メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    カテゴリ: メタリカ語録

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ジェイムズ・ヘットフィールドが好き。


    あの、味のあるボーカルが好き。


    あの、ギターを低くして仁王立ちの構えが好き。


    あの、ライブのときに客を煽る「イェェェェエエエ!」が好き。


    あの、ときおり無謀なことして大怪我しちゃう人間臭さが好き。


    あの、ダウンピッキングが好き。



    メタリカを語る上でダウンピッキングは切っても切り離せない。
    初期のスラッシュナンバーのギターやベースは完全コピーが
    とてつもなく大変なのである。


    それはピッキングにとんでもないスピードが要求されるから。
    ギターはあのスピードでダウンピッキングなんである。


    ありゃ普通、腱鞘炎モノです。



    しかしそれがダウンピッキングだからこそ、
    カッチョい〜んである。


    ジェイムズをギターリストとして肯定的に評価する場合、
    たいていは2つのことで評価されることが多い。


    ひとつは数々の名リフを残してきたこと。
    もうひとつはダウンピッキングの凄さ。



    ここでスゴイスゴイ言っても埒が明かないので
    とりあえず論より証拠をどうぞ↓



    あっ間違えた(テヘッ


    ドリーム・シアターメタリカのカバーした映像でした。
    ただこちらはダウンピッキングではなく
    オルタネイトピッキングメタリカを弾いたら
    どうなるかのいい例(悪い例?)ですね。


    オルタネイトピッキングだとどうしても音のキレが
    悪くて迫力がないんですよね。。
    ドリーム・シアターが悪いんじゃなくて
    オルタネイトピッキングをセレクトしたのがマズかった。。


    そもそも演奏スタイルとしてイケてない。。
    歌いだしの前でギターリストの手元が明るくうつるところ
    (残り8:15あたり)はもろにオルタネイトピッキング
    なんですけど、どうですかね。。



    じゃあジェイムズ兄貴、お手本をお願いします。
    おんなじ箇所のリフが全てダウンピッキング
    なってることに注目しながらどうぞ↓



    ※ちなみにベーシスト不在のころなんでプロデューサーの
     ボブ・ロックがベースやってます。


    やっぱスゲーやジェイムズ兄貴。。
    腱鞘炎とは無縁なのかしらん。。


    そういえばこんなインタビューがありました。


    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    『ST.ANGER』をインタビュアーが評して)
    −全く違った領域で、新しい"アグレッシヴMETALLICA"を
    組み立てることが出来た今、クリエイターとしての充実感
    を感じているのでは?


    ジェイムズ
    (前略)これまでにない最高のMETALLICAになった。(中略)
    特にラーズのドラムは驚くほどに素晴らしい。まあ、
    奴がライヴでアルバムどおりにプレイするのは、本当に
    大変だと思うよ。(笑)俺もそうだ。歌のパートが絶えずあるし、
    速いピッキングも死ぬほどあるからな。


    −ダウン・ストロークの嵐ですし、リフ、リフ、リフといった
    感じの方向性ですから・・・


    ジェイムズ
    いや、ダウン・ストロークは俺には問題ないがね。(キッパリ)


    −失礼しました。(笑)


    ジェイムズ
    ガハハハ!(後略)


    引用元:『BURRN!』2003年6月号インタビュー記事
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    腱鞘炎の心配は無用なようです(笑



    ジェイムズ・ヘットフィールド右腕
    キン肉マン左腕バッファローマンのロングホーン入り)
    があればもう怖いもんないね!


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


    ネタ拝借元:http://d.hatena.ne.jp/cloned/20070628

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メタリカ。。


    デビュー前のメンバー入れ替えのゴタゴタ、
    ライブが評判を呼び、波に乗ってきたところで
    クリフ・バートンを事故で失い、その後
    ひたすらライブすることで乗り切ったと思いきや、
    今度はナップスター騒動、そしてジェイソンの脱退。
    そして鶴次郎さんを加えての新たな出発。


    ホント、日テレの「いつみても波乱万丈」で取り上げたら
    1回じゃおさまらないくらい怒涛の浮き沈みじゃないか
    と外から見てると思う。


    まぁその模様は「いつみても波乱万丈」じゃなくて
    メタリカ 真実の瞬間』を見ればいいわけで(笑



    そんな修羅場を乗り切ったこそいえる名言、第2弾です。
    ちなみに第1弾はこちら↓


    メタリカの人たちってえぇこと言うわぁ。。



    前回はジェイムズ兄ぃだったので、今回はラーズの名言をピックアップ!



    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    −これまでの歳月の間に学んだことがあるとしたら、
    それは何ですか?−


    自分でコントロール出来ないことでくよくよ悩んで時間を
    無駄にするな
    、ということかな。世の中には俺の手に負えない
    こともあるし、それについて知る必要もないということも、
    何でもやれる必要はないんだということも判った。昔は、
    それが判っていなかったんだ。


    例えば、俺はコンピューターを持っていない。その俺が、
    DVDについて何の決断を下せると言うんだ?俺は10年遅れて
    いるけど、俺の周りには総てを知っていて、俺の代わりに
    やってくれる人達がいる。俺を焚き付けるのはいつだって
    音楽だし、それが俺がいつもやっていたいことだ。


    引用元:『BURRN!』2000年2月号インタビュー記事
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    あんなメタリカという大看板をしょってる大巨人でも
    ラーズの身長はちっこいけど)できないことはあるっちゅう
    わけですなぁ。。。


    やれることを全力で、あとは人と運任せ(笑
    大いに賛成だ!


    そういえばラーズの兄ちゃん!
    ニッポンには「果報は寝て待て」って言葉があるぜ!


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    前回の続きを繰り返していたらついに第4回目。


    前回以前を読んでいない方はこちら↓


    メタリカメタリカのカバーを評価すると
    メタリカメタリカのカバーを評価すると2
    メタリカメタリカのカバーを評価すると3



    今回はラーズの言っていたブルーグラス版の
    メタリカのカバーについて。

    くい

    当たり前のようにラーズが使っていますが、
    ブルーグラスってなんなんだ?と思い、
    まずはそこから調べてみました。



    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    ブルーグラス(Bluegrass music)は、アメリカのアパラチア南部に
    入植したスコッチ・アイリッシュ(現在の北アイルランド、アルスター
    地方にスコットランドから移住した人たち)の伝承音楽をベースにして
    1945年末、ビル・モンローのブルー・グラス・ボーイズにアール・
    スクラッグスが加わってから後に発展したアコースティック音楽の
    ジャンル。


    演奏にはギター、フラットマンドリン、フィドル(ヴァイオリン)、
    5弦バンジョー、ドブロ(リゾネーター・ギター)、ウッドベース
    などの楽器が主に使われる。


    時代に応じたオリジナルを中心に、スコットランドやアイルランドの
    音楽を基にした伝承曲も多い。アップテンポの曲が多く、楽器には
    速弾きなどのアクロバティックなインプロヴァイズが求められ、
    「ハイロンサム」と呼ばれる孤高のブルース感を表現する唱法や
    ハーモニーにも特徴がある。

    1950年代には米国南部を中心としたカントリー市場に、
    1960年代はフォーク・リヴァイヴァルに認められて米国の都会や
    ヨーロッパや日本のフォーク市場に、1970年代にはロックとの融合で
    野外音楽フェスティヴァルに迎えられ、80年代以降はアコースティック
    音楽の録音技術革新とともにジャズやニューエイジなどのより洗練
    されたアンサンブルに達した。


    引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    早い話が「アコースティック版カントリー」といったところですかね。
    日本ではなじみの薄い音楽ジャンルですが向こうでは一般的?


    ブルーグラスをとりあえず理解したところでラーズの言っていた
    ブルーグラスメタリカのカバーを探してみると、、ありました!


    タイトルはずばり『Fade to Bluegrass』
    言うまでもなくメタリカの2nd『RIDE THE LIGHTNING』の名曲、
    「FADE TO BLACK」をひっかけてます。
    こちらは全曲メタリカのカバーですね。
    しかも、vol.2まで出てます。


    そしてなんと全曲、無料で試聴できました!
    というわけで試聴したい方はどうぞこちらへ↓


    Fade to Bluegrass:The Bluegrass Tribute to Metallica


    Fade to Bluegrass:The Bluegrass Tribute to Metallica, Vol.2



    自分も聞いてみましたが、、ん〜微妙。。
    「FADE TO BLACK」なんて泣かせるギターソロがなんだか
    牧歌的なほんわかムードになってるし。。


    アレンジでこんなに変わっちゃうんだなぁ(笑


    Fade to Bluegrass
    Fade to Bluegrass:The Bluegrass Tribute to Metallica
    Fade to Bluegrass vol.2
    Fade to Bluegrass:The Bluegrass Tribute to Metallica, Vol.2


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    またまた前回の続き。


    メタリカのメンバーたちが答えていたメタリカの
    カバーについて今回も調べてみました。


    前回、前々回を読んでいない方はこっちをチェック!
    メタリカメタリカのカバーを評価すると
    メタリカメタリカのカバーを評価すると2


    今回はカークが言っていた少年合唱団による
    メタリカのカバーアルバムについて。


    どこぞの少年合唱団かと思いきや、なんと超有名な
    ウィーン少年合唱団でしたぁ♪
    (っていうか少年合唱団ってそれしか知らない



    ゴーズ・ポップ』 ウィーン少年合唱団



    6曲目の「NOTHING ELSE MATTERS」がメタリカのカバーです。
    今、入手可能なのか微妙ですが。。
    カークが「壮大な仕上がりだった」と言っているだけに
    すごい聴いてみたい。。


    ちなみにメタリカ以外ではセリーヌ・ディオンビートルズ
    バック・ストリート・ボーイズアース・ウインド & ファイアー
    ポリスといった面々の曲をカバーしています。


    幅広いっすね。
    まぁ基本、歌うまいはずなんでなんでもありなんでしょう(笑


    次回へ続く。



    ゴーズ・ポップ

     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    今回は前回の続き。
    メタリカのメンバーたちが答えていたメタリカ
    カバーについてちょっと調べてみたのでご紹介。


    前回を読んでいない方はまずこっちをチェック↓
    メタリカメタリカのカバーを評価すると



    ジェイムズの言っていたパット・ブーン
    なぜ報道陣から爆笑がとれたのか?


    答えはパット・ブーン本人にあり。


    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    パット・ブーン


    良くも悪くも"自分"がない人である。しかし、時代ごとの流行を
    取り入れることに関しては超貪欲。
    50年代には黒人シンガーが
    放ったヒットを積極的に取り上げ、60年代にはシンガー・ソング
    ライターのカヴァー集、70年代にはゴスペルやカントリー、
    最近ではヘヴィ・メタルの名曲をビッグ・バンド風にアレンジした
    『In a Metal Mood(メタルバカ一代)』(笑)なんていうのもリリース
    している。アーティストのエゴを出さず、ひたすらヒットを狙う。
    --ある意味、非常に優れたポピュラー・シンガーなのだ。
    また、50年代後半には映画界にも進出し俳優としても成功。
    文才も発揮し、これまでに自伝を始め数冊の本を発表している。
    まさに元祖マルチ・タレントと呼ぶに相応しい。ちなみに娘の
    デビー・ムーンも歌手として成功している。


    引用元:goo音楽 音楽 >洋楽アーティスト >パット・ブーン より
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    なるほど。
    「ついにこんな人にもカバーされちゃったよ」感覚だったんだ(笑


    ちなみにこの『メタルバカ一代!!!』ちゃんと日本で売られています。
    しかもアマゾンの輸入版CD、『In a Metal Mood』のページに行くと
    ジャケットにはパット・ブーンご本人のお姿が!そしてそして!
    「Enter Sandman」を含む12曲が試聴できちゃいます!!


    いざ試聴してみると・・・・


     

    何、このJAZZYなメタリカ!(笑
    すげー新鮮!(笑


    是非ご試聴あれ!


    In a Metal Mood
    『In a Metal Mood』試聴はこっちから!

     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メタリカをカバーしているアーティストは
    それこそ多数存在しているようですが、
    メタリカのメンバーたちはどう思っているんでしょうか?


    その問いに対するひとつの答えがインタビュー記事から
    読み取れたのでご紹介しマッスル!


    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    −METALLICAのカヴァーで一番良かったのは、どの曲の
    誰のヴァージョンでしたか?−


    ジェイムズ:パット・ムーンがやった"Enter Sandman"
    (ここで場内大爆笑となった)笑うけど、ホントに
    やってるんだぜ。


    カーク:少年合唱団が"Nothing Else Matters"を
    カヴァーした
    っていうのもあったな。
    あれはかなり壮大な仕上がりだった。


    ラーズ:そういうカヴァー作品は際限なくあるよ。
    つい先日はジェイムズの許にMETALLICAの
    ブルーグラス版トリビュート
    が届いた。
    俺は1ヶ月前に"アングラなエレクトロニカ・グループが
    「MASTER OF PUPPETS」をカヴァーした"っていうアルバム
    をもらった。キーボードと女性ヴォーカルだけでカヴァー
    してるんだ。ラップ版っていうのもあったし。
    ラップ・アーティストがMETALLICAの曲をやるんだぜ。
    そういうのは何年も前からあって、もう目新しくもなくなった。
    だけど未だに俺達の曲に関心を寄せてくれる人達がいるのは
    嬉しいことだ。超クールだよ。


    カーク:多くのレコード店に"METALLICAトリビュート・バンド"
    のコーナーがあるほどだ。そういうCDは山ほど出ている。
    間違いなく、俺達が作ったCDよりも多いね(笑)


    引用元:『BURRN!』2006年6月号インタビュー記事
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    アーティストによっては自分の曲をカヴァーされることを
    嫌う人もいるようですが、メタリカに関してはその辺は
    オープンなようです。
    まぁ自分たちがブラック・サバスやモーターヘッドはじめ、
    いろんな人のカヴァー曲をやってますからね。


    次回はそんなインタビュー記事内容の詳細に迫る!
    乞うご期待!


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メタリカはライブを中心に人気が広がってきたバンドです。


    MTVに代表されるテレビ番組を通じてポッっと
    出てきたバンドとはわけが違うのら!
    レコード会社の営業努力で売れてるような某バンド
    とはわけが違うのら!
    (何キャラ?)



    そんなところもメタリカが好きな理由のひとつ。
    そしてそんな彼らだけにいろいろ苦労しているわけです。
    だから「いいこと」も言えちゃいます。
    説得力が違います。


    というわけで今回はメタリカの名言のご紹介。
    我らが兄貴、ジェイムズ兄ぃのインタビューからどうぞ。


    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    −'80年代初頭にメタリカがスタートした時は、いくら何でも
    ここまで成功を収めるとは思っていなかったでしょう?−


    何につけ、期待するなんてのはアホのすることだよ(笑
    まあ、何かしらの目標を持つことは必要だけどね。
    確かに俺達には色々なことが起こって、ここまで来た。
    でも、どれもステップ・バイ・ステップで、一度に
    こうなったわけじゃないんだ。


    最初の俺達の目標なんて、"昼間の仕事をせず、プレイに専念
    出来る程度の稼ぎが得られるバンドになること"
    だった(笑


    次は"デモ・テープを作ること"、その次は"ショウをやること"
    さらにその次は"ツアーをすること"だった。そんなこんなで
    やってるうちに、気がついたらオジー・オズボーンのサポート
    をしていて、その時は"これ以上のことなんて望むべくもない"
    なんて思うんだけど、次は"ヘッドライナーになること"という
    目標が出てきた。


    そして、その次は"フェスティヴァルでトリを務めること"だった。
    こうやって少しずつステップアップしていったんだ。


    引用元:『BURRN!』2000年2月号インタビュー記事
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



    「小さなことからコツコツと!」はきよし師匠ですが、
    やっぱりどんな大物でも最初は小さなこと、できることから
    始めてたんだなぁ。。


    俺も兄貴を見習ってできることから始めるのら!
    (だから何キャラ?)


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

    このページのトップヘ