メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカのWorldwired Tourでは各日程の公演ポスターが発売されていますが、2018年2月3日のスペイン・マドリッド公演のポスターがデザインを手がけたF4D Studiosで発売されるとのこと。

    Met_Spain_AP_Reg
    3 color screen print 70枚限定、50ドル

    Met_Spain_AP_Rainbow
    3 color screen print on rainbow foil paper  30枚限定、60ドル

    Met_Spain_AP_Swirl
    3 color screen print on special "Swirl" foil paper 25枚限定、80ドル

    発売は日本時間2018年2月8日の朝7:00から。
    http://www.f4dstudios.com/products?search=metallica

    昨年11月1日のベルギー公演のポスターがすでに発売中。これからもF4D Studiosで手がけたポスターがこちらで発売されることがあるやも。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    Ames Bros×Metallicaのポスターが発売
    Ames Bros×Metallicaの「Worldwired Tour」版ポスターが発売
    【続報】Ames Bros×Metallicaの「Worldwired Tour」版ポスターが発売

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    クリフ・バートンが育ったカストロバレーのある、カリフォルニア州アラメダ郡の行政機関が、クリフ・バートンの56回目の誕生日にあたる2018年2月10日を「Cliff Burton Day(クリフ・バートンの日)」とすることを宣言したとのこと。

    オンライン署名・請願サイトChange.orgで地元ファンが嘆願を行ったことがきっかけで、メタリカのinstagramでも次のように報告されました。

    Metallicaさん(@metallica)がシェアした投稿 -


    公式発表!アラメダ郡の監視委員会がクリフ・バートンの56回目の誕生日となる2018年2月10日がクリフ・バートンの日となることを宣言した。多くの人が知っている通り、クリフはカストロ・バレーで生まれ育ち、そこから1983年に俺たちはベイエリアへとすっ飛んでいくことになった。この取り組みを率先してくれたファンのみんなに感謝しているし、個々のやり方でクリフのことを讃えてくれるみんなに感謝と敬意を送るよ。彼が崇拝され続けていることを俺たちは嬉しく思う。
    ジェイムズ・ヘットフィールドも自身のinstagramで「これは素晴らしいことだ。地元ファンと友人たちがやり遂げた。」と語っています。



    「宣言書」にはクリフ・バートンの生涯と功績がまとめられています。
    26871310_411846102579675_8189225576486141952_n

    【おまけ】
    メタリカ加入以前、地元カストロバレーにいた頃にクリフ・バートンが、ジム・マーティンと組んだバンド「Agents of Misfortune」のライヴの様子。11:30から始まるフレーズはまさに「For Whom The Bell Tolls」。メタリカの曲の萌芽を見ることができます。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    クリフ・バートンの父、印税をクリフの出身高校に奨学金として寄付

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカとサンフランシスコ・ジャイアンツのコラボイベント、メタリカナイトが今年も開催決定とのこと。今年は、サンフランシスコ・ジャイアンツにとっては本拠地をニューヨークからサンフランシスコに移してから60年という節目の年ということで、イベント告知画像にも60の数字が刻まれています。
    20180205_174906_7549_5971

    早6年目となった今回のメタリカナイトは、AT&Tパークにてワシントン・ナショナルズとの対戦が行われる2018年4月23日に開催。4月13日に発売される『The $5.98 EP - Garage Days Re-Revisited』リマスター盤を祝ってのVIPイベントもあるとのこと。

    スペシャルチケットパッケージを購入すると、メタリカとサンフランシスコ・ジャイアンツがコラボしたイベント限定の野球帽がついてきます。収益の一部はメタリカが創設した慈善団体である「All Within My Hands Foundation」に寄付されるとのこと。
    metallica_g_cap

    チケットの発売はMetClub会員の先行VIPチケットが2018年2月7日の午前0時から2018年2月10日の午前10時まで(日本時間)、Metallica.comにログインして購入可能です(先行予約は5ドル割引)。一般発売は2018年2月11日午前1時(日本時間)からサンフランシスコ・ジャイアンツのページで購入可能となっています。

    昨年の様子はこちらから。

    https://www.facebook.com/Tallica.Japan/posts/1235058819955774

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    MLB、メタリカとサンフランシスコ・ジャイアンツとのコラボレーションの歴史を振り返る映像を公開
    4年目のサンフランシスコ・ジャイアンツ×メタリカのMETALLICA NIGHTまとめ
    4年目を迎えるメタリカ×サンフランシスコ・ジャイアンツの「METALLICA NIGHT」の詳細発表
    メタリカ、サンフランシスコ・ジャイアンツとの4年目のメタリカナイト開催へ
    メタリカとサンフランシスコ・ジャイアンツのコラボイベント「METALLICA DAY」予告動画公開
    メタリカ、サンフランシスコ・ジャイアンツとのコラボイベント「METALLICA DAY」まとめ
    メタリカとサンフランシスコ・ジャイアンツのコラボイベント、デーゲームにつき「METALLICA DAY」に。
    メタリカ×サンフランシスコ・ジャイアンツのMETALLICA NIGHTが2015年も開催決定
    サンフランシスコ・ジャイアンツとの「METALLICA NIGHT 2014」の詳細が明らかに
    メタリカ、2014年もMETALLICA NIGHTで国歌演奏
    サンフランシスコ・ジャイアンツ×メタリカのメタリカナイト再び開催決定。
    メタリカ、サンフランシスコ・ジャイアンツのホーム球場でアメリカ国歌披露
    メジャー・リーグのジャイアンツvsドジャース戦でメタリカ・ナイト開催
    5年目のメタリカ×サンフランシスコ・ジャイアンツ「Metallica Night」開催決定
    メタリカ、『The $5.98 EP - Garage Days Re-Revisited』のリマスター盤を発売
    メタリカの慈善団体「All Within My Hands Foundation」に寄付をして特典が当たるキャンペーン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    更新が止まったままだった、ジェイムズ・ヘットフィールドのinstagramの個人アカウント「papa_het_」の更新が突如再開されました。

    26869638_399144760513091_3595058785493712896_n
    Instagram(2018-02-05)

    続いての投稿で、投稿に対するコメントへの感謝とこれからのinstagram更新の方針が書かれていました。管理人拙訳にてご紹介(ちょっと訳に自信ナシなので誤訳あったらご指摘ください…)。


    わぁお!愛あるコメントに圧倒された。心揺さぶられたよ。みんなありがとう。(更新しなかったことを)見逃してくれたことをとても感謝している。俺は投稿に返答するつもりはないってことを率直に言わなければならない。ロード生活の楽しい写真はアップするけど、家庭からは離れるつもりだ。Instagramであっという間に時が経ってしまうことをとても気にしている。みんなからの愛を感じることができて本当に嬉しい。愛と敬意を。ジェイムズ


    Instagram(2018-02-06)
    家庭のプライベート写真はなくなりそうですが、メタリカ公式とは違ったツアー中の写真を見ることが出来そうです!

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ジェイムズ・ヘットフィールド、Instagramの更新をやめた理由を語る
    メタリカ、写真共有アプリInstagramのアカウント開設
    カーク・ハメット、FearFestEviL公式ツイッターアカウントを個人アカウントへ変更
    ラーズ・ウルリッヒ、ツイッター始める
    ロス・ハルフィン氏、過去に撮影したレア写真をinstagramで投稿宣言

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカのマネジメント、Qプライムのクリフ・バーンスタインが、ストリーミングによる音楽業界への影響やアーティストを売り出す手段などについて語っていました。管理人拙訳にてご紹介。

    qprime_2
    メタリカのマネージャー、ピーター・メンチ(左)とクリフ・バーンスタイン(右)
    −ストリーミングによってあなたがアーティストのために働くやり方にどんな影響がありましたか?

    間違いなく、我々は統計的なことを気にしているし、とても負けず嫌いだ。No.1のレコードを持ち、ラジオでたくさん曲がかかり、最大限の観衆に届けたいと思うのと同じように、できるだけ多くのストリームを生み、できるだけ多くのプレイリストを作成している。ダウンロード販売絶頂の頃、我々はiTunesと仕事をしていた。そして今はApple MusicとSpotifyで同じことをしている。媒体は変わるかもしれないが、同じアプローチを取っているよ。

    私はビニール盤、8トラック、カセット、CD、ダウンロード、そして今はストリーミングと多くのフォーマットを経るほど歳を取った。そしていつも同じことをやっているのだ。素晴らしい才能をみつけて、それを扱うレーベルをみつけ、ツアーをたくさんやって、できる限りの最高のレコードを作るよう後押しする。35年間これらのことを全てやってきた。(音楽を)届ける方法が何であるかに関わらず、これからも続けるだろう。

    ストリーミングでは、いつでもたいていは最もストリームされた50曲のうち49曲はヒップホップから成っている。大げさかもしれないが、盛りすぎでもない。でもSpotifyだけで約10億以上のストリームを誇る8組のアーティストがいる。それはつまり、我々が担当するバンドはたくさんの曲が好きな大ファンを抱えているというかなり良い指標でもある。ヒップホップのアーティストはいないが、我々はそれで満足だ。

    覚えておいて欲しい。アメリカは我々が担当するアーティストの世界的な売上げのわずか3分の1に過ぎない。例えば、ラテンアメリカには実際にレコードを購入したことが一度もなく、ストリームで聴いている人たちがたくさんいるんだ。


    −あなた方が担当するアーティストは公平なストリーミング収入を得ていると思いますか?

    もちろん「公平」は客観的な指標ではない。ある人の「公平」は別の人からしたら「不公平」だ。メジャーレーベルと契約を結んだアーティストの多くは、ストリーミングがたくさんの契約のもとでシングルトラックの売上げと同じように扱われているために実際には公平な分け前を得ていないと言えるだろう。

    パイ全体(を見直すこと)から始めなければならない。ストリーミング会社によって生み出された収入を取り出し、そこからその分け前がレーベルに払い出される。その割合はとても高かった。でもその割合を3%程度カットしたとしても膨大な金額になる可能性がある。我々が物理的な製品で長年に渡って抱えてきた卸売価格や小売価格に相当する比率からすれば、総額は公平だと言える。デジタルダウンロードでも売上高のほぼ同じ割合がレーベルに行っていたんだ。

    しかしストリーミングのビジネスモデルは、Spotifyがまだ十分な利益を上げていないために、その全てをレーベルに払っても本質的に大儲けとはいかない。だからストリーミング会社にとってそれは公平だろうか?SpotifyはApple Musicと同じく不公平だと言うかもしれない。私の見解では、アーティストがSpotifyからレーベルに入ってくる収益の15%しか得られないのであれば、公平ではないように思える。何があるべき割合なのか正確なところは私にもわからない。場合によるだろう。あるレーベルはアーティストのためにほとんど全てを行っている。一方で他のアーティストにはほとんど何もやっていない。事実、音楽界がストリーミングに完全に基づいているなら、レーベルは製造と流通のコストがほとんどかからず、アーティストが15%を得て、残りの85%をレーベルが得ても私からしたら公平ではないように思える。


    −ツアーは、特にロックバンドにとって、演者の成功のために重要な役割を担ってきました。しかし、自身のツアーを行うか、フェスティバルの出演回数を増やしていくか、ラジオ局コンサートを行うか、いずれかを選択しなければならないとしたら、あなた方が担当するアーティストにとって最善のものをどのように把握するのでしょうか?

    (笑)人生は複雑だね。我々は歳を取っているので、そこまで単純にはいかない。我々を手助けする多くの人材を雇っているが、パートナーのピーター・メンチと私は、いまだにここで最終的な決定を下すことに主要な責任を担っている。我々はこれまで以上に多くの策を練る必要がある。全ての可能性をはかり知る必要があるし、それぞれ個々のアーティストにとって正しいことを各段階で実行する必要があるんだ。それは時にオファーを断らなければならないことを意味する。それは一部の人たちを不幸にさせてしまうだろうが、アーティストが行くべき場所へのビジョンを維持しなければならない。その時にはたとえどんな金銭的対価だろうと貫き通さなければならない。

    大局的・長期的に考えると、フェスティバルに出演することで、3つか4つの違う都市でヘッドライナーを務めることができなくなるかもしれないから、時にはフェスティバルの良い日取りを自ら進んで諦める必要がある。

    統計的には、少なくともロックミュージックでは、この50年の間のどんな時よりもヘッドライナーは少なくなっている。もしそうであるならば、なぜなのか訊ねる必要がある。ロックは以前ほど人気がなくなったのか?そうなのかもしれない。でもフェスティバルに参加することによって、人々が特定のバンドを見に来るのではなく、単に(フェスという)環境そのものの一員になりに来ているのも事実かもしれない。フェスティバルやラジオショーの一員として、さまざまなアーティストのヒット曲を聴くだけで楽しい時間を過ごすために来ている場合、そこからどのようにファンになってもらえるだろうか?どうやってファン層を構築していくだろうか?これらは全て主観的な質問であり、それぞれに答える新しいアプローチを考え出す必要があるね。


    −もしあなたがツアーをブッキングしなければならない場合、特定の市場で新たなオンエアをフルに生かすためにどのような日取りをブッキングするのでしょうか?

    それはアーティストによるよ。メタリカ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ミューズがどれだけ前もってブッキングされているか話そうか。彼らの観衆はどこにでもいる。いわば「ユビキタス」的な存在だ。彼らのために前もって何年も前からブッキングしなければならない。利用可能な建物やスタジアムはたくさんあるけど、同時にスポーツチームや他の主要なイベントでもブッキングされるからね。

    でも比較的新しいイギリスのバンド、フォールズ(Foals)ぐらいの知名度ならば、より短期間でもっとターゲットを絞り込んだ小さな会場をブッキングすることができる。半年や1年前に前もってブッキングする必要はない。フォールズはすでに世界的な存在になっているから、イギリス、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパのフェスでやる期間を決めなければならない。

    腰を据えて、1年から18カ月前までの期間を把握しなければならない。でも必ずしもアメリカの各都市で先にブッキングする必要はない。我々にはまだもっと多くのオンエアをしている市場にブッキングするという贅沢がある。ブッキング過程における佳境はプロモーションのチームが我々に意見を伝えた後なんだ。彼らは数と統計を見て、特定の市場における観衆がそのアーティストや曲について実際にどう感じているのか、そのアーティストがラジオ番組のコアになれるのかといった定性的な情報を提供してくれる。

    我々が誰かを連れてライヴをやるとなったら、その全てを考慮に入れる。2ヶ月で35回公演しか行えないかもしれないが、選択肢は60から90の市場のなかからだ。そこから最良の35の市場を考慮する。低いランクの市場を含むかもしれないが、その市場においてバンドの観客動員の可能性をより多く持ったところをね。聴衆に届くのに早すぎるってことはない。バンドとともに成長できるように早めにバンドを観て欲しい。そしてそうするには、バンドを早く自分の流れに乗せて、ある程度の関心を抱かせる必要があるね。


    All Access(2018-01-30)
    何年も前からブッキングするということですが、2019年と噂されるメタリカの来日公演も具体的に動いているのでしょうか。。。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカのマネージャー、ピーター・メンチ「新世代のメタリカ、出てきてくれ」

    このページのトップヘ