メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:ギター

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ESPギターが2018年発売予定のギターのラインナップを公開。カーク・ハメットが今年から使用している紫ラメ「KH-602 PURPLE SPARKLE」もラインナップに加わっています。
    20170917_013854_7549_1011425

    1月にアナハイムで行われる楽器見本市「NAMM Show」で改めてお披露目される見通し。
    kh602

    ESPより

    紫と言えば、ラーズ・ウルリッヒのWorldWired仕様のドラムセット。
    bg_lars

    ロバート・トゥルージロのWarwickの紫モデル。
    20170608_074450_7549_993743

    真田の赤備えならぬメタリカの紫備えもできそうな・・・
    Metallica-MAIN

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ESPギターからカーク・ハメットのシグネチャーモデル「KH OUIJA NATURAL」が発売

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2017年1月19日から22日のあいだカリフォルニア州アナハイムで行われた世界最大規模の楽器ショーであるNAMMショーにて、ESPギターからカーク・ハメットの新シグネチャーモデルギターがお目見えしました。
    kh_demonology_original

    その名も「KH DEMONOLOGY」。悪魔学・悪魔研究を意味する名称の通り、ボディには悪魔のシンボルと思われる記号がプリントされています。
    namm2017_02
    twitterより

    ESPギターのサイトでも詳細仕様が掲載されています。
    demonology
    http://www.espguitars.com/products/19164-kh-demonology?category_id=1963398-kirk-hammett


    日本での発売はいつになるのでしょうか?

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    NAMM Show 2016開催、メタリカのシグネチャーモデル続々公開
    カーク・ハメット、新シグネチャー・アンプヘッド「Randall KH103」のデモンストレーション映像を公開
    ESPギター、『Kill 'Em All』を含むメタリカの新シグネチャーモデルを公開

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジェイムズ・ヘットフィールドとカーク・ハメットが表紙のGuitar World誌でのインタビューにて、カークが『Hardwired...To Self-Destruct』やツアーでのギターの向き合い方が変わったことを語っています。

    GW_Metallica_Hol_Cover

    BLABBERMOUTH.NETさんの文字起こしを管理人拙訳にて。

    −『Hardwired...To Self-Destruct』へのレコーディング準備について

    このアルバムは精神的な準備が他と違っていた。俺はこれまでスタジオ入りする前は自分自身に相当イラだっていたけど、自分の能力にもっと心地よく感じているんだ。スタジオ入りする前、俺は何もしなかった。ただ出向いてプレイしたんだ。瞬間をとらえて、自然発生的なものを持ち続け、新鮮なまま、どこに行こうとしているか掴みたいと思っていた。これまでは考えすぎて罪悪感があったからね。

    −自身のギターとの向き合い方について

    別のコーナーを曲がった感じがするよ。これまでなかったやり方で自分の楽器と繋がり直した。飲むのをやめたら変わった。夜にショーがあったら、ギグで演奏して、その後に出かけて酒を飲んで、自分の部屋に戻ってから数時間ギターを弾いていたんだ。今でもそうするけど、大きな違いはもう飲まないってことだね。プレイしたものを次の日にも保っていられる。最近じゃ、それが(超絶技巧を要する)パガニーニだろうがジャズのスタンダード曲だろうが本当にコレと思ったものは何だってプレイできると感じるよ。数週間かかるかもしれないけど、俺にはできる!ってね。

    BLABBERMOUTH.NET(2016-11-16)

    ちなみにこのGuitar Worldはここから購入可能のようです(当方いまだ到着待ちですが(^^;)。
    http://guitarworld.myshopify.com/collections/guitar-world/products/guitar-world-holiday-2016-metallica

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    カーク・ハメット「iPhoneを無くしたのは俺にとって壊滅的」自身のアイデアは次のアルバムへ
    カーク・ハメット「今度のツアーは世界の主要な都市を廻る」
    カーク・ハメット、ジミー・ペイジのお墨付きで伝説的ギター「Greeny」を新作で使用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ギター&ベースメーカー、ESPからメタリカの新しいシグネチャーモデルのギターが発表されました。今回新たに公開されたのは、カーク・ハメットの「NOSFERATU」を含む全6モデル(内ジェイムズモデルのLTDが2種類)。

    まずはジェイムズ・ヘットフィールドのシグネチャーモデル。
    ESP SNAKEBYTE BLKS
    ESP SNAKEBYTE BLKS

    ESP VULTURE BLKS
    ESP VULTURE BLKS
    ESP

    続いてカーク・ハメットのシグネチャーモデル。
    KH-NOSFERATU
    KH-NOSFERATU

    KH-202 CAUTION
    KH-202 CAUTION

    ESP

    毎年1月にアメリカで開催される世界最大規模の楽器ショー、NAMM Show。今年のESPのブースで今回の新シグネチャーモデルが展示されています。

    12:20〜 「KH-NOSFERATU」「KH-202 CAUTION」「ESP VULTURE BLKS」


    4:14〜「ESP SNAKEBYTE BLKS」
    5:10〜「KH-202 CAUTION」


    james_hetfield_guitar_2016

    kirk_hammett_nosferatu

    james_hetfield_guitar_2016_2

    james_hetfield_guitar_2016_3

    facebook(2016-01-25)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    カーク・ハメットのニューモデルギター「Nosferatu」が限定発売
    カーク・ハメット、新シグネチャー・アンプヘッド「Randall KH103」のデモンストレーション映像を公開
    ESPギター、『Kill 'Em All』を含むメタリカの新シグネチャーモデルを公開
    ジェイムズ・ヘットフィールドのシグネチャーモデル、ギターピックアップのプロモーション動画
    ESPがジェイムズ・ヘットフィールド、カーク・ハメットの新しいシグネチャー・モデル公開。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジェイムズ・ヘットフィールドがEMGtvの最新インタビューのなかでギターサウンドや新譜制作について語りました。
    esp_james

    「実はまさに今、俺たちはレコーディングをしているんだ。1つめのギター、2つめのギター、3つめのギターがある。そしてこの3つのギタートラックのサウンドは全く違うんだ。3つとも全く違う音なんだよ。」

    BLABBERMOUTH.NETより(2015-10-12)

    もうちょっと新譜に関するヒントをちょうだい・・・。インタビュー動画はこちらから。これまでの歩みやNAMMショーの思い出、カスタムカーとギターの関連、ギターデザインの元ネタなどESPの「Truckster」「Iron Cross」「Snakebite」モデルを交えて語ってくれています。


    一方、ロバート・トゥルージロはメンフィス州のラジオ局「ROCK 103」の朝番組「Sunrise Bar & Grill」で近況を尋ねられて次のように答えています。
    「メタリカの世界で時間管理はとても重要だ。俺たちはみな家庭を持っている。もちろんそれはとても大切だ。自分たちの情熱のあるものは何でも・・・ジェイムズは、みんなも知ってるかどうかわからないけど、素晴らしいカスタムカー・ビルダーなんだ。デザインしたり、彼の友だちとか何人かでこういうプロジェクトをやったりしてるよ。彼らはアメリカ中のカスタムカー・ショーにエントリーして、賞を勝ち取った。本当に彼がやっていることは素晴らしいよ。彼はそういうレベルのちょっとしたアーティストだね。そしてカークにはFearFestEvilがある。彼はモンスターのメモラビリアやポスター、原画といった本当に素晴らしいコレクションを持っている。あれは彼にとっての情熱だし、いつだってそうなのさ。そしてついに彼はそのコレクションを持ってツアーに出た。同じテーマの本も出版しているしね。ラーズは、みんな知ってのとおり、長年に渡って断続的にアートコレクターでしょ。みんな(メタリカとは)別のやることがある。俺はと言えば、(ジャコ・パストリアスの)物語が語られることを望んでいる。実際に俺は・・・時おり誰かがジャコを映像で撮ったことがないかと探している。1996年以来、彼の息子とも知り合ったから、もう長いこと彼のことを知っているんだ。俺たちは長年に渡って友だちだし、何というか仲間なんだ。」

    BLABBERMOUTH.NETより(2015-10-08)

    インタビュー音声はこちらから。


    限られた時間のなかで一応、レコーディングは少しずつ行われている模様です。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    カーク・ハメット「レコーディングでメンバー4人が集まるのは難しい」

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    昨年、カーク・ハメットが購入した伝説のレスポール。再現モデルを出していたギブソンが、このギターについての記事を掲載していたので管理人拙訳にてご紹介。

    素晴らしいビンテージ・ギターを演奏せずに金庫にしまい込もうとする考えは、多くのミュージシャンにとって冒涜だ。昨年、メタリカのカーク・ハメットはゲイリー・ムーア、ピーター・グリーンが所有していたレスポールを購入したことで、このとりわけ魅惑的なギターを奏で続けることを請け負った。

    この週末、カークは自身の主催するホラーフェス@FearFestEviLのツイッターアカウントにて、なぜこの伝説的な1959年製レスポールを購入したのかをファンに説明した。「最高のトリビュートは、投資のためにだけ買う人々によってギターが放置される代わりに、再び演奏されるってことなんだ。」

    カークはすでにステージでこのギターを使っている。とりわけシン・リジィによって1970年代初頭にロックアレンジされたことで世に広まった伝統的なアイルランド民謡「Whiskey in the Jar」を演奏するときに。

    ギブソンはこのギターを「Collector's Choice™ #1 1959 Les Paul Standard」として再現。カーク自身のギブソン・フライングVの再現モデルもギブソン・カスタムで発売中。

    Gibson(2015-01-05)

    kirk_lespaul

    リンクをたどって件のレスポールの販売ページにいってみると、こうして取り上げているにも関わらず、すでに「out of production(生産中止)」になっていました(^^;

    このギターについては下記サイトにそれぞれ詳しく書かれていたので勝手ながらご紹介しておきます。

    ピーターグリーンのレスポール
    http://blogs.yahoo.co.jp/masa72z1/18332885.html

    伝説のレスポール Peter Green's 1959 Les Paul
    http://ameblo.jp/super55/entry-11592118904.html

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ロバート・トゥルージロがジャコ・パストリアスについて語るロング・インタビュー
    ESPがジェイムズ・ヘットフィールド、カーク・ハメットの新しいシグネチャー・モデル公開。
    ESPギター、『Kill 'Em All』を含むメタリカの新シグネチャーモデルを公開
    カーク・ハメットが所有していたギターがオークションに出品。
    カーク・ハメット・ドットコムにてイタリアの高級革使用のギターストラップがお目見え。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカがサンフランシスコにあるGuitar Centerを訪問し、自らが使っている機材について語っています。残念ながら字幕や文字起こしがないので、話している内容がよくわかりませんが・・・

    ラーズ・ウルリッヒ


    ジェイムズ・ヘットフィールド


    カーク・ハメット


    途中で挿し挟む即興のような新しいギターリフがかっこよすぎるぞ!ジェイムズ!
    カークの弾きっぷりも"らしさ"が出ています。

    Melt.4さん、情報ありがとうございます。

    ちなみにこのGuitar Centerでは、メタリカが参加するイギリスで行われるSonisphereフェスのVIPチケットが2名に当たるキャンペーンも行われています。エントリーは2014年2月28日まで。

    guitarcenter2014
    https://gc.guitarcenter.com/secure/contests/metallica/



    2014年1月26日まで開催されていた世界最大級の楽器見本市、「NAMM SHOW 2014」では、ESPブースでカークのWhite Zombieモデル、ジェイムズのIron Cross(白)モデルが共に展示されていたようですが、この動画でも使っていますね。

    white_zombie

    ironcross_white

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ESPギター、『Kill 'Em All』を含むメタリカの新シグネチャーモデルを公開
    カーク・ハメット・ドットコムにてイタリアの高級革使用のギターストラップがお目見え。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ESPギターがこれから発売されるシグネチャーモデルを2本公開しました。

    まずは発表から30周年となった『Kill 'Em All』のジャケットのモデル。2013年秋に全世界で300本のみの限定発売とのこと。
    metallica_guitar_30th
    the limited-edition LTD Kill 'Em All

    そして、カーク・ハメットのシグネチャー・モデルも新登場。カークが大ファンである怪奇俳優ベラ・ルゴシが出演した1932年のホラー映画『White Zombie』のモデル。ESPとカーク、そしてベラ・ルゴシの版権を管理するルゴシ・エンタープライズのコラボで実現しました。ギターの仕様は以前発売されたカークのシグネチャーモデルである「LTD KH-602」と同様とのこと。こちらは2014年1月発売予定。
    kirk_guitar_white_zombie
    the LTD Kirk Hammett Signature Series White Zombie


    やっぱりカークのシグネチャーは絵になるなぁ。

    cowboybluesさん、情報ありがとうございます。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ESPがジェイムズ・ヘットフィールド、カーク・ハメットの新しいシグネチャー・モデル公開。
    ジェイムズ・ヘットフィールドモデルギター、IRON CROSSが国内発売開始へ。
    ジェイムズ・ヘットフィールドモデルギター、BLACK TRUCKSTER国内発売開始へ。
    ESP社の最新カタログ表紙にジェイムズ・ヘットフィールドがお目見え。
    カーク・ハメットが所有していたギターがオークションに出品。
    ジェイムズ・ヘットフィールドのシグネチャーモデル、ギターピックアップのプロモーション動画
    カーク・ハメット・ドットコムにてイタリアの高級革使用のギターストラップがお目見え。

    このページのトップヘ