メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    カテゴリ: ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    早いもので2016年も年の暮れとなりました。今年のメタリカはとにかく『Hardwired...To Self-Destruct』発表に尽きます。

    メタリカのヨーロッパでのプロモ活動や北米でのライヴ、そして怒涛のインタビューとSNS全方位発信にチェックしきれていないものがかなりありました。拾いきれなかったいくつかのネタを国内の他サイトでのリンクでフォローしておきます。

    tallica_2016

    発売されなかった幻のメタリカのゲームの映像が発掘される
    http://www.gizmodo.jp/2016/10/unreleased-metallica-game-footage.html

    メタリカのカーク・ハメット、今後カヴァー・アルバムを制作したいという思いを語る
    http://nme-jp.com/news/29589/

    メタリカに囲まれる幸せが味わえる360度のリハーサル映像
    http://www.gizmodo.jp/2016/11/360-degrees-metallica-rehearsal-video.html

    メタリカTシャツを着たセレブたちをメタリカのジェイムズがファッションチェック!
    http://www.gizmodo.jp/2016/11/james-hetfield-of-metallica-reacts-to-celebrities-wearing-metallica-t-shirts.html

    メタリカのラーズ「リアーナはネクスト・レベル」
    https://www.barks.jp/news/?id=1000136186

    メタリカ、新作リリースを記念してBABYMETALからお祝いコメントが到着
    http://nme-jp.com/news/29612/

    メタリカ、世界57ヶ国で1位
    https://www.barks.jp/news/?id=1000135343

    メタリカのジェイムズ・ヘットフィールド、アデルのライヴを観た際の衝撃を語る
    http://nme-jp.com/news/29818/

    メタリカ、10歳の少年による新作収録曲のドラムのカヴァー映像に賛辞を送る
    http://nme-jp.com/news/30095/

    メタリカとザ・ルーツが子どもの楽器で『Enter Sandman』を熱演
    http://www.gizmodo.jp/2016/11/metallica-and-the-roots-and-jimmy-fallon-performs-enter-sandman-with-school-instruments.html

    メタリカのジェイムズ・ヘットフィールド、自分たちは上手いミュージシャンではないと語る
    http://nme-jp.com/news/30378/

    メタリカvsファン! メタリカにまつわるクイズで対戦
    ※メタリカのロゴにまつわる逸話も必見
    http://www.gizmodo.jp/2016/12/metallica-superfan-quiz.html

    メタリカ、アメリカのスーパーマーケットで“Enter Sandman”を熱唱
    http://nme-jp.com/news/31119/

    メタリカのラーズ・ウルリッヒ、マクフライの2人が描いた絵本を朗読
    http://nme-jp.com/news/31382/


    メタリカのSNSアカウントでは怒涛の発信が行われていました。とりあえずYouTubeとInstagramで観れていなかったものについては正月休み中にチェックしておきます(笑)

    https://www.youtube.com/user/MetallicaTV

    https://www.instagram.com/metallica/


    そして、まだ訳しきれていないインタビューもいくつかあるので、年明けにポツポツ紹介できればと思います。それでは、良い年をお迎えください!

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    開発中止となったメタリカのゲームがかっこよすぎる件。
    本日(11月16日)23:00より、メタリカのメンバーがドイツ各地に分かれて質問にライヴチャットで回答
    メタリカの韓国公演にBABYMETALがゲスト出演
    レディースファッションブランド、ジーナシス(JEANASIS)でメタリカTシャツ発売、女性有名人のメタリカTシャツ着用例

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカのLINE公式アカウントが開設されました。2017年の「Worldwired」ツアーの様子などが投稿されるとのこと。

    ぜひ「友だち追加」を。

    https://line.me/R/ti/p/%40metallica
    metallica_line

    Universal Musicより(2016-12-24)

    SNS全方位作戦といった様相です。

    【追記】
    「友だち追加」するとこのような返信が返ってきます。
    metallicaline01

    Yokoさん、情報ありがとうございます!

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、写真共有アプリInstagramのアカウント開設
    MetClub公認日本支部「'Tallica Japan(タリカジャパン)」Facebookページ開設

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    先日の記事でInstagramの更新をやめた理由を話してくれたジェイムズ・ヘットフィールド。同じインタビューのフルバージョンが掲載されていたので管理人拙訳にてご紹介。※Instagramの件は先日ご紹介したので割愛しました。関連記事からどうぞ。

    jameshetfield_tronto

    メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドと言えども、いつも曲を間違えないわけではない。今週初めに行われたトロントのオペラハウスでの小規模のショーで「Fade To Black」のオープニングのリフを披露した時それは起こった。よく似たイントロの別の曲「One」を弾こうとしていたのだ。彼は笑って再び演奏を始めた。

    「そこにいた全てのブラザーたちに言える事実は、もし何か間違えてしまった場合『OK、俺たちはこの瞬間を一緒に楽しめるな』ってことだな(笑)」彼はその後、ホテルの部屋でこう笑って話した。

    「自分自身を笑わせることができ、ステージでやらかしたことを受け入れて、それが自由だと話すんだ。」

    ヘットフィールドとバンドメンバーは、火曜日にトロントで「Daily Bread Food Bank」のための慈善コンサートを開催した。収容人数950人の会場はあふれんばかりに人で埋まり、ファンは2度目のメタリカのステージでロックする準備は整った。

    ヘットフィールドはカップに入ったお茶を飲みながら、カナダやアメリカのアルバム売上チャート上位にいる最新アルバム『Hardwired...To Self-Destruct』、そして彼がソーシャルメディアをなぜ放棄したのかについて「The Canadian Press」に話した。

    Canadian Press(以下、CP)
    メタリカは小さな劇場ではそう頻繁にライヴを行いません。会場全体を見渡してどうでしたか?

    ヘットフィールド
    そこには何人かの変人がいたんだ。俺たちを含めてね。俺に必死に突っ込んできて(中指を立てて)こうしてくるヤツがいたね。あれは「イカしてるな!」とかそういう意味だったんだよ昔は。でも今はちょっと違うかもしれない。「この曲は好きじゃないのか?」って思ったよ。俺はそいつの顔をかがめさせて、こうやった(手で悪魔の角を作って)。そして「OK、みんないいよ!」って具合だな。

    CP
    フードバンク(※)のためにショーをやろうと決めたのはなぜですか?
    ※賞味期限を過ぎてないにも関わらず処分される食品を食べ物に困っている施設・人に届ける活動

    ヘットフィールド
    (2008年から2010年に)俺たちは『Death Magnetic』ツアーをやった。ギグでケータリングしていて残ったものをどこかに持って行っている(ように決めた)。それからそういう風になった。その土地を支援することは実際、自分の環境を改善するのに最適な方法なんだ。だからその土地のことをやるのは気に入っているよ。

    CP
    どういった慈善団体がふさわしいか話したりするんですか?

    ヘットフィールド
    俺たち4人は世界についてさまざまな意見を持っていて、助けたいと思っていることも違っている。だから俺たちは交代でやっていくだろうね。(フードバンクについては)俺たち全員が貢献できて心地よく感じているように思うよ。あれは頭を悩ます必要のないことだよ。政治的なものは何もないし、下心もない。「人がいて、飯があったら、最高」ってなもんだ。

    CP
    あなた方の慈善コンサートは、流通市場の転売者によって引き上げられたチケット価格に関する論争を引き起こしました。そんなことが起きていることに不満を感じますか?

    ヘットフィールド
    それはそいつらのカルマだろ。下心を持っているヤツはいつも存在していて、そいつらはできるだけ多くものを手に入れようと買い漁る。それは止められない。ファンには気をつけろって言うよ。これについては賢くならないと。

    CP
    Ticketmasterや他のチケット販売業者は大量の転売を防ぐために、より多くのテクノロジーを実装する責任があると思いますか?

    ヘットフィールド
    テクノロジーは確かにその助けにはなるだろうね。まぁオンラインでのセキュリティーに関する特定のことでは機能する・・・俺にとっては飛行機に乗ることが難しくなってるよ。これ以上何もできないとは信じがたい。Stubhub(チケットを売りたい人買いたい人を繋げるマッチングサイト)とかみたいに合法な転売もあるし、イライラするね。突然「おぉ、俺たち1万枚もチケットが売れたんだ。で、そのチケットはどこいったんだ?同じ場所へ?そりゃ面白い」ってさ。俺たちはそのことに気づいているし、やれることはやっているよ。結局、ファンがひどい目にあったら、俺たちがひどい目にあう。そんなことは起こるべきじゃない。

    CP
    (カナダ出身の)ニッケルバックは厳しい一週間を過ごしました。プリンスエドワードアイランド州の警察が冗談でFacebookに飲酒運転の罰としてバンドの音楽を聴かせることを約束すると投稿していました。メタリカにはあなた方の方向性を気に入らないリスナーから否定的な反応があります。反発を避けるプレッシャーを感じたことはありますか?

    ヘットフィールド
    それは確かに避けることのできる罠だね。俺が言わなきゃならないのは「俺たちはアーティストだ、おしまい」ってだけ。俺たちは何をするにしても、出来る限り最高の曲を作ろうとしている。もし曲が気に入らないのなら、わかった。レコードは買うな。俺たちを観に来るな。フォーラムとかチャットサイトを思い出すよ。自分が何者かを言わないし、面と向かっては言わないであろう、狂った偽りの世界。(例えて言うなら)闘犬を2匹連れてきて、部屋に投げ込んで扉を閉めてそこを去る。そんなようなものを他の人に見せてもらうんだ。

    (中略)

    CP
    今回のアルバムは前作から8年の歳月がありました。今日の音楽業界で言えば一生涯モノです。次回は制作過程の速度を上げたいと思っていますか?

    ヘットフィールド
    俺たちは確かにこのアルバムを楽しんでいるし、ライヴでやるにはいくつか練習する必要があるけど、俺は8年待たせずにいきたいね。そんなに長いと思わなかったけど、じっと家で待ってるファンにとってはね、(長いということは)よくわかっているよ。「南極公演なんてやめてくれよ!」ってことだろ。

    CP
    ニューアルバムの制作を開始する時期というのはどうすればわかるのでしょうか?

    ヘットフィールド
    ほとんどの場合、ラーズと俺が膝を突き合わせて話し始める。「俺たちはアルバムを仕上げたけど、それ以降はまっさらの状態が必要だ。集中するために予定を入れるのは止めて、リフボックスを開こう」ってね。一度それを開けてしまったら、もう止められない。

    CP
    あなた方は今やメタリカで35年ですよ。何がモチベーションとなっているのでしょう?

    ヘットフィールド
    音楽は俺の人生を救っている。毎日だ。自分を正しい軌道に乗せるのを助けている。完璧主義がもしかしたら俺たちを動かすのに役立っているかもしれないね。俺はいつか究極のリフを書き、究極の歌詞を書けるのを待っているんだ。まだ何かを追いかけている。これは中毒だね、間違いなく。

    MetroNews(2016-12-02)
    2016年11月29日にトロントで行われた慈善コンサートから「Fade To Black」。


    「The Call of Ktulu」のリフから始まっていますが、引用記事中に「One」と間違えたというのはこの映像の前の話なのでしょうか。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ジェイムズ・ヘットフィールド、Instagramの更新をやめた理由を語る

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2017年1月11日(水)に韓国ソウルの高尺スカイドームで行われるメタリカの公演で、BABYMETALがゲスト出演するとのこと。

    metallica_babymetal_korea

    これまでもフェスでの共演やバックステージでの接触などはありましたが、メタリカ単独公演でのゲスト出演は初めて。
    kirkhammett_babymetal

    BABYMETALは現在、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのOAとしてツアーに帯同しており、メタリカの韓国公演の後はガンズ・アンド・ローゼズ来日公演のOAも決まっています。

    メタリカはレッチリと同じマネジメント会社(Qプライム)なだけにレッチリのOAが決まった時には、メタリカも時間の問題だろうとは思っていましたが、思っていた以上に決まるまで早かったですね。

    BABYMETALは過去、サマーソニックの時にジェイムズの描く「Scary Guy」を模したTシャツ、その後もBIG4を模したTシャツなどを作っていますが、今回はどんなデザインがお目見えするのでしょうか。そしてカーク以外のメンバーとの写真撮影はあるのでしょうか。そしてどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか。(と書きつつ、管理人は韓国公演に行けないのですが・・・)
    babymetal_tshirts
    kirkhammett_babymetal2

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、2017年1月に韓国ソウル公演決定
    2013年8月11日サマーソニック メタリカ ライヴレポ(最前列狂乱版)
    ロス・ハルフィン氏、過去に撮影したレア写真をinstagramで投稿宣言

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカの新曲「Hardwired」がグラミー賞のベスト・ロック・ソング部門にノミネートされました。HR/HMカテゴリーのノミネートは以下の通り。
    59thGrammy

    Best Metal Performance
    「Shock Me」 Baroness
    「Silvera」 Gojira
    「Rotting In Vain」 Korn
    「Dystopia」 Megadeth
    「The Price Is Wrong」 Periphery

    Best Rock Performance
    「The Sound Of Silence」Disturbed
    「Joe」Alabama Shakes
    「Don’t Hurt Yourself」 Beyonce Featuring Jack White
    「Blackstar」 David Bowie
    「Heathens」 Twenty One Pilots

    Best Rock Song
    「Blackstar」 David Bowie, songwriter (David Bowie)
    「Burn the Witch」 Radiohead, songwriters (Radiohead)
    「Hardwired」 James Hetfield & Lars Ulrich, songwriters (Metallica)
    「Heathens」 Tyler Joseph, songwriter (Twenty One Pilots)
    「My Name Is Human」 Rich Meyer, Ryan Meyer & Johnny Stevens, songwriters (Highly Suspect)

    Best Rock Album
    「California」 Blink-182
    「Tell Me I’m Pretty」 Cage the Elephant
    「Magma」 Gojira
    「Death of a Bachelor」 Panic! at the Disco
    「Weezer」 Weezer

    Grammy.com(2016-12-06)
    「Hardwired」


    グラミー賞授賞式はアメリカ東部時間2017年2月12日(日)20:00(日本時間2017年2月13日(月)午前9:00)からロサンゼルスのステイプルズ・センターで行われます。

    ちなみに授賞式の模様は今年もWOWOWで放送予定です。(2017年2月13日(月)午前9:00〜)



    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    グラミー賞2014にてメタリカ&ラン・ランで「One」を共演。
    ジェスロ・タルのイアン・アンダーソン、メタリカが逃した1989年のグラミー賞について語る。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    カーク・ハメットがメタリカと元メンバーであるデイヴ・ムステインとの関係について語り、その発言にムステイン本人が反応という出来事。まずはBARKSさんの記事で経緯を転載。

    hammett_mustaine

    ポッドキャスト『World Of Wheeler』に出演したハメットは、ムステインとメタリカの現在の関係を問われ、こう答えた。「デイヴのことは、俺はデイヴとの間に問題を抱えたことはない。俺はずっとデイヴのことを、メタリカとの状態についてものすごい悲しみ、そして怒りやフラストレーションを感じてきた人だと思っていた。彼はそれらを解き放つことができなかった。俺はいつだって彼に多くの共感や、彼が怒っていることに理解を示してきた。生涯の女性が去っていったのに等しい。バンドから追い出されたってことはさ…。俺は追い出されたことはないが、それがひどい体験だっていうのは想像できる。とくに、ものすごく情熱を持っていたバンドだったら。だから、俺はデイヴの窮状が理解できる」

    「でも、こうも言っておくよ。俺らがフィルモアで30周年記念公演(2011年12月)をやったとき、『Kill ‘Em All』の曲を一緒にプレイしようとデイヴを誘い、彼との共演はものすごくよかった。デイヴがギター・ソロをプレイする間、俺はジェイムスのところへ行き、彼とリズムのパートをプレイした。俺はそれに全く問題なかった。それに、俺はデイヴの顔や態度から、これが彼にとってスーパー・デトックスになっているのが見て取れた。彼の助けになっていることがわかったよ。それに、あれ以降、デイヴと俺らの関係はちょっと良くなった。俺は、癒える必要のあった傷が癒えたんじゃないかと思いたい」

    この発言を知ったムステインは日曜日(12月4日)、こうツイートした「俺は、@KirkHammettをものすごくリスペクトしているし、彼の見解に感謝している。彼はほとんど100%正しい…九分通りだ。彼の幸運を祈る」
    mustaine_comment_kirk

    BARKS(2016-12-05)

    ほとんど(almost)というのがちょっと引っかかるなぁと思っていたら、大佐は上記のツイート前にこんなツイートをした後、数分後に削除していた模様。

    mustaine_comment_kirk2
    これでカークがどう言っているのかわからないけど、もし俺がMetallicaから解き放たれることができないなんてことを言っていたとしたら、とても悲しいことに誰かが間違っているね。

    RockFeed(2016-12-04)
    カークの発言を確認する前にツイートしていますが、おそらくフィルモアのずっと前からメタリカに対する悪感情やこだわりはないということを言いたかったのかもしれません。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    デイヴ・ムステイン「カーク・ハメットはいいギタリストだと思っている」
    デイヴ・ムステイン「ジェイムズにメタリカ復帰を誘われたらどうする?」の問いに回答
    デイヴ・ムステインがメタリカのロックの殿堂入りを祝福。
    スコット・イアン、メタリカのデイヴ・ムステイン解雇、カーク・ハメット加入の逸話を語る。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    TVK(テレビ神奈川)の「伊藤政則のROCK CITY」2016年12月2日放送分からラーズ・ウルリッヒのインタビューの続きを。これまで同様、ラーズ・ウルリッヒの表情とともにご紹介。

    lars_03_01

    −『Death Magnetic』の曲に比べるとニューアルバムの方がバンドのライヴ感、ライヴのグルーヴ感を強く感じるのはなぜだと思いますか?

    僕もそう思うね。(しばらく考えて)グレッグ・フィデルマンのおかげだ。ここでレコーディングしてその時のマイクもまだ立っているし、セッティングがほとんど変わっていない。もうずっとグレッグが僕らのライヴものをミックスしてきたから、どうしたらMETALLICAのサウンドがベストな状態に聴こえるのかわかっている。

    このアルバムのサウンドというのは・・・また言うけど僕はリック(・ルービン)が大好きで仲の良い友達だから、悪口みたいな事は一切言いたくないんだけど、リックはもう少しドライなサウンドにしたい人なんだ。もっと中音域が活きたサウンドというか、僕らはもっと広大なサウンドにしたかった。このマイクを見るとわかると思うけど、この部屋の音環境を上手く活かしている。僕らは自分達のサウンドをもう少しビッグな感じにしていきたい。『Death Magnetic』はミキシングでちょっと乾いた感じになってしまった。
    リックがそういうサウンドを求めていたからね。
    lars_03_02

    グレッグにはもっとルーズな感じでと話をした。ラフなエッジが感じられて、全てがあまり完璧すぎないようにね。そういったサウンドがこのアルバムでは聴くことができる。エッジがルーズな感じになっているって多くの人から言われるね。

    lars_03_04

    −まぁでもボクはハッキリ言いますけど、ここ10年、15年のなかのメタリカのベストアルバムだと思いますけどね。

    ありがとう。ありがとう、それは嬉しい。歳を取ってこんなものに誰かが注目してくれているということが素晴らしいことだ。アルバムを作って、やることをやって、世界中を飛び回って、クレイジーなことをやりまくって人生を謳歌して、こういうことについて考える暇なんてまったくないくらい突っ走ってきた。そして年齢がいってハッと気がつくと、まだ注目してくれているのが異常だと思うんだ。METALLICAは多くの人達と高いレベルで共鳴し合っていて、それには驚かされてる。歳を取るほどこれが非現実的だなと思うんだ。まだ注目してくれているということに驚いている。

    今年は大きなショーを2つやってきた。サンフランシスコのAT&Tでスーパーボウルのウィークエンドショーをやって、ミネアポリスのバイキング・スタジアムのオープニングでも演奏した。5万人の前で演奏することができて、5分とか10分で売り切れたんだ。クレイジーだよね。年齢層も若い人から年怜のいっている人まで、あらゆる人達が来ていてみんながまだ注目してくれているということが凄い。ミネアポリスは福岡や札幌ぐらいのアメリカでは中ぐらいの都市なんだけど、そこのプロモーターとコンサートが終わってから話していたら、50%のチケットはミネソタ州以外の人達が買っているようなんだ。
    lars_03_05
    他の州から観に来てくれている。それってクレイジーだよ。わざわざライブを観に来る為に旅をするなんてさ。人々がそういったことをまだやっているということが凄い。
    lars_03_03

    君のコメントにはとても感謝しているよ。どの曲かはあえて言わないけど、(マネージャーの)クリフ(・バーンスタイン)が言っていたよ。ニューアルバムには『Black Album』以来のベスト・ソングが入っているって。それがどの曲か皆で当てて欲しい(笑)


    自分も若い頃、さんざん外国でライヴ観に行ってたじゃないか!とツッコミ入れたくなりましたが、その状態を長く続けられていることに単純に驚いているようです。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    「ROCK CITY」にて『Hardwired...To Self-Destruct』完成直後のラーズ・ウルリッヒのインタビュー放送(1)
    「ROCK CITY」にて『Hardwired...To Self-Destruct』完成直後のラーズ・ウルリッヒのインタビュー放送(2)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    BURRN!2017年1月号にて表紙・巻頭29ページでメタリカの大特集!
    burrn201701

    最新インタビュー3本、アルバムリリース前のスペシャル・ショウとワールド・ツアー初日のリポートが掲載されるとのこと。
    burrn201701_2

    その他の特集記事は以下の通り。

    ・海外ライヴ:BON JOVI、VALENTINE
    ・『KNOT FEST JAPAN 2016』ライヴ・リポート
    ・独占会見:KORN、DARK TRANQUILLITY他
    ・来日:『CLASSIC ROCK AWARDS』、CHEAP TRICK、SPIRITUAL BEGGARS、ジーン・シモンズ他
    ・特別企画:スラッシュ/スピード・メタルCDガイド

    発売日は2016年12月5日(月)。

    burrn201701
    BURRN! 2017年1月号


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    カーク・ハメット「飲むのをやめたら変わった」
    『Hardwired...To Self-Destruct』発売を受けてメタリカ表紙のフリーペーパー配布中
    メタリカ新譜発売&『ヘドバン』vol.12 発売記念イベント開催決定!伊藤政則氏出演!
    YOUNG GUITAR 2016年12月号はジェイムズ・ヘットフィールド表紙のメタリカ特集
    CROSSBEAT増補改訂版メタリカ発売、ラーズ・ウルリッヒ最新インタビュー掲載

    このページのトップヘ