メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メタリカのデビューアルバム『KILL 'EM ALL(キル・エム・オール)』
    ですが、LPで発売された当時(1984年)は邦題がつけられてました。



    その名も『血染めの鉄槌』
    ん〜ジャケのまんまだけど、いかにもメタルっぽい(はぁと


    血染めの鉄槌


    中身の曲も一部は邦題になってました。
    どうなってたかというと・・・。


    「The Four Horsemen」→「電撃の騎士」


    そんなに強くなさそう(笑


    「Jump in the Fire」→「炎のジャンプ」


    ジャンプ世代(少年誌ね)としてはどうも
    ぶあつい漫画本が燃えているところを(以下略


    「Whiplash」→「鞭(むち)」


    まんま(爆


    「No Remorse」→「懺悔無用」


    四字熟語がクールにキマってます♪


    「Metal Militia」→「メタル軍団」


    軍団長はやっぱジェイムス兄貴っすか!


    「Seek and Destroy」→「見つけて壊せ」


    ドラゴンボール風に言うと「弾けて混ざれ」みたい(笑



    こうしてみるとレコード会社の方がメタリカは「メタル」
    であることを相当意識していたんだろうなと思いますね。



    なんかオリジナルの邦題とかつけたくなりますね。
    今度ためしになんかつけますか♪



    KILL 'EM ALL


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    こういうニュースはほほえましくて良いですね。


    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    全米No.1アルバム『St. Anger』('03年)に続く
    新作を制作中のメタリカ。夏にはスタジオを飛び出し、
    世界を廻り、8月の<SUMMER SONIC>にも出演した彼らだが、
    メンバーのカーク・ハメット(G)に初めての子供が
    生まれたことが分かった。


    ワールド・エンターテイメント・ニュース・ネットワーク
    によれば、妻のLaniが今月初めに男児を出産。
    Angel Ray Keala Hammettと名付けられたという。
    母子共に元気とのこと。


    ハメットは'98年に結婚した。


    メタリカの新作についての詳細は現在のところ未定だが、
    来年夏頃のリリースが見込まれている。


    T.Kimura


    引用元:BARKS(2006-10-23)
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    やっぱり息子もミュージシャンになっていくんでしょうか?
    気が早すぎますか(笑


    さすがに『Garage INC.』のプロフィールで
    ノロけるだけのことはある。


    カーク・ハメット


    ってかあの当時カーク、新婚ホヤホヤやん!



    GARAGE INC.

     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    こういうときのコメントが人の器の大きさが
    わかるというものです。


    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    イラクのフルージャで米軍の総攻撃がはじまった。


    米軍はへヴィメタル/ハードロックを“武器”として使用している。
    (中略)使われているのは主にメタリカ、AC/DC、
    ガンズ・アンド・ローゼス、レッド・ツェッペリン、
    ジミ・ヘンドリックスといったアーティストの楽曲だ。
    BBCはこれについて「効果あり」との米兵の声を報じている。
    また、メタリカジェイムス・ヘットフィールドが先週、
    米NPRラジオの番組『Fresh Air』に出演し、こうした使い方に
    ついてコメントした。


    彼は米軍から許可を求められたことはなく、また印税も入らないが
    「文化の違いから攻撃の道具になる」とし、「歌詞は表現手段の一つ
    で、自らの狂気を表現するための自由。イラクの人々が自由の味を
    知らないなら、これで体験してもらえればうれしい」
    と司会者の
    テリー・グロスに語った。


    また、彼の曲が“拷問”になることについて、イラク人だけでなく
    すでにメタル・ファンの「両親や妻を苦しめている」
    皮肉混じりのジョークで答えた。


    しかし、次に真剣な口調で「本当の理由は分かっている。
    この類の音楽には妥協がないんだ。まったく容赦しない……
    デス・メタルを12時間ぶっ通しで聞いたら、俺だって頭がおかしくなる。
    相手の知りたい情報を何でも教えてしまうだろう」
    と話している。


    戦闘では、AC/DCのアルバム『Back in Black』('80年)収録の
    「Hell's Bell」「Shoot To Thrill」、メタリカの「Enter Sandman」
    がよく使われているという。


    T.Kimura


    引用元:BARKS(2004-11-24)
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    <すでにメタル・ファンの「両親や妻を苦しめている」
    ジェイムズ兄貴、ナイスなコメントです(笑


    しかし、その拷問に使われると言われている曲だったら
    ぶっ通して聞いても飽きることはあっても何もかも白状する
    ところまでいくかなぁ。。やっぱりジェイムズの言うとおり、
    文化の違いってのがデカイのかもしれませんね。



    BACK IN BLACK

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    こういうニュースはあんまり聞きたくないけど、
    本業に悪い影響なさそうなんでとりあえず良し、、ですか?


    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    メタリカのオフィシャル・サイトによると、7月19日(月)、
    ラーズ・ウルリッヒ(Dr)が妻のスカイラーと離婚すること
    を公表した。2人は数ヶ月前から別居していたらしい。


    ウルリッヒは最近、NYポスト紙によって映画
    『Gladiator/グラディエーター』に出演したデンマークの女優、
    コニー・ニールセンとニューヨークのグリニッチビレッジでの
    熱愛が報道されたばかり。


    サイトに掲載された声明には、ウルリッヒ夫妻は
    「7年間の結婚生活を経て、離婚することになった。
    現在、すみやかに離婚手続きを行っている」と書かれている。


    ラーズとスカイラーの間には2人の子供がいる。


    先日、ニューヨークほかの都市で公開されたメタリカ
    ドキュメンタリー映画『Some Kind of Monstor』が大絶賛された。


    T.Kimura


    引用元:BARKS(2004-07-20)
    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


    熱愛が先なのか、夫婦仲の冷却が先なのか
    それが問題だ。。ってか?(シェークスピア風


    ちなみにこの新恋人も結構な美人でいらっしゃる。

    新恋人との2ショット↓

    ラーズとコニーの2ショット

    やっぱスターはちげぇや。。



    SOME KIND OF MONSTER

     

    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    驚愕の事実!

    メタリカ」が活動し始めたのはラーズとジェームスが出会った
    1981年だが、それ以前に「メタリカ」は存在していた!(東スポ風)


    そいつが「メタリカ」を名乗ったのは1981年より20年近く前の1966年。
    この年の音楽の最大の話題と言えば、ビートルズ来日
    そんな時代である。

    まだメタルという言葉は音楽用語としては一般化していなかった。
    そんな時代を先駆けての「メタリカ」である。


    こいつはもはや革命的事件だ。


    ではご登場いただこう。
    元祖「メタリカ」の入場です!(リングアナ風)


    「The Origin Of MetalicaaaaaAAAAAAAAAA!!!!!」
    (総合格闘技『プライド』のリングコール、レニー・ハート風)

    あれ?L(エル)が一個足らなくね? ヒソ(´゚ω゚)(゚ω゚`)ヒソ

     

     

    クリックして元祖「メタリカ」を見る

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    音楽関係ねぇ〜(苦笑
    あんましカメラについては詳しくないけど、この「メタリカ
    歴史的銀塩カメラなんだそうです。


    写真を見ておわかりのとおり、ペンタックス製。
    TTL方式の絞り優先AEを装備しているらしい。
    って書いててよくわからないんですが。。


    L(エル)が一個足らない「METALICA」なのも正しいわけです。


    もったいぶってこれだけかよ!
    自分に突っ込んでTHE END。m(_ _)m


    この記事へのトラックバック・コメント等々待ってます!


    ブログランキングに参加しています。
    メタリカ情報局への応援クリックお願いします!


    このページのトップヘ