メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メタリカの4thアルバムである『...AND JUSTICE FOR ALL』
    (邦題:メタル・ジャスティス)はクリフ・バートン亡き後、
    ジェイソン・ニューステッドが加入して初めてのアルバムでも
    あるわけですが、ベースの音がバッサリ切り落とされている
    ことでもファンの間では有名ですね。

    一説には新参者のジェイソンに対する「いじめ」と言われて
    いますが、真相はよう知りません。

    ベースの音が切られていない曲はライブで聴くことが
    できるっちゃーできるんですが、スタジオ版でも
    ベースがしっかり「生きてる」音で聴きたいなぁ
    などと思っとったわけで。


    そしたら親切な御仁がYouTubeでベースラインを大きくした
    バージョンをUPしてくれているではないですか!!

    というわけでここでもリンク貼ってみました。
    まだこのバージョンを聴かれていないあなた!
    是非ご一聴を。

    ↓↓↓↓

    Blackened


    ...And Justice For All


    Eye Of The Beholder


    One


    The Shortest Straw


    Harvester Of Sorrow


    The Frayed Ends Of Sanity


    Dyers Eve


    やっぱりオリジナルよりコッチのバージョンの方が
    迫力あるなぁと思うのは私だけでしょうか?

    「To Live Is To Die」もこのバージョンで聴きたい。。

    リマスターしてほすぃ。。

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    こんばんわ。
    再びメタリカ情報局管理人THINGYです。

    手持ちの資料をもとにメタリカライブ
    セットリスト
    史なるページを作ってみました。

    これまた需要があるのかどうか
    よくわからないんですが (^_^;)

    正しい使い方としてはライブセットリストを眺めて

    「あぁこのときはこんな曲順でライブしてたんだぁ」

    と、ひとしきり妄想にふけるのが良いかと思われます。

    こちらもこの記事からリンク貼っときます。

    セットリストのページはこちらからどうぞ。


    よく見ると時代を問わず、カバー曲結構やってますね。
    「Am I Evil? 」とか相当お気に入りのようでw

    というわけで横にリンクのあるライブセットリスト
    のページもヨロシクお願いします。 m(_ _)m

    なお、追記して欲しいセットリストなどあれば
    管理人宛メールフォームからご一報ください。

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    こんばんわ。
    メタリカ情報局管理人THINGYです。

    当ブログもおかげさまで記事数が「それなり」に
    なってきたので、過去の記事をタイトル検索
    できるようにまとめてみました。

    どうしてもブログだと最新記事が先に出てきて
    時系列で見れないなぁと前々から思っていたもので。
    (過去ログは書いた順に並べました。)

    まぁニーズがあるかないかはともかく
    自分がまず必要としていたんですけどね (^_^;)

    というわけで横にリンクのある過去ログページも
    ヨロシクおねがいします。 m(_ _)m


    一応この記事からもリンク貼っときます。

    過去ログページはこちらからどうぞ。


    暇があったら隠しサイトでも作ってやろうかと
    企んでますがいつになることやら。。


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ここ日本では麻生太郎氏がマンガ好きの政治家として
    ここ数年で広く知れ渡ってきました。

    メタリカのなかにも、もっと前からマンガ好きといいますか
    日本のアニメ・マンガ・特撮愛好家がいらっしゃいます。

    ********************************************************
    メタリカの歌詞がファンに与える「危険」性について訊かれて−

    カーク・ハメット(g);
    (前略)人々がどう受け止め、さらにどう表現するかは、
    それぞれの個性だと思う。

    ホクトのケーン!(とカークが突然叫ぶ)

    僕の大好きなマンガだけどね、暴力でいっぱいだよ。
    家に帰ると何千冊というマンガが
    あって、日本のもたくさんある。

    『北斗の拳』、『デビルマン』、『ウルトラマン』、
    『ゲゲゲの鬼太郎』、『仮面ライダー』、『鉄腕アトム』、
    ・・・・・・特にデビルマンが大好きで、アメリカではデビルマン
    人形を手に入れるのがすごく難しいんだ。

    ミュージックライフ1987年1月号より
    ********************************************************

    カークはもうデビルマンのフィギュアは手に入れたんでしょうか?w

    ウルトラマンシリーズ、仮面ライダーシリーズはどこまで
    知っているのかも気になるところですなぁ。

    ウルトラマンガイアや仮面ライダー龍騎まで知ってたら、
    俺、尊敬しちゃうなw

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

    あっちなみに自分、甥っ子経由で知りましたw

    やりすぎ感が否めないTシャツ
    やりすぎ感が否めないTシャツ
    正義の味方は密かに使っているZIPPO
    正義の味方は密かに使っているZIPPO

    やりすぎ感が否めないコスチューム
    やりすぎ感が否めないコスチューム
    やる気のなさがヒシヒシと伝わるマスク
    やる気のなさがヒシヒシと伝わるマスク


    ●全国基本送料無料!デビルマン BOX

    ★豪華予約特典付!★特典ディスク2枚付!「北斗の拳」25周年記念DVD-BOX TVシリーズHDリマスタ...

    ≪中古PSソフト≫仮面ライダー 龍騎


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メタリカへの愛情表現なのか、はたまたメタリカ
    新譜をなかなか出さないことへの抗議なのか?


    METALLICAが新譜出すまでヒゲ剃らね!」


    と宣言し、ヒゲが伸び放題になってるファンが
    写真をアップしていらっしゃいました。


    伸ばし始めたのは2006年の8月21日
    ちょうど日本でサマーソニックに出てた頃ですね。



    まぁかれこれ、それからも結構な時間が
    経ってしまったわけで。。。



    そのヒゲの変遷をご覧ください。
    2006年8月21日



    2006年8月29日



    2006年9月12日



    これ↑なんかザ・ワイルドハーツのジンジャーに似てる(笑

    2006年9月20日



    2006年10月3日



    2006年11月4日



    2006年12月3日



    2007年1月4日



    このあたりから髪型が。。。

    2007年1月30日



    2007年3月11日



    着ているTシャツも気になるところ。

    2007年4月29日



    2007年6月7日



    2007年7月12日



    2007年8月24日



    2007年10月20日



    これ↑で2007年10月20日現在。


    もう完全にモスクか教会にいそうな感じです。


    ソース元:I will not shave my beard until Metallica comes out with a new album.


    1年でこんなにヒゲが伸びるんですなぁ。
    ヒゲの薄いわたくしはここまでしっかりしたヒゲは無理です。


    メタリカ諸兄、とりあえず早くヒゲ剃らせてあげてください!w


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!

     

    ザ・ワイルドハーツの近作

    最近のザ・ワイルドハーツ(おまけ

    このページのトップヘ