メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    すごいタイトルですが、、ホントにロバート・トゥルージロには
    頑張って欲しいんです。
    新作にはガンガン前に出てきて欲しいってのはもちろんのこと。


    こんな一件があったので。。。



    メタリカが2006年3月、南アフリカでライブを行ったその最終日。
    まずは、それを伝えた2種類の報道記事を見てもらいたい。


    ひとつめの記事↓
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    (前略)ケープタウンのショウはさらに良くなっていた。


    しかし、3曲目の"Harvester Of Sorrow"のところで、総てが崩れ始めた。
    突如、電源が落ち、メンバー達はステージに立ち尽くした。
    すかさずジョークを飛ばしたのはロブである。
    (「請求書の支払いを忘れたのは誰なんだ?」)幸い、5分かそこらすると、
    PAは復旧した。"Harvester Of Sorrow"を無事に演奏し終えて、
    ジェイムズ「ここのヤワなスピーカーには俺達はメタル過ぎたってことかな」
    と笑った。


    (後略)


    引用元:『BURRN!』2006年6月号ライブレポート記事
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



    そしてもうひとつの記事↓
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    先日、南アフリカ公演を終えたメタリカだが、
    最終日に予期せぬハプニングがあった。


    The Starによれば、25日のコンサート中に突然、サウンドが途絶えた。
    これは同国で最近多発している停電によるもので、場内が闇に包まれ、
    観客は持参のライターで急場をしのいだという。10分ほどで復旧したが、
    この停電にジェイムス・ヘットフィールド(Vo)が
    「電気代を払ってないんじゃないか?」とジョーク。
    彼はまた、機材が「メタルに耐えられなかったのかも」とコメントしている。


    (中略)


    T.Kimura


    引用元:BARKS(2006-03-27)
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    ・・・ん?ん!?
    最初のジョークを言ったのがロブからジェイムズにすり替わってね?



    記事の信憑性から言ったらライブのセットリストから演出方法まで
    こと細かに伝えている『BURRN!』に軍配。


    もし、ジェイムズが「電気代を〜」を言ったとしても、
    電源落ちて、すかさずジョークかましたロブたん(鶴次郎)を無視するねぇい!
    汗っかきのゴリラーマンだけど頑張ってんだぞ!(フォローになってねぇ



    さらにジェイムズがもし「電気代を〜」のくだりを言ってなかったら
    ひどい話だわ。。
    編集者が「あっそれジェイムズが言ったことにしたほうがおもろいわ」


    みたいな!みたいな!
    ロバート・トゥルージロが新作で存在感を見せればこんなことは
    絶対なくなるはずなのだ!


    というわけでこのブログは鶴次郎を全面的に応援しています。
    (そんなこと言っといて新作コケたらあっさり見放す最低なヤツです。)


     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    たまに昔買ったメタリカ関連の雑誌等を読み返すことが
    あるんですが、HR/HMの雑誌『BURRN!』2000年3月号で
    「悪魔の辞典」なる企画がやってたのでメタリカ関連のもの
    を抜粋してご紹介しましょう。


    企画自体、あくまで冗談なので本気にしないように!(笑
    (以下順不同)


    メタリカ [METALLICA]
    どんなに音楽性やルックスが変わって初期とは掛け離れたとしても、
    GUNS N'ROSESの混沌と比べたら「継続は力なり」と賞賛したくなる。
    でも、やっぱりルックスは考え直して欲しい・・・。


    この当時、長い髪を思いきり切ったことを言っているんでしょう。
    別に短くても似合ってるけどなぁ。



    ■レコーディング [recording]
    ミュージシャンの忍耐力を試す試練の1つ。昔のバンドは忍耐力が
    なかったので3日間くらいで済ませていたが、今では1年くらいはザラ。
    これをクリアすると、次にはツアーが待っている。


    とりあえずメタリカの新作、お待ちしております。



    ■カヴァー
    ー分でも良い曲が書けるミュージシャンが気分転換に他人の曲を
    プレイすること


    ▲謄ニックはあるが曲が書けないミュージシャンの生活の知恵


    N匹ざ覆書けないうえにテクニックもないミュージシャンの
    寄りどころ(まま)。何のためにやってるんだか。


    メタリカはもちろん,世茲諭、、だよね?



    ■スラッシュ・メタル [thrash metal]
    "thrash"というのはムチでビシッと打つこと。つまり、
    スラッシュ・メタルとはグレイト・カット様のようなSMメタルのこと。
    METALLICAもSMメタルという原点に戻ろうとして『S&M』を出した。
    SMメタルの元祖は言うまでもなくロブ・ハルフォードを擁した
    JUDAS PRIESTで、ロブがムチでビシビシ叩きながらステージに
    登場する'80年代初期のJUDAS PRIESTのショウこそがメタルの
    教科書となり、QUEENSRYCHEのジェフ・テイトはそうした
    JUDAS PRIESTのSMショウに出掛けた興奮を"Speeding The Disease"
    で描いている。(だから本気にしないでってば)


    ちなみにわたしはSでもMでも両方いけます(何



    ■ニュー・ウェーブ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル
    [new wave of british heavy metal]
    '70年代終わりにイギリスで起こったハード・ロック復興運動。
    ヨーロッパ、イギリス、日本のマニアに多大な影響を与えたが、
    本家イギリスですぐに沈静化してしまったため、今では伝説
    として語られるだけになってしまった。但し、日本では10年周期
    でかなりの盛り上がりを見せ、METALLICAもたまに思い出す。


    思い出すかはさておき、メタリカもデビューアルバムなんかは
    この影響がかなり見受けられますね。



    ■パイロテクニック [pyrothchnic]
    マグネシウムや花火を使った派手なステージ装置のこと。
    ジェイムズ・ヘットフィールドのような屈強な男でも、
    まかり間違えば2週間ほど休まなければいけないほどの
    火傷を負うような破壊力を秘めており、従って草食動物系
    の我が日本では基本的に禁止されている・・・はずだが、
    BON JOVIやAEROSMITHのような大物は官憲の目を盗んで(?)
    何度か敢行している。


    ジェイムズ兄貴も、ときどき無茶します(苦笑
    火傷はガンズと一緒のツアー中の出来事でした('92年8月)



    ■ヘヴィ・メタル [heavy metal]
    BLACK SABBATHとBLUE OYSTER CULTが似ていると誤解した
    アメリカ人が、自分でもどういう意味か判らずに使い始めた言葉。


    意味も判らずLED ZEPPELINの音楽を形容する時に使った人が
    いたため、生意気盛りのロバート・プラントが「俺達はヘヴィ・
    メタルなんかじゃない」と反発し、一挙に差別的な意味合いを
    帯びてしまった言葉。


    ハード・ロックがオールド・ウェーヴとして馬鹿にされていた頃、
    パンク/ニューウェーヴへの新たな挑戦状として叩き付けられた
    威勢の良い言葉。


    ぅ悒凜・メタル関係者があまり使わないでいるうちに、
    アメリカや日本の無知な連中が、すっかり違う音楽のことを指す
    ようになってしまった言葉。今やBURRN!を買っていても本来の
    ヘヴィ・メタルを知らない人がいる一方で、「ヘヴィ・メタルは
    好きだけどBURRN!に載るバンドは嫌い」なんてワケの判らない
    人達もいる。


    イ靴し、一般人から見て、その差別的・侮辱的なニュアンスは
    昔も今も同じであり、洋の東西を問わない。



    なんか必死だな、BURRN!。。(苦笑
    まぁこんなんだから『デトロイト・メタル・シティ
    が流行るんだろうな(笑


    デトロイト・メタル・シティ
    デトロイト・メタル・シティ


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


     

    【追記】
    メタリカ版悪魔の辞典作りました。


    こちらかサイドバーのメニューからどうぞ。


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メタリカ。。


    デビュー前のメンバー入れ替えのゴタゴタ、
    ライブが評判を呼び、波に乗ってきたところで
    クリフ・バートンを事故で失い、その後
    ひたすらライブすることで乗り切ったと思いきや、
    今度はナップスター騒動、そしてジェイソンの脱退。
    そして鶴次郎さんを加えての新たな出発。


    ホント、日テレの「いつみても波乱万丈」で取り上げたら
    1回じゃおさまらないくらい怒涛の浮き沈みじゃないか
    と外から見てると思う。


    まぁその模様は「いつみても波乱万丈」じゃなくて
    メタリカ 真実の瞬間』を見ればいいわけで(笑



    そんな修羅場を乗り切ったこそいえる名言、第2弾です。
    ちなみに第1弾はこちら↓


    メタリカの人たちってえぇこと言うわぁ。。



    前回はジェイムズ兄ぃだったので、今回はラーズの名言をピックアップ!



    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    −これまでの歳月の間に学んだことがあるとしたら、
    それは何ですか?−


    自分でコントロール出来ないことでくよくよ悩んで時間を
    無駄にするな
    、ということかな。世の中には俺の手に負えない
    こともあるし、それについて知る必要もないということも、
    何でもやれる必要はないんだということも判った。昔は、
    それが判っていなかったんだ。


    例えば、俺はコンピューターを持っていない。その俺が、
    DVDについて何の決断を下せると言うんだ?俺は10年遅れて
    いるけど、俺の周りには総てを知っていて、俺の代わりに
    やってくれる人達がいる。俺を焚き付けるのはいつだって
    音楽だし、それが俺がいつもやっていたいことだ。


    引用元:『BURRN!』2000年2月号インタビュー記事
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    あんなメタリカという大看板をしょってる大巨人でも
    ラーズの身長はちっこいけど)できないことはあるっちゅう
    わけですなぁ。。。


    やれることを全力で、あとは人と運任せ(笑
    大いに賛成だ!


    そういえばラーズの兄ちゃん!
    ニッポンには「果報は寝て待て」って言葉があるぜ!


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    やはり書かないわけにはいかないだろうこの話題(笑

     

    他のブログでも目にしたことがあるかもしれませんが、
    ビートルズメタリカビータリカ。。すげー安直(笑

     

    英語で書くとこうですか↓
    BEATLES + METALLICA = BEATALLICA

     

    そういえばROCKTALLICAなんて言葉、昔ありましたな(苦笑
    ビータリカの詳細はこちら↓

     

    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    01年に冗談で結成され、ネットと口コミで話題沸騰。
    ビートルズの曲をメタリカ風にカヴァーする噂の4人組
    トリビュート・バンド、ビータリカビートルズの版権を持つ
    〈SONY/ATW MUSIC PUBLISHING〉が、ビートルズの著作権を
    侵害していると激怒し、ウェブサイトが閉鎖に追い込まれて
    しまったものの、ビータリカのファンが猛反対し見事に復活。
    この措置を撤回するよう求める多数の抗議文が同社へ寄せられた他、
    メタリカラーズ・ウルリッヒメタリカの顧問弁護士を
    仲介役に立てるなど、渦中の彼らがついにファースト・アルバム
    『Sgt. Hetfield's Motorbreath Pub Band』を7月10日
    リリースする。本作は、さすが世界中のリスナーが大騒ぎするだけあり、
    ジェームスそっくりのヴォーカルと本家顔負けのテクニカルな
    演奏にびっくり。『A Hard Days Night』のメタル版と言えば
    しっくりくるのでしょうか。ユーモアとインパクト絶大な
    この話題盤を聴いて、大いに盛り上がって下さい!

     

    引用元:bounce.com
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

     

    とりあえず発売日はCDショップで試聴だ!(買うかどうかは任せる!
    これはビリー軍曹からの命令だ!(大嘘

     

    発売前はとりあえずビータリカのオフィシャルサイトで濡れろ!
    ちょっとは試聴もできるぜ!

     

    BEATALLICA オフィシャル・サイト
    http://www.beatallica.org/

     

    ボーカルは確かにジェイムズにちょっと似てる(笑

     

    【追記】めでたく発売されました(笑

     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

     


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    2003年に新加入したベースの鶴次郎ことロバート・トゥルージロ。
    いまでこそ日本語表記は「トゥルージロ」に統一されたようだが
    スイサイダル・テンデンシーやオジー・オズボーンバンド在籍時、
    そしてメタリカに加入したての頃はその表記はバラバラ。

     

    トゥルジーロトゥルヒーロトゥルーヒロトゥルヒーヨなんて表記も。

     

    英字で書くと「Trujillo」なんでトゥルージロが正解にも
    思えるが、発音的には否!否!

     

    彼の出身地であるサンタモニカは英語の他にスペイン語が行き交う
    場所でもある。(鶴次郎さんはヒスパニック系なのだろうか?)
    そしてスペイン語では「ji」は「ヒ」と発音するのだ。
    もっとわかりやすい「j」の発音例で言えば「jose」は
    「ジョセ」ではなく「ホセ」である。

     

    ※ちなみに「ジョゼ」と「ホセ」は関係ない(何

     

    と、なるとやはり日本語表記的にはトゥルヒーロがより発音に近い
    と思われるわけで。。(『北の国から』の黒板純風に)

     


    Q:じゃあメンバーはなんて呼んでいるんだろう?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    A:ロブ


    ・・・ロバートの短縮形じゃトゥルージロの表記問題は解決しねぇ!!

     

    よし、、こうなったらライブのときのジェイムズがやる
    メンバー紹介をレッツ・リッスン!

     

    で「Orion」の冒頭、ベース紹介!



    「ロバート・トゥルヒーロー!!!」

     

    ほら〜!!やっぱ「トゥルヒーロ」じゃん!!
    まぁもうここまで「トゥルージロ」で表記が統一されてしまうと
    ここからひっくり返すのは困難ここに極まれり。

     

    ってことでもう「鶴次郎」で良くね?(投げやり

     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします! 


    このページのトップヘ