メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:サイドプロジェクト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジェイムズ・ヘットフィールドがデトロイト公演を前にWRIFラジオのインタビュー。ソロプロジェクトやサイドプロジェクトをやろうと考えているか質問され次のように答えていました。BLABBERMOUTH.NETの文字起こしを管理に拙訳にてご紹介。

    jameshetfieldwrifjuly2017

    メタリカはかなりの部分、俺のプロジェクトだ。メタリカでやりたいことはなんでもやる(笑)。だから(サイドプロジェクトは)必要ない。良いと思える曲を書いて、メタリカのものになればさらに良い。時にはそうはならないこともある。「Nothing Else Matters」のように「あれは聞かないでくれ」って隠そうとしたものもある。でも、本当にそんな必要はないんだ。あとは時間かな。(メタリカとサイドプロジェクト)どっちもやる時間なんてないよ(笑)

    BLABBERMOUTH.NET(2017-07-15)

    インタビューのフル動画はこちらから。


    またジェイムズは、2015年のファンクラブ会報誌「So What!」のインタビューのなかでこんな話もしています。
    メタリカはラーズと俺自身のためだと思ってる。これは俺にとっての話だけど、アイツも同じように感じているはずだよ。メタリカは俺たちのサイドプロジェクトでもあるんだ。メインプロジェクトでもあり、サイドプロジェクトでもある。いつだって俺たちのプロジェクトなんだ。他のことをやりたくないっていうことじゃない。ナレーターとか執筆とか写真とかアートとか車とかね・・・。俺はそういうものをメタリカから引き離すものじゃなく、俺に加えていきたいんだ。

    以前はサイドプロジェクトに関して否定的な態度で話し合いの場にいたかもしれない。「おまえはあれをやっているってことはつまり俺やラーズと同じくらいこのバンドに没頭していないってわけだな」という具合にね。俺はもうそういう気持ちや腹立たしさにうんざりしているよ。

    結局のところ、ラーズと俺がこのバンドの指揮者なんだ。俺たちはほとんどの時間メタリカの舵をとり、他の2人のメンバーがそうあることにとても満足している。俺たちはみんな同等だ。俺たちみんな自分たちのやり方で貢献している。でもラーズと俺は陣頭指揮をとることをとても心地よく感じている。誰もがバンドが全ての上に立つ優先順であることをわかっていて、他のことを探求する自由があると思っているから、今現在俺たちはいい位置にいるんだ。

    BLABBERMOUTH.NET(2017-07-15)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ロバート・トゥルージロの新たなプロジェクトの詳細が明らかに
    ジェイソン・ニューステッド、アコースティック・プロジェクト「Would And Steal」始動

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    とりあげるのが少し遅れましたが、ロバート・トゥルージロのサイドプロジェクトの続報。2015年2月にinstagramで画像がアップされたロバート・トゥルージロのサイドプロジェクトについて取り上げました。(関連記事参照)

    trujillo_project

    このプロジェクトの中心的存在で、写真のアップ主でもあるMagic Bullet Recordsの創設者ブレント・アイストーンによるコメントがNoiseyのインタビューで掲載されました。管理人拙訳にて抜粋してご紹介。

    これはトニー・ホーク財団を通じたプロジェクトなんだ。俺とロバート・トゥルージロ(Metallica)とリック・スミス(Torche)、グラハム・スカラ(元Darkest Hour、Iron Reagan)、そしてConverge、Doomridersのネイト・ニュートン。俺たちはレコード制作をしている。数曲収録してデジタル版とビニール盤で出すつもりだよ。収益金は全てトニー・ホーク財団に寄付される予定なんだ。俺たちはみんなスケートボードが大好きで、低所得地域に無料のスケート・パークを作る、このチャリティーに信念を持っている。プロジェクト名もリリース日も決まってないけど、これができたら全ての収益は公共のスケート・パークに使うつもりだ。俺たちは新しいものを作りたがる、何か上限を設定するようなことはしない動きの速いミュージシャンなんだ。雰囲気のある、ちょっと変わった、ハードコアとは違うレコードになるかもしれないし、俺たちが一緒にやれると思っていなかった人たちと一緒にやるバンドになるかもしれない。

    Noisey(2015-07-24)

    というわけでプロジェクトの参加者とプロジェクトの意図まで判明しました。リリース日やプロジェクト名が発表され次第、続報を伝えられればと思います。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ロバート・トゥルージロ、サイド・プロジェクト始動?
    ラーズ・ウルリッヒ、ロバート・トゥルージロが慈善イベント「Stand Up For Skateparks Benefit」に参加

    このページのトップヘ