サンレコことSound & Recording Magazineの2017年5月号にて『Hardwired...To Self-Destruct』のプロデューサー、グレッグ・フィデルマンが「Moth Into Flame」のメイキングを語っているとのこと。
sound_recording

以下、発売元のリットー・ミュージックによる内容紹介を抜粋。

■PRODUCTION REPORT
メタリカ「モス・イントゥ・フレーム」

2016年の終わり、世界中のチャートのトップを賑わせた作品の1つがメタリカの『ハードワイアード...トゥ・セルフディストラク』だった。このタイトルの意味=“自己破壊への直結”が意味するところについてはいろいろな考察がなされているが、地球上で一番“自己破壊”から縁遠いバンドを上げるとするならば、それはメタリカ自身になるだろう。もちろん今までメタリカについて不穏なうわさがつきまとっていたことは事実だが、36年という時を経て今もなおメタリカは強くその存在感を示し続けている。この作品は10枚目のスタジオ・アルバムであり、57カ国でチャート1位を記録し、11月後半という遅い時期のリリースにもかかわらず2016年のアルバム・トータル・セールスで8位に入る成功を成し遂げたのだ。この商業的な成功の立役者として語られるのが、メタリカが新しく迎えたプロデューサー、グレッグ・フィデルマンだ。LAのフィデルマンの自宅からSkypeを通じて、『ハードワイアード...トゥ・セルフディストラク』のメイキングを詳細に語ってくれた。

リットー・ミュージックより

ハードワイアード...トゥ・セルフディストラク...

発売は本日、2017年3月25日。

sanreco
Sound & Recording Magazine 2017年5月号


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをヨロシクお願いします。

関連記事
メタリカ徹底研究本『BURRN!PRESENTS アルティメット・メタリカ』が発売決定
レコード・コレクターズ増刊号でメタリカ他、HR/HM特集