メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ライブアース(LIVE EARTH)の記憶が覚めやらないうちに
    というわけでもないんでしょうが・・・。


    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    METALLICAの激レア・デモ音源集『Fan Can The Demo's Vol.1』
    が8月1日にリリース


    韓国でのライヴを収録したライヴDVD『Live In Korea』の発売を
    7月31日に控えたメタリカ。彼らが以前にファンクラブ限定で配布した、
    デモ音源シリーズ『Fan Can』が8月1日に待望のオフィシャル・リリース
    されることが決定した。ファンには大好評のこのシリーズは、もともとCD、
    DVD、Tシャツなどのアイテムが缶詰めにされた激レア・セット。
    今回はそのセットの内、CDのみがリリースされることになりますが、
    オフィシャル・サイトでは現在完売となっている貴重音源だけに、
    これを見逃す手はありません。期待して待ちましょう!


    引用元:bounce.com(2007-07-06)
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    いやぁズルいなぁ、メタリカ。。
    こんなん熱狂的ファンだったら、ファンクラブで手に入れてても
    オフィシャルはオフィシャルで買っちゃうじゃん。。


    ホント日本だとメタリカの情報ってビーイング系のアーティストか!って
    ぐらい露出情報少ない気がしてるんですが(苦笑
    メタリカは海外アーティストにしちゃ、まだあるほうですかね。。


    ビーイング系がわからない人はこちらをクリック


    まぁそんな飢餓感のなか、こんなニュース流れたら
    飛びつかずには入られない(笑


    そんなメタリカ中毒な日常。


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    さてさて、前回、ライブアースのこと書いて持ち越した新曲の話題から。
    『ST.ANGER』の次作に収録されるであろうメタリカの新曲をソウル公演で
    披露しているのでまたまたYouTubeから拾ってまいりました!


    曲名は2曲目ということで「The Other New Song」という
    味気ない仮タイトルになってますが、アルバム本編では
    おそらく「Vultures」になるでしょう。


    「Vultures」・・・聴きなれない単語なんで調べてみました。


    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    vulture (名詞)

    1.鳥 a.ハゲワシ b.コンドル
    2.(弱い者を食いものにする)強欲な人、冷血なやつ

    引用元:ジーニアス英和辞典(改訂版3版)
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    おそらく後者の意味で使っているんでしょう。
    リスニング力ないんで早いトコ、歌詞全文も知りたいところです。


    そんなわけでYouTubeでアップされていた「Vultures」(ソウル公演より)↓




    スタジオ版が聴きたい方はこちら↓


    ※注意:メタリカ本人じゃないコピーバンドがライブ音源から再現した
    ものなので、アレンジやボーカルは本物じゃないんでその辺はご勘弁!



    パンクのような、モーターヘッドのような疾走ナンバーですね。
    やっぱりNWOBHMを思い出したんでしょうか?(笑


    >>悪魔の辞典(メタリカ関連抜粋)より


    こっちは大作的な長い曲ではなさそうです。


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


    【追記】

    歌詞はこっちに書きました〜。
    メタリカの新曲の歌詞(1)
    メタリカの新曲の歌詞(2)


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    新曲(2)の前にもっとタイムリーなライブアース(LIVE EARTH)の話題を。


    ライブアースとは2007年7月7日オーストラリア・シドニーを皮切りに、
    世界全7大陸の各地で順次、開催される地球温暖化防止の啓発を目的とした
    コンサートキャンペーンです。


    参加アーティストが多岐に渡ってとっても豪華なんですが、
    そのうちメタリカも参加しているというわけです。


    ちなみにメタリカ以外の参加アーティストを一部抜粋すると、、
    (順不同)


    アリシア キーズ(Alicia Keys)

    ボン ジョヴィ(Bon Jovi)

    スマッシング パンプキンズ(Smashing Pumpkins)

    ポリス(The Police)

    ビースティ ボーイズ(Beastie Boys)

    ブラック アイド ピーズ(Black Eyed Peas)

    ブロック パーティ (Bloc Party)

    デュラン デュラン(Duran Duran)

    フー ファイターズ(Foo Fighters)

    ジェネシス(Genesis)

    キーン(Keane)

    カサビアン(Kasabian)

    マドンナ(Madonna)

    レッド ホット チリ ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers)

    リンキンパーク(Linkin Park)

    イエロー マジック オーケストラ(YMO)

    リップスライム(RIP SLYME)


    ホントに豪華!!(他にも豪華なアーティストでお腹いっぱいっす)
    知らないうちにポリスとYMOが再結成されてました(笑


    ライブアースの公演はアメリカイギリスオーストラリア日本
    中国南アフリカブラジルドイツで行われたんですが、
    メタリカはこのうち、イギリス公演に参加。


    ライブの様子はCSやネットで生放送が配信されてましたが、
    時間的に視聴はムリと判断(笑 時差ありますからねぇ〜。


    このへんがメタリカ愛が足らねぇとかいわれるんだろうな(苦笑



    まぁそんなわけで見た人も見逃した人もいることかと思いますが
    ライブの様子はまだ見ることできます。


    まずはライブアースの公式ページに行ってから。


    >>「LIVE EARTH」日本公式ページ


    そこからビデオ(画面上部)→再生リスト(画面下部)で「イギリス」
    アーティスト/タイトルで(画面下部)「METALLICA」を選択。
    そしてビデオ(画面下部)の曲名を選択すれば見られます。


    メタリカは当初予定されていた「For Whom The Bell Tolls」
    含んだ4曲だったようですが、3曲だけ。
    すべてブラックアルバムからの曲となりました。

    「Sad But True」
    「Enter Sandman」
    「Nothing Else Matters」


    この公式ページからはいつまで見れるかわからないので
    YouTubeにアップされていた動画も合わせてリンクっときます。


    「Sad But True」


    「Enter Sandman」


    「Nothing Else Matters」



    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    2006年のサマーソニック(以下サマソニ)やその後のソウル公演等で
    『ST.ANGER』の次のアルバムに収録されるであろう新曲を2曲披露!


    仕事のせいでサマソニは留守番組だった自分ですが、
    YOUTUBEでなんとかその新曲を聴くことができました。


    ってことでリンクしちゃいます。
    まずは1曲目。
    セットリストでは「The New Song」と端的に書かれていますが、
    「Death Is Not The End」がタイトルのようです。




    鶴次郎、ベースのチューニング合ってなかった?
    「間違えちゃった」みたいなこと言ってる鶴次郎がオチャメ(笑


    スタジオ版が聴きたい方はこちら↓


    ※注意:メタリカ本人じゃないコピーバンドがライブ音源から再現した
    ものなので、アレンジやボーカルは本物じゃないんでその辺はご勘弁!



    この曲は『ST.ANGER』の流れをくむ新曲って感じですね。
    スロー、ファストのテンポの切替やリフを多様してたり、
    曲構成が複雑で曲の時間そのものが長かったり(苦笑


    今回はカークの意向も働いてちゃんとギターソロ部分も
    あるところが『ST.ANGER』と違う点ですかね。


    もう1曲はまた次回


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


    【追記】

    歌詞はこっちに書きました〜。
    メタリカの新曲の歌詞(1)
    メタリカの新曲の歌詞(2)


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    今や伝説的なベーシストの感があるクリフ・バートン


    そのベース・ソロはYOUTUBE等でも見ることができますね。
    まぁほとんどはクリフの生前の勇姿をファンが撮ったブートレグ
    (海賊版)ライブやインタビューのVTRを寄せ集めて
    再構成した『CLIFF 'EM ALL』からの映像なんですが。


    クリフ・エム・オール
    CLIFF 'EM ALL


    日本ではVHSが出たっきりですが、海外では日本製DVD再生機
    では見れないリージョンコードで再発されたみたいです。
    早いところ日本でも見れるDVDで再発してほしいところ。


    ってか何してんだ!ソニーミュージック!
    廃盤なんてありえんぞ。。
    権利の問題とかあるんかな?


    ベースソロのパターンは『MASTER OF PUPPETS』に
    収録された「Orion」からアメリカ国歌その他いろいろ
    ありますが、自分があまり聞きなじんでいないものが
    聴けるところがあったのでご紹介しましょう。
    聴けるのはメタリカ以前のクリフのベースデモ音源です。
    しかもVideoのページには1984年にメタリカ以前に
    参加していた「The Agents of Misfortune」というバンド
    でのオーディション風景が見れます!(激レア


    >>http://www.rotgrub.com/


    オーディション風景では「For Whom The Bell Tolls」の
    リフも垣間見れてかなり感動!


    それにしても独創的かつクールです!
    かなりデストーション効かせてますね。
    この感じはクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ
    にも似てます。(ってかこっちは時代的にだいぶ後ですが。


    夭折したから美化されているなんて心無い人もいますが
    これらを聴いたらちょっとは認識変わるかも。
    音源がループしているのでページを開いている間は
    永遠に聴けます(笑


    このベースが組み込まれたらまたこれまでとは違う
    名曲が生まれたのかなぁなんて妄想してたら


    飯3杯はイケる!


    ちなみにクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジが気になった方は
    これ↓を最初に聴いてみると良いです。


    ソングス・フォー・ザ・デフ
    SONGS FOR THE DEAF


    まだまだ知らないことばっかですねぇ。。


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


    このページのトップヘ