メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    タグ:インタビュー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    いかにもSUN紙らしいちょっぴり悪意を感じる文章な
    メタリカニュース(苦笑


    【メタリカ、新作アルバム『デス・マグネティック』の仕上がりに自信あり】


    ニュー・アルバム『デス・マグネティック』が来月リリースされる
    メタリカ―リードシンガーのジェームス・ヘットフィールドは、
    チャートのNo.1を獲得する自信があるようだ。
    英サン紙(電子版)が伝えた。


    何かと物議を醸すメタリカだが、新作アルバムの出来栄えには満足
    しているようだ。2003年にリリースしてファンや評論家に酷評された
    アルバム『セイント・アンガー』と違い、絶頂期を思い出させるような、
    メタリカらしいサウンドに仕上がっているという。


    「セイント・アンガーの時は不調期だった。
    今は最高の状態に戻ってきた」


    と語るヘットフィールド。


    確執も伝えられるドラマー、ラーズ・ウルリッヒとの
    関係については次のように述べている。


    「おれたちの関係がメタリカの存在を特別なものにしているんだ。
    何もかもがうまく行っているようでも、必ずどこかに問題はある。
    あつれきを乗り越えることで、エネルギーや創造力がわいてくるものさ」


    メタリカの偉業がそれを証明している。これまでに1億枚以上のアルバム
    を売り上げ、世界40か国でゴールドまたはプラチナレコードに認定
    されている。グラミー賞では7回の受賞歴がある。


    (c)IANS London

     

    Web-Tab(2008-08-22)


    まぁ新作制作直後にきいたら、自信なしとは言わないでしょう(苦笑
    満足いく出来になったから世に出すわけだし。

    しかもチャート1位とる自信があると本人の口から出たわけじゃなさそう。


    ただ本人たちのあいだではあの『St.Anger』の制作時の
    衝突を乗り越えてというのが大きいでしょうねぇ。



    ジェイムズは以前、別のインタビューでこう語ってました。


    「(前略)そう言えば、この前ラーズに言われて思い出したんだけど、
    セラピストのフィル・トウルがこんなことを言ってたんだ。
    “君達が私と行っている作業は、次の作品のためのものであって、
    『ST.ANGER』のためではない”って。今になって、それがよく判る。


    今の俺達は本当に楽しんでやれてるんだ、あんな喧嘩は一切なしで!
    まぁ、今でも必要な衝突というのはあるけど、『ST.ANGER』の時は
    殆ど無駄な喧嘩ばかりだったから。(後略)」


    (BURRN!2006年6月号より)



    『St.Anger』のときの衝突も、今回の新譜に生かされているわけですねぇ。
    (-_- )ウンウン

     

    でもそこからまた2年間、制作にかかっているわけですが(苦笑


     【追記】
    BARKSに同じくSUN紙でラーズのコメント引用があったので
    追記しておきます。(重複部分は省略してます。)

    (前略)

    最近は年をとったせいか、メンバー間の口論が減ったという。
    ラーズはこう話している。

    「俺は44だ。野菜を食べろってことで子供たちと十分、
    ケンカになってるからな。9曲目で誰のギター・ソロを
    使うかなんてことで争いたくないんだよ(笑)」

    (後略)

    BARKS(2008-08-27)


    家族との口論の方に労力使っているようですw
    そこはもう少しがんばれラーズw

     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    MTV Japanのインタビュー、バックトラック特集に
    メタリカのインタビューがアップされておりました〜

     

    インタビューは1986年の初来日時のもの。
    おっきな日本語字幕つきなので非常にわかりやすいです。

     

    メタリカのほか、エアロスミスジャネット・ジャクソン
    などの若かりしころのインタビューも見れますよ。


    それではさっそく以下のリンクよりご覧くださいませ。
    (期間限定と思われるのでお早めにご賞味ください)

    >>MTV BackTrack

     

     


    ジェイソン、しゃべってねぇw

     

    あとラーズのインタビュー、

     

    大幅カットされてそうw


     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

     

    関連記事
    メタリカを動画で振り返る。(グラミー賞受賞編)
    メタリカを動画で振り返る。(ジェイムズ大火傷編)
    メタリカを動画で振り返る。(初来日編)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    MTVインタビューの続きがvibe-netにて配信されて
    いましたのでご紹介。


    メタリカのフロントマン、ジェームズ・ヘットフィールドが、
    新ベーシストのロバート・トゥルージロのニュー・アルバム
    への貢献ぶりを高く評価した。

     

    14年にわたりメタリカでベースを務めたジェイソン・
    ニューステッドに代わり、’03年に三代目ベーシストとして
    バンドに加入したロバート。彼にとっては、新作
    『Death Magnetic』が初の参加アルバムとなる。

     

    そんなロバートの仕事ぶりに関して、ジェームズはMTVの
    インタビューで、「ジェイソンへの当て付けじゃねえけどさ、
    ロブはこのアルバムですでにもう、ジェイソンの14年分の
    仕事以上の貢献をしてくれたよ」
    とコメント。

     

    ジェームズの言葉を受け、ドラマーのラーズ・ウルリッヒも
    「前任者の至らなさに嫌味の1つでも言わねえことには、
    ロブを褒めるのは難しいよ。ロブは、俺たちとはもう5年になる
    わけだが、(一緒にやっていて)本当に楽なんだ。こんなに
    完ぺきだって思えたのは初めてさ」
    と絶賛した。

     

    なお、前作『St Anger』(’03年)以来、およそ5年ぶりとなる
    メタリカ待望のニュー・アルバム『Death Magnetic』は、
    9/12にリリースとなる。

    vibe-net(2008-08-07)


    14年メタリカやってた

     

    ジェイソン、立場ねぇ(苦笑


    ミッション・メタリカ見る限り、クリフがいた頃のように
    和気あいあいレコーディングできているということを
    古参メンバーが感じているのがうかがえます。

    ちなみにこのインタビューの英語本文のページはこちら


     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    さぁさぁ、新作が待ち遠しいメタリカのニュースです。
    ラーズ・ウルリッヒが新譜について語っています。

    *************************************************
    メタリカのドラマー、ラーズ・ウルリッヒが、
    今春リリースが見込まれているバンドの待望の
    ニュー・アルバムについて語った。

    ウルリッヒは『Revolver』誌のインタビューで、
    新作について「今回の作品は、確実に過去の数作
    よりもずっとダイナミックだし、かなりの変化を
    遂げている。曲の中に、光と影がたくさんあるんだ。
    ヘヴィで、高速で、アツい曲もあれば、ゆったりと
    した曲や、間奏曲もあったりする。『St. Anger』
    ('03年)とはかなりかけ離れているし、『Load』
    ('96年)の曲とも全然違う。この作品は、
    『St. Anger』みたく破壊力が表面的というわけ
    ではないんだ」
    と説明し、近年発表した数作品との
    違いを強調した。

    一方で、新作は“オールドスクール”への回顧か
    と尋ねられると、「そう特定はしたくない。6ヵ月後、
    『なんだこれは? ラーズのヤツ、俺らにウソつき
    やがったな!』って言われるのがオチだからな」

    しつつも、「俺はそう感じるけどね」と認めている。

    vibe-net(2008-01-10)
    *************************************************

    う〜ん。
    想像つくようなつかないような・・・

    まぁアーティストが新作を発表するときのコメントって
    「前作とは全然違う」というのは常套句なわけですが(苦笑

    いずれにしても、また物議を醸しそうな気がしますねぇ。

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    またまた前回の続き。


    メタリカのメンバーたちが答えていたメタリカの
    カバーについて今回も調べてみました。


    前回、前々回を読んでいない方はこっちをチェック!
    メタリカメタリカのカバーを評価すると
    メタリカメタリカのカバーを評価すると2


    今回はカークが言っていた少年合唱団による
    メタリカのカバーアルバムについて。


    どこぞの少年合唱団かと思いきや、なんと超有名な
    ウィーン少年合唱団でしたぁ♪
    (っていうか少年合唱団ってそれしか知らない



    ゴーズ・ポップ』 ウィーン少年合唱団



    6曲目の「NOTHING ELSE MATTERS」がメタリカのカバーです。
    今、入手可能なのか微妙ですが。。
    カークが「壮大な仕上がりだった」と言っているだけに
    すごい聴いてみたい。。


    ちなみにメタリカ以外ではセリーヌ・ディオンビートルズ
    バック・ストリート・ボーイズアース・ウインド & ファイアー
    ポリスといった面々の曲をカバーしています。


    幅広いっすね。
    まぁ基本、歌うまいはずなんでなんでもありなんでしょう(笑


    次回へ続く。



    ゴーズ・ポップ

     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

    このページのトップヘ