メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    カテゴリ: ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    トラックバックいただいた記事より。


    まずはこちら↓をご覧ください。

    Metallicaのニューアルバム「Death Magnetic」はCDよりもゲーム内の方が高音質?


    新譜の音質についてファンやエンジニアを巻き込んで
    一騒動なっているようです。。


    新譜音源の音割れに関しては音源が流出したときから
    言われてきたことですが。。


     

    自分なんかはあまり耳のいい方ではないので
    単体だけではわかりませんでしたが、
    やはり聞き比べてみると「音の広がり」
    (という表現であっているかもわかりませんが)
    が違いことがわかりますね!


    聞き比べ↓



    CDの平均音量が昔より大きくなってきたことは
    実感していましたが、こんなことになっているとは。。


    せっかくメンバーがつむぎだした音がミキシングで、
    ましてや音楽業界の不毛な争いで壊されてしまっているとしたら
    ファンとしては抗議のひとつもしたくなるところです。


    webspy.jpさん、詳しい記事ありがとうございました。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    新作を発表できた今だからこそ語れる
    カーク発メタリカニュース。

    【Metallica カーク、『St Anger』後にソロ転向を考えていた!】


    メタリカのギタリスト、カーク・ハメットが、
    前作『St Anger』(’03年)のレコーディング後、
    ソロに転向しようとしていたことを明かした。


    同作を制作中にバンド内の対立が激化したこともあり、
    ソロ作品のレコーディングを準備していたというカーク。
    しかし、バンドに残る必要があると考え、思い
    とどまったという。バンド内の分裂が起こり、
    フロントマンのジェームズ・ヘットフィールドが
    リハビリに入所するためいったんレコーディングが
    中断するなど、波乱の続いた『St Anger』のレコーディング。


    『ローリング・ストーン』誌のインタビューで、
    カークは当時を振り返って


    「正直、俺はソロ・アルバムの制作を始める気でいたんだ」


    と告白。


    「温存させてる曲がいくつかあってさ。ラーズ
    (・ウルリッヒ/メタリカのドラマー)にドラムを
    頼もうと思ってたんだ」
    と明かした。


    しかし、人生の半分以上を過ごしたバンドにとどまる
    必要があると判断。


    「俺は20歳のときにこのバンドに入った。もう25年も
    このバンドと一緒にやってきてるからさ」
    と愛着を示した。


    なお、メタリカは先ごろ、最新アルバム『Death Magnetic』
    をリリースしたばかり。同アルバムはすでに英米チャートで
    No.1を獲得している。



    vibe-net(2008-09-18)

     

    掲載の『ローリング・ストーン』誌↓
    ローリング・ステーン誌1062号




    バンドが解体しそうだったあの頃を思えばそういう考え
    になるのもある種しょうがないかなぁって気はしてましたが。。


    無事に『デス・マグネティック』を発表できた今だから
    語れる話で当時このようなことをコメントしてたら、
    プレイボーイ誌事件と同じようなことになってたかも。。


    ちょっとカークのソロアルバムというのも
    聴いてみたいなぁ。。どんな曲になるんだろ。。
    (管理人妄想モード突入)



    関連記事
    カーク・ハメット
    メタリカのカーク・ハメットがパパに
    カーク・ハメットの本性
    メタリカのカーク・ハメットの家売ります!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    BBC Radio1で2008年9月15日に放送された、ロンドン
    で行われた9月14日のショーを全編聴けるという
    なんともすごいところが。(MCも聴けます。)


    期間限定のようなのでお早めにご賞味ください。


    >>リンク先のページの「Listen」をクリック


    セットリストはこんな感じです。


    01. That was Just Your Life
    02. The End Of The Line
    03. Until It Sleeps
    04. Broken, Beat, and Scarred
    05. Cyanide
    06. Frantic
    07. For Whom The Bells Tolls
    08. The Day That Never Comes
    09. Master Of Puppets
    10. Blackened


    音悪いですがそのときの「The End Of The Line」
    がYouTubeにもあがっておりましたよ。


    ライヴでもやっぱりすごいアグレッションだなぁと。。

    あぁマジで早くライヴいきてぇ。。。

     

    客の異常なハイテンションがうらやましいw

     

    関連記事
    メタリカ、ライブアースに参加
    メタリカの演奏をカットしたBBC、ファンに謝罪
    メタリカ in アリス・イン・チェインズ
    メタリカ、オズフェストで新曲披露!
    『Death Magnetic』全曲プレビュー。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メタリカ、9枚目のオリジナルアルバムである
    『DEATH MAGNETIC』がアメリカのビルボードチャート
    で1位を取る見込みだそうです。


    なんと発売から3日で450,000〜500,000枚も売ったそうな。。


    すごいっす。。。


    >>ソース元

    イギリスのアルバムチャートでは初登場1位を獲得。


    >>ソース元



    そして日本ではオリコン初登場総合3位(9/22付)の見込み。
    初日のバック・オーダーは23,000枚とか。


    ※バック・オーダーとは在庫切れになった場合に
     取り寄せ注文することをいいます。


    >>ソース元

     


    まぁ売り上げ云々は自分としてはあまり興味はないんですが
    日本ではいまいちの知名度をあげてほしいなって
    いう淡い期待があったりします、はい。


    まわりで聴いている人ほとんどいないからなぁ。。。(ボヤキ

     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    そんなん全然知らんかった。。。
    というアメーバニュースからのメタリカニュース。


    【メタリカのメンバーになり損ねた日本人ギタリスト】


    9月12日、アメリカのヘビーメタルバンド、
    METALLICAのニューアルバム『DEATH MAGNETIC』が発売された。
    METALLICAといえば、全世界でのアルバム売り上げが1億枚以上
    というモンスターバンドだが、LOUDNESSのボーカル・二井原実
    は、先日の自らのブログで、METALLICAとLOUDNESSとの意外な
    接点を明らかにした。


    それは1982年3月、LOUDNESSがセカンドアルバムの
    レコーディングを行っていた時のこと。海外進出を
    夢見てレコーディングに奮闘していたある日、
    レコード会社の人間が、「アメリカからデモテープが
    送られてきて、高崎(LOUDNESSのギター)にギター
    弾いて欲しいって」
    とメンバーに言ったところから話は始まる。


    「ギターを弾いてくれ」というそのバンドのテープを聞き、
    「どうや?高崎?」との質問。


    そこで高崎は


    「ん・・・俺はLOUDNESSでやりたいわ!

     

    このバンドで世界目指すわ!!」


    と力強く答えた。


    だが、その「聞いたことも無い」「演奏もあまりうまくない」
    バンドのデモテープのケースには、汚い字で『METALLICA』
    バンド名が書かれていたという。


    この決断が彼ら、とりわけ高崎にとって正解だったのか
    どうかは本人のみの知るところだが、その時逆の決断を
    していれば、日本、そして世界のロックシーンが大きく
    変わっていたことだけは間違いないだろう。


    Ameba News(2008-09-14)


    ソース元はこちら


    今現在も立派に音楽活動しているミュージシャンに
    「なり損ねた」って表現はいかがなものかと思いますが。。。


    初期のメタリカのメンバーが流動的だったり、
    一時はボーカルとして後にアンスラックスのボーカルとなる
    ジョン・ブッシュ(当時、アーマード・セイント)が
    加入しそうだったって話は知っていますが、
    こんな話もあったんですね。


    時期的にはデイヴ・ムステイン大佐がクビになったころ
    じゃないかと思うのでレコーディング前早々に
    ギタリストを見つける必要があったんでしょう。

    【訂正】

    クリフ・バートン加入が82年12月でデイブのクビはその後なので
    オファーが来た時期はデイヴのクビとは関係なさそうですね。。

    実現してたらどうなったんだろう、ホント。。

    (管理人、妄想モードに突入)

     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    すでにアメリカで『DEATH MAGNETIC』の
    1stシングルとなる「THE DAY THAT NEVER COMES」の
    シングル盤が出回っているようです。

    THE DAY THAT NEVER COMES シングル盤



    以下がトラックリスト。


    1. THE DAY THAT NEVER COMES

    2. NO REMORSE (LIVE) Recorded live at The Citrus
    Bowl, Orlando, Fl on July 13, 2003



    cowboybluesさん、情報提供ありがとうございます!


    (o´∀`)b グッ



    未収録曲のデモとか入ってないかなぁとか
    うっすら期待していたんですが、
    やはり定番のライヴ曲収録のようですね。



    【ここより下は管理人の思いつき企画】


    ところで、シングル盤とは全然関係ないんですが、
    禁断症状に耐えられなかったせいで『デス・マグネティック』
    を2つ予約してしまう失態を演じた管理人のもとに
    例の予約特典ポスターが2枚あります。


    HMVから段ボールに入れられて折りたたまれてしまった
    ポスターでよければどなたかに差し上げようと思います。


    これです↓

    折りたたんでありますがそれでよろしければ。


    メアドと固定ハンドルネームを記入の上で、管理人宛メールフォーム
    よりご応募ください。(コメントからの応募は受け付けません)

    ※メールフォームはメタリカネタ募集のページにあります。


    抽選で1名の方に差し上げます。



    ただし応募が殺到されても管理人が処理できないので
    応募に条件をつけさせてください。


    今日現在(2008年9月15日22:00)まででコメントもしくは
    メッセージをいただけた方かつ、ポスター届け先が
    日本国内の方に限らさせていただきます。

    (コメントは裏日記も可)

     

    あと心情的には転売しない方が望ましいんですが
    そこは当選者のご判断にお任せします(苦笑


    応募締め切りは2008年9月21日23:00まで。



    いつもこちらをご覧になっていて応募条件に
    該当しなかった方、申し訳ないす。 m(_ _)m



    抽選の模様をまたメタリカ情報局でご報告の上、
    届け先の住所などのやりとりを送っていただいた
    メールアドレスからさせていただきます。



    以上、管理人の思いつきプレゼント企画でした。



    関連記事
    『デス・マグネティック』SHM-CD盤入手したど
    ━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━!!!

    いよいよ『デス・マグネティック』発売ですね。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メタリカとのコラボレーションが止まりませんw
    今度は格闘技とのメタリカコラボニュース。


    【格闘技イベント「DREAM.6」がメタリカに染まる、史上初のタイアップが発表!】


    いよいよ本日9月12日(金)全世界同時リリースとなる
    メタリカ5年ぶりのアルバム『デス・マグネティック』。
    このアルバムリリースにあわせメタリカと人気格闘技
    イベント「DREAM.6」との大型タイアップが発表された。


    9月23日(火・祝)にさいたまスーパーアリーナにて
    行われる格闘技イベント「OLYMPIA DREAM.6 ミドル級
    グランプリ2008決勝戦」において、メタリカが
    オフィシャル・スポンサーになることが明らかになり、
    リング・サイド脇各4面のエプロン(幕)にメタリカの
    ロゴが大きく入ることになった。この部分に企業名や
    商品名などの名前が入ったことはなく、メタリカが
    史上初めてということで、さらにポスター/チラシ/場内
    ビジョン、そして当日販売されるプログラム等にても
    このメタリカのロゴが使用され大会がメタリカ一色に染まる。


    さらに当日参戦する桜井“マッハ”速人選手が履く
    リング・パンツ前面部分と、彼が入場時に着る
    Tシャツにもメタリカ・ロゴが入ることになった。

    桜井”マッハ”速人選手のパンツにメタリカロゴ



    大会当日にTBS系地上波TVでも放映される
    (21時〜22時54分)ことが決定しており、世界を
    代表するヘヴィ・ロック・バンド<Metallica>の
    文字が日本のお茶の間で目にされるという、
    前代未聞の事態が起こることは必至。


    この注目新作『デス・マグネティック』の全曲試聴が
    オフィシャル・ホームページでスタートしている。
    今年最大のモンスター・アルバムをいち早くチェック
    したい人はオフィシャル・ホームページで体感してください。


    リッスンジャパン - (2008/09/12)


    メタリカさん、MTVだけじゃなく地上波も制してくれそうでw

     

    HR/HMと格闘技ってけっこうコラボされていて、
    メタリカは過去にもWCWのスティングの入場曲として
    使われていたりしてWCWのコンピアルバムにも参加していますね。
    (詳細はメタリカグッズ情報館のメタリカ非名義作品参照)


    そして、日本では全日本プロレスとのコラボなんてのもやってました。


    こんな感じで↓

    どっちもLOVE!w



    こうして見るとなんとも滑稽な画像ですが。。
    (初めて見たときはコラージュかと思いましたw)


    BARKSでちゃんと報じられてました。


    そして期間限定なんでしょうが、オフィシャルで
    『デス・マグネティック』まるまる試聴OKにしてますね!


    >>全曲まるごと試聴はこちら

     


     

    なんて太っ腹!


    そこ、JMZがホントに太っ腹になったとか言わない。 

     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ラーズらしい微笑ましいコメントもあり、な
    新作関連ラーズのインタビュー。


    【メタリカのラーズ、新作の素晴らしさを明かす】


    待望のニューアルバム『Death Magnetic』を、
    バンド史上最高の作品にすると約束してきたメタリカ。
    メンバーのラーズ・ウルリッヒがその根拠を明かした。


    ドラマーのウルリッヒが音楽サイト「MusicRadar.com」
    に語ったところによると、プロデューサーのリック・
    ルービンに言われて他のメンバーの演奏に耳を傾けたことで、
    ミュージシャンとしてより成長することができたそうだ。


    「俺たちにはこういう傾向があるんだ。『ドラムから
    始めて、これを加えて、それからこれと…』ってね」


    と彼は説明した。


    「家を建てるみたいに、ドラムを土台にして、
    それ以外はすべて後から付け加えていくんだ。
    だけど彼はそういうやり方ではなく、全員一緒に
    プレイして、お互いに作用しあうことを望んだ」。


    「自分は特に完璧なドラマーというわけではないよ」


    と彼は続けた。


    「だけど、ジェイムズ・ヘットフィールドのリズム
    ギターに対するドラムの役割を理解することだけは、
    超得意なんだ。その点では自分は世界一だって
    言い切れるね。まあ、俺的にはそれで十分だ」。


    ニューアルバムでラーズがどれほど素晴らしいプレイを
    披露しているかについては、本日リリースされた
    『Death Magnetic』をチェックしよう。


    MTVでは9月13日(土)午前11時30分初回放送の
    「MTV Weekend News」でメタリカを特集する。
    お見逃しなく!■


    MTV News(2008-09-12)



    JMZのリズムギターに対する云々のところは
    まさにメタリカサウンドの真髄といったところでしょうか。


    それにしても、、、MTVメタリカ特番かぁ。
    土曜は仕事の上に、ウチじゃMTV映んないよ〜泣

    観てぇ。。。


     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

    このページのトップヘ