メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:オジー・オズボーン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の一般公開が近づき、メタリカのメディア露出がちらちらと増えてくるようで。

    2013年11月20日
    に発売される「TV Bros.」にてジェイムズ・ヘットフィールド&ラーズ・ウルリッヒのインタビューが掲載予定とのこと。

    表紙画像がアップされたら差し替え予定。
    HBTVB
    TV Bros. 2013年11月23日号


    TV Bros.のサイト上で掲載されている概要はこちら。

    次号概要:『さまぁ〜ずライブ9』DVD発売記念特集、日焼け特集、メタリカ登場!ほか
    『さまぁ〜ずライブ9』DVD発売を記念して、さまぁ〜ずのお二人が本誌登場!!
    また、お二人に合わせて(?)冬だけど<日焼け>特集も予定。
    そして、カーカスに続き次号はメタリカ?というラインナップでお届けいたします。どうぞお楽しみに〜。

    TV Bros.(2013-11-06)

    何で「?」が付いているのか、若干不安ではありますが(苦笑)

    ちなみにこの記事を書いている時点(2013年11月6日)の最新号では表紙にも書かれている、面白い漫画を勝手に表彰する「ブロスコミックアワード2013」の他、『LOUD PARK 13』にも出演したCARCASSのインタビューが掲載されています。

    tvbros1109
    TV Bros. 2013年11月9日号


    「TV Bros.」では以前、オジー・オズボーンのインタビューも掲載されていたことあったし、メタル畑の方が編集部にいるのかしら?
    TVBros_2010_22

    このぐらいインパクトのある表紙が欲しいとこですが、次号予告の力の入れ具合的にはさまぁ〜ずが表紙かな。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    「ヘドバン vol.2」にて“俺たちのMETALLICA御柱祭”特集
    BURRN!12月号にラーズ・ウルリッヒ&ロバート・トゥルージロのインタビュー掲載
    週刊SPA!でラーズ・ウルリッヒのインタビュー掲載

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    以前、こちらでも紹介したロックの殿堂25周年記念コンサート。
    メタリカは、オジー・オズボーン、ルー・リード、 レイ・デイヴィス(ザ・キンクス)と共演を果たしました。そしてこの共演がきっかけでルー・リードと『Lulu』を制作するに至ったのも既報の通り。レイ・デイヴィスともCDで共演しましたね。

    ちなみにこのときのセットリストがこちら。

    01. For Whom The Bell Tolls
    02. One
    03. Turn The Page
    04. Sweet Jane (with Lou Reed)
    05. White Light White Heat (with Lou Reed)
    06. Iron Man (with Ozzy Osbourne)
    07. Paranoid (with Ozzy Osbourne)
    08. You Really Got Me (with Ray Davies)
    09. All Day And All Of The Night (with Ray Davies)
    10. Stone Cold Crazy
    11. Enter Sandman


    ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われたこのライヴの模様が国内盤でもDVD/Blu-rayとなって2012年4月18日に発売。
    2009年10月29日と30日の2日間行われたライヴの模様は『Legend Side 黄金のロック伝説編』、『Explosion Side 白熱のロック・スピリッツ編』の2タイトルに分けて同時発売とのこと。

    収録内容は以下の通り。

    ■『ロックの殿堂 25周年アニバーサリーコンサート Legend Side 黄金のロック伝説編』

    1. TOM HANKS
    ・オープニング

    2. JERRY LEE LEWIS
    ・Great Balls of Fire

    3. CROSBY, STILLS&NASH
    ・Woodstock
    ・Almost Cut My Hair
    ・Love Has No Pride(with Bonnie Raitt)
    ・The Pretender(with Jackson Browne)
    ・Love the One You're With(with James Taylor)

    4. STEVIE WONDER
    ・For Once in My Life
    ・The Tracks of My Tears(with Smokey Robinson)
    ・The Way You Make Me Feel(with John Legend)
    ・The Thrill Is Gone(with B.B. King)
    ・Higher Ground / Roxanne(Medley)(with Sting)
    ・Superstition(with Jeff Beck)

    5. PAUL SIMON
    ・Me and Julio Down by the Schoolyard
    ・You Can Call Me Al
    ・Here Comes the Sun(with David Crosby and Graham Nash)
    ・The Wanderer(with Dion DiMucci)

    6. Little Anthony and the Imperials
    ・Two People in the World

    7. SIMON&GARFUNKEL
    ・The Sounds of Silence
    ・The Boxer
    ・Bridge over Troubled Water

    8. ARETHA FRANKLIN
    ・Baby I Love You
    ・Don't Play That Song
    ・Chain of Fools(with Annie Lennox)

    ◆ボーナス特典(Blu-rayのみ収録)

    1. CROSBY, STILLS&NASH
    ・Mexico(with James Taylor)
    ・Teach Your Children(with Bonnie Raitt, Jackson Browne and James Taylor)

    2. STEVIE WONDER
    ・Uptight(Everything's Alright)
    ・I Was Made to Love Her
    ・Signed, Sealed, Delivered I'm Yours
    ・Mercy Mercy Me(The Ecology)(with John Legend)

    3. SIMON&GARFUNKEL
    ・Mrs. Robinson / Not Fade Away(Medley)

    ■ロックの殿堂 25周年アニバーサリーコンサート Explosion Side 白熱のロック・スピリッツ編』

    1. METALLICA
    ・For Whom the Bell Tolls
    ・Sweet Jane(with Lou Reed)
    ・Iron Man / Paranoid(Medley)(with Ozzy Osbourne)
    ・All Day and All of the Night(with Ray Davies)
    ・Enter Sandman


    2. U2
    ・Vertigo
    ・Magnificent
    ・Because the Night(with Bruce Springsteen, Patti Smith and Roy Bittan)
    ・I Still Haven't Found What I'm Looking For(with Bruce Springsteen)
    ・Gimme Shelter(with Mick Jagger, Fergie and will.i.am)
    ・Stuck in a Moment You Can't Get Out Of(with Mick Jagger)
    ・Beautiful Day

    3. JEFF BECK
    ・People Get Ready(with Sting)
    ・Let Me Love You Baby(with Buddy Guy)
    ・Foxey Lady(with Billy Gibbons)
    ・A Day in the Life

    4. BRUCE SPRINGSTEEN&THE E STREET BAND
    ・Hold On! I'm Comin' / Soul Man(Medley)(with Sam Moore)
    ・The Ghost of Tom Joad(with Tom Morello)
    ・Fortunate Son / Oh, Pretty Woman(with John Fogerty)
    ・Jungleland
    ・A Fine Fine Boy(with Darlene Love)
    ・New York State of Mind / Born to Run(with Billy Joel)
    ・(Your Love Keeps Lifting Me)Higher and Higher(A TRIBUTE TO JACKIE WILSON)・(with Darlene Love, John Fogerty, Sam Moore, Billy Joel and Tom Morello)

    ◆ボーナス特典(Blu-rayのみに収録)

    1. METALLICA
    ・Turn the Page
    (FULL-LENGTH VERSION NOT SEEN ON HBO)Iron Man / Paranoid(Medley)(with Ozzy Osbourne)


    2. U2
    ・Mysterious Ways
    ・Where Is the Love / One(Medley)(with the Black Eyed Peas)

    3. JEFF BECK
    ・Freeway Jam
    ・Big Block

    4. BRUCE SPRINGSTEEN&THE E STREET BAND
    ・London Calling(with Tom Morello)
    ・(FULL-LENGTH VERSION NOT SEEN ON HBO)(Your Love Keeps Lifting Me)Higher and Higher(A TRIBUTE TO JACKIE WILSON)(with Darlene Love, John Fogerty, Sam Moore, Billy Joel and Tom Morello)

    Amass(2012-02-20)

    実はわたくし海外盤のBlu-rayを買っていたのを完全に失念しておりました。。
    というわけで海外盤と比較してみると、

    ・国内盤はジャケット裏面に音楽評論家・大鷹俊一のライナーノーツ掲載。
    ・メタリカに関して言えば、収録曲数は変わらず。
    ・国内盤は日本語字幕付くか現時点で不明。
    ・海外盤にはこんなミニ・ブックレットがついてきたけど、国内盤は不明。
    booklet
    (このブックレット、たしかに顔ぶれは豪華なんだけど残念なことにメタリカの写真に関してはオジーのバックにラーズがピンボケして映ってるくらい。。)

    というわけでボクは購入見送るかなぁ。。

    収録曲はAmassさん提供の情報ですが、メーカー資料にも出ていないボーナス特典はどこで知ったのだろう。。

    ■『ロックの殿堂 25周年アニバーサリーコンサート Legend Side 黄金のロック伝説編』
    Legend_side
    DVD
    Amazon HMV タワレコ
    Blu-ray
    Amazon HMV タワレコ

    ■ロックの殿堂 25周年アニバーサリーコンサート Explosion Side 白熱のロック・スピリッツ編』
    Explosion_side
    DVD
    Amazon HMV タワレコ
    Blu-ray
    Amazon HMV タワレコ

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、ロックの殿堂25周年記念コンサートでオジー・オズボーンらと共演。
    ロックの殿堂25周年記念イベントのDVDが発売予定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    すっかり書くのを忘れていたニュースをプロモ映像公開を機にご紹介。

    10月11日に発売されたジューダス・プリーストのベスト盤『The Chosen New』でメタリカらアーティストたちが選曲を行っています。メタリカからはジェイムズとラーズが選曲に参加。

    トラックリストと選者はこちら。

    01. Diamonds And Rust (JOE ELLIOTT [DEF LEPPARD])
    02. Dissident Aggressor (STEVE VAI)
    03. Exciter (ACCEPT)
    04. Beyond The Realms Of Death (LARS ULRICH [METTALICA])
    05. Delivering The Goods (KERRY KING [SLAYER])
    06. The Green Manalishi (DAVID COVERDALE [WHITESNAKE] & RANDY BLYTHE [LAMB OF GOD])
    07. The Ripper (OZZY OSBOURNE)
    08. Victim Of Changes (JAMES HETFIELD [METTALICA])
    09. Breaking The Law (LEMMY [MOTORHEAD])
    10. Rapid Fire (VINNIE PAUL [HELLYEAH、ex. PANTERA])
    11. Grinder (ZAKK WYLDE [BLACK LABEL SOCIETY])
    12. Living After Midnight (ALICE COOPER & GEEZER BUTLER)
    13. Screaming For Vengeance (SLASH)
    14. You've Got Another Thing Coming (KLAUS MEINE [SCORPIONS] & COREY TAYLOR [SLIPKNOT])
    15. The Sentinel (CHRIS JERICHO)
    16. Turbo Lover (JONATHAN DAVIS [KORN])
    17. Painkiller (JOE SATRIANI)

    OOPS!(2011-09-15)

    そして宣伝動画はこちら。


    そしてジャケットはこちら。
    chosenfew
    The Chosen Few

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします

    関連記事
    メタリカのベスト100曲を選曲!(米『GuitarWorld』誌)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2009年10月30日にニューヨークで行われた
    ロックの殿堂(Rock And Roll Hall of Fame)
    25周年記念コンサートでメタリカがオジー・オズボーン、
    ルー・リード、 レイ・デイヴィス(ザ・キンクス)
    と共演を果たしました。

    以下が公演セットリスト。

    01. For Whom The Bell Tolls
    02. One
    03. Turn The Page
    04. Sweet Jane (with Lou Reed)
    05. White Light White Heat (with Lou Reed)
    06. Iron Man (with Ozzy Osbourne)
    07. Paranoid (with Ozzy Osbourne)
    08. You Really Got Me (with Ray Davies)
    09. All Day And All Of The Night (with Ray Davies)
    10. Stone Cold Crazy
    11. Enter Sandman


    観客席からの隠し撮りな映像はこちら。


    BLABBERMOUTH.NETより(2009-10-30)

    オジーとの共演シーン(同じく観客席からの隠し撮りな映像)


    ちなみに同日に出演予定だったエリック・クラプトンは
    胆石を取り除く手術を受けたため出演をキャンセル。
    (すでに手術は終わっており休養中とのこと)

    代役としてジェフ・ベックが出演しています。

    公演の模様をおさめた写真はこちらからどうぞ。
    またはこちらから。
    オフィシャルはこちらから。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。


    関連記事
    ロックの殿堂セレモニーにてメタリカらオールスター共演。
    ロックの殿堂25周年イベントにメタリカ出演予定。
    JALパックが「ロックの殿堂25周年記念コンサート」ツアー発売。
    ロックの殿堂25周年記念のライブDVDボックスセットが発売。
    メタリカ、ロックの殿堂25周年式典にてオジー・オズボーンと共演予定。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    正気を取り戻したメタリカ情報局管理人THINGYです。

    メタリカ、オズフェストに参加の報。

    以下引用↓

    '08年度のオズフェストで、メタリカオジー・オズボーン
    が共同でヘッドライナーを務めることが明らかになった。

    今年はほかにもシステム・オブ・ア・ダウンのヴォーカル、
    サージ・タンキアンや、コーンのフロントマン、ジョナサン
    ・デイヴィスも出演を予定しているという。'96年から
    スタートしたオズフェストだが、今年はこれまでのように
    米国中を巡回するのではなく、8/9(土)にダラスにて
    1日限りの開催となるようだ。

    イベントの規模縮小を決断するに至った理由について、
    主催者でもあるオジーの妻、シャロン・オズボーンは、
    フェスの中心を担うオジーが長期のツアー後ということもあり、
    “夏休みをとる必要がある”ためだと説明。

    「我々は今のところ、スタジアムを会場とするフェスティバル
    を予定しています。関係者各位にはすでに詳細な計画を
    渡してあります。我々はオズフェストを進化させ続けなくて
    はなりません。これはまだその始まりに過ぎないのです」

    とコメントしている。

    シャロンいわく“ハードな切れ味のバンド”のための唯一の
    フェスティバル、オズフェストの今年度のチケットは、
    5/31(土)より発売開始予定。


    vibe-net(2008-05-14)


    ワンデーフェスかぁ。。。たぶんすぐに売切れなんだろうなぁ。

    メンツも管理人好みでよろしおすなぁ。

    86年にオジー・オズボーンの前座をつとめていた
    メタリカがいまやダブルヘッドライナーですか。。

    う〜ん、感慨深い。

    【追記】

    〈OZZFEST 2008〉出演アーティスト
    【Main Stage】
    OZZY OSBOURNE
    METALLICA
    SERJ TANKIAN(SYSTEM OF A DOWN)
    HELLYEAH
    JONATHAN DAVIS(KORN)
    CAVALERA CONSPIRACY
    SHADOWS FALL
    APOCALYPTICA
    IN THIS MOMENT
     
    【2nd Stage】
    SEVENDUST
    DEVILDRIVER
    KINGDOM OF SORROW
    SOILENT GREEN
    WITCHCRAFT
    GOATWHORE
     
    【Texas Stage】
    THE SWORD
    DROWNING POOL
    RIGOR MORTIS

    http://www.ozzfest.com/static_content/view/bands.html

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

     ただいま、メタリカの好きな曲をアンケートしてます!
    是非メタリカの好きな曲をお聞かせくださいm(_ _)m

    メタリカ人気投票

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    2003年に新加入したベースの鶴次郎ことロバート・トゥルージロ。
    いまでこそ日本語表記は「トゥルージロ」に統一されたようだが
    スイサイダル・テンデンシーやオジー・オズボーンバンド在籍時、
    そしてメタリカに加入したての頃はその表記はバラバラ。

     

    トゥルジーロトゥルヒーロトゥルーヒロトゥルヒーヨなんて表記も。

     

    英字で書くと「Trujillo」なんでトゥルージロが正解にも
    思えるが、発音的には否!否!

     

    彼の出身地であるサンタモニカは英語の他にスペイン語が行き交う
    場所でもある。(鶴次郎さんはヒスパニック系なのだろうか?)
    そしてスペイン語では「ji」は「ヒ」と発音するのだ。
    もっとわかりやすい「j」の発音例で言えば「jose」は
    「ジョセ」ではなく「ホセ」である。

     

    ※ちなみに「ジョゼ」と「ホセ」は関係ない(何

     

    と、なるとやはり日本語表記的にはトゥルヒーロがより発音に近い
    と思われるわけで。。(『北の国から』の黒板純風に)

     


    Q:じゃあメンバーはなんて呼んでいるんだろう?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    A:ロブ


    ・・・ロバートの短縮形じゃトゥルージロの表記問題は解決しねぇ!!

     

    よし、、こうなったらライブのときのジェイムズがやる
    メンバー紹介をレッツ・リッスン!

     

    で「Orion」の冒頭、ベース紹介!



    「ロバート・トゥルヒーロー!!!」

     

    ほら〜!!やっぱ「トゥルヒーロ」じゃん!!
    まぁもうここまで「トゥルージロ」で表記が統一されてしまうと
    ここからひっくり返すのは困難ここに極まれり。

     

    ってことでもう「鶴次郎」で良くね?(投げやり

     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします! 

    このページのトップヘ