メタリカをメジャーレーベルのエレクトラと契約させたA&Rマン(アーティストの発掘・契約・育成とそのアーティストに合った楽曲の発掘・契約・制作を担当)として知られるマイケル・アラゴのドキュメンタリー映画『Who The F**k Is That Guy? The Fabulous Journey Of Michael Alago』が2017年7月22日にハリウッドにて初上映されました。

michaelalagomovieposter

監督は『The New York Hardcore Chronicles Film』『xxx All Ages xxx: The Boston Hardcore Film』などハードコアシーンを描いた映画で知られるドリュー・ストーン。(写真左からドリュー・ストーン、マイケル・アラゴ)
drewstonemichaelalago

映画の内容はニューヨークのセックス・ピストルズことデッド・ボーイズのファンクラブ運営から伝説のナイトクラブ、リッツ(Ritz)の出演交渉担当の座を手に入れ、エレクトラ、ゲフィンなどのメジャーレーベルのA&Rマンとして渡り歩いたマイケル・アラゴの半生を追ったドキュメンタリー。

映画予告映像としてメタリカの他、マイケル・アラゴと契約に関わったアーティストたちのインタビューなどが公開されています。




日本公開は未定ですが、字幕なし映像はiTunesで購入可能とのこと。
https://itunes.apple.com/us/movie/who-the-f-k-is-that-guy/id1255478231

マイケル・アラゴがどうメタリカと関わっていったのかは以前ご紹介したラーズの伝記本(関連記事)をご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
応援クリックをヨロシクお願いします。

関連記事
ラーズ・ウルリッヒ、コペンハーゲンからの快進撃
ラーズ・ウルリッヒ、コペンハーゲンからの快進撃(2)
ラーズ・ウルリッヒ、コペンハーゲンからの快進撃(3)
ラーズ・ウルリッヒ、コペンハーゲンからの快進撃(4)
ラーズ・ウルリッヒ、コペンハーゲンからの快進撃(5)