メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    カテゴリ: メタリカ語録

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ジェイソン・ニューステッド脱退からの数年のことを
    言っているのかと思いきや、鶴次郎加入後の話ってことで
    個人的にはちょっと衝撃なニュース。


    【ラーズ・ウルリッヒ、「メタリカの危機を
    救ったのはザ・ローリング・ストーンズ」】


    「メタリカ解散の危機を救ったのは
    ザ・ローリング・ストーンズだった」


    メタリカのドラマー、ラーズ・ウルリッヒがこう明かしている。
    英紙デーリー・スター(電子版)が伝えた。


    2003年にアルバム『セイント・アンガー』をリリース後、
    しばらく活動が停滞していたと説明するラーズ。
    バンドの将来について見通しが立たず、フロントマンの
    ジェームズ・ヘットフィールドがアルコール依存症の
    治療で数か月入院することになった時は“別の道”を
    探そうとさえしたという。

    ラーズいわく“絶望的”な状況だったメタリカに、前座を
    依頼してきたのがザ・ローリング・ストーンズだったという。


    「2005年の夏だった。ストーンズからサンフランシスコの
    ステージに出演してほしいと連絡があった。それで事態が
    大きく変わった。それまでの7−8か月、メンバーはバラバラ
    になっていたんだ」。


    「ステージでは余計な邪魔も入らずに、4人だけで
    音楽に集中できた。あの時に以後3年間の方向性を
    見いだし、今もうまくやってるよ」。


    メタリカは2005年11月13日と15日の2日間、
    サンフランシスコのSBCパークで行われた
    ザ・ローリング・ストーンズのライブの
    オープニングアクトを務めた。メタリカ解散の
    危機を救ったザ・ローリング・ストーンズにファンは
    頭が上がらないだろう。


    (c)Web-Tab(2009-03-02)


    映画『SOME KIND OF MONSTER』であんなに順調に
    バンドとしての新たな門出を迎えたと思っていたのに
    わからないもんですね。。


    メタリカ 真実の瞬間 [DVD]
    メタリカ 真実の瞬間 [DVD]


    関連記事
    カークはあのころ、ソロ転向考えていた。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ナップスターの件がちらつきますが、
    ラーズらしいっちゃあラーズらしいニュース(笑
    (ジェイムズの食中毒の続報も)


    【メタリカのラーズ、自分のアルバムを違法ダウンロード】


    メタリカのラーズ・ウルリッヒは、“試しに”
    自分たちの最新アルバム『Death Magnetic』を
    違法ダウンロードしたことがあるそうだ。


    彼は、VH1にこう話した。「俺自身、ネットから
    『Death Magnetic』をダウンロードしたことがある。
    試しにね。“こうやってやるのか”って思ったよ。
    『Death Magnetic』をただでダウンロードする権利が
    あるのは、俺をおいてほかにないって思ったんだ」


    メタリカは、著作権侵害などで2000年、共有ファイル
    Napsterを訴えたことがある。違法ダウンロードがさらに
    増えた現在、『Death Magnetic』は、ネットでのリークが
    ひどく発売を数日早められたという経緯がある。


    ラーズがダウンロードを試みたのは、リークされた
    数日後だったという。友人と飲んでいて、思いついたらしい。


    「(共有ファイルで)見つけたよ。リークされて2,3日後だった。
    (一緒にいた友人たちに)“おい、俺、試してみるぜ”って
    言ったんだ。30分後には、俺のPCに『Death Magnetic』
    が入った。ちょっと奇妙だったぜ」


    メタリカ関連ニュースとして、日曜日(3月8日)
    フロントマンのジェームズ・ヘットフィールドが
    脱水症でダウンしたため、スウェーデンでの公演が
    急きょキャンセルされた。ヘットフィールドは翌日、
    アメリカへ戻ったという。3月後半からはUK/ヨーロッパ・
    ツアーが再開するが、そちらに支障はないようだ。


    Ako Suzuki, London


    BARKS (2009-03-10)


    なんか複雑な感じですが、、、、


    たしかにメタリカをただでダウンロードする権利が
    あるのはラーズをおいて他にない(笑


    映画『グローバル・メタル』でお国の事情から
    違法ダウンロードでしかメタリカを聴くことが
    できない状況に置かれている人を取材していたのを
    思い出しました。


    グローバル・メタル [DVD]
    グローバル・メタル [DVD]


    ラーズたちもこういった状況を完全に変えるというよりも
    共存していくしかないという心持ちなのかもしれません。


    関連記事
    メタリカ来日公演でのMC
    中国で売られていた海賊版メタリカ
    サム・ダンのメタル映画第2弾、『グローバル・メタル』にメタリカ出演
    メタリカ出演映画『グローバル・メタル』のDVDが早くもアマゾンに登場。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    遅ればせながら昨年末(2008年)にTVKの「RockCity」で放送された
    伊藤政則氏のメタリカインタビューで和んでみる。


    ジェイムズ・ヘットフィールド


    ラーズ・ウルリッヒ



    こうしてみてみると、ジェイムズ兄貴は以前のインタビューでは
    皮肉をきかせたコメントでうまくごまかしていた部分も
    最近では真正面で答えてもらっている印象がします。


    やっぱり、映画「Some Kind Of Monster」で映し出されたような
    いろんな葛藤を乗り越えてきたことが影響しているんだろうなぁ
    とか勝手に考えてしまいました。



    そして、ラーズさんはあいかわらずボディランゲージ交えた
    ベシャリが達者ですw


    インタビューでは来日公演についてはラーズ・ウルリッヒが


    「来年(ここでは2009年のこと)日本に行く頃には〜」


    なんてたしかにハッキリと発言していますが、
    ヘヴィメタル忘年会の経緯などをきく限り、
    日程・来日予定が決まっているわけではないみたいで。。


    でも、、、、期待しちゃいますよ!

     

    関連記事
    ヘヴィメタル忘年会に行ってきました。その1
    メタリカ来日公演が待ちきれないのでライブ映像を。
    『デス・マグネティック』完成直後のインタビュー(by伊藤政則氏)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ラーズ・ウルリッヒのコメントがあいかわらず
    周囲に波紋を呼んでいます。

    さすが広報担当ですw


    【Metallica 次回作はオンラインでリリース!?】


    メタリカが、次回作をオンライン限定でリリースする可能性を示唆した。
    9月に最新アルバム『Death Magnetic』をリリースし、レコード契約の
    満了を迎えたメタリカ。次回作に関しては、通常どおりレーベルから
    リリースする方法以外にも、あらゆる可能性を模索している最中だという。


    ドラマーのラーズ・ウルリッヒは、『ローリング・ストーン』誌に
    対してこう打ち明けている。


    「俺たちは今、レコード契約に縛られていない状態だ。次のアルバム
    ではその完全なる自由を享受できる。つまり、俺たちはやりたいことを
    何でもできるってワケだ。インターネットを使ってもいいし、
    何なら(米アイスホッケー選手の)アンディ・グリーンのレーベルから
    出すことだって可能なんだぜ」。


    一方、前作『Death Magnetic』が好評を博したメタリカだが、
    急いで次回作を出すつもりはないようだ。


    ラーズは続けてこう語っている。


    「次のメタリカのアルバムに関しては、そんなに焦るつもりはないね。
    今はまだ、前作でいろいろ経験して、その息抜きをしてる段階だからさ。
    でも4年か5年ごとに1枚出せば、それはそれで悪くないと思うけどね」


    vibe-net(2008-11-27)


     


    オンライン限定だとジャケットとかライナーノーツが見れない
    からちょっと嫌だな。。。


    でもレコード会社の思惑に縛られず創作活動ができるっていう
    のはミュージシャンとして理想の形でしょうね。


    新作も聞きたいけど、とりあえず来年こそ来日をお願いいたしたく。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ハードなライブがいつまでもつかと心配しちゃいますが、
    ライブツアー日程はこんな感じになっているようです。


    【ラーズ・ウルリッヒ、メタリカのツアー計画を明かす】


    ニューアルバム『Death Magnetic』をついに発表したメタリカ。
    アルバムが店頭に並べられた彼らの次のミッションが何だろうか?
    それはもちろんツアーだ。


    「俺たちは今までにやったことのないようなツアーをやるつもりだ」


    とドラムのラーズ・ウルリッヒは語った。


    「ツアー・スケジュールはクレイジーにハードだぜ。
    1週間演奏し続けたかと思えば、1週間の自宅暮らし。
    月、火、木、土、日と、週に5公演行なうわけだ。
    その後は帰宅し、通常通り子供たちを学校へ送って行ったり、
    サッカーの練習に連れて行ったり、宿題を見てやったりして、
    また次の週は5公演。そしてまた家へ帰り…ってな感じで、
    5ヶ月間は1週間働いて1週間のオフって生活を送るわけさ」。

     

    彼らの最初の1週間は、10/21にアリゾナ州グレンデールで
    スタートする。


    MTV News(2008-09-29)



    映画「SOME KIND OF MONSTER」でも家庭生活とライブ日程の
    両立についてメンバーで話し合うシーンがありましたが
    こういう形に落ち着いたようですね。


    ただ海外ツアーともなるとまた家にすぐ舞い戻るわけにも
    いかないしどうなるんでしょうかね。。



    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    新譜発売が終われば、次は来日公演を期待しちゃう
    昨今ですが、気になるメタリカニュースをひとつ。



    【Metallica いつまで続くかはメンバーの健康次第!?】


    メタリカのドラマー、ラーズ・ウルリッヒが、
    バンドの今後のライヴ活動に疑問を投げかけた。


    最新アルバム『Death Magnetic』を引っ提げ、
    まもなく3ヵ月におよぶ長期のUSツアーへと繰り出すメタリカ。


    結成から27年、メンバー全員40代半ばにさしかかった
    今もなお、圧倒的な高速パフォーマンスを誇る彼らだが、
    今後も引き続き高いレベルでライヴ活動を続けられるか、
    不安に感じているようだ。


    ラーズは『ローリング・ストーン』誌のインタビューで、


    「ローリング・ストーンズに、ブラック・サバス、エアロスミス。
    彼らの息の長さには、ただただ尊敬するばかりだ」
    と、


    音楽業界の現役の先達に敬意を表しながらも、


    「だが、(ストーンズのドラマーの)チャーリー・ワッツは
    (ラーズの超高速ドラムで知られるメタリカのナンバー)
    『Damage, Inc』を週に3度もプレイしないし、毎晩
    (同じくメタリカの高速ナンバー)『Whiplash』もやらないだろう」


    と、自分たちのパフォーマンスの特異性を主張。


    「このバンド(メタリカ)は長いこと続く可能性を持ってる。
    だが、もし誰かの腕や背中、もしくは首が悲鳴を上げて放棄
    しちまったら、どうなるかな…」


    と、気になるコメントを残している。



    vibe-net(2008-09-30)



    まぁそりゃそうだわな。。。


    メタリカのナンバーは年取ってからプレイするには
    キツすぎるもの多いからなぁ。。


    そういえば脱退したジェイソンも脱退理由を語った最初の
    公式コメントでは肉体的疲労を理由にしてたっけ。


    メンバー自身もそのときになるまではメタリカとしての
    活動をどうするかわからないといったところでしょうか。



    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ラーズらしい微笑ましいコメントもあり、な
    新作関連ラーズのインタビュー。


    【メタリカのラーズ、新作の素晴らしさを明かす】


    待望のニューアルバム『Death Magnetic』を、
    バンド史上最高の作品にすると約束してきたメタリカ。
    メンバーのラーズ・ウルリッヒがその根拠を明かした。


    ドラマーのウルリッヒが音楽サイト「MusicRadar.com」
    に語ったところによると、プロデューサーのリック・
    ルービンに言われて他のメンバーの演奏に耳を傾けたことで、
    ミュージシャンとしてより成長することができたそうだ。


    「俺たちにはこういう傾向があるんだ。『ドラムから
    始めて、これを加えて、それからこれと…』ってね」


    と彼は説明した。


    「家を建てるみたいに、ドラムを土台にして、
    それ以外はすべて後から付け加えていくんだ。
    だけど彼はそういうやり方ではなく、全員一緒に
    プレイして、お互いに作用しあうことを望んだ」。


    「自分は特に完璧なドラマーというわけではないよ」


    と彼は続けた。


    「だけど、ジェイムズ・ヘットフィールドのリズム
    ギターに対するドラムの役割を理解することだけは、
    超得意なんだ。その点では自分は世界一だって
    言い切れるね。まあ、俺的にはそれで十分だ」。


    ニューアルバムでラーズがどれほど素晴らしいプレイを
    披露しているかについては、本日リリースされた
    『Death Magnetic』をチェックしよう。


    MTVでは9月13日(土)午前11時30分初回放送の
    「MTV Weekend News」でメタリカを特集する。
    お見逃しなく!■


    MTV News(2008-09-12)



    JMZのリズムギターに対する云々のところは
    まさにメタリカサウンドの真髄といったところでしょうか。


    それにしても、、、MTVメタリカ特番かぁ。
    土曜は仕事の上に、ウチじゃMTV映んないよ〜泣

    観てぇ。。。


     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    おそらくRock Cityで放送されたと思われる
    ラーズ・ウルリッヒのインタビューをお届け。

    (ウチは神奈川テレビは映らないんですよね。。)

     

    BURRN!誌のインタビューとほぼまるかぶりですが
    ラーズの口から直接聴きたい方はこちらの
    日本語字幕付き映像をお楽しみください。



    doyさん、ご投稿ありがとうございます!


    管理人は本日11日に『デス・マグネティック』入手予定です!
    (SHM-CD盤を購入予定)

     

     

    作品名 amazonで
    購入
    HMVで
    購入
    デス・マグネティック〜ストロング・エディションデス・マグネティック〜ストロング・エディション amazonで購入 HMVで購入icon
    デス・マグネティックデス・マグネティック amazonで購入 HMVで購入icon
     

    このページのトップヘ