メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    カテゴリ: ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    既報通り(関連記事参照)、カーク・ハメット所有の映画ポスターコレクション展「It's Alive」が2017年8月12日から開催されます。これに伴い、ボストンの地元FM運営のwburによる同展覧会のプレビュー記事を管理人拙訳にてご紹介。

    0811_horror-posters-pem02

    1931年の傑作映画でのフランケンシュタイン博士の有名な喜びの叫びは、今、セイラムのピーボディ・エセックス博物館(以下、PEM)での新しい展覧会にぴったりのタイトルになった。
    0811_its-alive-2

    「It's Alive」はメタリカのリードギタリストであり、熟練のコレクターでもあるカーク・ハメットが数十年に渡って情熱をかけて集めてきた珍しいヴィンテージのホラー映画やSF映画のポスターを展示している。

    54歳になるミュージシャンは、気味悪くも素晴らしいポスターコレクションの種は早くにまかれたと語る。「5歳の時からホラー映画というジャンルに夢中になってきた」彼はそう振り返る。それは興味の入り口となった1962年公開の地球外の植物のような生き物が乗っ取りにかかる、背筋を凍らす白黒映画『The Day of the Triffids(邦題:トリフィド時代)』と出会った時のことだった。「あの瞬間から俺は夢中になったんだ」ハメットはそう語った。

    生涯に渡るファンとなった彼は1921年の『The Cabinet of Dr. Caligari(邦題:カリガリ博士)』から1979年の『Alien(邦題:エイリアン)』まで全てを網羅するオリジナルのホラー映画やSF映画のポスターを追いかけ、買い集め、保存することに取りつかれるようになっていった。

    100以上の新品同様の掘り出し物がPEMで展示される。こういった作品はほとんど現存していないため、(その価値を)証明するのだと語る。

    「これは俺の目標なんだ。過去25年くらいはこういった多くのポスター、特に1920年代と30年代のポスターには、どれだけ美しいデザインやグラフィックがあるかを認識を高めるものだった。」彼はそう語る。
    0811_horror-posters-pem07-1

    『Dracula(邦題:魔人ドラキュラ)』『The Mummy(邦題:ミイラ再生)』『Frankenstein(邦題:フランケンシュタイン)』は1931年から1932年の1年半のあいだに公開された。彼らはモンスターの妻子というスピンオフ作品を生み出した。40年代には『The Wolfman(邦題:狼男)』があり、「50年代には『It Conquered The World(邦題:金星人地球を征服)』みたいな不気味なSF映画が全て登場したんだ」とハメットは私に語った。

    彼のリストはまだ続く。

    ハメットは、スタイル、感情、そしてマーケティング手腕に精通しており、ヴィンテージのポスターにそれを詰め込んだ。もしこれらの作品の表現と共に時間を過ごせば、そういったものも発見することになるだろう。

    彼はこれらの作品がロマンス映画が興行収入を支配していた時代に作られたがために意味があり、ただ良質な恐怖以上のロマンチシズムと優雅さを伝えると信じている。ポスターはビジュアルを伝えるタイムカプセルのようなものだ。これらは今日我々がシネコンで観るようなものは一切ない。

    HAM-085博物館のギャラリーに入ると、まず『Frankenstein』と対面することになる。彼の巨大な赤い色の顔は6フィート(約180センチ)ものフレームという境界から半開きの眼で目線を送る。

    PEMのキュレーター、ダン・フィナモアは「It's Alive」をこう説明する。「このポスターは唯一現存するものの一例です」20世紀のハリウッド映画のためにたくさんのポスターが作られたが、ほとんどは破棄されてしまったと彼は語る。

    「これら多くのポスターはユニークなんです。その多くは非常に希少なもので、他のものには利用できないため、ほとんどの人が観たとは思えない代物なのです。」

    この1931年の『Frankenstein』のプロモーション広告は、映写室に封印されたためにたまたま生き延びた。フィナモアが語るところによると、70年代に発見されたのは、労働者たちが壁を突き壊した時だという。キュレーターによると、他のオリジナルの『Frankenstein』のポスターはこれまで発見されていない。

    海洋アートギャラリーで通常働いているフィナモアは、異世界がテーマの展覧会のための面白いキュレーターのリーダーとなっている。

    フィナモアはPEMが情熱的なエネルギーで斬新な展覧会を創り出そうとしていると説明した後、海洋コレクターがフィナモアとハメットを繋いだと言う。「(海洋コレクターの)彼が笑い始めて『あんたが会うべき人を知っているよ』と言ったんです」フィナモアはそう振り返る。

    今、フィナモアは自身が作っている展示に自身を駆り立てている。『Frankenstein』のポスターの横に立ち、モンスターの消すことのできないイメージに驚いている。

    数歩離れると、緑色でしわくちゃの、防腐処理によって乾燥しひび割れた顔の1932年公開『The Mummy』の驚愕のポスターに魅了される。「非常に抽象化された色彩が重ねられています。リトグラフの黄色・オレンジ・赤のクレヨンの色彩が彼の後ろに広がっているけれども、彼は実際には静かにしているように見えるのです。」フィナモアはそう評価する。

    キュレーターにとって、これらの展示されたアートワークは、個人的な反応を呼び起こす力を秘めており、それこそが博物館の目標だ。

    「いくつかのイメージでは、展覧会を歩いてコレクションを見ていくと、以前に観たことがあると気が付きました。しばらく自分の脳に留まっていたんです。何年か前にこれを観た時には自分の記憶には残っていなかったのに。まだ脳の中にあったんですよ。それが魅力的なものだと分かりました。間違いなく効果的な広告ではありますが、大きな影響力のあるアートでもあるのです。」フィナモアはそう語る。
    0811_horror-posters-pem03

    Original_Book_Images_-413フィナモアは、展覧会の説明をつけるため、何千ものハメット所有のポスターをくまなく調べ勉強したと語る。彼はホラーやSFファンを超えて、オリジナルの『The Mummy』や『Creature from the Black Lagoon(邦題:大アマゾンの半魚人)』や『The Crawling Eye(邦題:巨大目玉の怪獣/トロレンバーグの恐怖)』を観たことのない人たちにも伝わればと期待している。

    展示は、創造的なマーケティングツールとしてのポスターの進化を追っている。また冷戦時代のあいだにうつ病の不死身のモンスターから宇宙からの侵略者まで、社会的な恐怖がそれぞれの時代の映画のスクリーン上でどう繰り広げられていたのかを探っている。

    1951年の映画『The Day the Earth Stood Still(邦題:地球の静止する日)』で出てくる空飛ぶ円盤の音がギャラリーのある箇所でループ再生されている。ハメット所有の映画小道具や衣装のサンプルが遠くの惑星や汚れた沼地へと観覧者を誘う。また壁には映画のシーンが投影される仕掛けだ。

    しかし、フィナモアはこの展示はあくまでポスターが主役だと語る。メジャーのスタジオはアーティストが描いた作品に署名をすることを許さなかったため、これらのポスターに才能を注いだ彼らはほとんど知られていない。

    キュレーターは博物館のなかで一流のデザイン、油絵、リトグラフ技術に光が差すと考えている。

    「これらの作品たちは、適切に展示され、照明を当てられている。これはポスターが元々展示されていた状況とはまったく異なります。(そのままの展示では)あまりに多くのポスターがあるので、歩いていると人々は当たり前のように受け取っていたと思う。(こういう展示の仕方をすれば)これらの作品に反応して惹き込まれずにはいられないでしょう。」

    訪問者の反応に特に興味を持っているのは、最近PEMで働き出した神経科学者のスタッフ、テディ・アッシャーだ。興味深い?彼女は博物館が脳の研究とアートの共通点について意図的に関与する方法を探るために雇われた。

    「(作品を観て)『彼らの手は汗をかくのか?吐き気を催すか?』vs『実際に怖がっているか?』2つの反応を演技システムの反映として認識している」と彼女は示唆する。「それが私の好奇心の向かうところなんです」

    ハメットは自分のコレクションに反応する独自のやり方がある。

    「映画ポスターは音楽的なインスピレーションの絶え間ない源となっている。俺のギタープレイの多くはとてもダークなんだけど、これらの映画ポスターによってその滋養をもらっているんだ。」
    とメタルギタリストは語る。

    ハメットには『The Mummy』『Frankenstein』のポスターイメージが描かれたカスタムギターのコレクションもある。それらも展覧会で展示されている。しかし、これらがミュージシャンの家にある時、ハメットは弾きながらそれらの魅惑的な顔を眺めるのが好きなのだ。
    0811_horror-posters-pem10

    「It's Alive」はPEMにて8月12日から開催される。8月19日にはハメットが出席して、サイン会とパフォーマンスイベントを行う予定だ。

    wbur(2017-08-11)

    PEMと姉妹館提携をしている大田区立郷土博物館によると、常設展には日本美術展示室もある模様。
    http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/manabu/hakubutsukan/kyoudohakubutsukan_pem.html

    今回の展示図録はネット販売されていますが、北米(アメリカ、カナダ)のみ対応とのこと。
    ItsAliveHorrorMoviePosters_Kirk_4081
    https://pemshop.com/products/its-alive-classic-horror-and-sci-fi-movie-posters-from-the-kirk-hammett-collection

    【追記】
    会期中、同博物館にて、カークの出したコレクション本「Too Much Horror Business」のサイン付き特別帯添付版や限定のモンスターピンが発売されるとのこと。
    20688180_331684677278705_1122442230536077312_n
    20633900_270527840099468_131386236450373632_n

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    2017年8月、ピーボディ・エセックス博物館にてカーク・ハメット所蔵の映画ポスター展開催

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    8月11日から13日に渡ってカリフォルニア州ゴールデンゲートパークで行われる「Outside Lands Music Festival」でdailymotionでストリーミング配信が行われています(当記事更新現在、初日のストリーミング配信中)。

    outsidelands2017

    メタリカの出演は2日目の8月12日。公式タイムスケジュールに従えば、日本時間で8月13日午前11:55から13:55まで。当日の予定時間押しや他ステージ中継も考えられるため、フル中継とはいかないかもしれませんが、dailymotionのページで当日の配信予定が掲載されるようです。


    Outside Lands Music Festival 2017 - Official Live Stream

    【追記】
    LiveXLiveでも別ステージを配信。
    http://www.livexlive.com/

    メタ地獄さん、情報ありがとうございます。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、アウトサイドランズ・フェスティバルへの出演決定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    北米ツアーでカナダを訪れた時にラーズ・ウルリッヒが「Voir」誌のインタビューで『Master of Puppets』のリマスター盤のリリースについて次のように答えていました。BLABBERMOUTH.NETによる英訳を管理人拙訳にて。

    metallica-lars-ulrich;1440x576

    たぶん後で出るはずだよ・・・この年末に出せるかどうかわかるだろう。もうすぐだよ。俺たちは取り組んでいるんだから。『Master of Puppets』に関するものはたくさんある。大がかりなプロジェクトなんだ。多くの時間を『Hardwired...To Self-Destruct』とかに注いできた。でも『Master of Puppets』は間違いなく次にやることだ。願わくば今年後半。でなきゃもう少し後ってところかな。

    BLABBERMOUTH.NET(2017-08-08)

    インタビュー動画はこちらから(リンク先ページ下部)。
    https://voir.ca/chanceuxqueteux/2017/08/08/metallica-entrevue-exclusive-lars-ulrich-montreal/

    【追記】
    Ultimate-Guitar.comでインタビューの前半が紹介されていたので、管理人拙訳にてご紹介。

    −「Banzai Records」で1985年にリリースした『Ride The Lightning』には曲のスペルミスがあったことについて覚えていますか?

    「For Whom The Bells Toll」か、なるほどね(訳注:正しくは「For Whom The Bell Tolls」)。当時、俺たちはレコードを制作できてとても嬉しかったんだ。「Bernett Records」から出たバージョンの『Ride The Lightning』がフランスにあるんだけど、それは緑色をしていた。

    当時、たくさんの資金がないなかで、彼らはやらねばならないことを情熱を持ってやっていた。彼らがメタリカを信じてやってきたなかでこういうことが起きてしまった。この手のことは消えない。メジャーレーベルではなかったしね。もちろんBanzaiの頃は良い時代だったし、感謝しているよ。

    33年後にここでトレーラーのなかで一緒に座っているなんて誰が思ったかい?エアコン付きトレーラーでさ。実に贅沢なことじゃないか(笑)


    −昔、あなたはレコードコレクションを売ったというのは本当ですか?

    7インチのシングルやEPを確かに売ったよ。ボックスをジョン・ストレドナンスキー(John Strednansky)ってヤツに300ドルで売ったんだ。食べていくお金が必要だったからね。それで食えたんだ。それ以来、シングルの一部を買い戻した。でも当時はしなきゃならないことをしなきゃならなかったわけ。


    Ultimate-Guitar.com(2017-08-10)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ「『Master Of Puppets』のリマスターはうまくいけば来年出すつもり」

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    CBSNewsでのメタリカのインタビュー記事。今回のツアーやライヴ中の感覚について語っています。管理人拙訳にてご紹介。

    メタリカは1年半のワールドツアーの真っ最中。アメリカ、アジア、ヨーロッパに渡って96のライヴを行っている。「WorldWired Tour」は、8年ぶりの北米ツアーであり、20年ぶりのスタジアムツアーだ。1983年にデビューして以来、1億1000万枚のアルバム売上げを記録している。

    巨大なステージは設営に3日かかるが、各々のショーは小さな部屋で始まる。ドラムセット、3つのマイク、2つのサウンドモニターには十分な広さだ。ショーの1時間前にはスタジアムの奥にある「チューニングルーム」と呼んでいる部屋にメタリカは集まり、勘を取り戻し、お互いを確かめ合う。

    メタルの巨人にとって、それこそが狭いスペースに詰め込まれた4人の男がジャムをしたり、ブラブラ過ごしたり、友だちとおどけたりしていた、あのガレージバンドの本質に戻っていくやり方なのだ。メタリカの場合、この時間はショーごとに変わっていくレアな曲を練習するためにも使用されている。

    「セットリストはかなり変えているからね」ラーズはCBSNにそう語る。セットリストを決める際、「同じセットリストは二度とやらない。だからいつも数週間くらいやっていない曲は常にウォームアップしているんだ。」

    ラーズはショーごとにセットリストを作っている。それは驚くほど系統立ったプロセスだ。「過去10〜15年間、デトロイト公演の全ての統計に目を通している。そこでどんなレアな曲をやっていたのか?そうやって俺は同じ曲をやっていないことを確かめるんだ。」

    ライヴで欠かせない数少ない曲の1つが「Master of Puppets」だ。ファストでメロディックで複雑な9分の曲はギタリスト、カーク・ハメットを完全に夢中にさせる。

    「自分で演奏しているものに夢中になる。演奏していると、観衆がそこにいるってことを忘れてしまうことがよくあるんだよ。クレイジーだね。ショーのあいだだけそんなことが起きるんだけど、ふと我に返ってまた観客を意識するんだ。」


    フロントマンであり、作詞家でもあるジェイムズ・ヘットフィールドの場合、いつも観衆によって観衆が夢中になることをいつも意識している。

    「俺が書いた曲を誰かがわかってくれていると心底わかると、とても繋がっていると思う。」ジェイムズは語る。「俺は特に若い時に、とても疎外感があって怒りに満ちていた。6万人もの人たちが俺の頭の中の狂気を一緒に歌っている。そうなると繋がっていると思うし、何というか説明のしようがない。同じ一員だという感覚だったり、同じ方向を向いているという感覚だったり、繋がっているという感覚だったりするんだ。」

    バックステージから、ドラマーのラーズ・ウルリッヒは観客との深い繋がりを感じている。「4万5000人だろうが、450人だろうが、裏庭の4人だろうが、バンドと観衆が一体となって、ひとつに感じることができれば、俺たちの一番の目的は達成されたってことだ。」

    でもどうやってスタンド席までファンで埋まった野外スタジアムでそんなことができるのだろうか?「俺は1000ヤードの凝視と呼んでいるんだ。」ラーズはそう語る。「皆を巻き込んでいかないといけない。皆をよく観て、巻き込んでいく。人々をもっと近づけるようにするんだよ。」

    CBSNews(2017-07-31)
    公開された動画ではメタリカの公演前の様子を紹介。ジェイムズのお茶目な一面も(笑)
    CBSN_metallica

    動画はこちらからどうぞ。
    http://www.cbsnews.com/videos/even-in-the-biggest-stadium-metallica-kicks-off-in-a-tiny-warm-up-room

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、韓国ソウル公演から「Worldwired Tour」アジアツアーをスタート
    メタリカ、「Worldwired」北米ツアー日程を発表
    メタリカ、2018年までの「Worldwired Tour」ヨーロッパツアー日程を発表
    メタリカ、北米版「Worldwired Tour」をスタート
    ラーズ・ウルリッヒが語る「Worldwired Tour」の演出

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2017年7月20日に亡くなったリンキン・パークのヴォーカリスト、チェスター・ベニントンについてインタビューでコメントを寄せました。NMEの記事から抜粋引用にてご紹介。

    lars_klos

    ロサンゼルスのラジオ局「95.5 KLOS」のインタヴューの中でチェスター・ベニントンと彼の音楽についてあたたかい言葉を寄せている。「チェスターはすごくやさしくて、すごく謙虚で、すごく寛大な人でね、広い心の持ち主だったんだ」

    「初めてリンキン・パークを聴いた時……彼によるパワーはただ信じられなかったね。それはすごくオリジナルで、唯一無二のものだった。彼は類稀な才能を持ったシンガーの一人で、彼が歌うあらゆる言葉は正真正銘のものだったんだ」


    ラーズ・ウルリッヒはメタリカとリンキン・パークが行った「サマー・サニタリウム」ツアーについても触れている。「あいつらは全員素晴らしい連中でね。彼らの全員と遺族にお悔やみを申し上げたいね」

    「何にも増して思うんだけど、再確認させてくれたと思うんだ。安っぽく聞こえないといいんだけど、その瞬間を最大限生きなきゃいけないし、今を生きなきゃいけないんだよ」とラーズ・ウルリッヒは続けている。

    NME(2017-08-01)

    インタビューの全編動画はこちらから。冒頭ではメタリカのTOP3の思い出について、モスクワ公演、1991年のグラミー賞、そしてこのインタビューと冗談を交えて語っています。


    またジェイムズ・ヘットフィールドも7月29日に行われたLA公演にて「The Unforgiven」の後、クリス・コーネルの時と同様、「We forgive you, Chester.」とチェスターについてメッセージを寄せています。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ロバート・トゥルージロ、故クリス・コーネルに捧げる「Black Hole Sun」を披露
    ジェイムズ・ヘットフィールド「俺たちアーティストのほとんどは脆いし不安定」

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカをメジャーレーベルのエレクトラと契約させたA&Rマン(アーティストの発掘・契約・育成とそのアーティストに合った楽曲の発掘・契約・制作を担当)として知られるマイケル・アラゴのドキュメンタリー映画『Who The F**k Is That Guy? The Fabulous Journey Of Michael Alago』が2017年7月22日にハリウッドにて初上映されました。

    michaelalagomovieposter

    監督は『The New York Hardcore Chronicles Film』『xxx All Ages xxx: The Boston Hardcore Film』などハードコアシーンを描いた映画で知られるドリュー・ストーン。(写真左からドリュー・ストーン、マイケル・アラゴ)
    drewstonemichaelalago

    映画の内容はニューヨークのセックス・ピストルズことデッド・ボーイズのファンクラブ運営から伝説のナイトクラブ、リッツ(Ritz)の出演交渉担当の座を手に入れ、エレクトラ、ゲフィンなどのメジャーレーベルのA&Rマンとして渡り歩いたマイケル・アラゴの半生を追ったドキュメンタリー。

    映画予告映像としてメタリカの他、マイケル・アラゴと契約に関わったアーティストたちのインタビューなどが公開されています。




    日本公開は未定ですが、字幕なし映像はiTunesで購入可能とのこと。
    https://itunes.apple.com/us/movie/who-the-f-k-is-that-guy/id1255478231

    マイケル・アラゴがどうメタリカと関わっていったのかは以前ご紹介したラーズの伝記本(関連記事)をご覧ください。

    【追記】
    『マイケル・アラゴのロックな冒険』というタイトルでNetflixにて配信が開始されたとのこと。
    alago
    https://www.netflix.com/jp/title/80173269


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ、コペンハーゲンからの快進撃
    ラーズ・ウルリッヒ、コペンハーゲンからの快進撃(2)
    ラーズ・ウルリッヒ、コペンハーゲンからの快進撃(3)
    ラーズ・ウルリッヒ、コペンハーゲンからの快進撃(4)
    ラーズ・ウルリッヒ、コペンハーゲンからの快進撃(5)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    アイオワ州のラジオ局「Lazer 103.3」の番組に出演したジェイムズ・ヘットフィールドがインタビューに答えていました。BLABBERMOUTH.NETの文字起こしを管理人拙訳にてご紹介。

    artworks-000227839841-kbuoxh-t500x500

    −メタリカファンのネット上のコメントについて

    俺にはミュージシャンやアーティストや創造的な友人がたくさんいる。俺は彼らに言うんだ。「コメントは読むな。ただ読むなと。昨今自分のなかで確たるものがあると感じない限りはね。俺たちアーティストのほとんどはかなり脆いし、不安定なものなんだ。俺たちはそこから音楽によって強くなり、大丈夫だと感じる。

    でも時に人は・・・知っての通り、誰かが歌詞についてこんなこと言う。「あ痛っ!あれは俺の心にグッときたよ、参ったね!」だから俺が言うのは、そういうものを読んだ時、信じられないんだ。ただ信じられないのさ。ほとんどの人は・・・送信ボタンを押すだけの本当にたやすいこと。それは俺もわかっている。でも俺たちはそういったものから多くの素晴らしいコメントももらっている。さながら部屋に数匹の闘犬を放すようなものだ。それで成り立っている。特にメタリカのサイトでは、人々が・・・行ったり来たりだ。情熱さえあれば、それだけが本当に重要なんだ。


    −メタリカが絶えず変化を続けていることについて

    俺たちにとって次なるものが何なのか俺にはわからないし、それは素晴らしさでもある。どんなことが起ころうとも、挑戦だったり、何かが見えて、試してみたいと触発されるものだったりするものが現れるだろう。それが次のレベルへと引き上げてくれる。

    俺が思うに、今俺たちが楽しんでいるのは全て演奏することなんだ。特に新しい曲をね。そう、俺たちはある時点で「Spit Out The Bone」までやるだろう。でも自分たちがやっていることを別次元で楽しむことだね。本当に説明しにくいんだけど、俺にとっては、今や別次元のことなんだ。演奏している時、観衆と共にしているから、そこからエネルギーが行ったり来たりしている・・・以前はそこまで感じたことがなかったけど、今はもっとそう感じてきているし、ますます良くなってきているよ。

    だからそういった場でプレイして新顔、若い人たちの顔、昔なじみの顔を見るのはとても楽しいものがあるね・・・「俺の親父が来てるんだけど、このなかで最年長になるだろうね。」って言う友だちがたくさんいるよ。「親父さんは何歳なんだ?」「65歳さ」「いや残念だね。全然そんなことないよ。いいかい?ここには80何歳かの人がいるんだから。」って具合だ。みんな歓迎するし、俺たちがやっていることを気に入っているよ。


    BLABBERMOUTH.NET(2017-06-15)
    インタビュー全編はこちらから。


    アーティストの脆さという意味では、先日のクリス・コーネルの訃報について訊かれてジェイムズは次のように答えていました。(NMEの記事から抜粋)

    「そうだな。あのニュースを聞いて、自分の周りの人たちにハグしたくなったよ。本当にね。バンドメイトや周りにいた家族、家で待つ家族にね。今回の一件で、誰しもが自分自身にある闇に出くわして、それに捕まってしまったような心地になってしまいかねないんだってことを気付かされたよ」

    「そして、そうなってしまったらーー少なくとも俺は時々自分の闇の深さを思い知るんだけどさーー自分の闇の中に入ってしまったら、そこには自分を救ってくれる誰かがいることや、前にも乗り越えたことのある闇だってことに気が付くのは難しいんだよ。時には本当に自分を喪失してしまうことだってある。当然、俺には……クリス・コーネルが何に苦しんでいたかは分からない。けどさ、俺たちは誰しもが自分の闇を抱えているんだよ。お互いにチェックしないといけないんだ。お互いにチェックし合うんだよ。お互いが元気にやれてるか確認するんだ」


    NME(2017-05-25)
    こちらのインタビュー全編はこちらから。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ロバート・トゥルージロ、故クリス・コーネルに捧げる「Black Hole Sun」を披露
    ラーズ・ウルリッヒにエグイ質問をぶつけるとこう答える。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    アメリカのおもちゃメーカー、FUNKOからFUNKO POP!シリーズの新作としてメタリカのメンバー4人のフィギュアが発売されるとのこと。Metallica.comにて予約を受付中です。価格は4体セットで43.96ドル(約4870円)、単品で10.99ドル(約1220円)※いずれも送料含まず

    MetallicaFunkoPop

    ロバート以外はブラックアルバム当時の風貌のようです。

    送料を考えると日本版が出るのを待った方が良いかもしれませんが、確実に入手したい方はこちらからご予約を。
    https://www.metallica.com/store/accessories/13058/funko-pop-rocks-metallica-complete-set

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ゾンビ版カーク・ハメットのフィギュア、Tシャツ、ポスターが発売中
    サマソニ当日に原宿で行われたカーク・ハメットのサイン会レポ

    このページのトップヘ