メタリカ情報局

メタリカを愛してやまないものの、メタリカへの愛の中途半端さ加減をダメだしされたのでこんなブログ作ってみました。

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジェイソン・ニューステッドが2017年5月3日から7日にかけて行われた「Art Miami」主催の現代美術展、第3回「Art New York」と第2回「CONTEXT New York」に『RAWK』というタイトルの絵画作品12点を出展。50か国、150以上のギャラリー、1200人以上のアーティストが参加する国際現代美術展へのデビューを果たしたジェイソンにGuitarWorldがインタビューを行いました。アートとの関わりやメタリカについて語っています。管理人拙訳にてご紹介。

    RockSeenBobGruen-image2
    写真は同展示にて『ROCKERS』というシルクスクリーン作品を出展したロックフォトグラファー、ボブ・グルーエンと。

    −今年のArt New Yorkにはどのような経緯で関わるようになったのでしょうか?

    Art Miamiのオーナーと会う機会があってね。彼はメタルが大好きで、会った時に俺が手がけた絵をいくつか見せたら招待してくれたんだ。それで俺はここ数週間、アメリカのさまざまな場所を旅行してきて、過去7、8年のなかからキャンバスを持ってきた。国際展なんて初めてのことで、俺はとても興奮しているよ。

    −アートは子供の頃からいつも興味を持っていたものだったんでしょうか?

    若い頃、農村部で育って、そういう授業を受けていたよ。そこでアクリル絵の具と色を混ぜるということに出会ったんだ。それから3年ほど経って音楽に衝撃を受けて、がっつり30年もの間はその他全てのことが二の次になってしまった。

    −絵を描くことに戻ったのはいつ頃ですか?

    いったんメタリカに入って、その他のプロジェクトに取り掛かり始めると、俺はいつもいろんなことをやって、たくさんの機材の周りを動き回って自分をメチャクチャ忙しくしていた。(結局)俺は肩を痛めて手術が必要になってしまった。回復している間、俺がこれまで慣れ親しんだやり方で楽器を演奏することができなくなっていた。両手を必要に応じて使うことを練習しなくちゃならなかったんだ。俺にとって、音楽はフルタイムでやるものだった。それが出来なくなった時、俺はいつも音楽に注入していた創造的なエネルギーの全てを両手を使うことで放出し始めた。

    俺は片腕でモンタナにある牧場をやっていた。そして納屋に行って塗装する必要があると思ったんだ。そこで古いドラムヘッドとそこらにあった塗るもの−ラスト・オリウム(訳注:防錆塗料)と緑と黄色のジョンディアのトラクターをみつけた。それからスノーブラシに色を染み込ませて、塗装していたものの上に塗料をぶちまけたんだ。

    丸や顔や形をかたどるためにキャンバスにさえ触れる必要のないところまで行ってしまったんだ。それが始まりだった。それから両手の状態も良くなって、キャンバスにもっと触れ始めた。だからイカしたメタル・モンスターからキャンバスの上へとエネルギーが転移したんだ。作品を持っている人たちは、絵が音楽のように見えるというのがほぼ一致した意見だ。


    −創造的なプロセスにおいて、あなたが一番好きなところは何ですか?

    (自分の手で描かれて)出てくる生き物、色、タペストリーのイメージは、目の前にするまで自分の心の中にも存在しているとはわからなかったものなんだ。自分の中から飛び出して、他の目で見ているような感覚なんだよ。実際の意図されたものなんてのも決してない。どこから始まってどこで終わるのか決してわからないんだけど、出てくるものはいつも楽しい驚きなんだよ。

    −絵画作品に土を混ぜるというアイデアはどこから来たんですか?

    そういうことをたくさんやっていたジャン・デュビュッフェ(訳注:20世紀のフランス画家)の多くの影響を受けたんだ。(塗料を)適切な配合で砂の中に混ぜると、成形したり彫刻したりできるペーストになる。どんな色が飛び出してくるのか全く予測不可能なんだ。

    −最初に正式な芸術作品に触れたのは何でしたか?

    俺はラーズに真剣にしかるべき敬意を伝えるつもりだ。彼は国際的な教育環境にあったんで、早くから本当にクールな作品に触れてきた。彼の家に初めて行った時のことを覚えているよ。彼は子供のアートのようなゲーム部屋にそういう額縁の絵を飾っていた。実は精神的な障害を持つ大人によって描かれたアートなんだと俺に言ったんだ。俺にとってすごい新鮮で、本当に面白かったね。それで階を上ると、彼が結局売ることになったあのバスキアの絵(訳注:映画『Some Kind Of Monster』でも登場する「Profit I」)があった。ストーブの上に日用雑貨のように掛けてあったよ(笑)。本当に大きくて、あの簡潔さと複雑さが魅力的だった。ラーズを通じて俺は多くの人たちに紹介された。だからこの作品を披露することで、彼に対して最敬礼しようとしているんだ。


    −音楽について少しお話させてください。Newstedの後、あなたは音楽活動を休んで、ソーシャルメディアから離れました。そのような決断に至ったのは何だったのですか?

    もともと、自分で50歳になったら自らに何かを証明しなければならないと自問していた。だからNewstedのためにたくさんのものを結集して曲を書いた。それに没頭して楽しい時間を過ごし、たくさんのことを学んだ。いったんやってみると、俺はソーシャルメディア全体に流れる雰囲気と不誠実さに少し落胆した。そうすることになったのは、俺はいつだってプライベート・ガイ(人前に出たがらないヤツ)だったってことだ。

    でも去年はChophouse Bandでアコースティック・ベースを携えて30回、今年はフロリダで同じ衣装でさまざまな音楽仲間といくつかのショーをやった。同じ雰囲気と強さ、そしてちょっと違う感覚だね。曲を集めてギターをプレイすることは、まだ俺にとってとても重要なことなんだ。


    −あなたがメタリカと共にあった時間で、最も印象的なことは何ですか?

    その質問をされると、加入した初期の先駆的なことが思い浮かぶ。パッと思いつくのは、それまで俺たちみたいな音楽をやったことないような場所で俺たちが初めてやったということだね。1986年に日本に行った時のように、何が起こるのか知らないような人たちの頭を吹き飛ばすんだ。以前にそういう音楽を演奏したことのない国々に行って、そこの人たちに来てもらうというのは最良の方法だった。そういう壁を壊して、それ以降に起こる全てのことのための道を開いたんだ。

    GuitarWorld(2017-05-02)

    展示に参加したジェイソンのその他の写真はこちらから。
    http://www.pacificpressagency.com/galleries/20194/jason-newsted-debuts-his-artwork-at-art-new-york-

    以下、関連リンク。

    Art New York
    http://www.artnyfair.com/

    CONTEXT New York
    http://www.contextnyfair.com/home

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ジェイソン・ニューステッド、音楽活動から離れて個展を開く。
    ラーズ・ウルリッヒ、ジェイソン・ニューステッドの個展にあらわる。
    ジェイソン・ニューステッド、公式ウェブサイトを一時閉鎖?
    ジェイソン・ニューステッド「これからはアコースティック音楽をやっていきたい」
    ジェイソン・ニューステッド、2016年9月に「JASON NEWSTED AND THE CHOPHOUSE BAND」名義でツアー
    ジェイソン・ニューステッドが自らのバンド、NEWSTEDの解散を語る

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    メタリカのカヴァー・バンド「Blistered Earth」がポートランドで行ったライヴ終演後に数千ドル分の機材を盗まれたことを発表。地元ニュースで取り上げられるとそれを観たメタリカから機材提供の申し出があり、実際に機材が提供されて無事に次のライヴに臨めるとのこと。このニュースを取り上げた2つの記事を管理人拙訳にてご紹介。

    1つめはOregonLiveの記事から。
    cover-metallica_aftertheft

    Blistered Earthのドラマー兼広報のショーン・マーフィーは木曜日(4月27日)に行ったOregonLiveの電話取材に対して次のように語っている。「(メタリカが)そうすると決めてくれたことはすごくクールだよ。本当にありがたい行為だった。」

    しかし、全ての機材をバンドに提供してもらっても、本当のスターはポートランドのメタル・コミュニティだとマーフィーは語る。「ポートランドの人たちにバンド全員から大きな感謝を伝えたい。みんな信じられないほどクールで協力的だったんだ。」

    Blistered Earthが盗難に遭遇したというFacebookへの投稿は何百ものシェアを呼び、それが地元メディアの注目を集め、最終的にはメタリカに届く信号の役割を果たしたのだとマーフィーは言う。「みんなが注目して助けてくれようとしていたのは素晴らしいことだった。ただFacebookで相づちを打つってことじゃない。みんなが正当に援助しようとしてくれたんだ。」

    最初の(Facebookでの)援助要請の後、マーフィーは盗まれた機材をどうするのか何の計画もまだ立てておらず、GoFundMeやその他のクラウドファンディングのキャンペーンをやっていたかもしれないと語る。

    しかし、メタリカの代理人からの電話で状況は一変した。

    伝説的メタルバンドはBlistered Earthに機材リストを求め、マーフィーとバンドメンバーたちは喜んでツアーで使っていた機材の在庫記録をつけた。「普通の人だったらツアー中のバンドがどれだけこんな目にあっているか、どれだけのバンドが標的になっているかわからないだろう。そもそも(ツアー中のバンドは)よそから来たよそ者なんだ。みんなそれを知っているし、盗みをするようなヤツらには地の利があるからね。」

    Blistered Earthは過去にも機材の盗難にあっているが、このレベルの被害は経験していなかった。マーフィーは今後、もっとセキュリティーにお金をかけると語っている。

    OregonLive(2017-04-27)

    2つめはM.I.R.P.による記事から。
    どのように盗難が発覚したのか、そして(盗まれた場所である)ホテルの対応について、Blistered Earthのドラマー、ショーン・マーフィーに訊ねた。「朝起きたら、やられた!って感じさ。犯人たちはトラックごと機材を奪ったんだ。ホテルの対応は素晴らしかったよ。ホテルの保守/監視員は本当にクールだった。彼は監視カメラ映像を俺たちと一緒に観てくれたんだ。」

    機材は発見できなかったが、トラックは発見された。「盗難に遭ったとわかってから、トラックはすぐに見つかった。誰かが警察に電話をかけて、25マイルほど街の東に行ったところで乗り捨てられていたと通報したんだ。もちろん、もぬけの殻だったけど。犯人たちはルースター・ロック州立公園まで行っていた。どうやら東に向かう高速道路から下りて、その辺りで鍵をこじ開けて、(機材の売買)取引をして、高速道路でポートランドに戻ったみたいだね。で、高速道路に入る前にトラックを乗り捨てたんだ。」

    バンドのFacebookページによると、機材の中には保険に入っていたモノもあった。「保険について明らかにすると、機材の一部だけ保険に入っていた。保険がどこまで適用されるのか本当にわからないんだ。完全にはカバーされないし、まったく適用されないモノもある。多くの機材に感情的な思い入れはそこまでない。そのまま置き換えられるものもある。でもシンガーが使っているギブソンのエクスプローラーと俺のドラムセットはおそらく盗まれたなかで一番デカかったね。俺のドラムセットは見つけるのが本当に難しいんだ。そのバンドの時代に特有の本当に古いキットだからね。12歳の頃からそれが欲しくて、今42歳なんだから可笑しいだろ。(盗まれたことで)5年間しか使えなかった。フルセットを見つけることはできない。レアものだからバラバラに買わなきゃならないんだ。1991年か92年に生産中止になったからね。」

    ここから話は好転する。メタリカ、あのメタリカがBlistered Earthの機材を補填したのだ。ショーンにソーシャル・メディアを通じてメタル・コミュニティがどのようにして手助けしたのか訊ねた。「Facebookのページに投稿した木曜の夜まで、本当にそのことについて誰も多くは語っていなかった。ドラムの写真があれば、特にその希少性がわかってみんなの心に響いて、見つかる手助けになるかもしれないと思っただけなんだ。そこから本当に雪だるま式に始まって行った。『おぉすげぇ!みんながこのことについて話題にしてくれているぞ。クールだ!』って感じだった。投稿に対してたぶん1500くらいのシェアがあったと思う。こんなことになるなんて思わなかったよ。面白いことにみんなが俺にメッセージを送ってくれたり、俺の投稿にコメントをくれたりしてくれたんだ。『ポートランドはキミたちをもっと丁重に扱うべきだった』ってね。でも俺はこう返信したよ。『実際は逆なんだ。俺に言わせれば、(たくさんの反響が)実際にポートランドの人たちがどれだけ素晴らしいかを示しているよ。クソ野郎なのは俺たちの機材を盗んだ2人だけだ。』」

    メタリカの気前の良い申し出について、バンドはどのように知ったのだろうか。ショーンに訊ねた。「俺が知っているところでは、実際は(地元のニュースサイトである)KATUのニュースだと思う。あれで彼ら(メタリカ)にまで届いたんだ。メタリカHQの女性から電話を受けて、(電話の受け手である)俺が誰なのか確認するために連絡を取ろうとしているんだと言っていたよ。それから彼らが機材リストを送るように依頼したメタリカのマネージャーと連絡を取ったんだ。それでリストを送って、そこからこうなったんだ。」

    ショーンはメタリカの気前の良さをどう感じているのだろうか。「彼らがそんなことをしてくれるなんて本当にすごいよ。実際にKATUのサイトでこの話を観たのはジェイムズだと思う。メタリカにどれだけ詳しいか、彼らの経歴にどれだけ近づけているか分からないけど、彼らが機材を買い替えるお金がなかった頃に機材を全て盗まれたというのはこれまでにもよくいろんなところで書かれていることだ。だから(盗難によって)どれだけ忌々しい気持ちになるか、彼らはじかによく知っているんだよ。でももう一度言わせてもらうと、こんなことになるなんて考えもしなかったよ!」

    M.I.R.P.(2017-04-27)

    かつてメタリカが機材を盗まれ、その痛みの感情から「Fade To Black」という名曲が生まれたことは、いろんな本やインタビューで語られてきました。トリビュート・バンドが同じような状況に陥ったことを知って、手助けをしたのは自然なことだったのかもしれません。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、バンドロゴ使用停止命令書を送った弁護士を解雇、トリビュートバンドに謝罪
    日本発メタリカ・トリビュート・バンドのHATALLICAがロンドン公演決定!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    取りこぼしネタをひとつ。ロバート・トゥルージロが製作総指揮/プロデューサーを務めた映画『JACO』のブルーレイが2017年4月26日からタワーレコード独占で発売中です。以下、タワーレコードの紹介文を転載。
    JACO_BD

    ウェザー・リポート全盛期のベーシストであり、その天才的なテクニックで、ベース奏法に革命をもたらした天才ベーシスト、ジャコ・パストリアス。その生涯を貴重な映像で綴ったドキュメンタリー映画『JACO』は2015年にアメリカで公開され、数々の映画祭で賞を獲得しました。その劇場版のブルーレイ・ディスクをタワーレコード限定でリリースいたします。本編に収録されなかった豪華アーティストを収めた特典映像100分と合わせた2枚組で、本編、特典映像ともに日本語字幕入りです。

    〈映画『JACO』概要〉

    ジャコ・パスに青春時代大きな影響を受け、人気ロック・バンド、メタリカのベーシストとして活躍するロバート・トゥルージロが制作総指揮を行ない、2015年にアメリカにて公開されたドキュメンタリー映画『JACO』。本国では数々の映画祭で話題となったものの、日本国内での公開は実現していなかったが昨年末ようやく劇場公開。監督をつとめたのはローリング・ストーンズの2010年公開のドキュメンタリー映画『ストーンズ・イン・エグザイル〜「メイン・ストリートのならず者」の真実』や、X JAPANのドキュメンタリー映画『We Are X』を手がけた、気鋭のスティーヴン・キジャック。本編では、現存する貴重な映像により振り返るジャコの生い立ちから華々しいデビュー、そして、ジャコの訃報を告げる失意の瞬間までを、ジャコと親交を深めたミュージシャンの証言とともに追う。インタビューでは、フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、ジョニ・ミッチェル、スティング、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ゲディー・リー(ラッシュ)、 ブーツィー・コリンズ、カルロス・サンタナ、ジェリー・ジェモットほか、豪華なアーティストが出演、ジャコの音楽家としての魅力を語る。

    タワーレコード(2017-03-17)

    購入はタワーレコード店頭、またはこちらから。
    JACO_BD
    JACO<タワーレコード限定盤>


    ロバート・トゥルージロ「“純粋なジャズ”と分類したきゃ構わない。でも“パンクなジャズ”もある。俺たちは皆ジャコの子孫だ。」

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    ロバート・トゥルージロが製作総指揮、ジャコ・パストリアスのドキュメンタリー映画『JACO』日本公開決定
    ロバート・トゥルージロがジャコ・パストリアスについて語るロング・インタビュー
    ロバート・トゥルージロ、ジャコ・パストリアスのオススメ曲について語る

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2017年5月10日のメリーランド州ボルチモア公演からいよいよ「Worldwired Tour」北米ツアーが開始されるメタリカ。その前日となる5月9日に『Hardwired...To Self-Destruct』収録曲「Now That We're Dead」にかけた「Now That We're Live」と題された数曲のリハーサルの模様をFacebook Liveで生配信するとのこと。配信開始は日本時間で5月10日(水)午前10:00から。
    worldwired_northamerica

    なお、リハーサルを現地で観られるMetClub抽選エントリーが開始されています(要ログイン)。エントリーは日本時間2017年5月6日(土)深夜1:00まで。
    https://metallica.com/contests/2266

    【追記】
    見逃した方はこちらからどうぞ。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、ロンドンで行う『Hardwired...To Self-Destruct』発売記念イベントライヴのストリーミング配信決定

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2016年9月27日にニューヨークのウェブスター・ホールで行われたMetClub会員限定ライヴをライヴアルバムとして発売することが決定しました。

    metallica_websterhall_record_lp3
    このライヴは『Hardwired...To Self-Destruct』発売を前に「Moth Into Flame」をライヴ初披露した公演。販売フォーマットはアナログレコード3枚組で、デジタル音源のダウンロード権も含まれるとのこと。

    先行予約はこちらから。
    https://metallica.com/store/music/12770/live-at-webster-hall-new-york-ny-september-27th-2016-3lp

    グレッグ・フィデルマン他、『Hardwired...To Self-Destruct』の制作陣が今回用に新たに音源をミックス。今夏のツアー先でのメタリカのポップアップストアでも発売されるとのこと。

    Metallica.comより(2017-05-01)

    記事元のリンク先で「Hardwired」の試聴ができます。今後、さらなる良いお知らせが発表予定とのこと。楽しみです。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをヨロシクお願いします。

    関連記事
    メタリカ、ファンクラブ限定ライブで「Moth Into Flame」をライブ初披露
    Ames Bros×Metallicaのポスターが発売

    このページのトップヘ