音源は、ロニー・ジェイムス・ディオのトリビュートアルバム『Ronnie James Dio - This Is Your Life』収録の「Ronnie Rising Medley」、ディープ・パープルのトリビュートアルバム『Re-Machined』収録の「When a Blind Man Cries」、Kerrang!誌の特典として発売されたアイアン・メイデンのトリビュートアルバム『Maiden Heaven』収録の「Remember Tomorrow」。
    hardwired_cover

    改めてデラックス盤の全トラックリストはこちら。

    ■Deluxe Edition (Digital Download & CD)

    Disc One

    01. Hardwired
    02. Atlas, Rise!
    03. Now That We’re Dead
    04. Moth Into Flame
    05. Dream No More
    06. Halo On Fire

    Disc Two

    01. Confusion
    02. ManUNkind
    03. Here Comes Revenge
    04. Am I Savage?
    05. Murder One
    06. Spit Out the Bone

    Disc Three (Deluxe Edition Only)

    01. Lords of Summer (2016)
    02. Ronnie Rising Medley
    03. When a Blind Man Cries
    04. Remember Tomorrow
    05. Helpless (Live at Rasputin Music)
    06. Hit the Lights (Live at Rasputin Music)
    07. The Four Horsemen (Live at Rasputin Music)
    08. Ride the Lightning (Live at Rasputin Music)
    09. Fade to Black (Live at Rasputin Music)
    10. Jump in the Fire (Live at Rasputin Music)
    11. For Whom the Bell Tolls (Live at Rasputin Music)
    12. Creeping Death (Live at Rasputin Music)
    13. Metal Militia (Live at Rasputin Music)
    14. Hardwired (Live in Minneapolis)

    ■Deluxe Box Set (3LP + 1CD)

    Disc One Side A

    01. Hardwired
    02. Atlas, Rise!
    03. Now That We’re Dead

    Disc One Side B

    01. Moth Into Flame
    02. Am I Savage?
    03. Halo On Fire

    Disc Two Side C

    01. Confusion
    02. Dream No More
    03. ManUNkind

    Disc Two Side D

    01. Here Comes Revenge
    02. Murder One
    03. Spit Out the Bone

    Disc Three Side E (Bonus)

    01. Lords of Summer (2016)

    Disc Three Side F (Bonus)

    01. Hardwired (Live in Minneapolis)

    Bonus CD

    01. Ronnie Rising Medley
    02. When a Blind Man Cries
    03. Remember Tomorrow
    04. Helpless (Live at Rasputin Music)
    05. Hit the Lights (Live at Rasputin Music)
    06. The Four Horsemen (Live at Rasputin Music)
    07. Ride the Lightning (Live at Rasputin Music)
    08. Fade to Black (Live at Rasputin Music)
    09. Jump in the Fire (Live at Rasputin Music)
    10. For Whom the Bell Tolls (Live at Rasputin Music)
    11. Creeping Death (Live at Rasputin Music)
    12. Metal Militia (Live at Rasputin Music)

    Metallica.com(2016-09-15)

    当初、収録予定だったリフ集がお披露目される日はくるのでしょうか(^^;

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、新曲「Hardwired」公開!8年ぶりのアルバム『Hardwired…To Self-Destruct』を2016年11月18日発売決定!
    メタリカの新作『Hardwired...To Self-Destruct』国内盤はSHM-CD仕様で発売
    メタリカのニューアルバム『Hardwired...To Self-Destruct』Amazon予約取扱開始

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ロックの殿堂入り式典が行われ、ラーズ・ウルリッヒがディープ・パープルのプレゼンターとして登場。ディープ・パープルへの思いの丈をぶつけるスピーチを行いました。Metallica.comにて全編文字起こしされていたのでどうにかこうにか管理人拙訳にてご紹介。

    こんばんわ、ラーズだ。ここにいられることを本当にメチャクチャ光栄に思う。

    今夜は2つの音楽的旅路のクライマックスだ。ひとつは俺の。もうひとつは俺の人生と・・・ロックンロールを変えたバンドのね。

    俺が9歳の頃、父は1973年2月の暗く寒い夜のデンマーク、コペンハーゲンでディープ・パープルの公演を観に連れて行ってくれた。それまでの人生より全てが重大なことだった。音も光景も楽曲もミュージシャンも彼らが楽器でやっていること全て、それまで観たことのないものだったし、可能なものだとさえわからなかった。ディープ・パープルは美しき矛盾だった。絶好調な5人のミュージシャンに混じって、生々しい激しさで次から次へと名曲を演奏していくようなものだ。そしてあたかも自分たち以外誰もいないガレージにいるかのようでありながら、同時に1000ヤード先のアリーナの奥深くまで凝視しているんだ。

    ちょっと紹介させてもらうよ・・・

    シンガーのイアン・ギラン。センターステージに立ち、みんなの目を惹きつける、クールで最高のフロントマン気質の体現者、肺から絞り出すような叫び。彼の声は街中のガラスを割っただろうと思うほど高い。

    彼の後ろにいるのがドラムのリトル・イアン・ペイス。髪、汗、唾、精密さ、それらを混ぜ合わせたロックンロールのカクテル。どうにかしてメガネのくもりを拭おうと、この貨物列車を前に推し進める・・・8インチのプラットフォームヒールでもってね!

    ステージ右側にいるのが威厳漂うジョン・ロード・・・。俺はオルガンであんなに身体を使っている人を観たことがなかった。でもちょっと待ってくれ。俺はまだ9歳だったんだ!彼はC-3ハモンドオルガンで、それまで誰もやってこなかったことをやってのけた。マーシャル・アンプとレスリー・スピーカーの壁を通じて、他に類を見ない未知の領域へと音をヘヴィにして熱狂させてくれた。これだけは言わせてくれ。ジョン・ロードは本当にハモンドオルガンをアンプを使ってディストーションをかけた初めての人だったんだ。残念ながら俺たちは2012年に彼を喪った。

    ベーシストのロジャー・グローヴァー。カウボーイ・ハット、ペイズリー柄のシャツ、別次元の人柄、地に足のついた人。グルーヴィーであえて言うならセクシーだ。彼のエゴのないステージでの存在感は、バンドメイドたちのエネルギーの応酬を助けていたし、彼らの最も重要なレコードのソングライターと共同プロデューサーとしての確固たるバイタリティーを覆い隠してもいた。

    それからそう・・・リッチー・クソやべぇ・ブラックモアがいた。彼がギターでやっていたことは実現不可能に思えた。ギターを普通に弾いたり、横向きにしたり、上下逆さまにしたり、あらゆるやり方で弾いていた。彼の指、手、腕は不変のバレーの動きだったり、予測不可能な動きだったりしていた。サウンド、金切り音、ピックスクラッチ・・・ギターをスピーカーにこすりつけたり、ケツやブーツで弾いてみせたり、宙に投げたりして、いつも突出して一風変わったショーマンシップと支配力と超然とした態度が織り交ざった人だ。ブラックモアはほとんど自分自身のために自己顕示して、エレキギター・ナルシシズムの端で浮かんでいるかのようだった。同時に彼はクールなんてものを超えていた。彼からよそ見なんてできなかったよ。

    彼らは演奏できた。即興音楽をね。彼らは絶えず、お互いに好奇心をそそる熾烈な競争を通じて、音楽を何か新しい場所、何か未知の場所へと連れて行った。そして同じ場所へは絶対に二度と同じ場所には行かないんだ。

    (公演を観てから)12時間後に早送りすると、地元の家族経営のレコード店にディープ・パープルの何もかもをリクエストして、すぐにアルバム『Fireball』を手渡されたんだ。こうして俺の人生は本格的に変わったんだ。永遠にね。

    ほぼ例外なく、ここ40年間の全てのハードロックバンドは、俺も含めて、ブラック・サバス、レッド・ツェッペリン、ディープ・パープルの系譜を直接たどっている。自分に関して言えば、この3つのバンドはいつもその楽曲制作、レコード、そしてその成果を等しく考えられるべきだと思っている。俺が大人になって、北米以外の世界ではその名声と影響力において3バンドは同等のものだった・・・。だから俺の気持ちとしては、俺の仲間のミュージシャンと何百万ものパープルファンのために俺が話すべきことはわかっている。彼らがこんなにも後になってロックの殿堂入りすることにちょっと困惑していることを告白しよう。強力なサバスと輝かしいツェッペリンの数十年後になるなんて(訳注:ブラック・サバスの殿堂入りは2006年、レッド・ツェッペリンの殿堂入りは1995年)。これはもちろんこれらの素晴らしいバンドやロックの殿堂を見下しているわけじゃない・・・俺はただディープ・パープルは世界中の他のどの場所でも崇められているんだってことをハッキリさせなきゃいけない
    だ。

    もちろん、今夜殿堂入りする他の3人を含む、この物語のなかで役割を果たしている殿堂入りして当然の皆さんに(祝福の)叫び声をあげたい。(訳注:今回殿堂入りするメンバーは、現メンバーのイアン・ギラン(Vo)とロジャー・グローヴァー(B)、第一期のジョン・ロード(Key)、リッチー・ブラックモア(G)、イアン・ペイス(Ds)、ロッド・エヴァンス(Vo)、元メンバーのデイヴィッド・カヴァデール(Vo)とグレン・ヒューズ(B))

    彼らのうち2人がライヴデビューするのを、ディープ・パープルが1973年12月のコペンハーゲンに戻ってきた時に観ている。シンガーのデイヴィッド・カヴァデール。彼の独特なブルージーな高音域の声と突飛なマイクスタンドにはぶっ飛んだよ。そしてベーシスト、グレン・ヒューズ。白のサテンスーツ、超絶クールなロッカーヘアーでもって、R&Bの影響を受けたヴォーカルだ。そして最後に実際に最初のオリジナルシンガーであるロッド・エヴァンス。60年代後半のパープル草創期のヴォーカルであの最初のヒットシングル「Hush」を歌っている。

    だから今夜殿堂入りした8人から、このバンドで演奏してきた14人のメンバーまで、しばしば緊張関係から素晴らしい音楽が生み出されたことは間違いない・・・そしてどれだけ素晴らしい楽曲なのかってこともね!!!

    アルバムは、いくつか名前を挙げるにとどめる。『The Book of Taliesvn』『Deep Purple in Rock』『Fireball』『Machine Head』『Burn』『Stormbringer』。

    そして驚異的な楽曲についてもいくつか名前を挙げるにとどめる。「Wring That Neck」「Black Night」「Speed King」「Child in Time」「Strange Kind Of Woman」「Highway Star」「The Woman From Tokyo」「Mistreated」。

    知っての通り、「なんじゃこりゃあ」ってなったのはスタジオバージョンとライヴバージョンの違いだね。「Space Truckin’」を例に挙げてみよう。アルバム『Machine Head』では4分超程度だ。それが伝説的なライヴアルバム『Made In Japan』だと、ほぼ20分もある!!!ディープ・パープルのパフォーマンス全てにおけるソロ、ジャム、衝撃的な力が、42もの公式ライヴアルバムがWikipediaで一覧表示される理由だ。彼らは毎夜すばらしく毎夜違って、毎夜触発される。今だにだよ。

    でも待ってくれ!・・・もう一曲あるよな?みんな知ってるフランク・ザッパと燃えたスイスの湖のカジノ、そして空まで炎が上がったとか何とかって曲がさ。あれはおそらく最も古典的なギターリフを特徴とする曲で、ギターを練習するみんなが初めてやる曲だね。あのリフは実際、店員の健全性を守るために音楽店で弾くことを禁止されていたんだぜ。あれは地球上で最もひどいギタリスト、不肖ラーズ・ウルリッヒでさえ実際に弾けるリフなんだ。

    曲名はもうお分かりの「Smoke on the Water」。これは折り紙付きの最大のヒットシングルだ。あまりにヒットしすぎて、ディープ・パープルが「一発屋」と間違われるかもしれない。でも、みんな知っての通り、今日でさえ、終わりなき伝説へと通ずる巨大でヘヴィな扉だと考えられている。最新のヴァージョンだって、世界中をツアーし、人々を圧倒して、いまだにいろんな人生を変え続けている、これまでと同じように重要で不可欠なままなんだ。

    俺のベッド脇のテーブルに置いている写真がある。相棒フランクにずっと前にもらったんだ。それはディープ・パープルの写真だ。フォトショップでイアン・ペイスの上に俺の顔写真が貼りついているんだけどね・・・ごめんよイアン!だからディープ・パープルは俺にとっても、今夜ここにいるファンにとっても、そして世界中の何百万人ものファンにとっても、いまだに重要な意味を持っているんだ。ディープ・パープルを次のように思っているみんなのね。

    壮大で
    予測不可能で
    エネルギッシュで
    クールで
    激しくて
    輝かしくて
    衝動的で
    即興的で
    魅惑的で
    口をあんぐり開けてしまうほど驚異的で
    別次元で
    容赦なくて
    先駆的で
    結局のところ、時代を超越している

    リッチー・ブラックモア、デイヴィッド・カヴァデール、ロッド・エヴァンス、イアン・ギラン、ロジャー・グローヴァー、グレン・ヒューズ、ジョン・ロード、イアン・ペイス。

    彼らはずっと前にここにいたはずだ。彼らはいるべき場所にこうして今ここにいる。

    俺は常々これを言いたかったんだ。「ご列席の皆さま、拍手でお迎えください・・・。ロックの殿堂入りをする・・・ディープ・パープル!」


    Metallica.com(2016-04-08)

    スピーチ動画はこちらから。


    メタリカのinstagramではさらに写真がアップされています。
    12930815_1592163247740664_756388283_n
    やはりリッチー・ブラックモアは不参加の模様・・・

    20160409_013426_7549_92419012934876_220067781682433_1952316489_n

    12940313_229778204048963_1128475406_n12317764_920678831363920_1782355256_n

    左上:(左から)イアン・ギラン、イアン・ペイス、ロジャー・グローヴァー、ラーズ
    右上:ドン・エイリーとラーズ
    左下:イアン・ペイスとラーズ
    右下:ロジャー・グローヴァーとラーズ


    イアン・ギラン、ロジャー・グローヴァー、イアン・ペイス、現メンバーのスティーヴ・モーズとドン・エイリーによるディープ・パープルのライヴも行われた模様。曲目は「Highway Star」「Hush」「Smoke On The Water」。

    Highway Star


    Hush


    Smoke On The Water


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ、2016年ロックの殿堂入り授賞式に参加
    ラーズ・ウルリッヒ、ロックの殿堂入りをするディープ・パープルについて語る

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    これまで何度も取り上げているラーズ・ウルリッヒのディープ・パープル推し。ついにロックの殿堂入りを果たすディープ・パープルに対してRadio.comのインタビューでその偉大さを語っています。BLABBERMOUTH.NETさんが文字起こししてくれたので管理人拙訳にてご紹介。

    larsulrichdeeppurpleradio

    70年代、俺がデンマークのコペンハーゲンで育った時、ディープ・パープルは一番のロックバンドだった。当時、彼らは3大ビッグバンドだった。つまりレッド・ツェッペリン、ブラック・サバス、そしてディープ・パープルだ。ディープ・パープルは、スカンジナビア半島やドイツ、その他もろもろの場所で一番のバンドだった。みんな彼らのことを他の2バンドよりも知っていたんだ。レッド・ツェッペリンは、アメリカでより評価されている傾向にあると思う。そしてブラック・サバスは間違いなく超ヘヴィだったけど、数年経つまで俺は知らなかったんだ。

    ディープ・パープルはライヴのエネルギーが信じられないほどすごいんだ。彼らは楽器の演奏で知られているけど・・・つまり彼らは本当に技術的に有能だし、毎夜、彼らがショーをやるたびに前の晩とも次の晩とも違うものなんだ。彼らはレコードでは3、4、5分の曲をライヴでは10、15、20分の曲に変えてしまうんだ。何が起きるか分かっていたことなんて一度もないよ。リードギタリストのリッチー・ブラックモア、この種の伝説的で衝動的で予測不可能なキャラクターは常にバンドを違う方向へと向かわせるし、各メンバーの間でたくさんの面白い押し引きがあったわけだ。つまり彼らはジャズの領域に入っちゃってる夜があったんだ。全く別物のようだったよ。

    ツェッペリンはもう少しブルース寄りだ。サバスもそう・・・よりヘヴィなブルースという感じだ。ディープ・パープルは違う場所から来ていた。当時は他に類を見ない技術的な能力があった。それから間違いなく「Smoke On The Water」から「Strange Kind Of Woman」「Woman From Tokyo」「Space Truckin」「Highway Star」まで一連のシングルやその他の彼らの作品は売れに売れたヒットだったよ・・・。彼らの音楽的な伝説はディープ・パープルのメンバーのあいだで生まれたレインボー、ホワイトスネイクといったすべてのバンド・・・イアン・ギランのソロバンド・・・を生み出した。つまり彼らの伝説はこの30年間で成長し続けているんだ。そして彼らは実際にいまだ現役だ・・・違うラインナップとかでね。でもディープ・パープルの系譜はいまだに世界中で広範囲に広がっているのさ。


    BLABBERMOUTH.NET(2016-04-02)
    インタビュー動画はこちらから。


    おそらくプレゼンターとして4月8日に行われるロックの殿堂入り授賞式に出席するラーズ。感慨もひとしおでしょう。本当はジョン・ロード存命中に殿堂入りしてほしかったでしょうが・・・。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ、2016年ロックの殿堂入り授賞式に参加
    ラーズ・ウルリッヒ、ジョン・ロードへの追悼声明を発表
    メタリカ、アイアン・メイデンらがディープ・パープルの『Machine Head』のトリビュート盤に参加。
    メタリカ参加のディープ・パープルのトリビュート盤『Re-Machined』の国内盤が発売。
    メタリカのディープ・パープル・カヴァー「When A Blind Man Cries」が公開

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2016年4月8日にニューヨークのバークレイズ・センターで行われるロックの殿堂入り授賞式。ラーズ・ウルリッヒがプレゼンターとして参加するとのこと。

    2016-Inductee-Rotator

    今年殿堂入りするアーティストはチープ・トリック、シカゴ、ディープ・パープル、N.W.A.、スティーヴ・ミラー。イベントの詳細についてはまだ発表されていませんが、ディープ・パープルのロックの殿堂入りをずっと主張してきたラーズ・ウルリッヒは彼らのプレゼンターとして参加すると思われます。

    ラーズ以外のゲストとして発表されているのは、ザ・ブラック・キーズ、マッチボックス・トゥエンティのロブ・トーマス。

    Rockhall.comより(2016-01-28)

    同授賞式はアメリカのオハイオ州クリーブランド市にあるロックの殿堂博物館でも同時中継されるとのことですが、今のところそれ以外の配信予定はなさそうです。

    Rockhall.comより(2016-02-09)

    メタ地獄さん情報提供ありがとうございます。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ「ディープ・パープルがロックの殿堂入りとなるよう働きかけている」
    ラーズ・ウルリッヒ、ディープ・パープルのロックの殿堂入りを再び激推し
    メタリカ、ロック殿堂入り。
    デイヴ・ムステインがメタリカのロックの殿堂入りを祝福。
    ジェイソン・ニューステッド、「ロックの殿堂」参加についてコメント。
    ロックの殿堂セレモニーにてメタリカらオールスター共演。
    ロックの殿堂博物館訪問レポート。
    デイヴ・ムステインがスラッシュ四天王ツアーの噂やメタリカのロックの殿堂入り欠席の本当の理由を語る。
    メタリカ、ロックの殿堂25周年記念コンサートでオジー・オズボーンらと共演。
    ロックの殿堂25周年記念イベントのDVDが発売予定
    メタリカも参加したロックの殿堂25周年記念コンサートの国内盤DVD/ブルーレイが発売予定。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ラーズの伝記本『Lars Ulrich - Forkalet med frihed』の第1章の続き。有志英訳を管理人拙訳にて。日本語表記がわからないものはアルファベットのままにしています。今回はラーズが「楽器」を始めた頃のお話。

    - ロック・ミュージシャン誕生 -

    7歳の誕生日に(ラーズのいとこ)ステインは赤いエレキ・ギターとワウペダルをもらった。ラーズはそれを「クールだ」と思った。ステインはラーズにひっきりなしにギターを持っていいか尋ねられたと振り返る。ラーズはこの頃からすでに説得の達人であったため、ステインのギターを自分のものとしたのは当然の成り行きだった。つまり、ラーズはジョン・モーエンセン(訳注:デンマークのピアニスト、ソングライター)のデビューアルバムと交換したのだ。

    実際に真剣に音楽の方向に進む最初のステップは、学校で授業を取ることだった。そこでラーズは音楽の授業でギターのレッスンを受け始めた。今からそれを振り返るとラーズは吹き出した。ギター・レッスンはすでにロック愛好家だった少年にとっては滑稽な挑戦だったのだ。

    ラーズは笑い声を沈めると、笑みをたたえたまま、Maglegaard小学校で音楽教師レイフ・ダールガード(Leif Dahlgaard)の教え子として過ごした頃のことを興奮して話した。「俺はギターを習いに行った。出来はまあまあ。ギターを演奏している時、ギターを左足のどこに置いたらいいのか分からなかった。スパニッシュ・ギターみたいに3冊の本の上で片足立ちでいるみたいだった。そうやってみたけど(ラーズはエアギターでその様子をまねながら)それがギターの全てじゃない。全然ロックじゃなかったからやめたよ。それだけが原因じゃないけど、それが実際にドラムを始めた理由だね。」

    ドラムセットは持っていなかったが、1974年から1975年のあいだラーズは「バンドで演奏する」のが好きだった。

    「そう、バンドを始めたんだ。テーブル・フットボールの台をキーボードに見立てて、段ボール箱と箸をドラムセットみたいに塗って、リードシンガー用に特別なほうきの柄を用意して、2つのテニスラケットはもちろんギターとベースさ。そうやってバンドを始めたんだ!いろんな「楽器」を試しては考えていた。一度リードシンガーも試したんだ。Dunlopのテニスラケットを持ってね。でも結局、段ボール箱に落ちついたよ。」

    段ボール箱と絵筆がその場しのぎの最初のドラムセットになった。ラーズはそれをあたかもヘヴィなロックビートを奏でるチャンピオン、ディープ・パープルのイアン・ペイスばりに振り回していた。ラーズの叔母、ボーディルが「あの子が食事をしているとき、いつもあらゆるものを叩いていたのよ。ナイフとフォークでグラスとかお皿とかをね。」と語っているあいだ、父トーベンは鍋とナイフやフォークを使ったドラム癖を直させたことも思い出していた。

    しかし、12歳の少年と仲間たちがバンドの真似事をしていた頃に、本当のドラムセットを手にするまでは長い道のりだった。

    「一番最初に演った曲はスウィートの「Ballroom Blitz」だった。ステータス・クオーやスレイド(Slade)、そしてディープ・パープルの曲もあった。Lundevangの俺の部屋か、ローウラライ(Raageleje)の小さな2階の部屋に集まってた。金曜日の午後はステインとピーター・タルベックって子と他の子たちと外でステータス・クオーのライヴレコードの全曲を演ったのを覚えているよ。俺たちがやっていたのは、部屋まで「楽器」を持っていくってことだった。どんな季節でも、できるだけ暑くなるように暖房をいじってた。だから5分か10分もしたら汗が噴き出してくる。それがステージにいるみたいに思えたんだ。たぶんそれが最初の足掛かりになったと言えるんじゃないかな?」

    ラーズは少し考えてから続けた。「どうやってドラムを始めたのか本当はわからないんだ。親父の友だちの一人だったクラウス・ボイエ(Claus Boje)って人が俺に衝撃を与えたんだ。彼はアイスホッケー選手でありドラマーだった。ある時期、ホッケー選手とドラマーはまったく同じだと思ったんだ。ホッケー用のスケート靴を持っていたし、ゲントフテのスケートリンクに行っていたよ。75年から76年あたりかな。そしてもう一人、親父とよく集まっていた人がいた。彼の名はアレックス・リール(Alex Riel)。彼はNHOP(デンマークのベーシスト、Niels-Henning Orsted Pedersen)のドラマーで、コペンハーゲンに来ていた外国人ジャズマンのひとりだった。彼はデンマークのドラマーとして1位にランクされた人だった。彼にも本当に衝撃を受けたね。」

    「俺がお祖母ちゃんにひざまずいて本物のドラムキットを買ってくれるようお願いしたっていう身内じゃ有名な話があるよ。ジョン・ハートヴィ(John Hartvig)っていう店があって、たしか街でいくつかドラムを買ったところだと思う。イアン・ペイスが何年も持っていた銀色に光るドラムみたいだった。でもそれはイアン・ペイスとステータス・クオーのジョン・コーラン、あとちょっとボーナム(ツェッペリンのジョン・ボーナム)も入った感じの同じセットアップだったんだ。バスドラム、タムタムがあってタムドラムが2層になってる。あれは当時のワルがみんな持っていたものだった。」

    「そうやってイカしたドラムキットを手に入れて、地下室の自分の部屋に置いたんだ。そこに座るだけで楽しかったし、自分もドラムが演奏できると想像していた。あれは76年夏のことだった。ただ、あれは遊び場の一部だった。そこまで真剣なものじゃなかった。わかるかい?でもブラック・サバスのアルバム『Sabotage』の「Hole In The Sky」を演奏していたのを覚えているよ。」

    ラーズ・ウルリッヒの初めての聴衆のひとりであるステインは当時のドラム演奏を振り返る。

    「あの部屋は家族が地下室に住むようになってから、(家族が生活している部屋から)遠く離れてはいなかった。でも少なくとも両親がドアを閉めればラーズがやかましくできるくらいは離れた部屋だった。ディープ・パープルの『Made In Japan(邦題:ライヴ・イン・ジャパン)』に挑戦していた。『Burn(邦題:紫の炎)』を「Burn」からB面の「Mistreated」まで演ってたこともあったっけ。彼は数年間、ドラムを演奏することはすごいことだと思っていた。それから先に進んだんだ。」ステインはそう付け加えた。

    「音楽はテニスほど重要ではなかった。」とラーズは言う。「その頃を振り返ると音楽のために生きてはいなかった。自分ではテニス選手になることを想像していた。親父のように、音楽は趣味に過ぎなかった。」

    英訳元:http://w11.zetaboards.com/Metallichicks/topic/794989/7/

    lars-ulrich-denmark
    ドラムを打ち鳴らすラーズ少年

    小さい頃から交渉に長けていたり、聴く側だけではなくすでに演る側としての楽しみを追求していたり、と現在のラーズの片鱗が垣間見れるエピソードでした。

    はじめてバンドの真似事をした曲、スウィートの「Ballroom Blitz」はこちら。


    次回はラーズが将来の仕事と考えていたテニスとの関わりについて。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒの原点を巡る
    ラーズ・ウルリッヒの原点を巡る(2)
    ラーズ・ウルリッヒの原点を巡る(3)
    ラーズ・ウルリッヒの原点を巡る(4)
    ラーズ・ウルリッヒの原点を巡る(5)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ラーズの伝記本『Lars Ulrich - Forkalet med frihed』の(相当長い)第1章の続き。前回同様、有志英訳を管理人拙訳にて。今回はラーズのバイト生活や最も影響を受けたディープ・パープルとの出会いについて書かれています。

    - 自由に甘やかされて -

    たしかにラーズ・ウルリッヒは裕福に暮らし、映画やコンサートや世界をまたいだ旅に連れて行ってくれる素晴らしい家族と暮らした一人っ子であった。しかしデンマークの家ではお小遣いを自分で稼ぐ方法を見つけなければならなかった。

    「両親から完全に自由だった。もちろん自分のお金をいつも補填していた。一年中、テニスに出かけ働いていた。Hartmann通りのHIKのショップとかその他の店でクロックムッシュ(訳注:チーズとハムを食パンに挟んでトーストしたホットサンド)、リコリス菓子、ゼリー、コカコーラ、水を売っていた。午後にはそこに行っていたよ。水曜日には新聞・雑誌(Villa CitiesとGentofte Magazine)も配達していた。それが70年代に俺がBristol Music Centerであらゆるイカしたレコードを買うためにお金を稼ぐやり方だったんだ。

    俺は何かを買うにはお金を稼がなければならなかった。そして、俺はそれに慣れっこだった。親から自由を与えられていたけど、ラクラクと自分のお金を得ていたわけじゃ決してなかったんだ・・・。」

    いとこのステインはラーズと一緒にチラシ配りをすることもあった。またあるときにはテニスコートで相手をすることもあった。変わったこととしては、ラーズはテニスコートを練習や試合用に整備するグラウンド整備員としても働いていた。

    それがラーズにとって天から降ってくるわけじゃないお小遣いを得る道だったのだ。ラーズ自身が語っているように「自由だけが俺を甘やかせた唯一のこと」だった。自由は、彼が本気で獲得するやり方を順に知っていった要素だった。特に(レコードが欲しいと)涎をたらした音楽ファンとして。

    1973年2月にKBホールで行われたディープ・パープルのコンサートでロック、そしてハードロックを好きになり始めたとラーズはいつも語っている。しかし、実際はそれ以前の1969年夏にロックコンサートに出かけている。ウルリッヒ家がトーベンのウィンブルドン出場のために7月初旬にロンドンに滞在中、5歳のラーズは新聞の興味をそそるある部分に目星をつけた。そこには長い髪の男たちの写真が・・・。ラーズはその新聞記事をいぶかしげに指差して母親を見て尋ねた。「お母さん、これなあに?」

    ローン・ウルリッヒは新聞をつかむと、ローリング・ストーンズと呼ばれるバンドが街でコンサートを行うという記事を読み上げた。ラーズは即座に「行きたい」と叫んだ。それはウルリッヒ家での定型的な率直でざっくばらんな表現だった。ローンは答えた。「わかったわ。でも独りで行くのは大変よ。わたしも一緒に行きましょう!」幸運で風変わりなヒッピーやロックファンたちが集まったハイドパークでのストーンズのコンサートへ5歳の息子と母親、トーベンと彼のテニス仲間である南アフリカのレイ・ムーアと一緒に行った。レイ・ムーアは1973年2月10日、コペンハーゲンのKBホールで行われたラーズが初めて観たハードロックのコンサートにも同席している。

    ラーズ「KBホールで開催されるテニス・トーナメントに行くという話だった。トーナメントの開催前の日曜日にテニス選手はコンサートに招待されていたんだ。父とレイ・ムーアがそこにいたのを覚えている。父とレイ・ムーアは同じ音楽嗜好や見方を共有していた。レイはそんなヒッピーだった。」

    たとえジャズが数十年間、我が家を特徴付けていたとしても、多くの異なる音楽的表現−ロックあるいは彼らがビート音楽と呼んでいた音楽の目覚しい発展−にいつもオープンだったのだ。そしてそれらは60年代、Lundevang通り12番地の音楽領域の一部まで広がり、支持されていった。レッド・ツェッペリン、ジミ・ヘンドリックス、ディープ・パープルのような開拓者たちの名前は、後にロックをよりハードでヘヴィな方向に向かったバンドたちの地ならしを助けた。特にディープ・パープルは、今でもラーズのハードロック界への旅路として存在していた。

    2月の魅惑的な夜の啓示と両親から与えられた素晴らしい自由は9歳の少年に強い結びつきをもたらした。しかしすでにラーズ・ウルリッヒは快活で行動的だった。独りでコンサートに行き始めるのにそう時間はかからなかった。付き添いもなしに次のディープ・パープルのコンサートに出かけて行ったのだ。

    ステイン・ウルリッヒは我々に語った。「ラーズと俺は6歳か8歳の頃にはディープ・パープルのレコードをすでに持っていた。ラーズのお爺さんがいるローウラライ(Raageleje)の夏の別荘に行っては、ディープ・パープルでエアギターとエアドラムで完全に狂ってたよ。そりゃもう、汗いっぱいかいてね。エアギターをたくさん弾いた後はお風呂に入らなきゃならないほどだった。ある日、ラーズは俺を呼んで、KBホールのディープ・パープルの公演に行きたいか尋ねてきたんだ。そんなこと考えもしなかったよ。だからラーズに連れて行ってもらったんだ。」

    1973年12月9日、デイヴィッド・カヴァーデイル、グレン・ヒューズが新加入した第3期ディープ・パープルの初めてのコンサートだった。「あの日はカー・フリー・サンデーだったね。」ラーズは前述したオイルショックを回想していた。

    その当時、(普段使われている)貴賓席は舞台に変えられていたため、ディープ・パープルが現れる貴賓席は2階へと続く席となっていた。若き少年2人はさも当然かのようにその席の隣に座る機会をつかんだ。

    「俺たちはコンサートのあいだ、ほとんどそこに座っていたんだ。」ステインは熱を帯びて続ける。「バンドがアンコール前に休憩でバックステージに戻る時、彼らは俺たちのすぐそばを歩いていったんだ・・・俺たちは彼らが通れるように足をどけなければならなかった。それでリッチー・ブラックモアがさ・・・彼が俺に手を差し出したんだ!彼が俺にだぜ!!」

    それはヘラルプへ帰るバスの中でも話されたことだった。どうにかしてロックないとこ同士2人はLyngby駅までたどり着いた。そこはステインによると「すっごい興味のわく」ある女の子と出会った場所であった。彼らは駅前の駐車場で1時間ほど過ごし、少しばかりナンパをしていたのであった。

    ステインは笑う。「あぁ、あそこで馬鹿げた時間を過ごしたよ。家に帰ったら怒られたのさ。」

    自由には責任が付きものだ。それはウルリッヒ家もしかり。次の年、いとこ同士の2人はコペンハーゲンのコンサートに歩いて行くことを許可された。たとえ反対側の街外れであろうと、ディープ・パープルが1975年3月20日にブロンディ・ホールでコンサートを行った時は、ラーズはコペンハーゲン中央駅のロックスター御用達のホテル・プラザまで新メンバーのカヴァーデイルとヒューズのサインをもらいに行ったのである。

    疑う余地も無い。ディープ・パープルは若き日のラーズの人生にとって最も重要なバンドだったのだ。73年2月に初めてコンサートを観てすぐに、ラーズはレコード店に駆け込み、ディープ・パープルのLP『Fireball』を買った。発掘すべき新しいものだった。そして(リッチー・ブラックモアと)ほとんど目と鼻の先だった、もうひとつのお気に入りのコンサートの後、音楽の炎は絶対的なファンになり始めた少年たちの中で燃え上がった。ラーズはいつも音楽を聴くのを楽しんでいたが、ますますファンとしてのふるまいに磨きがかかった。次から次へとレコードを買い、コンサートに行き、サインをそろえていくのであった。

    70年代、ブラック・サバス(ラーズは1973年のクリスマスに『Sabbath Bloody Sabbath(邦題:血まみれの安息日)』のLPを手に入れた)、AC/DC、シン・リジィ、UFO、ステイタス・クオー、そしてリッチー・ブラックモアズ・レインボー(ディープ・パープルの後、ギターのカリスマが立ち上げたプロジェクト)など、キッズが献身的なファンになることのできた良いバンドをみつけることはそう難しいことではなかった。

    英訳元:http://w11.zetaboards.com/Metallichicks/topic/794989/6/

    しかし、その若さでナンパとは(笑)

    73年に父親に連れられて行った、ラーズにとって初めてのディープ・パープル公演でラーズと会ったことをグレン・ヒューズは覚えていたようです。そのときのグレンの回想。

    グレン・ヒューズ
    「(前略)俺は73年のディープ・パープルのコペンハーゲン公演でラーズと会った・・・。彼は俺のサインを欲しがっていた。俺は何て若いんだと思い、直接彼と彼のお父さんのところに向かったんだ・・・。惚れ惚れしたね。(後略)」

    グレンは2011年、自らディープ・パープルの本『Deep Purple & Beyond: Scenes from the Life of a Rock Star』を出したときにラーズにサイン付き限定版を送っています。

    lars_glenn
    限定本をSonisphereFestival2011のバックステージで受け取るラーズ

    GlennHughes.com(2011-07-09)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒの原点を巡る
    ラーズ・ウルリッヒの原点を巡る(2)
    ラーズ・ウルリッヒの原点を巡る(3)

    このページのトップヘ