メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:インタビュー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    先日のメタリカナイトで今年のメタリカを振り返って、なんとも濃いメタリカ・イヤーだったなと再認識した管理人ですが、やはり今年はサマソニでの来日公演と映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』という日本で直接体験できるものを提供してもらえたことが大きかったように思います。

    そんなわけでTVKで放送された「RockCity」のサマソニ来日時のラーズ・ウルリッヒのインタビューを。映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』について、まさに訊いて欲しかった部分をストレートに訊いてもらいました。

    まずは伊藤政則さんの前口上から。

    伊藤政則
    「どーも皆さんこんばんわ!伊藤政則です。RockCityの時間がやってまいりました。今夜もここHard Rock Cafeからお届けしてまいります。さて、今日は年内最後の放送ということで2013年を振り返ってみようと思います。皆さんの今年のベストライヴパフォーマンス・オブ・ジ・イヤー、2013年のベストライヴ何でしょうか?わたくしはですね、灼熱のサマーソニックで観たメタリカです!そしてやっぱりね、この秋口に3D映画、IMAX3Dで公開された「Through The Never」ですか、もあったりと今年1年間ねぇメタリカがシーンを牽引したという印象をわたしは持ちます。ラーズ・ウルリッヒのインタビューをごらんください。」

    そして、ラーズのインタビューを表情とともにどうぞ。

    001

    伊藤政則
    「ライブのシーンと、外のまさに映画の演じるシーンとこれを結び付けようと思ったきっかけは何だったんですか?」

    ラーズ・ウルリッヒ
    「単なるコンサート・フィルム以上の映画にしたいとは思っていたけどそれが何であるかはわかっていなかった」

    002

    「ドキュメンタリーにしたくなかったしMETALLICAのメンバーが役を演じる事もしたくなかった」
    003

    「そこでハリウッド方式で俺達と一緒にチャレンジしてくれる監督や脚本家を探したんだ」
    004

    「そしてニムラッド・アーントルを見つけて彼もクリエイティヴ・チームの一員になったんだよ」
    005

    「トリップとその突拍子もない出来事についてのストーリーを書いたのは彼なんだ」
    006

    「トリップにとっては不幸な夜だったよね。METALLICAの為に用事に遣わされたんだから」
    007

    「というわけで功績は彼にあるんだ」
    008

    「ストーリーを考えたのは俺達だけど脚本家、クリエイティヴなパートナーを調達する事にしたんだよ」
    009

    「俺は大勢の人に会った 中には超有名な人もいたけど」
    010

    「映画を作りたいバンドとストーリーをちょっとずつ入れて物語仕立てにしたいと俺が言うとみんな変な目で俺を見た」
    011

    「でもニムロッドは気に入って情熱を持ってくれたんで一緒にやる事にしたんだ」
    012

    「ちなみにトリップは主人公なんだよ」

    013


    そこの説明しないでトリップの名前出してたんかい!とツッコミたくなっちゃいましたが、、、ラーズの頭のなかでは映画を作る前からただのライヴ映画にするつもりじゃなかったというわけですね。「超有名な人もいたけど」のところで苦い顔をしていたラーズ。この映画は巨匠が撮るよりも、メタリカと一緒にチャレンジできるパートナーが必要だったことを考えると人選も最適だったのかなと思いました。

    Shieldさんオンエア情報ありがとうございます。

    おそらくこれが今年最後の更新となります。
    本年もありがとうございました!

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    「Rock City」にてサマーソニック2013で来日時のラーズ・ウルリッヒのインタビューを放送
    「伊藤政則のRockCity」にてラーズ・ウルリッヒのインタビュー放送とプレミア試写招待告知!など
    「Rock City」にてサマーソニック2013で来日時のラーズ・ウルリッヒのインタビューを放送(2)
    METALLICA NIGHT vol.7 開催のお知らせ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカの年内の活動としては南極ライブが『Freeze 'Em All』として音源発売され、ひとまず完了の模様。Metallica.comではサイト自身の休暇のお知らせも出ていました。(12月24、25、28、29日、1月1日が休み)

    しばらく更新ネタもないかなぁと思っていたさなか、ジェイソン・ニューステッドがインタビューで興味深いことを語ってくれたので、そのロングインタビューの一部を抜粋。管理人拙訳にてどうぞ。

    (前略)

    −あなたが全時代を通じて好きなソングライターは誰ですか?

    ジェイソン・ニューステッド
    メタルに関して言えば、ブラックサバスのギーザー・バトラー、トニー・アイオミみたいなヒーローが好きだね。ソングライターとしてはラッシュ(Rush)もね。テッド・ニュージェント・バンドのデレク・セント・ホルムスも素晴らしい作曲家であり、作詞家だ。ああいう人たちが俺が12、14、16歳の頃の最初の先生たちだね。

    そういった時代を経て、ミューズ(Muse)のヤツらにも多くの敬意を払うよ。彼らは素晴らしいソングライティングの能力がある。キングス・オブ・レオン(Kings of Leon)もすごい。レディー・ガガはメロディーや歌詞に関していえば、素晴らしい作詞作曲能力だ。俺は彼女のバンドの機械化されたクソみたいな音はあまり好きじゃないんだけど、叙情詩のようなメロディーは素晴らしいよ。

    (考えていくと)いっぱいいるよ。マストドンも好きだ。彼らのソングライティングへの実直さや苛烈さ、ある種の醜さがありながら、歌詞やソングライティングのなかにちょっとしたユーモアセンスもあって好きだね。俺は彼らがマジメにやりすぎない感じでやってるものが好きでね。それがとても重要なんだ。

    スレイヤーのヤツらも、彼らが(バンドとして)一緒にやったものは大好きだね。もちろん、メタリカも本当にクールなものをやったよね。ヴォイヴォドも驚くべきアレンジをしたものがある。ガヴァメント・ミュール(Gov't Mule)もそうだ。とてもいいソングライターだよ。ザック・ワイルドもね。こんな風に尊敬している人たちがいっぱいいるよ。


    (中略)

    −あなたがメタリカのメンバーだった頃で、私が好きな曲のひとつに「Blackened」というあなたが共作した曲があります。この曲の作曲面であなたが貢献したことについて何か覚えていますか?

    ジェイソン・ニューステッド
    俺の人生でも特別な時間だね。この曲はジェイムズと俺が最初に友人となった時のものなんだ。彼は俺がバンドに加わる前、見上げるような存在だった。俺たちみんなそうだった。俺たちの周りにいた他のバンドの誰だってそうさ。エクソダスやヴァイオレンスでさえ、みんなジェイムズは見上げる存在だったんだ。彼は素晴らしい才能の持ち主なんだ。今でもね。

    それで俺たちは友人となった。休暇に入ったら、互いの家やアパートに泊まったり、互いのペットの世話をしたり、そんなことをしながら、ダチになっていった。で、あるとき俺のワンルームアパートにふたりでいたんだ。4トラックのレコーダーを部屋の隅にセットして、俺たちはギターでジャムって、リフなんかを弾いていた。それで俺がこう弾いたんだ。あの「Blackened」のリフをね。そしたら彼は「おい、それは何だ?」ときた。本当にかなりクレージーだったからね。オリジナルのリフはオルタネイトピッキングでもっと速かったから。実際トリッキーだろ。最終的にレコーディングされたものも十分すぎるほどトリッキーだけど、オリジナルは本当にトリッキーだったのさ。

    彼はそのリフを拾って、俺たちはそれをレコーディングした。彼は「コイツを曲にしよう、コイツを曲にするんだ」と続けてたね。それこそが、俺が実際あの曲をメタリカのジェイムズと書いた瞬間だった。彼は俺のリフを認め、こう言ったんだ。「これはメタリカの曲になるぞ」って。俺にとっては決定的瞬間だったね。俺たちはすでにツアーを共にしていた。俺はスピーカーや4トラックレコーダーや2つか3つほどあったギターコレクションなどが置かれた小さな寝室の壁に
    「Damege Inc.」ツアーの巨大なポスターを貼っていた。

    そして俺たちがそんなところにいながら、大きな絵をハッキリと思い描くことができたんだ。自分にとっては本当に大きな出来事だった。メタリカのレコードに俺の作曲したものが収録される初めてのチャンスを与えられたんだからね。あれはとても特別な時間だったよ。


    −今年はジャスティスアルバムのリリース25周年になります。多くのファンがメタリカがこのアルバムをベースを足してリイシューすることを望んでいると思います。リイシューとして再発されるのを見たいと思いますか?

    ジェイソン・ニューステッド
    それは彼らのバンドのことだ。もし彼らがそうすると決めたなら、俺はいいと思うよ。この件についてはこれまでもたくさんいろいろと言われてきた。でも彼らがどうブレンドさせようとも、俺にとってはあのアルバムは完璧なんだ。『Kill 'Em All』は完璧じゃないけど、完璧だ。『Van Halen I』(邦題『炎の導火線』)も完璧じゃないけど、完璧だ。『...And Justice For All』も完璧じゃないけど、完璧なんだ。なぜならその時代のその人たちを捉えているからね。

    舞い戻って、これまでのものを変えようと、「シャロン・オズボーンみたいなこと(数年前にミュージシャンをオリジナルと入れ替えて『Blizzard of Ozz』『Diary of a Madman』を再発)」をする。舞い戻って、すでに定番となったアルバムを再録する。これについては俺はよくわからないんだ。

    だからもし彼らがリマスターをし、ベースを足したり、重低音を足すみたいなことをやると決めたなら、異議なしだよ。コピーを俺に送ってくれ。他の誰か、まるでメタリカのファンのようにそいつを大音量で再生するだろうね。でもそのままなら、それでいいと思う。(『...And Justice For All』は)いまだに毎日たくさん売れているし、実際に全ての結果にとても満足しているんだ。

    あの当時、俺が知っていたベース奏法について考えれば、そうなることは驚くことじゃないんだよ、本当に。

    (後略)

    Songfacts(2013-12-19)

    原文だと「大音量で再生する」のところには「大きな音を鳴らす(大音量で再生)」とも「ぶち壊す」とも取れる「blast」という単語が使われていて、訳すのにどっちなんだろう??というところがありましたが。。ジェイソン的には「あのとき最善のやり方でできたものなんだから、別にそのままでいいんじゃないの?」という意図が他の発言を合わせてもみてとれると思います。

    最後にそんな互いの家を行き来していたであろう当時の写真で締め。
    James-Jason

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    『...And Justice For All』レコーディング時のジェイソン・ニューステッドの扱いが思った以上に酷かった件
    ジェイソン・ニューステッド直筆アンケートの回答が泣ける件。
    デイヴ・ムステインとジェイソン・ニューステッド、GIGANTOUR最終日に「Phantom Lord」を披露
    ジェイソン・ニューステッド率いるニューステッドのフルレングスアルバム『Heavy Metal Music』国内盤発売へ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ラーズ・ウルリッヒが「BBC Radio One」で来年(2014年)から始めるセットリストのリクエストツアーについて少しだけ語ってくれました。これまでラーズの手によってセットリストが決められてきたわけですが、それをファンに委ねることについて以下のように語っています。(管理人拙訳)

    larsulrichmetalhammer

    「たしかにいい意味でドキドキさせてくれる。ファンがたくさん楽しんでくれるべきものだと思っている。これは基本的にファンが選ぶわけだから、少なくともセットリストに対して愚痴を吐かれることには終止符を打つよ。」

    メタリカは10年ほど前から、毎晩セットリストを変えることを始めた。「The Pulse Of Radio」では当時を振り返り、こう語る。

    「『St.Anger』のツアーを始めた頃に、毎晩セットリストを変え始めたんだ。90年代、6ヶ月も毎晩のように同じセットリストをやることにちょっと行き詰ったし、柔軟性に欠けていた。だから毎晩違うものをやろうと試してみた。とてもクールだね。」

    ヨーロッパツアーのチケットを購入したファンは140もの曲のなかからメタリカがショーで行うセットリストに投票することができる。バンド従来の18曲のセットリストには、投票された上位17曲と新曲が含まれている。ラーズは付け加えて、こう話す。

    「2014年は基本的には次のメタリカのレコードに取り組むことになる。曲を書くこと、新曲を生み出すことを順調にスタートさせるということに興奮している。どうなるかはまだハッキリわかっていない。でも俺たちがもっと親密になれば、うまくいけば何かクールなものを思いつくだろう。」

    BLABBERMOUTH.NETより(2013-12-17)

    記事中ではヨーロッパツアーしか触れられていませんが、南米ツアー発表前のインタビューだからですかね。ドキドキするというのは「最近やってないあの曲になっちゃったら、練習しなきゃ・・・」とか思っているんでしょうか?(笑)いまのところ投票の途中経過を見る限り、いわゆる定番曲がほとんど上位を占めていますが。

    各々がそれぞれ思い入れある曲が違うから、セットリストに完璧に満足というのは、クリアするには難しい問題かも。

    各日程のセットリストの途中経過はこちらから確認できます。
    http://www.metallicabyrequest.com/

    関連記事
    メタリカ、2014年のヨーロッパツアーにてセットリストのリクエストを募集
    来年のメタリカはロックフェス三昧、Orionフェスは開催せず
    メタリカ、3月の南米ツアーを発表。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ポニーキャニオンから『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の取材で行われたラーズ・ウルリッヒと主演俳優デイン・デハーンのインタビュー動画がありがたい日本語訳付きで公開されました。後半では日本についてもあれこれ語ってくれています。



    また歯ブラシとぬいぐるみの話してる(笑)
    映画『グローバル・メタル』でも話してた。

    さすがに何回も来ているからか、地方都市の名前もよく覚えていますね。

    映画の公式Facebookをご覧の方はもうご存知でしょうが、以前お伝えしたプレゼントキャンペーン以外にもタワーレコードといろんな企画が行われていますので、ついでといってはなんですがフォローしておきます。

    ■Twitter感想キャンペーン


    ■CD購入キャンペーン
    メタリカの国内盤対象商品ご購入の方に先着で特製缶バッジプレゼント!(数量限定)
    tr_can

    ◇実施期間:11/22(金)〜12/8(日) (予定)
    ◇実施店舗:渋谷店/池袋店/新宿店/秋葉原店/浦和店/町田店/吉祥寺店/川崎店/藤沢店/難波店/梅田大阪マルビル店/梅田NU茶屋町店/あべのHOOP店/名古屋パルコ店/名古屋近鉄パッセ店/札幌ピヴォ店/福岡店

    ※川崎店/難波店/梅田マルビル店ではパネル展も実施中!
    (ちなみに川崎店さんの店内 ⇒ http://p.twipple.jp/QeD64http://p.twipple.jp/qmzqR


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    【プレゼント企画】映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』のレビューを書いて当てよう!
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』のFacebookプレゼントキャンペーンのお知らせ
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』日本公式Facebookページ始動

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1986年、クリフ・バートンの死後にフロットサム・ジェットサムのリーダー兼ベーシストとして活躍していたジェイソン・ニューステッドを迎え入れ、カバーEP『The 9.98 CD : Garage Days Re-Revisited 』に続き、オリジナルスタジオアルバムとして『...And Justice For All』を制作したメタリカ。

    「ベースの音が聞こえない」と揶揄されることもままある『...And Justice For All』ですが、そんなアルバム制作当時を振り返ったジェイソンのインタビューを管理人拙訳にてご紹介。

    jason-newsted

    (前略)

    −この質問で締め括りとしましょう。『...And Justice For All』を振り返って、あのアルバムにおけるあなたのパートに起きたことに対して、あなたの意見が年を経るにつれて変わってくることはありましたか?

    あれはもう長いこと過ぎてしまったことだ。今となってはありのままを理解できる。あの時やあの状況を振り返ることができるようになった今、俺にとっては当惑することでも不可解なことでも何でもない。ジャスティスをレコーディングしたとき、それまで俺はフロットサムで『Doomsday for the Deceiver』の一度しかレコーディングをしてこなかった。バンドと一緒にレコーディングをし、一緒にスタジオに入り、一緒にあれやこれややってきた。ジャスティスの場合は、俺がアシスタント・エンジニアと一緒にスタジオに入った。他には誰もいない。バンドの他のメンバーも。ただスタジオ入りし、プラグを繋いで、ベストを尽くすだけだった。フロットサムのレコードで使った同じモノをプラグに繋いで、俺のパートをレコーディングし、そして自分の機器類を積んで家に帰るんだ。パートを一緒に弾いたり、サウンドがああだこうだと議論したりする相手はいなかった。「おまえのベースをレコーディングだけしておけ」それでおしまいさ。

    フロットサムでベーシストでいるときには、俺はまだベースパートの弾き方がわかっていなかった。ギターのように速くベースを弾くことしか知らなかった。基本的にみんなが音の壁のように同じものを弾いていた。だから同じ数だけ、つまり俺のベースとジェイムズのギターが同じ数だけ(音を刻んだゆえに)かち合うことになってしまったんだ。もし俺が今の自分が知っていることを分かっていたら、違ったことになっていただろうね。でもあれはそのまま素晴らしいアルバムとなった。俺たちはあの時あの瞬間を捉えた。つまり、あれにはそういったもの全てが詰まっているんだ。当時あれにはムカついていたけど、それも大昔のこと。それ以来、俺が作ってきたレコードには至るところに醜いベースパートがあるのさ。


    MetalExiles(2013-04)

    最後は自嘲気味に話してくれたジェイソンでありました。メタリカ自体がクリフの死のショックから完全に立ち直ったわけではなく、まだ真のバンドとして形を成していなかった状態だったのかなと。。それでもあのアルバムを作れてしまうところがすごいですが。

    ちなみにThe Pulse Of Radioによると、リリース25周年として同じようにジャスティスアルバムについてジェイムズ・ヘットフィールドはこのように答えています。

    あの手が込んだ自分たちを見せ付けるようなアルバムでツアーをして「俺たちはクレイジーなプログレッシヴ・ミュージシャンだ。ここでどうやって弾いたかちゃんとわかってる!」って思ったね(笑)あのアルバム制作に取り組んだことは1つの挑戦だった。そういうパートをやるのは大好きだよ。

    ジェイソン・ニューステッドとはあれが初めてじゃなかったが、彼がアルバムのなかで現われ、多少の音が聞こえた、本当の意味での初スタジオアルバムだった(笑)あれはまさに全てがセラピー・セッションだったんだ。


    BLABBERMOUTH.NET(2013-11-08)

    ドンマイ。。ジェイソン。。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ジェイソン・ニューステッド率いるニューステッドのフルレングスアルバム『Heavy Metal Music』国内盤発売へ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』の一般公開が近づき、メタリカのメディア露出がちらちらと増えてくるようで。

    2013年11月20日
    に発売される「TV Bros.」にてジェイムズ・ヘットフィールド&ラーズ・ウルリッヒのインタビューが掲載予定とのこと。

    表紙画像がアップされたら差し替え予定。
    HBTVB
    TV Bros. 2013年11月23日号


    TV Bros.のサイト上で掲載されている概要はこちら。

    次号概要:『さまぁ〜ずライブ9』DVD発売記念特集、日焼け特集、メタリカ登場!ほか
    『さまぁ〜ずライブ9』DVD発売を記念して、さまぁ〜ずのお二人が本誌登場!!
    また、お二人に合わせて(?)冬だけど<日焼け>特集も予定。
    そして、カーカスに続き次号はメタリカ?というラインナップでお届けいたします。どうぞお楽しみに〜。

    TV Bros.(2013-11-06)

    何で「?」が付いているのか、若干不安ではありますが(苦笑)

    ちなみにこの記事を書いている時点(2013年11月6日)の最新号では表紙にも書かれている、面白い漫画を勝手に表彰する「ブロスコミックアワード2013」の他、『LOUD PARK 13』にも出演したCARCASSのインタビューが掲載されています。

    tvbros1109
    TV Bros. 2013年11月9日号


    「TV Bros.」では以前、オジー・オズボーンのインタビューも掲載されていたことあったし、メタル畑の方が編集部にいるのかしら?
    TVBros_2010_22

    このぐらいインパクトのある表紙が欲しいとこですが、次号予告の力の入れ具合的にはさまぁ〜ずが表紙かな。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    「ヘドバン vol.2」にて“俺たちのMETALLICA御柱祭”特集
    BURRN!12月号にラーズ・ウルリッヒ&ロバート・トゥルージロのインタビュー掲載
    週刊SPA!でラーズ・ウルリッヒのインタビュー掲載

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ボン・ジョヴィが表紙のBURRN!12月号に映画『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』に関するラーズ・ウルリッヒとロバート・トゥルージロ、さらに監督をつとめたニムロッド・アーントルのインタビューが掲載されています。B!誌による映画見所解説も。インタビューでは、ガッツリネタバレしている部分がありますが、聞かざるをえない質問でしたかね。もはやシナリオで魅せる映画ではないという認識でOK?(苦笑)

    burrn_201312
    BURRN!2013年12月号


    メタリカ関連で言えば、映画に絡んだインタビューに加えて、5月に亡くなったスレイヤーのジェフ・ハンネマン追悼特集としてロバート・トゥルージロのインタビューが4ページぎっちり収録されています。生前多くを語らなかったジェフの意外な素顔を明かしてくれました。

    あと表紙裏にメタリカ・スルー・ザ・ネヴァーの広告。そこにはあのお方の文言が。

    誰も成し遂げていないことをやりたい。
    その大いなるメタリカの野望が、
    『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』として結実した。

    伊藤政則/MASA ITO

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    BURRN!2013年10月号の表紙は創刊以来初のライヴ写真

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    日本でも急速に地位を固めつつある“Haloween”ですが、「The Pulse Of Radio」のハロウィン特集にて、ジェイムズ・ヘットフィールドが小さい頃のハロウィン仮装の思い出について語ってくれています。

    「俺はバットマンになりたかった。母が俺に仮装する一式のものを作ったんだ。洋裁が得意だったからね。で、作ってくれたんだが、耳から何から全部、デカい虎みたいだったよ(笑)何てこった!学校に俺の写真があるんだが、その写真のなかで他のみんなはカウボーイみたいな格好をするなか、俺はヒゲを描いたこのマヌケな虎みたいな格好で座っているんだ。俺がなりたかったのはこんなものじゃないって思ったね。でもこれがハロウィンで起きたことさ(笑)」

    BLABBERMOUTH.NET(2013-10-31)

    そんな小さい頃のジェイムズの写真ないだろうなぁなどとネットを漁っていたら、大人になってから虎みたいな仮装しているジェイムズを見つけました(笑)
    jameshetfield_tiger

    どうやらリハーサル時のヒトコマだったようです。


    Quebec Magneticのときのマスク以外にもこんな扮装していたとは知らなかったなぁ(笑)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ジェイムズ・ヘットフィールド、最悪のクリスマスの思い出語る。
    メタリカのクリスマスの過ごし方。

    このページのトップヘ