メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:インタビュー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2014年5月12日に行われた「MusiCares MAP」基金の10周年コンサートでアコースティック・カバーを披露したメタリカ。同基金からスティーヴィー・レイ・ヴォーン賞を受賞したオジー・オズボーンを称賛するために駆けつけました。この日行われたLoudwireによるカーク・ハメット独占インタビューを管理人拙訳にて。

    musicares-2014-5887
    Kathy Flynn, WickedGoddessPhotography.com

    Loudwire
    カーク、今日ここでオジーを称賛することがどういうことか少し話してもらえますか?

    カーク・ハメット
    信じられないほど名誉なことだよ。こんな形でオジーが必要としている支援をここでこうして出来たというのが本当に嬉しい。「MusiCares MAP」はたくさんの友だちに支援されている素晴らしい団体だ。このイベントの一部として参加できたことは本当に名誉なことだよ。

    Loudwire
    メタリカ自身がレジェンドとなっているなかで、オジー・オズボーンのようなこの世界のアイコンの近くにいることでインスピレーションを得ますか?

    カーク・ハメット
    他のミュージシャンの近くに身を置くことはいつだって感化されるよ。オジーがこうしてやってきて、他のミュージシャンもいるというのは俺を後押ししてくれると思う。ミュージシャンとして良くなろう、ミュージシャンとしても人としても成長していきたいと背中を押してくれるんだ。俺はまだ自分の楽器(ギター)を上達させること、新しいことを学ぶことに貪欲だ。それがバンドを長く続けることの手助けになると思っている。バンドの4人全員がこういう考えで共に前を進んでいけたらと思うね。

    Loudwire
    メタリカの次のアルバムはどんな状況ですか?

    カーク・ハメット
    ニューアルバムはまだ制作初期段階なんだ。つまり、俺たちにはたくさんのリフがある。リフがあまりにたくさんありすぎるという呪いに恵まれている。だから、もう少し辛抱してもらわないといけないね。でもこれは良い呪いだ。俺たちにはおそらくアルバム3つ、4つ分の素材がある。でも俺たちは本当に良いアルバムをひとつ作りたいんだ。1曲にそいつを全部ぶち込んで、全てのリフでもって9分の曲を作るかもしれないね!

    Loudwire(2014-05-15)

    インタビュー最後の言葉はカーク流の冗談でしょうか(笑)そろそろリフから曲へと形作って欲しいです。ツアーの合間もこうしたアコースティック・ライヴや他のミュージシャンとの交わりのなかでまたいろいろと刺激を受けているようです。新譜にどう生かされるのか楽しみなところ。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、慈善コンサートでアコースティック・カバーを披露
    メタリカ、オジー・オズボーンと慈善コンサートに参加予定
    ジェイムズ・ヘットフィールド、サミー・ヘイガーらと慈善コンサートに参加予定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    BBCラジオの電話インタビューに応じたラーズ・ウルリッヒ。BLABBERMOUTH.NETさんの文字起こしを管理人拙訳にて。

    metallica-lars-ulrich-riff-in-vendita

    −新譜の制作状況について

    ベストを尽くしているよ。遊んだり、南米やヨーロッパで「By Request」をやったりしていないときには曲を書いている。大丈夫、前に進んでいるよ。南極ってのはもう言ったかな・・・つまり氷河ってことだ。氷河のように(一見、動いていないかのように見える)だけど、たしかに進んでいる。それはハッキリ言える。進んでいることは自分でもときおり気付くからね。

    −プロデューサーを誰にするのか

    まだそれについては話すことができないんだ。数週間前にちょっと話をしたよ。マネージャーがやってきて、まさにその質問を俺たちに投げかけてきた。「誰がレコードをプロデュースするんだ?」とね。彼らは手ぶらで、立ち去った。でも、ひとりやふたりの名前は挙がっている。両人とも、みんなを驚かせるような人ではないだろうね。ガッチリとガードを固めて、それを見極めないと。

    BLABBERMOUTH.NET(2014-05-10)

    やはり、プロデューサーは前作『Death Magnetic』に引き続き、リック・ルービンか前作のエンジニアであり、スレイヤー等のプロデュースもしたグレッグ・フィデルマンあたりになるのでしょうか。ハッキリ言えないのは、プロデューサーとして仕事をしてもらうスケジュールを押さえるのが大変なのかも。

    リスニングOKの方はこちらからインタビューのフル音声をどうぞ。先日出演が決まったグラストンベリーについて、1996年のロラパルーザを引き合いに出して語っているようです。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ「新譜制作は4イニング目まできた」
    カーク・ハメット「9月にはアルバム制作に専念する」
    メタリカ、念願のグラストンベリー・フェスティバル出演決定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    GuitarWorldでカーク・ハメットが新譜制作、そして南米ツアーで披露した「Lords of Summer」について語ってくれました。管理人拙訳にて。

    2014_03mar20_pic09

    カーク・ハメット
    「俺たちはアルバムを作りたいと思っている。でも、俺たちにはそれぞれの責任がある。今では家族もいる。夏はすぐにやってくる。子供たちは学校が休みだから大変だよ。でもリフ銀行には蓄えがある。今はリフを引き出してはまとめて、いったん制作の場から離れる。後になって、それらを全て再検討して、それがどうなっていくか考えるんだ。俺たちが互いに言っているのは、9月が(アルバム制作に)専念する時になりそうだということさ。俺はみんなにこの1月がそうなると言ってたことはわかってるよ・・・でも、まぁそういうことなんだ!(笑)」

    「俺たちがいろんなことをやっているせいで「Lords of Summer」のギターソロに注力する時間はなかった。デモ・トラックに入れたソロは、与えられた時間内でやりきったことだった。俺はどうするかはかろうじてわかっていたけど、本当にソロを練る時間は何もなかった。俺たちはみんなにあの曲はデモ・ヴァージョンだと言っている・・・ソロだって本当にデモ・ヴァージョンなんだ(笑)デモ・ヴァージョンのソロと俺が南米ツアーでプレイしたソロとを比べたら、より良くなっているし、もっと磨きがかかっているよ。


    GuitarWorld(2014-05-09)

    まさに制作中の曲をライヴのなかで磨きをかけていっているというわけですね。というわけでさっそく比べてみましょう。

    デモ・ヴァージョン ※ソロは6:00あたりから


    ライヴ・ヴァージョン(コロンビア公演より) ※ソロは6:50あたりから


    たしかにアレンジが変わっていますね。このライヴは南米ツアーの初日ですから、ツアー後半でも変わっていたりするのかな(まだ今回のツアー音源未購入・・・)。またヨーロッパツアーでどのように変化していくのか、注意して聴かなければ。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    カーク・ハメット「俺たちのリフ銀行はデカくなる一方」
    メタリカ、南米ツアー初日のコロンビア公演にて新曲披露。
    ラーズ・ウルリッヒ、新曲「The Lords of Summer」の今後について語る

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    また更新の間が空いてしまいましたが、今回はラーズ・ウルリッヒが受けたRollingStoneのインタビューをご紹介。新譜の進捗状況、そして「Metallica By Request」ツアーについて語ってくれました。管理人拙訳にて。

    G56_LARS_ULRICH

    メタリカが最後のスタジオアルバムを出してから、もうすぐ6年になる。彼らはヨーロッパの夏フェス巡業の準備をしており、新譜のための素材まとめも行っている。「俺たちはガリガリやってるよ。」とラーズ・ウルリッヒは語る。「リフを弾いて、そいつを曲のなかに入れてみる。本当に1曲も書かずに、次の日になったらまた別のものに取り掛かるんだ。リフとセクションにだけ取り組んでいて、リフとテンポとムードを繋げていくんだ。」

    アルバムリリースのスケジュールはない。しかし、ウルリッヒは大きく前進したと言う。「俺たちこうやって、1年の大半、オンとオフを繰り返す。この夏はこういう日程をやっていって、それからじっくり(楽曲の)磨きをかける。今、言えるのは、4イニング目まできたってことだ。」

    メタリカの4人のメンバーは今月はじめ、春休みのあいだに子供たちと一緒に旅行に行き、休暇を過ごした。しかし、5月が始まる前に集まる計画だ。「アルバムを誰にプロデュースしてもらうか話し始めたところなんだ。まだレコーディングも行っていない。でもソングライティングの過程に没頭しているよ。」

    一方、彼らはヨーロッパツアーもたくらんでいる。「この2年のあいだ、夏のヨーロッパフェス巡業をしてこなかった。過去2年間は俺たち自身の(Orion)フェスを催してたからね。でもスケジュールの問題やらで、今年は行わないことにしたんだ。」

    メタリカ史上初めて、ファンがセットリストを完全に支配する。「『Metallica By Request』と呼んでいる。チケットを持っている人はウェブサイトでメタリカがこれまでにレコーディングした曲に投票できる。145曲かそこらかな。上位17曲を演奏する。本当に楽しみだよ。」

    3月には南米でこの(リクエスト)ショーを試験的に行った。いくつか珍しい曲も引き出されたが、ファンが選んだのはほとんど「One」「Nothing Else Matters」「Enter Sandman」のようなヒット曲だった。「真っ正直ってことだよ。時おり俺は本当に無名の曲に投票して欲しいと思う。クレイジーなものをやりたいからね。」

    投票過程は完全に透明性を確保され、ファンは絶えず各都市の更新された上位曲リストを見ることができる。「5月のヘルシンキ公演では『...And Justice For All』の収録曲「The Frayed Ends of Sanity」をやることになりそうだね。あれには本当に興奮しているよ。同じように「St. Anger」がドイツでは多くの票を得ているから、やることになるだろう。それも本当に楽しみだよ。俺たちはできるだけ、そういうのを混ぜていきたいんだ。」

    投票はショーのおよそ1週間前に締め切られる。そしてバンドにファンがリクエストするかもしれない無名の曲を練習する猶予を与えられる。「俺たちは「The Frayed Ends of Sanity」をこれまでやっていない。1、2時間はそういう曲を流して取り組むんだ。俺たちはどこに行こうとも、リハーサル室に足を運ぶ。1時間くれ。俺たちの全曲カタログのなかのどんなものでも練習できる。俺たちは本当にイカれたセットリストを組むのが好きで、できるだけ変えようとしてきた。でも2014年はファンが曲を選ぶんだ。」

    アメリカのファンは近い将来、「リクエストショー」を観る機会を得られるのだろうか?「ヨーロッパツアーの後、今年行う重要なことは、レコードを作るということだ。それから、ホームに帰ってアメリカでいろんなことができるようになる。それが来年じゃなければ2016年かな。」

    RollingStone(2014-04-24)

    新譜制作は4イニング目ということで制作序盤のプロセスは終えたと思っちゃっていいのかしら。プロデューサー選びも話題にのぼっているようで、果たして誰になるのか気になるところ。

    そして、なんだかんだでラーズはマニアックな曲を望んでいるのね(笑)ライヴ当日に3曲のなかから1曲選ばせることにしたのも、いろいろと模索しながらやっていることなのかも。

    インタビューのなかで書かれていたリクエスト上位曲はこちらから見ることができます。
    http://www.metallicabyrequest.com/

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、2014年のヨーロッパツアーにてセットリストのリクエストを募集
    来年のメタリカはロックフェス三昧、Orionフェスは開催せず
    メタリカ、3月の南米ツアーを発表。
    ラーズ・ウルリッヒ「ファンが選ぶセットリストにはドキドキさせられる」
    ラーズ・ウルリッヒ「うまくいけば来年には新譜を」

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2014年にロックの殿堂入りしたのは、キャット・スティーヴンス、ダリル・ホール&ジョン・オーツ、ニルヴァーナ、キッス、リンダ・ロンシュタット、ピーター・ガブリエル。ディープ・パープルはここ数年、その名前が挙がりながら今年も殿堂入りに至らず。

    以前もディープ・パープルのロックの殿堂入りへ働きかけていると語っていたラーズ・ウルリッヒ。
    larsulrichmetalxs2013_638

    メタリカは2009年に殿堂入りしているわけですが、自身が初めてライヴを目にして大きな影響を受けたバンドにも殿堂入りをして欲しいと熱望しているようです。RollingStone誌に語ったインタビュー、BARKSさんの翻訳を拝借しながら、省略された部分を管理人拙訳の補足でどうぞ。

    「俺はあそこの駆け引きやなんやらに口をはさむつもりはないが、この2つの言葉は言っておきたい。ディープ・パープル。これが俺の言うべきこと全てだ。ディープ・パープル。みんな、マジだぜ。ディープ・パープルだ。でも間違いなくニルヴァーナは初めて殿堂入り候補となった年で、考えるまでもなくふさわしいバンドだし、長いこと延び延びになってたキッスが認められて良かった。彼らはパイオニアであり、そのどれをとっても(殿堂入りに)値する。で、この2つの単語、ディープ・パープルだ! ああ、もう言ったっけ?」

    RollingStone(2014-04-09)

    ディープ・パープルのなかでもラーズが特に大好きなのは、リッチー・ブラックモア。リッチーのもうひとつのバンドであり先ごろカバー音源を出したレインボーについてもRollingStone誌の別のインタビューで次のように語っています。(管理人拙訳)

    「「A Light in the Black」を聴けば、かなり速いダウン・ピッキングだとわかる。「Kill the King」を聴けば、メタリカのそれと全く違うとは言えないだろう。たしかにこれらの相関関係は、それほど根本的なものじゃない。でも突き詰めると、音楽を演奏し、ライヴをし、毎日呼吸するたびに俺たちを奮い立たせてくれるよ。」

    RollingStone(2014-04-02)

    以前のディープ・パープル激推しラーズ語録やディープ・パープルのロックの殿堂に関するあれこれは関連記事からどうぞ。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ「ディープ・パープルがロックの殿堂入りとなるよう働きかけている」
    メタリカ参加のディープ・パープルのトリビュート盤『Re-Machined』の国内盤が発売。
    メタリカ、アイアン・メイデンらがディープ・パープルの『Machine Head』のトリビュート盤に参加。
    メタリカのディープ・パープル・カヴァー「When A Blind Man Cries」が公開
    ロニー・ジェイムス・ディオのトリビュート盤『This Is Your Life』収録予定のメタリカ「Ronnie Rising Medley」音源が公開

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    南米ツアーを終えて、またオフモードに入ったメタリカ。今回の南米ツアーで廻ったエクアドルのEL COMERCIOからカーク・ハメットが受けたインタビューをご紹介。管理人拙訳にて。

    Hammett-Metallica-Isabel-Valarezo-COMERCIO_ECMIMA20140319_0082_4

    メタリカがツアーだけをやって、もはや新作を作らなくなる日が来ると思いますか?

    カーク・ハメット
    そうならないことを願っているよ。このバンドはたくさんの異なる面を必要とする傾向にある。でも、俺はツアーをすることがレコーディングすることを支えていると本当に思っている。そしてレコーディングすること、つまり創造力であったり、曲であったり、はツアーをすることを支えているんだ。この両方が互いを支えていて、俺たちが前に進むために必要としているものなんだ。だから俺たちはいつも曲を書き、それらをレコーディングをする必要があると思っている・・・。

    (実際は)正反対かもしれないけどね。俺たちの残りのキャリアで一回レコーディングをするだけで終わるかもしれない。もしくはツアーだけで終わってしまうかもしれない。でも俺は、その2つとも実際に起きるとは思えない。俺たちはいつも創造的であることにかなり自信を持っている。なぜなら俺たちはそれぞれ個々人としているからなんだ。つまり、俺であることは、退屈になったら、ギターを抱える。そうするとファッキンなリフが出来る。俺は興奮して、こういうリフを他のメンバーに見せるんだ。そしたらそのリフでジャムが始まる。それが俺たちがやっていることの一部ってわけ。


    BLABBERMOUTH.NETより(2014-04-07)

    いつもながらBLABBERMOUTH.NETの文字起こしに感謝。
    ヒアリングOKな方はインタビュー全編をこちらから。


    ツアーのいい雰囲気が新作に反映されるとよいなぁと妄想する管理人でした。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ「うまくいけば来年には新譜を」
    休む気ないだろ!メタリカ、2014年のツアー日程さらに追加
    カーク・ハメットとロバート・トゥルージロが「Surf Summit 17」に参加
    カーク・ハメット、エクソダス脱退・メタリカ加入の経緯について語る。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ラーズ・ウルリッヒがアルゼンチンのテレビ番組「La Viola」のインタビューで語ってくれました。管理人拙訳にて。

    larsulrich_2014_interview

    −長年に渡りこれまで受けてきた全ての批判がメタリカに他と違うことをやることを駆り立ててきた−

    メタリカは最初から多かれ少なかれ批判されてきた。ハードロックのファンはとても深刻に受けとるんだ。時にはマジに受けとりすぎると思う。彼らはとても声高に主張する。情熱的にね。でもバランスを取らないといけない。「OK、みんなちょっと落ち着こうぜ。たかがロックンロールじゃないか。」とか何とか言ってね。そんなわけで正しいバランスというものを俺たちはみつけようと考えている。メタリカのメンバーはいつも好奇心が強くて、いろんなことに興味をもっていて、いろんなやり方を進んで取り入れようとしてきた。若いときはそれほど自分に自信がなかったと思う。そして本当にたくさんライヴをやって自分たちがどれだけ才能があるかを示そうとしたんだ。俺が思うに、今は人が俺たちのことを才能があると思おうが思わなかろうが、それほど気にしない。今やただ自分であることが心地いいからね・・・。歳をとり経験を積むほど、自分のことを人がどう考えているか気にならなくなるんだ。自分自身でいることが、より心地よくなる。「俺たちはメタリカだ。俺たちのやり方でやるし、他とは違ったことをする。一緒に行こうぜ。でも一緒に来たかったら、それはたくさんの違った場所に連れて行かれることになるってことを知っておいてくれ。」俺たちはいつもファンに向かってこう言うことに努めてきたんだ。


    −ラーズや他のメタリカのメンバーがジャスティン・ビーバーのファンとして知られる「Beliebers」だと言ったのはジョークだったのか−

    いいや。知ってのとおり、彼は才能ある子さ。彼には才能がある。俺が言いたいのはつまり、明らかに彼は、彼自身としてくつろぐことはないんだ。1日24時間、みんなが彼の手に負えなくなっているなかでうまくやっていかなければならないってのはどれだけ難しいことか想像することしかできないよ。俺は誰にも上に立って欲しくないね。


    −空き時間に聴く音楽について−

    俺はほとんどウチの子供が聴くものを聴いているよ。あの子たちがステレオをいつも独占しちゃうからね。カーステレオをかっさらってしまうんだ。車のなかで、あの子たちはiPodの主導権を握るのさ。ありがたいことに、子供たちが聴くものはシステム・オブ・ア・ダウン、フー・ファイターズ、アークティック・モンキーズ、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、AC/DCだったりするんだけどね・・・


    −2014年のメタリカの動向について−

    エキサイティングだよ。エキサイティング・タイムさ。この半年間かな、映画の仕事を終え、南極に行き、再びグラミー賞でライヴをやった。素晴らしいことだ。俺たちは曲を書き始め、次のレコードの準備にとりかかった。そんなわけでホントにエキサイティングだね。俺たちみんなと素晴らしい人たちがこうしてここにやってきて、「By Request」をやる。そして新しい場所に行くんだ。2日前に(エクアドルの)キトにいたんだけど、俺たちが今まで行ったことのない場所だった。ステージでは新しい曲(The Lords of Summer)をやって、みんな受け入れてくれたように思う。俺たちはそれぞれ別で曲を書いている。いいアイデアももっている。俺たちの最大の問題はアイデアじゃないんだ。時間なんだよ。メタリカはこれまでよりも忙しい。続ければ続けるほど、日が短くなっているように感じるんだ。でもうまくいけば、今年には曲を書き上げ、来年にはレコーディングを行い、新譜を出すかもしれないね。まぁどうなるかね。来年だといいんだけど。

    BLABBERMOUTH.NETより(2014-04-01)

    いつも文字起こしありがとう!BLABBERMOUTH.NET様!
    このインタビュー動画はこちらから。


    「2015年が現実的」とか言ってたくせに、「うまくいけば来年」という【条件付き2015年】になってしまったのが、若干不安ではありますが・・・やるからにはしっかりやって欲しい!それだけです!

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ「ファンが選ぶセットリストにはドキドキさせられる」
    ラーズ・ウルリッヒ、新曲「The Lords of Summer」の今後について語る
    メタリカ、南米ツアー初日のコロンビア公演にて新曲披露。
    ラーズ・ウルリッヒ、「次のアルバムが2015年より前に出たとしたら驚き」
    ラーズ・ウルリッヒ「メタリカの次のアルバムを出すのに2014年というのはちょっと楽観的。2015年が現実的。」
    ラーズ・ウルリッヒの選ぶ2013年映画ベストテン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ロニー・ジェイムス・ディオのトリビュート盤『This Is Your Life』にメタリカが参加することは既にお伝えしましたが、ついにその音源がSoundCloud公開となりました!

    メタリカは「Ronnie Rising Medley」として「A Light In The Black」「Tarot Woman」「Stargazer」「Kill The King」の4曲のメドレーという贅沢な参加方式。さっそく聴いてみましょう。



    オリジナルも好きだけど、ガッツリとメタリカサウンドなこちらもよいですねぇ。

    改めてトリビュート盤『This Is Your Life』のトラックリストをおさらいしておきましょう。
    トラックリストはこちら。

    01. "Neon Knights" – Anthrax *
    02. "The Last In Line" – Tenacious D *
    03. "The Mob Rules" – Adrenaline Mob
    04. "Rainbow In The Dark" – Corey Taylor, Roy Mayorga, Satchel, Christian Martucci, Jason Christopher *
    05. "Straight Through The Heart" – Halestorm *
    06. "Starstruck" – Motorhead with Biff Byford *
    07. "The Temple Of The King" – Scorpions *
    08. "Egypt (The Chains Are On)" – Doro
    09. "Holy Diver" – Killswitch Engage
    10. "Catch The Rainbow" – Glenn Hughes, Simon Wright, Craig Goldy, Rudy Sarzo, Scott Warren *
    11. "I" – Oni Logan, Jimmy Bain, Rowan Robertson, Brian Tichy*
    12. "Man On The Silver Mountain" – Rob Halford, Vinny Appice, Doug Aldrich, Jeff Pilson, Scott Warren *
    13. "Ronnie Rising Medley" (Featuring excerpts of A Light In The Black, Tarot Woman, Stargazer from Rainbow’s 1976 release, Rising and Kill The King from Rainbow’s 1978 release, Long Live Rock 'N' Roll) – Metallica *
    14. "This Is Your Life" – Dio

    * 未発表音源

    3月26日発売予定。気がついたらもうすぐでした。

    this-is-your-life-news
    ディス・イズ・ユア・ライフ 〜 ロニー・ジェイムズ・ディオ・トリビュート


    たまっているコメントへの返信は後ほど・・・

    【追記】
    RollingStoneのインタビューにてラーズがメドレー方式となった経緯について語ってくれています。
    管理人拙訳にて。

    20140320-metallica

    「ロニーの音楽は彼そのものであり、俺の人生の一部だった。彼の音楽はメタリカのDNAの多くの部分にあるし、よりハードでエッジの効いた、ブルースから発展した70年代からのハードロックだった。この(トリビュート盤の)ために集まるのは実にたやすいことだった。俺たちみんなこの楽曲たちに育てられたわけだから。バンドでミーティングしたりとか、どの曲をやるか決めようとか、そういうことは記憶にない。誰かが「Stargazer」を弾きだす。その曲はちょうど俺たちがジャム・セッションする楽曲のうちのひとつだった。それからその曲が終わると「Tarot Woman」「Kill the King」「A Light in The Black」と、本当にたやすく次の曲次の曲へと飛び込んでいったんだ。」


    RollingStone(2014-03-24)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、ロニー・ジェイムス・ディオのトリビュート・アルバムに参加。
    ロニー・ジェイムス・ディオ死去。ラーズ・ウルリッヒからのメッセージ。

    このページのトップヘ