メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

    カテゴリ: エピソード

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    グローバル・シチズン・フェスティバル出演でニューヨーク入りしたメタリカ。ラーズ・ウルリッヒがNew York Postのインタビューに答えていました。管理人拙訳にてご紹介します。

    metallica_lars

    ドラマーのラーズ・ウルリッヒはアンチの投稿に対してこう語る。「時おり、気休めに誰かが書いたバカげたことを見ようと下にスクロールしてみる。『アイツらがメチャクチャだった頃よりはマシだな』とか『アイツらは始める前から何もいいことなんてやっちゃいない』とか言ってるわけだ。けっこうだね。それが影響を与えることはない。」

    (中略)

    −なぜグローバル・シチズン・フェスティバルの出演を望んだのですか?

    ここ数年、フェスティバルは俺たちの関心事だった。(コメディアンの)スティーヴン・コルベアの番組を観ていたら、ヒュー・エヴァンス(グローバル・ポバティ・プロジェクトの共同創設者)が出演していた。俺は彼の情熱と器量に超感動したんだ。良い行いにランク付けするわけじゃないけど、下心があるんじゃないかと疑問に思うことがあるだろ。でも彼は人に伝染するような熱意を持っていた。それに彼のやっていることは政治的に中立傾向にある。

    −リアーナやケンドリック・ラマー、メジャー・レイザーやデミ・ロヴァートと出演することになります。誰と一番コラボしたいと思いますか?

    俺はそういった全てのアーティストを尊重するだけだよ。でも、もしケンドリックがやってきて、メタリカのリフでフリースタイルラップをしたいって言うなら、俺は大いに関心があるね。それってどんだけヤバいんだ!?

    −ニューシングルの「Hardwired」はかなり肯定的な反応です。ファンはアルバム『Hardwired...To Self-Destruct』ついても同じように感じると思いますか?

    俺たちの予想を超えて、内輪での反応はとても肯定的だよ。でも2016年っていうのは音楽にとっては西部開拓時代みたいなもんでね。アルバムを出した時に何が起きるかは誰にもわからない。俺たちは全ての情報にアクセスを持っている。iPhone 7で先週の(前のバージョンの)iPhoneよりも早く俺たちにつながることができる。でも欠点はみんなが約9秒間の集中力になったことで、それから次に集中力が移ってしまうってことだね。だからこのアルバムがどう通じていくのか誰がわかるっていうんだ?

    −歌詞のなかで「Hardwired」はとても差し迫った破滅に向かう感覚が強調されています。あれがアルバムのテーマなんでしょうか?

    俺たちは時事問題を書いたりしないけど、衝突や疑問、脆弱性、不確実性といったものを持った曲がたくさんある。みんなに関係するものがたくさんあるよ。俺はまだ全てを理解したわけではないけど、ジェイムズの最高の歌詞って普通はより曖昧なものなんだ。

    −メタリカのドラムを務めることは52歳ではたやすくはないでしょう。どうやってペースを維持しているんでしょうか?

    まぁ俺はほとんど毎日30分から45分は走っている。それは予想できる回答かな。でも食生活の重要な部分で言えば、オート麦のパンケーキを食べることだね。卵白、オート麦、無脂肪のヨーグルトとちょっとのステビアから出来ている。あれが俺の摂る炭水化物。レシピはフランスの栄養士ピエール・デュカンが考えたものだよ。一日20枚は食べる。俺はいつだってパンケーキから6フィート以上離れることはないね!これはメタリカのドラミングのための燃料なんだ。

    New York Post(2016-09-22)

    ラーズが語るピエール・デュカン博士の考えるレシピによる「デュカン・ダイエット」は、海外セレブのあいだで人気となったダイエット法。具体的には食べてよい食品が4段階で変わるダイエット方法だそうです。詳しくはこちらをどうぞ。

    フランスから生まれた革命的ダイエット!? デュカン・ダイエット
    https://www.cubeny.com/beauty_dukan.htm

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ「気持ち的にはもう100年やれる」
    メタリカ、2016年9月にグローバル・シチズン・フェスティバルに出演、YouTubeストリーミング配信あり
    メタリカ出演のグローバル・シチズン・フェスティバル2016が生中継開始

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    カーク・ハメットがシアトルのラジオ局「KISW 99.9」のインタビューで新譜について語っていました。BLABBERMOUTH.NETさんの文字起こしを管理人拙訳にてご紹介します。

    kirkhammettmetallica2016

    −250のアイデアが入っていたiPhoneを2014年に無くしたと語っていたが

    (iPhoneを無くしたことは)俺にとって壊滅的だった。他の(バンドメンバー)誰もが曲の材料を持っているなかで、俺はまたゼロから始めなきゃならなかったと言わざるをえない。それからいくつかのアイデアが形になった時には、ほとんどの曲がすでに書かれていた。俺は「OK、俺には曲の材料があるけど、おそらく次のアルバムで使うことになるんだろうな。」ってひそかに思うしかなかったよ

    −『Hardwired...To Self-Destruct』が完成したことについて

    このアルバムの曲は、長い期間かけて一体になったものなんだ。1年半くらいかな。完全にグルーヴ寄りで『Death Magnetic』より自然な曲の進行になっている。でも『Death Magnetic』よりもグルーヴ寄りだし、あれまでプログレッシブではないよ。

    BLABBERMOUTH.NETより(2016-09-21)

    iPhoneを紛失した当時のインタビューではそこまでダメージのある感じで語っていませんでしたが、曲作りで集まった時には間に合わなかったようで(^^;

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    カーク・ハメット「iPhoneはコペンハーゲンで失くした」

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    これまでRollingStoneで行われた新譜『Hardwired...To Self-Destruct』についてのラーズ・ウルリッヒのインタビューを何回か紹介してきましたが、今回は同誌の紙媒体に掲載されたインタビューを管理人拙訳にてご紹介。これまでのインタビューとやや重複する点もありますが、ラーズが興味深いエピソードを語ってくれています。

    rr2016_james

    数年前にメタリカがニューアルバム制作に取り掛かろうとしていた直前、2008年の『Death Magnetic』以来、ドラマーのラーズ・ウルリッヒはスタジオでのジャム、サウンドチェックやバックステージでのウォーミングアップで生み出された思いつきのリフをiPodに1,650ものファイルにして持っていた。ウルリッヒは言う。「俺たちは自分たちがやったあらゆるものをレコーディングしていた。iPodを聴いて、際だっているものにチェックマークを入れるところから始めた。『ID723番は本当に良いな』って感じでね。」

    メタリカはそうしたジャムや断片から曲を構築していき、その経過はすこぶる実り多き、バンド初めての2枚組アルバム『Hardwired...To Self-Destruct』として結実した。タイトルトラックでは、全ての歌詞を書いたフロントマンのジェイムズ・ヘットフィールドの暗部を見出すことができる。「We're so fucked! Shit outta luck Hardwired to Self-Destruct!」彼はコーラスで咆哮する。ウルリッヒは「Now That We're Dead」「Murder One」「Here Comes Revenge」というタイトルの曲が並ぶアルバムの残りの曲について、同じような歪な世界観を持っていると言う。「かなり荒涼たるものがあるよ。全てはジェイムズ・ヘットフィールドの歪な心から来るものなんだ。」

    メタリカはカリフォルニア州サンラファエルにある彼らの本部、HQでアルバムを録音した。レコーディングはほとんどの場合、ウルリッヒとヘットフィールドが子供を学校に送った朝9時から始まり、子供を迎えに行く時間の午後3時まで行われた。バンドはルー・リードとのコラボレーション・アルバムやコンサート映画『Metallica Through The Never』、世界中でしばしば行うライヴという中断を挟みながらもゆっくり(アルバム制作に)取り組んだ。「俺たちは完全に触発され、甦らせ、活力を吹き込まれたよ。それからある種やんちゃなエネルギーをスタジオに持ち込んだんだ。このアルバムはおそらく前作よりもう少しパンクっぽくて、もう少しプログレっぽくないものになるよ。」

    バンドはマネジメントチームと腰を据えて考えるまで、それが2枚組となることに気が付かなかった。ウルリッヒは語る。「前のレコードでは全ての曲をAとBに分けて、Aのものだけをリリースした。でも(今回は)本当に自己陶酔的な調子で、どれをとっても捨て曲がなかったんだ。」

    自身のレーベル「Blackened Recordings」からアルバムをリリースする予定のメタリカは、2009年以来アメリカでのアリーナツアーを行っていない。その状況は『Hardwired...To Self-Destruct』が全国に届く2017年の初めには変わるだろう。ウルリッヒは言う。「セットリストを書いているんだけど、そこには確かに多くの新曲が入るだろうね。演りたくてたまらないよ。」メタリカのメンバーは全員50代となったが、彼らにはスローダウンするという気持ちはないようだ。ウルリッヒは続ける。「唯一の問題は身体が持つかってだけだろ?気持ち的にはもう100年やれると思っているよ。」

    RollingStone(2016-09-08)より

    明かされる制作過程からは苦悩やもがきよりも、楽しさが伝わってきます。残りの曲が聴けるのが待ち遠しいです。

    ケイコさん情報提供ありがとうございます。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ラーズ・ウルリッヒ「気持ち的にはもう100年やれる」
    ラーズ・ウルリッヒ「新作は11月に出すか、年明けに出すかで行きつ戻りつしていた」
    ラーズ・ウルリッヒ「今度のツアーで新曲をたくさんやったら楽しいだろうね」
    ラーズ・ウルリッヒ、新譜『Hardwired … to Self-Destruct』について語る。
    メタリカ、新曲「Hardwired」公開!8年ぶりのアルバム『Hardwired…To Self-Destruct』を2016年11月18日発売決定!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ミネアポリス公演前日(2016年8月19日)に地元紙CityPagesのインタビューを受けたロバート・トゥルージロ。新譜『Hardwired...To Self-Destruct』のサウンドや前作『Death Magnetic』とのつながり、ミネソタ州での思い出などを語ってくれています。管理人拙訳にてご紹介。

    ROBERT_TRUJILLO_2011_AP

    −こちら(ミネアポリス)にはいつ着きましたか?

    昨晩だよ。


    −サウンドチェックにきたのですか?

    いや、昨晩は(別の)ショーがあったから俺たちはできなかったんだ。通常はそうするんだけどね。でも今日は基本的にパッとやってきて即興でガッとやるって感じだよ。興奮したね。新曲を出して、アルバム制作も終わりに近づいている。マシーンがまた温まってきたって感じるんだ。今日は公式にスタートを切るってとこだね。


    −ニューシングルの「Hardwired」は本当にスラッシュな曲です。あの曲はニューアルバムの方向性を示していますか?

    そう思う。「Hardwired」はこの音楽の集まりに通じる完璧な声明だよ。俺はこのアルバムのサウンドは圧倒的だと思う。サウンド面では、たくさんの攻撃力を持っている。俺は曲についても興奮しているけど、レコードの音質についても興奮しているんだ。グレッグ・フィデルマンはプロダクションにおいて素晴らしい仕事をしてくれたよ。

    本当に楽しい音楽でありながら、チャレンジングでもある。ちょっと複雑だけど、強力なメロディーがある。俺たちがバンドとして正しい方法で成熟していると俺は感じるんだ。長年に渡って、たくさんの創造的な挑戦をしてきたし、歳を取るたびに目標に向かって進んできたしね。


    −『Death Magnetic』を出した時、たくさんの人たちがメタリカがルーツに戻ったと称賛していました。

    その通りだね。


    −ニューシングルもそのテーマに沿っているように思えます。それは意識していますか?

    (プロデューサーの)リック・ルービンと一緒にいたことで、ラーズとジェイムズはスラッシュのルーツとまた繋がるべきだという意識をもたらしたように見えたのはよかったね。リックにとってメタリカがあのスタイルとエネルギーを取り戻すことが重要だったんだ。

    あそこから引き出して何か新鮮なものをやる。俺はこのバンドが創造的なレベルでとても特別な場所まで連れて来られたように感じるんだ。今、この新しい曲の集まりにのめり込み、俺たちがやってきた全てのショーから成長してきただけでなく、ブラックアルバムを上から下まで学習してきた。『Master Of Puppets』もしかりだ。リリース20周年を祝福して、アルバム完全再現をやった。過去から遠ざかるよりも、過去を受け入れ、自分たちが今いる場所へとたどり着くのを助けた何かを深掘りするということをやってきた。『Death Magnetic』は、今起こっていることの出発点だったんだ。

    俺はこのことについて興奮しているけど、今後についても興奮している。世界と共有できるたくさんのリフがあるからね。できれば8年もかけたくなかったけど(笑)


    −あなたはまだアルバムの仕上げ作業が残っていると言っていましたよね?

    この段階では、簡潔にしていっているところなんだ。先日、プロデューサーのグレッグと俺はベーストラックで別のことを試してみたかった。でもみんなは終わったと思っている。だから俺たちはスタジオにこっそり入っていると、ラーズがベースを弾いている俺とコントロールルームにいるグレッグを見て歩み寄ってきて、こうさ。「おまえら俺をからかっているのか!」俺はただ笑っていたよ。でも俺にとってはそれが公式見解だったんだ。「OK。終わったよ。完成を祝おうぜ。」

    俺はバーバンクまで戻る飛行機の中でワイングラスを持っていた。誰かが俺にドリンクチケットをくれたんだ。それで俺は飛行機に乗っていたわけだ。「Hardwired」は全国に公開されたばかり。俺は機内の後ろに歩いて行って、無料のドリンクチケットをくれたこの男の隣に座った。俺がメタリカのジャケットを着ていたから、彼は「おぉ彼らは今日ニューアルバムを出すんだってね。」と言ってきた。俺が「いいや。1曲だけだと思うよ。」と言うと、彼は「本当に?曲は聴いてみた?」ときたもんだから俺はもう「あぁ良かったよ。」って感じだった。

    見たら、彼がヘッドホンをつけて、自分のiPhoneでビデオを観ていた。彼は俺がそのバンドにいるってことがわからなかったらしい。彼はこうきたよ。「おぉこれはホントに良いね!」俺は「ね?そうでしょ?」って。あれはベタな瞬間だったね。


    −ニューアルバムの制作過程は『Death Magnetic』と比べてどうでしたか?

    制作過程は似ていた。リフの貯蔵庫を持って、そこからジャムってた。何年にも渡って、何百ものリフを。俺はいつもラーズとジェイムズのサポートをするためにそこにいた。俺のアイデアであろうがなかろうがね。

    −新しいスタジアムで、たくさんの人たちがどうやってコンサート会場として、やっていくんだろうと思っています。サウンドチェックやら何やら行う機会もなかったようですし・・・

    いや。なるようになるよ。不思議だけどね。俺たちが音響効果がどのようになるのかあまりに多くのことを考えるってことについて、俺にはわからない。ただ5万もの人たちが俺たちとヘヴィミュージックをサポートするために普通にやってきてくれるってだけで幸せだよ。

    ミネアポリスは音楽にとっていつも素晴らしい都市なんだ。俺たちは駆け出しの頃にここにやってきたことを回想していた。ラーズはファースト・アベニューでやった最初のギグのことについて話していた。俺がミネアポリスで最初にライヴをしたのは、同じくファースト・アベニューだった。俺にはあの会場の思い出がたくさんあるよ。


    −何か突出した特定の思い出はありますか?

    いつもパーティーがあって、地元の人たちも参加していた。スイサイダル・テンデンシーズ時代にはしばらくのあいだ一緒にスノーボードに行っていた友達もここにはいる。スピリット・マウンテンやジャイアンツ・リッジや北のダルース・エリアに行って、そこで少しの時間を過ごしたよ。

    オジーとショーをやった時のことも覚えているよ。俺たちは(スイサイダルの)ワープド・ツアーとオズフェストを合同で開催したんだ。ビールを飲みながらアップル・リバーの川下りをしたのは良い思い出だね。


    −スタジアムからスタジアムへとライヴをしていると、(場所による)音質の違いについて気づくものですか?

    うん。デトロイトの(チームが本拠地にしていた)ポンティアック・ドームのようなスタジアムは、それは酷いサウンドだった。サンフランシスコ・ジャイアンツがプレイしているAT&Tパークでもやったけど、あれはとびきりだったね。だから(今回のUSバンク・スタジアムは)どういうことになるか全くわからないよ。バイキングスのことが好きなのは確かだけどね。俺が観て育ってきたバイキングスとロサンゼルス・ラムズというチームのあいだで長い歴史があるんだ。

    エリック・ケンドリックスとアンソニー・バーという我が校UCLA出身の2人のラインバッカーがいるしね。行け!バイキングス!


    CityPages(2016-08-26)

    プロデューサーのグレッグ・フィデルマンとロバートがベーストラックを録りなおしていたところは、RollingStoneのインタビューでラーズが言っていたのは、このことだったのかと話がつながりました。

    新曲PVではメンバー個々の顔がわかりにくいこともあって全く気付かれなかったみたいですが、まさか隣にメンバーが座っているとはその人も思わなかったでしょう(^^;

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、新曲「Hardwired」公開!8年ぶりのアルバム『Hardwired…To Self-Destruct』を2016年11月18日発売決定!
    ラーズ・ウルリッヒ、新譜『Hardwired … to Self-Destruct』について語る。
    メタリカ、新曲「Hardwired」をライヴで初披露!新譜『Hardwired...To Self-Destruct』予告映像公開!
    ロバート・トゥルージロ「これまでメタリカでやってきたなかでもベストなベースサウンド」
    ロバート・トゥルージロが語る新人アーティストへのアドバイスとは?

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ピーター・グリーン、ゲイリー・ムーアがかつて所有していた伝説的レスポール、通称「Greeny」をカーク・ハメットが購入したのが2014年。これまで入手した経緯など詳しいことがわからなかったのですが、ミュージシャン向けサイト「MusicRadar」のインタビューで、カークがこのギターを入手した経緯などたくさんのエピソードを語ってくれています。いつも通り管理人拙訳にてご紹介。

    kirk-live-650-80

    −カーク・ハメットがピーター・グリーンの象徴的な1959年製レスポールを買ってからしばらく経った。5月からこのギターが使われるメタリカのニューアルバムのレコーディングが始まっていた。ギタリストたちは「Greeny」がどういうものなのかを観ていき、カークへの道を辿ってみよう。

    楽器がそれを使ってきたミュージシャンたちと同じくらい有名になるのは珍しいことだ。その点で、ピーター・グリーンのレスポールは極めて選ばれしものなのだ。もともとはジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズのステージで使われ、このギターは並外れたオーラだけでなく、素晴らしい音色を持っている。

    ミドル・ピックアップの位置で楽器の音色が相当違うのは何なのか、ある人は憶測で、またある人は知識に基づいて、多くの言葉で語られてきている。ピーター自身は、このギターを持っていた時に配線には触れなかったが、(いつも)買ったその日のように聴こえたと言っている。ネックとピックアップが単に裏返しになっているのとは対照的に、その謎の核心はポールピースが裏返しになっているのだと考えると刺激的だ。とにかくこのレスポールはブルースブレイカーズでの悪名を轟かせただけでなく、フリートウッド・マックで多くのレコーディングやライヴでも目玉となっていった。

    ピーター・グリーンが1970年代初頭に謎めかして音楽シーンを退いた後、ギターはもう一人の伝説的ギタリスト、ゲイリー・ムーアの手に渡った。ゲイリーはあるインタビューで、ある日ピーターに電話で呼ばれ、彼がこのギターを売ろうとしたが支払いを拒否したと語っている。

    結局、ゲイリーは実際に使っていたギブソンSCを売った金をピーターに払うことで妥結し、取引は完了した。長年に渡り、このギターはそれまでより多くのレコーディングやライヴに登場するようになった。だいたいはそれ以前よりもずっと大きな音量で。

    90年代半ばにはアルバム『Blues for Greeny』で元師匠にトリビュートを捧げて、ピーター・グリーンの楽曲の再録であの哀しげな「Out of Phase」をもう一度聴くことができた。ゲイリーは10年前ぐらいまでレスポールを持っていたが、このギターは売られて公衆の前から消えて行った。

    BluesForGreenyCover
    Blues For Greeny

    物事は変わっていくものだが、メタリカのギタリストが関わった、いささか論議を呼ぶ売却となった。ヘヴィロックバンドにピーター・グリーンの貴重なギターを?その次は何なんだ!しかしそういう偏見はさておき、我々はカークが最も直近のギターのオーナーとなってものすごく興奮していると言わねばならない。我々と話した時、彼はスタジオへ向かう道すがら、興奮して積極的にくだけたことを話し、この聖遺物ギターがどのように彼の手に渡ったのか非常に熱心に詳細をシェアしたがっていた。

    「まぁ本当に奇妙だろうね。過去に他のギターのように、あれを追い求めてはいなかったから。本当に積極的に特定のギターを追い求めて、うまくいった。ある日、ロンドンのホテルの部屋にいた時に、友人にメールをしていたら、彼が『あっそうだ、キミに見せたいギターがあるんだ。』ってきたから、俺は『OK。わかった。持ってきてくれ。』って。それだけのことだったんだ。」

    「そして彼が俺に見せたいギターを持っていると言った時、十中八九、ヴィンテージのギターでレスポール・スタンダードだろうなと思った。そいつはそういうタイプのギターを持っていることで良く知られていたからね。そしたら彼は他の人を連れてやって来た。彼らはヴィンテージのマーシャル・コンボも持ってきたんだ。彼がギターケースを持ってきて開けるとすぐにそれが何かわかったよ。ピックアップのネジが逆さまになっていたからね。」

    greeny-front

    「俺はもう『おいおいおいおいちょっと待ってくれよ。ちょっと待て。このギターのために200万ドルも持ってないぜ』ってなったよ。そしたら友人は『バカ言わないでくれよ。俺はこれの由来なんて知らないんだ。10年か12年前にはそれが元々の値段だったかもしれないけど、それから(値段は)まともになっているよ。』」

    「俺は『素晴らしい』って言うと、それをヴィンテージのマーシャル・アンプにつないで弾いてみた。30秒ぐらいして俺はこう思った。『おぉこれはただのレスポールじゃないぞ・・・』そしてミドルポジションに移行した。それが(このギターが)崇拝されてきた音だからね。弾き始めたら『なんだこりゃ、こいつは全部メチャクチャだ。』って思ったね。」

    「ブリッジポジションやネックポジションでは信じられないほど素晴らしいレスポールのサウンドだったけど、ミドルポジションになると100ワットのマーシャルを通したストラトみたいに聴こえるんだ!」

    「なるほどなるほどと。俺は「Greeny」が何なのか完璧に理解したよ。歴史の側面を知れば、これら全てのアルバム、全ての素晴らしい音楽に使われていたという事実がある。でもそういうことを差しおいても、ありのままの事実として、これは素晴らしいサウンドのギターだということだ。ぶっ飛ばされたし、全てがうなづけるものだった。」

    −ギターを所有することになってどんなお祝いをしましたか?

    「最初に俺がやりたかったのは、その夜にステージで使うこと、そして「Whiskey In The Jar」を弾くことだった。「Whiskey In The Jar」を弾いた時のあのギターの可能性は莫大なものだったからね。だから初めてステージで弾いた時、必要とされ望まれた場所に俺が持ち帰ってきたように感じたんだ。あれ以来、正直言って俺が「Greeny」を買ったよりも高い値段で売られている他のギター、他のレスポールの話を聞いてきた。ある程度、俺は適切なタイミングに適切な場所にいたってわけさ。所有者が現金を早く必要としていたし、俺にはそれが出来たし、あのギターを確実に手に入れることができたわけだからね。それから俺たちは他の全ての問題についても丸く収めたんだ。」

    「でもこれは前に言ったかと思うんだけど、俺があのギターを実際に買ったというニュースが流れ始めると、聞いたこともない人たちや「Greeny」の体験についてそれまで話したこともない人たちからいろんなEメールが来たよ。」

    「あのギターは独自の世界、独立した迫真性を持っているし、完璧に自分を際立たせてくれるから、まったくもって完全に驚異的だ。俺は独自の個性を持ったギターを持ったことがなかった。完璧な独自性だ。その事実を同じように愛しているよ。」

    greeny-rear

    −そのギターをどのように弾くのが好きですか?

    「レスポールにしてはかなり軽い。俺は断然重いレスポールを持っているけど、驚くべきことはネックがかなりの厚みだということだ。薄いネックも厚いネックもV字ネックもプレイできるけど・・・どんなネックをよこそうともプレイできるから、俺にとっては問題にはならなかった。」

    「「Greeny」で(フリートウッド・マックの曲)「Oh Well」や「Albatross」を弾くと、レコーディングしたみたいに聴こえる。驚きだね。「Oh Well」をアンプラグドで弾くと、アコースティックのようだし、まさしく「Greeny」のサウンドなんだ。一番驚いたことだ。反響音もとんでもないものだ。かなりラウドだし、音の塊がたくさんあって、アンプ無しでも音色が響き渡る。」

    「あのギターを手に入れてすぐに、ジョン・マーシャルに手渡した。彼は俺の永遠のギターテクで、短い期間、実際にメタリカとプレイしていた。彼に『「Oh Well」を弾いてみろよ』って言って、彼は弾き始めると『おぉ!まさしくこれだ!』となった。『だろう!?信じられるか?』ってね。それを持ってるんだぜ。本当に息をのむほど驚くよ。」

    −あなたはピーター・グリーンの大ファンだったのですか?

    「あぁもちろん。ジョン・メイオールのアルバムだけじゃなく、フリートウッド・マックのアルバムでの彼のプレイが本当に大好きなんだ。俺は本当にもう「The Supernatural」って曲が大好きでね。彼が音を奏でる時、全てを物語っているから大好きだよ。」

    「時々、「Greeny」を取り出しては、「Black Magic Woman」とか「Coming Home」とかを弾くんだ。そこにはフィーリングがある。まさしくね。ただただ信じられないよ。俺にとって本当に驚いたもう一つは、あのギターが俺の好きなシン・リジィのアルバムのひとつ『Black Rose』でも使われているってことだね。」

    blackrose
    Black Rose


    「ピーター・グリーンが大好きだし、彼の演奏も大好きだ。もしピーター・グリーンがいなかったら、カルロス・サンタナもいなかったかもしれない。俺はそこに直接的な関係を見るんだ。直接的な影響がある。」

    −あなたはこのギターを使用し続け、個人的なコレクションとしてしまい込むことはしないつもりですか?

    「もちろん。俺はギターをただじっと観るためにむやみに欲しがって買うようなヤツじゃない。それはヴィンテージ・ギターの死だよ。ギターは演奏するために出来てるんだから。演奏すればするほど、サウンドが良くなる。演奏すればするほど、ギターの反応が良くなる。俺は「Greeny」を買った。期待に胸を膨らませて、文字通り、次のショーまでに4、5万人の前にしたステージに上がったんだ。」

    「ちょうど今、スタジオに向かっているんだ。ギターテクに『「Greeny」をチューニングしておいて。今日、使うから。』ってメールしてたよ。俺は試してみて、あのギターが持っている3つの主要なサウンドを全て使うつもりなんだ。」

    −そのような崇拝する楽器を持つことがどういうことなのか、まとめることはできますか?

    「もう本当に狂気じみてると思うのは、ミュージシャンがやってくると、彼らは俺が「Greeny」を持っていることを知っていて、いつもあのギターと一緒に写真を撮ってくれとお願いされるんだ。もし俺のカミさんが有名な映画女優か何かだったらこんな感じなのかなと思ったら笑えてくるよ。いつも誰かがやってきては俺に『私とあなたの奥さんで写真を撮っていいですか?』なんてね。」

    「俺はいつも脇へ退いてカメラマン役だよ。それが「Greeny」を持つってことだね。これまでに俺が持っている他のギターよりも、たくさんあのギターとみんなとの写真を撮ってきた。」

    「「Greeny」自体が独自のファン層を持っているんだね。驚いちゃうよ。たくさんの人があのギターを演奏してきた。ジミ・ヘンドリックスもあのギターを演奏してきたし、ロリー・ギャラガーもジェフ・ベックもジョージ・ハリスンも・・・演奏した人リストは延々と続くんだ。」

    「あのギターを観たその日の夕方、友人を介してジミー・ペイジにメッセージを送ったんだ。『ジミー、このギターについてどう思う?』そしたらジミーの反応はこうだった。『そのギターなら覚えているよ。絶対に買うべきだ。』俺はジミー・ペイジの承認ありでレコードであれを使うべきだと思ったんだ。ジミーが『そうだ。それを買うべきだ、カーク』と言ってくれた、あれ以上のものはそうはないよ!」

    MusicRadar(2016-08-08)

    ちなみにGuitarWorldの記事によると、ゲイリー・ムーアがピーター・グリーンからこのギターを買った時の値段は、ピーター・グリーンが買った時と同じ、たったの300ドル。ゲイリー・ムーアが2006年に手離した時に売られた値段が75万ドルから120万ドルだったと言われているとのこと。

    新曲「Hardwired」のギターソロで使っているのがメイキング映像で確認できますが、新作『Hardwired...To Self-Destruct』発表後のインタビューでどの曲でどのように使っているのか語ってほしいところです。
    https://metallica.com/videos/30975/riff-charge-the-making-of-hardwired

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    カーク・ハメット、購入した伝説のギター「Gary Moore/Peter Green Les Paul」についてコメント
    カーク・ハメット、ゲイリー・ムーアへのオマージュについて語る。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2016年8月20日に行われたUSバンク・スタジアムこけら落としのミネソタ州ミネアポリス公演を前に、ジェイムズ・ヘットフィールドが地元紙のインタビューを受けていました。管理人拙訳にてご紹介します。

    hetfield-usbankstadium

    USバンク・スタジアムで行うメタリカのライヴは、リードシンガーのジェイムズ・ヘットフィールドにとってどうだったのか。「長い間、念頭にあった。俺たちはスタジアムで壊れてみて、まだ生き残れるかどうか確認するのさ。」

    ヘットフィールド(53歳)は完売となったミネソタ・バイキングスの新しいスタジアムでのコンサートを前にインタビューに答えた。メタリカは次に出すアルバム『Hardwired … To Self-Destruct』のサポートツアーを計画する一方、土曜の夜のショーはバンドにとって単発のライヴであり、今年全体を通じても発表されているたった3つのうちの1公演である。

    ここでヘットフィールドは、2016年におけるこれ以外のメタリカの生活について言わねばなるまい。

    −自分たちの音楽をリリースすることについて、メジャーレーベルで全レコーディングのキャリアを過ごしてきたが

    まだ満足いかねぇって感じだね!俺たちはようやく自分たちのマスターテープを所有し、自分たちの音楽を自分たちのやり方で出すことが出来るようになった。自分たちのレコードのプレス機も買ったよ、ドイツでね。あれはすごい。色も付けられるし、やりたいようにできる。

    −ニューアルバムの1stシングル「Hardwired」は、その他のアルバム収録曲の典型となるものか

    たしかにメタリカの典型ではあるね。でもレコード全体はそうじゃない。たくさんのパーツの1つなんだ。全編スラッシュでもないし、全編ミドルテンポのロックでもないし、全編バラードでもないし、全編インストゥルメンタルとかでもない。

    −ルー・リードとのコラボが2011年のアルバム『Lulu』となったことについて

    ルーはああいう性格だったし、どこぞのアーティストみたいに本当に不安定な人だった。だから彼は本当にひどい態度だったよ!彼は自分が考えていることを伝えることを恐れるなんてことはなかった。ある時、ラーズが言ったんだ。「これについては俺を信頼してくれ。」そしたらルーは「これについては信頼しろだって?クソくらえだ、俺は誰も信頼していない。」って言ってた。俺たちは彼を丁重に扱わないといけないんだとわかったよ。でも(最終的には)俺たちは彼の信頼を得て、彼は俺たちの信頼を得たんだ。俺は彼が俺たちとコラボしたがったということに、いまだに感動しているよ。

    −バンドがUSバンク・スタジアムでショーと、ニューアルバムの発表を同時に行うことは計画していたのか

    いいや。そうじゃない。このレコードに現実的には8年間取り組んできた。でも曲としてまとめ始めたのは2年前で、文字通り、直近2か月が全てまとまり始めた時期なんだ。レコード会社が言ったようにやらなきゃとか、マネージャーが言ったようにやらなきゃとかそういうルールはもはやない。俺たちにとってクールで楽しいか、それが最優先事項なんだ。

    −長い中断の後で大きなショーを行うことについて

    ビビるよ。「何てこった、腕が痛むぞ。歳をとったな!」なんてね。誰もがそうだろうが、俺たちみんなが集まるとそんなことについて話す。それから俺たちは言うんだ。「OK。今やあのガラクタは片付いた、ぶちのめそう。」俺は6年間ショーをやってこなかったAC/DCみたいなバンドについて話を聞いた。彼らはリハーサルをせず、ただステージに立って演る。俺たちはそんなバンドじゃない。この(ライヴという)場に戻って来る必要があるんだ。

    −バンドは最近うまくいっているのか

    個人的な生活で起きる衝突は常にあるし、それがバンドの生活に影響を与える。もしくはバンドの生活が個人的な生活に影響を与える。俺たちはたくさんの非難の中を歩んできたし、反対側に強く出ることもある。一日終える頃には、俺たちは友だちなんだ。

    −今度のツアーについて

    俺たちはこの3年間、ツアーに出て自滅するような計画は立てていない。俺たちはツアーに出るのが大好きだし、尊重している。でもツアーは自分を殺しかねない。俺たちはそれだけのことをしてきた。ツアーをよりスマートにして、自分たちができる最善の健康状態を感じながら、全てのギグの準備をしたいんだ。次から次へと(ライヴを行う)というのはやっちゃダメだね。俺たちは一度に2週間しかツアーに出ない方がいい。それが俺たちの望みだし、それぞれのショーの終わりまで自分を出し切って、良かったと感じられるようにすることなんだ。

    −そのツアーでバンドはミネアポリスに戻ってくる計画か

    あぁ。そうだね。それは計画しておこう。

    −土曜日のコンサートのために、バンドのファンの多くが全国から飛んできたことについて

    目覚ましいファン層、ファミリーだよ。俺たちは世界中でファミリーを築き上げてきた。俺たちはやりたいことをするアーティストであり、みんなは俺たちに信奉してくれているという位置にいられるのはメチャクチャ恵まれていると思う。観衆に目を向けると3世代いるのが見えるんだ。そして彼らがみんな「Master Of Puppets」をシンガロングしてくれている。俺はもう「マジか?みんなこの曲が好きなのか?」って感じさ。ずっとそんなことを考えているわけじゃないけど、いまだに驚かされるよ。

    TwinCites.com(2016-08-20)

    ジェイムズの話からすると楽曲の素材を8年前から貯め込んで、素材の取捨選択に2年、実際の楽曲制作は2か月というところでしょうか。ラーズが以前語っていたように、新譜『Hardwired…To Self-Destruct』には多様な曲が収録されることになりそうです。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、新曲「Hardwired」をライヴで初披露!新譜『Hardwired...To Self-Destruct』予告映像公開!
    ラーズ・ウルリッヒ、新譜『Hardwired … to Self-Destruct』について語る。
    メタリカ、新曲「Hardwired」公開!8年ぶりのアルバム『Hardwired…To Self-Destruct』を2016年11月18日発売決定!
    ラーズ・ウルリッヒ「今度のアルバムは前よりも多様なものになる」

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    BBCのサイトにて、1995年にイギリスのドニントン・パークで行われた「Monsters of Rock」に出演したメタリカのライヴ音源を1時間分期間限定で公開しています。

    URLはこちら。
    http://www.bbc.co.uk/programmes/b07nx3s3

    聴取可能なトラックリストはこちら。
    Breadfan
    Master Of Puppets
    Fade To Black
    Kirk's Doodle
    Nothing Else Matters
    Sad But True
    One
    Seek And Destroy
    Enter Sandman

    「Seek And Destroy」で『Load』収録曲「The Outlaw Torn」が垣間見れるなど、この時期ならではのアレンジが面白いです。9月中旬までの期間限定のためお早めにどうぞ。

    まぁYouTubeではフル動画があがっていますが・・・


    そういえばこの頃のジェイムズの髪型はこんな感じでしたね。
    james_1995

    動画ではライヴ冒頭のフェイクMC「ヘヴィメタル逝去のため、メタリカはキャンセルになりました。どうぞ行儀よく退場してください」から視聴できます。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    NHK BS2「BSサタデーライブ 黄金の洋楽ライブ」で1997年のメタリカのライブを放送。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ついに新譜『Hardwired … to Self-Destruct』の詳細が発表され、新曲「Hardwired」を公開したメタリカ。ラーズ・ウルリッヒがRollingStoneのインタビューで新譜について大いに語ってくれました。以下、管理人拙訳でご紹介します。

    metallica_2016image

    ラーズ・ウルリッヒの頭はグルグル回っている。我々との会話の前に、このドラマーはスラッシーで猛威を振るう危険なほど高速なメタリカのナンバー「Hardwired」をFacebookで公開し、今秋にニューアルバム『Hardwired … to Self-Destruct』を出すことを発表した。2枚組でトータル80分ほどの12曲が収録された今作は2008年の『Death Magnetic』以来、初めてのメタリカのアルバムであり、2011年にルー・リードとコラボした『Lulu』以来のフルレングスのアルバムとなる。しかし、これには裏がある。現時点でアルバム制作はまだ進行中なのだ。

    「ちょうど今、ロブが下の階でベースを録り直していて、ある曲の1つのヴァースをやっているよ。みんな『今度のレコードはどうなるんだ?』って言うけど、俺だってわからないんだ。まだ終わってないからね。今週はずっとしっちゃかめっちゃかだよ。」

    追加のレコーディングに加えて、今週は土曜日に行われるミネアポリス公演に向けたリハーサルを行っているメタリカ。楽器ごとにレコーディングを行っていたため、月曜に自身とバンドメイトたちが初めて「Handwired」を演奏するまでは一緒にプレイしていなかったとラーズは語る。それにも関わらず、彼はこれまでこの曲が受けた反応に満足している。「今日、たくさんの仲間からどれだけ新曲を聴き込んだかが書かれたクールなメールをたくさんもらったんだ。」Rolling Stoneとのニューアルバムについての詳細なインタビューのあいだこう言った。「生きてて良かった。」

    −「Hardwired」はたった3分の曲です。アルバムは全体として、よりシンプルになっていくんでしょうか?

    ちょっとはね。あれは実際、今作のために書いた最後の曲なんだ。俺たちはいろんなアイデアを投げ込むことからこのアルバム制作を始めた。曲の集まりとして形を成していて焦点が定まってなかった。俺たちがアルバム制作にどっぷり浸かるまではね。その時点で、楽曲はタイトに短くスリムになっていったんだ。

    数ヵ月前、俺たちはそこに座って、レコード(に入れる曲)のストックを持ってきて、もっと速くてクレイジーな曲を入れるべきかもしれないと考えた。それが「Hardwired」になった。そんな感じさ。ジェイムズと俺が書いて、1週間しないであれをレコーディングしたんだ。そりゃあ俺たちにとっては、ナノ秒みたいなもんだったよ(笑)


    −早い段階で曲のアイデアはどのような過程を経たんでしょうか?

    俺たちは演ったものは全部録音しておく。アルバム制作を始めた時、俺のiPodには1500の曲のアイデア、ジャム、リフが入っていた。それぞれ番号を付けていてね。本当に長い道のりを経て、何時間もそれに耳を傾けた。俺は「912のサウンドはなかなか良いアイデア」とか書き留めておくんだ(笑)。それからジェイムズと俺は1年とか1年半前から点を繋ぎ始めた。それが曲の形となり始めた時だったんだ。

    −楽曲はいつ形作られていったんですか?

    14年秋と15年春にほとんどの曲を書いたよ。

    −『Death Magnetic』制作時にプロデューサーのリック・ルービンは、アルバムがどういうサウンドとなるべきか把握するのを手助けしていました。『Hardwired〜』でのあなた方のゴールは何だったのでしょうか?

    もともと、俺たちは中断したところから続けたかったんだ。『Death Magnetic』以来、勢いに乗って仕事がはかどっていた。ルー・リードとコラボしたり、ロニー・ディオのレインボー・メドレーをやったり、ディープ・パープルのカバーをしたり、それと言うまでもなく2年かかった映画もね。(新作『Hardwired … to Self-Destruct』のプロデューサー)グレッグ・フィデルマンはそれ以来ずっと俺たちと一緒に仕事をやってきた。俺たちは落ち着いて自分たちがやっていることの評価をする時間なんてなかったんだ。

    だから 俺たちがやってきた楽曲のストックを持って行った過程から、(こうして)アルバムについて俺たちが言えることはないかと訊かれるまでそう時間が離れているわけじゃない。曲をもっと形にしていって、まとめていく時期だった。でも何か使命とかゴールがあってやってきたわけじゃない。


    −グレッグ・フィデルマンはプロデューサーとして何をもたらしましたか?

    彼は基本的にスタジオでの作業に関してはバンドの5人目のメンバーになっていた。彼は素晴らしいバウンスボードでもあるし、もっと良くなるよう俺たちを後押ししてくれた。俺たちは常に楽曲制作でもっと飾りつけられないか改善できないかと探している。(制作中の)曲を聴くと「クールだけど、この曲のブリッジはもっとよくできないか?ドラムの音をミックスで上げるべきだろうか?キーを変えるべきだろうか?」とかね。これは集中的かつ系統立った労力だよ。彼はこうしているあいだ座っていて、俺たちに挑戦するんだ。ジェイムズや俺がある曲の機動性をリードして「本当にいいな、うまくいった。」なんて言っているとグレッグはただ座って「うーん。」とこうさ。俺たちはこいつはそこまで良くないんだなと気付くわけさ。

    曲を書いていて、その曲に没入すると、その時に高いエネルギーを得ることができる。時にはそんなエネルギーが実際に何が起きているか覆い隠してしまうこともある。偽りの効き目を得る薬みたいなものでね。これは良いと感じて、気分良くなって議論の余地なしってなっても2日も経つと「こりゃあ俺たちは何を考えていたんだ?」となる。グレッグはいつも理性の声なんだ。


    −あなたは『Hardwired〜』の曲は『Death Magnetic』の曲に比べて、狂乱したものにはならないと語っていました。どういう意味だったんでしょう?

    ほとんどの曲が前よりシンプルなんだ。俺たちが前にやった楽曲のように、1つのリフからあちこち行ったり、いろんな音の風景を旅するようなものというよりは、あるムードから始まって、それをやり通す。楽曲はより直線的だ。そして「前より狂乱したのものにならない」っていうのは、曲のなかでの始まりと終わりが少なくなったってことさ。前のレコードよりもちょっとだけ真っすぐ走っている。

    −今年は、この前に『Kill 'Em All』『Ride The Lightning』のリイシューについて我々と話した時に、あのアルバムと新譜のあいだで「双方のエネルギーが行き交う」のを感じると語っていました。あのリイリューは『Hardwired〜』の創造性に何か波及しましたか?

    「Metal Militia」を聴いた魔法のような瞬間に曲を書いたなんてことは言えない。でも2013年のデトロイトで行ったOrionフェステイバルで『Kill 'Em All』の完全再現をやった。あれがあのレコードに本当没頭していった最初だった。早くから、俺はあのレコードに否定的だった。『Ride The Lightning』『Master Of Puppets』はもう少し知的で刺激的で挑戦的だったからね。あれらはより深みの増したレコードだったんだ。2013年までは演っていて『Kill 'Em All』にまとまりがあるとは思ってなかった。速さは独自のものを行っていたけど、もっとシンプルなんだ。楽曲はもっと長いけど、それほどプログレッシブではない。全て独自の世界だ。そこから受け継がれた要素はあると思ってる。楽曲制作中に紛れ込んだ『Kill 'Em All』の再発見から出てきた残留物の痕跡はあるかな。

    −あなた方はまだ新しいアルバムの仕上げをしています。あと何の作業が残っているんでしょう?

    そんなに多くはないよ。ある曲のミックスを仕上げること以外は終わっている。2、3日で、グレッグは「Spit Out the Bone」っていう制作中のタイトルは「CHI」だった曲のミックスをする予定だ。突然、ロブが昨日、アルバムに取り組むためにコントロールルームに現れた。だから俺が何を知ってるんだってんだ?大方は終わっている。今週末には最後の曲をミックスすべきだと思う。

    −『Hardwired〜』のデラックスバージョンのボーナスディスクで「CHI」と呼ばれる曲のデモを収録していますね。いつ「Spit Out the Bone」になったんですか?

    これらの曲は一昨日タイトルをつけ終えたばかりだ。48時間前には「CHI」「Tin Shot」「Plow」「Sawblade」といったどのみちクレイジーな制作中のタイトルで知られていたものだ。今こうしてトラックリストが発表されて、みんなは曲について話すんだが、俺は「どれが「Spit Out the Bone」だったっけ?」って考えなきゃならなくなる。ジェイムズと俺はいまだに「えっ?あぁ「CHI」だろ」ってなるよ。

    −ネット上で多くのメタリカファンがあれこれと考えを巡らせていた新曲のタイトルは「Am I Savage?」です。ファンたちはダイアモンドヘッドの「Am I Evil?」のカバーをどうにかしたものなのではと考えています。

    (笑)まぁ「am」「I」そしてクエスチョンマークまで一緒だからね。4つの単語のうち3つだ。でも違う。直接の相関関係はないよ。

    でも抽象的には「Am I Evil?」は、今日俺がキミにインタビューで話している理由の一部だね。もしあの曲がそうじゃなかったら、キミは俺が何者かも何をやっているのかも気にもしなかっただろう。だから明らかにそこにはとても抽象的な細い(繋がった)線がある。でも「Am I Savage?」と直接の相関関係はないよ。

    −「Hardwired」やその他の新曲を今週末のミネアポリス公演でやるんでしょうか?

    俺たちはその質問に答えるのに(ミネアポリス公演が始まる)52時間後まで離れていようか?(笑)こういう風に考えてみよう。ニューアルバムからの曲を演奏するチャンスは、俺たちが世界に新曲を共有してから増えていく。でも俺たちがアルバムを作っていて気付いたのは、これらの曲を良くしようとより多くの時間と労力を注いできたってことだ。選択できるのであれば、900列目からクソみたいなiPhoneで撮ったライヴバージョンよりもレコーディングされたバージョンを聴くことになると思う。だからキミが書くことになる記事をよく読んでもらおう。

    RollingStone(2016-08-19)

    「まだ新譜完成してなかったんかい!」
    「あの新曲、そんな出来立てほやほやだったんかい!」


    などと訳していてラーズにツッコミを入れたくなるインタビューでしたが、ほとんどの曲がシンプルであるという新譜の特色がここに来てようやく見えてきた気がします。

    ラーズとしては、すでに公開した「Hardwired」はともかくとして、その他の新曲の披露はライヴで行うよりもまずはアルバムとして曲を聴いてもらいたいという思いがあるようです。まずは日本時間で明日21日に行われるミネアポリス公演に注目です。

    【追記】
    新曲「Hardwired」の制作中の風景が公開されています。カークの使っているギターはピーター・グリーン、ゲイリー・ムーアに使われてきた伝説的なギター「Gary Moore/Peter Green Les Paul」ですね。
    https://metallica.com/videos/30975/riff-charge-the-making-of-hardwired

    takakiさん、情報ありがとうございます。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、新曲「Hardwired」公開!8年ぶりのアルバム『Hardwired…To Self-Destruct』を2016年11月18日発売決定!
    メタリカ、USバンク・スタジアムこけら落としのミネアポリス公演をライブストリーミング配信
    ラーズ・ウルリッヒ「今度のアルバムは前よりも多様なものになる」
    カーク・ハメット、購入した伝説のギター「Gary Moore/Peter Green Les Paul」についてコメント

    このページのトップヘ