メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    どうも。とりあえず今日もムリクリ更新してます。


    おおげさなタイトルつけちゃいましたが、
    実際こういうメタリカ愛好家が作ったサイトやブログって
    更新がパタッっと止まることはよくあることなんです。
    (自分も2003年に挫折経験あり(苦笑)


    何が問題なのか?


    これはひとえにメタリカが新譜をチャッチャと出せない
    バンドだから、これに尽きます。(たぶん


    新譜を出すかライブをしないとミュージシャンの
    情報ってなかなか表に出てこないのが実情。
    まして海外アーティストとなるとなおさら。


    そしてメタリカともなるとニューアルバムが出たら
    ワールドツアーやって、長期休暇とって、スタジオ入りして
    新しいアルバム作るなんてやってたら、、、、



    そら5年6年、簡単に経つわな!



    しかも、DVD『メタリカ 真実の瞬間』にも描かれているように
    バンドそのものがメチャクチャな状態だったわけで、、、



    そら新しいメタリカの情報は出てこんわな!



    最近じゃライブアースに出演してそのあとヘッドライナー公演
    もしてるからそういうニュースはあるけれど。
    (2007年7月13日にデンマークでライブしたまではわかった)


     

    じゃあ、どうすりゃいいんだと。
    何書きゃいいんだと。



    何を書くか、それは次回以降の宿題です。
    (「答え」出してないのかよ



    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    もうYouTube動画は見られるようになったようですね。
    アクセスが集中してたんでしょうか?
    とりあえず復旧したんで一安心。


    ライブアース関連でまたニュースがあったのでご紹介。


    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    7/7(土)に開催された世界規模のチャリティー・コンサート
    「ライブ・アース」。この模様を中継したBBCが、メタリカの演奏途中で
    中継をカットしたことにより、同局には抗議が殺到したようだ。
    メタリカはこの日、ウェンブリー・スタジアムで行なわれた
    ロンドン公演に登場。「Sad But True」「Nothing Else Matters」
    「Enter Sandman」の3曲を演奏して会場を沸かせた。しかし、
    「Nothing Else Matters」の途中で、TV中継はオーストラリア会場の
    クラウデッド・ハウスのステージへと切り替えられてしまった。
    これに憤慨した視聴者から苦情が続々と寄せられる結果となった。
    なお、メタリカはこの翌日、同じくウェンブリー・スタジアムで
    ヘッドライン公演を行なっている。


    引用元:vibe(2007-07-11)
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    いやぁテレビ局の人たちも大変ですねぇ(苦笑
    敵に回したら一番やっかいなファンを敵に回してしまいました(笑


    曲の途中でぶったぎりて。。
    ありえん。。
    そら抗議殺到するわ。
    「Creeping Death」「Die!Die!」コールの途中なら
    教育上よろしくないとカットされかねないかもしんないけど(笑
    (BBCならやりかねない)


    ただでさえニューアルバムはまだかとやきもきしてるとこに
    中継カットじゃいきり立たないわけがない(苦笑


    ファンの溜飲を下げるにはもう新譜の発表これしかないでしょ!
    ってことでメタリカさんお願いします m(_ _)m

     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    依然としてYouTube動画が見れないということで
    メタリカの画像が見られるサイトをご紹介しようかと。


    ミュージシャンの写真撮影で有名なカメラマン、
    ロス・ハルフィンの公式サイトではメタリカをはじめ、
    エアロスミスレッド・ツェッペリンジェフ・ベックオアシス
    ガンズ・アンド・ローゼズホワイトスネイクモトリークルー
    オジー・オズボーンパンテラエミネム(順不同)・・・
    挙げてたらキリないほどたくさんの洋楽アーティストの
    画像を見ることができます。


    >> ロス・ハルフィン公式サイト


    ちなみにこのブログで使用している上の画像の左から3番目、
    一番有名なクリフ・バートンの写真もロス・ハルフィン
    が撮った写真なんですね。(勝手に使ってゴメンナサイ)


    このクリフ・バートンの写真がプリントされたTシャツが
    ロス・ハルフィンの使用許可のもと、PGS音楽市場
    売られていました。(買っちゃおうかなぁ〜)


    クリフ・バートン プリントTシャツ



    話は戻って、このロス・ハルフィンの公式サイトで見る
    メタリカの写真、舞台裏で撮ったものが多くて
    メンバーの素顔が垣間見れます。


    有名なカメラマン・写真家が人物を撮るとやはり
    その人の「素」が写真に出るということでしょうか。



    そしてしばらく大量にあるメタリカの画像を見てたら
    衝撃写真が。。。



    ラーズ・ウルリッヒのチ○コが写ってる!!


    いやいやいやいや!


    これは載せちゃダメでしょ!(爆


    しかも先輩ミュージシャンであるアイアンメイデン
    スティーブ・ハリスと一緒に写ってるのに(笑


    有名なカメラマン・写真家が人物を撮るとやはり
    その人の「素」が写真に出るということでしょうか(笑


    さぁラーズの恥ずかしい画像を探してみよう♪(悪ノリ


    >> ロス・ハルフィン公式サイト

     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    このメタリカ情報局にYouTubeの動画を貼り付けておるわけですが、


    現在、YouTube動画を見ることができません。


    YouTube本体もアクセスしにくい状態にあるので、ライブドアブログ
    というよりYouTubeが原因でしょう。


    「動画みたい!」と思ってアクセスしてくださった方には
    申し訳ありませんがいましばらくお待ちくださいませ。

     

    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


    【追記】

    一応解決済みなんですが、時間帯によっては見れないときもあるようです。


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    サッカー日本代表監督がイビチャ・オシムになってからサッカー界で
    複数のポジションをこなす選手のことをポリバレントということが
    増えてきたそうです。


    自分はサッカー詳しくないので一瞬「入れ歯安定剤」かと思いました。。

    トルシエのころはユーティリティープレイヤーだとか、
    マルチロールだとか、マルチプレイヤーだとか言ってた気がしますが。


    まぁここはサッカーのページじゃないので
    そのへんは深くつっこまないようにします。



    なんでそんな「まくら」(これは落語用語ですね)から入ったかと言うと、
    メタリカも流行りの「ポリバレント」ってヤツなんですよ。
    バンドにとって複数のポジションと言えば、、、、楽器ですね。


    ジェイソンがいた時代になるんですが、メタリカ全員が
    「ポリバレント」なアーティストなのです!


    その証拠がこれ↓



    ジェイムズ:リズムギター&ボーカル→ドラムス
    ラーズ:ドラムス→ボーカル
    カーク:リードギター→ベースギター
    ジェイソン:ベースギター→リードギター


    見事なポジションチェンジ(笑


    長い時間帯のライブや長期滞在のツアーだとこういうお遊びも
    見れたりするんですかねぇ。。


    そんなメタリカ、ひと目見たいもんです。


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


    このページのトップヘ