メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:セットリスト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    先日お伝えしたとおり、「MusiCares MAP」基金の10周年慈善コンサートが5月12日(月)にロサンゼルスのクラブ・ノキアで行われました。

    2014_05may12_pic14
    Metallica.com

    メタリカは、以下のアコースティック・ヴァージョンのカバーを披露。

    1. I Just Want To Celebrate (Rare Earth cover)
    2. When A Blind Man Cries (Deep Purple cover)
    3. In My Life (The Beatles cover)
    4. Diary Of A Madman (Ozzy Osbourne cover)

    メタリカは2007年に2日に渡って行われた慈善コンサート「The Bridge School Concerts」でも「I Just Want To Celebrate」のカヴァーを披露していますが、それ以外の3曲はライヴでは初披露。会場のファンが撮った映像がアップされていましたのでご紹介。

    I Just Want To Celebrate


    When A Blind Man Cries


    In My Life


    Diary Of A Madman


    曲の合間にレッド・ツェッペリンの「Stairway to Heaven(天国への階段)」もちょろっと弾いたのはご愛嬌ということで(笑)

    Stairway to Heaven (Intro)


    当日の写真もMetallica.comでアップされています。
    http://www.metallica.com/photo-gallery/20140512-pics.asp

    選曲理由については「’Tallica Japan」FBページのcowboybluesさんのコメントをご参考に。
    https://www.facebook.com/Tallica.Japan/posts/492351460893184?comment_id=492354354226228&offset=0&total_comments=1

    ちなみに2007年のときのアコースティック・ライヴのセットリストは以下の通り。

    ■2007年10月27日
    1. I Just Want to Celebrate (Rare Earth cover)
    2. Please Don't Judas Me (Nazareth cover)
    3. Only Happy When It Rains (Garbage cover)
    4. Brothers in Arms (Dire Straits cover)
    5. Disposable Heroes
    6. All Within My Hands
    7. Turn the Page (Bob Seger cover)
    8. Nothing Else Matters

    ■2007年10月28日
    1. I Just Want to Celebrate (Rare Earth cover)
    2. Please Don't Judas Me (Nazareth cover)
    3. Veteran of the Psychic Wars (Blue Oyster Cult cover)
    4. Brothers in Arms (Dire Straits cover)
    5. Disposable Heroes
    6. All Within My Hands
    7. The Unforgiven
    8. Nothing Else Matters

    このとき「All Within My Hands」がライヴで初披露されました。今回の「Stairway to Heaven」の動画で、観衆が「All Within My Hands!」と叫んでいるのは、過去のセットリストを知っていた通なファンということでしょうか(笑)

    他のアーティストとのステージ上での共演はなかったのかな・・・・

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、オジー・オズボーンと慈善コンサートに参加予定
    ジェイムズ・ヘットフィールド、サミー・ヘイガーらと慈善コンサートに参加予定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ペルー公演を前にしたロバート・トゥルージロのインタビューを管理人拙訳にて。

    robert2014

    セットリストに入れた大多数の曲のエネルギーと速さのために、バンドメンバーが苦痛を感じることなくアグレッシブでキツいセットリストをこなせるのかと疑問をもつソーシャル・メディアのコメンテーターもいる。我々はそのことや他のことについて話そうとメタリカのベーシストであるロバート・トゥルージロと席についた。

    「(普段のセットリスト)よりキツいかもしれないね。でもそれもある時点までだよ。今のメタリカで最高なことは全てを試しているってことだね。これって素晴らしいことなんだ。リマではステージでファンと楽しい時間を過ごすつもりだよ。(リクエストによって選ばれた)セットリストを見たけど、まだライヴでやっていない曲もあった。でも、俺たちの姿勢としては『さぁ来い、やってみせる!』ってとこだね。」

    リマのセットリストでハッキリしたことは、観衆の多くが最初の5つのアルバム(『Kill 'Em All』からブラックアルバムまで)の楽曲をセットリストとしたことだ。この点についてロバートにきいてみた。

    「あれらのアルバムには本当にいい曲があると思ってる。メタリカのカタログにはたくさんの楽曲がある。普通、バンドのファンは一番古い曲を一番好きなものなんだ。実際、最初の5つのアルバムのエネルギーとか魂は特別だしね。今だって明らかに俺たちが何なのかを置き去りにすることなく、あの趣を持ったまま曲を書く手助けとなっているよ。」

    彼がメタリカに加入したのは2003年に遡る。それ以前は、メキシコの祖先をもつアメリカのミュージシャン、ロバート・トゥルージロはいくつかの有名なバンドの一員だった。80年代終盤にはスイサイダル・テンデンシーズのベースとして、さらに後にはオジー・オズボーンとも活動した。−オジーの最初のアルバムの再録盤のベースとして契約したのだ− 最後にジェイソン・ニューステッドに代わってメタリカのベーシストに選ばれた。

    なぜメタリカの新しいベーシストとしてあなたが選ばれたのだと思いますか?

    「わからない。メタリカに加入する前、カークとサーフィンに行った。いま思うのは、カークが俺とサーフィンを始めたのは、彼がバンドで万が一ベーシストが必要になったときに備えて、俺のことをもっと知りたがっていたのかもしれないね。とにかく俺たちが一緒にサーフィンしていたときは音楽の話は一切しなかったよ。波について話していたんだ。」

    2010年にメタリカがリマで公演を行った際、サーフィンはどうにかできましたか?

    「うん。前回はワイキキ・ビーチでサーフィンしに行ったよ。ソフィア・ムラノビッチとマグー・デラ・ロサ(※訳注:いずれもペルーのプロ・サーファー)に会ったんだ。おいしいセビチェ(※訳注:ラテンアメリカで食べられる魚介類のマリネ)も食べたよ。本当に楽しかったなぁ。またそんなことをしたいと思ってるよ。」

    メタリカのライヴをやるには体調がよくなければいけませんか?

    「身体的な準備なしに2時間のメタリカのライヴはできないよ。今や俺たちも年を取ってきているし、自分の身体についてはより気をつけるようになった。このご時勢に俺たちのとってアルコールやドラッグは重要なものじゃない。」


    あなたの人生を変えたアルバムは何ですか?

    「ブラック・サバスの最初のアルバム(『Black Sabbath』)は俺の人生を変えた。あれには俺もびっくりしたよ。友だちと部屋の明かりを消してロウソクに火を灯して聴いてアルバム・カバーを見ていた。サンタナの2枚目のアルバム『Abraxas(邦題:天の守護神)』は俺にとって大きな意味を持っている。ものすごくダイナミックなリズムがあるからね。アルバムでいったらクール・アンド・ザ・ギャングの『Jungle Boogie』とかレッド・ツェッペリンの『Led Zeppelin III』なんかもそうだね。」

    ミュージシャンとして最も影響を受けたのは誰ですか?

    「子供の頃、父親が弾いていたフラメンコ・ギターを挙げるかな。父親がアコースティック・ギターを弾いているっていうのが、俺の最初の音楽の思い出なんだ。」

    Peru this Week(2014-03-13)

    ツアー中のメタリカのインタビューを訳していると、時々こういう外国の食べ物(今回はセビチャ)が出てきてお腹が減ります(笑)。そして、サバスのアルバムを聴くためにわざわざ蝋燭に火を灯すとはなかなか手が込んでますね。

    さて、話題に上がっていたセットリストをおさらいしておきましょう。まずは20日に行われたペルー公演のセットリスト。

    01. Battery
    02. Master of Puppets
    03. Welcome Home (Sanitarium)
    04. Disposable Heroes
    05. The Unforgiven
    06. Lords of Summer
    07. ...And Justice for All
    08. The Four Horsemen
    09. Whiplash
    10. Orion
    11. One
    12. Ride the Lightning
    13. Fight Fire with Fire
    14. Fade to Black
    15. Enter Sandman
    Encore
    16. Creeping Death
    17. Hit the Lights (Vote of the Day Song)
    18. Seek & Destroy

    Metallica.com(2014-03-20)

    そして、その前に行われたエクアドル公演のセットリスト。

    01. Blackened
    02. Master of Puppets
    03. Welcome Home (Sanitarium)
    04. Ride the Lightning
    05. The Unforgiven
    06. Lords of Summer
    07. ...And Justice for All
    08. Sad But True
    09. Fade to Black
    10. Orion
    11. One
    12. For Whom the Bell Tolls
    13. Battery
    14. Nothing Else Matters
    15. Enter Sandman
    Encore
    16. Creeping Death
    17. Fuel (Vote of the Day Song)
    18. Seek & Destroy

    Metallica.com(2014-03-18)

    たしかにペルー公演は見事にブラックアルバムまでの楽曲+新曲になってます。公式のツアージャーナルでは「Sad But True」も「Nothing Else Matters」もない!と驚いていました(笑)。南米ファンのさらなるムチャぶりに期待しましょう。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    休む気ないだろ!メタリカ、2014年のツアー日程さらに追加
    メタリカ、南米ツアー初日のコロンビア公演にて新曲披露。
    ラーズ・ウルリッヒ、新曲「The Lords of Summer」の今後について語る

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ラーズ・ウルリッヒが「BBC Radio One」で来年(2014年)から始めるセットリストのリクエストツアーについて少しだけ語ってくれました。これまでラーズの手によってセットリストが決められてきたわけですが、それをファンに委ねることについて以下のように語っています。(管理人拙訳)

    larsulrichmetalhammer

    「たしかにいい意味でドキドキさせてくれる。ファンがたくさん楽しんでくれるべきものだと思っている。これは基本的にファンが選ぶわけだから、少なくともセットリストに対して愚痴を吐かれることには終止符を打つよ。」

    メタリカは10年ほど前から、毎晩セットリストを変えることを始めた。「The Pulse Of Radio」では当時を振り返り、こう語る。

    「『St.Anger』のツアーを始めた頃に、毎晩セットリストを変え始めたんだ。90年代、6ヶ月も毎晩のように同じセットリストをやることにちょっと行き詰ったし、柔軟性に欠けていた。だから毎晩違うものをやろうと試してみた。とてもクールだね。」

    ヨーロッパツアーのチケットを購入したファンは140もの曲のなかからメタリカがショーで行うセットリストに投票することができる。バンド従来の18曲のセットリストには、投票された上位17曲と新曲が含まれている。ラーズは付け加えて、こう話す。

    「2014年は基本的には次のメタリカのレコードに取り組むことになる。曲を書くこと、新曲を生み出すことを順調にスタートさせるということに興奮している。どうなるかはまだハッキリわかっていない。でも俺たちがもっと親密になれば、うまくいけば何かクールなものを思いつくだろう。」

    BLABBERMOUTH.NETより(2013-12-17)

    記事中ではヨーロッパツアーしか触れられていませんが、南米ツアー発表前のインタビューだからですかね。ドキドキするというのは「最近やってないあの曲になっちゃったら、練習しなきゃ・・・」とか思っているんでしょうか?(笑)いまのところ投票の途中経過を見る限り、いわゆる定番曲がほとんど上位を占めていますが。

    各々がそれぞれ思い入れある曲が違うから、セットリストに完璧に満足というのは、クリアするには難しい問題かも。

    各日程のセットリストの途中経過はこちらから確認できます。
    http://www.metallicabyrequest.com/

    関連記事
    メタリカ、2014年のヨーロッパツアーにてセットリストのリクエストを募集
    来年のメタリカはロックフェス三昧、Orionフェスは開催せず
    メタリカ、3月の南米ツアーを発表。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    いやぁTwitterでリツイートして更新した気になってました・・・いかんいかん

    Metallica.comにて3月に行われるメタリカの南米ツアーが発表されました。
    ヨーロッパツアー同様、セットリストをチケット購入者のリクエストで決めるとのこと。
    以下、ツアー日程及びチケット販売日時(全て現地時間)。

    south-america-by-request

    ■2014年3月16日
    コロンビア・ボゴタ公演
    ※チケット一般販売:12月19日10:00〜
    ※MetClub先行販売:12月18日10:00〜12月19日10:00

    ■2014年3月18日
    エクアドル・キト公演
    ※チケット一般販売:12月19日10:00〜
    ※MetClub先行販売:12月18日10:00〜12月19日10:00

    ■2014年3月20日
    ペルー・リマ公演
    ※チケット一般販売:12月19日10:00〜
    ※MetClub先行販売:12月18日10:00〜12月19日10:00

    ■2014年3月22日
    ブラジル・サンパウロ公演
    ※チケット一般販売:12月17日オンライン12:01〜、コールセンター9:00〜、ボックスオフィス10:00〜
    ※MetClub先行販売:12月16日12:00〜12月16日23:59

    ■2014年3月24日
    パラグアイ・アスンシオン公演
    ※チケット一般販売:12月19日12:00〜
    ※MetClub先行販売:12月18日12:00〜12月19日12:00

    ■2014年3月27日
    チリ・サンティアゴ公演
    ※チケット一般販売:12月21日12:00〜
    ※MetClub先行販売:12月18日12:00〜12月19日12:00

    ■2014年3月29日
    アルゼンチン・ブエノスアイレス公演
    ※チケット販売:現地日時 12月20日10:00〜
    ※MetClub先行販売:12月13日16:00〜12月14日8:00

    Metallica.com(2013-12-13)

    ということは、新曲は少なくとも3月には拝聴できるわけですね!楽しみ〜!(また制作途中の段階での演奏になるかもしれないけど)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    来年のメタリカはロックフェス三昧、Orionフェスは開催せず
    メタリカ、2014年のヨーロッパツアーにてセットリストのリクエストを募集

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ちょっと更新怠るとすぐニュースが飛び込む昨今のメタリカ・・・コメント欄にもすでに書いていただいていますが、このニュースから。

    Metallica.comの発表を管理人拙訳にて。

    この2年間、俺たちの映画「Through The Never」を制作することに大半を費やしてきた。そして次のアルバムを制作する準備ができた・・・長かったな!俺たちがスタジオにこもる時、キミたちがギグに持ち寄る素晴らしいライヴのエネルギーを吸収するインスピレーションを与えてくれる中断が必要だってことを歴史は物語っている。それは1度や2度じゃなかったかもしれない(!!)今度の夏にロードに出る。しかしただの「ヨーロッパのバケーション」じゃない。ちょっとひねりを加えた。キミたちがセットリストを選ぶんだ!

    ヨーロッパを巡る2つの短いロードに乗り出すにあたって、俺たちはチケットをもっている人に参加するショーでどんな曲を聴きたいか投票する機会を設けるつもりだ。とても単純なことだ・・・チケットをオンラインで入手して、すぐに専用コードと票を投じるであろうサイトへのリンクが書かれたEメールを受け取るだけ。俺たちは通常、一夜で18曲ぐらいを演る。(この企画に)取り残されたくないんでバンドも投票する・・・俺たちは「新曲」に票を投じるよ!キミたちが選ぶ17曲の枠を残しておくから、俺たちがこれまでのキャリアでレコーディングし、140近い曲のなかからお気に入りのものに投票してくれ。経過も楽しめるよう、キミやキミの仲間のファンが選んだものの途中結果も見られるようになる。

    (準備万端になってから始めるようなことはしない)本当のメタリカのやり方だから、いますぐ全てのショーの準備が整っているわけじゃないが、とりあえずキミたちに日付を挙げておく。

    ■2014年6月4日(Sonisphere)
    ドイツ・バンブルグ公演(現地日時 11月29日午前10:00からチケット発売)

    ■2014年6月5日〜8日(Rock Am Ring)
    ドイツ・ニュルブルクリンク公演(現地日時 11月27日午前9:00からチケット発売)

    ■2014年6月6日〜9日(Rock Im Park)
    ドイツ・ニュルンベルグ公演(現地日時 11月27日午前9:00からチケット発売)

    チケットはwww.eventim.de.から購入可能。

    2014年に向けてギアを上げて、来週にはスケジュール追加などの更新を行うから引き続きチェックしてくれ!

    2013-07jul06_pic33

    Metallica.com(2013-11-26)

    来年の話をすると鬼が笑うといいますが、もう笑いっぱなしです。

    本人たちがわかっているとおり、「Escape from the Studio」だの「Sick of the Studio」だの言ってツアーをやってきたメタリカですから、アルバム制作でスタジオに籠りきりになることはありえないだろうなぁとは思ってましたが、今度はセットリストのリクエストという企画。

    そろそろラーズがセットリスト考えるの疲れたんじゃないかという説も否めませんが、こうなったら思いっきりマニアックなセットリストも観てみたいものです。今のところ発表されている日付が全てロックフェスのものなので、あまりにマニアックなセットリストで他のバンドのファンが「お口ポカーン」状態にならないことだけを祈ります(笑)

    コメントへの返信は後ほど。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    サンフランシスコ・ジャイアンツ×メタリカのメタリカナイト再び開催決定。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    どうも。
    メタリカ情報局管理人thingyです。


    セットリストのページを少しリニューアルしました。
    まだ未完成の部分もありますが、まぁ公開できるレベルかなと
    いうことで見切り発車です。


    >>セットリストのページ


    CDの発売単位でページを分けてみました。


    そしてメタリカ情報局でも触れた「デス・マグネティック」
    発表後のセットリストを2つと古いセットリストを
    ほんの少し追加しました。


    全部書いてもキリないのでとりあえず2つということでσ(^_^;)
    「このセットリスト載せて」というのがあれば、
    できる限り載せたいと思います。


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


    関連記事
    メタリカのライブセットリスト
    メタリカの新譜を妄想(メタリカ公演セットリスト史編)
    いよいよメタリカのツアー始まりました。
    メタリカ、ロックの殿堂入り後もライブでハッスル。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ロックの殿堂入りもツアーはまだまだあるとばかりに
    精力的なライブ活動は続いております。


    【米メタルバンド、メタリカが熱気溢れるパフォーマンスを披露】


    アメリカのヘヴィメタル・バンド=メタリカが、
    フィラデルフィアのWachovia Centerでライブを行った。


    昨年末のライブでは、メンバーのラーズ・ウルリッヒの
    誕生日をパイ投げで祝福し、盛り上がりを見せていたメタリカ。
    今回のライブではパイ投げはなかったものの、先日ロックの
    殿堂入りが決定したこともあって、いつもより更に熱気に
    包まれたパフォーマンスを披露した。


    Time Warp(2009-01-17)



    引用元の記事でライブ写真が何枚か公開されているので
    ご覧になりたい方はぜひ。


    引用元:ロックの殿堂入りで気合い充分のメタリカ!



    ちなみにこの日のライブのセットリストはこちら↓


    01. That Was Just Your Life
    02. The End Of The Line
    03. Creeping Death
    04. Ride The Lightning
    05. One
    06. Broken, Beat And Scarred
    07. Cyanide
    08. Sad But True
    09. The Unforgiven
    10. All Nightmare Long
    11. The Day That Never Comes
    12. Master Of Puppets
    13. Blackened
    14. Nothing Else Matters
    15. Enter Sandman

    -encore-

    16. Last Caress
    17. Whiplash
    18. Seek And Destroy


    というわけでかなり『デス・マグネティック』中心の
    セットリストになっています。


    セットリストのページもそろそろ更新しないとですね。。


    関連記事
    メタリカのライブセットリスト
    ラーズ・ウルリッヒ、メタリカのツアー計画を明かす
    メタリカ来日公演が待ちきれないのでライブ映像を。
    メタリカ、ロック殿堂入り。
    メタリカ、ロックの殿堂入り授賞式ライブにジェイソン・ニューステッドも参加!?

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    復旧したPCの調子がいまいちで更新が遅くなりました(゚ー゚;A

     

    メタリカのツアー始まりましたね。
    ヨーロッパ公演日程が2009年7月までオフィシャルにて発表されていますが、
    まだか〜来日公演発表は(苦笑

     


    遅くなりましたが2008年10月21日にアリゾナ州、グレンデールで
    行われた公演の模様をひとつ。

     

    Metallica - That Was Just Your Life "Live Oct 21, 2008"

     


    そして2008年10月23日にニューメキシコ州アルバカーキで行われた
    セットリストはこちら↓


    01. That Was Just Your Life
    02. The End Of The Line
    03. Creeping Death
    04. For Whom The Bell Tolls
    05. One
    06. Broken, Beat And Scarred
    07. Cyanide
    08. Sad But True
    09. Until It Sleeps
    10. No Remorse
    11. The Day That Never Comes
    12. Master Of Puppets
    13. Blackened
    14. Nothing Else Matters
    15. Enter Sandman
    - - - - - - - -
    16. Die, Die My Darling
    17. Stone Cold Crazy
    18. Seek and Destroy


    ライブ定番曲と新譜から5曲。
    今回のツアーはこういうセットリストが中心なのかな?

    メンバーのライブ写真はこちらからどうぞ。


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

    このページのトップヘ