vibe-netで新譜タイトルの意味についてジェイムズが語った
インタビューの一部が載っていましたのでご紹介。


待望のニュー・アルバム『Death Magnetic』のリリースを
9月に控えたメタリカ。先ごろその収録曲を発表したのに続いて、
このたびフロントマンのジェームズ・ヘットフィールドが、
アルバム・タイトルに込められた意味を明らかにした。

ジェームズいわく、

“Death Magnetic(デス・マグネティック=死の磁性)”
というタイトルは、死んでしまったロック・スターたちへの
オマージュがそもそもの出発点だったという。

「(『Death Magnetic』というタイトルは)当初は
俺たちの世界で命を落とした人々、例えば
(アリス・イン・チェインズのヴォーカルの)
レイン・ステイリーとか、ほか多くの故人、
言ってみればロックンロールの殉教者たちへの
トリビュートみたいなものだった。
そこから発展していったんだ。

死について考えるうちに…まるでマグネット(磁石)
みたいだと思ったってわけ。ある者はそれに引き寄せられ、
ある者はそれを恐れて押しのけようとするだろ。
俺たちはみんないつか死ぬという考えは、議論になっても、
そのうちほとんど話題に上らなくなる。
そんな話題を持ち出したいなんて誰も思わないからね。
リビングにあるデカいガラクタみたいなもんさ。
でも俺たちはみんな、いつかはそれに対峙しなくちゃならないのさ」

vibe-net(2008-07-28)


セイント・アンガー制作過程でお互いが抱えてた
フラストレーションをポジティヴな形で爆発させた
メタリカですが、今度は殉教者たちへのトリビュートですか。。

改めてレイン・ステイリーのような不幸な死や
それと隣りあわせだった自分たちに思いを
巡らせたのかもしれませんねぇ。。

新譜の歌詞の世界も楽しみになってきました。

この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

ブログランキングに参加しています。
メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

関連記事
デス・マグネティックの曲タイトル。
DEATH MAGNETICのアートーワークを発表!
メタリカ in アリス・イン・チェインズ