メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    順番が前後しますが、2018年2月10日にクリフ・バートンの地元、カリフォルニア州カストロバレーにて「Cliff Burton Day」を祝福する集会が開催されたとのこと。Loudwireのレポートを管理人拙訳にてご紹介。

    CBD-Mike-Bordin1

    56回目の誕生日にクリフ・バーとの生涯と遺したものはカリフォルニア州カストロバレーの故郷で祝福された。クリフ・バートン・デーとして街から正式に宣言され、カストロバレー音楽学校では、長年の友人、元バンドメンバー、そしてファンが彼らの物語と思い出を分かち合う親密で心のこもった集会が行われたのだ。

    バートン・ファミリーを代表するのは、サンフランシスコ郊外で子供時代を過ごした頃からクリフのことを知っていたフェイス・ノー・モアのドラマー、マイク・ボーディンだった。クリフの父親であるレイ・バートンは参加がかなわなかったが、彼が集まった人たちに心の底から感謝したい旨の説明をした。その後にマイクはまず、かのベーシストについて誰しもが語らなければならないことを話した。「彼は偉大なヤツだった。死によって生きていた人生よりも大きくなる人がいる。時にはそれが正しくないこともある。クリフはそうじゃなかった。彼は本当に偉大なヤツだった。スマートなヤツだった。そして思いやりがあった。死によって彼は今よりもずっと崇められることとなった。彼は今や伝説だ。彼を知っていた我々はそれを乗り越えることはできないだろう。」

    長年の友人であり、『Murder in the Front Row』の共著者であるハラルド・オイモエンはどれだけクリフが謙虚であったかを口にし、『Master of Puppets』時代に彼と地元のバーに行った時に、注目を浴びることになってクリフがどれだけ落ち着かなかったかを聴衆に語った。「彼はお世辞が好きじゃなかった。最も地に足の着いたヤツだったんだ。」

    (中略)

    今回が最初の公式のクリフ・バートン・デーだったが、多くの人々の人生にまで影響した人に対して敬意を払うことは、もはや長年の伝統となるに違いない。

    CBD-Mike-Bordin2

    cbd-Bass

    Loudwire(2018-02-11)
    その他の当日の写真は記事元ネタをご覧ください。

    そしてメタリカはWorldwired Tourの真っ最中ということでこの集会には参加できませんでしたが、翌日のトリノ公演のセットリストにはクリフを称える「Orion」が。
    27574817_218158968742314_6924475604666417152_n

    「Orion」のリハーサルの様子も公開されています。


    そしてトリノ公演の「Orion」


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    故クリフ・バートンの地元で2018年2月10日が「クリフ・バートンの日」に制定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジェイムズ・ヘットフィールドが、70年代にシリアルキラー(連続殺人犯)としてアメリカを震撼させたテッド・バンディを描いた映画『Extremely Wicked, Shockingly Evil, And Vile』に出演するとのこと。ジェイムズが本人役以外で映画に出演するのは今回が初めて。
    27658107_10155105509455264_7460448906232024377_n

    ジェイムズが演じるのは、テッド・バンディを最初に逮捕するユタ州のハイウェイパトロール警官のロバート・ヘイワード(ボブ・ヘイワード)。ロバートご本人は昨年8月に90歳で亡くなったばかりでした。
    robert_heyward

    同映画の監督は、メタリカのドキュメンタリー映画『Metallica:Some Kind Of Monster(邦題:メタリカ 真実の瞬間)』を監督したジョー・バーリンジャー。ジェイムズを起用したジョー・バーリンジャーは次のように語っています(管理人拙訳)。
    ジェイムズとメタリカのメンバーたちとは映画の舞台裏で何百時間も過ごしたから、彼のカリスマ性や力強い存在感というものを近くで体感してきた。その同じパワーや惹きつける魅力をドラマチックな役に持ち込むのは極自然なように思えたんだ。だから彼がこの映画に出演してもらう私の口説き文句に応じてくれた時には興奮したよ。

    Deadline(2018-02-12)

    シリアルキラーのテッド・バンディと、彼が犯罪を犯していたことを知らずに長年同棲相手だった恋人エリザベス・クロフェーファーの関係を中心に描く今回の映画。テッド・バンディをザック・エフロン、エリザベス・クロフェーファーをリリー・コリンズが演じている他、ジョン・マルコヴィッチ、ジム・パーソンズ、ヘイリー・ジョエル・オズメント、カヤ・スコデラリオ、アンジェラ・サラフィアン、ジェフリー・ドノヴァン、テリー・キニー、ディラン・ベイカーらが出演。撮影は2018年1月10日に開始されているとのこと。公開日は現在未定。

    日本でもぜひ公開をお願いしたいところです。

    【追記】
    監督のジョー・バーリンジャーのinstagramで撮影中のジェイムズの姿が投稿されました!
    27879708_1463471460445046_4390788583309443072_n
    instagramより(2018-02-13)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ジェイムズ・ヘットフィールド、アニメ「American Dad」に声優として本人役?で出演
    ラーズ・ウルリッヒ、イラン人監督のコメディ映画『Radio Dreams』に出演
    ラーズ・ウルリッヒ、ニコール・キッドマンと共演。
    ラーズ・ウルリッヒ、ニコール・キッドマンと共演の予告映像公開。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    カーク・ハメットがゲスト参加したマイケル・シェンカー・フェストのアルバム『Ressurection』が発売されることを以前こちらでもお伝えしましたが、カークが参加した曲「Heart And Soul」が公開されました。

    Heart And Soul


    曲中でカークはロビン・マッコーリーとゲスト参加。マイケル・シェンカーとギターソロを分け合う形で弾いています。

    『Ressurection』は国内盤は2018年2月28日、輸入盤は2018年3月2日に発売。国内盤は、ボーナスDVD付きエディション、500セット数量限定版(CD+ボーナスDVD+Tシャツ付)も発売されます。

    MSF_Ressurection
    Ressurection


    ボーナスDVD付きエディション

    500セット数量限定版(CD+ボーナスDVD+Tシャツ付)

    以下、トラックリストとメンバー。
    01. Heart and Soul (feat. Robin McAuley & Kirk Hammett)
    02. Warrior (feat. Gary Barden, Graham Bonnet, Robin McAuley & Doogie White)
    03. Take Me to the Church (feat. Doogie White)
    04. Night Moods (feat. Graham Bonnet)
    05. The Girl with the Stars in Her Eyes (feat. Doogie White)
    06. Everest (feat. Graham Bonnet)
    07. Messin' Around (feat. Gary Barden)
    08. Time Knows When It's Time (feat. Robin McAuley)
    09. Anchors Away (feat. Doogie White)
    10. Salvation
    11. Livin' a Life Worth Livin' (feat. Gary Barden)
    12. The Last Supper (feat. Gary Barden, Graham Bonnet, Robin McAuley & Doogie White)

    【ボーナスDVD収録予定内容】
    01. ウォリアー(ビデオ)
    02. ザ・ドキュメンテーション
    03. インタビュー
    04. LOUD PARK 2017 来日ドキュメンタリー

    【メンバー】
    マイケル・シェンカー(ギター)
    ゲイリー・バーデン(ヴォーカル)
    グラハム・ボネット(ヴォーカル)
    ロビン・マッコーリー(ヴォーカル)
    ドゥギー・ホワイト(ヴォーカル)
    クリス・グレン(ベース)
    テッド・マッケンナ(ドラムス)
    スティーヴ・マン(ギター/キーボード)

    作品解説はこちらから。

    これまで公開されてきた予告編は以下の通り。

    Warrior


    予告編(日本語字幕付)


    予告編第2弾(日本語字幕なし)


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    マイケル・シェンカー・フェストのアルバム『Ressurection』にカーク・ハメットがゲスト参加

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカの『Hardwired...To Self-Destruct』ヴァージョンのロゴを配したVANSの「SLIP ON」と「SK8-HI」が2018年2月16日(金)に登場するとInstagramでリークされました。

    26864598_191695974755933_9194636588225658880_n
    instagramより(2018-01-19)

    27578876_175484169734652_7020326114933342208_n

    26871774_173113733309156_3543992869884788736_n

    27576878_947094282113441_6288878177808809984_n
    instagramより(2018-02-09)
    現時点で国内の取り扱いは未定です。。

    【追記】
    Tシャツと帽子も一緒にリリースされる模様。
    26869044_170451383729474_829885482287497216_n
    instagramより(2018-01-25)

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ自らがデザインしたVansのコラボ・シューズ発売開始
    発売30周年を記念してVans×Metallicaコラボの『Kill 'Em All』スニーカーがいよいよ発売
    Vans×Supremeでメタリカの『Load』のアートワークを使用したスニーカーを発売
    メタリカ×VANSコラボ第2弾 20周年記念スニーカー発売予定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    リマスター盤の『The $5.98 EP - Garage Days Re-Revisited』の国内盤となる『メタル・ガレージ』がSHM-CD仕様で2018年4月13日にユニバーサルミュージックから発売されるとのこと。同日には旧譜のSHM-CDも発売される(旧譜は2016年リマスター音源)。
    gragedays

    各販売サイトはこちらから。

    ユニバーサル・ミュージック

    Amazon

    タワーレコード

    HMV

    ディスクユニオン

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、『The $5.98 EP - Garage Days Re-Revisited』のリマスター盤を発売

    このページのトップヘ