メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:ジェイムズ・ヘットフィールド

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    5月27日発売の『Classic Rock』誌のなかで
    ジェイムズ・ヘットフィールドが抱えていた
    孤独などを赤裸々に語っています。


    抜粋版を管理人ヘボ和訳でどうぞ。


    【ジェイムズ語る「メタリカは俺にとっての家族になった」】


    ※以下、CR:Classic Rock、JH:ジェイムズ


    CR:あなたは当時、内気だったんですか?


    JH:とてもね。俺は自分の中に引きこもっていたんだ。
     ガキのころに起きてきた出来事からしたら、
     この世界のどんなものでも本当に信じることはなかった。
     それから、酒を飲むことでそんな状況からほんの少しだけ
     抜け出すことができた。でも結局、それはさらに状況を
     悪化させただけだったんだ。
     俺は自分で墓穴を掘っていたんだな。


    CR:メタリカがあなたの家族になったと感じたことはありましたか?


    JH:あぁもちろん。そいつは疑いようはないね。
     俺は本当に気の合う仲間を探していたんだ。
     自分の家族とは心の底から一体とはなっていなかった。
     ガキのころはまさに俺の目の前で崩壊していたからな。
     家族を心から欲していた部分と人々に我慢できない部分と
     があったんだ。でも結局、俺は一匹狼みたいに感じていたんだな。
     でも、俺は本当に家族が必要だと感じていたんだ。
     だがそれはいつもじゃなかった。


    Classic Rock(2009-05-21)


    インタビューの続きは『Classic Rock』誌本編でどうぞ。


    familyを「家族」と直訳してしまいましたが、
    ちょっと日本語の家族よりも意味合いは広いですかね?


    ジェイムズにとっていかにメタリカという居場所が
    必要なものだったかをうかがい知ることができそうです。


    ブログランキングに参加しています。

    応援クリックをヨロシクお願いします。


    関連記事
    ジェイムズ、新譜制作直後の心境語るの巻。
    【続報】ジェイムズ・ヘットフィールドが公演キャンセルについてコメント。
    ジェイムズ、あたった牡蠣を語る。
    ジェイムズ・ヘットフィールド、ピアノを習った思い出語る。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    METAL HAMMER誌でジェイムズがピアノに習っていた
    思い出を語っていました。

    ※METAL HAMMER誌はMH、ジェイムズはJHで表記。


    【ジェイムズ・ヘットフィールドの「俺とピアノ」】


    MH:あなたは最初にピアノを習ったのは9歳で、その後
    お兄さんのドラムに興味をもったということですが、
    ピアノのレッスンはクラシック音楽だったんでしょうか?


    JH:あぁ。オカンは俺を友人の家に連れて行ってピアノを
    たたき始めたんだ。それで考えたんだろうな。
    この子はミュージシャンになるんだ。
    それでピアノレッスンの契約をするんだってね。


    俺は何年かレッスンを受けたけど、本心ではちょっと
    うんざりしてたんだ。俺がラジオで聴いている音楽は
    こんなんじゃないってね。わかるだろう?


    (以下略)


    METAL HAMMER(2009-05-08)



    小見出し、意訳しすぎました(苦笑
    やっぱり音楽やるなら、まずは自分の聴いている音楽を
    弾きたいというところから始まるのがまっとうなようです。


    続きを知りたい方はこちらの英語の元記事からどうぞ。

    James Hetfield On His Past With the Piano


    誤訳等は遠慮なくコメントか管理人宛メールフォームより
    ご指摘くださいませ。


    ブログランキングに参加しています。


    応援クリックをヨロシクお願いします。


    過去記事
    ジェイムズ・ヘットフィールドの変わりゆく容姿
    ジェイムズ・ヘットフィールド、食中毒で公演キャンセル。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ジェイムズ食中毒ニュース、ひっぱります(苦笑


    【ジェームズ・ヘットフィールド 「メタリカをやっつけた牡蠣」を語る】


    今月初旬、スウェーデン・ストックホルムでの
    公演をやむなく中止したメタリカ。フロントマンの
    ジェームズ・ヘットフィールドが、腹痛と脱水症状で
    入院してしまったのだ。


    その数日後、ヘットフィールドはバンドの公式サイトに
    謝罪文を掲載。すべての原因は「悪い牡蠣」だったと説明した。


    MTV Newsでは先週、米テキサス州で開催された
    音楽見本市「サウス・バイ・サウスウェスト」にて、
    シークレット・ライブを行う直前のバンドを直撃。
    ヘットフィールドに問題の牡蠣について訊いてみた。


    「メタリカをやっつけた牡蠣さ」


    とヘットフィールドは笑った。


    「ああ、あれは(メタリカのヨーロッパ・ツアーの)
    最後のショーだった。連続公演をやった都市がいくつか
    あって、最高だったよ。その最後がストックホルムだったんだ」。


    「初日はちゃんとやったよ。マシン・ヘッドとスウォードが
    サポート・アクトだったんだけど、彼らも含め、みんなが
    同じ街に居て、同じ日にオフになるって、滅多にないことなんだ」


    と彼は続けた。


    「それで、1公演目と2公演目の間の夜に打ち上げをした。
    料理がたくさん並んでいたんだ。もしかしたら、置かれて
    いた時間が長すぎたのかもね」。


    ヘットフィールドは牡蠣をいくつかつまんで、
    パーティを続けたそうだ。一晩中元気だったが、
    翌朝起きると状況が変化していた。


    「とにかく、すごく気持ち悪くなり始めた。ライブを
    中止しないで済むように、スゲエがんばったよ。
    それってイケてないだろ。みんなをがっかりさせたくないし、
    既に現地に居て機材もあるんだから。でもあまりに具合悪くて、
    マジで、立っていることもできなかった」
    と彼は述べた。


    「ひどい脱水状態だったんだ。医者が来て血圧を測ったら、
    上が80で下が60とかで。ベッドの横のランプに点滴を
    貼り付けて、医者の車に積んであった食塩水を投与されたよ。
    でももちろん、本来は室温であるべきものなんだ。俺は凍えて、
    震え出して歯がガタガタいっていた。大騒ぎだったよ」。


    そのような経緯で、メタリカはストックホルム公演の中止を
    余儀なくされ、1万6000人のファンを落胆させてしまった。
    だが、既に振替公演は決定しており、ヘットフィールドは
    必ずステージに立つ予定だ。


    「絶対に行くよ。確実にね。どんな牡蠣にも邪魔させないさ」
    と彼は笑った。


    「前回はおそらく食べ物―サルモネラ菌―と、お腹の風邪の
    コンビネーションにやられたんだと思う。もうそんなことはないよ」。


    James Montgomery, MTV News (2009-03-25)


    サポートバンドとパーティーなんてあるんですね。
    そういうなかで新しい交流やセッションが生まれる
    のかもしれません。


    それにしても今後は食べるものにも気をつけて、
    マイティー・ジェイムズでいて欲しいものです(笑


    関連記事
    ジェイムズ・ヘットフィールド、食中毒で公演キャンセル。
    【続報】ジェイムズ・ヘットフィールドが公演キャンセルについてコメント。
    ラーズ・ウルリッヒが選ぶ2008年のベストアルバムはこれだ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    フェイス・ノー・モア再結成の報にいろんな期待を
    している、メタリカ情報局管理人thingyです。


    その再結成には参加しないジム・マーティンが
    フェイス・ノー・モア脱退後、1997年にソロ名義で
    出したアルバム『Milk and Blood』。


    そのなかでジェイムズ・ヘットフィールドが
    バックボーカルを務めている曲をご紹介。



    曲名は「Disco Dust」(アルバム1曲目)
    さっそくどうぞ。



    後ろで「Yeah!Yeah!」歌っているのがジェイムズ兄貴です。


    クリフ・バートンの学友でもあるジム・マーティン。
    メタリカのメンバーとも親交が深く、
    ジェイソン・ニューステッドがメタリカを脱退した後、
    初めてセッションしたのはジム・マーティンだったとか。


    アルバム『Milk and Blood』のなかではジェイムズだけでなく、
    ジェイソン・ニューステッドも10曲目の「Fatso's World」で
    曲作りから参加しています。


    Milk and Blood
    Milk and Blood

     

    【追記】
    メタリカグッズ情報館メタリカ非名義作品のページ
    追加しました。


    関連記事
    クリフ・バートンをさがせ!
    アニメ挿入歌も手がけてたメタリカ
    【続報】カーク・ハメット、ケイナーン(K'naan)の2ndアルバムにゲスト参加。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    食中毒でストックホルム公演をキャンセルしたこと
    について、オフィシャル・サイトでジェイムズが
    コメントを出してました。


    管理人のいいかげんな意訳でどうぞ。

    (明らかな誤訳はご指摘くださいませ。。)


    【ジェイムズからのメッセージ】


    よう!みんな!


    ジェイムズはちゃんとここに生きてるぜ。
    まだ全快ってわけじゃないけど状態は良くなってる。
    体調不良で日曜日のストックホルムのギグが
    キャンセルになってしまったこと、本当に申し訳ない。
    この症状は一過性のインフルエンザか、よろしくない
    牡蠣からきたもんだろうって病院で言われたよ。。。


    そう、認めざるをえない。牡蠣にやられたんだ。


    近くのファンや遠方からわざわざ来てくれたファンの
    みんなに迷惑をかけてしまいすまないと思っている。


    今回のことを取り戻すために全力を尽くす所存だ。
    付け加えると、俺の症状でサポート・バンドの
    「スウェディッシュ・オイスター・カルト」
    (直訳:スウェーデンの牡蠣熱狂者)がツアーから
    厄介払いされるかもな。

    もっとカウベルを?(※)いや、もっとエチケット袋を!


    みんなの理解とサポートに感謝するよ。


    愛と敬意を込めて


    ジェイムズ・”パパ”・ヘット


    metallica.com(2009-03-10)


    ※原文「More Cowbell?」の意味がよくわからなかったので
    ちょっと調べてみました。。


    メタリカも『ガレージ・インク』で楽曲をカバーした
    ブルー・オイスター・カルト(Blue Oyster Cult)の
    レコーディングを再現したコント(?)で有名なフレーズ
    みたいですね。(英文で見たので不正確なら教えてください(汗


    プロデューサーが楽器で使っていたカウベル(牛につけるベル)
    演奏者に「Little More Cowbell!」と言ってバンドが混乱する
    みたいな展開でした、、、っていう解説であってるのかしら。。


    とりあえずその映像をご参考までにどうぞ。
    2回目の演奏に注目(笑


    もっとカウベル!:More Cowbell!!

    ※リンク先のI gotta have more cowbell!をクリック。


    向こうでは有名な話みたいで、YouTubeで
    素人がマネしている動画がけっこうありました(笑

     

    【追記】
    BARKSで管理人よりもちゃんとした和訳が
    載っていましたので載せておきます。


    【メタリカのジェームズ、コンサート中止はカキが原因】


    メタリカが3月8日、フロントマンのジェームズ・
    ヘットフィールドが緊急入院したことでスウェーデン
    でのコンサートをキャンセルしたが、その原因は食あたり
    だったそうだ。カキにあたったらしい。


    当初は脱水症でダウンしたと伝えられたが、医師が
    絞り込んだところ「24時間ウイルスかカキが原因だ」
    と診断されたという。ヘットフィールドは、バンドの
    サイト(Metallica.com)に以下のようなメッセージを掲載した。


    「やあ、ジェームズだ。8割がた生きてる。でも、良くは
    なってきてるよ。病気のせいで日曜日のストックホルムでの
    ギグをキャンセルしたことを謝罪したい。病院で検査して
    もらったところ、原因/診断は24時間ウィルスかカキだって
    絞られた…。ああ、認めるのは癪だが、
    カキにやられたのかもしれない」


    コンサートの中止が発表されたのは、すでに1万6000人の
    観客が来場した後。ヘットフィールドは
    「(ショウを)やろうと出来る限りのことをしたが、
    立ち上がると倒れ込んでしまう状態だった」
    という。


    (後略)


    BARKS(2009-03-12)


    関連記事
    ジェイムズ・ヘットフィールド、食中毒で公演キャンセル。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ジェイムズ・ヘットフィールドが病院に運ばれ、
    2009年3月8日のストックホルム公演がキャンセルされました。


    症状から食中毒が疑われるそうですが、
    現在は回復しているとのことでひと安心。


    食中毒ということで何を食べたのか気になったんですが、
    インド料理のレストランで


    サモサ
    チキンマサラ
    子羊のトマト煮(ヨーグルトソース和え?)


    をテイクアウトで頼んだそうです。


    (2009-03-09) BLABBERMOUTH.NETより

    マサラは聞いたことあったんですが、サモサって何ぞや?
    と思ったのでサモサの紹介ページを探してしまったんですが、
    ウマソー(笑



    またケガとか大きい病気とかじゃなくてホント良かったです。
    でも公演キャンセルを聞いたファンはショックでしょうね。。


    以下、ラーズたちが事情を説明している動画↓


    早く来日してほしいけど、体壊したんじゃ元も子もないんで
    とりあえず英気を養ってください兄貴。

     

    【追記】
    vibe-netにさらなる続報が載っていましたので引用追記。


    【Metallica ジェームズ緊急入院で公演が中止に!】


    メタリカが、3/8(日)のスウェーデン公演を土壇場で
    キャンセルしていたことが明らかになった。
    ヴォーカルのジェームズ・ヘットフィールドが胃に痛みを訴え、
    緊急入院したのがその理由だという。このたび中止となったのは、
    ヨーロッパ・ツアーの一環として予定されていたストックホルム
    での2公演目。会場のグローブ・アリーナには、すでに1万6,000人
    のファンがコンサートの開演に備えて詰めかけていたという。


    そんな中、ドラマーのラーズ・ウルリッヒは観客に向かって、


    「本当に心から申し訳なく思っている」と、バンドを代表して謝罪。
    さらに、「信じてくれ。君たちの誰ひとりとして、俺やロブ
    (ベースのロバート・トゥルージロ)、カーク(・ハメット/ギター)
    の歌なんて聴きたくないだろ」
    と弁明したという。


    ちなみに、広報担当者がAP通信に明かしたところによると、
    ジェームズは病院で脱水症の治療を受けたものの、
    その日の夜には病院をあとにし、その後、米国に
    帰国したとのことだ。なお、バンドはこのあと、3/25(水)より
    英バーミンガム公演よりツアーを再開し、8月までヨーロッパ
    を巡業する予定となっている。


    一方、バンドのオフィシャル・サイトによると、
    今回中止となった公演に関しては、この春のうちに
    振替公演を行なう見込みとのことだ。


    vibe-net(2009-03-10)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    今年に入ってからも増え続けるジェイムズのタトゥー。

    いったいどんな柄があるんだろうと思ってたら
    ざっとジェイムズの刺青をおさらいできる動画が
    あったのでご紹介。(後半はカーク)


    ※音大きめにつき注意


    定番の十字架やらトランプの模様やら
    自分の子供の名前が入ってたりとまぁいろいろありますねぇ (^_^;)

    ちなみに冒頭に出てきた背中に入った文字はLeadfoot

    意味は・・・・


    車を無謀にぶっ飛ばす人

    猛烈なスピードで無謀な運転をする人

     

    たしかに改造車好きだし


    「I Disapper」のPVを見ると無茶な運転しそうな気もしますが



    ジェイムズは車というよりダウンピッキングの方が
    猛烈なスピードで無謀な「演奏」じゃないかと(苦笑

     

    おまけ↓


    早くこんなお馬鹿なコール&レスポンスしてぇ。。笑


     関連記事
    ジェームズ・ヘットフィールド
    メタリカ来日公演でのMC
    ジェイムズ・ヘットフィールドの変わりゆく容姿
    ジェイムズ・ヘットフィールドの黄金の右腕。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    vibe-netで新譜タイトルの意味についてジェイムズが語った
    インタビューの一部が載っていましたのでご紹介。


    待望のニュー・アルバム『Death Magnetic』のリリースを
    9月に控えたメタリカ。先ごろその収録曲を発表したのに続いて、
    このたびフロントマンのジェームズ・ヘットフィールドが、
    アルバム・タイトルに込められた意味を明らかにした。

    ジェームズいわく、

    “Death Magnetic(デス・マグネティック=死の磁性)”
    というタイトルは、死んでしまったロック・スターたちへの
    オマージュがそもそもの出発点だったという。

    「(『Death Magnetic』というタイトルは)当初は
    俺たちの世界で命を落とした人々、例えば
    (アリス・イン・チェインズのヴォーカルの)
    レイン・ステイリーとか、ほか多くの故人、
    言ってみればロックンロールの殉教者たちへの
    トリビュートみたいなものだった。
    そこから発展していったんだ。

    死について考えるうちに…まるでマグネット(磁石)
    みたいだと思ったってわけ。ある者はそれに引き寄せられ、
    ある者はそれを恐れて押しのけようとするだろ。
    俺たちはみんないつか死ぬという考えは、議論になっても、
    そのうちほとんど話題に上らなくなる。
    そんな話題を持ち出したいなんて誰も思わないからね。
    リビングにあるデカいガラクタみたいなもんさ。
    でも俺たちはみんな、いつかはそれに対峙しなくちゃならないのさ」

    vibe-net(2008-07-28)


    セイント・アンガー制作過程でお互いが抱えてた
    フラストレーションをポジティヴな形で爆発させた
    メタリカですが、今度は殉教者たちへのトリビュートですか。。

    改めてレイン・ステイリーのような不幸な死や
    それと隣りあわせだった自分たちに思いを
    巡らせたのかもしれませんねぇ。。

    新譜の歌詞の世界も楽しみになってきました。

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

    関連記事
    デス・マグネティックの曲タイトル。
    DEATH MAGNETICのアートーワークを発表!
    メタリカ in アリス・イン・チェインズ

    このページのトップヘ